2022年09月06日

9/1.2 空知総合振興局管内 犬の多頭飼育でメスの手術を実施しました

E75B8349-1A9A-4CAC-B786-1E01167AE974.jpg

9月1日(水)・2日(木)、7月より取り組みしている空知総合振興局管内の犬の多頭飼育案件で、メス全頭の不妊手術を実施しました。

手術は、野良猫や野犬、多頭飼育の社会問題を解決するための不妊手術を行ってくださっているMobile VET Office(モービルベットオフィス)さまが手術車で実施してくださいました。

2日間で16頭のメス犬とメス猫2頭の不妊手術を実施、妊娠していた1頭を引き取りしました。



F4B6756B-236F-4091-AC0C-9C11D812BBC4.jpg

手術後のメス犬です。記録のため個体識別で写真撮影しその後ケージに移動しました。

この案件では、多数頭の未不妊の雄雌の犬たちが飼育されていましたが、オス犬は8月4日、5日の両日で全頭去勢手術を実施し、ひとまず今後の繁殖を止めることは出来ていました。

しかし、当会でこれまでこの案件で引き取りしたメス犬の多くに子宮内膜症、蓄膿症、筋腫等の子宮関連の病気が多かったことや妊娠している犬の見極めもあったため、繁殖を止める目的だけでなくメス犬の健康状態を向上させるためにも不妊手術の必要がありました。



4E359675-7A86-4414-9FA8-FE2DB5E501AA.jpg

Mobile VET Officeの大門先生、空知総合振興局さまから職員さま2名、当会からスタッフ2名、飼い主のご家族2名で、手術は一連の流れでスムーズに終えることが出来ましたが、多くのメス犬に子宮の病気がありましたので、手術出来たのでほっとしています。



A75A330A-5A08-436D-BB3F-8B72310ACF3E.jpg

引取りした妊娠1か月くらいと思われるメスです。

飼育されている多くの子に名前がありませんでしたが、ジュリアと命名しました。



BE36CC36-4FA3-43CB-82A7-DB77DC792273.jpg

お乳が張っていて触るとゴロっと子犬らしきものがあり、8月20日に酪農学園大学さまで実施してくださったレントゲン検査結果でも子犬の背骨のようなものが確認されました。

その時の様子は以下からご覧ください。
http://shippo-days.seesaa.net/article/491221760.html

酪農学園大学さまにご協力いただき大変ありがたかったです!

本当にありがとうございました!

現在しっぽの慣れない環境ではありますが、ゴハンも食べて排便も問題なく過ごしています。

「人と動物が幸せに共生する社会」そのビジョンに変わりはありませんし、このように官民学協働で問題を解決する姿勢が大切と考えます。

Mobile VET Officeさま、空知総合振興局さま、酪農学園大学さま、心より感謝申し上げます。

この案件では、オスの去勢手術と病気のメスが多いため7〜8月には過去最高の医療費がかかってしまいました💦

ですが、今後も停滞することなく活動していきたいと考えています。

諸物価の値上がりで心苦しいのですが、皆さまのお力を少し分けていただけると助かります!

しっぽの会HP
https://shippo.or.jp



osu.jpg
<オス>

mesu.jpg
<メス>

※追記です。

ジュリアが9月6日9時過ぎにオスとメスの兄妹を出産しました!

2頭とも300グラムを越えていて、先にお産していたピノの子達が生まれた時より大きくしっかりしていました。

ジュリアの方が体が大きかったことや頭数が少なかったことが要因かも知れません。

スクスクと元気に育ってくれますように・・・。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト


posted by しっぽの会 at 02:07 | 多角的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月05日

感謝♡ 鈴井貴之さまが愛護センターの情報拡散をしてくださいました!!

unnameds.jpg

各方面でご活躍されているオフィスキューのミスターことアーティストの鈴井貴之さま。

「北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト」のスペシャルアンバサダーにご就任いただいていますが、この度も賛同の情報拡散してくださいました!!

大の愛犬家の鈴井さま、本当に感謝感謝です❣

北海道にも"愛"のあるセンターを!をスローガンに「みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト」を進行中です。

北海道の方に限らず世界中からご署名いただけます!



0329動物愛護B3s.jpg

動物愛護A4(2)-2s.jpg

北海道にも動物の愛護と福祉に配慮した動物愛護センターが建設されますよう、引き続き10万筆のご賛同を目指して頑張ります!

応援してください!

ご署名はコチラからお願いいたします!!

https://www.change.org/doaigocenter

QR_chang.jpg




2022署名説明S.jpg

署名用紙でご賛同くださっている皆さまも引き続きよろしくお願いいたします!

用紙は以下からダウンロードもできますし、当会にお申込みいただけましたらご郵送もさせていただきます。



QR愛護HP.jpg

皆さまのご協力を心よりお願い申し上げます!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト


posted by しっぽの会 at 16:20 | 多角的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月02日

8/20 犬の多頭飼育案件 酪農学園大学さまにご協力いただきました!

D00AA41E-38AD-416B-8DCA-7BD60299A826.jpg

8月20日(土)、北海道酪農学園大学獣医学群獣医保健看護学類さまのご協力のもと空知振興局管内の犬の多頭飼育の健康診断を実施していただきました。

教授と学生の方、総勢7名でチームを組んでくださり血液検査とレントゲン検査を行い、その後、オスメス全頭に混合ワクチンを接種してくださいました。



5DF7B4F0-D175-4193-AFE7-0C7D25744A82.jpg

血液検査では、後日メスの不妊手術が予定されていましたので、術前の数値を検査していただきました。




88F6C9E6-0BCE-40CD-BD17-3A4EB76885A2.jpg

インターンの獣医の方も実習で採血を行い、大学とは違った環境で大変だったと思いますが頑張ってくださいました。



68E86B6D-41C1-4A8D-8B41-880C3FF0D7E8s.jpg

レントゲンは、移動できるポータブルのもので、骨の状態や妊娠の有無を確認しました。



BD6E95F7-3EDB-4E43-9EDF-A847AF3DC000.jpg

この日は、先日お知らせをさせていただいた、妊娠していたグレイスと腫瘍の疑いがあったルーミの2頭を引き取りしました。

腫瘍疑いだったルーミは、その後、動物病院でエコー検査を行い問題がなかったので、先日不妊手術を行いました。

オスは、8月4日・5日で全頭の不妊手術を行い繁殖を止めることは出来ました。

また、メスは子宮の病気が多いことや妊娠している犬の見極めもあったため、9月1日(木)、2日(金)で手術を終わらせました。

このご報告は、引取りした犬の報告と合わせて後程お知らせさせていただきます。


今後も保護活動、啓発活動を遅滞なく行っていくために、皆さまのお力を少し分けていただけると助かります!

何卒よろしくお願いいたします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト


posted by しっぽの会 at 22:30 | 多角的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月21日

8/20 空知総振興局管内の犬多頭飼育崩壊現場からメス2頭を引き取りました

8月20日(土)、空知総振興局管内の犬の多頭飼育崩壊現場からメス2頭を引き取りました。

先日はオス全頭の去勢手術を実施したので、この日は、江別市の酪農学園大学さまのご協力で、全頭に混合ワクチン接種とメスの血液検査とレントゲン検査を行いました。

こちらの詳細は後日報告させていただきます。



001.jpg

この子はグレイスと名付けました。

お腹も大きくお乳も張って母乳も出ていました。

レントゲンで妊娠も確認されましたので、急遽引き取りをすることにしました。
この子だけはワクチンは接種は行いませんでした。



002.jpg

この子はルーミと名付けました。

この子もお乳が張っていましたが、妊娠ではなく腫瘍疑いでした。

病院で更に検査をするために引き取りすることにしました。


次のステップは、残されたメス犬の不妊手術の実施になりますが、費用の問題もあり課題も残されています。

ただ、当会で引き取りしたメスの半数以上が、子宮内膜症や蓄膿症になっていたため今回の検査結果が分かれば手術を行いたいと考えています。



01.jpg

大型のバリケンに2頭を入れてしっぽに向かいましたが、ルーミがものの15分くらいでケージを破壊し車内に出てきてしまいました💦

ここの多頭飼育の犬たちは、脱走と破壊が激しいのですが、慣れないことに反応をしているだけで、攻撃性は全くなく人懐こく良い子たち揃いです。

まずはメディカルチェックを行って健康に配慮することが先決ですので、飼い主さん募集には暫くかかりそうです。

グレイス、ルーミ、生まれてくる子犬たちがどうか無事でありますように…。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト

posted by しっぽの会 at 12:26 | 多角的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月08日

8/4・5 空知総合振興局管内の多頭飼育案件で不妊手術を実施しました

IMG_0367.jpg

空知総合振興局管内で発生した多頭飼育の犬の案件で、8月4日(木)、5日(金)に35頭(オス34・メス1)の不妊手術を実施しました。

多頭飼育になったのは、最初に飼育した犬の不妊手術を行わなかったためで、譲渡よりも繁殖頭数とスピードが勝るため、飼育数が過剰にオーバーしていました。



4-9.jpg

まだ譲渡先が決まっていないオス。

性格はフレンドリーでずっとしっぽを振ってる良い子でした。




4-5.jpg

この子はハスキーが入ったような子で、やはり人懐こい性格でした。

犬たちは近親交配なので似たような子が多いですが、体格も小さめで吠えもなく大人しい子が多かったです。

ただ、多頭の飼育の環境に慣れているため、当会で引き取りした犬たちは、ケージの隙間をこじ開け室内脱走する子が続出したので、飼育には十分な注意が必要です。



IMG_0412.jpg

2名の獣医師さんが連携協力して不妊手術を実施してくださいました。

今回の資金に関しては、当会にご寄付してくださっている皆さまからのご寄付を充てさせていただく予定です。



IMG_0375.jpg

当会のスタッフが手術前の毛刈りや術後にも爪切りや耳掃除、毛玉や汚れを取ったりし、Mobile vet officeの大門先生やお手伝いくださった獣医師の先生のお陰で2日間でオス全頭の不妊手術を終えることが出来ました。

Mobile vet office(モービルベットオフィス)
http://mobilevetoffice.com/

大門先生は、社会問題解決のために犬や猫の手術を専門に行っている獣医師で、昨年も石狩市や遠軽町の多頭飼育の猫や当会の飼い主のいない猫基金でもお世話になっています。

大門先生を抜きにしては語れない程、地域での犬猫の過剰繁殖問題解決の大きな力となっていただいています。



9.jpg

次回は、メス犬たちの不妊手術も実施したいと考えていますが、この日は最後にメスの個体確認を行いました。

当会で引き取りしたメス犬たちは、子宮蓄膿症や内膜症、子宮筋腫等に罹っていたいた子も多く、出産後に育たなかった子犬もいました。

栄養が足りておらず痩せている子と体格の良い子といましたが、生きていくうえでの生存競争は激しかったと思います。

ただ、人懐こい子が多く人に対する恐怖心はありませんでしたので、人が好きな子たちが多いのも印象的でした。



IMG_0354.jpg

22時近くまでかかり、最後のオス1頭の手術を終えて終了しました。

今回の案件では、振興局、獣医師、愛護団体との連携で、まずは繁殖を止めることは出来ました。

犬も猫も飼いきれない程の多頭飼育になってしまうのは、不妊手術を怠っていたためですが、当会は、このような多頭飼育を未然に防げるような社会を創っていきたいと考えています。

そして、このように大掛かりな対策を講じることが出来るのも、支援してくださる皆さまのお陰です。
心より感謝申し上げます。

この案件はまだ終了したわけではありませんので、どうか引き続きご支援応援いただけたら幸いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト

posted by しっぽの会 at 10:55 | 多角的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする