2020年10月21日

環境省 飼養管理基準に関するパブリックコメント開始

FILE_000.jpg

環境省では只今、動物の愛護及び管理に関する法律に係る省令の
飼養管理基準に関するパブリックコメントを募集しています。

この飼養管理基準は、「動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会」において、
8月にとりまとめられた内容を10月7日の中央環境審議会動物愛護部会に
報告・審議を行いパブリックコメントの手続きを進めることとなりました。

それを踏まえ、16日(金)からパブリックコメントを開始することとなったものです。


以下、環境省のHPからです。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
環境省では、令和元年6月19日(水)に公布された
「動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律」
(令和元年法律第39号。以下「改正法」という。)の第2段階※の施行に伴い、
動物の愛護及び管理に関する法律に係る省令案(飼養管理基準に係るもの)を
制定することとしました。
本案について広く国民の皆様からの御意見を募集するため、
令和2年10月16日(金)から令和2年11月17日(火)までの間、
意見の募集(パブリックコメント)を実施します。
本パブリックコメントは「動物の愛護及び管理に関する法律に係る
省令案(飼養管理基準に係るもの)」について意見を求めるものです。
当該省令案に関するもの以外の御意見や
下記の意見募集要領に則らない形式により提出された御意見につきましては、
本パブリックコメントの対象外とさせていただきますので、あらかじめ御承知おきください。

※第1段階施行期日:令和2年6月1日
 第2段階施行期日:令和3年6月1日
 第3段階施行期日:令和4年6月1日
++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※改正法の内容については以下の環境省ウェブサイトを御参照ください。

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/nt_r010619_39.html


この数値基準は、
動物取扱業第一種の繁殖業やペットショップ、ペットホテル等や
第二種動物取扱業の保護施設もこの法律が適用されますので、
悪質な業者や劣悪な環境で保護活動している団体も
淘汰されるようになると思われます。

当会でも小泉環境大臣に以下の意見を6月と8月にも提出しています。

以下のしっぽレポート記事も併せてごらんください。

6/17「繁殖販売業者に犬猫を守る数値規制を!」
http://shippo-days.seesaa.net/article/475597574.html

6/24 TOKYO ZEROキャンペーン 小泉環境大臣に要望書を提出
http://shippo-days.seesaa.net/article/475898811.html

また、当会では、数値基準の素案で足りなかった大きな4つの数値としてまとめ、
環境省に意見を送っています。


問題点1 
繁殖制限について、「メスは6歳まで繁殖させることができる」と記載されています。これでは、6歳までヒートが来るたびに何回でも繁殖させられることになり、下限もないので6歳になるまで犬なら年に2回、猫なら年に3回、生涯のうちに十数回繁殖させて良いことになってしまい、これではあまりにも母体を酷使し過ぎてしまいます。ここは絶対に素案を変えなくてはなりません。年に1回、6歳まで6回までとすべきです。また、オスについての記載がないのでオスにも年齢制限が必要です。メスは6歳まで年に1回6回まで、オスにも年齢制限が必要と要望します。


問題点2 
犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟案は「1頭でのケージの大きさ」を提示しましたが、環境省案は「2頭まで一緒に入れることができる」とされ、つまり1頭に対するケージの大きさは議連案より小さくなります。猫の場合ですが、図を見ると一見して良くなっているように思いますが、1頭の占有できる面積は狭くなっており、犬についても同じような解釈がされていますので、犬同士が闘争したり、子犬なら大変危険な状況になることも想定されますので、ケージは2頭まで飼育可にするのではなく、1頭もしくは動物愛護議員連盟案の数値を要望します。


問題点3 
素案では、従業員1人あたりの上限飼育数は、繁殖業者では繁殖用の犬15匹、猫25匹。ペットショップでは犬20匹、猫30匹とされています。ペットショップの従業員は、飼育以外にも接客業務等もありますので、1人で犬20匹、猫30匹を世話をするのは、時間的にも難しいと思います。ペットショップも繁殖業者と同じく、従業員1人あたりの上限飼育数は、犬15匹、猫25匹とすることを要望します。


問題点4 
今回の数値規制では、QOL(生活の質)を保つための、採光・空調・換気・温度・湿度についての記載が無いようでしたので、動物愛護議員連盟案の数値を導入することを要望します。


今後、少なくとも次の改正まで、環境省で提案されている数値基準が適用されるとなると
後悔を残すことになります。

このままでは、動物の福祉に配慮した数値基準にはならず、
経済を優先した力を持つ一部の業界寄りの都合の良い数値となってしまいます。

当会もそうですが、生体の展示販売を禁止していただきたい方も多いと思います。

まずは、生産されている犬猫の現場が変っていきますよう、
また悪徳な業者を行政が指導だけでなく処分出来る実効性のある規制となるよう、
この環境省案について声を上げる最後のチャンスです。


以下、環境省HPより

動物の愛護及び管理に関する法律に係る省令案(飼養管理基準に係るもの)に対する意見の募集(パブリックコメント)について
http://www.env.go.jp/press/108545.html

動物愛護部会の資料はこちらです。
http://www.env.go.jp/council/14animal/57_1.html

資料1〜資料2-3が検討会の報告となっており、
それを踏まえた省令案の概要が資料3-1@、資料3-1Aです。
資料3-2が答申案(省令案)となっています。

今後の流れですが、1か月間、意見を募集した上で、意見内容を整理し、
12月頃に予定している部会で答申の審議をし、
来年2021年1〜2月頃に公布を予定、
2021年6月1日から段階的に施行される予定です。

※第1段階施行期日:令和2年6月1日
 第2段階施行期日:令和3年6月1日
 第3段階施行期日:令和4年6月1日


皆さま、ぜひご意見をご提出して、
犬猫たちの未来を明るいものに変えていきましょう!


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 00:04 | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

繁殖業等に「国際的な動物福祉にかなった数値規制」を!

01.jpg
<当会を卒業した子犬。苦しんでいる犬猫たちを生み出す社会構造を変えていきましょう!>

女優の浅田美代子さんやジャーナリストの山路徹さんらが中心となり、
昨日6月12日(金)、「緊急!オンライン院内集会」が開催されました。


オンライン集会案内に書かれている概要もご覧ください。
http://tokyozero.jp/2601/


このオンライン院内集会は、動物の取り扱いの
「国際的な動物福祉にかなった数値規制」の必要性を訴えるもので、
現在、環境省で進められている政省令の基準が、
余りにペット業者等の営利目的寄りになっていると
国際的な基準にかなった動物の福祉を考慮したものにすべきと求めているものです。

環境省の委員メンバーもペット関連の実力者が加わっており、
その点からもペット業者寄りで公平性を欠いていると言われています。

この環境省の政省令等の改正は、最後の砦で、
納得できない数値になってしまったら、
この先10年余り、つまりその犬猫の一生涯はその法で縛られることになります。

数値に関する要望書の詳細は塩村あやかさんのFB記事からご覧ください。


犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟
第一種動物取扱業者における犬猫の飼養管理基準 に関する要望書



こちらが、院内勉強会
「動愛法、どんでん返しを防げ! 〜本当の動物愛護を推進するために〜」の議事録です。

http://tokyozero.jp/2560/



「国際的な動物福祉にかなった数値規制」目指せるよう、
世論を盛り上げていくことが最後に出来ることになりました💦


当会からも、賛同の表明をさせていただきました。

犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟の提出された、
「第一種動物取扱業者における犬猫の飼養管理基準に関する要望書」の内容に、
全面的に賛同します。
当会は、犬猫の保護団体として第二種の届け出をしていますが、
第一種の保管業としても活動しています。
これまで、施設の老朽化や人手不足の問題と、
飼養動物の福祉のバランスをどのように取っていくかが大きな課題でしたが、
近年の行政機関の収容数、殺処分数の減少により保護数も落ち着き、
預かりボランティアなどのサポートも増え、一般家庭のようにはいきませんが、
動物の福祉は守られていると思いますので、当会の飼養状況をご紹介します。
それでも、長期間馴染めない子もいますし、
犬猫たちにストレスがないわけではありません。
適正に飼育してくださるご家庭で終生家族として暮らしていけることが一番です。
一部の繁殖販売業者の方の、生き物を命とも思わない酷い扱いは、
一刻も早く明確な数値で規制していただき、幸せな犬や猫だけを生み出す、
一般の飼い主の手本となる良識ある業界になって欲しいです。

と賛同の旨、基準の参考になればと当会の飼育状況もお知らせいたしました。

皆で応援していきましょう!



。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 10:54 | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

6/8北海道新聞朝刊 しっぽ卒業犬ララ 新十津川町「駅長犬」逝く

raras.jpg

5月に廃止されたJR札沼線新十津川駅の駅長犬として親しまれていた
当会2017年卒業犬のララちゃん(旧:ツララ)が、
6日夜、老衰で亡くなった記事が、北海道新聞朝刊に掲載されました。

ラストランまで立派に駅長犬を勤め上げたララちゃん。

飼い主さまと歩んだ3年の道のりは、
いつも一緒に過ごせ充実した日々でした。

保護犬だったララちゃんを通して、
より多くの方に保護犬の存在を知っていただいたり、
何より制服姿が決まった愛くるしい姿に癒された方は
鉄道ファンだけではありませんでした。

ララちゃんは、虹の駅の駅長として、
天国に旅だった子たちを優しくお迎えしているのではないでしょうか・・・。

飼い主さま、ララちゃん、おつかれさまでした。

ララちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。
posted by しっぽの会 at 10:25 | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

12/6付北海道新聞さっぽろ10区に活動紹介記事★

sapporo10kus.jpg

12月6日(土)付、北海道新聞さっぽろ10区さまに、
11月26日にアリオ札幌で開催しました
「make a smile project 保護犬猫フェスタ」の記事が掲載されました。


このイベントは、今年で3年目になりますが、
HOKKAIDOしっぽの会をご支援してくださっている
札幌・石狩の北海道新聞販売所5店が共催してくださいました!


人形劇団ももたろうプロジェクトさまの人形劇や
5組のアーティストの方々のステージも盛り上がり、
当会代表のトーク等、保護犬猫たちへの理解を求めました。

北海道新聞さっぽろ10区さま、
記事のご掲載、本当にありがとうございました!


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 23:00 | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

11/27 北海道新聞朝刊 「保護の犬、猫 命救って」

01s.jpg
<画像クリックで大きな画像>

11月27日(水)付、北海道新聞さま朝刊にアリオ札幌のイベント記事が掲載されました。

アリオ札幌さまのような商業施設でイベントさせていただくことは、
不特定多数のより多くの方に犬猫の現状等の情報を発信したり、
こちらも受け手になってより多くの現状を知ることが出来ます。


北海道新聞社さま、記事のご掲載本当にありがとうございました!

来月は、イトーヨーカドー琴似店さまで、
飼い主のいない猫基金の保護猫の譲渡会を開催いたします。





001s.jpg

参加する猫たちは、札幌市、赤平市、千歳市、栗山町で保護した野良猫たちで、
猫たちには、不妊手術・混合ワクチン接種・感染症検査・駆虫・駆除・
マイクロチップ挿入(耳先さくら耳カットの子もいます)しています。


【第8回「飼い主のいない猫基金」保護猫譲渡会】

日 時:2019年12月7日(土)・8日(日)11:00〜15:00 
  
会 場:イトーヨーカドー琴似店2階アイシティさま向い
   
住 所:札幌市西区琴似2条1丁目4-1 JR琴似駅直結
   
主 催:認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会飼い主のいない猫基金窓口
   
問合先:0123-89-2310  

※ご譲渡前のアンケートにお答えいただきます。

※当日、猫を連れて帰ることは出来ません。

※ご譲渡の際には、実費費用等(20,000〜25,000円)を頂戴しています。


会場では、2020HOKKAIDOしっぽの会カレンダー等、
チャリティグッズも販売させていただきます。

益金は、保護動物を救済するための資金として使わせていただきます。

皆さまのご来場を心よりお待ちしております☆



。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

タグ:北海道新聞
posted by しっぽの会 at 15:46 | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする