2024年05月20日

穏やかなバロン 元気になりますように…🍀

92326s.jpg

昨年の12月に札幌市動物愛護管理センターあいまる さっぽろ から引き取りしたバロンは、推定8〜10歳の男の子です。

引き取り時から、腎不全、心臓病があり食欲も安定しなかったので、毎日皮下点滴をし投薬もしていました💊

食べるご飯が見つかり、やっと安定したと思った矢先の4月、頻繁に血尿をするようになり、かかりつけ医にレントゲンを撮っていただいたところ、膀胱がボコボコしていて、膀胱炎もしくは猫には稀だが膀胱癌の可能性があるとの診断でした。

ひとまず膀胱炎の疑いで薬を飲ませていたのですが、薬を飲み切るとまた血尿、尿検査をしても潜血反応だけがあり、他は異常はありませんでした。



92329_0s.jpg

膀胱癌を疑い、確定診断をするため大学病院で診てもらうことになりましたが、予定日の前日に左目の上にしこりがあることに気付き、一緒に診てもらうことになりました。

結果は肥満細胞腫と尿路上皮癌という2種類の癌があることがわかりました。

薬で抑える治療もありますが、バロンの腎臓のことを考えると負担が大きく、幸い現時点では切除できる位置に癌があるようなので、切除した方がバロンにとって負担が少ないと思われるとのことで、5月22日に手術をすることになりました。



92328_0s.jpg

多頭で放棄され、病気もあり、毎日嫌な点滴も我慢してさせてくれる穏やかなバロン。

癌を乗り越えて今まで苦労した分、幸せな家庭猫としての道を繋いであげたいです。

バロンの応援ご支援いただけますと大変ありがたいです。

何卒よろしくお願いいたします!🙇




動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 12:17 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月30日

終生預かりボランティアさんから シロとサファイアのご報告です

シロ.jpg
<シロ 推定13〜15歳 オス 2014年1月 しっぽの会引取り預かり>

シロちゃんが我が家に来てから、1年が過ぎました。

私の中では10年位一緒に暮らしている感じがします。

シロちゃんはこの家は全部自分のテリトリーだ、と言う態度で暮らしています。

後から来たサファイアちゃんや保護子猫のケージに登り、隙間から脚をいれて触ろうとして、二匹にフゥーと威嚇される毎日です。

そうされると、寂しそうに鳴いています。

日中はお気に入りの場所で眠り、夜は私がソファに座ると、必ず私のお腹と太腿の間に座って、なでなでされてくつろぎます。

可愛いシロちゃんです。



サファイア.jpg
<サファイア 推定10〜12歳 オス 2017年8月滝川保健所から引取り>

サファイアちゃんは1月ころから、私が面倒をみてくれる人だと認識したようです。

シャンプーのおかげで、皮膚の状態がとても良くなり、獣医さんから褒められました。

戸を閉めて、シロちゃんが入らない様にしてからケージを開けて、出る様にしても、なかなか出てくれません。

この頃は毎晩ソファの上で、なでなでしたり、猫じゃらしで遊んでいます。

1時間たって、ケージに返そうとすると、唸って、ソファにしがみつき帰ろうとしません。

随分我が家に慣れました。

口内炎で痛みがあっても、缶詰を良く食べます。

食欲旺盛で4キロ台を維持しています。

二匹ともとても元気で、お陰で私も幸せに暮らしています。


終生預かりボランティアさん、ありがとうございます🙇


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 17:10 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月09日

今までありがとう…ツクネが虹の橋へと旅立ちました…

ツクネs.jpg

3月30日、推定12〜14歳のメスのツクネが虹の橋へと旅立ちました…

倶知安保健所に放棄されていたツクネを引き取りに行ったのは、2019年の1月。

雪が降る中、ツクネを迎えに行きました。

お迎えに行き驚いたのは、ツクネは飼い主がいたとは思えない状態でした…

血液検査やレントゲンでも異常がみられ、歯肉炎も酷く、抜歯も何度か繰り返していました。

栄養状態も悪く、元々小柄な猫ではありますが、ガリガリに痩せていて体重は2kgしかありませんでした。

それでも2年が経つ頃には、食欲も健康状態も安定し、体重も3kgを超えて、比較的穏やかに過ごせるようになりました。

しかし、引き取りして5年が経過した今年1月、呼吸がおかしいため入院し検査をしたところ、胸水や腹水が溜まり、肺には腫瘍のようなものが写っていました。



ツクネ2s.jpg
<酸素マスクをつけているツクネ>

数日入院しましたが、あと1ヶ月もつかどうか、、との診断だったので、連れて帰って投薬と点滴を続けながら、静かに過ごしてもらいました。

元気とはいかないにしても、体調が安定し奇跡がおきるかも💡と思っていた矢先の3月26日に再度呼吸が苦しくなりました。

その後、酸素室で過ごしましたが、3月30日お昼にスタッフに見守られ旅立ってしまいました。

最後まで人に懐くことはなく、具合が悪くても一生懸命シャーシャーと頑張っていたツクネ。

抱っこや撫で撫でができなくても、とっても可愛いかったツクネ。

優しい飼い主さんを見つけてあげられなくてゴメンね。

これまでありがとう!

皆さまとツクネの冥福をお祈りしたいと思います…。


posted by しっぽの会 at 06:49 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月06日

おめでとう🎊パルフェがしっぽを卒業しました✨

89853s.jpg

おめでとう🎊パルフェがしっぽを卒業しました✨

2019年11月にオホーツク総合振興局に負傷猫として収容されたパルフェ。

同年12月26日に当会で引き取りしました。

事故でなのか、尻尾の神経が断裂しており、自力排泄ができないので圧迫排泄をする必要がありました。

人に慣れていて性格も良い子なのですが、そのせいか、なかなか出会いがなく当会での生活も四年目を迎えてしまいました。

顔も可愛く、人にも慣れているので何度かお声はかけていただいたのですが、圧迫排泄が必要というハンデがあるとお迎えは難しいと感じてしまう方が多いようです💦

実はスタッフ間でも圧迫の子たちは譲渡厳しいのかな…とたまに話すこともあり、そんな時にパルフェと面会したいとご連絡をいただいたので、スタッフ皆で喜びました🌻

迎え主様はホームページでパルフェをご覧になり、ハンデをご理解いただいたうえで面会にお越しくださいました🌸

会ったあともやはりパルフェが良いと仰ってくださり、圧迫排泄にも何度か通っていただいて、無事卒業することが決まりました🎉

面会から卒業までの間ずっとパルちゃん可愛い可愛い💕と言っていて、すごく可愛がってもらえるな〜としみじみ思いました😄

迎え主様、パルフェを選んでいただきありがとうございます✨

可愛いパルとの生活は、大変なこともあるとは思いますが、どうぞよろしくお願いいたします🍒

お幸せに〜🎉


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 00:00 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月05日

おめでとう🎊シータがしっぽを卒業しました🎉

89851s.jpg

おめでとう🎊シータがしっぽを卒業しました🎉

昨年の11月末に「あいまる さっぽろ」に多頭で放棄されたシータ。

12月4日に当会で引き取りしました。

引き取り後に病院で受けた健康診断では猫風邪を引いていて、脱水もしていましたが、投薬治療と皮下点滴を行い、ご飯も食べれるまで回復しました✨

性格は猫らしいと言いますか、触らせてくれるし抱っこもできるのですが、、、、、

何故か抱っこをして下ろす時にシャーッと言いながらパンチしてくることがある気まぐれなところがあります😂

迎え主様は当会のホームページをご覧になり、シータに会いにきてくださいました👏

他の猫たちにも会っていただきましたが、シータをお迎えしたいと言ってくださり晴れて卒業することができました💮

猫があまり好きではないシータでしたので、これからはのんびり人と生活してほしいです🌻

迎え主様、シータをよろしくお願いいたします✨

ありがとうございました😊


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 00:15 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする