2022年08月07日

8/1.8/2 厚岸町・浜中町の野犬視察と野犬対策会議について

IMG_0348s.jpg

8月1日(月)、2日(火)、道東の厚岸町、浜中町の野犬の視察と野犬対策会議に行ってきました。

会議は釧路総合振興局保健環境部環境生活課と釧路保健所、厚岸町環境林務課環境衛生係の職員の方と浜中町で開業されている獣医師の先生、当会代表とスタッフの計9名で開催しました。



IMG_0307s.jpg

最初に浜中町の獣医師さんに同行していただき厚岸町糸魚沢の国道沿いに住み着いた野犬4〜5頭の視察に行ってきました。

住人の方が捕獲に協力くださっていて、役場が仕掛けた檻に何度かかかっているのですが、檻を壊して脱出したりしていたため、住民の方が檻に工夫をしたりがんばってくださっていました。

野犬は1年半くらい前にひょっこり親子らしい2頭で現れ、住民の方に餌を貰っていたようです。

母犬が出産し5〜6頭の群れになり、国道沿いであることから交通事故に遭っていなくなった犬もいました。

当然、住民の方も問題意識は持っておられ、手作りで箱ワナを作ったり、犬たちを助けたいと動いていらっしゃいます。

早急な対応が必要なことから対策を話し合いました。



IMG_0322s.jpg

次に昨年11月にも伺った浜中町の酪農家さんを訪問しました。

昨年、敷地内に住み着いていた十頭余りの野犬の不妊手術は3頭を残すのみとなっていました。

これは、地元で野犬対策に尽力されている獣医師の方のお力によるもので、地道に不妊手術を施してくださったお陰で繁殖を止めることがほぼ出来ていて、牧場主が飼い主になってくださったり譲渡もされていました。

野犬は、敷地に住み着いて牛の飼料を食べたり、餌を貰っている半ば飼い犬のようになっている犬と決して人の側には寄りつかない山中で自活している野犬がいますが、このように人との接点がある野犬については成犬であっても環境に十分に配慮することで譲渡が出来ますので希望を持つことが出来ます。

これまで、酪農家さんの敷地に住み着いている犬たちは、不妊手術を行っていないため繁殖を繰り返し負の連鎖が起こっていましたが、良い事例となりましたので獣医師の先生には本当に感謝しかありません。



IMG_0343s.jpg

昨年令和3年度、釧路保健所では、成犬1頭と子犬45頭、離乳前の子犬4頭を厚岸町から引き取りしていますが、今年は保健所に収容された子犬も前年度より少なくなっているとのことでした。

野犬の問題は、元はと言えば、棄てられたり係留せずに飼育されていた未不妊の犬たちの末裔と思われ、原因を作ったのは人間(飼い主)であると考えられます。

銃殺や薬殺等の非人道的なことは誰も望んでいないと思います。

ですが、野犬の根本的な対策を講じなければ、地域で共生していくことは難しくなります。

これを断ち切るには、子犬の早期不妊手術を含む不妊手術の徹底と終生飼育していくことに尽きると思いますが、この牧場では対策が間に合わず子犬が12頭産まれていました。

牧場主の方も今度は必ず実行しますと約束してくださり計画していくこととなりました。



IMG_0346s.jpg

厚岸町の海側の床潭地区。この地域は、漁業被害があるため野犬は迷惑な存在になっていると伺っていましたが、現在な苦情は確認されていないようなお話でした。

ここも役場で捕獲が実施されていなかったため見たことの無い毛色の犬が増えていました。

住民との話し合いも進んでいないのか役場でも把握しておらず、野犬対策関係者会議で画像を見てもらいました。

正直、危機感への温度差があり、それが対策を遅らせる原因になっていると思います。

対策を練らなければ行き場を失う命がただただ増えるばかりです。



IMG_0318s.jpg

町中には、鹿の群れが土手の草を食べている光景があちこちで見られました。

役場では、キタキツネの苦情が多くその対策に追われていて、正直野犬のことは殆ど進展している感触はありませんでした。

地域性の差は大きいとは思いますが、動物愛護管理法では犬は愛護動物です。

キーパーソンになっている獣医師の方がいらっしゃらなければ、もっと野犬は増えていましたので、先生のお力によるものが大きいです。

当初の構想通り、捕獲・譲渡前不妊手術、譲渡の流れを作って行けたらと考えていますが、町はもっと積極的に介入し欲しいと心から願っています。

現在の厚岸町畜犬管理及び野犬掃とう条例の前身となる厚岸町畜犬取締及び野犬掃とう条例は、昭和34年に制定されているそうです。

昭和34年以前から野犬問題があったものと考えられますが、平成25年度、『動物愛護管理法』が改正され、自治体は殺処分がなくなることを目指して、引き取りした犬猫を出来る限り返還し、譲渡するよう努めることが明文化されました。

また、近年の動物愛護の意識の高まりからも、動物の愛護と管理に関する行政の社会的な要請は益々高まっています。

広大な北海道、地域によって風土や文化も違いがありますが、小さな命を大切にし「人と動物が共生する幸せな社会」の実現を目指していただきたいです。


oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

北海道動物愛護センター早期建設を実現しよう!
「北海道にも"愛”のあるセンターを!みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト」

目標10万筆に向けてご賛同のご協力をお願いいたします!!

署名サイト
https://www.change.org/doaigocenter

HP
https://hokkaidoaigo.wixsite.com/center

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト

posted by しっぽの会 at 10:05 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月25日

緊急!留萌保健所から北海道犬を引き取りました!

01.jpg

昨日5月24日(火)、留萌振興局の留萌保健所から北海道犬のオスを緊急引き取りました。

増毛町の老舗の蔵元に因んで国稀(くにまれ)と命名しました。

国稀は、GW前から増毛町を徘徊し連休明けに増毛町役場が捕獲、
留萌保健所に収容されました。

古びた赤い首輪をつけていたので、飼い犬だったことは間違いありませんが、
お迎えもなく飼い主は国稀が心配ではなかったのでしょうか。



02.jpg

国稀は人懐こく穏やかな性格のようです。

保健所では寂しいとキュンキュン鳴いて甘えていたようです。

午後、病院を受診し健康診断と混合ワクチン接種、フィラリア検査は陰性でした。

年齢6〜8歳、体重は16.5sしかなく中型の割にはかなり瘦せていました。

栄養を取って健康になり今度こそ大切な家族になれるよう繋いでいきます。

国稀の応援よろしくお願いします!



220523猫10匹-1s.jpg<画面クリックで大きな画像>

220519猫10匹HP(保健所作成)-2s.jpg
<画面クリックで大きな画像>

現在、留萌保健所では、飼い主に放棄された猫10頭(オス6・メス3・不明1)が出会いを待っています。

巨猫で懐こい子が多いそうです。

そこに国稀も収容され過密状況でしたが、押出し処分されることなく
譲渡に向けて頑張ってくださっていました。

猫を譲り受けされた方は、行き場のない猫が増えないように、
必ず不妊手術をしてください。


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

お迎え入れ面会をご希望の方は、
平日(9時〜12時、13時〜17時)に、以下までご連絡又はご来庁ください。

連絡先:留萌振興局環境生活課

電話:0164-42-8436(直通:平日(月曜〜金曜)の8時45分〜17時30分)

住所:留萌市住之江町2丁目1−2

https://www.rumoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/atarashiikainushi/inuneko.html


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト

posted by しっぽの会 at 18:22 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月24日

5/23十勝総合振興局から骨折の負傷猫を引き取りました!

42668.jpg

昨日5月23日(月)、十勝総合振興局からキジトラの負傷猫を引き取りしました。

振興局では、新しい飼い主さんも探しましたが難しい案件でしたので
希望してくださる方はいらっしゃらず、処分も視野に入りご相談の連絡をいただき、
急遽引き取りに向かいました。

推定5〜7歳のオスでウララと名付けました。



42669.jpg

ウララは、幕別町で交通事故に遭い保護されましたが、
骨折とその影響か排尿の感覚がなくなってしまっているのか
排便はトイレでするのですが尿が寝ているところで垂れ流しとのことでした。

また、人馴れもおらず威嚇と攻撃が激しいとのことで、
引取りの際も緊張からか怒っていました。

ただ食欲はあるようでした。



42697.jpg

引き取り後、あらかじめ予約していた札幌市内の整形外科がご専門の
動物病院に直行しました。




42678s.jpg

病院では、安心したのか頭も撫でさせてくれ、
診察も大人しくお利口さんにしていました。

血液検査では、エイズ陽性、白血病陰性、カリシウイルスで、
熱も高めなのでワクチン接種は出来ませんでしたが、
インターフェロンと抗生剤の注射をしました。

野良生活で餌を貰い頑張って生きてきた子だったのでしょう…



42698.jpg

レントゲンでは、左足だけでなく骨盤も骨折していました。

かなりの骨折なので体内で出血もしていると思われ、
貧血になっていて肝臓の数値も高めでした。

骨折の手術等については、栄養つけて貧血を治し手術に耐えられる体力がついた時点で、
方法を考えることになりました。

昔と違って外は猫にとって大変危険です。

猫は完全室内飼いをし、野良猫の多い地域や住宅街を走行される際には、
ドライバーは走行スピードに注意し、
運転に十分注意を払って小さな命を守ってあげたいものです。

ウララの進捗状況につきましては、また発信させていただきます。
どうかウララの応援よろしくお願いいたします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト

posted by しっぽの会 at 09:39 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月23日

緊急!留萌保健所から放棄された10頭の猫と犬1頭のSOSです!


220519猫10匹HP(保健所作成)-1s.jpg
<画面クリックで大きな画像>

留萌振興局の留萌保健所には、
飼い主に放棄された猫10頭(オス6・メス3・不明1)が出会いを待っています。

飼い主入院により止むを得ず引き取りされました。

年齢や兄妹等、詳細は分かりませんが一緒に暮らしていた猫たちです。



220519猫10匹HP(保健所作成)-2s.jpg
<画面クリックで大きな画像>

猫たちは巨猫で懐こい子が多いそうです。

留萌保健所では、迷子から飼い主の迎えが無かった中型ミックス犬も
収容されていますので、あまり広くない収容場所に身を寄せ合い、
メス猫はドアそばの流しのある狭い空間に、
ケージに分けたオス猫と犬は奥の部屋にいます。

譲り受けされた方は、行き場のない猫が増えないように、
必ず不妊手術をしてください。



220520-犬1匹HP(保健所作成)-1s.jpg
<画面クリックで大きな画像>

仮名アキナは、オスの中型ミックス犬で、大人しく懐こい子です。

数日間、増毛町を逃げて放浪し迷子で収容されましたが、
残念ながら飼い主の迎えはありませんでした。

日中は外に繋いでいるそうですが、寂し気にキュンキュン鳴く甘えん坊です。

オヤツもお散歩も大好きな子です。

夜間や休日は室内で多頭の猫と窮屈な状況で過ごしています。

収容過多になっているため適正に管理するのにも限界がありますので、
1日も早く出会いがあることを願っています!

お迎え入れ、面会をご希望の方は、
平日(9時〜12時、13時〜17時)に、以下までご連絡又はご来庁ください。


連絡先:留萌振興局環境生活課

電話:0164-42-8436(直通:平日(月曜〜金曜)の8時45分〜17時30分)

住所:留萌市住之江町2丁目1−2

https://www.rumoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/atarashiikainushi/inuneko.html


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト

posted by しっぽの会 at 13:29 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月16日

十勝総合振興局からミニチュアダックスのSOS!

5.16tokati.jpg

十勝総合振興局の帯広保健所では、飼い主に放棄された
H-3黒茶のオスのミニチュアダックスが出会いを待っています。

16歳と高齢ですが、ゴハンも食べてひょこひょことゆっくり歩き、
人懐こい性格で身体も触らせてくれます。

この子に残された犬生はそう長くないはず…

最期まで飼育出来ずに放棄される犬猫は多く、
その理由の多くは、飼い主の死亡、入院や施設への入居、経済的な理由、
飼育始めた最初の犬猫の不妊手術を怠り飼育出来なくなった数まで増やしてしまった等、
どれも人間側の勝手な理由によるものです。

また、平成25年度の『動物愛護管理法』の改正でも、
自治体は殺処分がなくなることを目指して引き取りした犬猫を出来る限り返還したり、
譲渡するよう努めることが明文化されました。

人と動物が共生するよりよい社会を目指す方向性に社会は変わってきています。
時代にも世論も昔と違ってきています。

最期まで寄り添い、残された犬生が穏やかであるよう
ご理解ある方との出会いを待っています。

募集期限は、5月20日(金)です!

幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

十勝総合振興局:0155-26-9031
https://www.tokachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/sizen/doubutsu/kainushibosyuu.html


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

「北海道にも"愛”のあるセンターを!
みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト」
目標10万筆に向けてご賛同のご協力をお願いいたします!!

署名サイトchang.org
https://www.change.org/doaigocenter
HP
https://hokkaidoaigo.wixsite.com/center

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト


posted by しっぽの会 at 13:47 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする