2018年05月20日

応援ありがとうございました・・・ルースが虹の橋へと旅立ちました

rusu3s.jpg

ご心配、応援してくださっていた皆さまに残念なご報告をしなくてはなりません。

5月19日、20時10分、ルースが虹の橋へと旅立ちました・・・。

ルースは、5月9日、深川保健所に飼い主の事情で放棄された
17歳のメスのゴールデンレトリバーで、
収容当初は介助すると起立出来、排泄もしていたそうですが、
先週末に体調を崩し始め、起立困難になり、排泄も垂れ流しになってしまいました。

また1日1缶の缶詰を2回に分けて何とか食べていましたが、
食事も一切受け付けなくなってしまいました。

週明けに深川保健所にご連絡させていただき、
週末からルースがかなり弱っているとのことでしたので、
5月15日に当会で引取り、早速かかりつけの動物病院を受診しました。

血液検査では、腎臓の検査結果がどれも悪く、
脱水状態と重度の腎不全で尿毒症になっていました。

また中枢神経疾患もあり意識障害もありました。

エコー検査では、肝臓と脾臓に腫瘍のようなものが見え、
お腹には卵大の乳腺腫瘍もありました。

年齢から言っても健康体であることはないでしょうが、
このような状況でも生きてこられたのは、
ルースの生命力の強さだったようです。

2日間の入院で24時間の静脈点滴を行った結果、
17日には腎臓の数値は少し良くなりました。
しかし末期の腎不全であることや、多臓器がダメージを受けていたので、
回復するのは難しく奇跡とのことでした。

自宅に連れて帰りましたが、最期を何日看取れるかという状況で、
朝晩の点滴を行って傍で見守ることしか出来ませんでした。

19日の夕方からは、痙攣を起こすようになり、夜、20時10分、
茶色い液を吐き出し、ルースと何度も声をかけましたが、
再び目を開いてくれることはありませんでした。

最期は苦しむことなく静かな旅立ちでした・・・。

1日でも長くルースに安らかな日々が続いてくれますようにと
願っていましたが、叶わぬ夢となってしまいました。

多くの皆さまにルースのご心配をいただき、お問合せもいただきました。

温かなお気持ち本当に嬉しかったです。
ありがとうございました!

皆さまとご一緒にルースの冥福をお祈りしたいと思います・・・。


posted by しっぽの会 at 11:29 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

北海道「犬猫飼い主探しノート」各振興局で始まりました!

180517inu.jpg

北海道では今年4月より新しい飼い主探しノート事業を開始しました。

この新しい飼い主探し事業は、昨年5月に当会より北海道に提案させていただき
職員の方々のご尽力で早期に実現いたしました。

=================================================
△▼△ 北海道新事業「犬猫の飼い主探しノート」のお知らせ ▼△▼△

北海道の飼い主さがしノートは
札幌市の飼い主さがしノートを参考に作られましたが、
事情があって犬猫の飼育継続が困難となった飼い主と、
新たに飼い主になりたい方との情報交換を各振興局が支援する仕組みです。

流れとしては、飼養できなくなった犬猫の情報申込書と
情報カードを振興局に提出し、申込みを受けた各振興局が、
ホームページ上に情報カードを掲載するもので、
掲載期間は最長3か月となっています。

譲り受けを希望する人は、該当犬猫の情報開示申込書を振興局に提出し、
その後は掲載申込者と譲受希望者が直接やりとりを行います。

※掲載申込者は、譲渡をするかしないかが決まった場合、振興局へ連絡する。

掲載申込者や譲受希望者には18歳上であることや
離乳した犬猫であること(生後56日を経過したもの)等、
いくつかの条件があります。

現在、以下の振興局が告知していますが、
一番に上記の日高振興局のページに情報が掲載されました。





C30-3-1.jpg

釧路総合振興局には、上記の猫含め8か月から2歳のメス猫5頭の情報が公開されています。
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainusisagasinoteeturan.htm





30C-1.jpg

後志総合振興局には、上記の8歳のオスのロシアンブルーミックスが掲載されています。
http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/30C-1.pdf




石狩振興局
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kansei/kainusisagasinote.htm

後志総合振興局
http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainushisagashi.htm

日高振興局
http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainushi.htm

胆振総合振興局
http://www.iburi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/kainushinote.htm

檜山振興局
http://www.hiyama.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/sizen/kainusisagasi/kainusi99.htm

釧路総合振興局
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainusisagasinote.htm

上川総合振興局
http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainusisagasinote.htm

宗谷総合振興局
http://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainushinote.htm


このシステムは、終生飼養を希望しているにもかかわらず、
やむを得ない事情で保健所に犬猫を放棄したいと希望する飼い主に対して、
自宅で飼養しながら新たな飼い主探しを支援出来るので、
放棄される犬猫を減少させ殺処分を減らしていくことにも繋がります。

北海道がフットワークを軽くして、
要望に応えてくれたことは、大変嬉しいことです。

しっぽの会は今後も「人と動物が幸せに共生する社会」の実現に
建設的な意見要望を行ってまいります!

皆さまからも犬猫の現状を改善する策等、
忌憚ない意見を当会にお聞かせいただけたら幸いです。


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


posted by しっぽの会 at 13:50 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

5/15 深川保健所から17歳のゴーレデンRを引き取りました!

01.jpg

本日5月15日深川保健所から、17歳のメスのゴールデンレトリバーを引取りしました!

名前をルースと名付けました。

ルースは飼い主の事情で9日に放棄され、
収容当初は介助すると起立出来て排泄もしていたそうですが、
土、日の週末に一気に衰弱して、起立困難になり、排泄も垂れ流しになってしまいました。

またここ数日は食欲もなくなり、十分に食べることも出来ていませんでした。






02.jpg

早速かかりつけの動物病院を受診しましたが、
危篤一歩手前の容態でしたので、そのまま入院することになりました。

血液検査では、腎臓の検査結果がどれも悪く、
脱水状態と重度の腎不全で尿毒症になっていました。

また中枢神経疾患もあり意識障害もありました。

エコー検査では、肝臓と脾臓に腫瘍のようなものが見え、
お腹には卵大の乳腺腫瘍もありました。

年齢から言っても健康体であることはないでしょうが、
このような状況でも生きてこられたのは、
ルースの生命力の強さだったようです。

3日程、食事も水も十分に飲めていないので、
静脈点滴で脱水症状を緩和し、腎不全の改善を行うことになりました。

今日が助かるかどうかのボーダーラインのようでしたので
引取りして本当に良かったです。


多くの皆さまにルースのご心配をいただき、本当にありがとうございました!

ゴーレデンレトリバーの17歳とはかなりの長寿ですが、
ルースがもう一度頭を上げて笑えるよう、
美味しいものを食べてしっぽを振って喜べるよう、
新緑の風に金色の毛をなびかせて目を細め微笑んでくれるよう、
1日1日の単位にはなると思いますが尽力してまいります。

どうかルースを応援してください!

posted by しっぽの会 at 21:35 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

深川保健所から17歳のゴールデンのSOS!!

fukagawa.jpg

深川保健所からのSOSです。

5月9日、深川保健所に、17歳のメスのゴーレデンレトリバーが収容されました。

この子は飼い主の事情でに放棄されましたが、要介護の状態です。

排泄は、立ち上がることは出来ませんので、立たせてあげると自力で排泄出来ます。

また、食事はいまのところは介助しなくても食べられるそうです。

体重は20キロもなく、
女性でも抱きかかえることができるほど痩せているそうです。

床ずれは今のところありませんが、
寝返りが出来ないので配慮しながら介護する必要があります。

ゴールデンレトリバーで17歳とは大変長寿ですが、
飼い主との別れはこの子にとってどれだけダメージだったことでしょうか・・・

保健所に収容された環境の変化からか下痢をして
食事も受け付けなくなって来ているそうです。

残された余生は、家庭で穏やかに過ごせますよう
ご理解ある方のお迎えをお待ちしております!


深川保健所 電話:0164-22-1421
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/fth/inuneko_jouhou.htm


posted by しっぽの会 at 13:14 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

5/9江差保健所からミックス犬1頭引取りしました!

esasi.jpg

本日5月9日、道南の江差保健所から推定10〜13歳のオスのミックス犬1頭を引取りしました!

江差保健所は保健所の年間収容数が少なく、引取りは初めてとなります。

名前は太鳳(たお)と命名しました。


この子は、3月20日飼い主に放棄され、
長期間保健所で出会いを待っていましたがご縁が無く、
最終期限も迫って来たことから当会で引取りすることになりました。






esasi2.jpg

体格はがっしりした子で慣れてくるとフレンドリーぶりを発揮できるようです。

男性は苦手なようですが、人懐こく特に女性は好きなようでかわいい子です♪

散歩中は時々人を見ながら歩く賢い一面もあるそうですよ☆

頭も体も撫でさせてくれて、バリケンにも抱えて入れられました😊







4.26esasi.jpg

当会のSOS時の画像です。


車が苦手なようで、スタッフは帰路に向かい移動中ですが、
バリケンの中に敷いた新聞をぐしゃぐしゃに噛みちぎっているそうです😂


長期収容してくださった檜山振興局さま、江差保健所さま、
本当にありがとうございました!!





esasi3.jpg


他にも5月1日に飼い主に放棄された10歳のオスのミックス犬が1頭収容されていました。

この子もすごく人懐こく初めての人にも身体を触らせてくれる子です。

元気いっぱいでした!

オシッコ我慢してて早くお散歩に行きたそうにしていました。

いい子ですし家族が見つかって欲しいです💡


茶ミックスの子は、この後かかりつけの病院で、
事前の健康診断や混合ワクチン接種等を受け帰って来ます。

数日中には募集ページにもアップしますので、
しっぽの会に会いにいらしてください♪


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 



posted by しっぽの会 at 13:14 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする