2017年03月13日

3月8日、渡島保健所から猫1頭、森支所から犬7頭引取りのご報告

yacha.jpg

3月8日(水)、渡島振興局から猫1頭、犬7頭引き取りしました。

犬たちは全てオス犬で、引き上げ場所にはメス犬も多数いることから
当会の犬舎の収容状況もあり、
まずは繁殖を止めるために、全オス犬を先に引取りしました。

渡島保健所に収容された猫は外飼いされていた子で
飼い主の都合により保健所に放棄されました。

この子は八茶(やちゃ)と名付けました。

餌付けされていただけなのか、
皮膚はボロボロで、耳は過酷な寒さで凍傷になっていて、
風邪も酷くダラダラと鼻水が出ている状態で慢性鼻炎になっていました。

体調が安定するまではワクチンも打てない状態なので
現在は他の猫たちに風邪を移さないため隔離をして様子を見ています。

ですが食欲は旺盛でご飯も薬も食べてくれていますので
1日でも早く体調が回復することを願っています・・。



ichi.jpg

引き取りした犬は全てオス犬で7頭です。

ラブラドール・レトリーバーの一太朗。



jiro.jpg

ゴールデン・レトリーバー系の二朗左衛門。



san.jpg

フレンチ・ブルドックの三四朗。



shiro.jpg

和犬系の四朗兵衛。



goro.jpg

黒柴の五朗助(ごろすけ)。



mutsu.jpg

ボーダー・コリーの六輝(むつき)。



shichi.jpg

和犬ミックスの七福。

みな飼育状況は良くなかったようで毛が汚れ、
長毛の子たちは毛玉がたくさん付いていたり爪が伸びきっていました。

お散歩もしたことがないそうで、
首輪とリードを付けるとほとんど歩けない子ばかりでした。

ただお陰さまで、食欲は旺盛で当会に来てからも
ご飯をモリモリ食べてくれています。

飼い主募集は随時、HPに掲載していきます。

余生は家庭犬として、温かな家族に守られ幸せに送らせてあげたいです。
ぜひ、頑張る犬猫たちに会いにいらしてください!


毎日のクリックで、HOKKAIDOしっぽの会を無料で応援してください!
http://gooddo.jp/gd/group/shippo/?from=fbn0
赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります。


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 08:23 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

渡島総合振興局から犬7頭と猫1頭引き取りました!


本日3月8日(水)、渡島総合振興局の渡島保健所森支所から犬7頭と猫1頭を引き取りました!

犬たちは全てオス犬で、引き上げ場所にはメス犬も多数いることから
当会の犬舎の収容状況もあり、まずは繁殖を止めるために、全オス犬を先に引取りしました。



goru.jpg

ゴールデンレトリバー





rab.jpg

ラブラドールレトリバー





boda.jpg

ボーダーコリー





hokkaido.jpg

北海道犬





siba.jpg

柴犬
他にも茶と白の柴犬とフレンチブルドック1頭も引き取りました。




3.7osima.jpg
<SOSでもアップした茶白猫のオス>

上記の外猫だった別件の猫1頭も乗せて、スタッフは当会のある長沼に向かっています!

幸せに生涯を送る犬猫もいれば、人間に翻弄され過酷な道を生きる犬猫もいます。

どんな人に出会うかで運命が決まってしまう受け身の小さな命たち。

小さな命を守るため、皆さま応援ご支援よろしくお願いします!!

詳しくは後日ご報告させていただきます。


毎日のクリックで、HOKKAIDOしっぽの会を無料で応援してください!
http://gooddo.jp/gd/group/shippo/?from=fbn0
赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります。

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 11:27 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

3月1日、石狩保健所から犬1頭を保護しました!

kefia3.jpg

3月1日、石狩保健所より犬1頭を引き取りしました。

今年1月末、石狩市の街中で放浪していたところを
警察に保護され翌日に保健所に収容されました。



kefia2.jpg

長い間、保健所で飼い主のお迎えを待ちましたがお迎えはなく
オスワリやフセなどの躾はきちんと入っていることから
飼い犬だったことは間違いありません。

スタッフが引き取りに行った際は、大きな声で吠えられましたが
人によっては吠えないこともあるそうです。

とっても食いしん坊でご飯やオヤツが大好きです。

用意したバリケンにも、あまり躊躇せずに入ってくれました★



kefia.jpg

引き取り後、保健所から掛かり付けの病院に向かいました。

保健所では咬むような仕草も見られたとのことでしたので
念のため口輪をし診察をしました。

初めは大人しく我慢していましたが、次第に怖くなったようで
興奮し吠えたり暴れたりしてしまいました(^^;)

とても臆病な面があり、不安や恐怖心から吠えたり
咬む仕草が見られますが、飼い主さんとの信頼関係ができ
安心して暮らせるようになれば吠えたり咬んだりということも
無くなりそうなくらい良い子です(*^-^*)

今度こそ大切にしてもらえる
飼い主さんと出会えることを願っています。


毎日のクリックで、HOKKAIDOしっぽの会を無料で応援してください!
http://gooddo.jp/gd/group/shippo/?from=fbn0
赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります。

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 02:22 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

石狩保健所からラブ系のミックス犬を引き取りました!


01.jpg

本日3月1日、石狩保健所から今日が収容最終日だったラブ系のミックス犬を引き取りました!

この子は1月29日に石狩の街中で迷子で警察に保護され、
翌1月30日に保健所に収容されましたが、
飼い主の迎えはなく遺棄の可能性もありました。

バリケンの中に自ら入って行きとてもお利口で、
しつけも入っているので、
意識と愛情を持っているきちんとした方の言うことなら聞きそうです🌟

吠える声はかなり大きいですが、
移動中の車のなかでは静かにしているそうです😌





002.jpg
<2月23日面会時の写真>


2.28isikari.jpg

猫4頭も飼い主募集していますので、お迎え入れのご検討いただける方は
石狩保健所は石狩市役所から近いですのでぜひ会いにいらしてください☆


毎日のクリックで、HOKKAIDOしっぽの会を無料で応援してください!
http://gooddo.jp/gd/group/shippo/?from=fbn0
赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります。

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

タグ:石狩保健所
posted by しっぽの会 at 09:58 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

あにまあるさまから収容猫の殺処分等に関する改善の意見要望の回答☆


asahikawa2017.02.21s.jpg

先日旭川動物愛護センターあにまあるさまに、
収容猫の殺処分等に関する質問をお送りし回答をいただきましたので、
意見要望をまとめ皆さまにご報告させていただきました。

記事はコチラをご覧ください。
(02/18)旭川動物愛護センターあにまあるに意見要望書を提出しました!
http://shippo-days.seesaa.net/article/447092215.html


そして2月21日、旭川動物愛護センターあにまあるさまから、
意見要望に対する回答をいただきましたのでご報告させていただきます。


*************************************************************

平素より,本市の動物愛護行政に関し格段の御協力をいただき誠にありがとうございます。
さて,平成29年2月13日付でいただきました御意見・御要望に関しましてお答えいた
します。
お話しにありましたとおり,猫の攻撃性等の適正判断につきましては,可能な限り長い収容
期間を設けることによってその性格判断を慎重に行う必要があるとの認識を持っております。
また,猫自身にかかるストレスによって問題行動を起こすことも承知しているところです。今
後も見学する市民及び飼養管理する職員の安全と猫の性格軟化両方を考慮しながら柔軟に運用
を行う方針です。また,エイズおよび真菌症に罹患している猫の管理に関しましては前回御説
明したとおりです。将来的には感染力が非常に強い病気であっても,センター内で治療及び飼
養管理できる体制を確立する必要があると認識しておりますが,予算にも限度があり,現在の
飼養管理体制では最終的に厳しい選択をせざるを得ない状況もあることを御理解ください。
各感染症に関する処分基準の見直しに関しましては,長期間かけて十分に検討を行った上で
実施する必要があると考えております。ただ,いつ何時同じく感染症にかかった猫が収容され
るかは不明な状況であることにかわりは有りません。したがいまして,当センターといたしま
してもそのような猫が収容された場合には,貴会を含めた動物愛護ボランティアさまの早急な
御協力を賜りたく存じます。
なお,動物への配慮に関しましては様々な御意見があり,当センターは旭川市の行政組織の
一機関であることから,その全ての御意見のとおりに運営をしていくことは難しいことを御理
解願いつつも,本市といたしましては皆様の声を重く受け止め,今後の運営方針の是非につい
ては旭川市民の理解を得ながら検討を計り,人と動物の共生する社会の実現に向けて努めて参
ります。
この度の非常に貴重な御意見・御要望,誠にありがとうございました。今後とも何卒本市の
動物愛護行政へ御理解と御協力のほどよろしくお願い申し上げます。

*************************************************************

行政であれ愛護団体であれ出来ることに限りがあるのは理解できるのですが、
さまざまな努力や知恵を絞っての決断であるべきですし、
行政や愛護団体は飼い主さんへの適正飼養の指導の役割もありますので、
道民、市民の皆さまに、胸を張ってご理解をいただけるような業務を行う努力が
必要なのだろうと思います。

またあにまあるさまでは、熊本県から猫を引き受けておられますが、
他の自治体の猫を収容譲渡できるのでしたら
地元の猫たちの殺処分基準にわずかでも余裕を持たせて、
譲渡に向けて努力していただきたかったです。

旭川動物愛護センターあにまあるさまが、市民、道民に愛される施設であることを切に願います。


毎日のクリックで、HOKKAIDOしっぽの会を無料で応援してください!
http://gooddo.jp/gd/group/shippo/?from=fbn0
赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります。


posted by しっぽの会 at 10:16 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする