2020年02月14日

2月14日の札幌市動物管理センター福移支所は

今日2月14日(金)の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬3頭、猫36頭が収容されていました。

子猫はいませんでした。

本日は、放棄された柴犬と成猫2頭が譲渡になりました。

先週の大荒れの天気が一変し、
北海道は季節外れの暖気となっています。

人に慣れている猫もたくさんいますので、
お近くで猫のお迎え予定のある方は、
ぜひ札幌市動物管理センター福移支所に足を運ばれてみてください。

1頭でも家庭猫として暮らせますように・・・。


<迷子犬はいませんでした>


<迷子からの飼い主募集犬>

迷子からの飼い主募集犬はいません






<放棄からの飼い主募集犬>


収容犬021301、8歳の柴犬の去勢オスは譲渡されました(2月14日)






<即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)>

センターHPより
咬傷歴があるなどの理由により、
飼養に際し著しい危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡はできません。
譲渡を希望される場合は、複数回の見学と入念な
検討を重ねていただくとともに、
面談において家族構成や飼養環境、飼育歴など、より詳細に確認いたします。



69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

スイッチが入ると周りのことが目に入らなく、
止められなくなり、これまで複数回の咬傷事故を起こしています。

お世話をしてくださる職員さんのコマンドを良く聞きます。

良い時とそうでない時のギャップが大きく、
気難しく感情が読めない時もあり、犬の飼育は上級者向けですが、
ブルの性格や個性を受け入れ、
愛情をかけてくださる方がおられたら、
ぜひセンターに足を運び何度も通われて、
信頼関係を作っていただけると幸いです。





100101.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

賢いマロは、神経質で気難しいところがありますが、
この人と信じた人には忠実な気質で、一途な子です。

長期収容で、センターでの暮らしが長くなっていますが、
家族が欲しいのはどの子も同じです・・・。





052701.jpg

収容犬052701、愛称サンは飼い主に放棄された8歳の
オスのラブラドールレトリバーです。

飼い主が亡くなったため、放棄されましたが、
飼い主以外の人に対しては、過去に強く咬むことがありました。

ですがお世話をされている大好きなスタッフの
愛情をたっぷり受けて良い子になっています。





052701.2.jpg

ボール遊びも大好きです。

お世話しているスタッフのコマンドは聞いていますので、
人とのコミュニケーションが取れ、信頼関係を築ける子です。

この子の特性を理解していただけたら、
賢いですし、従順ですし、良いパートナーになってくれそうです。





<迷子猫>

89 (2).jpg

迷子収容猫F89、2月7日、手稲区前田7条12丁目で保護されたオスの黒猫。

迷子期限日は本日2月14日(金)まででした。






90.jpg

迷子収容猫F90、2月7日、手稲区前田7条12丁目で保護されメスの白黒猫。

上記と同日、同じ場所で保護されています。

迷子期限日は本日2月14日(金)まででした。






<迷子からの飼い主募集猫>

28.jpg

収容猫F28、愛称こげ丸は、推定10歳 の去勢オスです。

収容時は警戒していましたが、最近は慣れてきたのか触らせてくれます。

食いしん坊です。





34.jpg

収容猫F34、愛称ママは推定4歳の避妊メスです。

まだ慣れていませんが、落ち着いています。





42.jpg

収容猫F42、愛称ジャックは推定2歳のキジトラの去勢オスです 。

最近は前に出てきたりもしていましたが、
今日も後ろに隠れていました。





IMG_8200.jpg

収容猫F49、愛称ポピーは推定8歳の去勢オスです。

あまり慣れていません。

可愛い顔をしています。




62.jpg

収容猫F62、愛称めめは推定4歳の黒茶の避妊メスです。

攻撃性はありませんが、
慣れるにはもう少し時間がかかりそうです。





63.jpg

収容猫F63、愛称びびは推定5歳の黒の去勢オスです。

臆病から警戒し威嚇します。






74.jpg

収容猫F74、愛称タケちゃんは、推定3歳のオスです。

歩けるようになったとのことです。

また人に対して攻撃もしてくるので、これから人慣れが必要です。






以下は、親子5頭で収容されました。

慣れない環境に警戒しています。
母猫は推定5歳位でしたが、譲渡されました。


78.jpg

F78、愛称ピンクはキジトラの推定1歳のメスです。

まだ緊張気味ですが、かわいい子です。





80.jpg

収容猫F80、愛称ブルーは推定1歳のキジトラの去勢オスです。

かわいい顔をしています。






<放棄からの飼い主募集>

022202.jpg

収容猫F022002、愛称サクラは推定10歳の去勢オスです。

飼い主病気のため放棄されました。

近寄ってきて、咬みついて来る勝気な子ですが、
甘える仕草もしてかわいくなりました。

今日はちょっと怒り気味でした。





062801.jpg

収容猫F062801、愛称シゲルは、推定8歳の黒の去勢オスで、
飼い主の病気のため下記のワタルと一緒に放棄されました。

ワタルと兄弟でしょうか。
いつも一緒で仲良しです。

同じ家族になれたら嬉しいと思います。





062802.jpg

収容猫F062802、愛称ワタルは、推定8歳の黒茶の去勢オス です。

触らせてくれます。





収容猫F080901、愛称 幸は譲渡されました(2月13日) 





100901.jpg

収容猫F100901、愛称ミューは15歳のシャムの去勢オスです。

飼い主の病気のため、放棄されました。

高齢ですので、1日も早く新しい家族になれますように・・・。






121901.jpg

収容猫F121901、愛称ジジは推定7歳の去勢オスです。 

一緒に放棄されたF121902は譲渡になりました。

おっとりした性格だそうで、
撫でられると気持ち良さそうとのことです。





収容猫F121902は譲渡されました(2月12日)







多頭放棄(1)

センターHPより

飼い主が経済的困窮の中、多頭飼育状態となり、
周辺の生活環境まで不衛生な状態となっていたものを、
動物管理センターで収容しました。

少し怖がりですが、人なれしている猫もいます。



061207.jpg

F061207、愛称したちゃんは、推定10歳の避妊メスです。

常に舌が出ている大人しい子です。

ふっくらいてかわいいです。





061302.jpg

F061302、愛称モーリーは、推定5歳の去勢オスです。

モーリーとしたちゃんは仲良しです。

この子もふっくらしてかわいいです。





多頭放棄(2)

センターHPより

望まない繁殖により多頭飼育状態となっていたなか、
飼い主の経済的な破綻により、
飼育継続できなくなってしまったものを
動物管理センターで収容しました。


062502.jpg

F062502、愛称タビーは、推定5歳のキジトラ白の去勢オスです。

ケージから出て暫しの自由を堪能していました。





062510.jpg

F062510、愛称パセリは、推定5歳の去勢オスです。

タビ―と同じケージに入って、とても仲が良いです。

一緒にケージから出て、暫し楽しんでいました。

一緒のお家で暮らせると幸せですね。




多頭放棄(3)

センターHPより

自身で管理しきれない多くの頭数を飼育している中、
飼い主の経済的困窮により放棄されました。
少しケガをしている猫もいますが、人慣れしたかわいらしい性格です。





122311.jpg

F122311、愛称マリンは、推定3歳の去勢オスです。

かわいい顔をしています。





多頭放棄(4)

センターHPより

経済的困窮の中、避妊・去勢手術を怠り、
多頭飼育状態となっていたものをセンターで収容しました。
高齢で、ケアの必要な猫が多そうです。



010801.jpg

F010801、愛称しょうがは、推定10歳の去勢オスです。





011101.jpg

F011001、愛称わさびは、推定10歳のメスです。





011002.jpg

F011002、愛称からしは、推定10歳の去勢オスです。





011503.jpg

F011503、愛称いちみは、推定10歳の去勢オスです。





011504.jpg

F011504、愛称しちみは、推定10歳のメスです。 





012201.jpg

F012201、愛称ごまは、推定10歳のメスです。






020301.jpg

F020301、愛称セリは、推定5歳のメスです。


※ 今後8頭ほど収容が予定されているそうです。






多頭放棄(5)

センターHPより

経済的困窮の中、避妊・去勢手術を怠り、繁殖を繰り返していました(全18頭)。
飼い主が病気となり、世話ができなくなったものを
センターに収容しました。人なつこい猫が多いです。


F012705は譲渡されました(2月12日)


F012713は譲渡されました(2月13日)


※ 今後も収容を予定しています。






多頭放棄(6)

センターHPより

飼い主が失踪し、その家族も世話を続けられなくなったため、
センターに収容しました。

全10頭のうち、避妊・去勢手術の施されていない猫がおり、
収容された雌猫も妊娠していました。

多頭崩壊予備軍ともいえる状況だったようです。


F020401、愛称クリは、推定2歳の避妊メスです。

※ 今後も収容を予定しています。




**************************

北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。


1.22bekkai.jpg

別海町役場には、ミックス犬2頭が出会いを待っています。
推定1歳の黒のメスは、昨年12月17日、
別海町桜ヶ丘地区で保護されました。
昨年8月位からおそらく姉妹であろう2頭と行動していたそうで、
1頭は先に捕獲され譲渡されましたが、
その時の檻の閉まる音に驚いたせいか、
この子はなかなか捕獲できないでいたそうです。
若犬らしくとても活発です。
大好きな散歩時はテンションが上がり、
落ち着きがなくなるそうですが、普段は落ち着いているそうです。
男性よりも女性の方が懐きやすいそうです。
もう1頭の推定5歳位のオスは、昨年12月28日、
西春別西和地区で保護されました。
首輪の装着はありませんでしたが、マテやオスワリも理解していることから、
飼い犬だったと思われます。性格は、マイペースでのんびり屋さんです。
食欲も旺盛で散歩も好きなようです。
ただ、他犬を見た時や何か気分が乗らない時など要求吠えをするそうです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

別海町役場町民課 町民生活担当 TEL:0153-75-2111  
https://betsukai.jp/oshirase/2421/





1.31ebetu.jpg

江別保健所では、16歳の白のメス猫が出会いを待っています。
この子は、10月29日、高齢の飼い主に放棄されました。
子猫から飼育していましたが、社会性が身についていないのか、
神経質なところもあり、目下の悩みは爪切りが出来ず、
物に爪が引っ掛かり、ちょっとしたパニックになるそうです。
高齢ですが、高いところに登ったり、食欲もあり元気です。
白の被毛が美しいオッドアイの美人の猫さんです。
同じ空間にいて見守ってくださる、
最後まで愛情を持って飼育して頂ける方をお待ちしております。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報のシェア、拡散のご協力もどうぞよろしくお願いします!

江別保健所:011-382-3054
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/se/ke/200121ecat-uzura-special3.pdf





2.3souya.jpg

稚内保健所では3頭が譲渡になりました!

推定2歳位の白黒のオスは人慣れに時間が必要です。
同じく推定2歳の黒猫のオスも人慣れに時間が必要です。
推定1歳位の白黒のメスは、痩せ気味で美人の猫です。
人が好きで元気な子だそうです。
推定2歳のメスのキジトラは斜頸ですが、
大人しく人が好きで大変性格の良い子です。
皆、収容期限は2月29日(金)です。
猫のお迎え入れの予定のある方は、
ぜひご検討いただけたら幸いです!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

宗谷総合振興局 0162-33-2922
http://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/bosyuu.htm





2.4kusiro.jpg

釧路総合振興局には、負傷した1歳の
薄キジのメスが出会いを待っています。
この子は、12月19日、釧路市鳥取北で保護されました。
去年の春生まれと思われます。
右後肢が麻痺して伸びたままですが、
立ち上がることも歩くことも支障なくできるようになりました。
血尿もすっかり良くなり、フードをもりもり食べて体力をつけました。
もはや負傷猫とはいえないくらいの見事な動きで、
食欲もあり風邪症状もなく元気で、トイレも砂でできます。
二段ケージもすぐに上りました。
人の気配を気にしつつも見ている前でごはんを食べたり
動いたりするようになり、差し出されるものは
ちゅーるだと思っているようで、ちゅーるの手だけは歓迎らしいです。
重低音でうなりながらおいしそうになめています。
人馴れさえしてくれればすぐにでも一般譲渡できそうなのですが、
収容から1ヶ月半経ってもなかなか心を開きません。
かわいい顔で、きれいな歯をむき出して、シャー、パン!と
威嚇し続けていますが、むやみに攻撃してくるわけではなく、
ある程度の距離があれば許容しています。
振興局では長期的な人馴れ修行は困難と、
最終期限が2月21日(金)となってしました!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

釧路総合振興局:0154-43-9155   
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm





2.12siribesi.jpg

令和2年2月9日、小樽市山田町で、段ボール箱に入れられ、
民家敷地内に放置されているところを発見されました。
状況から遺棄が疑われます(動物の遺棄は犯罪です。
この件について何か情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、
当課または小樽警察署0134-27-0110までご連絡をお願いします)
現在、小樽市内の協力機関に保護されていますが、
事情により長く保管することができません。
そのため、今度は終生飼ってくださる方、
もしくはそのような方が見つかるまで保護してくださる方を、急ぎ探しています。
短い間に環境が激変したこともあり、
今は触ろうとすると威嚇するため、少し落ち着くまで様子をみているところです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

後志総合振興局:0136-23-1354
http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.htm





2.14kitami.jpg

北見保健所には、飼い主が亡くなり1月22日に
収容された3頭の猫が出会いを待っています。
成猫のオスは、体格は大きく、
触られるのは少し嫌がりますが、怒ったりはしません。
尻尾が長く、舌がよく出ているのがチャームポイントです。
成猫 のメスは、やや高齢ですが、人に慣れていて甘え上手です。
体格は小さく尻尾は短いです。猫じゃらしで遊ぶのが大好きです。
鼻水が少し出ていますので、暖かな家で過ごせたらと思います。
キジ白のオスは、甘え上手で、足もとでスリスリしてきます。
元気・食欲があり。尻尾は短いです。
左目がおそらく見えていませんが、生活に支障はなさそうです。
歩き方もしっかりしています。3頭共、人懐こく落ち着いています。
北見保健所では、長期の収容は難しいとのことです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

北見保健所: 0157-24-4171 
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kth/inunekojyouhou.htm#2




保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html

posted by しっぽの会 at 22:57 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

2月6日の札幌市動物管理センター福移支所は

今日の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬7頭、猫36頭が収容されていました。

子猫はいませんでした。

高齢の多頭飼育放棄の猫たちは、覇気がなく元気がありません。

1頭でも家庭猫として暮らせますように・・・。


<迷子犬はいませんでした>


<迷子からの飼い主募集犬>

迷子からの飼い主募集犬はいません






<放棄からの飼い主募集犬>


収容犬020401は譲渡されました(2月5日)

収容犬020402は譲渡されました(2月5日)



センターHPより

多頭飼育からの放棄

望まない繁殖により、頭数が増え、
飼育環境が著しく不衛生な状態となっていたものを
センターで収容しました。

この他にも収容予定の犬がいるため、譲渡を進めながら収容を続ける予定です。

環境の変化に戸惑っているため、
活発な様子は見られませんが、人慣れしているおとなしい個体が多いです。

室内で飼育されていたため、外の環境には慣れていないことが予想されます。
親や兄弟犬に、遺伝性疾患を持つ個体が確認されています。

今後も引き続き収容を予定しています。



012101.jpg

収容犬012101、推定7歳のオスは、
この一連の多頭飼育犬の父親かも知れません。

これまでに放棄された犬に比べ、体格は良く、
性格は、今のところ、大人しそうです。





収容犬012102、愛称良作は、推定2歳のオスは、譲渡になりました。(2月6日)





0121.jpg

避妊メス3頭は同じ犬舎に収容されています。





012103hatiko.jpg

収容犬012103、愛称ハチ子は推定5歳の避妊メスです。

緊張していますが、触らせてくれ、大人しそうです。

下顎が短く、うまく舌をしまえないことがあるようです。





012104takmako.jpg

収容犬012104、愛称タマ子は、推定2歳の避妊メスです。

緊張で固まっていますが、触らせてくれて大人しそうです。






012105tamako.jpg

収容犬012105、愛称マチ子は、推定2歳の避妊メスです。

大人しく固まっていました。

一連のこの多頭飼育の犬たちは、皆、かわいい顔をしています。






<即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)>

センターHPより
咬傷歴があるなどの理由により、
飼養に際し著しい危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡はできません。
譲渡を希望される場合は、複数回の見学と入念な
検討を重ねていただくとともに、
面談において家族構成や飼養環境、飼育歴など、より詳細に確認いたします。



69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

スイッチが入ると周りのことが目に入らなく、
止められなくなり、これまで複数回の咬傷事故を起こしています。

お世話をしてくださる職員さんのコマンドを良く聞きますので、
良い時には凄く良く、ギャップがあります。

気難しく感情が読めない時もあり、犬の飼育上級者向けですが、
ブルの性格や個性を受け入れ、
愛情をかけてくださる方がおられたら、
ぜひセンターに足を運び何度も通われて、
信頼関係を作っていただけると幸いです。





100101.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

賢いマロは、神経質で気難しいところがありますが、
この人と信じた人には忠実な気質で、一途な子です。






052701.jpg

収容犬052701、愛称サンは飼い主に放棄された8歳の
オスのラブラドールレトリバーです。

飼い主が亡くなったため、放棄されましたが、
飼い主以外の人に対しては、過去に強く咬むことがありました。

最近の表情は優しく穏やかですので、
気持ちが落ち着いているのが感じ取れます。

お世話している方のコマンドは聞いていますので、
人とのコミュニケーションが取れ、信頼関係を築ける子です。

この子の特性を理解していただけたら、
賢いですし、従順ですし、良いパートナーになってくれそうです。





<迷子猫はいませんでした>





<迷子からの飼い主募集猫>

28.jpg

収容猫F28、愛称こげ丸は、推定10歳 の去勢オスです。

収容時は警戒していましたが、最近は慣れてきたのか触らせてくれます。

食いしん坊です。





34.jpg

収容猫F34、愛称ママは推定4歳の避妊メスです。

まだ慣れていませんが、落ち着いています。





42.jpg

収容猫F42、愛称ジャックは推定2歳のキジトラの去勢オスです 。

最近は前に出てきたりもしていましたが、
今日も後ろに隠れていました。





49.jpg

収容猫F49、愛称ポピーは推定8歳の去勢オスです。

あまり慣れていません。

可愛い顔をしています。




62.jpg

収容猫F62、愛称めめは推定4歳の黒茶の避妊メスです。

攻撃性はありませんが、
慣れるにはもう少し時間がかかりそうです。





63.jpg

収容猫F63、愛称びびは推定5歳の黒の去勢オスです。

臆病から警戒し威嚇します。





73.jpg

収容猫F73、愛称べにちゃんは、推定2歳の黒灰のメスです。

当初は人に慣れておらず、すばしっこく逃げ回っていましたが、
いつの間にか抱っこできるようになっていたそうです。

人懐こい子です。





74.jpg

収容猫F74、愛称タケちゃんは、推定3歳のオスです。

歩けるようになったとのことです。

また人に対して攻撃もしてくるので、これから人慣れが必要です。






以下は、親子5頭で収容されました。

慣れない環境に警戒しています。
母猫は推定5歳位でしたが、譲渡されました。


78.jpg

F78、愛称ピンクはキジトラの推定1歳のメスです。

まだ緊張気味ですが、かわいい子です。





86.jpg

収容猫F86、推定2歳のキジトラのメスは、人慣れしているようです。

シャーと言いながらも、撫でられると嬉しそうとのことです。






<放棄からの飼い主募集>

022202.jpg

収容猫F022002、愛称サクラは推定10歳の去勢オスです。

飼い主病気のため放棄されました。

近寄ってきて、咬みついて来る勝気な子ですが、
甘える仕草もしてかわいくなりました。

今日会いに行った時は、ずっと寝ていました。





IMG_8113.jpg

収容猫F062801、愛称シゲルは、推定8歳の黒の去勢オスで、
飼い主の病気のため下記のワタルと一緒に放棄されました。

ワタルと兄弟でしょうか。
いつも一緒で仲良しです。

同じ家族になれたら嬉しいと思います。





IMG_8114.jpg

収容猫F062802、愛称ワタルは、推定8歳の黒茶の去勢オス です。

触らせてくれます。





080901.jpg

F080901、愛称、幸ちゃんは、推定5歳の去勢オスです。

収容当初は慣れておらず、時々手が出ていましたが、
今はすり寄って来るようになりました。






100901 (2).jpg

収容猫F100901、愛称ミューは15歳のシャムの去勢オスです。

飼い主の病気のため、放棄されました。

高齢ですので、1日も早く新しい家族になれますように・・・。






収容猫F121901、愛称ジジは推定7歳の去勢オスは、
検査のため見学・譲渡を中止していました。






収容猫F121902、愛称メロンは推定7歳のキジ白の避妊メスは、
検査のため見学・譲渡を中止していました。






多頭放棄(1)

センターHPより

飼い主が経済的困窮の中、多頭飼育状態となり、
周辺の生活環境まで不衛生な状態となっていたものを、
動物管理センターで収容しました。

少し怖がりですが、人なれしている猫もいます。



061207.jpg

F061207、愛称したちゃんは、推定10歳の避妊メスです。

常に舌が出ている大人しい子です。

元気に少し太ったように見えます。





061302.jpg

F061302、愛称モーリーは、推定5歳の去勢オスです。

モーリーとしたちゃんは仲良しです。

かわいい子ですが、なぜかまだ出会いがありません。





多頭放棄(2)

センターHPより

望まない繁殖により多頭飼育状態となっていたなか、
飼い主の経済的な破綻により、
飼育継続できなくなってしまったものを
動物管理センターで収容しました。


062502.062510.jpg

F062502、愛称タビーは、推定5歳のキジトラ白の去勢オスです。

F062510、愛称パセリは、推定5歳の去勢オスです。

タビ―と同じケージに入って、とても仲が良いです。

一緒のお家で暮らせると幸せですね。




多頭放棄(3)

センターHPより

自身で管理しきれない多くの頭数を飼育している中、
飼い主の経済的困窮により放棄されました。
少しケガをしている猫もいますが、人慣れしたかわいらしい性格です。





122307.jpg

F122311、愛称マリンは、推定3歳の去勢オスです。

かわいい顔をしています。





多頭放棄(4)

センターHPより

経済的困窮の中、避妊・去勢手術を怠り、
多頭飼育状態となっていたものをセンターで収容しました。
高齢で、ケアの必要な猫が多そうです。



010801.jpg

F010801、愛称しょうがは、推定10歳の去勢オスです。





011001.jpg

F011001、愛称わさびは、推定10歳のメスです。





011002.jpg

F011002、愛称からしは、推定10歳の去勢オスです。




011103.jpg

F011003、愛称みょうがは、推定10歳の去勢オスです。






F011004、愛称ねぎは、推定10歳の去勢オスです。






011005.jpg

F011005、愛称もみじは、推定10歳の去勢オスです。





011503.jpg

F011503、愛称いちみは、推定10歳の去勢オスです。





F011504、愛称しちみは、推定10歳のメスです。 






011506.jpg

F011506、愛称こしょうは、推定10歳の去勢オスです。





※ 今後さらに7頭ほどの収容を予定されているそうです。






012201.jpg

F012201、愛称ごまは、推定10歳のメスです。





012701.jpg

F012701、愛称ゆずは、推定10歳の去勢オスです。





020301.jpg

F020301、愛称セリは、推定5歳のメスです。


※ 今後8頭ほど収容が予定されているそうです。






多頭放棄(5)

センターHPより

経済的困窮の中、避妊・去勢手術を怠り、
繁殖を繰り返していました(全18頭)。
飼い主が病気となり、
世話ができなくなったものをセンターで収容しました。




012705.jpg

F012705、愛称みつばは、推定3歳の去勢オスです。






012710.jpg

F012710 避妊メス 推定2歳 愛称:イクラ






012711.jpg

F012711 避妊メス 推定2歳 愛称:ワカメ






012713.jpg

F012713 避妊メス 推定4歳 愛称:ツブ



今後は8頭くらいの収容が予定されているそうで、
多頭飼育放棄が続きます・・・。




**************************

北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。





1.22bekkai.jpg

別海町役場には、ミックス犬2頭が出会いを待っています。
推定1歳の黒のメスは、昨年12月17日、
別海町桜ヶ丘地区で保護されました。
昨年8月位からおそらく姉妹であろう2頭と行動していたそうで、
1頭は先に捕獲され譲渡されましたが、
その時の檻の閉まる音に驚いたせいか、
この子はなかなか捕獲できないでいたそうです。
若犬らしくとても活発です。
大好きな散歩時はテンションが上がり、
落ち着きがなくなるそうですが、普段は落ち着いているそうです。
男性よりも女性の方が懐きやすいそうです。
もう1頭の推定5歳位のオスは、昨年12月28日、
西春別西和地区で保護されました。
首輪の装着はありませんでしたが、マテやオスワリも理解していることから、
飼い犬だったと思われます。性格は、マイペースでのんびり屋さんです。
食欲も旺盛で散歩も好きなようです。
ただ、他犬を見た時や何か気分が乗らない時など要求吠えをするそうです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

別海町役場町民課 町民生活担当 TEL:0153-75-2111  
https://betsukai.jp/oshirase/2421/





1.31ebetu.jpg

江別保健所では、16歳の白のメス猫が出会いを待っています。
この子は、10月29日、高齢の飼い主に放棄されました。
子猫から飼育していましたが、社会性が身についていないのか、
神経質なところもあり、目下の悩みは爪切りが出来ず、
物に爪が引っ掛かり、ちょっとしたパニックになるそうです。
高齢ですが、高いところに登ったり、食欲もあり元気です。
白の被毛が美しいオッドアイの美人の猫さんです。
同じ空間にいて見守ってくださる、
最後まで愛情を持って飼育して頂ける方をお待ちしております。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報のシェア、拡散のご協力もどうぞよろしくお願いします!

江別保健所:011-382-3054
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/se/ke/200121ecat-uzura-special3.pdf





2.3souya.jpg

稚内保健所では、7頭の猫が出会いを待っています。
推定3歳の白黒のオスは、
穏やかな性格の子でズッシリしています。
ハチワレがきれいな子です。
推定2歳位の白黒のオスは人慣れに時間が必要です。
同じく推定2歳の黒猫のオスも人慣れに時間が必要です。
推定4か月のオスは灰毛の長毛がきれいな子です。
子猫ですので、早めに馴化できると思います。
推定1歳位の白黒のメスは、痩せ気味で美人の猫です。
人が好きで元気な子だそうです。
推定4か月のシャム系長毛も、人馴れはこれからですが、
子猫ですので馴化は早そうです。
推定2歳のメスのキジトラは斜頸ですが、
大人しく人が好きで大変性格の良い子です。
皆、収容期限は1月29日(金)です。
猫のお迎え入れの予定のある方は、
ぜひご検討いただけたら幸いです!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

宗谷総合振興局 0162-33-2922
http://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/bosyuu.htm





2.4kusiro.jpg

釧路総合振興局には、負傷した1歳の
薄キジのメスが出会いを待っています。
この子は、12月19日、釧路市鳥取北で保護されました。
去年の春生まれと思われます。
右後肢が麻痺して伸びたままですが、
立ち上がることも歩くことも支障なくできるようになりました。
血尿もすっかり良くなり、フードをもりもり食べて体力をつけました。
もはや負傷猫とはいえないくらいの見事な動きで、
食欲もあり風邪症状もなく元気で、トイレも砂でできます。
二段ケージもすぐに上りました。
人の気配を気にしつつも見ている前でごはんを食べたり
動いたりするようになり、差し出されるものは
ちゅーるだと思っているようで、ちゅーるの手だけは歓迎らしいです。
重低音でうなりながらおいしそうになめています。
人馴れさえしてくれればすぐにでも一般譲渡できそうなのですが、
収容から1ヶ月半経ってもなかなか心を開きません。
かわいい顔で、きれいな歯をむき出して、シャー、パン!と
威嚇し続けていますが、むやみに攻撃してくるわけではなく、
ある程度の距離があれば許容しています。
振興局では長期的な人馴れ修行は困難と、
最終期限が2月21日(金)となってしました!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

釧路総合振興局:0154-43-9155   
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm





2.5nemuro.jpg

根室保健所では、飼い主の引越しで飼えなくなった犬2頭が、
1月27日に収容され、新たな出会いを待っています。
推定7歳のメスは14キロと中型です。
外飼いの番犬で暮らしていたそうです。
気になるものが見える時や喜んで興奮している時は
キャンキャン賑やかで、同居犬に対しては、
マウンティングし、リーダーとして振る舞いますが、
人に対してはとても従順で、しっぽフリフリでお腹も見せます。
もう1頭の黒い子はオスで、体重は20キロと大型です。
この子も外飼いの番犬でしたが、おとなしめの男の子です。
正面から近づいてくるヒトには後ずさりしますが、
他の子がなでられていると、「ボクも・・・」と
おねだりする甘えん坊さんです。
自分の順番が待ちきれない時には吠えますが、
いつもは静かな良い子です。募集期限は、2月7日(金)です!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

根室保健所: 0153-23-5161
http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/topmenu10.htm





2.6kitami.jpg

北見保健所には、飼い主が亡くなり1月22日に
収容された3頭の猫が出会いを待っています。
成猫のオスは、体格は大きく、
触られるのは少し嫌がりますが、怒ったりはしません。
尻尾が長く、舌がよく出ているのがチャームポイントです。
成猫 のメスは、やや高齢ですが、人に慣れていて甘え上手です。
体格は小さく尻尾は短いです。猫じゃらしで遊ぶのが大好きです。
鼻水が少し出ていますので、暖かな家で過ごせたらと思います。
キジ白のオスは、甘え上手で、足もとでスリスリしてきます。
元気・食欲があり。尻尾は短いです。
左目がおそらく見えていませんが、生活に支障はなさそうです。
歩き方もしっかりしています。3頭共、人懐こく落ち着いています。
北見保健所では、長期の収容は難しいとのことです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

北見保健所: 0157-24-4171 
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kth/inunekojyouhou.htm#2




保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html

posted by しっぽの会 at 20:40 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

1月31日の札幌市動物管理センター福移支所は

本日1月31日(金)札幌市動物管理センター福移支所には、
犬8頭、成猫38頭が収容されていました。

子猫はいませんでした。

そして相変らず多いのが猫の多頭飼育放棄です。

動物たちは私たちの日々の暮らしを豊かにしてくれますが、
動物たちもまた人と暮らすことで、
日々の暮らしが充実して欲しいと思います。

双方にとってかけがえのない存在で、
双方が幸せになることが人と動物の共生社会だと思いますが、
余りに人間側の身勝手な行動で、
動物たちが犠牲になっていると言わざるを得ません。




<迷子犬はいませんでした>


<迷子からの飼い主募集犬>

77.jpg

収容犬77、愛称レオンは、推定3歳のオスです。

人に慣れた明るい性格でとても良い子です。

排尿は足を上げるそうですので、
室内のペットシーツ等配慮が必要です。





<放棄からの飼い主募集犬>

センターHPより

多頭飼育からの放棄

望まない繁殖により、頭数が増え、
飼育環境が著しく不衛生な状態となっていたものを
センターで収容しました。

この他にも収容予定の犬がいるため、譲渡を進めながら収容を続ける予定です。

環境の変化に戸惑っているため、
活発な様子は見られませんが、人慣れしているおとなしい個体が多いです。

室内で飼育されていたため、外の環境には慣れていないことが予想されます。
親や兄弟犬に、遺伝性疾患を持つ個体が確認されています。

今後も引き続き収容を予定しています。



012101 (2).jpg

収容犬012101、推定7歳のオスは、
この一連の多頭飼育犬の父親かも知れません。

これまでに放棄された犬に比べ、体格は良く、
性格は、今のところ、おとなしいそうです。

緊張はあまりしていない様子です。





012102.jpg

収容犬012102、推定2歳のオスは、警戒しています。

生まれてから家から出たこともなかったのではないでしょうか。

身体は小さく、スッキリとした顔立ちで、
まだ緊張していました。





012103.jpg

収容犬012103、愛称ハチ子は推定5歳の避妊メスです。

緊張していますが、威嚇することもなく、大人しそうです。






012104.jpg

収容犬012404、推定4歳の避妊メスは、
ハチ子とそっくりです。

大人しく固まっていました。

一連のこの多頭飼育の犬たちは、皆、かわいい顔をしています。






<即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)>

センターHPより
咬傷歴があるなどの理由により、
飼養に際し著しい危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡はできません。
譲渡を希望される場合は、複数回の見学と入念な
検討を重ねていただくとともに、
面談において家族構成や飼養環境、飼育歴など、より詳細に確認いたします。


69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

スイッチが入ると周りのことが目に入らなく、
止められなくなり、これまで複数回の咬傷事故を起こしています。

お世話をしてくださる職員さんのコマンドを良く聞きますので、
良い時には凄く良く、ギャップがあります。

気難しく感情が読めない時もあり、犬の飼育上級者向けですが、
ブルの性格や個性を受け入れ、
愛情をかけてくださる方がおられたら、
ぜひセンターに足を運び何度も通われて、
信頼関係を作っていただけると幸いです。





100101.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

賢いマロは、神経質で気難しいところがありますが、
この人と信じた人には忠実な気質で、一途な子です。

丁度、ご機嫌に散歩に行っていました。





052701.jpg

収容犬052701、愛称サンは飼い主に放棄された8歳の
オスのラブラドールレトリバーです。

飼い主が亡くなったため、放棄されましたが、
飼い主以外の人に対しては、過去に強く咬むことがありました。

最近の表情は優しく穏やかですので、
気持ちが落ち着いているのが感じ取れます。

お世話している方のコマンドは聞いていますので、
人とのコミュニケーションが取れ、信頼関係を築ける子です。

この子の特性を理解していただけたら、
賢いですし、従順ですし、良いパートナーになってくれそうです。






<迷子猫>

87.jpg

収容猫F87、1月27日、白石区本通4丁目南で保護された黒茶白のメス。

迷子期限日は、今日1月31日(金)迄でした。






<迷子からの飼い主募集猫>

28.jpg

収容猫F28、愛称こげ丸は、推定10歳 の去勢オスです。

収容時は警戒していましたが、最近は触らせてくれようになりました。

食いしん坊です。





34.jpg

収容猫F34、愛称ママは推定4歳の避妊メスです。

まだ慣れていませんが、いつも眠そうな顔をしています。





42.jpg

収容猫F42、愛称ジャックは推定2歳のキジトラの去勢オスです 。

収容時はよく隠れていましたが、
最近は余裕も出てきたようです。

ですが、今日は後ろに隠れて目だけを出していました。





49.jpg

収容猫F49、愛称ポピーは推定8歳の去勢オスです。

あまり慣れていません。

心を開いてくれるようになるといいのですが。





62.jpg

収容猫F62、愛称めめは推定4歳の黒茶の避妊メスです。

攻撃性はありませんが、
慣れるにはもう少し時間がかかりそうです。





63.jpg

収容猫F63、愛称びびは推定5歳の黒の去勢オスです。

かなり警戒していて、今日もシャーと威嚇していました。





73.jpg

収容猫F73、愛称べにちゃんは、推定2歳の黒灰のメスです。

当初は人に慣れておらず、すばしっこく逃げ回っていましたが、
いつの間にか抱っこできるようになっていたそうです。

人懐こい子なのでしょうね。





74.jpg

収容猫F74、愛称タケちゃんは、推定3歳のオスです。

歩けるようになったとのことです。

また人に対して攻撃もしてくるので、これから人慣れが必要です。






以下は、親子5頭で収容されました。

慣れない環境に警戒しています。
母猫は推定5歳位でしたが、譲渡されました。


78.jpg

F78、愛称ピンクはキジトラの推定1歳のメスです。

まだ緊張気味ですが、かわいい子です。





80.jpg

F80、愛称ブルーは推定1歳の去勢オスです。

この子も緊張していますが、かわいい子です。





86.jpg

収容猫F86、推定2歳のキジトラのメスは、人慣れしているそうで、
シャーと言いながらも、撫でられると嬉しそうだそうです。







<放棄からの飼い主募集>

022002.jpg

収容猫F022002、愛称サクラは推定10歳の去勢オスです。

飼い主病気のため放棄されました。

近寄ってきて、咬みついて来る勝気な子ですが、
甘える仕草もしてかわいくなりました。

上手に付き合ってくださるご理解ある方との出会いがありますように。





062801.jpg

収容猫F062801、愛称シゲルは、推定8歳の黒の去勢オスで、
飼い主の病気のため下記のワタルと一緒に放棄されました。

ワタルと兄弟でしょうか。
いつも一緒で仲良しです。

同じ家族になれたら嬉しいと思います。





062802.jpg

収容猫F062802、愛称ワタルは、推定8歳の黒茶の去勢オス です。

触らせてくれます。





F080901、愛称、幸ちゃんは、推定5歳の去勢オスは、
検査のため見学・譲渡を中止していました。





100901.jpg

収容猫F100901、愛称ミューは15歳のシャムの去勢オスです。

飼い主の病気のため、放棄されました。

高齢ですので、1日も早く新しい家族になれますように・・・。






収容猫F121901、愛称ジジは推定7歳の去勢オスは、
検査のため見学・譲渡を中止していました。






収容猫F121902、愛称メロンは推定7歳のキジ白の避妊メスは、
検査のため見学・譲渡を中止していました。






多頭放棄(1)

センターHPより

飼い主が経済的困窮の中、多頭飼育状態となり、
周辺の生活環境まで不衛生な状態となっていたものを、
動物管理センターで収容しました。

少し怖がりですが、人なれしている猫もいます。



061207.jpg

F061207、愛称したちゃんは、推定10歳の避妊メスです。

常に舌が出ている大人しい子です。

少し太ったように見えます。





061302.jpg

F061302、愛称モーリーは、推定5歳の去勢オスです。

モーリーとしたちゃんは仲良しです。

かわいい子ですが、なぜかまだ出会いがありません。





多頭放棄(2)

センターHPより

望まない繁殖により多頭飼育状態となっていたなか、
飼い主の経済的な破綻により、
飼育継続できなくなってしまったものを
動物管理センターで収容しました。


062502.jpg

F062502、愛称タビーは、推定5歳のキジトラ白の去勢オスです。

静かな子のようで落ち着いています。





062510.jpg

F062510、愛称パセリは、推定5歳の去勢オスです。

タビ―と同じケージに入って、仲が良いようです。





多頭放棄(3)

センターHPより

自身で管理しきれない多くの頭数を飼育している中、
飼い主の経済的困窮により放棄されました。
少しケガをしている猫もいますが、人慣れしたかわいらしい性格です。





122307.jpg

F122311、愛称マリンは、推定3歳の去勢オスです。






多頭放棄(4)

センターHPより

経済的困窮の中、避妊・去勢手術を怠り、
多頭飼育状態となっていたものをセンターで収容しました。
高齢で、ケアの必要な猫が多そうです。



010801.jpg

F010801、愛称しょうがは、推定10歳の去勢オスです。





011001.jpg

F011001、愛称わさびは、推定10歳のメスです。





011002.jpg

F011002、愛称からしは、推定10歳の去勢オスです。






F011003、愛称みょうがは、推定10歳の去勢オスです。





011004.jpg

F011004、愛称ねぎは、推定10歳の去勢オスです。





011005.jpg

F011005、愛称もみじは、推定10歳の去勢オスです。





011503.jpg

F011503、愛称いちみは、推定10歳の去勢オスです。





F011504、愛称しちみは、推定10歳のメスです。 






011506.jpg

F011506、愛称こしょうは、推定10歳の去勢オスです。






F011507、愛称なんばんは、推定10歳の去勢オスです。






012201.jpg

F012201、愛称ごまは、推定10歳のメスです。





012202.jpg

F012202、愛称さんしょうは、推定10歳のメスです。






012203.jpg

F012203 メス 推定10歳 愛称: うこん





012701.jpg

F012701、愛称ゆずは、推定10歳の去勢オスです。




※ 今後8頭ほど収容が予定されています。






多頭放棄(5)

センターHPより

経済的困窮の中、避妊・去勢手術を怠り、
繁殖を繰り返していました(全18頭)。
飼い主が病気となり、
世話ができなくなったものをセンターで収容しました。



012703.jpg

F012703、愛称かつおは、推定5歳の去勢オスです。





012704.jpg

F012704、愛称ますおは、推定7歳の去勢オスです。





012705.jpg

F012705、愛称みつばは、推定3歳の去勢オスです。





**************************

北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。





1.22bekkai.jpg

別海町役場には、ミックス犬2頭が出会いを待っています。
推定1歳の黒のメスは、昨年12月17日、
別海町桜ヶ丘地区で保護されました。
昨年8月位からおそらく姉妹であろう2頭と行動していたそうで、
1頭は先に捕獲され譲渡されましたが、
その時の檻の閉まる音に驚いたせいか、
この子はなかなか捕獲できないでいたそうです。
若犬らしくとても活発です。
大好きな散歩時はテンションが上がり、
落ち着きがなくなるそうですが、普段は落ち着いているそうです。
男性よりも女性の方が懐きやすいそうです。
もう1頭の推定5歳位のオスは、昨年12月28日、
西春別西和地区で保護されました。
首輪の装着はありませんでしたが、マテやオスワリも理解していることから、
飼い犬だったと思われます。性格は、マイペースでのんびり屋さんです。
食欲も旺盛で散歩も好きなようです。
ただ、他犬を見た時や何か気分が乗らない時など要求吠えをするそうです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

別海町役場町民課 町民生活担当 TEL:0153-75-2111  
https://betsukai.jp/oshirase/2421/





1.27kusiro.jpg


釧路総合振興局には、9頭の猫が出会いを待っていますが、
うち1頭は1月31日(金)が最終期限、1つが後足麻痺の猫です。
◆成猫のキジ白はオス、元々は9月に釧路市文苑で保護され、
譲渡後に飼育放棄された切ない過去があります。
それでもめげない明るい性格で、とにかく人が大好き。
お腹空かしのかまってちゃんで、よく鳴く子ですが
撫でたり抱っこしてもらうと大人しくなります。
たいていの猫は平気ですが、オス猫同士だと
微妙な力関係があるようで苦手な相手もいます。
こんな風体で実は弱く、戦いを挑むようなことはありません。
猫エイズと猫白血病、両方に感染していました。
今のところ、いたって元気でよく食べよくしゃべり、無症状です。
先住猫もダブルキャリアという巡り合わせや
1頭で飼うから気にしないという方からのご連絡をお待ちしています。
最終期限は1月31日(金)です!
◆身体の大きな黒のオスは、12月23日、釧路市春採で保護されました。
付近を彷徨っていたようで、最初は赤い首輪をしていたそうです。
固まったままほとんど動きません。攻撃性は全くなく、
爪切りにも微動だにしません。◆もう1頭の黒猫は、高齢の飼い主入院により、
1月6日飼育放棄された活発な子のようです。
◆キジ長毛のオスは、非常におとなしく撫でることも可能ですが、
少々元気がないようです。最初は鼻がグスグス、
目ヤニや口内炎がひどくじっとしていましたが、
かなり良くなり食欲も動きも出てきました。
まだ口は痛そうで、水をよく飲みます。
まずは検査や治療が必要な状態ですが、それほど高齢には見えません。
◆キジトラのオスは、収容時はかなり暴れていましたが、
仲間と一緒だと落ち着くようです。
◆灰白のメスは、1月6日、釧路市芦野で保護されました。きれいなサバ白です。
トイレや餌の交換は難なくできますが、
人に怯えているようでカチカチに固まっています。
◆若いキジ白のメスは、1月6日、釧路市芦野で保護されました。
まだ1才未満と思われ、上記と親子のようです。
まだ人を怖がっているようですが、人馴れしてきました。
◆キジ白のオスは、仲間が保健所に来た後も捕まらず、最後に1月7日、収容されました。
一番警戒心が強くすぐに逃げてしまうのですが、
猫どうしで遊んだり、じゃらしを追っかけたり、担当者にはベタベタだそうです。
◆負傷した1歳の薄キジのメスは、12月19日、釧路市鳥取北で保護されました。
左後肢が麻痺しでしたが、日常生活が出来るほど回復しました!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

釧路総合振興局:0154-43-9155   
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm





1.30kitami.jpg

北見保健所には、飼い主が亡くなり
1月22日に収容された2頭の猫が出会いを待っています。
成猫のオスは、体格は大きく、
触られるのは少し嫌がりますが、怒ったりはしません。
尻尾が長く、舌がよく出ているのがチャームポイントです。
成猫 のメスは、やや高齢ですが、
人に慣れていて甘え上手です。体格は小さく尻尾は短いです。
猫じゃらしで遊ぶのが大好きです。
鼻水が少し出ていますので、暖かな家で過ごせたらと思います。
どちらも人懐こく落ち着いています。
3頭で放棄されましたが、オスもう1頭も近日飼い主募集になります。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

北見保健所: 0157-24-4171 
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kth/inunekojyouhou.htm#2





1.31EBETU.jpg

江別保健所では、16歳の白のメス猫が出会いを待っています。
この子は、10月29日、高齢の飼い主に放棄されました。
子猫から飼育していましたが、社会性が身についていないのか、
神経質なところもあり、目下の悩みは爪切りが出来ず、
物に爪が引っ掛かり、ちょっとしたパニックになるそうです。
高齢ですが、高いところに登ったり、食欲もあり元気です。
白の被毛が美しいオッドアイの美人の猫さんです。
同じ空間にいて見守ってくださる、
最後まで愛情を持って飼育して頂ける方をお待ちしております。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報のシェア、拡散のご協力もどうぞよろしくお願いします!

江別保健所:011-382-3054
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/se/ke/200121ecat-uzura-special3.pdf

保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。
☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html

posted by しっぽの会 at 20:40 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

1月23日(木)の札幌市動物管理センター福移支所は

本日、1月23日(木)の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬7頭、成猫41頭、子猫2頭が収容されていました。

猫は先週より頭数が多くなっていますが、
更なる多頭飼育が予定されています。

多頭飼育の問題は、
全国の都道府県等の動物愛護管理部局に共通する課題であることから、
環境省では、社会福祉分野と連携した対応に関する
ガイドラインの作成等に向け、
専門的な見地から検討を行っています。

特別な事情が無い限りは、不妊手術は、適正飼育の基本ですが、
多頭飼育に陥る人のもとに未不妊の動物がいれば、
倍々ゲームのように、
あっと言う間にもの凄い頭数に膨れ上がってしまいます。

早期発見、早期の対策が重要ですが、
動物行政や社会福祉等、分野を超えた横断的な対策が必要と思います。




<迷子犬>

79.jpg

迷子収容犬79、1月14日、 豊平区中の島1条5丁目で保護された白のオスの柴犬。

すでに10日余り経過しているのに迎えに来ない飼い主・・・。

何のために飼ったのでしょうか。家族ではなかったのでしょうか。

迷子期限日は1月23日、今日で終わりました。

人懐こそうな子でした。






<迷子からの飼い主募集犬>

77reon.jpg

収容犬77、愛称レオンは、推定3歳のオスです。

1月6日、東区東雁来9条2丁目で迷子で保護されましたが、
とうとう飼い主は迎えに来ませんでした。

人に慣れた明るい性格の子です。
人なれした明るい犬です。





収容犬78、キャリーバックに入れられ遺棄された
ミニチュアダックスは譲渡になりました。(1月21日)






<放棄からの飼い主募集犬>

センターHPより

多頭飼育からの放棄

望まない繁殖により、頭数が増え、
飼育環境が著しく不衛生な状態となっていたものを
センターで収容しました。

この他にも収容予定の犬がいるため、譲渡を進めながら収容を続ける予定です。

環境の変化に戸惑っているため、
活発な様子は見られませんが、人慣れしているおとなしい個体が多いです。

室内で飼育されていたため、外の環境には慣れていないことが予想されます。
親や兄弟犬に、遺伝性疾患を持つ個体が確認されています。

今後も引き続き収容を予定しています。



012101.jpg

収容犬012101、推定7歳のオスは、
この一連の多頭飼育犬の父親?かも知れません。

これまでに放棄された犬に比べ、体格は良く、
性格は、今のところ、おとなしいそうです。

今日もじっと座っていましたが、前方にも移動するので、
緊張はあまりしていない様子です。





012102.jpg

収容犬012102、推定2歳のオスは、警戒しています。

生まれてから家から出たこともなかったのではないでしょうか。

身体は小さく、スッキリとした顔立ちです。






<即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)>

センターHPより
咬傷歴があるなどの理由により、
飼養に際し著しい危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡はできません。
譲渡を希望される場合は、複数回の見学と入念な
検討を重ねていただくとともに、
面談において家族構成や飼養環境、飼育歴など、より詳細に確認いたします。



69bobu.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

スイッチが入ると周りのことが目に入らなく、
止められなくなり、これまで複数回の咬傷事故を起こしています。

お世話をしてくださる職員さんのコマンドを良く聞きますので、
良い時には凄く良く、ギャップがあります。

気難しく感情が読めない時もあり、犬の飼育上級者向けですが、
ブルの性格や個性を受け入れ、
愛情をかけてくださる方がおられたら、
ぜひセンターに足を運び何度も通われて、
信頼関係を作っていただけると幸いです。





100101maro.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

賢いマロは、神経質で気難しいところがありますが、
この人と信じた人には忠実な気質で、一途な子です。

一番長期収容のマロですが、家庭犬になれますように。





052701sun.jpg

収容犬052701、愛称サンは飼い主に放棄された8歳の
オスのラブラドールレトリバーです。

飼い主が亡くなったため、放棄されましたが、
飼い主以外の人に対しては、過去に強く咬むことがありました。

最近の表情は優しく穏やかですので、
気持ちが落ち着いているのが感じ取れます。

お世話している方のコマンドは聞いていますので、
人とのコミュニケーションが取れ、信頼関係を築ける子です。






<迷子猫>

迷子猫はいませんでした。






<迷子からの飼い主募集猫>

28kogemaru.jpg

収容猫F28、愛称こげ丸は、推定10歳 の去勢オスです。

収容時は警戒していましたが、最近は触らせてくれようになりました。

食いしん坊です。





34mama.jpg

収容猫F34、愛称ママは推定4歳の避妊メスです。

まだ慣れていませんが、眠そうな顔をして、表情が優しくなりました。





42jyakku.jpg

収容猫F42、愛称ジャックは推定2歳のキジトラの去勢オスです 。

収容時はよく隠れていましたが、
最近は余裕も出てきたようです。

触れてだっこも出来きるようになりました。





49popi-.jpg

収容猫F49、愛称ポピーは推定8歳の去勢オスです。

あまり慣れていません。





62meme.jpg

収容猫F62、愛称めめは推定4歳の黒茶の避妊メスです。

攻撃性はありませんが、
慣れるにはもう少し時間がかかりそうです。





63bibi.jpg

収容猫F63、愛称びびは推定5歳の黒の去勢オスです。

かなり警戒していて、シャーと威嚇します。





73beni.jpg

収容猫F73、愛称べにちゃんは、推定2歳の黒灰のメスです。

まだ人に慣れておらず、すばしっこく逃げ回ります。





74taketyan.jpg

収容猫F74、愛称タケちゃんは、推定3歳のオスです。

ぐっすり眠っていました。

また人に対して攻撃もしてくるので、これから人慣れが必要です。






F76〜F80、親子で収容されました。

慣れない環境に警戒しています。
母猫は推定5歳位で、推定1歳位までの親子猫たちです。



78pinku76guri-n.jpg

F78、愛称ピンクはキジトラの推定1歳のメスです。


F76、愛称グリーンは黒の推定1歳のメスです。

2頭でくっついていました。



F79 避妊メス 推定5歳 愛称:レッド


F80 去勢オス 推定1歳 愛称:ブルー




収容猫F83は譲渡されました(1月22日)





84.jpg

収容猫F84、推定6歳のキジトラのメスは、
慣れていて身体も小さくかわいらしい子です。





<放棄からの飼い主募集>

022202sakura.jpg

収容猫F022002、愛称サクラは推定10歳の去勢オスです。

飼い主病気のため放棄されました。

近寄ってきて、咬みついて来る勝気な子ですが、
甘える仕草もしてかわいくなりました。

上手に付き合ってくださるご理解ある方との出会いがありますように。





062801sigeru.jpg

収容猫F062801、愛称シゲルは、推定8歳の黒の去勢オスで、
飼い主の病気のため下記のワタルと一緒に放棄されました。

ワタルと兄弟?でしょうか。
いつも一緒で仲良しです。

同じ家族になれたら嬉しいと思います。





062802wataru.jpg

収容猫F062802、愛称ワタルは、推定8歳の黒茶の去勢オス です。

触らせてくれます。





080901kou.jpg

F080901、愛称、幸ちゃんは、推定5歳の去勢オスです。

大人しい子で落ち着いています。

人慣れした子で、いつもケージ前に来て、甘えた声で鳴きます。

ただ気分にムラがあり気難しいところがあるそうです。





100901myu-.jpg

収容猫F100901、愛称ミューは15歳のシャムの去勢オスです。

飼い主の病気のため、放棄されました。

高齢ですので、1日も早く新しい家族になれますように・・・。





121901jiji.jpg

収容猫F121901、愛称ジジは推定7歳の去勢オスです。

まだ緊張している様子ですが、おっとりした性格のようです。





121902meron.jpg

収容猫F121902、愛称メロンは推定7歳のキジ白の避妊メスです。

上記の、 F121901とは兄弟のようです。

おとなしい性格ですが、知らない人に触られるのは少し苦手です。





011502.jpg

収容猫F011502、推定6歳の黒茶のエキゾチック系のメスは、
著しい衰弱状態にありましたが、回復してきました。

体重も保護時の倍くらいになったそうです!





多頭放棄(1)

センターHPより

飼い主が経済的困窮の中、多頭飼育状態となり、
周辺の生活環境まで不衛生な状態となっていたものを、
動物管理センターで収容しました。

少し怖がりですが、人なれしている猫もいます。



061207sita.jpg

F061207、愛称したちゃんは、推定10歳の避妊メスです。

常に舌が出ている大人しい子です。

以前と比べると体調が良さそうに見えました。





061302mo-ri-.jpg

F061302、愛称モーリーは、推定5歳の去勢オスです。

モーリーとしたちゃんは仲良しです。

かわいい子ですが、なぜかまだ出会いがありません。





多頭放棄(2)

センターHPより

望まない繁殖により多頭飼育状態となっていたなか、
飼い主の経済的な破綻により、
飼育継続できなくなってしまったものを
動物管理センターで収容しました。


062502tabi-.jpg

F062502、愛称タビーは、推定5歳のキジトラ白の去勢オスです。

静かな子のようで落ち着いています。





062510paseri.jpg

F062510、愛称パセリは、推定5歳の去勢オスです。

タビ―と同じケージに入って、仲が良いようです。





多頭放棄(3)

センターHPより

自身で管理しきれない多くの頭数を飼育している中、
飼い主の経済的困窮により放棄されました。
少しケガをしている猫もいますが、人慣れしたかわいらしい性格です。


F122309(ダイヤ)は譲渡されました(1月21日)



122307marin.jpg 

F122311、愛称マリンは、推定3歳の去勢オスです。






多頭放棄(4)

センターHPより

経済的困窮の中、避妊・去勢手術を怠り、
多頭飼育状態となっていたものをセンターで収容しました。
高齢で、ケアの必要な猫が多そうです。



010801syouga.jpg

F010801 去勢オス 推定10歳 愛称:しょうが





F011001 メス 推定10歳 愛称:わさび





011002karasi (2).jpg

F011002 去勢オス 推定10歳 愛称:からし





011103myouga.jpg

F011003 去勢オス 推定10歳 愛称:みょうが





011004negi.jpg

F011004 去勢オス 推定10歳 愛称:ねぎ





011005momiji.jpg

F011005 去勢オス 推定10歳 愛称:もみじ





011503itimi.jpg

F011503 去勢オス 推定10歳 愛称:いちみ





011504sitimi.jpg

F011504 メス 推定10歳 愛称:しちみ





011506kosyou.jpg

F011506 去勢オス 推定10歳 愛称:こしょう





011507nanban.jpg

F011507 去勢オス 推定10歳 愛称:なんばん






012201goma.jpg

F012201 メス 推定10歳 愛称: ごま





012202sannsyou.jpg

F012202 メス 推定10歳 愛称: さんしょう





F012203 メス 推定10歳 愛称: うこん


※ 今後9頭ほど収容が予定されています。





**************************

北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。




1.16nakasibetu.jpg

中標津保健所の灰トラの推定2歳のメスは、
1月7日に迷子で収容されましたが、
飼い主の迎えはありませんでし少々臆病な所はありますが、
人慣れしていて抱っこできます。
痩せていますが食欲があり、ドライ・ウェットどちらも食べます。
グレーのきれいな毛色と整った顔立ちの美人猫です。
ロシアンブルーの血が入っているかもしれません。
2.5sと小さめです。乳房に傷があり、周りが固くなっていますが、
原因は分かりませんので、
病院で診察していただくようお願いいたします。
また灰白トラの9歳7か月オスは、
昨年12月16日に飼い主に放棄されました。
7.2sある丸々と大きな猫です。ワクチン接種、去勢手術されています。
ちゃんと室内飼いされていました。
初めての人でも抱っこさせてくれます。
新しい環境にも早くに慣れて、大きな体で甘えてきます。
どちらも募集期限は1月20日(月)です!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

中標津保健所: 0153-72-2168
http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/nth/kainusibosyu.htm




1.20kusiro.jpg

釧路総合振興局には、9頭の猫が出会いを待っていますが、
うち1頭は1月31日(金)が最終期限、もう1頭は後足麻痺の猫です。
成猫のキジ白はオス、11月7日に飼育放棄で収容されました。
オスらしい愛嬌のある顔で、ダイエットの結果4.5sになりました。
人間大好き、スリスリゴロゴロ抱っこも大好き、
何をされてもされるままのいい子です。最終期限は1月31日(金)です!
身体の大きな黒のオスは、12月23日、釧路市春採で保護されました。
付近を彷徨っていたようで、最初は赤い首輪をしていたそうです。
固まったままほとんど動きません。攻撃性は全くなく、
爪切りにも微動だにしません。もう1頭の黒猫は、
高齢の飼い主入院により、1月6日飼育放棄され、
人がいなくなるとトイレをひっくり返したり、
新聞を破いたりと暴れているようです。
大きいケージで様子を見ていますが、攻撃性はなく、
革手袋でですが触ることも抱っこすることもできます。
キジ長毛のオスは、仲間と高齢の飼い主入院により、
1月6日飼育放棄で収容されました。非常におとなしく
撫でることも可能ですが、少々元気がないようです。
鼻をグスグスしており、じっとしています。
目ヤニもたまっているようです。キジトラのオスは、
なかなか捕まらなかったようで、収容時はかなり暴れていました
。狭いケージが相当苦痛なようです。
灰白のメスは、1月6日、釧路市芦野で保護されました。
きれいなサバ白です。トイレや餌の交換は難なくできますが、
人に怯えているようでカチカチに固まっています。
若いキジ白のおメスは、1月6日、釧路市芦野で保護されました。
まだ1才未満と思われ、上記と親子のようです。
まだ人を怖がっているようですが、中では人馴れしています。
キジ白の推定6ヶ月のメスも高齢の飼い主入院により、
1月6日飼育放棄により引き取りました。
最後まで捕まらなかったという割には落ち着いて見えるそうです。
負傷した1歳の薄キジのメスは、12月19日、釧路市鳥取北で保護されました。
左後肢が麻痺し、立ち上がることができませんが、
前肢を使って機敏に移動します。今のところ全く人馴れしていませんが、
わざわざ攻撃してくることはありません。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

釧路総合振興局:0154-43-9155   
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm





1.21souya.jpg

稚内保健所では、推定3歳位のオス猫3頭と
メス猫1頭が出会いを待っています。
ロシアンブルー風の子とアメショー系の子は
同じ飼い主による放棄です。
推定3歳のロシアンブルー風の子は、
人が大好きでスリスリ甘えん坊です。また大変賢い子です。
推定3歳のアメショー系のオスは、
控えめな甘えん坊さんです。
人の話を理解するかなり賢い子だそうで、
聞き訳が良く大変飼育しやすい子のようです。
小さなお子さまのいらっしゃるご家庭でも
安心して飼育出来るこのようです。
推定3歳の白黒のオスは、
穏やかな性格の子でズッシリしています。
ハチワレがきれいな子です。
自分から甘えてくるわけではありませんが、
穏やかに寄り添ってくれるタイプです。
また、推定3歳のメスのキジトラは斜頸ですが、
もともと生まれた時からのようで、
高いところにも登りますし、日常生活も普通に送っています。
大人しく人が好きで大変性格の良い子です。
現在、風邪で目ヤニと鼻水が出ているので治療しています。
皆、収容期限は1月24日(金)です。
皆、性格も良く懐こい子たちです。
今年は暖冬で道路状態も走りやすく、稚内も雪が積もってないようです。
猫のお迎え入れの予定のある方は、ぜひご検討いただけたら幸いです!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!


宗谷総合振興局 0162-33-2922
http://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/bosyuu.htm





1.22bekkai.jpg

別海町役場には、ミックス犬2頭が出会いを待っています。
推定1歳の黒のメスは、昨年12月17日、
別海町桜ヶ丘地区で保護されました。
昨年8月位からおそらく姉妹であろう2頭と行動していたそうで、
1頭は先に捕獲され譲渡されましたが、
その時の檻の閉まる音に驚いたせいか、
この子はなかなか捕獲できないでいたそうです。
若犬らしくとても活発です。
大好きな散歩時はテンションが上がり、
落ち着きがなくなるそうですが、普段は落ち着いているそうです。
男性よりも女性の方が懐きやすいそうです。
もう1頭の推定5歳位のオスは、昨年12月28日、
西春別西和地区で保護されました。
首輪の装着はありませんでしたが、マテやオスワリも理解していることから、
飼い犬だったと思われます。性格は、マイペースでのんびり屋さんです。
食欲も旺盛で散歩も好きなようです。
ただ、他犬を見た時や何か気分が乗らない時など要求吠えをするそうです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

別海町役場町民課 町民生活担当 TEL:0153-75-2111  
https://betsukai.jp/oshirase/2421/


保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html

posted by しっぽの会 at 21:26 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

1月16日(木)の札幌市動物管理センター福移支所は

1月16日(木)の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬6頭、成猫38頭、子猫2頭が収容されていました。

カニンヘンのようなミニチュアダックスは、
猫と一緒のキャリーバッグに入れられ捨てられていました。

また多頭飼育崩壊で23頭の猫のうち8頭が収容され、
猫からは糞尿のような悪臭が漂っていました。

物言えぬ動物たちですが、状況を見ただけで、
動物たちの苦しみを感じました・・・。



<迷子犬>

77.jpg

迷子収容犬77、1月6日、東区東雁来9条2丁目で保護されたオスのミックス犬。

明るい人懐こい子のようです。

今日が迷子期限の最終日でしたが、とうとう飼い主は迎えに来ませんでした。





78.jpg

迷子収容犬78、1月9日、豊平区豊平6条3丁目で保護されたメスの ミニチュアダックス 。





78kage.jpg
<写真はセンターHPより>

布製のケージの中に、収容猫F81と一緒に入れられていました。


犬猫などの愛護動物の遺棄は犯罪です!
動物愛護管理法により、100万円以下の罰金に処されます!

1月21日(火) 以降、飼い主募集になります。





79.jpg

迷子収容犬79、1月14日、 豊平区中の島1条5丁目で保護された白の柴犬。

迷子期限日は1月23日(木)です。





<即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)>

センターHPより
咬傷歴があるなどの理由により、
飼養に際し著しい危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡はできません。
譲渡を希望される場合は、複数回の見学と入念な
検討を重ねていただくとともに、
面談において家族構成や飼養環境、飼育歴など、より詳細に確認いたします。



69.3 (2).jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

スイッチが入ると周りのことが目に入らなく、
止められなくなり、これまで複数回の咬傷事故を起こしています。





69.jpg

お世話をしてくださる職員さんのコマンドを良く聞きます。

オスワリでピタッと座りました!





69.2.jpg

続けてフセにさっと伏せをしました!

なかなか従順です。




69.3.jpg

オヤツも貰ってご機嫌なブルでした。

難しい気質ですが、ブルの性格や行動を理解してくださる、
大型犬や咬傷犬の扱いに慣れた方との出会いを待っています。

スイッチが入らなければ良い子ですが、
この子の個性や特性を理解してくださる方との出会いがありますように。





100101.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

賢いマロは、神経質で気難しいところがありますが、
この人と信じた人には忠実な気質で、一途な子です。

一番長期収容のマロですが、家庭犬になれますように。








052701.jpg

収容犬052701、愛称サンは飼い主に放棄された8歳の
オスのラブラドールレトリバーです。

飼い主が亡くなったため、放棄されましたが、
飼い主以外の人に対しては、過去に強く咬むことがありました。

最近の表情は優しく穏やかですので、
気持ちが落ち着いているのが感じ取れます。

お世話している方のコマンドは聞いていますので、
人とのコミュニケーションが取れ、信頼関係を築ける子です。





<迷子猫>

83.jpg

迷子収容猫F83、1月14日、白石区東札幌2条4丁目で保護されたメスの黒猫。

迷子期限日は、1月20日(月)です。






<迷子からの飼い主募集猫>

28.jpg

収容猫F28、愛称こげ丸は、推定10歳 の去勢オスです。

収容時は警戒していましたが、最近は触らせてくれようになりました。

食いしん坊です。





34.jpg

収容猫F34、愛称ママは推定4歳の避妊メスです。

まだ慣れていませんが、表情が優しくなりました。





42.jpg

収容猫F42、愛称ジャックは推定2歳のキジトラの去勢オスです 。

収容時はよく隠れていましたが、
最近は余裕も出てきたようです。

触れてだっこも出来るほどになったそうです。





49.jpg

収容猫F49、愛称ポピーは推定8歳の去勢オスです。

変らず過ごしていました。

あまり慣れていません。





62.jpg

収容猫F62、愛称めめは推定4歳の黒茶の避妊メスです。

攻撃性はありませんが、目を丸くして警戒しています。

慣れるにはもう少し時間がかかりそうです。





63.jpg

収容猫F63、愛称びびは推定5歳の黒の去勢オスです。

かなり警戒していて、まだ慣れていません。





収容猫F69は譲渡されました(1月14日)





73beni.jpg

収容猫F73、愛称べにちゃんは、推定2歳の黒灰のメスです。

まだ人に慣れておらず、すばしっこく逃げ回ります。





74.jpg

収容猫F74、愛称タケちゃんは、推定3歳のオスです。

ぐっすり眠っていました。

鼻に怪我があり、出血していました。

また人に対して攻撃もしてくるので、これから人慣れが必要です。





81.jpg


収容猫F81、愛称大雪は、推定4歳の灰茶の去勢オスです。

上記のミニチュアダックスとと一緒にキャリーケージに
入れられていたところを保護されました。

大柄な猫で、人慣れしています。

アライグマのようなしっぽがチャームポイントだそうです。

犬猫などの愛護動物の遺棄は犯罪です!
動物愛護管理法により、100万円以下の罰金に処されます!





IMG_7821.jpg


IMG_7822.jpg


IMG_7829.jpg


77mesu.jpg

F76〜F80、親子で収容されました。

慣れない環境に警戒しています。母猫は推定5歳位で、推定1歳位までの親子猫たちです。






<放棄からの飼い主募集>

収容猫F082005-H30、愛称パンは、
一昨年の8月から収容されていた推定3歳の黒白の去勢オスでした。

札幌市西区のビニールハウスで、多数頭で餌を貰い生き延びていましたが、
餌やりが問題になり、複数頭でセンターに収容された猫で、
他の子は譲渡になりましたが、最後の1頭となって長期に亘っていました。

センターで一番の古株でしたが、1月14日に譲渡になりました!






022202.jpg

収容猫F022002、愛称サクラは推定10歳の去勢オスです。

飼い主病気のため放棄されました。

近寄ってきて、咬みついて来る勝気な子ですが、
甘える仕草もしてかわいくなりました。

上手に付き合ってくださるご理解ある方との出会いがありますように。





062801.jpg

収容猫F062801、愛称シゲルは、推定8歳の黒の去勢オスで、
飼い主の病気のため下記のワタルと一緒に放棄されました。

ワタルと兄弟?でしょうか。
いつも一緒で仲良しです。

同じ家族になれたら嬉しいと思います。





062802.jpg

収容猫F062802、愛称ワタルは、推定8歳の黒茶の去勢オス です。

触らせてくれます。





100901.jpg

収容猫F100901、愛称ミューは15歳のシャムの去勢オスです。

飼い主の病気のため、放棄されました。

高齢ですので1日も早く新しい家族になれますように・・・。





121901jiji.jpg

収容猫F121901、愛称ジジは推定7歳の去勢オスです。

まだ緊張している様子ですが、おっとりした性格のようです。





121902.2.jpg

収容猫F121902、愛称メロンは推定7歳のキジ白の避妊メスです。

上記の、 F121901とは兄弟のようです。

おとなしい性格ですが、知らない人に触られるのは少し苦手です。






不衛生問題による放棄(1)

センターHPより

飼い主のいない猫に餌やりをしていた方が、
猫の適切な飼育管理が出来ておらず、
周辺地域の不衛生問題となっていたものをセンターで収容しました。

収容時、いずれの個体も悪臭を放っており、
不衛生な飼育環境であったことがうかがえます。

また、餌やり行為に慣れているためか、
おやつなどの小さなビニール袋などもって近づくと、積極的に手をのばしてきます。




080901.jpg

F080901、愛称、幸ちゃんは、推定5歳の去勢オスです。

大人しい子で落ち着いています。

人慣れした子で、ケージ前に来て、甘えた声で鳴きます。

ただ気分にムラがあり気難しいところがあるそうです。





多頭放棄(1)

センターHPより

飼い主が経済的困窮の中、多頭飼育状態となり、
周辺の生活環境まで不衛生な状態となっていたものを、
動物管理センターで収容しました。

少し怖がりですが、人なれしている猫もいます。



061207sita.jpg

F061207、愛称したちゃんは、推定10歳の避妊メスです。

常に舌が出ている大人しい子です。

以前と比べると体調が良さそうに見えました。





061302mo-ri-.jpg

F061302、愛称モーリーは、推定5歳の去勢オスです。

モーリーとしたちゃんは仲良しです。

かわいい子ですが、なぜかまだ出会いがありません。





多頭放棄A

センターHPより

望まない繁殖により多頭飼育状態となっていたなか、
飼い主の経済的な破綻により、
飼育継続できなくなってしまったものを
動物管理センターで収容しました。


062502tabi-.jpg

F062502、愛称タビーは、推定5歳のキジトラ白の去勢オスです。

静かな子のようで落ち着いています。





062510paseri.jpg

F062510、愛称パセリは、推定5歳の去勢オスです。

タビ―と同じケージに入って、仲が良いようです。






頭放棄(4)

センターHPより

自身で管理しきれない多くの頭数を飼育している中、
飼い主の経済的困窮により放棄されました。

少しケガをしている猫もいますが、
人間に慣れているかわいらしい性格です。


F122308は譲渡されました(1月14日)






120309daiya.jpg

F122309 去勢オス 推定2歳 愛称:ダイヤ






122311marin.jpg

F122311 去勢オス 推定3歳 愛称:マリン






F122314は譲渡されました(1月14日)







多頭放棄(5)

センターHPより
経済的困窮の中、避妊・去勢手術を怠り、
多頭飼育状態となっていたものをセンターで収容しました。
高齢で、ケアの必要な猫が多そうです。






IMG_7810.jpg

IMG_7807.jpg

IMG_7809.jpg

IMG_7813.jpg

IMG_7806.jpg

IMG_7811.jpg


推定10歳の去勢オスとメスたちです。

身体から悪臭を放っていました。相当劣悪な環境下だったのではないでしょうか。


※ 今後15頭ほど収容を予定しています。






**************************

北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。



1.10souya.jpg

稚内保健所では、推定3歳位のオス猫3頭と
メス猫1頭が出会いを待っています。
ロシアンブルー風の子は人が大好きでスリスリします。
白黒のオスは、穏やかな子でズッシリしています。
アメショー系のオスは控えめな甘えん坊さんです。
メスのキジトラは斜頸ですが、大人しく人が好きな、性格の良い子です。
受け入れ先はバラバラですが、皆同じくらいの年齢で、
性格も良く懐こい子たちです。
収容期限は1月24日(金)です。
お近くで猫のお迎え入れの予定のある方は、ご検討いただけたら幸いです!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

宗谷総合振興局 0162-33-2922
http://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/bosyuu.htm





01.14kuttyan.jpg

倶知安保健所では2頭の猫が出会いを待っています。
クリーム色のメスは、共和町内で衰弱しているところを
保護されましたが、猫風邪にかかり、
ガリガリの状態で搬入されました。小柄で目の色は青色です。
一時は鼻炎や結膜炎もほぼ良くなったのですが、
ここ数日の冷え込みが厳しく、一時は持ち直した体調に
悪化の兆しがみられるそうです。
とにかく人懐こく、フラフラしながらも
職員の方の後をついて回っているそうです。
暖かいお家で、十分な治療と栄養を与えてくださる方へ、
なるべく早くお渡ししたいとのことです。
また、この子より先に風邪で衰弱し保護された
キジトラ(雄 年齢不明)は、倶知安町山田のひらふ交差点付近で、
痩せて衰弱しているところを保護されました。
鼻炎も患っていましたが、ほぼ回復したそうです。
餌やおやつには寄ってくるものの、手を出すとパンチが飛んでくるため、
まだ誰も触れていないそうです。シャーの頻度は減ってきましたが、
保健所の環境ではそれ以上仲良くなるのが難しく、
保管期間も長くなってきたため、時間をかけて馴化をしてくださる
ボランティアの方か迎え入れてくださる方を募集しています。
どちらの子もハンデがあり、冬場で遠方のため、
問い合わせも全くない状態だそうです。
お近くの方、直接保健所にお迎えに行ける方は、
どうかこの2頭に目を向けていただけたら幸いです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

後志総合振興局:0136-23-1354
http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.htm






1.15kusiro.jpg

釧路総合振興局には、9頭の猫が出会いを待っていますが、
うち1頭は1月31日(金)が最終期限、もう1頭は後足麻痺の猫です。
成猫のキジ白はオス、11月7日に飼育放棄で収容されました。
オスらしい愛嬌のある顔で、ダイエットの結果4.5sになりました。
人間大好き、スリスリゴロゴロ抱っこも大好き、
何をされてもされるままのいい子です。最終期限は1月31日(金)です!
身体の大きな黒のオスは、12月23日、釧路市春採で保護されました。
付近を彷徨っていたようで、最初は赤い首輪をしていたそうです。
固まったままほとんど動きません。攻撃性は全くなく、
爪切りにも微動だにしません。もう1頭の黒猫は、
高齢の飼い主入院により、1月6日飼育放棄され、
人がいなくなるとトイレをひっくり返したり、
新聞を破いたりと暴れているようです。
大きいケージで様子を見ていますが、攻撃性はなく、
革手袋でですが触ることも抱っこすることもできます。
キジ長毛のオスは、仲間と高齢の飼い主入院により、
1月6日飼育放棄で収容されました。非常におとなしく
撫でることも可能ですが、少々元気がないようです。
鼻をグスグスしており、じっとしています。
目ヤニもたまっているようです。キジトラのオスは、
なかなか捕まらなかったようで、収容時はかなり暴れていました
。狭いケージが相当苦痛なようです。
灰白のメスは、1月6日、釧路市芦野で保護されました。
きれいなサバ白です。トイレや餌の交換は難なくできますが、
人に怯えているようでカチカチに固まっています。
若いキジ白のおメスは、1月6日、釧路市芦野で保護されました。
まだ1才未満と思われ、上記と親子のようです。
まだ人を怖がっているようですが、中では人馴れしています。
キジ白の推定6ヶ月のメスも高齢の飼い主入院により、
1月6日飼育放棄により引き取りました。
最後まで捕まらなかったという割には落ち着いて見えるそうです。
負傷した1歳の薄キジのメスは、12月19日、釧路市鳥取北で保護されました。
左後肢が麻痺し、立ち上がることができませんが、
前肢を使って機敏に移動します。今のところ全く人馴れしていませんが、
わざわざ攻撃してくることはありません。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

釧路総合振興局:0154-43-9155   
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm






1.16nakasibetu.jpg

中標津保健所の灰トラの推定2歳のメスは、
1月7日に迷子で収容されましたが、
飼い主の迎えはありませんでし少々臆病な所はありますが、
人慣れしていて抱っこできます。
痩せていますが食欲があり、ドライ・ウェットどちらも食べます。
グレーのきれいな毛色と整った顔立ちの美人猫です。
ロシアンブルーの血が入っているかもしれません。
2.5sと小さめです。乳房に傷があり、周りが固くなっていますが、
原因は分かりませんので、
病院で診察していただくようお願いいたします。
また灰白トラの9歳7か月オスは、
昨年12月16日に飼い主に放棄されました。
7.2sある丸々と大きな猫です。ワクチン接種、去勢手術されています。
ちゃんと室内飼いされていました。
初めての人でも抱っこさせてくれます。
新しい環境にも早くに慣れて、大きな体で甘えてきます。
どちらも募集期限は1月20日(月)です!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

中標津保健所: 0153-72-2168
http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/nth/kainusibosyu.htm

保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。
☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html

posted by しっぽの会 at 20:31 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする