2024年01月09日

おめでとう🎊サンちゃんがしっぽを卒業しました✨

04s.jpg

おめでとう🎊サンちゃんがしっぽを卒業しました✨

サンちゃんは2023年12月4日に、札幌市動物愛護管理センターあいまるさっぽろから引き取りしたうちの1頭で、推定13〜15歳の女の子です。

ご飯を食べずガリガリに痩せ細っていたので当会で引き取りしました。

その後病院で健康診断等してもらったところ、甲状腺機能亢進症や心筋症との診断で、元の飼い主に長い間治療してもらえていなかったことがわかりました😥

性格は人に慣れていて、触られるのが好きな可愛い子です💕



86539_0s.jpg

今は腹水が溜まってしまうので、利尿剤が追加にはなりましたが、食べるようにもなったので少し安心です😄

サンちゃんの迎え主様はダミアンをお迎えしてくれた当会のボランティアの方で、引き取り時からずっとサンちゃんを気にかけてくれていて、何度もサンちゃんに会いに来てくださいました🎵



86540_0s.jpg

高齢で病気もあるサンちゃん、少しでも早く安心できるお家でのんびり生活してもらいたかったので卒業してくれて嬉しいです🎵

迎え主様は手厚いケアをしてくて、たくさん撫で撫でしてくれる方なので私達も安心してサンちゃんを送り出せました😄



03s.jpg

新しい名前は【サンディ】ちゃんになるそうです😺

サンディちゃん、のんびり長生きしてね😊

迎え主様、いつもハンデのある子を気にかけていただきありがとうございます🙇

ダミアンに続き、サンちゃんもお迎えしていただけてとても嬉しいです✨

ありがとうございます👏


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 21:48 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月04日

終生預かりボランティアさんから秋子のご報告です⁂

皆さま、新年明けましておめでとうございます🎍

年明けになってしまいましたが、昨年末に終生預かりボランティアさんから秋子のご報告をいただきました。

すっかりお家の子になった秋子です。
以下、終生預かりボランティアさんからです。

ご報告ありがとうございました🙇


akiko5.jpg

こんにちは♪

いよいよ押し迫ってまいりましたが秋子は元気にしています。

この頃は窓辺のカラーボックスの上や、椅子の上がお気に入りです。



akiko4.jpg

時々階下に降りてきますが、他の猫とフー、シャーの騒ぎになって2階に引き返すことに・・・

なかなか仲良くなれません💦

来年は仲良しになってもらいたいなー



akiko2.jpg

チェリーは抱っこは一瞬てにげられますが、撫でられるのは好きです。

黒猫ゆめとは声もなく猫パンチを出し合ったりしてますが、くっついて寝てたりもしてます。



S__61374474_0.jpg

秋子は捕まえてしまえばゴロゴロ言って抱っこされています。

チェリーも一緒に抱っこしてみたいものです。



akiko1s.jpg

秋子は寝る時は枕元にやってきて一緒に寝てます。

あと数日で今年も終わりですね。

皆様お疲れ様でした。

良いお年をお迎え下さい。



akiko3.jpg

来年がしっぽのワンニャン、全てのしっぽがある皆に良い年でありますように。


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 12:47 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月24日

おめでとう🎊セレナがしっぽを卒業しました✨

serenas.jpg

おめでとう🎊セレナがしっぽを卒業しました✨

セレナは、昨年7月に空知管内の多頭飼育現場から引き取った推定6〜8歳の女の子です。

ケージに近づくと、上目遣いにお腹をちょこっと見せて撫でてほしそうにする姿を見て切なく思っていました。

と言うのも、同郷のワンコたちがどんどん卒業していく中、「どうしてこんなにかわいいセレナがまだ残ってるの😢」とスタッフは嘆いていました。

そうしたところ、小型犬をお探しだった迎え主さまの目に留まり、この度晴れて卒業となったのです✨

長く出会いを待つ子にも、こうやってちゃんとご縁が回ってくるんだねぇ、と担当スタッフの二人は喜びあった次第です😊

迎え主さまは、セレナの少し神経質な性格やお散歩が苦手なことも理解してくださり、一回目の面会から毎週末欠かさずセレナに会いに通ってくださいました。

お散歩も、時には抱っこしたりしながら、根気強くセレナのペースで練習してくださり、また、タイミングよく当会で実施したしつけ教室にも参加していただいて、少しでもセレナとの距離を縮めようと努力してくださいました。

その甲斐あって、セレナも迎え主さまがケージの前に来られると、そーっとお腹を見せる仕草をするまでなりました😊



serena2s.jpg

卒業の日、おうちに着いたセレナは部屋の片隅に縮こまってしまうようなこともなく、迎え主さまがとってくださったお写真にも、しっかりカメラ目線で写っていました😄

セレナ、おめでとう🎉

迎え主さま、この度は本当にありがとうございました。

セレナちゃんをどうぞよろしくお願いいたします🍀


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 09:17 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月22日

へー太が飼い主募集になりました👏

heta.jpg

へー太は2023年8月に栗山町で交通事故にあったと思われ、動けなくなっているところを保護された推定4-6歳の男の子です🐱

左前足、左後足、口の左側が損傷し前後の足は骨折していましたが、完治していて日常生活に支障は今のところありません。

生粋の野良猫だったこともあり、まだ人には慣れておらずパンチが飛んでくることがあります😅

ですが、とても食いしん坊でご飯の時間になると、にゃーにゃー鳴いて早く頂戴とアピールしてきます☺️




<一緒に遊んでいるのは、キジトラのシッポと白猫のスナップです>

おもちゃにも興味があるようで、他の猫ちゃんがおもちゃを取っても怒らないで、猫には優しい一面もあります😊

元々野良猫だったこともあり、お外の世界で生活していたため、網戸に登ろうとしたりする行動が見られますので、脱走には十分注意して頂くことや対策も必要です。

人に慣れるのには時間がかかる子ですが、へー太にも新しい出会いがあることを願っています🍀


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 11:46 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月09日

負傷の子ねこ ライラの手術後のご報告

001s.jpg

11月11日、根室保健所から引き取りした推定4〜5か月の男の子ライラ。

根室市内の公園にいたところを警察経由で保護され、様子がおかしかったので根室市内の病院を受診したところ、横隔膜ヘルニアと尻尾に骨折があることが分かり、引き取り後も検査が進むにつれ様々な障害があることが分かりました💧



54717s.jpg

まずは、少しほっとしたご報告からです。

ライラの股関節は、左右に骨折と脱臼はありますが、現在は痛みもなく、歩くこともできるので特に処置はしなくても良いとのことで、成長するにつれ問題がおきるようなら手術等考えた方が良いとのことでした。


また、嬉しいご報告は、11月28日に酪農学園大学付属動物病院で、横隔膜ヘルニアの手術を行い、手術は無事に終わりました!

ただ、術後の出血が酷く、一時は命が危ない状況になりましたが、輸血をして助かることが出来ました!



54424.sjpg
<呼吸の苦しさから開放されて伸び伸びゴロゴロしてます>

食べていても寝ていても、息が苦しく、下を向いて箱座りし、じっと耐えていたライラでしたが、ようやっと苦しくて眠れない日々が終わり、ゆっくりノンビリ寝れるようになりました☺

横になりノビノビしたり、へそ天でゴロゴロしたり、おもちゃで遊ぶようにもなりました💕

胃や肺の臓器が圧迫され、ゴハンを食べるのも少しの運動も苦しそうでしたから、大変な手術でしたが受けて本当に良かったです!

ただ、心配なことは、術後に再拡張性肺水腫になってしまう可能性があり、術後のリスクの方が高いとのことでした。



54708s.jpg

それと心配事が増えてしまいました💧

横隔膜ヘルニアの手術とは関係なく、ライラはずっと排尿困難で常に膀胱がパンパンで、ポタポタと尿が漏れ出し、保健所収容時からオムツをあてていました。

オシッコがしたくて何度もトイレに行きますが、思うように出すことができません😢

横隔膜ヘルニア術後の抜糸の日に、造影剤を注入し再度検査をしてもらったところ、尿管の一部が狭窄していることが分かりました。

今はなんとか少しずつでも出ていますが、常に膀胱に尿が溜まってので膀胱炎になってしまうだけでなく、成長していくにつれて尿管が完全に塞がってしまう可能性もあるようなので尿管の手術も必要になりました😢

狭窄している尿管を切り取り、残った尿管を伸ばす手術をすると排尿ができるようになるそうですが、尿漏れになってしまうリスクもあるそうです。

こちらの手術も更に高額になるとのこと…頭が痛い状況ですが、ライラのためには手術の選択肢しかありません。

そして本日も、酪農学園大学の先生から連絡があり、軟部外科の先生と再度尿管の状態(造影剤検査)を確認したところ、狭窄している箇所が1箇所ではないかも知れないので、手術に向けて再検査や相談をしたいとのことで、来週11日に再診となりました。


4〜5か月の小さな体で、何度も手術に耐えなければ、生きる道はないライラ。

辛くても人を信じて甘えてくるライラは、入院中も看護師さんにも可愛がっていただいたようでした。

どうか皆さま、ライラに応援ご支援いただけませんでしょうか。

以下のオンライン寄付サイトからご寄付いただけると幸いです。

何卒よろしくお願いいたします🙇


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 05:43 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする