2019年02月21日

深川保健所と岩見沢保健所から犬4頭引き取りました!

harus.jpg

本日2月21日(木)、深川保健所からラブラドールレトリバーと
岩見沢保健所からポメラニアン?3頭を引き取りました。

ラブラドールレトリバーは、深川市多度志で迷子で保護され、
1月28日、深川保健所に収容されました。

名前は、ハルと命名しました。

収容当初は下痢や血便もありましたが、現在は落ち着いたそうです。

かなり痩せているので、
適正体重になるまでにはしばらくかかりそうです。

職員の方にはかなり懐いて、しっぽブンブンで嬉しそうでした。

落ち着きはありませんが元気で、食欲も旺盛だそうです。

慣れてない人には唸ったり、
キバむいたり触ろうとしたり、手が頭の上を通るだけで怒るそうで、
これまで、どんな飼育をされていたのか不憫です。

この後、動物病院でスムーズに注射も接種出来、
ケージの出し入れの際も、しっぽフリフリしていたので、ほっとしました。

夕食も完食しました^^




pome3s.jpg

岩見沢保健所からは、ポメラニアン?3頭を引き取りました。

1月28日、夕張市南清水沢3丁目で3頭同時に保護されていますが、
翌日同場所でもう1頭保護されました。

おそらく4頭とも遺棄されたと思われます。

この子は去勢オスで10歳は越えているようです。

松大(まつひろ)と命名しました。

職員の方は手袋をしてお世話していたそうで
引取りの際もずっと休みなしに噛みついてきて、
興奮しパニックになっていました。

これから心を開いてくれますように・・・。





pome1s.jpg

この子もオスで高齢です。

竹大(たけひろ)と命名しました。

臆病ですが診察を受けてくれ、大人しくお利口さんでした。




pome2s.jpg

この子はメスで小梅と命名しました。

この子も高齢で、臆病ですが、大人しくお利口さんでした。


今回の引取りの4頭も
愛情をかけて貰っていなかった成育歴であろうと
とても不憫に思う子たちでした。

これから信頼関係を作って
少しでも人間を信じられるよう変っていって欲しいです。


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 19:35 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

岩内保健所からシュナウザー系飼い主急募のSOS!

01.jpg

岩内保健所では、ミニチュアシュナウザー系のオスが岩内町内で保護され、
新たな出会いを待っています。

発見時は汚れており臭いも強く、状況から遺棄されたようです。

遺棄は犯罪です!後志総合振興局では警察へ情報提供済みです。






02.jpg

年齢は不明ですが、比較的若いようで、
性格は、人なつこく、元気・食欲とも旺盛です。

後半身の毛が刈られたように短くなっており、
体の一部にただれ等の皮膚のトラブルがあります。

保健所では詳しい検査ができませんが、
皮膚や毛の状態の改善には、
今後本格的な治療が必要になる可能性があるそうです。

保健所は寒いこともありますし、
ずっと室内で暮らしていたらしい子なので、
早く暖かいお家に移れるよう、
上記の事情をご理解のうえ家族に迎えてくださる方を急募しています。

※岩内保健所の環境は寒さに対応されていません。

寒さの厳しい時期ですので、
どうか暖かな家と温かなご家族にお迎えいただけますよう
お迎え入れや情報の拡散・シェアをお願いいたします!!


後志総合振興局:0136−23−1354(直通)
http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.htm

岩内保健所: 0135−62−1537


posted by しっぽの会 at 18:57 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

倶知安保健所から成猫3頭を引き取りました!

本日1月16日(水)、後志総合振興局管内の倶知安保健所から
成猫3頭(うち1頭は負傷猫)を引取りしました。

稚内保健所収容の7頭の猫たちの緊急保護の
引取り先が確保されたとのことで、
当会では同じく昨年12月末より収容限界になっていた
倶知安保健所から猫を引取りしました。





01.jpg

12月26日に収容されたオスのキジトラを負傷猫は、
オスのキジトラで、チクワと命名しました。

チクワは、交通事故に遭ったのか下半身に麻痺があります。
排便は自力で出来るのですが排尿には介助が必要です。

保護時は立ち上がることも出来ませんでしたが、
ステロイドによる治療効果か今は歩行も出来るまでになりました。






03.jpg

飼い主に放棄された性別不明のキジトラ猫。

一番臆病で人や環境にも慣れていないため
優先順位を上げてこの子を引き取りました。

ツクネと命名しました。

ツクネはよだれがダラダラ垂れていて食欲もないとのことですので心配です。






02.jpg

同じく上記と一緒に放棄された茶混じりの性別不明のキジトラ。

この子も人慣れはしていませんが、少し心を開いてきているようです。

ツミレと命名しました。






1.09siribesi.jpg

緊急でSOS発信させていただいていましたが、
倶知安保健所には、他にも4頭の猫が収容されています。

http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.htm

人馴れした猫たちが残っていますので、
お近くで猫のお迎え入れ予定のある方はぜひご検討いただけたら幸いです。



。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


posted by しっぽの会 at 15:30 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

稚内保健所から飼い主さん急募!!

稚内保健所には昨年より多数頭の猫が収容されています!

1月7日現在、成猫5頭、子猫2頭の計7頭になりましたが、
この後、相当数の多頭飼育放棄の猫たちが収容されるため、
以下の猫たちの最終期限が1月15日(火)となってしまいました!

1枚目の画像の黒猫は検討中の方がいらっしゃいますが、
灰猫は一番懐きの悪いこともあって美猫ですが声がかかりません。

2枚目の成猫3頭と子猫2頭は、皆、懐こく性格の良い子たちです。

どうか命が繋がりますよう、お迎え入れのご検討や、
情報拡散、シェアをお願いいたします!





H310107poster-1s.jpg

推定3〜4歳のグレーのメスは、元野良猫のようで
警戒心が強いですが、時間をかけていただければ慣れてくれそうです。

この子が一番貰われ辛いハンデがある子です。

推定3〜4歳の黒猫のメスも警戒心が強いですが、
少しづつ慣れてきました。
この子のみ検討中の方がいます。




H310107poster-2s.jpg

推定5歳の黒猫2頭と黒白猫は、全員メスです。

小太りでかわいらしく、人好きですので、
すぐに家族の一員として馴染んでくれそうです。


推定5〜6か月の子猫は2頭(オス1・メス1)います。

お転婆で元気いっぱいでかわいい子たちです。

とても人懐こいです!

子猫たちは混合ワクチン接種済みです。


上記の7頭の最終保管期限は1月15日(火)となっています!

これ以上の延長はもうしないそうです・・・

幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・

お迎え入れのご検討や、
情報のシェア、拡散のご協力もどうぞよろしくお願いします!


宗谷総合振興局 0162-33-2922

http://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/bosyuu.htm

ポスター
http://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/H310107poster.pdf



posted by しっぽの会 at 16:26 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

倶知安保健所から猫4頭のSOS! 1/4以降にお問合せください!

12.29.jpg

倶知安保健所には合計7頭の猫が保管され収容限界になっています。

飼主の飼養放棄や負傷等により、今月立て続けの収容となり、
既に保健所で想定している最大数を超え、
急きょケージを追加して対応していますが、
これ以上の収容は不可能な状況とのことです。

各猫の詳細
http //www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.htm


「迷子犬猫のページ」
http //www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/maigoinuneko.htm


7頭中4頭(成猫1、若猫3)は誰に対しても懐こく、
ご縁があればすぐにでも、一般のご家庭に譲渡できる子達だそうですので、
年末年始にご検討いただけましたら幸いです。

残る3頭は、馴化や負傷からの回復に相当の日数のかかりそうな子達で、
譲渡に適した子達が保健所を卒業できれば、
この子達にもご縁を待つ日にちの猶予ができるとのことです。


左上:推定4歳以上のキジトラ(性別不明)は、飼い主の事情により収容されました。
やや小さめの体格。とても恐がりで、人の気配があると物陰に隠れて動きません。
人がいてもリラックスできるようになるまで、かなりの時間が必要かと思います。
ただ、最近は周囲を警戒しながらも、人前でご飯を食べるようになりました。

右上:飼い主の事情により収容されました。人が近づくと緊張しますが、
毎日接している職員には体を触らせます。
温和な性格のようですが、とても恐がりです。
入所時に比べて、少し表情がやわらかくなってきましたが、
心を開いてくれるには、もう少し時間がかかりそうです。
キリッとした顔立ちの美猫さんです。おやつ大好き。

左下:推定1歳未満のサビ(メス)は、飼い主の事情により収容されました。
最初は用心深く周囲をうかがっていましたが、
おやつを見せると急いで寄ってくるようになりました。
頭や顎を掻いてやると、体格に似合わないほど大きく、ゴロゴロ喉を鳴らします。
初めて会った猫にもフレンドリー。

右下:推定4歳以上のキジトラの去勢オスは、飼い主の事情により収容されました。
大きな体に似合わず、かわいい声で鳴きます。
頭や顎をなでると喜び、しまいにはゴロンと横になって甘えてきます。
他の猫に餌を横取りされても許してしまう、気のいい子です。


年末年始にお迎え入れをご検討いただける方がいらしたら、
1月4日(金)以降の平日にご連絡をお待ちしています。

幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・。
どうかお迎え入れのご検討や、情報拡散、シェアをお願いいたします!


後志総合振興局:0136-23-1354   
倶知安保健所 電話番号 0136-23-1962 

http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.htm

posted by しっぽの会 at 23:52 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする