2018年09月19日

9月19日の札幌市動物管理センター福移支所は

今日9月19日(水)の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬9頭、成猫21頭、子猫5頭が収容されていました。

収容猫61の下半身不随の迷子猫は、早期の治療が必要なため、
当会でお預かりして動物病院にかけていましたが、
本日で迷子期限が終了したため、当会で引取りすることとなりました。

また迷子だったミニチュアダックスは、
本日飼い主さんのお迎えがありましたので、収容犬は7頭となりました。




<迷子犬>

64 (2).jpg

収容犬64、9月8日、東区東苗穂5条1丁目で保護されたオスのシーズー?。

赤色の布製の首輪を付けていました。

人懐こく子で、構って欲しくて人を待っているようなかわいい子でした。
 
迷子収容期限は今日9月19日まででした。




収容犬63,67の2頭のミニチュアダックスは、本日飼い主さんのお迎えがありました。

もう二度と迷子になりませんよう、させませんように・・・。





<迷子からの飼い主募集犬>

69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルちゃんは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

これまでに、何度か人を咬んだことがあり、要注意犬になっています。

ご理解あるブルドッグ系の飼育になれた方との出会いを待っています。




60.jpg

収容犬60、推定10歳のオスのミニチュアダックス。

人懐こく大人しい子で、目がウルウルしています。

食欲はありますが、歯石がたくさんついているそうですので、歯のお手入れも必要です。

精巣が片方しか降りていないとのことです。

温かな出会いを待っています。





<放棄からの飼い主募集犬>

060201 (2).jpg

収容犬060201-H29、通称まろは4歳のミックス犬の去勢オスです。

お散歩が大好きなまろ。

コマンドも聞くのですが、気難しいところがあります。

まろの良さを理解してくださる方との出会いがありますように。




011101.jpg

収容犬011101-H29、通称小次郎は11歳のオスの柴犬。

首回りや胸にも慢性的な皮膚炎があり、首の部分はかなり痛々しいです。

高齢ですので寝ていることが多いです。





073101 (2).jpg

収容犬073101、10歳のオスのコーギーは咬み癖があると放棄されました。

特におしり周りを触られるのが嫌いで怒ります。

外耳炎、右目に炎症もあるので、ケアが必要です。

時には、お腹を見せて甘えるかわいい仕草も見せるそうですが、
犬の扱いになれたご理解ある方との出会いを待っています。





080701.jpg

収容犬080701、7歳のメスの柴犬は、咬み癖があり、
人を突然襲うとのことで放棄されました。

普段は大人しいようですが、棒に怯えて攻撃的に吠えるそうです。

長い棒には必要以上に吠えまくります。

トラウマでもあるのでしょうか・・・。

かわいい柴犬ですが、咬む、唸り、吠えるそうですので、譲渡は要相談となっています。




収容犬082301、放棄された13歳のオスのミニチュアダックスは譲渡されました!(9月18日)





<迷子猫>

59.jpg

迷子猫F59、9月12日、東区伏古4条3丁目で保護された黒茶のメス。

怯えて隠れていました。

迷子期限日は今日9月19日まででした。





60.jpg

迷子猫F60、9月12日、東区北21条東9丁目で保護されたサビ猫のメス。

写真は、9月14日のものです。

背骨か腰部を損傷したためか、下半身が起立出来ない状況でした。





IMG_0932.jpg

早期治療が必要と判断し、迷子期間ではありましたが、
9月14日、当会が一時的に保護し、動物病院で診察を受けたところ、
背骨の脱臼により、脊髄が断裂し、半身不随となっていました。

骨折の手術や、早期に治療を施すことで、
再び歩けるようになればと望みをかけて急いで病院にかけつけましたが、
手術も出来ない状況でしたので、とても残念です。





IMG_0933.jpg

人に慣れていますし、外で暮らしていた様子もありませんでしたので、
飼い猫だと思います。

交通事故にしては外傷もなく、回復の見込みがないと遺棄されたのでしょうか。

排尿も困難なため圧迫排尿し、抗生剤、点滴していましたが、
18日、呼吸も荒くなり様子が変わったので、
容態が安定するまで暫く入院することになりました。






61.jpg

収容猫F61、9月18日、豊平区豊平3条1丁目で保護された黒猫のオス。

ミャーミャー鳴いて人懐こい子でした。

風邪をひいているようでした。

迷子期限日は9月25日(火)です。





<迷子からの飼い主募集猫>

45.jpg

収容猫F4、推定8歳の黒茶の去勢オス。

ふっくらかわいらしくなりました。





11.jpg

収容猫F11、推定5歳のキジトラの避妊メス。

細身のきれいな猫です。




45 (2).jpg

収容猫F45、推定5歳のオスの黒白猫。

交通事故に遭い保護されたそうですが、
幸い大きな外傷もなく不幸中の幸いでした。

野良猫だったようで人に慣れていません。





51.jpg

収容猫F51、推定3歳の黒のオス。

衰弱、栄養不良の状態で保護されました。

猫同士の喧嘩によるものか、右後肢と顔を負傷しています。

歩行は問題なくできるそうですが、顔の傷から膿が出ていました。

当会からお薬の差し入れをさせていただきました。

早く元気になって欲しいです!





52.jpg

収容猫F52、推定3歳の茶猫のオスは美猫です。

野良だったのか人に慣れていません。




収容猫F54、推定1歳の黒猫のメスは避妊手術のために不在でした。

譲渡対象の犬猫には不妊手術を施してから譲渡されるのが理想です。




58.jpg

収容猫F58、推定2歳の白黒のオス。

右後肢が伸びきって硬直したままの状態ですが、器用に歩くそうです。

とても人馴れしたいい子です。




<放棄からの飼い主募集猫>

100405.jpg

収容猫F100405-H29、推定8歳の白こげ茶のメス。

昨年10月に多頭飼育放棄されましたが、一番の古株になりました。





◆多頭放棄A 10頭飼育されていた高齢な猫たちです。
高齢のせいか出会いがありません。

皆、体格も良くきれいな猫たちで、年齢より若々しく見えます。
どうか温かな出会いがありますように。


F052102は譲渡になりました(9月18日)



052802.jpg

F052802 14歳メスは、大人しそうな子です。




053102.jpg

F053102 15歳メスは大人しく落ち着いています。

丸顔でかわいい猫です。




060401.jpg

F060401、15歳のメスは静かな子です。



060402.jpg

F060402、15歳メスはシャイな子です。





<多頭放棄(餌やり)の猫>

ビニールハウスで餌やりをされていました。
若い猫が多く、全頭避妊・去勢手術が終わっています。

皆、人慣れは今一つですが、徐々に環境に慣れて来ています。




082001.jpg

F082001 去勢オス




082002.jpg

F082002 去勢オス




082003.jpg

F082003 去勢オス




082004.jpg

F082004 去勢オス




082005.jpg

F082005 去勢オス





082009.jpg

F082009 避妊メス





082010.jpg

F082010 避妊メス


適正な管理がされていないために増えていってしまった猫たちです。

今度はお家の中で、大切な家族の一員となりますように。





**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。




9.11siribessi.jpg

灰猫は譲渡になりました!

倶知安保健所には、負傷猫が出会いを待っています。
推定6か月のメスの白猫は、
痩せて弱っているところを共和町内で保護されました。
全身真っ白で、しっぽが大変長くふさふさし、
目は金色です。左頬〜下顎を負傷しており、
倶知安保健所で体力回復中です。
収容中に何度か、急に体がふらついて硬直、意識が混濁した後に
通常の状態に戻る発作を起こしており、
詳しい検査と治療が必要と思われますが、現在は落ち着いています。
用心深く、人に対して威嚇することもありますが、
食いしん坊で食べ物の誘惑にすぐ負けてしまいます。
現在はてんかん症状も収まっているとのこと。
ご理解いただいたうえで、新しい家族となっていただける方の
ご連絡をお待ちしています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・。
どうかお迎え入れのご検討や、情報拡散、シェアをお願いいたします!

後志総合振興局:0136-23-1354
http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.htm





9.jpg

渡島保健所では、オスの中型ミックス犬の飼い主さんを募集しています。
この子は、北斗市内を放浪していたところを保護され、
8月27日、保健所に収容されました。歯もきれいなので若めのようですが、
収容されて間もないせいか、性格なのか、
ナーバスになって面会の方に噛む仕草を見せたこともあるそうです。
ただ保健所では噛んだりせず、オスワリやマテも出来ているとのことでした。
状況により噛む可能性はあるので、
小さなお子さまがいらっしゃるご家庭や犬の飼育が
初めての方には向いてないようです。
フードはドライを食べて、トイレは中でも外でも出来るそうです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、シェアのご協力ををお願いいたします!

渡島総合振興局:0138-47-9439
http://www.oshima.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/kainushi6.htm




9.14kusiro.jpg

釧路保健所から猫のSOSです!飼い主さんを募集しているのは、
成猫7頭、子猫5頭で猫の収容が限界になっています!
推定2〜3歳の黒白のオスは、釧路町で保護されました。
小柄でがらがらに痩せています。人にべたべたな甘えん坊です。
推定2〜3歳の白猫のメスは、釧路市内で保護されました。
大人しい性格で人によく馴れており、撫でて撫でてと甘えてきます。
成猫の割に小型で飼いやすいとのことです。
推定3か月の子猫(オス4・メス1)は、釧路市で黒猫のメスと保護されました。
人によく馴れています。親子かは不明です。
推定1〜2歳の三毛猫のメスとキジトラのオス、
キジトラ白のオスは8月29日に同じ場所で保護されました。
人に慣れた3頭ですが、一緒に遺棄された可能性もあります。
3頭とも若く、人に慣れたフレンドリーな美猫です。
どうか猫たちに出会いがありますように・・・。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

釧路総合振興局:0154-43-9155 
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm





9.19obihiro.jpg

帯広保健所新得支所には、鹿追町東瓜幕で保護された
ミックス犬2頭が出会いを待っています。
2頭は同日同じ場所で保護され、鹿追町役場で迷子公示し、
10日に新得支所に収容されました。
首輪は付けていましたが、遺棄の可能性もあります。
ラブ風のメスは、人懐こくて人好きなかわいい子です。
人が来ると喜んで飛び上がります。
白黒のオスは、かまって君らしく、
人を見るとふさふさの尾をブンブンふってアピールします。
血便はおさまりましたが、排便時にしぶるしぐさがあります。
どちらも若くいい子ですので、どうか出会いがありますように・・・。
2頭とも募集期限は9月18日(火)でした!
幸せになりたいのは、どの子も同じはず・・・
どうかご理解ある方との出会いが生まれますよう、
情報拡散やシェアのご協力もよろしくお願いします!

十勝総合振興局:0155-26-9031
http://www.tokachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/sizen/doubutsu/inunekobosyuu.htm


保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


posted by しっぽの会 at 20:39 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

9月14日の札幌市動物管理センター福移支所は

今日9月14日(金)の札幌市動物管理センター福移支所には
犬11頭、成猫23頭、子猫11頭の計35頭が収容されていました。

犬も猫も収容数が増えていますが、
6日に発生した胆振東部地震で一時的に避難した犬もいましたが、
今日返還される予定とのことでした。

もしかすると地震の影響を受け、迷子?遺棄?と思われるような犬や猫もいました。

激しい揺れは、五感が敏感な動物たちには、衝撃と不安でいっぱいだったと思います。

福移支所の建物には被害はありませんでしたが、
停電が長らく続き、8日の通電まで、業務に支障をきたし大変な状況だったそうです。

収容犬猫たちには特に変わった様子もありませんでしたが、
不安だったことは違いないでしょう。



<迷子犬>

63.jpg

収容犬63、9月7日、白石区北郷4条12丁目で保護されたオスのミニチュアダックス。

後日、近くで下記のそっくりなミニチュアダックスが保護されています。

特徴が似ていて、被毛も汚れていました。

首輪はありませんでした。
 
迷子収容期限は9月18日(火)です。





64.jpg

収容犬64、9月8日、東区東苗穂5条1丁目で保護されたオスのシーズー。

赤色の布製の首輪を付けていました。

東区は振れが激しかった地域でしたが、
停電中は信号機も止っていましたので、
事故にも遭わず無事に保護されて良かったです!

迷子収容期限は9月19日(水)です。


収容犬65は返還されました(9月11日)

収容犬66は返還されました(9月11日)





67 (2).jpg

収容犬67、9月10日、白石区北郷4条12丁目で保護されたオスのミニチュアダックス。

上記のミニチュアダックスとそっくりなこの子も、
保護時は首輪はしていませんでした。
 
迷子収容期限は9月20日(木)です。





<迷子からの飼い主募集犬>

69 (2).jpg

収容犬69-H29、通称ブルちゃんは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

これまでに、何度か人を咬んだことがあり、要注意犬になっています。

今日もごはんの前にマテをさせて、ブルちゃんを落ち着かせていました。

力もありますので、犬の扱いに慣れた、ご理解ある方を待っていますが、
当日の譲り渡しは出来ません。

何度か通って相性を確認する必要があります。




60 (2).jpg

収容犬60、推定10歳のオスのミニチュアダックス。

人懐こく大人しい子で、見ているだけで穏やかさが伝わってくるいい子です。

食欲はありますが、歯石がたくさんついているそうですので、歯のお手入れも必要です。

精巣が片方しか降りていないとのことです。

今度こそ大切な家族になりますように。





<放棄からの飼い主募集犬>

060201.jpg

収容犬060201-H29、通称まろは4歳のミックス犬の去勢オスです。

お散歩が大好きなまろは、スタッフの方には大変慣れています。

心を許した相手には、コマンドを聞いて忠実です。

まろの良さを理解してくださる方との出会いがありますように。




011101.jpg

収容犬011101-H29、通称小次郎は11歳のオスの柴犬。

首回りや胸にも慢性的な皮膚炎があり、首の部分はかなり痛々しく見えます。

収容時よりも体格も良くなって元気もあります。

ご理解ある方との出会いを待っています。





073101.jpg

収容犬073101、10歳のオスのコーギーは咬み癖があると放棄されました。

特におしり周りを触られるのが嫌いで怒ります。

外耳炎、右目に炎症もあるので、ケアが必要です。

時には、お腹を見せて甘えるかわいい仕草も見せるそうですが、
犬の扱いになれたご理解ある方との出会いを待っています。





080701.jpg

収容犬080701、7歳のメスの柴犬は、咬み癖があり、
人を突然襲うとのことで放棄されました。

普段は大人しいようですが、棒に怯えて攻撃的に吠えるそうです。

最近はお気に入りのオモチャも出来て、遊んでいるそうです。

かわいい柴犬ですが、怒り出したら相当手ごわいとのこと・・・

咬む、唸り、吠えるそうですので、譲渡は要相談となっています。





082301.jpg

収容犬082301、放棄された13歳のオスのミニチュアダックス。

かなり太めでダイエットが必要です。

気に入らないことがあると唸るそうです。

仲の良かった同居犬082302が先に貰われ、
寂しくてかなり落ち込み食餌も摂らないとのことでしたが、大分元気になっていました。

この子にもご理解ある方との出会いがありますように。





収容犬083101は譲渡されました(9月10日)




<迷子猫>

59.jpg

迷子猫F59、9月12日、東区伏古4条3丁目で保護された黒茶のメス。

環境が変わり、緊張で固まっていました。

迷子期限日は9月19日(水)です。






60.jpg

迷子猫F60、9月12日、東区北21条東9丁目で保護されたサビのメス猫。

身体は大きく立派なのですが、下半身に麻痺があり、
両後足としっぽに感覚は残っているようです。

背骨か腰部を損傷し、下半身を動かすことが出来ません。

性格は穏やかで大人しい、人馴れしている子でした。

迷子期限日は9月19日(水)です。





<迷子からの飼い主募集猫>

4.jpg

収容猫F4、推定8歳の黒茶の去勢オス。

体調も落ち着いてきて、ふっくらかわいらしくなりました。






11.jpg

収容猫F11、推定5歳のキジトラの避妊メス。

細身のかわいい猫です。




45.jpg

収容猫F45、推定5歳のオスの黒白猫。

交通事故に遭い保護されましたが、幸い大きな外傷もなく不幸中の幸いでした。

野良猫だったようで人に慣れていません。





51 (2).jpg

収容猫F51、推定3歳の黒のオス。

衰弱、栄養不良の状態で保護されました。

猫同士の喧嘩によるものか、右後肢と顔を負傷しています。

歩行は問題なくできるそうですが、顔の傷から膿が出ていました。

早く元気になって欲しいです。





52.jpg

収容猫F52、推定3歳の茶猫のオスは美猫です。

野良だったのか人に慣れていません。





54.jpg

収容猫F54、推定1歳の黒猫のメス。

まだ緊張し警戒していました。





58.jpg

収容猫F58、推定2歳の白黒のオス。

右後肢が伸びきって硬直したままの状態ですが、器用に歩くそうです。

とても人馴れしたいい子です。




<放棄からの飼い主募集猫>

100405.jpg

収容猫F100405-H29、推定8歳の白こげ茶のメス。

昨年10月に多頭飼育放棄されましたが、一番の古株になりました。





◆多頭放棄A 10頭飼育されていた高齢な猫たちです。
高齢のせいか出会いがありません。

皆、体格も良くきれいな猫たちで、年齢より若々しく見えます。
どうか温かな出会いがありますように。



052102.jpg

F052102、14歳のメスは長毛でゴージャスな猫です。

高齢ですが、若々しく見えます。





052802.jpg

F052802 14歳メスは、大人しそうな子です。




053102.jpg

F053102 15歳メスは大人しく落ち着いています。

丸顔でかわいい猫です。




060401.jpg

F060401、15歳のメスは静かな子です。




060402.jpg

F060402、15歳メスはシャイな子です。





<多頭放棄(餌やり)の猫>

ビニールハウスで餌やりをされていました。
若い猫が多く、全頭避妊・去勢手術が終わっています。

皆、人慣れは今一つですが、徐々に環境に慣れて来ています。




082001.jpg

F082001 去勢オス




082002.jpg

F082002 去勢オス




082003.jpg

F082003 去勢オス




082004.jpg

F082004 去勢オス




082005.jpg

F082005 去勢オス





082909.jpg

F082009 避妊メス





082010.jpg

F082010 避妊メス



適正な管理がされていないために増えていってしまった猫たちです。

今度はお家の中で、大切な家族の一員となりますように。





**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。



9.11siribessi.jpg

倶知安保健所には、2頭の負傷猫が出会いを待っています。
推定8歳のメスのクリーム色の猫は、
弱って動かずにいるところを倶知安町内で保護されました。
耳や足先は茶色のポイント、尾は長く縞模様、
目は青色のきれいな猫です。
かなり痩せているうえ、短毛ですが毛玉だらけで、
長い間身づくろいをしていなかったようです。
慢性の疾患にかかっている可能性があり、
より詳しい検査や治療が必要と思われます。
人に対する警戒心はなく、何をされても怒りません。
また推定6か月のメスの白猫は、
痩せて弱っているところを共和町内で保護されました。
全身真っ白で、しっぽが大変長くふさふさし、
目は金色です。左頬〜下顎を負傷しており、
倶知安保健所で体力回復中です。
収容中に何度か、急に体がふらついて硬直、意識が混濁した後に
通常の状態に戻る発作を起こしており、
詳しい検査と治療が必要と思われますが、現在は落ち着いています。
用心深く、人に対して威嚇することもありますが、
食いしん坊で食べ物の誘惑にすぐ負けてしまいます。
現在はてんかん症状も収まっているとのこと。
ご理解いただいたうえで、新しい家族となっていただける方の
ご連絡をお待ちしています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・。
どうかお迎え入れのご検討や、情報拡散、シェアをお願いいたします!

後志総合振興局:0136-23-1354
http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.htm






09.12osima.jpg

現在は犬の収容のみとなっています。

渡島保健所では、オスの中型ミックス犬の飼い主さんを募集しています。
この子は、北斗市内を放浪していたところを保護され、
8月27日、保健所に収容されました。歯もきれいなので若めのようですが、
収容されて間もないせいか、性格なのか、
ナーバスになって面会の方に噛む仕草を見せたこともあるそうです。
ただ保健所では噛んだりせず、オスワリやマテも出来ているとのことでした。
状況により噛む可能性はあるので、
小さなお子さまがいらっしゃるご家庭や犬の飼育が
初めての方には向いてないようです。
フードはドライを食べて、トイレは中でも外でも出来るそうです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、シェアのご協力ををお願いいたします!

渡島総合振興局:0138-47-9439
http://www.oshima.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/kainushi6.htm





9.13hidaka.jpg

日高振興局の浦河保健所には、8月28日に飼い主の都合により
引き取りした中型ミックス犬のオスが収容されています。
高齢の飼い主さんの入院で放棄となりましたが、
それまでは室内飼育され朝夕2度の散歩もされ大切に飼育されていたそうで、
毛も真っ白でフサフサだそうです。
申告によると17歳とのことですが、足腰もしっかりしており
10〜12歳くらいに見えるそうで、実際の年齢は分からないそうです。
体長70cmくらい中型、 毛色は白で耳だけ茶色、 軽い白内障を患っていますが、
足腰はしっかりしており元気に散歩します。
人が近付くと興味はあるのか匂いを嗅いだりします。
気難しい性格なのか、更に近付いたり触ろうとすると唸り声を上げ威嚇し、
その後ウーワンウーワンと吠えるそうですが、攻撃的な感じではなく
尻尾は完全に丸まっていて、ビビリからのパニック状態に
陥っている感じなのかと思われ、噛んだこともありませんし、
手を出さなければ噛まれる感じはないそうです。
時間をかければ信頼関係構築の可能性は感じますし、
元の飼い主のおじいさんには心を開いていたようです。
2週間ほど飼養して、徐々に馴化していますが、
まだ首輪を触ろうとすると唸って威嚇していて、
首輪に触らないように鎖を引っ張ってリードを付けたりは可能です。
職員さんへの咬傷事故はありません。
一般の譲渡には適さないとのことで、長期間の馴化が可能なボランティア団体や
咬傷犬の扱いが可能な方への譲渡を希望されています。
今度こそ終生大切な家族になれますよう、
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアもどうぞよろしくお願いします!

日高振興局環境生活課:0146-22-9254
http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutuaigokannri.htm




9.14kusiro.jpg

釧路保健所から猫のSOSです!飼い主さんを募集しているのは、
成猫7頭、子猫5頭で猫の収容が限界になっています!
推定2〜3歳の黒白のオスは、釧路町で保護されました。
小柄でがらがらに痩せています。人にべたべたな甘えん坊です。
推定2〜3歳の白猫のメスは、釧路市内で保護されました。
大人しい性格で人によく馴れており、撫でて撫でてと甘えてきます。
成猫の割に小型で飼いやすいとのことです。
推定3か月の子猫(オス4・メス1)は、釧路市で黒猫のメスと保護されました。
人によく馴れています。親子かは不明です。
推定1〜2歳の三毛猫のメスとキジトラのオス、
キジトラ白のオスは8月29日に同じ場所で保護されました。
人に慣れた3頭ですが、一緒に遺棄された可能性もあります。
3頭とも若く、人に慣れたフレンドリーな美猫です。
どうか猫たちに出会いがありますように・・・。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

釧路総合振興局:0154-43-9155 
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm



保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


posted by しっぽの会 at 21:04 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

9月5日の札幌市動物管理センター福移支所は

今日9月5日(水)の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬8頭、成猫23頭、子猫6頭が収容されていました。

犬は小型犬は順調に譲渡になっていますが
古くから収容されている犬たちは相変らずの様子でした。

猫も来月で収容から1年を迎える子や
5月から収容されている猫たちが長くなっており、
暖かいうちに家族の一員になってくれるといいのですが。




<迷子からの飼い主募集犬>

69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルちゃんは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

これまでに、何度か人を咬んだことがあり、要注意犬になっています。

力もありますので、犬の扱いに慣れた、ご理解ある方を待っていますが、
当日の譲り渡しは出来ません。

何度か通って相性を確認する必要があります。




収容犬59は譲渡されました(9月4日)





60.jpg

収容犬60,推定10歳のオスのミニチュアダックス。

人懐こく大人しい子でいい子です。

歯石がたくさんついていますが、ご飯はよく食べているそうです。

精巣が片方しか降りていないとのことです。

今度こそ大切な家族になりますように。





<放棄からの飼い主募集犬>

060201.jpg

収容犬060201-H29、通称まろは4歳のミックス犬の去勢オスです。

お散歩が大好きなまろは、スタッフの方には大変慣れています。

心を許した相手には忠実に従うタイプです。

ご理解ある方との出会いがありますように。




011101.jpg

収容犬011101-H29、通称小次郎は11歳のオスの柴犬。

首回りや胸にも慢性的な皮膚炎があります。

収容時よりも体格も良くなっています。

ご理解ある方との出会いを待っています。





072001.jpg

収容犬073101、10歳のオスのコーギーは咬み癖があると放棄されました。

特におしり周りを触られるのが嫌いで怒ります。

外耳炎、右目に炎症もあるので、ケアが必要です。

時には、お腹を見せて甘えるかわいい仕草も見せるそうですが、
犬の扱いになれたご理解ある方との出会いを待っています。





080701.jpg

収容犬080701、7歳のメスの柴犬は、咬み癖があり、
人を突然襲うとのことで放棄されました。

普段は大人しいようですが、棒に怯えて攻撃的に吠えるそうです。

最近はお気に入りのオモチャも出来て、遊んでいるそうです。

咬むとの申告や、唸り、吠えるそうですので、譲渡は要相談となっています。





082301.jpg

収容犬082301、放棄された13歳のオスのミニチュアダックス。

かなり太めでダイエットが必要です。

気に入らないことがあると唸るそうです。

仲の良かった同居犬082302が先に貰われていって、
寂しくてかなり落ち込み食餌も摂らないとのことです。

この子にもご理解ある方との出会いがありますように。



収容犬082302は譲渡されました(9月4日)





083101.jpg

収容犬083101、放棄されたオスの13歳のシーズ。

とても人懐こくかわいい子です。

今度こそ終生大切な家族になりますように。





<迷子猫>

56.jpg

収容猫F56、9月3日、東区北17条東17丁目で保護された茶白のメス。

かわいらしい子でした。

迷子期限日は9月7日(金)です。





57.jpg

収容猫F57、9月3日、厚別区厚別中央5条1丁目で保護された白の去勢オス。

体格は大きいですが痩せています。

かなり高齢のようです。

人懐こい子でした。

迷子期限日は9月7日(金)です。





<迷子からの飼い主募集猫>

4.jpg

収容猫F4、推定8歳の黒茶の去勢オス。

体調も落ち着いてきて、ふっくらかわいらしくなりました。

最近はいつもケージの前の方で眠っています。





11.jpg

収容猫F11、推定5歳のキジトラの避妊メス。

少し慣れて来たでしょうか。細身のかわいい猫です。




45.jpg

収容猫F45、推定5歳のオスの黒白猫。

交通事故に遭い保護されましたが、幸い大きな外傷もなく不幸中の幸いでした。

野良猫だったのでしょうか、人に慣れていないようです。





51.jpg

収容猫F51、推定3歳の黒のオス。

衰弱、栄養不良の状態で保護され、
右後肢を負傷していますが、歩行は問題なくできるそうです。

栄養のあるものを食べて1日も早く元気になって欲しいです。





52.jpg

収容猫F52、推定3歳の茶猫のオスは、
先週は警戒していましたがお腹を出して伸びて寝ていました。

きれいな猫です。


収容猫F53は譲渡されました(9月4日)





54.jpg

収容猫F54、推定1歳の黒猫のメス。

まだ緊張し警戒していました。



収容猫F55は譲渡されました(9月5日)




<放棄からの飼い主募集猫>

100405.jpg

収容猫F100405-H29、推定8歳の白こげ茶のメス。

昨年10月に多頭飼育放棄されましたが、一番の古株になりました。




082901.jpg

収容猫F082901、放棄された2歳の黒茶白の避妊メス。

美形の猫です。

まだ緊張しているようです。






◆多頭放棄A 10頭飼育されていた高齢な猫たちです。
高齢のせいか出会いがありません。

皆、体格も良くきれいな猫たちで、年齢より若々しく見えます。
どうか温かな出会いがありますように。



052102.jpg

F052102、14歳のメスは長毛でゴージャスな猫です。

高齢ですが、若々しく見えます。





052802.jpg

F052802 14歳メスは、大人しそうな子です。




053102.jpg

F053102 15歳メスは大人しく落ち着いています。

丸顔でかわいい猫です。




060401.jpg

F060401、15歳のメスは静かな子です。




060402.jpg

F060402、15歳メスはシャイな子です。





<多頭放棄(餌やり)の猫>

ビニールハウスで餌やりをされていました。
若い猫が多く、全頭避妊・去勢手術が終わっています。

皆、人慣れは今一つですが、徐々に環境に慣れて来ています。




082001.jpg

F082001 去勢オス




082002.jpg

F082002 去勢オス




082003.jpg

F082003 去勢オス




082004.jpg

F082004 去勢オス




082005.jpg

F082005 去勢オス





082009.082010.jpg

F082009 避妊メス、F082010 避妊メス



適正な管理がされていないために増えていってしまった猫たちです。

今度はお家の中で、大切な家族の一員となりますように。





**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。






8.17bekkai.jpg

茶色のミックス犬は譲渡になりました!

別海町役場に収容されている推定6歳の白い柴系のメスは、
6月29日、別海寿町で保護されましたが、
残念ながら飼い主の迎えはありませんでした。
素朴な愛らしさがあり、警戒心は強いですが、
人に対する威嚇はなく、おっとりとした性格です。
ただ、他犬に対して威嚇が見られるので、
先住犬がいない家庭がおすすめです。
また、換毛期には大量に毛が抜けるため、
こまめなブラッシングが必要です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

別海町役場町民課:0153-75-2111
https://betsukai.jp/oshirase/2440/





8.21oho-tuku.jpg

キジトラ白の猫は譲渡になりました!

網走保健所では、黒猫が出会いを待っています。
黒猫は、6月29日、北見市内で違法な罠にかかって、
罠ごと引きずっていたところを保護されました。
罠で左前足指2本を失いましたが、日常生活に差し障りもなく過ごしています。
性格は人懐こくて、爪切りも出来る大変いい子とのことです。
この子も、人間に翻弄されましたが、
必死に生きています。幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

オホーツク振興局:0152-41-0632
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutsu-kainushisagashi.htm





8.28kusiro.jpg

サモエド系の犬は譲渡になりました!

子猫も多数譲渡になりましたが、新たに子猫も収容されています。

推定2〜3歳のメスは、人馴れもしている美猫です。
また茶猫は、7月23日、釧路町で保護されました。体格は良く、
ごはんはいつも完食です。
額に喧嘩によるものと思われる傷がありましたが(写真右)、
穴は塞がり皮膚も再生してきました(写真左)。
その結果左目が引きつれてしまいましたが、
この子の問題は顔ではなく、顔の傷でもなく、心の傷かも知れません。
相変わらず緊張していて、触ろうとするとビクっとします。
何をされてもひたすらじっと耐えています。
またキジ白のメスは、8月9日、 釧路市内で保護されました。
人慣れしています。少し痩せており、目やに、鼻水、口内炎があります。
口が痛いのかごはんもあまり食べられないようなので、適切な治療が必要です。
公園でじっとうずくまっていたそうですが、
保健所に来て一息つくと毛繕いを始めました。
保健所でさえ安心できる場所なのでしょうかとのことでした。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

釧路総合振興局:0154-43-9155 
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm





8.30siribesi.jpg

子猫は残念ながら収容中に亡くなってしまいました。

倶知安保健所に収容されている推定6か月のメスの白猫は、
痩せて弱っているところを共和町内で保護されました。
全身真っ白で、しっぽが大変長くふさふさしています。
目は金色。左頬〜下顎を負傷しており、
倶知安保健所で体力回復中です。収容中に何度か、
急に体がふらついて硬直、意識が混濁した後に
通常の状態に戻る発作を起こしており、
詳しい検査と治療が必要と思われます。
用心深く、人に対して威嚇することもありますが、
食いしん坊で食べ物の誘惑にすぐ負けてしまいます。
この子にお心当たりのある方、
また、上記の事情をご理解いただいたうえで、
新しい家族となっていただける方のご連絡をお待ちしています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・。
どうかお迎え入れのご検討や、情報拡散、シェアをお願いいたします!

後志総合振興局:0136-23-1354
http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.htm





9.3titose.jpg

千歳保健所には、飼い主探しノートで
飼い主を募集していた成猫19頭のうち、
4頭が8月30日に放棄収容されました。
うち2頭は早々に譲渡になりました!

多頭飼育による影響で、
ご近所から苦情があり放棄になりましたが、
家にはまだ15頭ほど残されており、
順次飼い主を募集していく予定です。

http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kansei/kainusisagasinote-rist.htm

性格は人懐こい子が多く、若く見た目にも美形でかわいらしく、
いわゆる多頭飼育の悲惨な環境ではなかったそうですので、
健康そうに見えます。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報のシェア、拡散のご協力もどうぞよろしくお願いします!

千歳保健所:0123-23-3175
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/cth/contents/mayoiinunekonetto.htm




9.jpg

渡島保健所では、オスの中型ミックス犬の飼い主さんを募集しています。
この子は、北斗市内を放浪していたところを保護され、
8月27日、保健所に収容されました。
歯もきれいなので若めのようですが、
収容されて間もないせいか、性格なのか、
ナーバスになって面会の方に噛む仕草を見せたこともあるそうです。
ただ保健所では噛んだりせず、
オスワリやマテも出来ているとのことでした。
状況により噛むこともないわけではないので、
小さなお子さまがいらっしゃるご家庭や
犬の飼育が初めての方には向いてないようです。
フードはドライを食べて、トイレは中でも外でも出来るそうです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、シェアのご協力ををお願いいたします! 

渡島総合振興局:0138-47-9439
http://www.oshima.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/kainushi6.htm




保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


posted by しっぽの会 at 21:30 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

8月29日の札幌市動物管理センター福移支所は

今日8月29日(水)の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬10頭、成猫21頭、子猫5頭が収容されていました。

犬は犬舎が全て埋まり、
通路のようなスペースにも放棄犬が収容されていました。

猫も放棄された高齢猫たちの収容が5月からと長くなってきました。


<迷子犬>
59.jpg

収容犬59、8月22日、南区真駒内本町6丁目で保護された
オスのアメリカンコッカースパニエル。

全身毛玉だらけで、毛はもつれてフェルト状の分厚いシートのようになっていました。





59.1.jpg

お世話しているスタッフの方がきれいにカットしてくださいましたが、
ポリ袋にたっぷり溜まった被毛は、持つとずっしり感じるほどでした。

迷子収容期限は8月31日(金)です。





60.jpg

収容犬60、8月27日、東区北37条東12丁目で保護されたオスのミニチュアダックス。

眼が白くなっているのは白内障でしょうか。

高齢な子のようです。

人懐こい大人しそうな子でした。

迷子収容期限は、9月4日(火)です。





<迷子からの飼い主募集犬>
69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルちゃんは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

これまでに、何度か人を咬んだことがあり、要注意犬になっています。

力もありますので、犬の扱いに慣れた、ご理解ある方を待っています。





56.jpg

収容犬56、推定13歳のオスのミックス犬は、
人が大好きで、小足でトコトコ歩きます。

とても人懐こくて甘えん坊なかわいい子です。

耳も遠いようですので、
余生を共に過ごしてくださるご理解ある飼い主を待っています。



収容犬57は譲渡されました(8月29日)





<放棄からの飼い主募集犬>
060201.jpg

収容犬060201-H29、通称まろは4歳のミックス犬の去勢オスです。

お散歩が大好きなまろは、スタッフの方には大変慣れています。

忠実に従うタイプですので、ご理解ある方との出会いがありますように。




101101.jpg

収容犬011101-H29、通称小次郎は11歳のオスの柴犬。

首回りや胸にも慢性的な皮膚炎があります。

おじいちゃん犬ですが、頑固さもあります。

ご理解ある方との出会いを待っています。





073101.jpg

収容犬073101、10歳のオスのコーギーは咬み癖があると放棄されました。

特におしり周りを触られるのが嫌いで怒ります。

外耳炎、右目に炎症もあるので、ケアが必要です。

時には、お腹を見せて甘えるかわいい仕草も見せるそうです。

犬の扱いになれたご理解ある方との出会いを待っています。





080701.jpg

収容犬080701、7歳のメスの柴犬は、咬み癖があり、
人を突然襲うとのことで放棄されました。

普段は大人しいようですが、棒に怯えて攻撃的に吠えるそうです。

咬むとの申告や、唸り、吠えるそうですので、譲渡は要相談となっています。





080701 (2).jpg

横になっても緊張しているのか、足に力が入っています。






000.jpg

飼い主に放棄された2頭は、犬舎の空きがなくなり、
通路にあたる場所に入っていました。





082302.jpg

収容犬082301、飼い主に放棄された13歳のオスのミニチュアダックス。

下記の082302と一緒に放棄されました。

082302と一緒に動き、寄り添って寝て、互いに大切な存在のようです。

かなり太っていますので、ダイエットが必要です。





082301.jpg

収容犬082302、13歳のオスのミニチュアダックスは、
上記の082301と一緒に放棄されました。

082301におやつを横取りされることがあるそうです。

人馴れした大人しい子です。

眼も白くなっています。耳と口のケアが必要だそうです。

高齢犬にご理解ある方との出会いを待っています。






<迷子猫>
53.jpg

収容猫F53、8月24日、手稲区手稲前田605で保護されたキジトラのオス。

青い布製の首輪をつけていました。

お迎えがありますように。

迷子期限日は年8月30日(木)です。





54.jpg

収容猫F54、8月27日、清田区平岡8条3丁目で保護された黒のメス。

迷子期限日は8月31日(金)です。






<迷子からの飼い主募集猫>

4.jpg

収容猫F4、推定8歳の黒茶の去勢オス。

体調も落ち着いてきて、ふっくらかわいらしくなりました。

最近は前に出てきてリラックスするようになりました。





11.jpg

収容猫F11、推定5歳のキジトラの避妊メス。

細身のかわいい猫です。




45.jpg

収容猫F45、推定5歳のオスの黒白猫。

交通事故に遭い保護されましたが、幸い大きな外傷はない様子だそうです。

人に慣れていないようです。





51.jpg

収容猫F51、推定3歳の黒のオス。

衰弱、栄養不良の状態で保護され、右後肢を負傷しています。

歩行は問題なくできるそうです。

栄養のあるものを食べて1日も早く元気になって欲しいです。





52.jpg

収容猫F52、推定3歳の茶猫のオスは、警戒しています。

きれいな顔をしています。





<放棄からの飼い主募集猫>

001.jpg

猫舎もゲージでいっぱいです。

同じ場所から放棄された子たちは、複数頭で管理されている子もいます。




100405.jpg

収容猫F100405-H29、推定8歳の白こげ茶のメス。

昨年10月に多頭飼育放棄されましたが、一番の古株になりました。




060703.jpg

収容猫F060703、9歳の黒茶白のメス。

痩せていましたが、少し肉がついたように見えました。



◆多頭放棄A 10頭飼育されていた高齢な猫たちです。
高齢のせいか出会いがありません。

皆、体格も良くきれいな猫たちで、年齢より若々しく見えます。
どうか温かな出会いがありますように。



052102.jpg

F052102、14歳のメス。

長毛でゴージャスな猫です。

人や環境にも慣れてきました。




052802.jpg

F052802 14歳メスは、慣れてリラックス出来るようになりました。




053102.jpg

F053102 15歳メスは大人しく落ち着いています。

丸顔でかわいい猫です。




060401.jpg

F060401、15歳のメス。いつも気持ち良さそうに眠ってることが多いです。




060402.jpg

F060402、15歳メスはシャイな子です。





00.jpg

003.jpg

親子で放棄された外猫のようです。

詳細はまだ分かりません。




<多頭放棄(餌やり)の猫>

ビニールハウスで餌やりをされていました。
若い猫が多く、全頭避妊・去勢手術が終わっています。
ピンクの鼻をしたきれいな顔の猫たちです。


082001.jpg

F082001 去勢オス




082002.jpg

F082002 去勢オス




082003.jpg

F082003 去勢オス




082004.jpg

F082004 去勢オス




082005.jpg

F082005 去勢オス





082010.jpg

F082009 避妊メス、F082010 避妊メス



適正な管理がされていないために増えていってしまった猫たちですが、
人にはまだ慣れていません。

今度はお家の中で、大切な家族の一員となりますように。



**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。


8.17bekkai.jpg

別海町役場では、2頭の成犬が出会いを待っています。
推定6歳の白い柴系のメスは、6月29日、別海寿町で保護されましたが、
残念ながら飼い主の迎えはありませんでした。
素朴な愛らしさがあり、警戒心は強いですが、
人に対する威嚇はなく、おっとりとした性格です。
ただ、他犬に対して威嚇が見られるので、
先住犬がいない家庭がおすすめです。
また、換毛期には大量に毛が抜けるため、
こまめなブラッシングが必要です。
推定4歳の茶の長毛のメスは、7月24日、
大成常盤地区で保護されました。
飼い主の迎えもなく、新たな出会いを待っています。
多少の警戒心はありますが、人に慣れたいい子です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

別海町役場町民課:0153-75-2111
https://betsukai.jp/oshirase/2440/
https://betsukai.jp/oshirase/2421/





8.20yakumo.jpg

1頭は譲渡になりました!

八雲保健所には、8月13日に収容された成猫2頭が出会いを待っています。
この子たちは、身寄りのない所有者(男性)が施設入所不可避となり、
終生飼養困難になったために放棄になりました。
写真上(ケン)・・・茶トラ、 オス(去勢済)、2才8ヶ月、5.3キロ
写真中(チッチ)・・・キジトラ、 メス(避妊済)、 1才8ヶ月、 2.8キロ
収容初日は警戒感がありましたが、
2日目にはそれも薄らぎ撫でることができました。
特にケンは2日目にはおとなしく抱っこされ、爪を切ることができ扱いやすい猫です。
チッチは臆病な面が目立ち、
特定の人、特に女性になつきやすいように思えるそうです。
またトイレは出来ます。掲載期限は8月30日(木)となっています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、シェアのご協力ををお願いいたします! 

渡島保健所:0137-63-2168
http://www.oshima.pref.hokkaido.lg.jp/hk/ykh/contents/eisei/kankyo/inunekojouhou.htm





8.21oho-tuku.jpg

キジトラ白の猫は譲渡になりました!

網走保健所では、黒猫が出会いを待っています。
黒猫は、6月29日、北見市内で違法な罠にかかって、
罠ごと引きずっていたところを保護されました。
罠で左前足指2本を失いましたが、日常生活に差し障りもなく過ごしています。
性格は人懐こくて、爪切りも出来る大変いい子とのことです。
この子も、人間に翻弄されましたが、
必死に生きています。幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

オホーツク振興局:0152-41-0632
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutsu-kainushisagashi.htm





8.28kusiro.jpg

サモエド系の犬は譲渡になりました!

釧路保健所には現在子猫8頭(うち1頭が負傷猫)、
成猫3頭(うち2頭が負傷猫)が収容され、猫が飽和状態です。
また標茶支所には迷子から飼い主募集になった
サモエド風な子が出会いを待っています。
この子は、喜んで散歩に行きますが、
あまり体力がないようですぐにゆったりペースになり、
大人しい良い子で、誰にでもしっぽを振って撫でさせてくれます。
毎日少しずつブラッシングをして毛玉を取って、
シャンプーの甲斐もあって保護時より大分きれいになりました。
子猫たちは、推定1〜4か月の子たちで、
なぜか出会いが無く、日々出会いを待っています。
うち4か月のメスの子猫は風邪気味です。
推定2〜3歳のメスは、人馴れもしている美猫です。
また茶猫は、7月23日、釧路町で保護されました。体格は良く、
ごはんはいつも完食です。
額に喧嘩によるものと思われる傷がありましたが(写真右)、
穴は塞がり皮膚も再生してきました(写真左)。
その結果左目が引きつれてしまいましたが、
この子の問題は顔ではなく、顔の傷でもなく、心の傷かも知れません。
相変わらず緊張していて、触ろうとするとビクっとします。
何をされてもひたすらじっと耐えています。
またキジ白のメスは、8月9日、 釧路市内で保護されました。
人慣れしています。少し痩せており、目やに、鼻水、口内炎があります。
口が痛いのかごはんもあまり食べられないようなので、適切な治療が必要です。
公園でじっとうずくまっていたそうですが、
保健所に来て一息つくと毛繕いを始めました。
保健所でさえ安心できる場所なのでしょうかとのことでした。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

釧路総合振興局:0154-43-9155 
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm


保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html

posted by しっぽの会 at 21:05 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

8月22日の札幌市動物管理センター福移支所は

今日の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬7頭、成猫20頭、子猫4頭が収容されていました。

猫はビニールハウスで餌やりをされていた猫が多数頭収容されていました。

顔もよく似ているので、不妊去勢もせずに餌やりしたせいで、
交配し増えて行ったのではないでしょうか。



<迷子犬>
56.jpg

収容犬56、8月15日、北区南あいの里3丁目で保護された去勢オスのミックス犬。

青色の首輪をつけていました。

認知症状もありそうです。

迷子収容期限は8月24日(金)です。





57.jpg

収容犬57、8月20日、 西区山の手442で保護されたミニチュアダックス系のオス。

首輪はつけていませんでした。

人懐こくかわいらしい子でした。

迷子収容期限は8月28日(火)です。





<迷子からの飼い主募集犬>
69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルちゃんは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

これまでに、何度か人を咬んだことがあります。

ブルに取って意味づけがあると何かの拍子にスイッチが入ります。

ブルドッグ等の闘犬タイプの扱いになれたご理解ある方を待っています。





収容犬53は譲渡されました(8月20日)



<放棄からの飼い主募集犬>
060201.jpg

収容犬060201-H29、通称まろは4歳のミックス犬の去勢オスです。

お散歩が大好きなまろは、スタッフの方には大変慣れています。

忠実に従うタイプですので、ご理解ある方との出会いがありますように。




011101.jpg

収容犬011101-H29、通称小次郎は11歳のオスの柴犬。

首回りや胸にも慢性的な皮膚炎があります。

今日はずっと寝ていました。

おじいちゃん犬ですが、頑固さもあります。

ご理解ある方との出会いを待っています。





073101.jpg

収容犬073101、10歳のオスのコーギーは咬み癖があると放棄されました。

特におしり周りを触られるのが嫌いで怒ります。

外耳炎、右目に炎症もあるので、ケアが必要です。

時には、お腹を見せて甘えるかわいい仕草も見せるそうです。

犬の扱いになれたご理解ある方との出会いを待っています。





080701.jpg

収容犬080701、7歳のメスの柴犬は、咬み癖があり、
人を突然襲うとのことで放棄されました。

普段は大人しいようですが、棒に怯えて攻撃的に吠えるそうです。

咬むとの申告や、唸り、吠えるそうですので、譲渡は要相談となっています。





<迷子猫はいませんでした>




<迷子からの飼い主募集猫>
4.jpg

収容猫F4、推定8歳の黒茶の去勢オス。

体調も落ち着いてきて、ふっくらかわいらしくなりました。

最近は前に出てきてリラックスするようになりました。




収容猫F44は譲渡されました(8月20日)




45.jpg

収容猫F45、推定5歳のオスの黒白猫。

交通事故に遭い保護されましたが、幸い大きな外傷はない様子だそうです。

人に慣れていないようです。




<放棄からの飼い主募集猫>

100405.jpg100405.jpg

収容猫F100405-H29、推定8歳の白こげ茶のメス。

昨年10月に多頭飼育放棄されましたが、一番の古株になりました。





収容猫F060703、9歳の黒茶白のメスは、不妊手術でいませんでした。




◆多頭放棄A 10頭飼育されていた高齢な猫たちです。
高齢のせいか出会いがありません。

皆、体格も良くきれいな猫たちで、年齢より若々しく見えます。
どうか温かな出会いがありますように。



IMG_0622.jpg

F052102、14歳のメス。

長毛でゴージャスな猫です。

人や環境にも慣れてきました。





052802.jpg

F052802 14歳メスは、慣れてリラックスしていました。




053102.jpg

F053102 15歳メスは大人しく落ち着いています。

丸顔でかわいい猫です。





060402.jpg

F060402、15歳メスはシャイな子です。





F060701,13歳のメスは譲渡になりました(8月21日)





<多頭放棄(餌やり)の猫>

ビニールハウスで餌やりをされていました。
若い猫が多く、全頭避妊・去勢手術が終わっています。
ピンクの鼻をしたきれいな顔の猫たちです。





082001.jpg

F082001 去勢オス





082002.jpg

F082002 去勢オス





082003.jpg

F082003 去勢オス





082004.jpg

F082004 去勢オス





082005.jpg

F082005 去勢オス





082007.jpg

F082007 去勢オス





082008.jpg

F082008 避妊メス





082009.082010.jpg

F082009 避妊メス、F082010 避妊メス



適正な管理がされていないために増えていってしまった猫たち。

今度はお家の中で、大切な家族の一員となりますように。





**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。

8.15nemuro.jpg

子猫は譲渡になりました。
根室保健所では、推定1歳の黒の母猫と
推定1歳のオスのキジトラ猫が出会いを待っています。
母猫は、8月3日と8日に、根室市明治町2丁目の民家の物置で保護されました。
お母さんも人に慣れているとは言えませんが、
お掃除もさせてくれるので、家庭に入れば徐々に慣れてくれそうです。
また推定1歳のオスのキジトラ猫も根室市明治町2丁目で8月3日、
2頭で保護され、1頭には出会いがありました。
体は成猫サイズですが、まだ子どもっぽい若い猫です。
なでられると困った顔をしますが、攻撃性はない優しい子です。
募集期限は8月16日(木)です!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
どうか命が繋がりますようお迎え入れや情報の拡散等、
皆さまのご協力をお願いします! 

根室振興局 :0153-23-5161
http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/topmenu10.htm





8.17bekkai.jpg

別海町役場では、2頭の成犬が出会いを待っています。
推定6歳の白い柴系のメスは、6月29日、別海寿町で保護されましたが、
残念ながら飼い主の迎えはありませんでした。
素朴な愛らしさがあり、警戒心は強いですが、
人に対する威嚇はなく、おっとりとした性格です。
ただ、他犬に対して威嚇が見られるので、
先住犬がいない家庭がおすすめです。
また、換毛期には大量に毛が抜けるため、
こまめなブラッシングが必要です。
推定4歳の茶の長毛のメスは、7月24日、
大成常盤地区で保護されました。
飼い主の迎えもなく、新たな出会いを待っています。
多少の警戒心はありますが、人に慣れたいい子です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

別海町役場町民課:0153-75-2111
https://betsukai.jp/oshirase/2440/
https://betsukai.jp/oshirase/2421/





8.20yakumo.jpg

八雲保健所には、8月13日に収容された成猫3頭が出会いを待っています。
この子たちは、身寄りのない所有者(男性)が施設入所不可避となり、
終生飼養困難になったために放棄になりました。
写真上(ケン)・・・茶トラ、 オス(去勢済)、2才8ヶ月、5.3キロ
写真中(チッチ)・・・キジトラ、 メス(避妊済)、 1才8ヶ月、 2.8キロ
写真下(タカシ)・・・茶トラ白、 オス(未去勢)、 1才8ヶ月、 4.9キロ
3頭とも収容初日は警戒感がありましたが、
2日目にはそれも薄らぎ撫でることができました。
特にケンは2日目にはおとなしく抱っこされ、爪を切ることができ扱いやすい猫です。
3日目にチッチとタカシを抱っこしたそうですが、
嫌がったのでこの日の爪切りを断念し、チッチは臆病な面が目立ち、
特定の人、特に女性になつきやすいように思えるそうです。
タカシは甘えん坊な面と未去勢のオスらしい面を併せ持っています。
収容3日くらいまで、環境の変化のためかドライフードを
食べてくれなかったようですが、慣れてくれば大丈夫と思います。
またトイレは出来ます。掲載期限は8月30日(木)となっています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、シェアのご協力ををお願いいたします! 

渡島保健所:0137-63-2168
http://www.oshima.pref.hokkaido.lg.jp/hk/ykh/contents/eisei/kankyo/inunekojouhou.htm





8.21oho-tuku.jpg

網走保健所では、2頭の成猫が出会いを待っています。
キジ白の若いオスは、6月29日、北見市三住町で保護されました。
交通事故に遭ったのか左後肢の大腿骨を骨折していたので
病院で手術し回復しました。
保護時は食状態と怪我で大人しかったのですが、
回復するにつれて威嚇が出てきました。
元々野良猫だったのかも知れません。
今後は家庭で過ごせますよう、ご理解ある方との出会いを待っています。
また黒猫は、6月29日、北見市内で違法な罠にかかって
、罠ごと引きずっていたところを保護されました。
罠で左前足指2本を失いましたが、日常生活に差し障りもなく過ごしています。
性格は人懐こくて、爪切りも出来る大変いい子とのことです。
この子も、人間に翻弄されましたが、
必死に生きています。幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

オホーツク振興局:0152-41-0632
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutsu-kainushisagashi.htm





8.22hidaka.jpg

日高振興局の浦河保健所には、
交通事故に遭ったのか負傷した猫が保護されました。
この子は、8月15日に保護され、
動物病院で応急処置をしていただきましたが、
右骨盤骨折により這って移動しています。
幸い外傷はないようで、排泄は出来ますが、トイレまでは行けません。
内臓の損傷はなさそうだとのことで、食欲はまあまああるそうです。
まだ若いですし、回復して元気になって、
今度は室内で大切に飼育していただけるよう、
ご理解ある方との出会いを待っています。
幸せになりたいのはどの子も同じです。
今度こそ終生大切な家族になれますよう、
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアもどうぞよろしくお願いします!

日高振興局環境生活課:0146-22-9254
http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutuaigokannri.htm

posted by しっぽの会 at 21:26 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする