2024年07月07日

長沼町の某施設の多頭野良猫の保護案件

S__15515724_02s.jpg

4月21日、長沼町のとある施設に住み着いている多頭の野良猫の相談案件に取り組むことになりました。

猫たちは、怪我をしていたり、体も汚れ痩せているなど悲惨な状況でした。

まずは、状況確認と全体の猫の把握をすることになりました。



ベイリーs.jpg

5月20日、推定4〜6歳のオス猫を保護しました。

名前をベイリーと名付けました。

人慣れしていて自分から近づき、キャリーに誘導したところすんなり入りました。

少々臆病ですが穏やかな子で、汚れた体をシャンプーすることも出来ました。

健康診断、4種混合ワクチン、去勢手術、マイクロチップ装着を実施、猫エイズ感染症が陽性でした。

預かりボランティアさん宅に移動、その後去勢手術とマイクロチップを装着しました。

古傷か後足を引きずる歩き方をします。




フィンリーs.jpg


同じく5月20日に保護した推定1歳のオス猫は、フィンリーと名付けました。

視察の時から人に慣れた子でした。

健康診断、4種混合ワクチン、去勢手術、マイクロチップ装着を実施、猫エイズ感染症と猫白血病はどちらもマイナスでしたので、ホッとしました。

預かりボランティアさんに預かっていただいています。




アディソンs.jpg

アディソンと名付けた推定2〜3歳のオスは、捕獲器で捕まえましたがかなり暴れました。

2日後の5月22日に去勢手術と4種混合ワクチンを接種しました。

片側の睾丸が陰睾だったため開腹しての手術だったため、1週間後に抜糸してリターンすることとなりました。

視察の時には見かけない猫でした。



クインs.jpg

クインと名付けた推定2〜3歳のオスは、茶白ですが茶の色が少し変わった色です。

キャリーに入れる時は少し抵抗しましたが、抱っこで捕獲出来た大人しい子でした。

健康診断、4種混合ワクチン、去勢手術、マイクロチップ装着を実施、猫エイズ感染症と猫白血病はどちらもマイナスでしたので、ホッとしました。

上記の4頭は、同日の5月20日に保護していますが、フィンリーと同じ預かりボランティアさん宅にいます。




ビィィs.jpg

5月27日に保護したビィィは、視察した時からスリスリ寄ってくる子でしたので、捕獲はスムーズでした。

妊娠している乳首だったので、エコー検査したところ間違いなく子猫が確認され、その後6月21日に当会で3頭出産しました。


以下が子猫たちです。



61623_0s.jpg

生後8日 6月21日生 メルル メス



クルル.jpg

生後8日 6月21日生 クルル メス




61631_0s.jpg

生後8日 6月21日生 メメ オス


3頭ともとてもかわいいです♡

お母さんのビィィもしっかり子育てしている良き母です。




オジョンs.jpg

5月30日保護した推定1〜3歳の茶白はオジョンと名付けました。

視察時から寄ってくる猫で、キャリーに入ることはありませんでしたが、手で捕獲出来ました。

ただ、ケージに入れてから、スキンシップの時に3回脱走しました。

健康診断と4種混合ワクチン、感染症検査をし、エイズも白血病も陰性でしたので安心しました。

右肩の毛がなく、火傷の傷かも知れないとのこと。

ベイリーと同じ預かりボランティアさん宅に行きましたが、去勢手術とマイクロチップを装着しました。




キィィs.jpg

6月6日に保護した推定1〜3歳のメスは、キィィと名付けました。

捕獲器で捕まえましたが大人しい子です。

エコーでも妊娠の確認はありませんでした。

健康診断と4種混合ワクチン、感染症検査をし、エイズも白血病も陰性でしたので安心しました。

薄毛なのは栄養失調のようだとのこと…現場にいた猫たちは過酷な環境で生きてきたので、全体的に体も小さめです。



アタリs.jpg

6月7日に捕獲したアタリは三毛のメスです。

捕獲器の中でシャ―と暴れていました。

乳首が赤いので、病院に直行しました。

母乳が出ていて、産後1〜1.5か月ではとのこと。

子育て中で現地に子猫も残されている可能性もあることから、現地にリターンしました。

7月6日に子猫が3頭発見されました。



チーターs.jpg

6月24日には茶白のオスのチーターを捕獲しましたが、視察の時にはいなかった子です。

捕獲器には入りませんでしたが、捕まえることが出来ました。

去勢手術と4種混合ワクチンを接種しリターンすることにしました。



現地10三毛s.jpg

S__16375907-5s.jpg

12キジ白1s.jpg

現地にはまだ猫が残っています。

現在の状況は、当会で保護した猫は6頭で(うち1頭が3頭出産)、一緒に活動してくださった個人の保護が4頭、リターン2頭、リターン後の様子見が2頭、2頭の行方が分かっていません。

視察時に全ての猫を把握できている訳ではありませんし、状況も変わります。

また同時期、当会の敷地や周辺に捨てられたのか野良猫を保護しましたが、猫舎に入れる前の隔離場所がいっぱいになり、預かりさんにお願いしたり、時間差で保護したり、様子を見る猫もいたりと様々な工夫をしている状況です。

猫を捨てに来る輩もいて、人間の身勝手さには憤りを覚えますが、今後も現地を監視していきたいと思います。


1頭でも多くの猫たちを救済できるよう、応援ご支援いただけると幸いです🍀


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


posted by しっぽの会 at 08:26 | 多角的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月29日

6/12 道北天塩町の多頭飼育現場視察に行ってきました

6月12日(水)、昨年2月から関わっている留萌管内天塩町の犬の多頭飼育崩壊の現場に行ってきました。

前回は12月9日の視察でしたので、おおよそ半年ぶりとなりました。

この日現地には、不妊済み・未不妊の犬、係留されている・されていない犬を合わせ7頭がいました。

ただ数頭は、近隣の牧場や隣町の遠別町まで遠征に行っている犬もいるとのこと、役場にも苦情の電話が入るため、都度捕獲機を仕掛けて対策をしているとのことでした。

最近、道東でも野犬の群れが子牛を襲い、子牛が咬み殺された事件も起きています。

野犬や放浪犬は、飼い主が適正飼育を怠った結果、起こっている問題です。

愛情を持って正しく飼育していくことが飼い主の義務と責任です。

痛ましい事故がこれ以上起きないよう、酪農地帯の飼い主さんは我がことのように緊張感を持って欲しいです。



154A9954-2s.jpg

この日、見た放浪していた犬は3頭でした。

21番と思われますが、未不妊の犬のようです。



154A9933s.jpg

14番 去勢オスです。



154A9930s.jpg

番号も性別も分からない犬です。



154A9941s.jpg


20番 去勢オス。

D型ハウスには4頭の犬が係留されていました。

何度か現地を伺った際には、掃除や片付けもしてきましたが、すぐにゴミが散乱し不衛生になります。

ただ、このD型ハウスの犬たち4頭は、5月24日に狂犬病予防接種が出来たそうですので安堵しました。



154A9935s.jpg

13番の去勢オスです。



154A9944s.jpg

9番の避妊メスです。

臆病でよく吠えている子です。



154A9936s.jpg

この長毛の子は、おそらく未避妊と思われる初めて確認した子です。

こうしてまだ見たことのない、記憶にもない犬がいたりするのでドキッとします。



ocans.jpg

また、留萌保健所天塩支所には、私たちがオキャンと名前を付けた23番の避妊メスが収容されていました。

オキャンは、近所の牧場に仕掛けれた捕獲機で6月7日(金)捕獲されました。

犬たちは、お腹を空かせているのか夜中に牧場に現れるそうで、実際事故も起きているので待ったなしの状況です。

現在天塩支所で経過を観察していますが、譲渡に向け職員さんが頑張ってくださっています。

また、近隣を親子で歩いている犬を見かけたとの目撃情報もありました。

昨年、行政機関や獣医師さんと協力しながら、大規模な出張不妊手術を行ったにもかかわらず、未不妊の犬もいるため、終息にはまだ遠い状況で気落ちします。

引き続きご支援応援いただけますようお願いいたします!



動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 13:38 | 多角的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月25日

道央技師会学術集会で特別講演をさせていただきました☆彡

59486_0s.jpg

4月20日(土)、苫小牧市内で開催された令和65年度道央臨床衛生検査技師会の学術集会で当会の活動を特別講演させていただきました。



59484_0s.jpg
<伊藤会長>

道央技師会さまでは、毎年学術集会を行っているそうですが、コロナ禍で4年間開催できなかったため、今日は5年ぶりの集会だったそうです。

集会では病院で臨床や画像診断、病理学等従事している方々の他、医療メーカーの方も参加されていました。



59485_0s.jpg

特別講演は、毎回病院関係のお仕事とは異なる講演をされているそうで、今回学術員さまで、当会をご存知の方が「しっぽの会のお話を聞きたい」と申し出てくださり、理事の中里由樹がお話させていただくことになりました。



59483_0s.jpg

学術集会後の情報交換会にも出席させていただき、いろいろお話をさせていただけました。

情報交換会は和やかな雰囲気で、とても素晴らしい集会だと感じました。

道央技師会さま、この度はありがとうございました。

当会の犬猫たちも動物病院さまで、検査などを受けていますので、共通のお話も多く、大変参考になりました。

皆さまのご活躍とご健勝をお祈りいたします。


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 11:00 | 多角的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月22日

「令和6年能登半島地震動物対策本部」にご支援金を振込みました

能登半島地震犬猫支援3s.jpg

今年1月1日に、石川県能登地方で発生した、令和6年能登半島地震で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

地震から3か月が経過しましたが、一日も早く復旧がなされますようお祈りいたします。

HOKKAIDOしっぽの会では、被災した犬猫を支援するために「能登半島地震被災犬猫支援金」を1月11日より募集開始、2月末までに108名の方々から843,500円の義援金をいただきました!

ご支援くださった皆さまに心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました!




noto.jpg

いただいたご支援金は、石川県や新潟県等で被災した犬猫を救う行政機関や目的を持って支援いただける公益社団法人等、有効に活用していただける然るべき機関にお届けしたいと考えておりましたが、ご支援先は「令和6年能登半島地震動物対策本部」とさせていただき、本日ゆうちょ銀行から、843,500円を送金させていただきました。




FILE_002s.jpg

公益社団法人石川県獣医師会
https://itsutsuboshi.jp/

令和6年能登半島地震動物対策本部さまでは、

いただいた募金は、能登半島地震による被災動物の救護活動及び被災された飼い主様への飼育支援活動に使用します。

また、対策本部の活動が終了した際には、石川県における今後の災害対応に備える動物対策基金として保管させていただきます。

とのことです。



石川県獣医師会さまの「令和6年能登半島地震動物対策本部」のこれまでの活動は、

被災した飼い主さまのペットをご協力してくださった61軒の動物病院で一時預かりを行い、これまでに猫140頭余り、犬80頭余り、うさぎや小鳥20頭余りを預かってこられました。

また、預かり業務は3月末で一旦終了されたそうですが、3月15日に石川県羽咋市にシェルターを稼働、犬猫合わせて30頭が収容されています。

6月末までの運営だそうですが、飼い主さまのお迎えが困難な犬猫や新たな飼い主さんが見つからない子は、その後、いしかわ愛護センターに収容されて新たな飼い主さんを募集する予定だそうです。



isikawa.jpg

いしかわ動物愛護センター
https://aigo-ishikawa.jp/


また、被災地では自宅倒壊などで帰る場所を失った猫たちが繁殖をして、今後の大きな問題となることや、飢えからか生まれた子猫や弱った猫を食べているという悲惨な現状も報告されていたことから、被災地に赴き、被災猫たちの保護、行き場を失った猫たちの避妊去勢手術など、延べ300頭余りの猫に実施されたそうです。

このようにご支援金は、持続的かつ安定的な対策実施にも使用されています。


他にも、1月末から3月いっぱい、岩手大学から診療車をお借りして、被災地のペットの診察を行うなど精力的に活動されました。


その様子は以下からご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=YDOYsBLep-w

当会でも引き続き支援金を募集していますので、ご協力いただけますと幸いです。

ご支援金はコチラの能登半島地震被災犬猫支援金へご寄付いただけますと幸いです。

また当会の口座にお申込みの方は、能登半島等のご記載をお願いいたします。

ご協力何卒よろしくお願いいたします!


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 16:18 | 多角的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月14日

石狩振興局 千歳市元ブリーダー多頭飼育崩壊案件

2月、千歳市内で犬の多頭飼育崩が発生し、石狩振興局と愛護団体と協働で取り組むことになりました。

石狩振興局管内は、繁殖業者やペットショップが多く、ペットを扱う大型店も多数あります。

この案件は、10年ほど前には廃業した繁殖業者が飼育している犬をこれ以上世話が出来ないと振興局に相談したのが始まりでした。

飼い主の元には年老いた犬を中心に、大型犬4頭と小型犬の純血種25頭がいて繁殖に使われていた犬や若い犬も数頭いました。

当会が、相談を受けた翌日、衰弱の激しい犬が3頭程いると伺い、いてもたってもいられず、最優先でその3頭を引き取りしました。



56813_0.jpg

推定8〜10歳のラブラドールのオスはピュアと名付けました。

ガリガリにやせ細り、歩くのもやっとでフラフラでした。



56815_0.jpg
<腫瘍が酷いので、モザイクをしています>

口の中いっぱいにメラノーマと思われる腫瘍ができてました。

レントゲンでは今のところ肺への転移はみられませんでしたが、ゴハンも食べられていないようで栄養状態も悪く、入院し点滴とステロイド投与することになりました。

お陰さまで入院したかいもあってゴハンを食べ出し、2月9日に退院、2月13日には予約していた酪農学園大学病院を受診し、血液検査、レントゲン、エコー検査しました。

右足が腫れて出血していましたが、削痩し栄養状態も悪く腫瘍も抱えているため、DIC(播種性血管内凝固症候群)発症と思われました。

血栓が詰まり多臓器不全になってしまう可能性があるので、今はDICの治療と栄養状態の改善からしていく必要があるそうで、このままでは検査のための麻酔もかけられないのでCT検査もできませんでした。

手足を動かしてあげることで筋肉がつき、免疫も上がってくるので、なるべく動かしてあげることや、まだ脱水もあるので皮下点滴は続け、処方された薬を飲ませて2週間後に再診することになりました。

以前に札幌市動物愛護管理センターから引き取りした腫瘍のあったミニチュアダックスのロバートの時もそうでしたが、腫瘍の治療を開始したくても、状態が悪く体力をつけることが優先でした。

今はとにかく、診察や手術に耐えることの出来る体力をつけることが課題です。



56818_0.jpg

推定8〜10歳のミニチュアダックスのメスはチョコと名付けました。

首とお腹とお尻に腫瘍があり、お腹の腫瘍は乳腺腫瘍と思われます。

飢えを経験している子は特にそうですが、ゴハンはモリモリ食べていました。



56821_0.jpg

歯石も酷く、右上の歯茎に穴が開いてました。

避妊手術時に一緒に口のケアもすることになり、血液検査の結果では肝臓の数値が高めでした。

今できることは、良質なフードを食べて手術できる体力をつけることです。



56824_0.jpg

推定8〜10歳のメスのチワワはレートと名付けました。

元気がなく、呼吸が変で苦しいのか歩きません。

しばらくご飯も食べていないようで胃も腸も空っぽでした。

肛門から棒入れて便の採取を試みましたが、やはり便はありませんでした。

脊椎の一部分が炎症なのか骨の異常なのか異常が見られ、そのせいで気管支がカクカクと折れ曲がっていました。

何等かの異常がある部分が原因で肺が圧迫されているのか、気管支が狭くなっているのかで苦しいと思われ、肺の炎症等も考えられました。



56823_0.jpg

入院して酸素室に入り点滴と抗生剤の投与しました。

その後は、酸素室から出ても元気にゴハンも食べれたので9日に退院出来ました。

今後は、心雑音が酷くレントゲンでも肥大が確認されたので心臓薬を飲み、抗生剤も続けることになりました。

気管支の狭窄等が原因で苦しいと思われるためCT検査等する予定です。



9B97891D-BA39-47CC-BB40-BA208B07B3C6.jpg
<犬のM基金さま>

2月9日(金)には、石狩振興局さま、犬のM基金さま、ディアライフさまとしっぽの会で、現地ににいる犬を引き取って来ました。

多頭飼育崩壊現場はどこもそうですが、強烈なアンモニア臭が鼻を突き、犬たちもケージに閉じ込められたままのため体は糞尿で汚れ、悪臭が染み込んでいました。

前日と前々日に4つの保健所に搬送した犬11頭を除き、当日14頭の犬がいるはずでしたが、1頭は飼い主が連れ出していたため、結果13頭の引き取りになりました。



A8AEABBB-9319-449C-AE6F-6C1401E3B84F.jpg

ケージに入ったままで生きてきた犬たち。



7616DCA1-41DA-45C1-9F7F-A4F40C5C0AFC.jpg

削痩した黒ラブは骨が浮き上がっていました。

大型犬は特に体に対してケージが狭く余計に可哀そうでした。

満足な食事は与えられていなかったようで、完全にネグレクト状態、動物虐待です。



85DE4C15-E3E1-4A44-8741-25393BDAA8CAs.jpg

ビーグルも1頭いました。



BAD4810E-6202-4D84-BB99-16BB36BF9062.jpg

この子は比較的若いミニチュアダックスでした。

フードも底をついたとのことで、石狩振興局さまからお話を伺った際に、当会からフードと食器の支援を申し出させていただきました。

皆さまからいただいたドッグフードも当会の犬たちだけでなく、行き場を失った犬たちの現場でも使わせていただいています。

本当にありがとうございます!



C8BCCEC9-5986-4E71-8CF7-0A093DBE0E6B.jpg

黒茶のミニチュアダックス。

犬たちは、老朽化した汚れたケージの中にいました。



10F72259-1B23-4B97-8849-EAA6FDF2E7D1.jpg

黒茶のミニチュアダックスは、3歳前後のようで若い子でした。



A5969ACD-E725-4F49-A711-34E521065BEE.jpg

茶のミニチュアダックスは白内障です。



57184_0.jpg

当会はこの子を引き取りしました。

年齢は8〜10歳とのことですが、目は真っ白で見えてません。

病院で健康診断を行いましたが、歯石が酷くグラグラの歯が何本かあり4本抜歯し、残りの歯は4本くらいしかなくなりました。

また外耳炎もあり洗浄をしていくことになり、乳腺腫瘍は避妊手術の時に一緒に手術することになりました。

このように、引取りした子たちにはさまざまな病気があり、早期に治療をしていたらここまで悪化することはなかったでしょう。

また、運動もされていなかったので、体全体の筋肉もなく、繁殖犬のリタイア後も不妊手術もされていないままでしたから、メスは乳腺腫瘍のある子が大半のようです。

いつも思いますが、繁殖業を営まれている方々にとって動物は命ある価値ある商品であったはずです。

現在は廃業されているとしても、この犬たちがいたからこそ商売が出来て、生活できたのではないでしょうか。

もっともっと動物たちを愛し感謝すべきです。

今年になって当会が引き取りした犬たちは、遺棄疑いや虐待の案件が多く、人間の身勝手さには正直憤り悲しくなることばかりです。

どうしたら、小さな命を慈しみ大切にする社会になるのでしょうか…。

罰則を厳しくすれば無くなるのか…

罰則はあった方が良いですが、人の心が豊かになるのは幼いころからの教育と環境だと思います。


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 20:52 | 多角的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする