2019年02月20日

2月20日の札幌市動物管理センター福移支所は

2月20日の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬7頭、成猫28頭が収容されていました。

成猫数は若干ですが減りました。



<迷子犬>

102.jpg

収容犬102、2月13日、白石区本通4丁目南で保護されたオスのシェルティ。

明日で迷子期限が切れますが、
何故か飼い主は未だに迎えに来ていません・・・。

青と白の胴輪がついていました。




103.jpg

収容犬103、2月15日、
東区北26条東2丁目で保護されたオスのシュナウザー。

懐こそうないい子でした。

迷子期限日は2月25日(月)です。




104.jpg

収容犬104、2月18日、手稲区前田6条13丁目で
ほごされたメスのミニチュアダックス。

心細そうにしていました。

迷子期限日は2月26日(火)です。





<迷子からの飼い主募集犬>

69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

今日も変らずに過ごしていました。

すっかりセンター犬のようなブルですが、
普段は大人しいのですが、スイッチが入ると止められなくなり、
これまで複数回の咬傷事故を起こしています。

飼い主さんはしっかり制御できる大人の男性が向いています。

飼育に際し危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡は不可となっています。





<放棄からの飼い主募集犬>

100101.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

神経質で気難しいところもありますが、
賢く、飼い主として認めた人には従順です。

飼育に際し危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡は不可となっています。






100101.1.jpg

今日は支援物資のオモチャが気に入って、
嬉しさマックスでハイテンションでした。

それでもオスワリのコマンドを聞いてお利口でした。





87.jpg

収容犬080701、7歳のメスの柴犬ミュウは、
咬むとのことで放棄されました。

普段は大人しい性格ですが、
一旦怒りだしたら歯止めがきかなくなるところがある猛犬です。

今日散歩に行きましたが、
犬舎に入れようとすると態度が豹変し、
攻撃して襲いかかって来た動画を見せていただきました。

飼育に際し危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡は不可となっています。




012401.jpg

収容犬012401、経済的な理由で放棄された愛称メルは7歳の去勢オス。

きれいな目をした性格の良い子です。

おすわりや待てなどができる子で躾が入っていました。

お散歩もアイコンタクトを取りながら歩いてくれるお利口さんです。

ただ大きな音がすると吠えたり咬むことがあるそうです。





<迷子猫はいませんでした>


<迷子からの飼い主募集猫>

45.jpg

収容猫F45、愛称ポッキーは推定7歳の黒白猫の去勢オス。

交通事故で保護されましたが、大きな外傷もなく良かったです。

最近は人馴れして来たのか、ケージの前にいることも多いです。

オヤツが大好きです。




77.jpg

収容猫F77、愛称ラッキーは推定3歳の黒猫のオス。

少し慣れてきた様子で落ち着いていました。





82.jpg

収容猫F82、愛称チョ子は推定3歳の濃茶のメス。

珍しい毛色で、毛並みのきれいな猫です。

初めて声を聞きました。

食べ物が欲しくて鳴くようですが、大分慣れてきたようです。




89.jpg

収容猫F89、愛称まさのぶは推定3歳の黒白のオス。

少し臆病ですが、撫でさせてくれるようで、
かわいい顔をしています。





90.jpg

収容猫F90、愛称ロックは推定5歳の黒白のオス。

鼻が黒くかわいい子です。

後足を動かしづらそうにしていました。





94.jpg

収容猫94、黒茶長毛のメス。

まだ若そうです。

かわいらしい子です。





<放棄からの飼い主募集猫>

092701.jpg

収容猫F092701、愛称みけりんは13歳のメスの三毛猫。

臆病ですが、大分落ち着いてきました。





060401.jpg

収容猫F060401愛称ネイは15歳のキジ白のメス。

一緒に多頭の家から放棄されました。

年齢は高いですが、若々しくきれいです。

収容から8か月が過ぎましたが、なかなか出会いがありません。




060402.jpg

収容猫060402、愛称マールは15歳のキジ白のメス。

上記と一緒に放棄されました。

仲良しの2頭ですが、同じご家庭にお迎え入れいただけたら最高です。




収容猫F101007(ぎんにゃん)は譲渡されました(2月18日)




010801.jpg

収容猫F010801、愛称どんころは13歳の黒のオス。

以下のF010802と同じ家から放棄されました。

触らせてくれますが、緊張しているようです。





010802.jpg

収容猫F010802、愛称しまころは13歳の灰白猫のオス。

F010801と同じ家から放棄されました。

触らせてくれますが、緊張しているようです。

かわいい猫です。




012203.jpg

収容猫F012203、愛称ちび子は7歳のキジトラの避妊メス。

F00122001と同じ家から放棄されました。





012804.jpg

収容猫F012804、愛称ゆきえは11歳の黒のメス。

F012803と同じ家から放棄されました。

すこし緊張が取れた感じでした。





020702 (2).jpg


収容猫020702、12歳の愛称ふく。

収容猫F020701、12歳の愛称まる。

そっくりな2頭ですが、
しっぽが丸まっているのと真直ぐなのが違いです。


下記の020703と同じ家から放棄されました。




IMG_3287.jpg

収容猫F020703、愛称うめは14歳のメスです。

上記のF020701、F020702と同じ家から放棄されました。

つぶれた耳と、短いしっぽが特徴です。

体調を崩していましたので、別部屋で管理されていました。

高齢で放棄された3頭。

最期を穏やかに暮らせるご理解ある方と巡り逢いますように・・・。





020801.020802.jpg

収容猫F020801、愛称ゆりえと
収容猫F020802、愛称ももえは共に11歳のメス。

一緒に放棄された2頭ですが、
高齢になって放棄された猫たちは、体調を崩すことが多く、
心労は計り知れません。




020803.jpg

収容猫F020803、愛称うーもは推定3歳のメスです。

飼い主死亡のため、収容されました。

体格が大きく、攻撃性の強いそうです。

落ち着いて来たら変わってくれるかも知れません。






021201.jpg

収容猫F021201、愛称みみは5歳の白黒のオスです。

飼い主死亡のため、F021202と一緒に放棄されました。

猫エイズ・猫白血病陰性です。




収容猫F021202、愛称まろんは推定5歳のキジトラのメスです。

飼い主死亡のため、F021202と一緒に放棄されました。

猫エイズ・猫白血病陰性です。






以下は、多頭放棄(餌やり)の猫たちです。

ビニールハウスで無責任に餌やりをされ、増えた末に収容されました。

若い猫が多く、全頭避妊・去勢手術が終わっています。

少しずつ慣れてきたようで、ケージ越しにリラックスしています。




082001.082010.jpg

収容猫082001、愛称ポチ(右)は推定2歳の白黒の去勢オス。

収容猫082010、愛称ふじ(左)は推定3歳の避妊メス。

どちらも体調を崩していましたが元気になりました。

いつもハンモックに入り、お気に入りです。




082002.082005.jpg

収容猫082002、愛称オペラ(手前)は推定2歳の去勢オス。

表情に余裕も出てきました。

F082005、愛称パン(奥)は推定2歳の去勢オス。

2頭は仲良くハンモックに入っていることが多くなりました。




**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。


2.18furano.jpg

富良野保健所には、飼い主の事情で放棄された
11歳のオスのミックス犬、仮名ケンちゃんが出会いを待っています。
初対面からとてもフレンドリーで、誰にでも懐きます。
ほぼ外飼だったためか、被毛はムックムクで、
オオカミっぽい、ワイルドな見た目ですが、
ケンちゃんはいつも朗らかで優しいです。
人が大好きで、人格(犬格)もできていますから
犬を飼うのが初めての方にもおすすめです。
ドライフードをバリバリ食べて、
寒波の日々も元気にお散歩していますが、
グイグイ引っ張って困ることもありません。
トイレはお外でしたいようですが、
夜間16時間ひとりぼっちのときは犬舎内でしています。
とても良い子で花丸のケンちゃんです。
幸せになりたいのは、どの子も同じはず・・・
どうかご理解ある方との出会いが生まれますよう、
情報拡散やシェアのご協力もよろしくお願いします!

富良野保健所:0167-23-3161
http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/fth/ken4.pdf





2.19kitami.jpg

北見保健所では2頭の犬が出会いを待っています。
推定3〜6歳のオスのテリア系は、
1月29日に保健所に収容されました。
元気いっぱいで、やんちゃなところもある明るい子です。
人に慣れていて、いつもしっぽを振っています。
やんちゃな性格なので、犬の飼育経験があり、
しつけができる方が希望です。
また白黒のラブ系のミックス犬は、一度譲渡されましたが、
飼い主さんが病気になられ、新たな引き取り手を探しましたが、
出会いがなく、2月8日に放棄されました。
人に慣れていてとてもお利口さんです。
力が強いですが、優しい性格で怒ったりしません。
ご飯の前にはマテをする従順な子です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

北見保健所:0152-41-0632 
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kth/inunekojyouhou.htm





2.20ebetu.jpg

江別保健所では、成猫のメスが出会いを待っています。
この子は、1月12日の夜に江別市向ヶ丘で
寒さで衰弱して動けないところを
負傷動物として保護されました。
左目が白濁し、失明しています。
歯も10本以上抜けており高齢と思われます。
まだかなり緊張しており、人や物音に常に警戒しています。
前は固まっていただけでしたが、最近はパンチも繰り出します。
怖くてたまらない様子です。
食欲はありますが、時々お漏らしもあるようです。
焦らず猫のペースに合わせて暮らせる方、
最期まで根気よくお世話していける方をお待ちしております。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報のシェア、拡散のご協力もどうぞよろしくお願いします!

江別保健所:011-382-3054 
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/se/ke/inu-neko-newpage.htm

保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html



。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 21:41 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

2月13日の札幌市動物管理センター福移支所は

今日2月13日(水)の、札幌市動物管理センター福移支所には、
犬7頭と成猫30頭が収容されていました。

人間の余りに身勝手すぎる行動で犠牲になったマルチーズ系プードル?や
止むに止まれぬ事情で放棄になった猫たちがいました。

ペットを最期まで飼育出来ないなら、
最初から飼わない選択も立派なペットへの愛情だと思います。




<迷子犬>

98.jpg

収容犬98、2月5日、 清田区北野2条1丁目で保護されたメスのミニチュアダックス。

まだ1歳未満だと思いますが、斜頸がみられ、
脳に障害があるのかも知れません。

焦点が合わず意識的に見る様子はないですが、視力はありそうです。

マイクロチップは入っていましたが登録されていないため、
飼い主が分かりません。

おそらくショップで挿入後、所定の手続きしてい無かったのでしょう。

身体が不自由なのにも関わらず迷子になったとは考えづらく
遺棄されたのではないでしょうか。

迷子期限日は2月14日(木)です。





102 (2).jpg

収容犬102、白石区本郷通4丁目南9で保護されたオスのシェルティ。

毛並みもきれいで穏やかな子でした。

早くお迎えがありますように。

迷子期限は2月21日(木)です。





<迷子からの飼い主募集犬>

69.jpg


収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

変らない毎日のようです。

すっかりセンター犬のようなブルですが、
普段は大人しいのですが、スイッチが入ると止められなくなり、
これまで複数回の咬傷事故を起こしています。

飼い主さんはしっかり制御できる大人の男性が向いています。

飼育に際し危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡は不可となっています。





<放棄からの飼い主募集犬>

100101.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

神経質で気難しいところもありますが、
賢く、飼い主として認めた人には従順です。

飼育に際し危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡は不可となっています。





080701.jpg

収容犬080701、7歳のメスの柴犬ミュウは、
咬むとのことで放棄されました。

普段は大人しい性格ですが、
一旦怒りだしたら歯止めがきかなくなるところがある猛犬です。

大好きな散歩に行けず落ち込んでいました。

散歩から犬舎に入る際に、態度が豹変して、手が付けられなくなるそうです。

自ら楽しみを奪っているミュウですが、
本犬には知る由もなく、可哀想ですが仕方がありません。

飼育に際し危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡は不可となっています。





012401.jpg

収容犬012401、経済的な理由で放棄された愛称メルは7歳の去勢オス。

きれいな目をした性格の良い子です。

太り気味ですが、適正体重になれば一回り小さくなりそうです。

おすわりや待てなどができる子で躾が入っていました。

お散歩もアイコンタクトを取り何度も振り返って確認するそうです。

ただ大きな音がすると吠えたり咬むことがあるそうです。





102.jpg

置き去りにされていたメスのマルチーズ系プードル?。

飢えと寒さに耐えた生命力の強さには驚かされます。

ガリガリに痩せているので、ゆっくりと体調を整えていく必要があります。

今度こそ大切な家族になれますように・・・。





<迷子猫>

96.jpg

迷子収容猫F96、2月12日、北区北33条西4丁目で保護されたメスの黒猫。

迷子期限日は2月18日(月)です。





<迷子からの飼い主募集猫>

45.jpg

収容猫F45、愛称ポッキーは推定7歳の黒白猫の去勢オス。

交通事故で保護されましたが、大きな外傷はなかったので何よりです。

最近は人馴れしてきた様子です。

オヤツが大好きです。





56.jpg

収容猫F59、愛称ローラは、推定2歳の避妊メス。

いつもトイレの陰に隠れています。

なかなか慣れてくれません。

現在収容中の猫の中で一番の猛者のようで、
今日も変らず同じ位置で同じ体制で睨みを効かせていました。





収容猫F76、愛称ミズリーは推定5歳のメスの三毛猫は本所に行っていました。





77.jpg

収容猫F77、愛称ラッキーは推定3歳の黒猫のオス。

まだ威嚇をしたりしますが、少し慣れてきた様子でした。





82.jpg

収容猫F82、愛称チョ子は推定3歳の濃茶のメス。

珍しい毛色で、毛並みのきれいな猫です。

体調も回復し、いつもと変わりない様子でした。





89.jpg

収容猫F89、愛称まさのぶは推定3歳の黒白のオス。

少し臆病ですが、撫でさせてくれるようです。





90.jpg

収容猫F90、愛称ロックは推定5歳の黒白のオス。

鼻が黒くかわいい子です。





収容猫F91、愛称のりは推定5歳のオスは譲渡されました(2月12日)





94.jpg

収容猫94、黒茶長毛のメス。

まだ若そうです。

かわいらしい子です。





<放棄からの飼い主募集猫>

092701.jpg

収容猫F092701、愛称みけりんは13歳のメスの三毛猫。

臆病ですが、大分落ち着いてきました。





060401.060402.jpg

収容猫F060401愛称ネイ、060402愛称マールは共に15歳のキジ白のメス。

一緒に多頭の家から放棄されました。

年齢は高いですが、どちらも若々しくきれいです。

収容から8か月が過ぎましたが、なかなか出会いがありません。

仲良しの2頭ですが、同じご家庭にお迎え入れいただけたら最高です。





101007.jpg

収容猫F101007、愛称ぎんにゃんは推定3歳の黒の避妊メス。

近づくと逃げていき緊張しています。

安心できる家族ができますように・・・。





010801.jpg

収容猫F010801、愛称どんころは13歳の黒のオス。

以下のF010802と同じ家から放棄されました。

触らせてくれますが、緊張しているようです。





010802.jpg

収容猫F010802、愛称しまころは13歳の灰白猫のオス。

F010801と同じ家から放棄されました。

触らせてくれますが、緊張しているようです。






012201.jpg

収容猫F012201、17歳の高齢で放棄されたシャム系の去勢オス。

F012203と同じ家から放棄されました。

とても人懐こい良い子でした。

高齢なうえに放棄されたショックからか体調を崩していましたが、
職員の方の控室でケアをしていただいたお蔭で、
命が繋がりました!

回復するまでは譲渡を控えています。





012803.jpg

収容猫F012203、愛称ちび子は7歳のキジトラの避妊メス。

F00122001と同じ家から放棄されました。





012804.jpg

収容猫F012804、愛称ゆきえは11歳の黒のメス。

F012803と同じ家から放棄されました。

すこし緊張しているようです。

今日も毛布にすっぽり隠れて出てきませんでした。






020701.2.3.jpg

収容猫F020701、12歳の愛称まると
収容猫020702、12歳の愛称ふく。

そっくりな2頭ですが、しっぽが丸まっているのと真直ぐなのが違いです。


下記の020703と同じ家から放棄されました。




020701.2.3a.jpg

収容猫F020703、愛称うめは14歳のメスです。

上記のF020701、F020702と同じ家から放棄されました。

つぶれた耳と、短いしっぽが特徴です。

高齢で放棄された3頭。

最期を穏やかに暮らせるご理解ある方と巡り逢いますように・・・。





020801.020802.jpg

収容猫F020801、愛称ゆりえと
収容猫F020802、愛称ももえは共に11歳のメス。

一緒に放棄された2頭は、緊張して固まっていました。




012803.jpg

収容猫F020803、愛称うーもは推定3歳のメスです。

飼い主死亡のため、収容されました。

体格が大きく、攻撃性の強いそうです。

落ち着いて来たら変わってくれるかも知れません。




houki2.jpg

houki3.jpg

同じ家から放棄された2頭の猫。

緊張して固まっていました。






以下は、多頭放棄(餌やり)の猫たちです。

ビニールハウスで無責任に餌やりをされ、増えた末に収容されました。

若い猫が多く、全頭避妊・去勢手術が終わっています。

少しずつ慣れてきたようで、ケージ越しにリラックスしています。




082001.jpg

収容猫082001、愛称ポチは推定2歳の白黒の去勢オス。

体調を崩していましたが元気になりました。





082002.05.jpg

収容猫082002、愛称オペラは推定2歳の去勢オス。

表情に余裕も出てきました。

F082005、愛称パンは推定2歳の去勢オス。

この子も落ち着いてきました。




082010.jpg

収容猫082010、愛称フジは推定3歳の避妊メス。

体調を崩していましたが元気になりました。

いつもハンモックに入り、姿が見えずらいのですが、
F082001が守っているようです。





**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。





1.31nakasibetu.jpg

中標津保健所では、推定10歳位の中型のメスの
ミックス犬が出会いを待っています。
この子は、首輪と綱をつけた状態で保護され、
標津町役場で迷子公示しましたが、
飼い主のお迎えはなく1月29日に保健所に収容されました。
軽度の白内障がありますが、歯がキレイで毛艶も良いです。
人に飼われていたようですが、
ベタベタ甘える仕草は見せません。
咬む振りをすることがありますが咬みませんし、
しっぽを振ったりします。
散歩も上手ですし、排泄は外でするそうです。
性格は昔からの和犬タイプだそうで、
でもオヤツには釣られているようです。
募集期限は2月4日(月)です!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

中標津保健所: 0153-72-2168 
http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/nth/kainusibosyu.htm





2.4bekkai.jpg

別海町役場では、推定8歳以上の中型のメスの
ミックス犬が出会いを待っています。
この12月26日、別海町ごみ処理場内で保護された迷い犬ですが、
告示期間を過ぎても残念ながら
飼い主さんのお迎えはありませんでした。
町では第2の犬生として、愛情を持って終生飼養していただける
飼い主さまを募集しています。
シニア犬と思われますが食欲もあり大変元気です。
性格はとても人懐こく甘えん坊で、身体のどこを触っても嫌がりません。
また、オスワリやマテなど躾も入っており、
散歩も大好きでリードを引っ張ることもなく上手に歩きます。
ただ、人とのかかわりが欲しくなると要求吠えをしますので、
なるべく留守にしない家庭での飼養が向いていると思われます。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

別海町役場: 0153-75-2111 
https://betsukai.jp/oshirase/2440/





2019.02.06furano.jpg

富良野保健所には、飼い主の事情で放棄された
11歳のオスのミックス犬が出会いを待っています。
ほぼ外飼だったためか、被毛はムックムクです。
初対面からとてもフレンドリーで、誰にでも懐きます。
ドライフードをバリバリ食べ、瞳もキラキラ、
足腰もしっかりしていて本当に11歳?思うほどです。 
幸せになりたいのは、どの子も同じはず・・・
どうかご理解ある方との出会いが生まれますよう、
情報拡散やシェアのご協力もよろしくお願いします!

富良野保健所:0167-23-3161

http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/fth/ken3.pdf





2.8titose.jpg

千歳保健所では、3頭の成猫が出会いを待っています。
5歳の茶白の避妊メスは、7歳の避妊メスと
同じ家庭で飼育されていました。
身体は大きめで、くりっとした目が可愛いです。
すごいおとなしい子で、抱っこ出来ます。
ヨモ白は7歳の避妊メスで、ちょっと怖がりさんですが、
触らせてくれます。大きめの体格です。
推定1〜2歳の茶トラのオスは、2ヶ月たち、
触ろうとするとびくっとされますが、
頭をなでて欲しいとアピールするようになりました。
ヤンチャなようで、猫じゃらしは大好きで2つ破壊しました。
両耳の前後とあごから首にかけてハゲとかさぶたがあり、
お腹にもありました。傷なのか皮膚病なのか不明です。
多頭飼育のおうちから来た子ですが、このこだけなので、
感染性ではないと思われますが、
自分でかきむしってなかなか良くなりません。
便も緩くなりがちなので、アレルギーなどの可能性もあり、
ご飯を変えて少し良くなったようです。
ゆっくりケアしてくださる方、ぜひお願いします。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

千歳保健所:電話 0123-23-3175
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/cth/contents/mayoiinunekonetto.htm





2.12fukagawa.jpg

深川保健所では、年齢不詳のオスの
ラブラドールレトリバーが出会いを待っています。
この子は1月27日に警察で保護され、
28日に保健所に収容されましたが、飼い主の迎えはありませんでした。
収容当初は警戒心と怯えがあり、
もしかすると虐待されていたのかも知れません。
今は職員の方に懐いて、マテやオスワリのコマンドにも従い、
散歩も楽しめるようになりました。
健康面では、収容時は血便もあり、
食餌の量や柔らかさ等で対応していましたが、
今は普通便になり、適量も食べられるようになりました。
まだ痩せていますが、今後太って肉がついてくれたらと思います。
大型犬の扱いに慣れたご理解ある方との出会いを待っています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

深川保健所:電話 0164-22-1421
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/fth/inuneko_jouhou.htm





2.13kitami.jpg

北見保健所では2頭の犬が出会いを待っています。
推定3〜6歳のオスのテリア系は、
元気いっぱいで、やんちゃなところもある明るい子です。
人に慣れていて、いつもしっぽを振っています。
やんちゃな性格なので、犬の飼育経験があり、
しつけができる方が希望です。
また白黒のラブ系のミックス犬は、
一度譲渡されましたが、飼い主さんが病気になられ、
新たな引き取り手を探しましたが、
出会いがなく放棄されました。
人に慣れていてとてもお利口さんです。
体型は筋肉質で力は強いです。
優しい性格で怒ったりしません。
ご飯の前にはマテをする従順な子です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

北見保健所:0152-41-0632 
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kth/inunekojyouhou.htm




保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html



。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 20:47 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

2月7日の札幌市動物管理センター福移支所は

2月7日(木)の札幌市動物管理センター福移支所には
犬7頭、成猫23頭が収容されていました。

中には妊娠している猫もいて、
厳冬期であっても日照時間が長くなってきたので、
いよいよ猫たちの繁時期に入ってきました。

不幸な猫たちを増やさないようにするには繁殖制限しかありません。

飼い猫には必ず不妊手術をすること、外に出さないこと、
野良猫にも不妊手術を施していくことが望まれます。

小型犬たちは順調に譲渡になっていましたが、
脳障害があるようなミニチュアダックスの子犬が迷子で収容されていました。



<迷子犬>
98.jpg

収容犬98、2月5日、 清田区北野2条1丁目で保護されたメスのミニチュアダックス。

まだ1歳未満だと思いますが、目は見えていないようで、斜頸があります。

脳に障害があるのかも知れません。

マイクロチップは入っていましたが、登録されていないため、
飼い主が分かりません。

おそらくショップで挿入後、手続きしてい無かったのでしょう。

身体が不自由なのにも関わらず迷子になったとは考えづらく
遺棄されたのではないでしょうか。

迷子期限日は2月14日(木)です。





100.jpg

収容犬100、2月6日、手稲区前田6条12丁目で保護された黒茶白の柴犬の去勢オス。

飼い主を必死で待っているのでしょう・・・。

迷子期限日は2月15日(金)です。



収容犬101は飼い主さんのお迎えがあり返還されました。

外飼いだったのでしょうか・・・もう迷子になりませんように。





<迷子からの飼い主募集犬>

69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

今日も変らず過ごしていました。

すっかりセンター犬のようなブルですが、
普段は大人しいのですが、スイッチが入ると止められなくなり、
これまで複数回の咬傷事故を起こしています。

飼い主さんはしっかり制御できる大人の男性が向いています。

飼育に際し危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡は不可となっています。



収容犬92、推定10歳のトイプードル?の去勢オスは譲渡になりました!




<放棄からの飼い主募集犬>

100101.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

神経質で気難しいところもありますが、
賢く、飼い主として認めた人には従順です。

飼育に際し危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡は不可となっています。





080701.jpg

収容犬080701、7歳のメスの柴犬ミュウは、
咬むとのことで放棄されました。

普段は大人しい性格ですが、
一旦怒りだしたら歯止めがきかなくなるところがある猛犬です。

大好きな散歩に行けず落ち込んでいました。

散歩から犬舎に入る際に、態度が豹変して、手が付けられなくなるそうです。

自ら楽しみを奪っているミュウですが、
本犬には知る由もなく、可哀想ですが仕方がありません。

飼育に際し危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡は不可となっています。





収容犬011701、放棄された7歳のポメラニアンの去勢オスは譲渡になりました!(2月5日)





012401.jpg

収容犬012401、経済的な理由で放棄された愛称メルは7歳の去勢オス。

きれいな目をした性格の良い子です。

太り気味ですが、適正体重になれば一回り小さくなりそうです。

おすわりや待てなどができる子で躾が入っていました。

お散歩もアイコンタクトを取り何度も振り返って確認するそうです。

ただ大きな音がすると吠えたり咬むことがあるそうです。





<迷子猫>

迷子収容猫F94、2月4日、北区太平7条2丁目で保護された黒茶のメス。

体調不良だそうで心配です。

迷子期限日は2月8日(金)です。






95.jpg

迷子収容猫F95、2月5日、南区中の沢1丁目で保護された黒茶のメス。

妊娠中だそうで別部屋にいました。

迷子期限日は2月12日(火)です。






<迷子からの飼い主募集猫>

45.jpg

収容猫F45、愛称ポッキーは推定7歳の黒白猫の去勢オス。

交通事故で保護されましたが、大きな外傷はなかったので何よりです。

最近は人馴れしてきた様子です。

オヤツが大好きです。





56.jpg

収容猫F59、愛称ローラは、推定2歳の避妊メス。

いつもトイレの陰に隠れています。

なかなか慣れてくれません。

現在収容中の猫の中で一番の猛者のようで、
今日も変らず同じ位置で同じ体制で睨みを効かせていました。





76.jpg

収容猫F76、愛称ミズリーは推定5歳のメスの三毛猫。

ハンモックがお気に入りです。




77.jpg

収容猫F77、愛称ラッキーは推定3歳の黒猫のオス。

まだ威嚇をしたりしますが、少し慣れ落ち着いてきました。





82.jpg

収容猫F82、愛称チョ子は推定3歳の濃茶のメス。

珍しい毛色で、毛並みのきれいな猫です。

体調も回復したようです。





89 (2).jpg

収容猫F89、愛称まさのぶは推定3歳の黒白のオス。

少し臆病ですが、撫でさせてくれるようです。





90.jpg

収容猫F90、愛称ロックは推定5歳の黒白のオス。

鼻が黒くかわいい子です。





91.jpg

収容猫F91、愛称のりは推定5歳のオス。

下あごの黒い模様がトレードマークです。

前に出てきて愛想を振りまいてくれました。





収容猫F92、愛称おっしぃ、推定5歳の茶白の去勢オスは譲渡になりました!(2月7日)



収容猫F93、愛称ぴぃ助、推定9か月の黒長毛のオスは譲渡になりました!(2月7日)







<放棄からの飼い主募集猫>

092701.jpg

収容猫F092701、愛称みけりんは13歳のメスの三毛猫。

臆病ですが、大分落ち着いてきたようで、
顎を出して寝ているのを初めて目撃しました。





060401.060402.jpg

収容猫F060401愛称ネイ、060402愛称マールは共に15歳のキジ白のメス。

一緒に多頭の家から放棄されました。

年齢は高いですが、どちらも若々しくきれいです。

収容から8か月が過ぎましたが、なかなか出会いがありません。

2頭同じご家庭にお迎え入れいただけたら、こんなに嬉しいことはありません。





101007 (2).jpg

収容猫F101007、愛称ぎんにゃんは推定3歳の黒の避妊メス。

近づくと逃げていき緊張しています。

安心できる家族ができますように・・・。





010801.jpg

収容猫F010801、愛称どんころは13歳の黒のオス。

以下のF010802と同じ家から放棄されました。

触らせてくれますが、緊張しているようです。





010802.jpg

収容猫F010802、愛称しまころは13歳の灰白猫のオス。

F010801と同じ家から放棄されました。

触らせてくれますが、緊張しているようです。






012201.jpg

収容猫F012201、17歳の高齢で放棄されたシャム系の去勢オス。

F012203と同じ家から放棄されました。

とても人懐こい良い子でした。

高齢なうえに放棄されたショックからか体調を崩していましたので、
職員の方の控室でケアをしていただき大事に養生されていました。

少し元気を取り戻してきたようで、顔も上げられていましたが、
回復するまでは譲渡を控えています。





012803.jpg

収容猫F012203、愛称ちび子は7歳のキジトラの避妊メス。

F00122001と同じ家から放棄されました。





012804.jpg

収容猫F012804、愛称ゆきえは11歳の黒のメス。

F012803と同じ家から放棄されました。

すこし緊張しているようです。

毛布にすっぽり隠れて出てきませんでした。





以下は、多頭放棄(餌やり)の猫たちです。

ビニールハウスで無責任に餌やりをされ、増えた末に収容されました。

若い猫が多く、全頭避妊・去勢手術が終わっています。

少しずつ慣れてきたようで、ケージ越しにリラックスしています。




082001.jpg

収容猫082001、愛称ポチは推定2歳の白黒の去勢オス。

体調を崩していましたが元気になりました。





082002.jpg

収容猫082002、愛称オペラは推定2歳の去勢オス。

表情に余裕も出てきました。






082005.jpg

F082005、愛称パンは推定2歳の去勢オス。

この子も落ち着いてきました。




082010.jpg

収容猫082010、愛称フジは推定3歳の避妊メス。

体調を崩していましたが元気になりました。





**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。



1.31nakasibetu.jpg

中標津保健所では、推定10歳位の中型のメスの
ミックス犬が出会いを待っています。
この子は、首輪と綱をつけた状態で保護され、
標津町役場で迷子公示しましたが、
飼い主のお迎えはなく1月29日に保健所に収容されました。
軽度の白内障がありますが、歯がキレイで毛艶も良いです。
人に飼われていたようですが、
ベタベタ甘える仕草は見せません。
咬む振りをすることがありますが咬みませんし、
しっぽを振ったりします。
散歩も上手ですし、排泄は外でするそうです。
性格は昔からの和犬タイプだそうで、
でもオヤツには釣られているようです。
募集期限は2月4日(月)です!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

中標津保健所: 0153-72-2168 
http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/nth/kainusibosyu.htm





2.1hidaka.jpg

日高振興局の静内保健所では、
中型のミックス犬のオスが出会いを待っています。
ちょっと臆病な面もありますが、
何度か繰り返すことで、
人の言葉も理解してくれる人懐こいお利口さんです。
食欲も旺盛で散歩が大好きです。
散歩中はリードを強く引くことはありませんし、
コース変更にも素直に従ってくれます。
犬舎内ではよくお昼寝をしています。
最後まで寄り添ってくれる飼い主さんをお待ちしております。
募集期限は、2月8日(金)です!
幸せになりたいのは、どの子も同じはず・・・
どうかご理解ある方との出会いが生まれますよう、
情報拡散やシェアのご協力もよろしくお願いします!

日高振興局:0146-22-9254
http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutuaigokannri.htm





2.4bekkai.jpg

別海町役場では、推定8歳以上の中型のメスの
ミックス犬が出会いを待っています。
この12月26日、別海町ごみ処理場内で保護された迷い犬ですが、
告示期間を過ぎても残念ながら
飼い主さんのお迎えはありませんでした。
町では第2の犬生として、愛情を持って終生飼養していただける
飼い主さまを募集しています。
シニア犬と思われますが食欲もあり大変元気です。
性格はとても人懐こく甘えん坊で、身体のどこを触っても嫌がりません。
また、オスワリやマテなど躾も入っており、
散歩も大好きでリードを引っ張ることもなく上手に歩きます。
ただ、人とのかかわりが欲しくなると要求吠えをしますので、
なるべく留守にしない家庭での飼養が向いていると思われます。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

別海町役場: 0153-75-2111 
https://betsukai.jp/oshirase/2440/





2019.02.06furano.jpg

富良野保健所には、飼い主の事情で放棄された
11歳のオスのミックス犬が出会いを待っています。
ほぼ外飼だったためか、被毛はムックムクです。
初対面からとてもフレンドリーで、誰にでも懐きます。
ドライフードをバリバリ食べ、瞳もキラキラ、
足腰もしっかりしていて本当に11歳?思うほどです。 
幸せになりたいのは、どの子も同じはず・・・
どうかご理解ある方との出会いが生まれますよう、
情報拡散やシェアのご協力もよろしくお願いします!

富良野保健所:0167-23-3161
http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/fth/inuneko.htm





2.7oho-tuku.jpg

オホーツク管内の保健所では犬2頭、猫3頭が出会いを待っています。
紋別保健所収容の推定10歳の柴系ミックス犬のメスは、
野犬で捕獲されましたが、大人しく攻撃性もないことから、
保健所では命をつないでくださいました。
少し怖がりですが、おっとりした性格です。
また北見保健所収容の推定3〜6歳のオスのテリア系は、
元気いっぱいで、ヤンチャなところもある明るい子です。
網走保健所収容のキジ白のオスは、
交通事故によるものか骨盤を骨折していましたが、
ほぼ健康な猫のように歩けるようになり、
自力排泄も問題なくできるようになりました。
穏やかな性格で、怒ったりすることもなく、
抱っこも大好きな人懐こい子です。
また茶トラの推定3〜4か月のオスの子猫は、
左眼を失明していますが、生活に支障なく過ごせています。
まだまだ毛布をふみふみしたい子猫で、
トイレは猫砂で大丈夫です。
とにかく甘えん坊でいつでも人と一緒にいたい子で、
触れられている間はずーっとゴロゴロ言ってます♪
白黒のファニーフェイスのオスは、ケガでうまく歩けませんでしたが、
ようやく治りました。顔、声、性格が言えず個性的でかわいい子です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

オホーツク総合振興局:0152-41-0632 
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/bosyu.htm



保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 20:54 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

1月31日の札幌市動物管理センター福移支所は

1月31日(木)の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬7頭、猫24頭が収容されていました。

今日は時折り青空は覗くものの荒れ模様で
福移支所に行く道中はホワイトアウト状態でした。

福移支所は、札幌市の外れに位置しますので、気軽に足を運ぶことが出来ません。
1日も早く愛護センターが建設されますように・・・。



<迷子犬>

96.jpg

収容犬96、1月23日、豊平区美園1条1丁目で保護された黒茶のミニチュアダックス。

体格は小さめでマズルの短いかわいい子です。

迷子期限日は1月31日でしたが、とうとうお迎えはありませんでした・・・。





<迷子からの飼い主募集犬>

69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

普段は大人しいのですが、スイッチが入ると止められなくなり、
これまで複数回の咬傷事故を起こしています。

飼い主さんはしっかり制御できる大人の男性が向いています。

飼育に際し危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡は不可となっています。





収容犬91、推定5歳のハスキー系ミックスのメスは譲渡になりました!





92.jpg

収容犬92、推定10歳のトイプードル?の去勢オス。

収容時は被毛は汚れ、毛は伸び放題でフェルト化していましたが、
トリミングで見違えるようになりました!

目も白濁しているのでシニア犬のようです。

センター一押しの性格の良い子です。

酷い飼育をされていたのに、素直なままのいい子です。





<放棄からの飼い主募集犬>

100101.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

神経質で気難しいところもありますが、
賢く、飼い主として認めた人には従順です。

飼育に際し危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡は不可となっています。





080701.jpg

収容犬080701、7歳のメスの柴犬ミュウは、
咬むとのことで放棄されました。

普段は大人しい性格ですが、
一旦怒りだしたら歯止めがきかなくなるところがある猛犬です。

散歩は大好きですが、自分の思い通りにならないと
些細なことでも散歩中に咬みついてくるとのことで、
散歩は中止になっていました。

飼育に際し危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡は不可となっています。





011701.jpg

収容犬011701、放棄された7歳のポメラニアンの去勢オス。

口元が白い他は真っ黒でライオンカットされていました。

犬舎内を元気に走り回っているそうで、
ちょっと忙しない子です。

人懐こくかわいい子です。

食餌もしっかり食べているので元気そうです。

吠えるとのことですので、
近隣への配慮が出来る環境が整っている方が向いています。






012901.jpg

収容犬012401、経済的な理由で放棄された7歳の去勢オス。

きれいな目をした性格の良い子です。

太り気味ですが、適正体重になれば一回り小さくなりそうです。

おすわりや待てなどができる子ですが、
大きな音がすると吠えたり咬むことがあるそうです。





<迷子猫>
89.jpg

収容猫F89、1月28日、白石区北郷8条3丁目で保護された白黒のオス。

迷子期限日は2月1日(金)です。





90.jpg

収容猫F90、1月29日、中央区南13条西9丁目で保護された白黒のオス。

下記の2頭も同住所で保護されています。

迷子期限日は2月4日(月)です。





91.jpg

収容猫F91、1月29日、中央区南13条西9丁目で保護された白黒のオス。

人慣れしていそうです。

迷子期限日は2月4日(月)です。





92 (2).jpg

収容猫F92、1月29日、中央区南13条西9丁目で保護された茶白の去勢オス。

終始リラックスしていました。

爪も切っていましたし、毛もきれいで、
飼い猫が逃げたのか上記と同じ住所なのも不思議です。

迷子期限日は2月4日(月)です。





93.jpg

収容猫F93、1月29日、
清田区真栄 白旗山活用センターで保護された黒長毛のオス。

まだ1歳未満のようです。

人に慣れているようでした。

迷子期限日は2月4日(月)です。






<迷子からの飼い主募集猫>

収容猫F11、推定5歳のキジトラの避妊メスはついに譲渡になりました!





45.jpg

収容猫F45、推定7歳の黒白猫の去勢オス。

交通事故で保護されましたが、大きな外傷はなかったので何よりです。

今日もトイレを占拠中でした。

オヤツが大好き、人慣れ社会勉強中です。





59.jpg

収容猫F59、推定2歳の避妊メスは、いつもトイレの陰に隠れています。

なかなか慣れてくれません。

現在収容中の猫の中で一番の猛者のようで、
今日も変らず同じ位置で同じ体制で睨みを効かせていました。





76.jpg

収容猫F76、推定5歳のメスの三毛猫はきれいな猫です。

ハンモックが気に入っているようです。




77.jpg

収容猫F77、推定3歳の黒猫のオスは、
少し慣れ落ち着いてきました。





82.jpg

収容猫F82、推定3歳の濃茶のメス。

珍しい毛色で、毛並みのきれいな猫です。

体調が良くないようで別室にいました。





<放棄からの飼い主募集猫>

092701.jpg

収容猫F092701、放棄された13歳のメスの三毛猫。

臆病ですが、大分落ち着いてきたようです。





060401.jpg

収容猫F060401、15歳のキジ白のメス。

以下のF060402と一緒に多頭の家から放棄されました。

長毛のきれいな猫で、年齢よりも若く見えます。





060402.jpg

収容猫F060402、15歳のキジ白のメスは、
F060401と一緒に多頭の家から放棄されました。

2頭とも高齢ですが、見た目はとても若々しいです。

大人しく控えめです。

収容から7か月が過ぎましたが、なかなか出会いがありません。





101007.jpg

収容猫F101007、推定3歳の黒の避妊メス。

近づくと逃げていき緊張しています。





010801.jpg

収容猫F010801、13歳の黒のオス。

以下のF010802と同じ家から放棄されました。

触らせてくれますが、緊張しているようです。





010802.jpg

収容猫F010802、放棄された13歳の灰白猫。

触らせてくれますが、緊張しているようです。






122001.jpg

収容猫F012201、17歳の高齢で放棄されたシャム系の去勢オス。

F012202、F012203と同じ家から放棄されました。

とても人懐こい良い子でした。





収容猫F012801は譲渡されました(1月29日)

収容猫F012802は譲渡されました(1月29日)




012803.jpg

収容猫F012203、7歳のキジトラの避妊メス。

かわいそうに毛布にすっぽり隠れて出てきませんでした。

F012201、F012202と同じ家から放棄されました。





012804.jpg

収容猫F012804、放棄された11歳の黒のメス。

F012801、F012802、F012803と同じ家から放棄されました。

すこし緊張しているようです





以下は、多頭放棄(餌やり)の猫たちです。

ビニールハウスで無責任に餌やりをされ、増えた末に収容されました。

若い猫が多く、全頭避妊・去勢手術が終わっています。

少しずつ慣れてきたようで、ケージ越しにリラックスしています。




082001.jpg

収容猫082001、推定1歳の白黒の去勢オス。

体調を崩していましたが元気になりました。





082002.jpg

収容猫082002、推定2歳の去勢オス。

表情に余裕も出てきました。






082005.jpg

F082005、推定2歳の去勢オス。

この子も落ち着いてきました。




082010.jpg

収容猫082010、推定3歳の避妊メス。

体調を崩していましたが元気になりました。





**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。




1.23esasi.jpg

江差保健所では、推定10歳の白茶のオスの成猫が出会いを待っています。
この子は、1月11日に、江差町字田沢町681で保護されましたが、
寒さで衰弱していました。
保健所に収容されてからは、怯えからかシャーと言いますが、
触らせてくれますし、攻撃することはなく大人しい子のようです。
オヤツも大好きですし、食欲もあり排泄にも問題ありません。
心を開いてくれるまでには時間がかかりそうですが、
辛抱強く心を開いて下さるご理解のある方をお待ちしています。
なお、譲渡後は動物病院を受診して下さい。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

檜山振興局 保健環境部 環境生活課: 0139-52-6494
江差保健所 生活衛生課:0139-52-1053





1.28hidaka.jpg

日高振興局では、中型のミックス犬のオスが出会いを待っています。
ちょっと臆病な面もありますが、人懐こくお利口さんです。
食欲も旺盛で散歩が大好きです。
散歩中はリードを強く引くことはありませんし、
コース変更にも素直に従ってくれます。
犬舎内ではよくお昼寝をしています。
最後まで寄り添ってくれる飼い主さんをお待ちしております。
募集期限は、2月8日(金)です。
幸せになりたいのは、どの子も同じはず・・・
どうかご理解ある方との出会いが生まれますよう、
情報拡散やシェアのご協力もよろしくお願いします!

静内保健所:0146-22-9254
http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutuaigokannri.htm





1.29oho-tuku.jpg


網走保健所では、2頭の猫が出会いを待っています。
キジ白のオスは、昨年12 月19 日、
佐呂間町で動けなくなっているところを保護されました。
交通事故によるものか骨盤を骨折していましたが、
ほぼ健康な猫のように歩けるようになり、
自力排泄も問題なくできるようになったので、
新しく飼い主になっていただける方を探しています。
声が小さい子です。食欲は旺盛でトイレも猫砂OKです。
穏やかな性格で、怒ったりすることもなく、
抱っこも大好きな人懐こい子です。
オヤツもお行儀よく食べていて、落ち着いたお年頃のようです。
また茶トラの推定3〜4か月のオスの子猫は、
昨年12 月27 日、北見市常呂町で
動けなくなっているところを保護されました。
左眼を失明していますが、生活に支障なく過ごせています。
まだまだ毛布をふみふみしたい子猫で、トイレは猫砂で大丈夫です。
ごはんはドライフードと缶詰を食べています。
とにかく甘えん坊でいつでも人と一緒にいたい子で、
触れられている間はずーっとゴロゴロ言ってます♪
ケージの中でもお利口さんで落ち着いている子のようです。
募集期限はどちらも2月12日(火)迄です!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

オホーツク総合振興局:0152-41-0632  
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/fusyo.htm





1.31nakasibetu.jpg

中標津保健所では、推定10歳位の中型のメスの
ミックス犬が出会いを待っています。
この子は、首輪と綱をつけた状態で保護され、
標津町役場で迷子公示しましたが、
飼い主のお迎えはなく1月29日に保健所に収容されました。
軽度の白内障がありますが、歯がキレイで毛艶も良いです。
人に飼われていたようですが、
ベタベタ甘える仕草は見せません。
咬む振りをすることがありますが咬みませんし、
しっぽを振ったりします。
散歩も上手ですし、排泄は外でするそうです。
性格は昔からの和犬タイプだそうで、
でもオヤツには釣られているようです。
募集期限は2月4日(月)です!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

中標津保健所: 0153-72-2168 
http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/nth/kainusibosyu.htm


保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html

posted by しっぽの会 at 20:41 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

1月23日(水)の札幌市動物管理センター福移支所は

今日、1月23日(水)の札幌市動物管理センター福移支所には
犬8頭、成猫22頭が収容されていました。

15時過ぎには天気が荒れだして来ましたが、

昨日今日と成猫3頭が譲渡になりました!



<迷子犬>

94.jpg

収容犬94、1月16日、白石区南郷通13丁目南でケージごと
保護されたコーギー系のメス。

赤い首輪がついていますが、遺棄されたようです。

両後肢肉球が凍傷のように赤くなっていたそうですが
腫れがひいてきて、歩き方も良くなってきたそうです。

犬舎の奥で固まっていましたが、
食餌の時はすっと前に出てきて、食欲も旺盛です。





95.jpg

収容犬95、1月22日、白石区南郷通15丁目南で保護されたオスのトイプードル。

青い首輪をつけていました。

とても人懐こくて甘えん坊でした。

迷子期限日は1月30日(水)です。






<迷子からの飼い主募集犬>

69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

普段は大人しいのですが、スイッチが入ると止められなくなり、
これまで複数回の咬傷事故を起こしています。

飼い主さんはしっかり制御できる大人の男性が向いています。

飼育に際し危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡は不可となっています。





91.jpg

収容犬91、推定5歳のハスキー系ミックスのメス。

臆病で怖がりですが、大人しく穏やかな性格です。

食餌も人前では食べられないそうですから、
まだ緊張しているのかも知れません。

信頼関係が出来れば、かけがえのないパートナーとなってくれそうです。

いつもしっぽを丸めていますが、撫でられるのは好きなようです。





92.jpg

収容犬92、推定10歳のトイプードル?の去勢オス。

収容時は被毛は汚れ、毛は伸び放題でフェルト化していましたが、
トリミングで見違えるようになりました!

目も白濁しているのでシニア犬のようです。

性格は人懐こく穏やかです。





<放棄からの飼い主募集犬>

100101.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

神経質で気難しいところもありますが、
賢く、飼い主として認めた人には従順です。

飼育に際し危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡は不可となっています。





080701.jpg

収容犬080701、7歳のメスの柴犬ミュウは、
咬むとのことで放棄されました。

普段は大人しい性格ですが、
一旦怒りだしたら歯止めがきかなくなるところがある猛犬です。

散歩は大好きです♪

ただ飼育に際し危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡は不可となっています。





011701.jpg

収容犬011701、放棄された7歳のポメラニアンの去勢オス。

口元が白い他は真っ黒でライオンカットされていました。

犬舎内を元気に走り回っているそうで、
食餌もしっかり食べているので元気そうです。

人懐こい子です。


吠えるとのことですので、
近隣への配慮が出来る環境が整っている方が向いています。





<迷子猫はいませんでした>




<迷子からの飼い主募集猫>

11.jpg

収容猫F11、推定5歳のキジトラの避妊メス。

食べるのが大好きで、少しずつ人にも慣れてきました。





45.jpg

収容猫F45、推定7歳の黒白猫の去勢オス。

交通事故で保護されましたが、大きな外傷はなかったので何よりです。

今日はトイレから出てきませんでした。

オヤツが大好きです。

人慣れ社会勉強中です。





収容猫F51、推定3歳の黒のオスは譲渡になりました!

いつも必死に鳴いていたので、本当に良かったです!




59.jpg

収容猫F59、推定2歳の避妊メスは、いつもトイレの陰に隠れています。

なかなか慣れてくれません。

現在収容中の猫の中で一番の猛者のようで、
今日も変らず同じ位置で同じ体制で睨みを効かせていました。





76.jpg

収容猫F76、推定5歳のメスの三毛猫はきれいな猫です。

まだ慣れていませんが、表情が柔らかくなりました。





77.jpg

収容猫F77、推定3歳の黒猫のオスは、
少し慣れ落ち着いてきたのか、収容ケージも変わっていました。





82.jpg

収容猫F82、推定3歳の濃茶のメス。

少しずつ慣れてきつつあります。

珍しい毛色で、毛並みのきれいな猫です。

最近丸くなって体格も良くなってきました。





85.jpg

収容猫F85、黒灰のメスは大人しい性格です。

とても小柄な猫でかわいい子です。

かわいいピンクの首飾りをつけていました。






<放棄からの飼い主募集猫>

092701.jpg

収容猫F092701、放棄された13歳のメスの三毛猫。

臆病ですが、大分落ち着いてきたようです。





060401.jpg

収容猫F060401、15歳のキジ白のメス。

以下のF060402と一緒に多頭の家から放棄されました。

長毛のきれいな猫で、年齢よりも若く見えます。





060402.jpg

収容猫F060402、15歳のキジ白のメスは、
F060401と一緒に多頭の家から放棄されました。

2頭とも高齢ですが、見た目はとても若々しいです。

大人しく控えめです。

収容から7か月が過ぎましたが、なかなか出会いがありません。





101007.jpg

収容猫F101007、推定3歳の黒の避妊メス。

餌やりされていた猫で、F101012、F11601らと一緒に多頭で収容されました。

近づくと逃げていき緊張しています。





収容猫F122104、1歳のキジ白のメスは譲渡されました!(1月22日)





111601.jpg

収容猫F111601、推定2歳の避妊メス。

餌やりの末、F101007、F101012らと一緒に多頭で収容されました。

臆病でいつも隠れていますが、触らせてくれるそうです。

もう1頭のF101012がハンモックの中で下になって隠れています。






010802.jpg

収容猫F010802、放棄された13歳の灰白猫。

触らせてくれますが、緊張しているようです。





収容猫F011001、8歳のキジトラ白の去勢オスは譲渡されました!(1月22日)






012201.jpg

収容猫F012201、17歳の高齢で放棄されたシャム系の去勢オス。

F012202、F012203と同じ家から放棄されました。

とても人懐こい良い子でした。





122002.jpg

収容猫F012202、上記と一緒に放棄された9歳の黒の去勢オス。

F012201、F012203と同じ家から放棄されました。

収容されたばかりで警戒していました。





012203.jpg

収容猫F012203、7歳のキジトラの避妊メス。

かわいそうに毛布にすっぽり隠れて出てきませんでした。

F012201、F012202と同じ家から放棄されました。






以下は、多頭放棄(餌やり)の猫たちです。

ビニールハウスで無責任に餌やりをされ、増えた末に収容されました。

若い猫が多く、全頭避妊・去勢手術が終わっています。

少しずつ慣れてきたようで、ケージ越しにリラックスしています。




082001.jpg

収容猫082001、推定1歳の白黒の去勢オス。

体調を崩し別部屋にいましたが、元気になりました!





082005.082002.jpg

収容猫082002、F082005、どちらも推定2歳の去勢オス。

2頭は仲良しです。

大分落ち着いていました。





082010.jpg

収容猫082010、推定3歳の避妊メス。

この子も体調を崩していましたが元気になりました。





**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。



皆さまに情報拡散やシェアのご協力をいただいていました宗谷総合振興局の
稚内保健所の7頭の猫たちは、
子猫2頭は譲渡になり、他の猫たちも引き取り先が決まったようです!

お迎え入れやご協力本当にありがとうございました!

他の保健所にも行き場を失っている猫たちが収容されていますので、
引き続きよろしくお願いいたします!




1.16ebetu.jpg

迷子の柴犬は飼い主さん募集となり譲渡になりました!
江別保健所では、2頭の成猫が出会いを待っています。
黒猫のオスは、10月2日に収容されました。
もと野良猫のようで、ほとんど人慣れをしておらず、
いつも威嚇をして鳴いています。
とても臆病ですが、触ろうとしなければ攻撃はしてきません。
綺麗な毛並みで、食欲は旺盛で元気です。まだ若いと思われるので、
根気よく猫と接して頂ける方をお待ちしております。
サバトラのメスは、12月13日に迷子で保護されましたが、
お迎えはありませんでした。
人なつこく可愛い猫で、食欲は旺盛で、
ごはんの度に鳴いてアピールします。
人が大好きで誰にでもスリスリですが、
乗り物に乗った時や環境が大きく変わった時に
嘔吐・下痢をすることが多いそうです。
口臭等の口の状態から、高齢である可能性もあります。
最期まで愛情を持って猫と暮らしていける方をお待ちしております。
また柴犬は12月31日、江別市西野幌935-1(パークゴルフ場)で保護されました。
保護した方が自宅で預かっていたそうですが
、飼い主は現れず保健所でも飼い主を探しています。
迷子期限は1月22日(火)です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報のシェア、拡散のご協力もどうぞよろしくお願いします!

江別保健所:011-382-3054 
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/se/ke/inu-neko-newpage.htm





1.17kusiro.jpg

釧路保健所では、2頭の成猫と標茶支所では1頭の
ミックス犬が飼い主を募集しています。
1歳の白黒猫は、11月29日、放棄されました。
11月29日、持ち込まれました。
室内で飼われていたのできれいです。
お母さんやきょうだいと一緒に育ち、
人とは触れあってこなかったようです。
最初は警戒バリバリでしたが、
短期間で見違えるほど甘えん坊になり、おしゃべりです。
のびのびした様子を見せてくれるようになりましたが、
臆病な部分もあります。
引きこもり娘でケージから出るのを少しためらいます。
推定1歳の小柄なサビ猫は、
11月29日、釧路市弥生で保護されました。
性格のいいサビっ子です。
きれいなグリーンの目をしています。
体重も増えてだいぶ丸くなりました。
おとなしく人によく馴れています。
飼いやすい、文句なしのいい子なのに声が掛かりません。
お行儀良くよく待っているんだけどな〜とのことです。
標茶支所に収容された7歳のメスのミックス犬は、
飼い主探しノートに掲載してきましたが
問い合わせがありませんでした。
1月1日で7才になった体高45cm、体長50cm、体重17kgの子です。
あまり食欲がなくちょこちょこ食いでしたが、
ふやかしたカリカリに缶詰を混ぜたところ
初めていい食いつきを見せましたそうで、
お座りやお手ができます。
一緒に暮らしてきた姉妹犬とゴールデンは
先に新しい飼い主さんが見つかり、
飼い主とも離れ不安そうでしたが、
少し落ち着いてきました。
臆病ですが攻撃性はありません。
撫でていてやめるともっとと催促、
おやつを頂戴と手を動かして催促してきます。
恐怖心がなくなれば甘えん坊になりそうな、
寂しがり屋のかわいい子です。
飼い主の体が不自由になってから
十分に散歩できなかったようですが、
車に乗るのが好きだそうです。
外に行くとうれしそうで、
引っ張ることなく人の様子を伺いながら
散歩しているそうです。
寒い犬舎で、湯たんぽで頑張っているので、
早く飼い主さんが見つかってくれることを願っています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

釧路総合振興局:0154-43-9155 標茶支所:01548-5-2155 

http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm






1.18titose.jpg

千歳保健所では、2頭の成猫が出会いを待っています。
8歳のキジトラ猫は飼い主に放棄されました。
顔が大きいですが太ってはいません。
攻撃性はありませんが、怖がりさんなので時々低い声で唸ったり、
「シャー」とします。
背中を撫でてあげると、小さな声で嬉しそうに泣いてくれるそうで、
一緒に来た子が先に居なくなってしまい、寂しくしています。
また推定1〜2歳の茶トラ白は、痩せ型です。
とってもシャイで、扉を開けてもケージから出ようせず、
頭を触られるのが苦手です。
触ろうとするとシャー!とパンチされますが猫じゃらしは大好きです。
人前でもウトウトしたり、ご飯を食べたり出来るので、
落ち着いた環境なら慣れてくれそうです。
両耳の前後とあごから首にかけてハゲとかさぶたがあり、
傷なのか皮膚病なのか不明ですが、多頭飼育されたうちの、
この子だけハゲがあるので感染性ではないと思われます。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

千歳保健所:電話 0123-23-3175
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/cth/contents/mayoiinunekonetto.htm





01.23oho-tuku.jpg

網走保健所では、2頭の猫が出会いを待っています。
キジ白のオスは、昨年12 月19 日、
佐呂間町で動けなくなっているところを保護されました。
交通事故によるものか骨盤を骨折していましたが、
ほぼ健康な猫のように歩けるようになり、
自力排泄も問題なくできるようになったので、
新しく飼い主になっていただける方を探しています。
声が小さい子です。食欲は旺盛でトイレも猫砂OKです。
穏やかな性格で、怒ったりすることもなく、
抱っこも大好きな人懐こい子です。
オヤツもお行儀よく食べていて、落ち着いたお年頃のようです。
また茶トラの推定3〜4か月のオスの子猫は、
昨年12 月27 日、北見市常呂町で動けなくなっているところを保護されました。
左眼を失明していますが、生活に支障なく過ごせています。
まだまだ毛布をふみふみしたい子猫で、トイレは猫砂で大丈夫です。
ごはんはドライフードと缶詰を食べています。
とにかく甘えん坊でいつでも人と一緒にいたい子で、
触れられている間はずーっとゴロゴロ言ってます♪
ケージの中でもお利口さんで落ち着いている子のようです。
募集期限はどちらも2月12日(火)迄です!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

オホーツク総合振興局:0152-41-0632 
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/fusyo.htm

保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。
☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html



。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.
動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


posted by しっぽの会 at 20:38 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする