2023年12月29日

札幌市内で発生した多頭飼育崩壊事案に対する協働プロジェクト

S__14581911_0.jpg
<12月19日の3回目の打ち合わせ会議>

札幌市内で発生した50頭以上と思われた多頭飼育崩壊事案。

この事案の打ち合わせ会議が、札幌市動物愛護管理センターあいまるさっぽろで行われました。

ここ数か月、センターには他の多頭飼育崩壊事案から引き取った猫など多数の猫が収容されており、この事案で想定されていた50頭以上の規模のセンターでの追加収容は難しい状況でした。

そのため、センターから、12月上旬には市民団体登録されている動物愛護4団体に、現地での捕獲作業なども含めた協力が打診されていました。

協働団体は、ツキネコ北海道さま、ニャン友ねっとわくーく北海道さま、ねこたまごさまとHOKKAIDOしっぽの会です。

この事案では、愛護団体と協働で解決に導いていこうとする札幌市動物愛護センター初の試みでした。



S__14581913_0.jpg
<2階の廊下に置いた餌に何頭も群がって来ました>

S__14581914_0.jpg
<階段は、糞だらけで登り降りも危険な状態でした>

当日は、これまでの経緯など全体で情報を共有した後、全員で現地に向かい現場確認をしました。

現地の一軒家では、不妊措置が行われていなかったことによって繁殖が進んでしまった猫たちが、おおよそ50頭以上がいるらしいとのことでした。

目視しただけでも20頭前後が確認できました。

また、家屋内には多くのゴミが放置されているほか、糞尿等の始末も不十分であったため、屋内外に強い臭気が発生している大変不衛生な状態でした。



S__14581916_0.jpg

S__14581912_0.jpg
<キジトラと黒の猫ばかりでした>

飼い主自身による事態の解決は困難な状況であることは明らかでした。

どうして、ここまでになってしまったのか…考えても理解できませんでした。

これ以上の繁殖による事態悪化を防ぐためには、センターでの動物引き取りによる解決が必要と判断されました。

そして、現地の状況をもとに、収容までの段取りなどについて再度の打ち合わせを行いました。



001s.jpg
<人がいても出てくる子は人慣れも早そうです>

協議の結果、捕獲作業やセンターが手配した臨時シェルターでの動物の飼育管理などに連携して取り組むことで合意しました。



S__14581917_0.jpg
<作業を見守る猫>

12月21日以降、猫たちの捕獲、臨時シェルターへの収容に着手することになりました。



S__14581922_0s.jpg

この間ですが、協働団体独自の活動として、建物内に残されている猫の世話や、建物内の汚物等の清掃にも協力をしました。



S__14581907_0.jpg
<捕獲作業にも尽力してくださったツキネコ北海道さま>

S__14581909_0.jpg
<センタートラックで臨時シェルターへ>

26日までに計31頭が捕獲され、順次臨時シェルターに収容されました。



002.jpg
<屋根裏もボロボロになっていて、猫たちは自由に往来していました>

約1週間に亘って捕獲した結果、当初の想定よりも頭数が少なかったため、臨時シェルターに収容していた猫たちをセンターに移し、今後譲渡に向けた取り組みが行われることになることになりました。



003s.jpg
<積極的にフードを食べにくる子は触れました>

幸い猫たちは、早めに人慣れしそうな猫たちですし、中には物怖じしないで触らせる子もいましたので、今度こそ大切な家族になれますように…。

こうした悲惨な状況を生み出す多頭飼育崩壊…これは単に動物の問題ではなく、関わっている周りの人々による早期の発見と対策、援助が必要なのだと思います。

人も動物も悲しい想いをしないような社会システムが出来れば良いと思います。



動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


posted by しっぽの会 at 09:35 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月24日

1/7(日) あいまるさっぽろ「第3回犬猫はじめて講習会」受講者受付中

FILE_000s.jpg

年明け1月7日(日)、札幌市動物愛護管理センターあいまるさっぽろで、「第3回犬猫はじめて講習会」の講座が開かれます。

事前の準備から基本的な飼い方、知っておくべきルールまで、わんちゃんねこちゃんと幸せに暮らすための知識をわかりやすく学べる講座となっています。

定員は40名です。

場所:札幌市中央区北22条西15丁目3-6
   札幌市動物愛護管理センターあいまるさっぽろ 2階多目的ホール

日時:2024年1月7日(日) 13:30〜14:30

講師を務めるのはセンターの職員さんです。

また、講習会後に収容動物と施設の見学が可能です。

参加ご希望の方は、こちらのページからお申し込みください。

また、2月3日(土)には、「犬・猫の飼い方ステップアップセミナー」も開催されます。

こちらは定員50名です。合わせてご覧ください🍀


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 10:26 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月19日

12月19日(火)の札幌市動物愛護管理センターあいまる さっぽろ

IMG_7375.jpg

12月19日(火)の札幌市動物愛護管理センターあいまる さっぽろは、犬1頭と成猫63頭(譲渡対象は53)が収容されていました。

夕方時点では、黒猫のナイトが譲渡になっていました!

一時期は100頭を超えていた猫の収容数。

今は減少傾向にありますが、あいまるさっぽろがマスコミ等で紹介され譲渡が進んでいる半面、放棄相談が寄せられることが増えてきているそうです。

何とも悩ましいことですが、中には緊急性がある案件もあり、多頭飼育放棄は後を絶ちません。



IMG_7409.jpg

玄関から入った左手には、猫の遊び場があります。

今日は、推定7歳の愛称なごんや愛称しきぶが、フリーな時間を楽しんでいました。



IMG_7402.jpg

面会や見学にいらっしゃる方も多く、利便性が良くなったことや、明るく開放的な館内などが人気な様子です。



ぽぷら2.jpg

お世話にスタッフの方が、空いている時間をみつけて、触れる猫をケージから出してあげています。



IMG_7390.jpg

今、お世話のスタッフさんイチオシなのが、昨年10月に収容された吉と平です。



吉.jpg

推定5歳の愛称 吉(きち)は、避妊メスです。

怖がりさんですが、お世話にスタッフさんは大分良くなりましたとのことです。



平.jpg

吉と一緒に放棄された愛称 平(ひら)は、推定5歳の避妊メスです。



heras.jpg

少しづづ慣れてきていて、じゃれたりするようになりました。

上あごの一部が欠損していますが、食事には支障がないようです。



れぶん.jpg

愛称れぶんは、推定2歳のオスです。

オレンジ色の眼が特徴で、人慣れしたかわいい子です。

撫でるとすり寄って来ます。



ハッピーイグ.jpg
<左ハッピー 右グレイ>

去勢済のハッピーもグレイもどちらも推定4歳のオスです。

人慣れはまだですが、猫同士は仲良しです。



アビシニアン.jpg

愛称アビは、10歳の避妊メスです。

とてもきれいで気品があります。

先週見た時より優しい顔になって来ました。

温かな迎え主さまを待っています。



IMG_7401.jpg

唯一の犬は、北海道犬の9歳のメスのまーちゃんです。

一時期モテ期だったまーちゃん。最近は、柵越しに側に来てくれるようになりました。

和犬や大型犬の飼育に慣れたご理解ある方の出会いを待っています。


他にも紹介しきれない程の猫がいます。

11月13日の新センター供用開始から1か月が経過しました。

今年も残す開庁日も少なくなりました。

猫のお迎え入れ予定のある方は、札幌市動物愛護管理センターあいまるさっぽろの猫たちにも目を向けていただけると幸いです。

愛護団体でもたくさんの猫が出会いを待っています。

どこかに運命の出会いがあるかもしれません。

良いマッチングで、生涯のパートナーが見つかると良いですね💡


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 22:55 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月11日

12月11日(月)の札幌市動物愛護管理センターあいまる さっぽろ

S__14426178_0.jpg

12月11日(月)の札幌市動物愛護管理センターあいまる さっぽろは、犬1頭と成猫79頭(譲渡対象は57)が収容されていました。

何と、夕方時点では、さわら、ジジ、めい、ラーメンが譲渡されていたのですが、その後きくえが決まり、本日は黒猫5頭が譲渡されました!



IMG_7367.jpg

そのうち「さわら」は、令和3年(2021年)7月から収容されていた6歳の去勢オスで、センターで一番の古株でした。

長期間に亘り収容してくださり、そして新しい飼い主さまにつないでいただいて、本当に感謝いたします。

センターのコメントでは、「彼の心を溶かし、慣れさせることが出来たら、免許皆伝、“猫慣らしマスター”の称号は間違いありません。」とのこと。

ゆっくり仲良くなっていただけたら嬉しいです。

本当にありがとうございました!



S__14426176_0.jpg

唯一の犬は、北海道犬の9歳のメスのまーちゃんです。

一時期モテ期だったまーちゃん。最近は、柵越しに側に来てくれるようになりました。

和犬や大型犬の飼育に慣れたご理解ある方の出会いを待っています。



IMG_7353.jpg

推定10歳のオスのハムくん。

とても懐こいようで声を出しながら側に寄って来ました。

食欲も旺盛だそうで大柄な子でした。



IMG_7361.jpg

愛称ニッカは推定3歳の去勢オスで、推定6歳のメスのラムと一緒に放棄されました。

そっくりでどっちがどっちか分かりませんが、どちらも美猫で懐こい子たちです。

一緒のお家に行けたら嬉しいでしょうね☺



IMG_7350.jpg

奥にいるのは、愛称だいご、推定5歳の黒こげ茶の去勢オスです。

寡黙な職人こと、いかつい顔には似合わず、小さい猫にも他の猫にも親切な子だそうです。

とても優しいんですね。


手前は、愛称ゆきち、推定4歳の黒のオスです。 

人に馴れていて、積極的にすり寄り、鳴いてアピールもする懐こい子です。



IMG_7371.jpg

愛称アビは、10歳の避妊メスです。

とてもきれいで気品があります。

センター収容から3週間ちょっと。環境が激変し、10歳のアビはいっぱいいっぱいなのだと思います。

温かな迎え主さまを待っています。



IMG_7364.jpg

左は愛称なごん、推定7歳のメスです。

人に馴れていてだっこも大丈夫な子です。

右は愛称しきぶで同じく7歳のメスです。

マイペースな子のようですので、互いに尊重しながら猫と暮らしたい方にはピッタリかも知れませんね。



IMG_7373.jpg

1週間前の猫の収容数は90頭でしたから、1週間で収容数は11頭少なくなりました。

他にも紹介しきれない程の猫がいます。

11月13日の新センター供用開始から1か月余りが経過し、今年も残す開庁日も少なくなりました。

猫のお迎え入れ予定のある方は、札幌市動物愛護管理センターあいまるさっぽろの猫たちにも目を向けていただけると幸いです。

愛護団体でもたくさんの猫が出会いを待っています。

どこかに運命の出会いがあるかもしれません。
良いマッチングで、生涯のパートナーが見つかると良いですね💡


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 23:03 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月04日

12/4 札幌市動物愛護管理センターあいまる さっぽろから猫6頭引き取りしました

IMG_7348.jpg

12月4日(月)の札幌市動物愛護管理センターあいまる さっぽろには、成猫、子猫合わせて90頭と北海道犬のまーちゃん1頭が収容されていました。

本日は、猫のワンタンが譲渡になったのと当会で成猫5頭と子猫1頭を引き取り83頭になりましたが、新たに茶白の成猫が放棄されました。

ですので、15時時点での猫の収容数は84頭となりました。

お天気も比較的暖かでしたし、市民やボランティアさん、マスコミ関係の方や、道外からの視察もあったようで、多くの方が施設を訪れていました。

また本日は、札幌市動物愛護センター新設に関する陳情が2016年2月に採択された時にお世話になった札幌市の元職員の方にも偶然お会いすることが出来ました。

こうして、新センターでお会いすることが出来たこと、とても感慨深い1日となりました。

新センターは、事務管理の八軒本所と犬猫収容の福移支所が一緒になったことで、業務も一元化され医療体制も整いました。

そして多くの方がご訪問くださり、動物を介しての交流があったり、動物愛護と福祉の普及啓発の推進がされていると思いました。

猫の譲渡も進んでいるのですが、何しろ収容数の分母が大きいためまだまだキャパオーバーです。

市センターには8つの犬舎がありますが、犬の収容は1頭ですので、空いている犬舎に猫ケージを入れて、収容限界の緊急事態に対応されています。



IMG_7343.jpg

本日は、成猫5頭を引取り予定で伺いましたが、体調の優れない子猫もいたので一緒に引取りしてきました。

当会が引き取りしたのは、まだHPにアップされていない体調不良の子たちです。



112203.jpg

収容猫1122-03、推定11歳のサビの避妊メスは、食欲もなく美味しいごはんを少量食べる程度で、衰弱しているため点滴を行って強制給餌していました。

サンと命名しました。

痩せて毛艶はなくパサパサの毛質で、健康になるには暫く時間がかかりそうです。

そのままかかりつけの病院に直行しましたが、脱水がひどくて歯肉炎あり化膿していたので、食べれてなかったのではと思います。


【追記】
健康診断 エイズ・白血病検査をしました。
猫エイズ・白血病ともに陰性でしたが、潜伏期間後に再検査を行います。

歯肉炎があり、右上の歯茎が化膿しています。

左目が結膜炎になっていて猫風邪もひいています。

脱水も酷いため皮下点滴を行い、今後も食べないようなら強制給餌することになり、昨日12月5日に入院し点滴を繋ぎましたが、ゴハンを食べ始めたのですぐ抜き食欲が出てきたので6日退院しました。

尿は取れなかったので後日ですが、抗生剤とステロイドの注射、飲み薬が処方されています。

尿は取れなかったので後日となり、その他の結果は後日となりました。

診察中もお利口で、病院のスタッフさんたちも良い子と仰ってくださいました。



112202.2.jpg

収容猫1122-02、推定6歳の茶白の避妊メスも、食欲はなく吐いていて元気もありません。

下記の1122-01と同じケージに入っていました。

シータと命名しました。

覇気がなく衰弱しているので引き取りしました。


【追記】
健康診断 エイズ・白血病検査をしました。
猫エイズ・白血病ともに陰性でしたが、潜伏期間後に再検査を行います。

風邪をひいているのと奥歯の歯石がひどいです。

結膜炎になっています。

風邪と吐き止めの注射をして風邪薬が処方されました。

食べないようなら続けて点滴をすることになりました。

血液検査は異常ありませんでした。



112201.jpg

収容猫1122-01、推定10歳のキジトラの去勢オスも元気がなく、食欲もありませんでした。

バロンと命名しました。

上記の3頭は同じ飼い主に放棄されましたが、家庭から慣れない施設の環境に変わり体と心がついていけないのだと思います。

健康に配慮して元気になれますようお世話していきたいと思います。


【追記】
健康診断 エイズ・白血病検査をしました。
猫エイズ・白血病ともに陰性でしたが、潜伏期間後に再検査を行います。

ごはんを食べず何度も吐いています。

歯が犬歯1本と前歯しかないのですが、6〜8歳ではとのことです。

歯肉炎の跡のようなものが両奥にポコッとあり、腫瘍の可能性もあるかもしれないので、大きくならないかチェックすることになりました。

お腹の触診や心臓に問題はありませんでした。

吐き気がひどいので、吐き止めの注射をしました。

キャリー内で尿しましたが、色がかなり黄色いので肝数値を検査したところ、相当悪いことが分かりました。

血液検査の結果は、腎臓の数値は高めで、嘔吐の症状もあるので6日入院し、点滴を繋いで様子見ることになりました。



112102.jpg

収容猫1121-02、推定8歳のキジ白のメスは、削痩し毛もパサパサで酷く汚れ臭いもしていました。

テルーと命名しました。

不衛生な環境下で食餌も満足に与えられていなかったのではと推測しました。

ですが、人は大好きな様子でしたので、見た目と行動との違いがありました。

健康になれば新たな出会いも早いかも知れません。


【追記】
健康診断 エイズ・白血病検査をしました。
猫エイズ・白血病ともに陰性でしたが、潜伏期間後に再検査を行います。

推定5〜6歳のようです。

食べてはいますが、痩せていて体重2.28キロしかありませんでした。

目 鼻 歯はきれいでした。

毛がボサボサでフケがひどいので、毛を全刈りしたほうが良いとのことでした。

甲状腺の検査もしますが、毛繕いしないのは皮膚病の可能性もあるとのことです。

尿検査は問題ありませんでした。



112801.jpg

収容猫1128-01、推定6歳の茶白の去勢オスは、食欲もなく黄色い胃液のようなものを吐いていました。

ムタと命名しました。

かかりつけの病院に行き検査したところ、心雑音あり心臓が拡大してました。

歯肉炎もひどくて出血もしていました。食べられない原因ではないでしょうか。

また、右耳は耳血腫のようも耳がつぶれ、ぐちゅぐちゅして外耳炎になっているので治療が必要です。

痒みがあるのか耳を掻いて毛が剥げていました。


【追記】
健康診断 エイズ・白血病検査をしました。
猫エイズは陽性、白血病は陰性でしたが、潜伏期間後に再検査を行います。

右耳は耳血腫になった後と思われ、中がグチュグチュして化膿しているので点耳薬で治療、抗生剤とステロイドを注射しました。

歯肉炎になっていて出血もしていたので、状態をみて抜歯や歯石取りすることになりそうです。

心雑音あり、レントゲンで確認したところ心臓が拡大していて、おそらく先天的なものと思われます。

抗生剤とステロイドで食欲が出て、高い所の昇り降りできるようになれば、様子見となりますが、出来ないようなら心臓のエコーや飲み薬を始めます。

尿は取れなかったので後日となり、その他の結果は後日となりました。

ゴハンを食べず何度も黄色い液体を吐きます。

セレニアを飲ませても強制給餌も吐いてしまうので再診し吐き止め注射と点滴しました。



110801.jpg

収容猫1108-01、推定2か月の黒のメスの子猫は、嘔吐の症状がみられたため、パルボ疑いもあり、キッドで検査していただいたところ陰性でした。

マーニーと命名しました。

子猫は体力がないうえに、食欲もないとのことでしたので、更に衰弱する可能性もあるため引き取りしました。



IMG_7345.jpg

行き場のない猫を減らすために、そもそもの蛇口を締めることは大切です。

それには不妊手術の徹底と完全室内飼いをし、猫が十分に運動できるように工夫をされ、大切に愛育していただきたいです。

猫をお迎え入れ予定のある方は是非、札幌市動物愛護管理センターあいまるさっぽろの猫たちや、愛護団体にいる猫たちにも目を向けていただけると幸いです。


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 17:07 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする