2024年05月19日

第2回=人や社会に慣れていない=保護犬との暮らし方講習会のご報告🐕

S__15269973_0s.jpg

5月11日(土)、札幌市動物愛護管理センターあいまるさっぽろで開催しました第2回目となる「=人や社会に慣れていない=保護犬との暮らし方」講習会のご報告です。

会場には、事前にご予約くださった43名の参加の皆さまとボランティアさんの50名が受講してくださいました。



S__15269968_0s.jpg

一口に保護犬と言っても、家庭犬として暮らしてきたコミュニケーションの取れる犬もいれば、散歩も人とのコミュニケーションもなかったネグレクトされていた犬、餌を貰うことだけでしか人との接点がなかった犬など様々です。

講習会は、人や社会に慣れていない臆病で怖がりな犬をお迎えされた方、お迎えを検討されている方向けの内容で、どうしたら良い関係を築くことが出来るのかスタッフによるハウツーを学ぶ実践的な講習会でした。




S__15269971_0s.jpg

最初に、逃がさない飼育管理方法や注意点、対策についてお話しいたしました。

そして不妊手術のメリットや保護犬との関わり方、信頼関係を作る大切さ、事故から犬を守るために「オスワリ・マテ・呼び戻し」などの基本的なしつけが大切であることなどお話ししました。

また、実際に飼い主さまからご相談のあった事例について、問題点を項目別に整理してお話させていただきました。

諦めずに克服できることもあれば、個性として受け入れることも大事であることのお話では、その見極めは飼い主さまの観察眼にかかってくると思いますので、日頃から様子を観察していただけたらと思います。


次に当会の、半野良だった子や多頭飼育崩壊から引き取りした犬の動画をいくつかご覧いただきました。

ちょっとした隙間から脱走する様子や首輪抜けしそうな様子(安全のためドッグラン内で撮影しています)上手に歩けず右往左往する犬の様子などご覧いただきました。

犬のしつけ教室は、一般的には家庭犬向けのものがメインで、人や社会に慣れていない犬のしつけ教室は皆無に等しいと思います。

このような講習会は珍しいですが、まさに皆さまが知りたかったことが詰まっていた内容だったと思います。



S__15269966_0s.jpg

二部では、臆病な犬との接し方やしつけの仕方について講習しました。

人に慣れていない犬とのコミュニケーションの方法や環境づくりなどお話ししました。

犬に気を遣いすぐることなく、強く・優しい飼い主さんを目指してください。

装備品についてもお話し、安全に配慮したお散歩用具の首輪やハーネス、リード等の装備品をご紹介しました。

当会では、安全にお散歩できる犬でない限りはダブルリードをお薦めしていますし、ハーネスも簡単に抜けないものをお薦めしています。

実際に当会で使用しているものもご紹介し、機能性を重視し犬の性格や状態を考慮して装備品を使い分けてください。

その後は、質疑応答を行いました。

皆さま、熱心にメモを取って真剣に聴いてくださいました。

そして、我々も含め、保護犬の譲渡を行っている行政機関、愛護団体、個人のボランティアも、救っていくだけでなく、譲渡する責任を強く持たなければと思いました。

その後、今後の参考や励みとさせていただきたく、感想文をお願いしましていましたが、全員の方が提出してくださいました。



S__15302710s.jpg

ご感想をまとめさせていただきますと、

・保護犬の預かりをしているが、その子をよく見てその子に合った対応をするのが大事と思ったと同時に一貫した大切な事柄も重要と感じた。
里親になる方に逸走対策について伝えているが温度差を感じる。動画を見て気を引き締めたいと思う。

・5歳の保護犬を引き取り1年半。これまで保護犬ではない6頭の犬を看取ったが、その経験は全くと言っていいほど役立たない状況。別な生き物と考え根気強く向き合っていきたい。

・初めて参加し、良い機会になった。保護犬というワードをよく耳にするが、しっぽの会はアフターケアもしているので引き取り手も安心では。

・スライドや動画を見て学べた。脱走の対処法や犬との距離感について得ることが出来た。リードやしつけの必要性について理由の説明があり必要性が分かった。

・分かりやすく丁寧な資料だった。今後の預かりボランティア活動に役立てたい。臆病な子なので、講習会の内容を取り入れてやっていきたい。

・動画があって良かった。保護犬を引き取った家族の生の声がもっとあった方が良いと思う。

・先住犬がいるので、相性を一番に考える。先住犬のストレスにならないか、時間が解決してくれるのか。理想は寄り添って生活できること。慣れるには時間が必要。

・既に保護犬と生活しているが、飼う前に聞きたかった。他の保護施設では飼育の注意点がなく散歩中に二度逃がしてしまった。講習会の知識を残し、気長に付き合っていこうと思う。

・分かりやすく勉強になった。譲渡時に渡すと良い資料だった。先住犬の咬み殺し事故も発生している。団体間でも、フリーで留守番させることや何年たっても危険なことも意識共有して欲しい。

・家の保護犬は大人しく安心していたが、動画を見て逃がしてしまうことがあるので気を引き締めたい。

・講習会の企画と活動に感謝。愛情をかければ何とかなると2歳の保護犬を勢いで飼い反省。しっかり学ぶことが大切。お散歩大好きなので、ハーネスを見直し練習を重ねていきたい。

・臆病な犬の飼育は思った以上に大変と知る。考えもよらない脱走に驚いた。しっぽのスタッフのしつけの向き合い方も素晴らしい。

・保護犬・野犬の飼い主さん同士の繋がりの場があると良い。行政と道内の保護団体との連携にも期待。保護犬猫を札幌で募集すれば活性化されるのでは。野犬がテーマの話も聞きたい。

・今まで自分たちなりに考えてやってきた。装備品についても貴重な情報だった。

・一つづつ危険性や対処について話が聞けて良い機会になった。実際のしつけ方や装備品
についても知れたし、要求吠えの対応も気の強いこと弱い子とでは違うことも分かった。

・逃がさない、放さないことの大事さや時間をかけて向き合うことの大切さを学んだ。他の犬や猫を咬み殺した現実を知ったが、環境を整えいつか保護犬を迎えてみたい。

・今日学んだことを実践できるよう日々努力したい。

・ケージからの脱走や破壊された家具の動画を見て実感した。装備品についての詳細が伝わり、危険を常に意識し、大切な家族を守っていきたい。

・犬の性格に合わせた対応が再確認できた。

・しっぽの保護犬を引き取りたいと思うが、ハーネスや接し方等、いろいろ知れた。

・犬の飼育の基本を学べて良かった。定期的に学べる機会が欲しい。

・保護犬を迎えたいと思っていたが、関わり方など考えさせられた。根気よくいろいろな姿を見れるように関わっていきたい。脱走、逸走も周囲にも注意してもらえるよう考えます。

・昔、外で犬を飼育していて、今よりずっと短命だった。不幸な子を増やさないよう、ブリーダー、多頭飼育、ペットショップにも規制が必要。

・なぜ室内だけで飼うのか?実際、子犬から外で飼育していたが、長生きし懐いていた。今後、保護犬を迎え、脱走対策をして外と室内と自由に飼育したい。SNSで外飼いは虐待と見かけるが、その犬に合っている環境なら良いのではないか。外飼いについても肯定できる世の中になって欲しい。

・犬が散歩を嫌がるからと止めてしまわず、少しづつできることを増やしていくのが良いことが分かり勉強になった。

・経験に基づいた細かな説明が参考になった。臆病な犬を飼育しているが、年単位での人慣れになると覚悟していたので、ゆっくり接していきたい。室内で自由に過ごさせるのは危険なこともあると分かった。

・人慣れしている犬とは扱いが違うことが分かった。具体的で分かりやすい説明や動画があって良かった。

・動画、説明、写真がたくさんあり分かりやすかった。

・いつか保護犬を迎えたい。人や社会に慣れていない犬との関り方が想像以上だった。一緒に幸せに暮らしていくために環境や装備品、対策をきちんとしてから迎えたい。しっぽの会が、保護して譲渡のためにトレーニングしてくださり感謝。

・体験型の講習会も経験したい。

・6歳で引き取った犬がいるので、改めて安全面に気を付けたい。違う内容の話も聞きたい。

・現在飼育している保護犬に対する接し方の答え合わせが出来たようで勉強になった。2頭目を考える際の参考にしたい。

・野犬の子を2頭子犬から飼っている。気質の違いもあり日々勉強。また保護犬の預かりもしているので、社会化期や散歩の練習など段階を踏む方法を知れた。

・保護犬を迎える前に参加出来たら良い。動画を見て逃げ出す危険を知れたことで脱走する
犬が減るのかも知れないと思った。

・成犬の保護犬を迎えて2か月が経ち、関わり方を悩んでいたところ、無理せず犬の様子を見て、気長にかかわっていくことを知れて良かった。

・保護犬を迎えて2か月になり、気になることが増えた。これからの接し方や家族間のしつけ等の統一など学べた。

・コマンドが上手くできない子に対してのしつけ講習会も検討して欲しい。攻撃的な犬、高齢犬、コミュ症気味の犬等。


以上のように、ご参加くださった多くの方から大変励みになるお言葉をいただきました!

本当にありがとうございました!

講習会の内容は、安全に安心して暮らしていただきたいので、ネガティブに感じることも多かったと思います。

ですが、それは裏を返せば、そのキーポイントを抑えていただくことで、安全に配慮して飼育でき、「犬も飼い主も幸せに暮らせる」ことに繋がります。

配布させていただいたテキストを保存版として時々読み返し、犬との暮らしに役立てていただけたら幸いです。

野犬として生まれ育った犬、劣悪な多頭飼育現場で過ごしてきた犬たちは みな、人間のせいで そうならざるを得なかった犬たちです。

人と暮らすこと、家庭で暮らし始めることに対して初めは大きなストレスを感じる犬も多いです。

しかし、そのストレスや不安の壁・苦手の壁を飼い主さまと一緒に乗り越えていくことで、今まで感じてこられなかった「人と暮らすことの幸せ」「安心して過ごせる家があることの幸せ」を感じ、幸せに暮らしていくことができます。

世間的にも保護犬に対しての考えや関心は深まりつつあるとはいえ、近年でも野犬や問題のある犬は処分されている現実もあります。

その野犬や問題のある犬を生み出しているのは人間です。

これからは不幸な命を生み出さない、そして犬も人も幸せな未来を築いていけるように、飼い主一人ひとりが責任と愛情を持ち 保護犬に対する知識や技術を習得していかなければいけない時代です。

人間の都合で失われる命がなくなりますように・・そして終生、人と幸せに暮らせることが当たり前の世の中になりますように願って、これからも一生懸命活動してまいります。




2024.05.11講習会s.jpg
<終了しました>

=人や社会に慣れていない=保護犬との暮らし方

日時:2024年5月11日(土) 13:00〜15:00

会 場 : 札幌市動物愛護管理センターあいまるさっぽろ

住 所 :札幌市中央区北22条西15丁目3-6 

主 催 : 認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

共催:札幌市動物愛護管理センターあいまるさっぽろ


oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.


<講習会内容 >

第1部【保護犬との暮らし方や心得】

事故防止対策、信頼関係の築き方、共に暮らす上での心得など


第2部【臆病な犬との接し方としつけの仕方】

対峙をしないなどの接し方や触れ合い方、しつけのタイミング方法など

最後に質問応答

※飼育に関するテキストや事前にいただいたご質問のご回答は資料として配布いたします

※予約制

※入場無料

※定員40名

保護犬をお迎えされて、どう接して良いか分からずに試行錯誤され、自信を無くしたり、どんどん負のスパイラルになってしまったり・・・。

この度の講座は、そうした事案が散見されるなかで、私たちだからこそお伝えできる、お伝えしなければならないと、当会のスタッフが、日頃のお世話や経験から得た実践的なノウハウをお伝えいたしました。

そして、この講習会が、お悩みをお持ちの皆さまのお力になれたことや仲間がいると実感できたことが何より嬉しいことでした。

3回目の開催日は未定ですが、皆さまのご意見を参考にさせていただき、少しでもお役に立てるよう研鑽したいと思います。

どうぞお楽しみに☺

ご参加くださった皆さま、札幌市動物愛護管理センターあいまるさっぽろさま、本当にありがとうございました!


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 07:08 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月18日

5月26日(日) 宮の森で譲渡会「保護猫と出会う会」開催

2024.05.26宮の森譲渡会530.jpg

5月26日(日)、宮の森しっぽの会オフィスで保護猫譲渡会「保護猫と出会う会」を開催します🌸

参加の猫は、HOKKAIDOしっぽの会の「飼い主のいない猫基金」で不妊手術を施した飼い主のいない猫たち他、行き場を失っていた野良猫たちです。

猫たちには不妊手術・混合ワクチン接種・感染症検査・駆虫・駆除・マイクロチップ装着・健康診断または血液検査を実施しています。

以下の9頭が温かなご家族との出会いを待っています。



いちご2s.jpg

仮 名:いちご 推定2歳 メス キジトラ
引上場所:札幌市清田区美しが丘
猫エイズ(+)/猫白血病(−)/混合ワクチン/避妊手術/マイクロチップ装着/駆虫済

人馴れしていて、良くそばに来て鳴き、撫でるとゴロゴロいいます。

抱っこはできますが好きではないです。

遊びが大好きで、成猫と追いかけっこしたり戯れて遊んでいます。

元気もりもりなお目めがきれながで美人です。

また、いちごは犬と一緒に過ごす事ができますよ。



ガブs.jpg

仮 名:ガブ 推定2〜3歳 オス 
引上場所:恵庭市島松本町
猫エイズ(−)猫白血病(−)/混合ワクチン/去勢済/駆虫済/血液診断済

4月20日に保護しましたが、ガブくんの方が先住猫のように過ごしています。

抱っこが出来、膝の上に前足をのせてきます。
 
抱え膝の上で抱っこして撫でるとゴロゴロです。

食いしん坊で、他の猫の餌を食べるので、ダメと言ってもコラーと叫んでも動じずおかまいなしに食べます。

優しい可愛い声で鳴き、穏やかな性格です。

少し腎臓の数値が高めなので、腎臓サポートの餌をあげています。



以下の4頭は兄妹です。
アレックス、マリア、カイル、イザベルは生後3か月まで母猫、父猫と野良生活を送っていました。

保護してから8か月ほどになり、それぞれの性格などお知らせします。


マリアs.jpg

仮 名:マリア・デ・ルカ 推定11か月 メス 黒
引上場所:札幌市中央区
猫エイズ(−)/猫白血病(−)/混合ワクチン/駆虫済/避妊手術/マイクロチップ装着

マリアは、きょいだいの中で警戒心が1番強く、まだ撫でたりすることができずにいます。

おやつは手から食べたり、おもちゃで遊ぶことは出来るので、長い目で見ていただけたらと思います。

最近は、視線を感じて振り向くとマリアが近くでこちらを見ていたり、寝るときも近くで寝ることが増えたので、触れ合うタイミングを見図っているようにも思えます。

ちゅーるが大好きで、ちゅーるの時だけは我先にと、きょいだいを押しのけて無我夢中で食べています。

人馴れができているきょいだい(カイルかアレックス)と一緒か、先住猫さんがいるお宅に迎えてもらえるとありがたいです。



イザベルs.jpg

仮 名:イザベル・エバンズ 推定11か月 メス キジトラ
引上場所:札幌市中央区
猫エイズ(−)/猫白血病(−)/混合ワクチン/駆虫済/避妊手術/マイクロチップ装着

イザベルは、控えめな性格で、おやつも後ろに並んで待っていたりします。

寒い日は保護主さんの体の上で、寝るときがあります。

最近はクローゼットに、安心できる場所が出来て、日中はそこで寝ています。

少し困り顔で、かわいい声でないたり、首を傾げたりする仕草がかわいいです。

顔付近は撫でるとまだ怖がりますが、おしりぽんぽんは大好きです。



カイルs.jpg

仮 名:カイル・バレンティ 推定11か月 オス キジトラ
引上場所:札幌市中央区
猫エイズ(−)/猫白血病(−)/混合ワクチン/駆虫済/去勢手術/マイクロチップ装着

カイルはきょいだいの中で1番おっとりしていて、人への警戒心もあまりないようです。

撫でてほしいときは、コロンと転がります。

手作り爪とぎ(トマトの箱)がお気に入りで、きょいだいと一緒に寝ていたりします。

編み物をしているときに、毛糸で遊んだりと少しイタズラっ子な一面もあります。



アレックスs.jpg

仮 名:アレックス・ウィットマン 推定11か月 オス キジトラ
引上場所:札幌市中央区
猫エイズ(−)/猫白血病(−)/混合ワクチン/駆虫済/去勢手術/マイクロチップ装着

アレックスは、人馴れしている先輩猫(オス)に
かなり懐いており先輩猫を通じて人とコミュニケーションを取っていました。

先輩猫に里親が決まり、いなくなったあと数日は戸惑う様子がありましたが、撫でて欲しくて自分から近づいてくるようになりました。

4兄妹の中で一番食欲旺盛で、おやつの袋の音だけで走ってきます。

譲渡会のときはいつも、きょいだいの体に顔を埋めて一番怖がります。



22175_0s.jpg

仮 名:ダリル・ホール 推定4歳 オス キジトラ
引上場所:札幌市中央区
猫エイズ(−)/猫白血病(−)/混合ワクチン/去勢手術済/マイクロチップ装着済/駆虫済

先住猫が好きみたいで、いつも寄り添って寝ているので、猫のいらっしゃるお宅も大丈夫なようです。

人間のことも好きで、ベットにいたらよくお尻をくっつけてきて、体を撫でればずっとゴロゴロ言ってます。

最近は太り気味なので、ゆっくり食べる器とダイエットフードを使用しています。

抱っこもできて、手からおやつも食べます。



22030_0s.jpg

仮 名:イクラ 推定3歳 メス 黒
引上場所:小樽市樽川
猫エイズ(+)/猫白血病(−)/混合ワクチン/避妊済/マイクロチップ装着/血液検査

イクラは、〜超超甘えん坊🩷の女の子でゴロゴロいって、よくお腹を見せてくれます…… が要注意❢
頭や顔だけ触ってほしく、間違ってお腹を触るとガブッときます^^;

イクラは以下のカツオと兄妹です。

とても気立ての良い子で、黒猫好きな方にぜひ会っていただきたい子です♬



22032_0s.jpg

仮 名:カツオ 推定3歳 オス 黒
引上場所:小樽市樽川
猫エイズ(+)/猫白血病(−)/混合ワクチン/去勢済/マイクロチップ装着/血液検査

カツオは、抱っこは少し苦手ですが ナデナデや話しかけてもらうのが大好きです。
    
時々のおとぼけ顔がたまりません。

気が向くと膝の上に飛び乗ってきて甘えてくる気立ての良いイケメンの黒猫です。

上記のイクラと兄妹です。

2頭とも良く慣れているのですが、譲渡会ではかなり緊張しているので、リラックスしている様子をご覧いただけなく残念です。



会場3s.jpg

宮の森会場は、猫たちと触れ合えるコーナーもありますので、触れ合いOKの猫と相性等を確認していただけます💡🐱



犬のオヤツs.jpg

また、大好評のペットグッズのリサイクル市も開催いたします♬

しっぽの会のオリジナルのオーガニックな犬猫のオヤツやその他のフード、オヤツ、ペットの洋服や雑貨等をお手頃なお値段で販売いたします☺



猫おやつs.jpg
<イメージ写真>

猫さんのフードやパウチ、ちゅーるもご用意いたします。

ペットグッズのリサイクルはまだ浸透していないと思いますが、必要なくなった品物を必要な方に繋いでいくエシカルで持続可能な社会への取組みです。

ぜひお立ち寄りください!(^^)!


HOKKAIDOしっぽの会「保護猫と出会う会」

日時:2024年5月26日(日)

時間:11:00〜15:00

会場:宮の森しっぽオフィス

住所:札幌市中央区宮の森2条7丁目1-32 ル・ジャルダン・デュ宮の森1階

連絡先 HOKKAIDOしっぽの会 

電話:0123-89-2310 fax:0123-89-2311

Eメール:info@shippo.or.jp



周辺の地図はコチラです。
宮の森地図白地.jpg

道路を挟んで、星川動物病院さま、札幌理容師会館さまが斜め前で、グレーの4階建てマンション1階です。

2軒隣に有料駐車場があります。(1時間300円)


【その他】
 
※猫のお迎えをご希望の方には、ご譲渡前アンケートにご記載お願いいたします。

※当日、猫を連れて帰ることは出来ません。

※後日のご譲渡の際には、上記の手術の実費費等、おおよそ30,000円前後を頂戴しています。
(保護主さんにより、金額に違いがあります。ご了承ください。)


猫たちに会いに、リサイクル市にもお気軽にいらしてください♬



動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 21:50 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月16日

申込受付中 2024年度酪農学園大学公開講座「これからの動物保護活動 殺処分ゼロを超えて〜私たちが向かうもの」

西山ゆう子先生ポスター_地域連携課s.jpg

酪農学園大学さまでは、2024年度の公開講座の申し込みを受け付けています。

講師は、国内外でご活躍の獣医師 西山ゆう子先生です。



2024年度酪農学園大学公開講座

題 名:「これからの動物保護活動 殺処分ゼロを超えて〜私たちが向かうもの」
日 時:2024年6月27日(木) 13:00〜15:00
会 場: 酪農学園大学D1号館1F(104講義室)
住 所:北海道江別市文京台緑町582

内 容:過去20年に日本の動物愛護活動は大きく変化しました。自治体のセンターは殺処分から保護譲渡活動をする場になり、多くのボランティア団体やカフェが保護活動に協力するようになりました。一方で動物保護施設はどこも満員で、譲渡できずに長く入所している動物がいます。多頭飼育崩壊の多発、地域猫を介しての地域住民の摩擦、ネグレクトを含む虐待問題も浮上しています。動物保護活動の未来はどうあるべきか。今の課題から将来について深堀りします。

受 講: 無料
定 員: 50名
締 切: 2024年6月24日
主 催:学校法人酪農学園大学
共 催:北海道立動物愛護センター

お申込は、以下からお申し込みください。
https://exc.rakuno.ac.jp/archives/13941.html


西山ゆう子先生は、2016年10月に当会が札幌市と共催で開催させていただいた公開講座「〜アメリカから学ぶ〜日本の動物福祉の未来」で講師を務めてくださり、動物愛護と福祉の先進国であるアメリカから学んだ大変実り多いお話を聴かせてくださいました。


詳しくは以下からご覧いただけます。
http://shippo-days.seesaa.net/article/443242291.html


今春、北海道立動物愛護センターが開所したタイミングでの講演ですので大変楽しみです。

平日の午後ですが、お時間の都合のつく方は、ぜひお申込されてみてください。



動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 18:43 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月15日

「わが子がいちばん」フォトコンテストの応募〆切りが残り2週間です!

わが子.jpg

毎年、恒例となった卒業わんにゃんの「わが子がいちばん」フォトコンテストの
応募〆切が残り2週間となりました!

今年も6月15日(土)、16日(日)の2日間
地下歩行空間でのイベントでお写真の掲載と
来場者さまによる投票を行う予定です📸

ベストショット部門、おもしろ部門、スマイル部門の3部門で
各部門の1位〜3位に入賞したわんにゃんには、ご応募いただいたお写真で
作製したオリジナルグッズの景品をプレゼント🎁

また、ご応募いただいたわんにゃんのお写真は
来年2025年の壁掛けカレンダーに付属する1枚ものカレンダーに
掲載させていただきます📅

※複数部門にご応募いただいた場合はお写真1枚に選ばせていただきます


5月15日時点でご応募いただいているわんにゃんと部門です👇ご確認ください
( )内は当会にいた時の名前です

■ シャーロットちゃん(千):スマイル部門

□ オーブちゃん:ベストショット部門

■ ギンガちゃん:ベストショット部門

□ コットンちゃん&キャンディちゃん:ベストショット部門/おもしろ部門

■ ジャスちゃん(ジャスティン):ベストショット部門

□ 虎次郎ちゃん(拓人):3部門すべて

■ アビーちゃん:ベストショット部門/おもしろ部門

□ 大悟郎ちゃん(太陽):3部門すべて

■ 壱弥ちゃん:3部門すべて

□ 美織ちゃん:3部門すべて

■ コハちゃん(コトハ):スマイル部門

□ ぶんちゃん(タンタン):3部門すべて

■ ロシェちゃん:3部門すべて

□ ジープちゃん:3部門すべて

■ クロちゃん:3部門すべて

□ クルルちゃん:3部門すべて

■ 小町ちゃん:ベストショット部門

□マロンちゃん(スジコ):3部門すべて

■モカちゃん(ウメコ):3部門すべて

□ ルーミーちゃん:3部門すべて

■ パピちゃん:ベストショット部門/おもしろ部門

□ るぅちゃん(繁):スマイル部門

■ りんちゃん(カリン)&ココちゃん:3部門すべて

□正太郎ちゃん&春馬ちゃん:3部門すべて

■ けんしろうちゃん(見白〜):3部門すべて

□サクレちゃん:3部門すべて

■ 瑠大ちゃん:3部門すべて

□ 聖ちゃん&ピリカちゃん:3部門すべて


その他、わが子がいちばんフォトコンテストの詳細は以下になります👇



≪第6回しっぽの会卒業わんにゃんフォトコンテスト「わが子がいちばん」≫

★募集部門★

1. ベストショット部門  仲良し写真や寝顔写真、絶景での写真等、ベストショットなお写真


2. おもしろ部門 見ていてこちらも思わず笑ってしまうようなお写真


3. スマイル部門 笑顔のお写真



★応募条件★

1. 当会の卒業わんにゃんが写っている写真
  卒業わんにゃんが写っていれば人や他のわんにゃんが写っていても構いません

2. 卒業わんにゃん1頭につき各部門1枚までの応募で何部門でも応募可能

3. 撮影された日時は問いません
  卒業わんにゃんであれば数年前のお写真でも、虹の橋へ旅立ってしまった子でも構いません

4. 写真データ(jpeg)またはL版プリントしたお写真でご応募ください

5. 希望部門の明記をお願いします
  ない場合はこちらで部門を決めさせていただきます


★ご応募先★

1.写真データの方 info@shippo.or.jp

  題名に「わが子がいちばん応募」とお書き添えください☆

2.郵送の方  〒069-1318 長沼町西1北15 HOKKAIDOしっぽの会

  封書に「わが子がいちばん応募」とお書き添えください☆


★応募に必要な記載事項★

1.飼い主さまのお名前
2.わんにゃんのお名前
3. お分かりでしたら卒業した年
4.お分かりでしたら当会にいた時のお名前
5.応募部門名(ベストショット部門・おもしろ部門・スマイル部門)


★締切日時:2024年5月31日(金)必着


★展示

応募作品は2024年6月15日(土)〜16日(日)に
札幌地下歩行空間で開催予定の当会のイベント会場で展示させていただきます。


★受賞写真の選出方法

2024年6月15日、17日の15時までにイベント会場にお越しいただいた皆さまに、
部門ごとに色分けしたシール1セットを配布させていただきますので、
会場でシール投票してください♪


★受賞作品

上記の投票によって受賞作品を決定させていただきます。

投票受付終了後、イベント内で受賞作品を発表させていただきます♪


★記念品

また受賞作品に選ばれたわんにゃんと飼い主さまには、
ご応募いただいたお写真を使った
オリジナルグッズ他プレゼントを贈呈いたします♪

※コロナウィルス感染症の情勢によって投票を行わない場合があります
その際は事前にしっぽレポート等でお知らせいたします



また、ご応募いただいたお写真は、今年2024年発売の2025年しっぽの会の壁掛けカレンダーの1枚物年間カレンダーにもお写真を掲載させていただきます♪
(複数部門、ご応募いただいたわんにゃんはカレンダーに掲載するお写真を当会で1枚に選ばせていただきます)

卒業から数年経っている子や虹の橋へ旅立って行った子、
まだ卒業して間もない子等、しっぽの会の卒業わんにゃんのご応募
ドシドシお待ちしております📷✨


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 16:01 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月14日

5/18日(土) みゅうのいえで保護猫譲渡会開催😻

S__91144204_0s.jpg

5月18日(土)、札幌市手稲区新発寒のみゅうのいえで保護猫譲渡会が開催されます🐱

譲渡会では、石狩市のお寺で多頭飼育されていた猫を中心に、当会の飼い主のいない猫基金で不妊手術の助成を受けた猫も参加いたします。

参加の猫たち9頭は、みんな人馴れしている大人にゃんこたちで、とても飼いやすくて初めての方にもオススメです😻

詳しくは、みゅうのいえにお気軽にご連絡をされてみてください💡



S__91144206_0s.jpg>

会  場:みゅうのいえ

住  所:札幌市手稲区新発寒4条1丁目1-12

開催時間:5月18日(土) 11:00〜17:00 

※ピンクの旗が目印です☆

お問合せは、 
電話 011-665-7830 迄お願いします。(留守電可)

Eメール mieux.ori.419@docomo.ne.jp

インスタでのDMも受け付けています。
mieux419


何年もケージ暮らしをしてきた子たちですので、温かなお家で人のそばで安心して暮らせることが何よりの幸せです。

いつでも抱っこしてもらえる家族が見つかりますように・・・💕

みゅうのいえのブログ
https://ameblo.jp/mieux-419/


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 11:17 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする