2021年10月14日

おめでとう❗響がしっぽを卒業しました✨

34008s.jpg

おめでとう❗響(ひびき)がしっぽを卒業しました✨

響は今年1月末に倶知安保健所から保護した
現在1歳を過ぎたキジトラの男の子です。

当時の響は、両足大腿骨骨折、自力排泄不可という状態でした💦

痛みに耐え、人にも怯え、でも逃げることもできず、、、
不安でいっぱいだったと思います。

小さな体で一生懸命シャーシャー言ってました。





01.jpg

それから手術を乗り越え、排泄も自力でできるようになり、
奇跡的な回復を見せてくれた響。

人見知りはするものの、慣れた人には甘えることもできるようになり、
自由に走り回れるようになって家中を走りまわり、
階段も登ったり降りたりドタバタドタバタ暴れていました!

走れることが嬉しくて楽しくて仕方がない❗️という感じでした😀

そんな響を気にかけてくださったのは、
昨年末、黒猫のパンロールちゃんをお迎えくださった飼い主さまで、
パンロールちゃんのお友達に響をお迎えくださることになりました❗️

パンロールちゃんと響は同い年😀

おそらく1ヶ月位しか違わないと思われ、
同年代仲良くなってくれることを願います✨

まだ若いニャンコ2人は、元気いっぱいで賑やかになることと思います。





34036s.jpg

飼い主さま、ありがとうございました!

臆病者ですが、本当は人が好きな響🐈をよろしくお願いします✨


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

タグ:卒業 里親
posted by しっぽの会 at 21:50 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月09日

今までありがとう!優(まさる)が虹の橋へと旅立ちました・・・

01.jpg

10月6日(水)、推定13〜15歳の優(まさる)が虹の橋へと旅立ちました・・・。

優は、2019年7月に札幌市動物管理センターから引き取りした白黒のオスで、
最初は心を開いてくれませんでしたが、
当会で過ごしていくにつれ、
撫でてあげると気持ち良さそうにしたり、
スリスリと体を寄せてくれるようになりました。

優は、脱水気味でしたので週に一度点滴をしていましたが、
今年の6月頃から体調を崩し、ご飯を食べなくなってしまいましたが、
特に吐いたり下痢したり血尿したりという症状はありませんでした。

また、血液検査でも食べなくなるほどの数値異常は見受けらず、
一度入院をした後に食欲が戻ってきたようでしたが、
やはり思うように食べてくれませんでした。

そのため、ステロイドを投薬してみる事になり、
ステロイドで食べるようになるなら、
エイズ発症の可能性があるとのこと、
服用後は少しづつ食べてくれるようになりました。

それでも全然足りないので、シリンジで強制給餌もしていました。

ですが、強制給餌は、優にとってかなりのストレスだったようです。





S__12861449.jpg

優がいる部屋にスタッフが入ると、
とても恐怖に満ちた顔をするようになってしまい、
脱水も酷いためこの時期には、朝と夜の2回点滴もしていました。

強制給餌の時は歯軋りのような音を立てたり、
顎の部分が腫れたりしていたので、
もしかすると、食欲がないのは歯が原因ではと思い、抗生剤を投薬したり、
もし歯が痛いのが原因なのであれば、副作用が強いステロイドではなく、
痛み止めで良いのではないかと、あの手この手で試行錯誤しました。

そして、優のためには、何をしてあげるのが一番良いのか考え、
ステロイドと点滴のみとし、強制給餌はストレスになるので止める事にしました。

その後は、ちょびちょびとご飯を食べて、穏やかに眠るような生活になっていました。

強制給餌を止めたお陰か、スタッフが優の部屋に入っても、
怯えた顔をしなくなりました。

ですが、9月後半頃からは、ステロイドを投薬していてもほとんど食べない日が続いき、
往診の時にお医者さんから、うっすらと黄疸が出ていると告げられ、
お迎えがすぐそこに迫っていると覚悟をしなくてはなりませんでした。

毎朝、出勤して優のところへ行くまで、優は大丈夫だろうか。と
心配しながら優のお部屋に入っていきました。

そして生きている事が分かるたびにホッとしました。

ですが、日に日に命の灯火が弱まっているのは感じていました。

瞬きが少なくなって来ていたので、
あぁ明日かもしれない、明後日かもしれない。と思っていると、
次の日の朝、優のお部屋に行くとトイレで倒れていました。

ハッとして駆け寄るとニャーニャーニャーと大きな声で3回と、
か細い声でニャーと1回鳴きました。

生きていた事に安堵はしましたが、同時に胸が締め付けられました。

鳴き声はしばらく聞いていなかったので、このタイミングで鳴いた事と、
どのくらいの時間トイレで倒れて動けなくなっていたのか、
など色々な思いが駆け巡りました。

この時に大きな声で鳴いた事が、優と意思疎通のできた最後でした。

既に体は動かせず、瞬きも一切せず、かろうじで呼吸をしていました。

そして他の猫たちのお世話をして、ひと段落ついた頃に、優の呼吸が乱れてきました。

すぐに他のスタッフを呼びに行き、みんなに囲まれて優は虹の橋を渡りました。

優はすごい子です。

スタッフの出勤まで頑張ってくれました。

スタッフがいない夜や作業中になくなる子も居ますが、
優はスタッフ皆にお別れをする時間を作ってくれました。

ありがとう、優・・・
長い間よく頑張ったね。

優のためとはいえ嫌なこともいっぱいあったね。
分かってくれるかな。

当会に来る前に動物管理センターで過ごした一年、当会で過ごした2年。

優にとってどんな日々だったんだろう。

その前は優の温かいお家があったのかな、
お外で生まれたのかな、
いろいろな事があったと思うけど、
これからはお空の上で、美味しいものを食べて、遊んで、甘えて、
楽しい毎日が送れると良いね!

さようなら。。

お世話していたスタッフは、

優の為に色々やってきましたが、
まだまだ他にできる事があったんだろうかと思っています。

動物とお別れしたことのある方なら誰しも多かれ少なかれ、
もっと最善があったのではないか、と思う事があると思いますが、
言葉を喋ってはくれない小さな子たちは、
飼い主がその子の事をたくさん考えて、考えて、考えて、
出した答えが最善だと自分に言い聞かせて前を向くしかないと思っています。

私もそれを自分に言い聞かせて、前を向うと思います。

そしてしっぽの会で、最善を尽くす事が出来るのは、
皆さんの支えがあってこそです!!

一頭一頭に合った医療や緩和ケアや食事など、
皆さんが手を差し伸べてくださっているお陰です。

本当にありがとうございます!!


皆さまと優の冥福をご一緒に祈りたいと思います・・・。

タグ:虹の橋
posted by しっぽの会 at 08:39 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月19日

下半身不随ながらも穏やかに暮らしている明日香です(=^・^=)

asuka096.jpg
<明日香 3歳 メス>

2019年3月、まだ北海道は寒い冬の時期⛄
恵庭市内で動けなくなっているところを保護された明日香🐱

交通事故に遭ったのか第三腰椎が圧迫骨折しており骨髄が潰れていました。

保護時はまだ推定7ヵ月と若く、これから長い猫生があるにも関わらず
明日香は生涯、4つ足で歩くこともできませんし
排せつには人の介助が必要な身体となってしまいました。

若い猫であれば高いところへ登ったり、家の中を走り回ったりと
元気に活発に過ごせるはずなのに、明日香はそれもできません😿



asuka094.jpg

保護時の明日香はまったく人馴れしていなく
人に何をされるのか不安そうで、ものすごい剣幕で人を威嚇・攻撃し
排せつの介助もスタッフがケガをしないように試行錯誤しながらでしたが
今は人見知りはするものの人が大好きで甘えん坊さんになりました♡

夜は排せつをさせるためスタッフが家に連れて帰り
日中はスタッフと一緒に出勤する生活を送っています。

家の中で生活したことはなさそうですが、外を眺めることが好きで
家の前を通る人や犬や車などをずっと眺めては寝ての繰り返しです😸🚙



asuka09.jpg

スタッフの家には中型犬がいますが
積極的にグイグイくるような犬でなければ
犬と一緒に生活することも問題なさそうです🐶♡😸

もちろん他の猫と一緒に過ごすことも大好きです!



asuka093.jpg

犬の散歩に出かけ、明日香だけ家の中でお留守番していると
自分だけの時間が始まったかのように
家の中をあちこち探検していることがあるようで、
散歩から帰ると、サササーッと自分の定位置に
焦って戻る後ろ姿を何度か目撃したことがあります(^_^;)

堂々と歩き回って構わないのに
自分の決まった定位置が一番安心するようで
家でも、当会のフリー部屋でも決まった位置から
あまり動かず寝ていることが多いです💤



asuka095.jpg

少し神経質なところがあるので、初めて会う人に対してや
初めての環境では緊張してしまうかもしれませんが
心を開くととても甘えん坊で可愛い面もたくさん見せてくれます💕

年齢も若く感染症もありませんが、
やはり下半身不随と排せつの介助が必要ということもあり
今まで明日香に面会希望のお声が掛かったことは一度もありません。。



asuka092.jpg

下半身不随なので「ハンデがある猫=お世話が大変」となってしまうかもしれませんが、

・高いところに登られる心配がない

・排せつは圧迫排せつになるので、猫トイレの設置が必要ない(トイレの片付けもいらない)

など、ハンデがありながらも生活しやすい面にも気づけました💡

圧迫排せつは1日3回ほど必要になりますが、
圧迫排せつをやったことのないスタッフも短い期間で
全員ができるようになりましたし、
コツさえ掴めばきっと誰でもできると思います☆彡



明日香の圧迫排尿の動画です




明日香の他に、喜助やマリア、パルフェも同じく排せつに介助が必要な子たちで
3頭もみんな性格は良いのですが、なかなか出会いはありません💦

出会いのチャンスが少ない明日香・喜助・マリア・パルフェにも
たくさん愛情を注いでもらえる家族ができたら嬉しいです🌼

また、明日香のように交通事故に遭ってしまって
一生涯、後遺症を背負って生きていかなければいけない猫や
寒さや飢え、事故で亡くなってしまう猫がこれ以上増えませんように・・・。

そして、外で暮らす猫が1頭でも減りますように・・。


スリゴロニャンの明日香もご覧ください♬



明日香のプロフィールはコチラです。
http://shippo-cat.seesaa.net/article/465163266.html

どうぞよろしくお願いします🙇


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
タグ:保護猫 里親
posted by しっぽの会 at 16:13 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月18日

そっくりな仲良しさん ウェーブと響🎵

01.jpg

見た目は親子のようにそっくりな毛色をしているウェーブと響(ひびき)💡

ある日のフリー部屋では仲良く一緒に寝ていました^ ^

見た目はそっくりでも中身は全く違うんです(´・∀・`)





02.jpg

ウェーブは、推定4〜6歳のオスで、まだまだ人馴れはしていなく、
シャーと言うこともあります^_^;

ですが、しっぽに来た当初よりは慣れてきていて、
初めは触ろうとすると猫パンチが飛んできていましたが、
今ではゲージからフリー部屋に移動するときは、
抱っこをして移動できます(^∇^)

攻撃性はなくなりました★

今はまだ人に触られても嬉しくなさそうですが、
少しずつ心を開いているので、
この先どんどん人馴れしてくれると思います。

ウェーブのペースでゆっくり人馴れが進むと良いです。

温かい目で見守ってくださる飼い主さま募集中です☆


ウェーブのプロフィールはコチラです。
http://shippo-cat.seesaa.net/article/479751670.html





S__12533789s.jpg

響は、推定1歳位のやんちゃで人も猫も大好きです(*^^*)

とても甘えん坊で、人懐こい子です💕

構って欲しくて、ゲージやフリー部屋から出ようと必死です^_^;

慣れたスタッフにはこの様に可愛らしいのですが、
初対面の方にはシャーシャー威嚇して逃げ惑います💦

初めて響に会う方は、中々響の魅力が伝わらないかもしれませんが、
スタッフにはすぐに心を開いた子ですので、
お家に行ったら、ご家族にはすぐに懐いてくれることと思います🎵


響はしっぽに来る前、恐らく除雪車に巻き込まれ、
両脚と骨盤と尻尾の付け根を骨折して、
雪に埋もれていたという経験をしています。

その後は骨を固定するプレーとを入れるために
数回に分けて手術を行なっています。

そんな壮絶な体験をしてきた響ですので、
これからは楽しく猫生を生きて欲しいです。


響のプロフィールはコチラです。
http://shippo-cat.seesaa.net/article/480569913.html


ウェーブと響は、どちらもFIV(猫エイズ感染症)と猫白血病はどちらも陰性です。

猫も好きな子たちなので、先住猫さんも感染症が陰性でしたら
お友達にお迎えいただけると嬉しいです♬



動画もぜひごらんください★



。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 08:53 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月09日

今までありがとう!パッピが虹の橋へと旅立ちました・・・

32544s.jpg

今までありがとう!ハッピが9月5日(日)早朝、虹の橋へと旅立ちました・・・。

パッピは、2013年8月、引き取り預かりで当会にやって来たキジ白のオス猫で、
嘔吐・血便があり元気食欲もないので、
今年2021年3月初旬に大学病院を受診したところ
腫瘍は腺癌(大腸がん)であることが分かりました。





32546s.jpg

パッピは、飼い主さんの都合で、飼い主募集出来なかったため、
お声はかけていただいても譲渡は出来ずずっと当会で暮らしていました。

ですが、せめて最期は家庭での生活を送らせてあげたいと
そのままスタッフが自宅で終生預かりすることになりました。





32541s.jpg

以下、預かりしていたスタッフからの報告です。

腺癌と診断されてから6ヶ月弱、とうとう力尽きてしまいました😢

パッピがしっぽに来てから8年。

新しい飼い主さんを探すことすらさせてもらえず、
ただただしっぽのケージで過ごす日々でした😭

他の猫とも仲良くできず、大半をケージで過ごしました、、
可哀想すぎます。

元の飼い主の身勝手さには本当に怒りしかありません😠





32542s.jpg

パッピは慣れた人には甘えん坊で何をしても怒りませんが、
知らない人、嫌な人に対してはパンチしたり噛みついたりと
気難しい面もありました😅

病気が発覚し、最後の時間は伸び伸びとお家で過ごして欲しいと思い、
我が家へ連れて来ました。

家に来てしばらくは、父母の側に自分から行くくせに、
父母が撫でると叩いたり噛みついたりしてました😅

それでも人の側にいたいようで、常に誰かの側で寝ていました。





32537s.jpg

毎日の薬や点滴も嫌がらず頑張りました❗️

初めはステロイド治療をしていましたが、
だんだん排泄時の痛みが酷くなり、
トイレまで行ってみるものの排泄時の痛みを思い出すのか
トイレの前で躊躇するようになりました😭

痛みが酷くなっているようなので、
痛み止め治療に変更すると排泄時も少し楽になったようでした。

それでも日に日に弱っていき、自分でご飯を食べることも止めてしまいました。

ご飯を食べないと元気になれないと思い、強制給餌もしました。





32540s.jpg

でも、癌は進行していてご飯を食べると便が出て、
肛門も腫れて思うように排便できず、
漏れでてしまう便で身体は汚れ、毎日朝晩身体を洗ったり拭いたりしていました。

パッピ自身も排便がストレスになって毎日辛そうでした😢





32538s.jpg

パッピが食べることを止めたのなら
パッピの意思に従ってあげた方が良いのかも、、、
と思い、強制給餌を止めました。

すると、便が出なくなったパッピは、
穏やかに毎日を過ごす事ができるようになりました。

毎日点滴は続けましたが、みるみる痩せていくパッピを見るのはとても辛かったです。

何か良い方法はないのか、本当にこれで良いのか、毎日葛藤がありました。

パッピとのお別れが近づいている事も日々実感していました。





32535s.jpg

亡くなる前日の夜、母と手を繋いで満足そうに寝ていました。

その後、朝までパッピと一緒に寝ました。

とても穏やかに朝までスヤスヤ寝ていました。

朝になり、いつものように点滴をしようと準備をしていると、
小さな痙攣がおきたので、身体を撫でていると静かに眠るように息を引き取りました。

とうとう、パッピとのお別れがきてしまいました。




32533s.jpg

可愛い可愛いパッピ。

たった半年弱しか一緒にいられませんでしたが、たくさんの思い出をくれました。

パッピと楽しい日々を過ごせたのも皆様のご協力、ご支援があってこそです。





32545s.jpg

応援、ご支援くださった皆さま、本当にありがとうございました<(__)>

皆さまとご一緒にハッピの冥福を祈りたいと思います・・・。



。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

タグ:虹の橋
posted by しっぽの会 at 15:25 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする