2021年12月09日

本日12/9 北見保健所からミックス犬を引き取りました!

S__104529923.jpg

本日12月9日(木)、北見保健所より推定5〜7歳オスの
ミックス犬を引き取りしました。

オラフと命名しました。

オラフは、役場が北見市留辺蘂瑞穂の農家さんの敷地に
仕掛けた檻に兄弟一緒に入り、
9月2日留辺蘂支所に収容され、その後保健所に搬送されました。

不適正に飼育していた飼い主が死亡し、
そのまま放浪した犬たちだそうで、
現地周辺には他にも数頭が残っているようで問題です。

北見保健所さまでは、長期収容してくださり、
先に兄弟の1頭が譲渡されました!



S__104529927.jpg

動物病院で5種ワクチンを接種し健康診断も受けましたが、
片側隠睾なのと便検査は異常もなく、
お蔭さまでフィラリア検査はマイナスでした。

また、皮膚が疥癬のようにも見えましたが虫はいませんでした。

食いしん坊でなんでも食べるそうですが、
先に譲渡された兄弟犬がいた時は、
その子が残したご飯を食べようと喧嘩になり、
本気でキバを剥いて怒っていたようなので、
飢えた経験からか食への執着はかなり強いようです💦





S__104529925.jpg

保健所の職員の方がオスワリとフセを
教えてくださっていました🎵

ありがたいです!感謝です🙇







オラフ、幸せな家庭犬を目指してスタッフとがんばります🎵


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 18:19 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月30日

昨日10/29 日高振興局から負傷猫を引き取りしました

34800s.jpg

10月29日(金)、日高振興局から顔面に腫瘍のある負傷猫を引き取りしました。

シャム系の高齢のメスで名前はキラリと命名しました。

この子は、10月20日、新冠町の路上で
うずくまっていたところを町民からの通報で役場が保護し、
負傷動物として保健所に収容されました。

顔面の腫れは交通事故によるものではなく腫瘍で、
それが原因で衰弱していたようでした。

鼻がズビズビして目ヤニも酷いですが、ご飯はしっかり食べていました。

このような悲惨な姿になっていますが、
生きようとする前向きな力は残っているようです。

逃げ腰ですが、触っても怒りません。


詳しくは後日お知らせさせていただきます。

ひとまず引き取りさせていただいたご報告でした🙇


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 07:15 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月15日

10/15 渡島保健所木古内支所から大型犬を引き取りました!

S__100139010s.jpg

本日10月15日(金)、渡島総合振興局管内の木古内支所から、
オスのミックス犬を引き取りしました。

和翔(わと)と命名しました。

この子は、木古内町の人里離れた地域の牧場で、
餌を貰って生きてきましたが、
牧場で飼育しているメス犬が何度か妊娠し問題になっていました。

これまで子犬は新しい飼い主さんが見つかっていたそうですが、
同じことが繰り返されないよう、
外で飼育されているメス犬に不妊手術をすることが喫緊です。

4年前から放浪していたそうですから、
係留されていなかった外犬だったのか遺棄されたのか、
元々は野犬ではなさそうです。

ですが、捕獲時に興奮し捕獲機の檻の柵を破壊したことから、
一般譲渡対象外となってしまい、当会で引き取りすることになりました。

引き取り後に動物病院に直行しましたが、
年齢は推定6〜8歳、体重20kg余りありました。

ワクチン接種、フィラリア検査、健康診断しました。
去勢手術は後日実施予定です。





S__100147204s.jpg

渡島保健所木古内支所には、10月5日からは収容されました。

9月30日に木古内町役場で捕獲され、役場で迷子公示しましたが、
少なくとも4年間、放浪していましたし、
お迎えも問い合わせもありませんでした。





S__100147202s.jpg

当会のある空知から車で4時間余り。。。

長沼町は内陸ですので、日頃、海を見ることも少ないのですが、
北海道は本当に広大です。

九州と四国を合わせたほどの面積を有している北海道。

47都道府県のうち「動物愛護センター」がないのは北海道だけです。

1日も早く「動物愛護センター」が出来ることを願っています。


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 11:08 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月09日

木古内保健所から白い大型犬の緊急情報!

kikonai.jpg

渡島総合振興局管内の木古内保健支所には、
ラブラドール似のミックス犬のオスが収容されています。

この子は、人里離れた地域の牧場で、
餌を貰って生きてきましたが、
牧場で飼育しているメス犬が何度か妊娠し
問題になっていました。

これまで子犬は新しい飼い主さんが見つかっていたそうですが、
なぜ不妊手術をしてこなかったのか、、、
メス犬に不妊手術をすることが喫緊です。


4年前から放浪していたそうですが、
係留されていなかった外犬だったのか遺棄されたのか、
元々は野犬ではなさそうです。

木古内町役場では、
これまで何度も捕獲を試みていたそうですが、
9月30日に捕獲され、役場で迷子公示を行い、
10月5日からは保健所に収容され、現在も檻の中にいます。


これまで、人への危害の報告もなく、
攻撃性のある犬ではなさそう・・とのことです。

現在の様子は、檻越しに長さのあるオヤツを
手から食べて身体も檻越しなら触れるようです。

こういった経緯もあり、
野良生活を送って来た犬の扱いに慣れた
住環境が整った方への譲り渡しは検討いただけるとのことで、
この度、しっぽレポートでも紹介させていただきました。

もしご検討いただける方がいらっしゃいましたら、
以下までご連絡いただけると幸いです。


渡島総合振興局環境生活課:0138-47-9551

木古内保健支所:01392-2-2068

よろしくお願いいたします!!


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 08:16 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月21日

虐待案件 滝川保健所からトイプードルを引き取りました! 

210915カット後s.jpg
<滝川保健所ご提供写真>

2021年9月16日(木)、滝川保健所からオスのトイプードルを引き取りました。

この時点では、はっきりトイプードルとは分からない毛玉だらけの状態でしたが、
滝川保健所の職員の方が5時間かかってカットした後の姿です。





210915滝川遺棄犬s.jpg
<滝川保健所ご提供写真>

保護時の姿です💦

この子は、9月15日(水)午前9時頃、赤平市共和町556の道路上でキツネが死んでいると
トラックドライバーの方からの通報で、路上死体の回収業者さんが回収に行ったところ、
「キツネではないし、犬が生きている!!」と滝川保健所に搬送されました。

管轄の空知総合振興局保健環境部環境生活課では、
警察署の生活安全課に動物の遺棄と虐待で通報しています。

当会も赤平市にある赤歌警察署に通報しましたが、
2019年に改正された動物愛護管理法では、獣医師による虐待の通報も義務化されました。


(獣医師による通報)
第四十一条の二
獣医師は、その業務を行うに当たり、みだりに殺されたと思われる動物の死体
又はみだりに傷つけられ、若しくは虐待を受けたと思われる動物を発見したときは、
遅滞なく、都道府県知事その他の関係機関に通報しなければならない。

虐待を発見したら、発見場所の警察署の生活安全課(係)か
発見場所の振興局環境生活課に通報をお願いします。





IMG_7689s.jpg

ロットと名付けました。

翌日16日(木)に滝川保健所に引き取りに伺いましたが、
毛をカットする前は、毛が絡み合って歩くことも出来なかったそうです💦

お尻も毛で覆われ岩盤のようになっていたので、
排便できるように肛門が見えるところまでやっとカット出来たそうですが、
しっぽもどこにあるか分からず切ってしまう可能性もあり、
大変苦労されたそうです。

毛刈りした糞尿にまみれた毛は3キロにも及び、ロットの体重と同じキロ数でした💦

例えば、人間でいえば50キロの人なら、
同じキロ数のゴミを背負って生きていたことになります。

何もかも考えられない程のショッキングな状態でした。





IMG_7704s.jpg

滝川保健所から急いで動物病院に向かいました。

車の窓を少し開けて走行しましたが、
車に残った臭いは数日取れないほど強烈でした。





IMG_7707s.jpg

診察台に上がったロット。

最初は繁殖犬も疑いましたが、去勢もされているので、
一般の飼い主がネグレクト飼育していたと思われます。

年齢は10〜12歳の去勢オスで、左目は委縮していて、右目は白内障かぶどう膜炎で、
両目とも視力はありませんでした。





IMG_7711s.jpg

毛はまるでヘチマたわしのようで、ハサミで毛を切れ目を入れてから
2台のバリカンで毛刈りしていきました。

病院でも塵取りいっぱいの毛が刈られ、体格が分かって来ました。






IMG_7713s.jpg

高齢ですし、健康状態が分からないので、
万が一のことも考え、麻酔なしでバリカンをかけてくださいましたが、
ところどころ血もにじみ辛いだろうと可哀そうに思い、
虐待していた飼い主に更に憤りを感じました。

ロットは本当に我慢強く耐えてくれました。





IMG_7712s.jpg

爪もモンスターのように伸び巻き爪になっていました。

毛があったことで皮肉にも肉球に刺さらなかったことが幸いでした。





IMG_7714s.jpg

全身の毛が刈られこれで歩いたり走ったり自由に動ける体になりました!

この日は入院して健康診断を行いましたが、
混合ワクチンは体力がついてから接種することになりました。





32840s.jpg

健康診断の結果は、血液検査には異常はなく、フィラリアも陰性で、
心雑音はありましたが、心臓肥大ではないようで安心しました。





01s.jpg

目が見えていないので驚いてつい口が出るのかもしれませんが、
病院ではスタッフの方も噛まれてしまいました。

これまでの過酷な経験を想像すると生きているのが奇跡のようです。

これからは、体力をつけて元気になって、大切な家族として幸せになって欲しいです。


どうかロットの応援よろしくお願いいたします


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 21:55 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする