2017年09月03日

今までありがとう!スノーが虹の橋へ旅立ちました・・・。


7月7日に預かりボランティアさんのお宅に引き取られたスノーが、
8月28日に虹の橋へと旅立ちました・・・。

預かりボランティアさんの細やかな愛情で2か月あまりの至福の
最期の時を過ごすことができました。

本当にありがとうございました。
以下預かりボランティアさんからご報告をいただきました。


P1030047.jpg

先日28日午前10時30分に、スノウが息を引き取りました。
その旨を、ご報告したいと思います。長文です。

 25日に、しっぽに遊びに行った時には、スノウはまだまだ歩けていました。
その帰りに苫小牧の街角を散策する程度には、おぼつかないながらも。
しかし以降、家の中でもふらふらとし、
よく転び、姿勢を保てず、水も自力では飲めなくなっていました。

 27日の夕方、姿勢を保つ力もなく、立ち上がろうと足をバタつかせますが、
補助して体を持ち上げても、糸の切れた人形のように、すぐにへたれ込んでしまいました。
加えて噴水のような下痢便を何度もし、切なげに声をふり絞って鳴いていました。

 もう食べる気力もないようで、とっておきにしていた鰻の蒲焼も飲み込まずに
口から落としてしまい、水をかろうじて飲むくらいで、
あとは、少し休んで声をあげ、足をバタつかせては失禁する、の繰り返しでした。

できることといえば傍にいて、一人ではないよと頭や体を撫で、鼻先を濡らして、
うんちやしっこで汚れたならすぐにきれいにしてあげる程度で、
もう水も飲まなくなった姿を見て、ああ、覚悟をしなきゃいけないんだな、と、思うばかりで。

昼夜逆転していた節もあり、どちらかといえばスノウは夜の方が元気でした。
だから、きっと日が明けたなら、もう止められないだろう、と。

 28日、しっぽに連絡して、点滴だけでも受けるために獣医へ出かける準備をしている最中に、
抱き上げたスノウの呼吸がゆっくりと、絶え絶えになっていくのに気が付きました。

最期はテラスで二人きり、最後のおしっこを出し切って、掠れながらに一声鳴いて。




P1030290.jpg

 スノウは、耳だけがきれいな栗色で、どうしてだかそこだけ艶もあって、
手触りがとても気持ち良かった。前足が、中型犬の割には大きく、
よく前足でホッピングしながら楽しげに歩いていました。

白内障なのに人の気配はしっかりわかる様子で、いつでもこっちに顔を向けニタニタしていたし、
耳もまだ通るようで、TVに視線をやっては不思議そうにしていることがありました。

鼻先に小さな禿があり、右目の下には大きな目ヤニ焼けがあって、
右前足にはけっこうなイボがあり、歯周病で息がくさい。
水を飲むと決まってむせ、むせても夢中で飲もうとするので、よく僕に止められていました。

夕張産のビーフジャーキーが好物で、一つあげるとニタニタしながら後ろをついてきました。
米沢牛のステーキが食卓に現れた時には、柱に体を持たれかけさせながら、
「それはもちろん、くれるよね」と、じっと僕らを見上げていました。





P1030423.jpg

同居のサルサに耳を咬まれた時も怒らず、慣れてじゃれつくようになったサルサに、
前足を甘がみされてもクールに決め込み、サルサの体当たりで倒されても、何度でも起き上がり。

薬は大嫌いで、毎日無理やり僕に飲まされ、きっと嫌な思いもあったろうに、
次の瞬間にはニタニタと、恨み言も何もなく、どこまでもマイペースで。





P1030510.jpg

 スノウは、一体どんな犬だったか。散歩しながらよく考えていました。
かつてこの子にも本来の名前があって、仔犬の頃にはきっと、
目の前に広がる世界を夢中で駆け回っていたはず。
兄弟たちと、あるいは名付け親の人間と、その家族の誰かといっしょに。

丸い瞳に大好きな人の笑顔を映して、激しいばかりにしっぽを振って。

スノウは雪が大好きな犬でしたから、きっと、雪原を飛び跳ねて遊んだ、
そんな思い出があったのではと。
同時に人の手にびくつくこともあり、躾のためか、それとも何のためか、
人に叩かれた記憶もあって。

それでも人を好きでいられる姿を見れば、満たされた歳月がそこにあったように感じました。

家族と共に暮らし、頭を撫でられ、ごはんをもらい、散歩を楽しみ、
少なくともスノウがのんびり屋になる程度には、幸福な日々があったのだと思います。

 何でも許してしまう、大らかな犬。だから、離別に何があったのか知る由もありませんが、
僕は、スノウが、それでも誰かを恨むことはなかったと思うのです。
置き去りにされたのだとしても、きっとスノウは、いつものマイペースで、
遠い家路についていただけかもしれません。
その道の途中で捕獲され、しっぽの会に来て、最後は僕のところへやってきた。
それらは全て帰り道のみちくさで、今も昔も、
この子が見ていたものは一つだったのかもしれません。
それは叶わない夢で、今となっては、帰り着くこともできない。





P1030327.jpg

 それでも、スノウなら、もう大丈夫な気がします。
たとえその理不尽が事実であったとしても、スノウとして、この子が生きた時間なら、
僕らは忘れることはありません。
それに、その夢が叶わなくても、もうひとりじゃない。
虹の橋を渡った先では、先に旅立ったスノウの友や仲間たちが、
スノウを迎えてくれているはずですから。

 たった2か月でしたが、スノウの家族となれて、それはもう本当に良かった。
部屋中うんちだらけにされたことや、昼夜逆転な生活で寝不足になったことだって、
今は寂しさを覚えるほどに。

ただただ純朴に生きることを全うしたスノウに、感謝しています。

 そして皆様にも、多大なご支援や応援を、今までありがとうございました。


**************************************************

預かりボランティアさんとご家族に心よりお礼申し上げます。

足長会員の皆さま、スノーのご支援と応援、本当にありがとうございました。

皆さまとご一緒にスノーの冥福をお祈りしたいと思います。

タグ:虹の橋
posted by しっぽの会 at 00:00 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

おめでとう!ジュリがしっぽを卒業しました!♪☆.。.:*・゜

jyuri.jpg

ジュリは2016年11月に飼い主の事情で
当会で新しい家族を探すことになった、13歳のダックス系ミックスです。

飼い主さまは長くからの足長支援者さまで
卒業犬フーガちゃん(旧:定春)の飼い主さまです。

フーガちゃんと仲良しだった先住ワンちゃん2匹が亡くなり
寂しく感じているフーガちゃんと相性の合う子がいたら…と
ずっと高齢のジュリを気にかけてくださっていました。

ジュリの人見知りなところもご理解いただき、家族に迎えてくださいました✨
ジュリ、優しい飼い主さまに出会えて本当に良かったね💗
飼い主さま、この度は本当にありがとうございました!
ジュリをどうぞよろしくお願いします

毎日のクリックで、HOKKAIDOしっぽの会を無料で応援してください!
http://gooddo.jp/gd/group/shippo/?from=fbn0
赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります。

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 06:18 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

おめでとう!ルルがしっぽを卒業しました!♪☆.。.:*・゜

ruru.jpg

ルルは2014年8月、多頭飼育現場から保護され
当会で新しい飼い主さんを探すことになりました。
まだ若く、性格も健康状態も良い子でしたが
体重30kgの大型犬のためか、なかなか出会いがありませんでした。

新しい飼い主さんは、当会の期待の新人スタッフです(*^_^*)♬

卒業当日はキレイにシャンプーしてもらい、お利口にしていたルル。

ruru1.jpg

飼い主となるスタッフは、特に大型犬が好きで
すでに大型犬2頭、実家で小型犬1頭を飼育中です。

ルルはそり犬系のミックス犬ですが、顔も性格も好みだそうで
ルルのことを気にかけてくださる方がいらした時に
もし貰われてしまったらと、余計に愛しく感じたそうです。


それからルルを飼える環境の一戸建てに引越しを終え
先日、先住犬とも面会を済ませ、上手くやっていけそうと決心しました。
これからは、ルルと一緒に出勤しておりますので
皆さまどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

ルル、長い間待っていた甲斐があったね。
お幸せに

毎日のクリックで、HOKKAIDOしっぽの会を無料で応援してください!
http://gooddo.jp/gd/group/shippo/?from=fbn0
赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります。

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 10:16 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

おめでとう!タロがしっぽを卒業しました!♪☆.。.:*・゜

taro1.jpg

タロは今年の5月に、飼い主の事情で当会で新しい飼い主さんを探すことになった
ボール遊びの大好きな推定4歳の男の子です

飼い主さまはとてもお天気の良い日にご家族でいらしてくださり
事前に何頭か気になる子をチェックして来られたようです

タロと早速お散歩に行かれたのですが
飼育の中心となるご長男さまとは、とりわけ相性の良さを感じました

犬を飼われるのは初めてのとの事でしたので
譲渡までの間に何度か面会に来ていただきまして
お散歩中に色々なお話しをさせていただきました。
タロを飼うとするならば注意点は?フードのことしつけの事などなど・・・
わからないことなどは事前に調べられたりもしているようでしたし
当会でシャンプーの練習もしましたよ 

taro2.jpg

毎回ご長男さまの前向きな姿に感心しました。
きっと素敵なドッグライフになると思います

タロの飼育準備グッズなどもしっぽショップをご利用いただき
この度は本当にありがとうございました❗

タロをどうぞよろしくお願いいたします🎵
お幸せに〜✨!

毎日のクリックで、HOKKAIDOしっぽの会を無料で応援してください!
http://gooddo.jp/gd/group/shippo/?from=fbn0
赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります。


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 07:13 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

今までありがとう・・・青斗が虹の橋へ旅立ちました。


aoto.jpg

8月3日、青斗が虹の橋へ旅立ちました。

青斗は氷点下気温の中、すぐに亡くなってしまうのではと
思われるほど衰弱した状態で釧路保健所に収容されました。

その後、飼い主のお迎えを待ちましたが飼い主のお迎えも
新しい出会いもなく2015年1月に当会にやって来ました。

頭が傾斜していて、病院での診断では神経症状の結果で
白内障・不整脈などもあり、運良く命が助かったのは奇跡だと思います。

当会に来てから元の飼い主さんが分かったのですが
飼い主さんとご相談し、当会で新しい飼い主さん探しを
継続することになりました。

年齢は当会に来た時点で14歳位でしたので、
食欲や体調に波がある日がほとんどでした。

それでも一生懸命ご飯を食べ、体調を崩し入院することがあっても
なんとか食欲・元気が回復し、またいつも通りの生活に戻るという
繰り返しでした。

身体の調子が良い時は、ボランティアさんとお散歩に行ったり
他のワンコたちとテラスで運動したり、ご飯もたくさん食べたりと
穏やかに過ごしていました。

そんな一進一退の日々を送っていた青斗ですが、
今年の7月末くらいから一気に食欲が落ち
吐き気や下痢をしていたため点滴での治療をしていました。

寝たきりになってからは夜はスタッフが自宅へ連れて帰り、
日中も夜も人の目が行き届く環境にいました。

8月3日は、朝から下痢でお昼頃からは痙攣も起きるようになり
酸素補給機を付けている状態でした。

当日は掛かり付けの病院の往診でもありましたので診てもらいましたが
病院で入院したとしても病院で看取るか会で看取るかになってしまう
とのことでしたので、最期は環境を変えずに人の傍で過ごさせてあげたいと
判断し、その日もスタッフが自宅へ連れて帰る予定でしたが
スタッフの仕事が終わるのを待っていたかのように夕方6時頃、
青斗はみんなに見守られながら苦しむことなく旅立ちました。





aoto2.jpg

最期の最期まで一生懸命頑張ってくれた青斗。

新しい家族は見つけてあげられませんでしたが
約2年半というあっという間の時間の中で
青斗は私たちをたくさん癒してくれました。

青ちゃん、今までありがとう!

皆さまとご一緒に青斗の冥福をお祈りしたいと思います。

posted by しっぽの会 at 09:02 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする