2023年02月03日

2月3日(金)の札幌市動物管理センター福移支所と北海道立保健所情報

2月3日(金)の札幌市動物管理センター福移支所には、成犬6頭、成猫36頭(譲渡不可含む)が収容されていました。

子猫はいませんでした。

新たにプードル系が2頭、テリア系の中型犬が1頭、放棄されていました。

本日は譲渡になった犬猫はいませんでした。

積雪で道路幅が狭くなった走りにくくなっていますが、犬猫のお迎え入れ予定のある方は来庁されてみてはいかがでしょうか。


<迷子犬>

迷子犬はいませんでした。



<迷子からの飼い主募集犬>

11.jpg

収容犬11、愛称まめは推定8歳の茶白の柴犬のメスです。

首元を触られるのは嫌がるので注意が必要ですが、特定のスタッフの方も注意しながら触れるようになってきました。

ソワソワして落ち着きもなかったまめですが、人の話もよく聞いて落ち着きも出てきました。

お散歩が大好きです。



<放棄からの飼い主募集犬>

<即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)>

センターHPより
咬み癖があるなど、飼養管理に危険が伴うことが想定されます。
譲渡を希望される場合は、複数回の見学と入念な検討を重ねていただくとともに、
面談において家族構成や飼養環境、飼育歴など、より詳細に確認いたします。

102701.jpg

収容犬102701、愛称ゆき、推定8歳のメスの北海道犬は飼い主死亡のため2020年10月に放棄されました。

お散歩が大好きで喜んで散歩します。

気難しいところがあり気に入らないとスィッチが入るそうですが、以前よりは減って来たそうです。

昨夏以降、老いが進んできたようとのことです。
耳の聞こえも悪くなり反応も動作もゆっくりになってきました。

いつもカメラ目線で応えてくれます。

お散歩は大好きなようです。

北海道犬の特性を理解している方との出会いをお待ちしています。



082601.jpg

収容犬082601、愛称まーちゃん、推定9歳のサビ柄の北海道犬のメスです。

まーちゃんも、スイッチが入る時がありますが、いつもは大人しくしています。

男性と子供さんが苦手なまーちゃん。

最近はカメラにも慣れてきました。

北海道犬の扱いに慣れたリーダーになってくれる温かな方との出会いがありますように…。



<迷子猫>

いませんでした。



<迷子からの飼い主募集猫>

23.jpg

収容猫F23、愛称さわらは、推定4歳の黒の去勢オスです。

いつもと何もかも変わらず、、、今日もハンモックの中にいました。



34.jpg

F34、愛称いっこは推定5歳の去勢オスです。

収容当初、顎を骨折しており、動物病院に治療を行っていただき再度処置が必要だそうです。

大人しく人慣れしています。



F37、愛称ここ、キジトラの推定7歳のメスは譲渡になりました。(2月2日)



39.jpg

F39、迷子だった推定1歳のキジトラのオスは、全く人馴れしておらず激しく威嚇してきました。

馴れるには時間がかかりそうですが、まだ体も小さく大人になっていない感じがしました。

背中の一部を負傷して毛が抜けているようですが、治りかけている状態とのことです。




<放棄からの飼い主募集猫>

021014.jpg

F021004、愛称カッちゃんは推定5歳のキジトラのメスです。

カツちゃんはお腹の調子も良くなり、食欲も出て元気でした。

人慣れもしてきました。



051101.jpg

051101、愛称ワックスは推定2歳の去勢オスです。

あまり人に慣れていませんが、怒ったりせずいつも静かです。



051102.jpg

F051102、愛称リンスは推定5歳の黒茶白の避妊メスです。

いつも寝ていることが多く、今日もワックスとくっついて寝ていました。



051205.jpg

F051205、愛称ジャネットは黒茶の推定13歳のメスです。

当初は威嚇していたジャネットも今ではスリスリゴロニャンになりました。



062104.jpg

F062104、愛称ライトは推定5歳の去勢オスです。

人懐こくて遊び好きな子です。



102401.jpg

F102401、愛称プンは、6歳の去勢オスです。

収容当初からかなり攻撃的ですぐにパンチが飛んで来たそうです。

最近は穏やかな表情を見せてくれていますが手に反応し噛みつくようです。

お子さまのいないご家庭が良いと思います。



121202.jpg

F121202、愛称ごっこは推定2歳の避妊メスです。

車庫で猫5頭を飼養していた飼い主が病気で飼養継続できなくなり放棄され、最後の1頭になりました。

あまり人馴れしておらず、近づくと威嚇してきます。



011301.jpg

F011301、愛称ブルーは推定5歳のオスです。

まだ人や環境に慣れていなく激しく攻撃し威嚇をします。

また、ストレスからか現状あまり食欲がありません。



センターHPより

多頭飼育崩壊による放棄収容猫(令和4年10月引取案件)
独居で猫8頭を飼養していた飼い主が病気となり、飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
オス2頭は人に慣れていて甘えてきますが、メスは比較的慣れていない個体もいます。


102701 (2).jpg

F102701、愛称大吉は推定12歳の黒の去勢オスです。

積極的に甘えてくる懐こい子です。



102704.jpg

F102704、愛称小吉は、推定5歳の白黒のメスです。

この子も人慣れしていて大人しいです。



102705.jpg

F102705、愛称平(ひら)は推定5歳の白黒のメスです。

人慣れしていて大人しいです。



102706.jpg

F102706、愛称吉は推定5歳のサビのメスです。

人慣れしていて大人しいです。体も小さく美猫です。



センターHPより

多頭飼育崩壊による放棄収容猫(令和4年11月引取案件)
猫13頭を飼養していた飼い主が高齢のため飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
人慣れしている個体が多いです。

111601.jpg

F111601、愛称ガンマは、7歳の黒茶のオスです。

積極的に甘えてくるわけではありませんが、触らせてくれます。



111602.jpg

F111602、愛称デルタは、7歳の黒のオスで甘えてきます。

ケージのドアが開くとすかさずストーブの前に行きました。

両目が白濁しています。

お家の子になれたら良いですね。



111604.jpg

F111604、愛称シグマは、7歳の黒の去勢オスです。

臍ヘルニアがありましたが、整復手術が済みました。

細くて長いしっぽは先が2つに折れたカギしっぽです。



111605.jpg

F111605、愛称イオラは、黒茶のオスです。

人慣れしていて大人しい子です。



多頭飼育崩壊による放棄収容猫(令和4年12月引取案件)
多数の猫を飼養していた飼い主が飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
人馴れしていて健康状態も比較的安定している個体が多いですが、一部の猫はセンターの環境に慣れないのか、元気や食欲なく過ごしています。

121205.jpg

F121205、推定2歳のオスです。

人馴れはしておらず、人が手を伸ばすと威嚇や攻撃をしてきます




121208.jpg

F121208、推定3歳の去勢オスです。

この子も人馴れしていません。



センターHPより
放棄収容猫(令和4年12月引取案件)
猫9頭を飼養していた飼い主が病気で飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
いずれの個体も攻撃性はありませんが、まだセンターの環境に慣れていないせいか警戒しています。


122702.jpg

F122702、推定1歳キジトラのメス。

※不妊手術のため一時的に譲渡を停止しています。



122703.jpg

F122703、推定1歳キジトラのメス。



122704.jpg

F122704、推定2歳サバトラのメス。



122705 (2).jpg

F122705、推定1歳キジトラのメスは、左目がありません。



122707.jpg

F122707、推定1歳キジトラの去勢オス。



122708.jpg

F122708、推定1歳キジトラのオス。



122709.jpg

F122709、推定6歳サバトラのメス。

※不妊手術のため一時的に譲渡を停止しています。



センターHPより

多頭飼育崩壊による放棄収容猫(令和5年1月引取案件)
多数の猫を飼養していた飼い主が飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。今後も収容する予定があります。
人馴れしている個体が多いですが、多くの個体が風邪症状を呈しています。

012301 (2).jpg

F012301、推定1歳のメス。



012302.jpg

F012302 推定1歳メス



012303.jpg

F012303 推定1歳メス



012304.jpg

F012304 推定1歳メス



012305.jpg

F012305 推定1歳メス



012306.jpg

F012306、推定1歳のメス。



012307.jpg

F012307、推定4歳のメス。



F012308、推定1歳のオスは譲渡になりました。(2月2日)



札幌市動物管理センターのTwitterはコチラです。
↓ ↓ ↓ ↓
https://twitter.com/sapporo_dobutsu


**************************

その他の保健所の情報です。
お迎え入れや情報のシェアや拡散のご協力何卒よろしくお願いいたします!
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。

https://shippo.or.jp/hokenjoinfo/



202302031hidaka.jpg

日高振興局静内保健所では、成猫8頭が出会いを待っています。
猫は推定1〜2歳くらいの若い猫たちです。
引き取り先は、多頭飼育放棄や迷子から飼い主募集になった子など様々です。
多頭飼育放棄では、飼い主からの自宅にまだ数頭が残っているとのことです。
飼育できない数まで増えてしまわないよう飼育し始めたら不妊手術を実施することは飼い主の義務です。
皆、人懐く良い子たちとのことです。
寿命を全うできるまで、大切に終生飼育してくださる方との出会いを待っています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

日高振興局:0146-22-9254
静内保健所:0146-42-0251
https://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutuaigokannri.html



20230127sorati.jpg

空知総合振興局の岩見沢保健所では、猫2頭が出会いを待っています。
6歳の白の去勢オスは、ケージ越しにスリゴロと甘えおねだりやおしゃべりもするようになって、初対面の人ともオヤツですぐ仲良くなれます。
保健所収容猫の中でもトップクラスの甘えん坊さんで器量良しなのですが、なぜか最長保管記録保持猫となりそうです。
ケージを覆う防寒用毛布を中に引き込み、寝袋を作って中でぬくぬくするのがマイブームで、人の気配があるとすーっと出てくるのが可愛いです。
元のお宅では他の猫とじゃれついているうちにケンカに発展することもあったそうで一人っ子推奨ですが、保健所では他の猫を威嚇するようなことはありませんでした(他の猫がかまわれていると、自分もかまってアピールします)。
飼主さんの愛を独り占めしたいタイプなのかもしれません。
お世話が終わって部屋を出ようとすると「まだ帰らないで!」と呼び鳴きするかまってちゃんに変身しました。
ハンサムで性格良し、会ってさえいただければメロメロ間違いなし!です。
また、2歳未満の長毛のオスは、岩見沢市栄町で保護されました。
鼻〜顎にかけて出血や裂傷が見られ交通事故が疑われました。
全身状態が悪かったため、協力動物病院で治療していただき元気になりました。
強打によると思われる下顎のずれが見られ、右下唇も大きく裂けて下がっていましたが、現在は、若干の不正咬合が残っているものの、口の開閉に問題はなく(大口開けて「シャー!」もOK)、ヨダレや出血も治まりました。
顎に負担をかけないよう軟らかめのフードを与えていますが、食欲も問題ありません。
毛並みが比較的きれいで栄養状態も悪くないことから、飼われていた可能性が高いです。
怖がりで追い詰められるとシャー!やパンチが出ますが、不安になるとミャーミャー鳴いて訴えたり、怒っていてもオヤツにはすぐ飛びつくなど、人の身近にいたことが窺え、最近はちょっと触らせてくれるようにもなりました。
これからの長い猫生や、顎の整復のタイミングを考えると、新環境に順応しやすい時期のうちに、飼主さんの元で新生活を始めるのが望ましいです。
継続治療も含め、この子をケアしてくださる方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡をお願いします。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

空知総合振興局:0126-20-0045
https://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainusibosyuinuneko.html




202302-300x300.jpg

釧路保健所では、犬2頭が出会いを待っています。D12-2は、1〜2歳の去勢オスです。
浜中町内で度々目撃されていた放浪犬で、飼い犬と遊んでいるタイミングで捕獲できたため、放浪させずに飼える家族を募集することになりました。
こわがりで、なでたりすると固まってしまいますが、攻撃性はありません。
散歩がとても上手になり、アイコンタクトをとりながら横について歩けます。
ただ、自由な放浪生活をしてきた本人としては「なぜつながれて歩かなければいけないのか」「なぜ人間に合わせなければならないのか」など、疑問に思うことがたくさんあると思いますが、人と一緒に生活していくルールは人が教えなければなりません。
まだ若く、伸びしろがいっぱいな子です。体重15キロ、体高48センチ、体長50センチの中型です。
非常に臆病なので、小さいお子さんがいるご家庭は、ご遠慮いただいております。募集期限は、1月16日でした!
SD12-1高齢のオスは、12月27日に弟子屈町熊牛原野18線付近で迷子で保護されました。
保護時は首輪をしていましたが、お迎えが来なかったため、新しい飼い主を募集しています。
体長60センチ弱、体高50センチ前後の中型です。
高齢のためか、目があまり見えていない(視野が狭い)、耳が遠い、といった様子ですが、かなり人慣れしており、人に気づくとすぐに寄ってきます。無駄吠えも全くなく穏やかな性格のようです。
高齢ですが、後ろ足の筋肉はまだしっかりしており、散歩は大好きで、スタートの時はわりと引っ張ります。
保健所収容中に毛艶がよくなりました。この年齢で飼育放棄されたとしたら、とても悲しいです。
人を信頼している犬なので、残り少ない時間かもしれませんが、高齢なので、室内飼育をお願いします。
募集期限は、1月18日でした!残り少ない時間かもしれませんが、寄り添ってくださる方、ご連絡ください。
室内飼育をお願いします。対面ご希望の方は、釧路総合振興局さまの以下のURLより、申込書・審査票 (PDF 489KB)を2ページとも提出してください。提出がない場合は対面できません。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします! 
  
釧路総合振興局:0154-43-9155   
https://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.html



20230130kamikawa.jpg

上川保健所では飼い主に放棄された親子猫3頭が出会いを待っています。
推定6歳のキジトラの避妊メスは、2頭の母猫で、物凄く人懐こい子だそうです。
部屋に入ると寄ってきて撫でられると嬉しそうにするそうで可愛いです。
推定4歳のキジトラの避妊メスは、臆病ですが少し出てくるようになり、徐々に慣れてきています。
餌はしっかり食べているそうです。口内炎があります。
推定4歳の白の去勢オスは、大人しい子ですが、人懐こくなり、餌の用意をしていると寄って来るそうです。
この子も口内炎があります。引取り後は動物病院を受診していただき健康に配慮してあげてほしいです。
1日も早く暖かなお家で暮らせますように・・・。
募集期限は2月6日(月)です!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

上川保健所 :0166-46-5994
https://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/inunekohogojouhou.html



20230125tokachi.jpg

帯広保健所では成猫9頭が出会いを待っています!
譲渡になってもすぐに次の猫が収容されるといった状況が続いていて、常に収容過多で限界状態が続いています!
■S-135黒の1歳のオスは、中札内村で保護されました。
体中に松ヤニがついていたので体の所々の毛が刈られていますが、とても元気で遊ぶのが大好きな男の子です。
ゲージの中から手を伸ばしてきたり、ゲージを開けるとすぐにすり寄ってくる甘えん坊です。
■放棄されたH-32キジトラの成猫のオスは、おとなしい子ですが、とても人懐っこくて猫じゃらしを見ると一生懸命追っかけて遊んでいます。
血便をしていることがあり、血液系疾患を持っている可能性があります。
早めに病院へ連れて行って体調についてご理解いただける方のご連絡をお待ちしています。
■H-33キジトラ成猫のオスは、H-32と同じ家からの放棄です。
とても人懐っこくて、人を見ると自分から近寄ってきて甘えた声で鳴いてきます。
こちらの子はご飯もたくさん食べて、とても元気な子です。猫じゃらしで遊ぶのも大好きです。
■H-34キジトラ14歳のメスは、H-32、H-33と同じ家からの放棄です。
人馴れしていて自分から頭スリスリしてきますが、こちらから触ると時々嫌がって威嚇してくることがあります。
体は他の子と比べると大きめです。
■H-35茶トラ8歳のオスは、H-32〜H-34と同じ家の放棄です。
トイレに入りきらないくらいとてもおっきな体をしていますが、少し怖がりで緊張しているようです。
チュールは大好きなようで、差し出すと体を持ち上げて夢中で食べています。
■H-36茶トラの4歳のオスは、元は飼い猫なので人に馴れており、毛並みもふわふわで綺麗な男の子です。
撫でられるとゴロゴロして甘えてきます。
■S-137、キジ白のオスは、芽室町で保護されました。
とても人懐っこい子で、頭をスリスリしてきます。撫でられるのが大好きなようで、すぐにゴロンとなってお腹を見せて甘えてきます。
■H-37は茶の成猫のオスで、綺麗な茶色の長毛がチャームポイントの男の子です。
環境が変わって緊張しているのか、あまり動かず、手を伸ばすと威嚇や猫パンチをしてきます。
馴れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、大切に育てていただける方、ご連絡お待ちしております。
■H-39、13歳の茶のメスは、元は飼い猫でしたが、環境が変わって緊張しているのか近寄ると威嚇してきますが、ゆっくりと手を伸ばすと触らせてくれます。
13歳ですが、少し長めで綺麗な毛並みの女の子です。
馴れるまでは少し時間がかかるかもしれませんが、大切に一緒に過ごしていただける方ご連絡待ちしております。
外で保護された子や飼い主に放棄された猫、事情は様々です。体調面については個体差がありますが、人に慣れた飼いやすい子が多いようです。
どの子も大切な家族として生涯大切にしてくださる方との出会いを待っています。
お迎え入れ後は、健康にご配慮いただけますよう動物病院を受診されてください。
皆さまのご連絡お待ちしております!
幸せになりたいのはどの子も同じはず…情報の拡散、シェアのご協力もお願いいたします!

十勝総合振興局 :0155-26-9031
https://www.tokachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/sizen/doubutsu/kainushibosyuu.html




202301235siribesi.jpg

後志総合振興局管内の岩内保健所では、猫1頭が出会いを待っています。
仮名チャーは推定2歳の茶白のオスで、迷子から飼い主募集になりました。
体格も良く貫禄もありますがまだ若く、人馴れしています。
慣れない場所では固まりがちとのことですが、撫でることも抱っこも出来ます。
時々、涙目になるそうで、目をシバシバするそうです。
ちゅーるが大好物です。チャーも暖かなお家の子になれますように!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

後志総合振興局:0136-23-1354 
https://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.html




20230117engaru.jpg

紋別保健所遠軽支所では、遠軽町で迷い猫で保護されお迎えがなかったため飼い主募集になった推定5歳の白黒のオスが出会いを待っています。
保護時からぽっちゃり体形ですので、元は飼われていた猫の可能性も高いです。
最近は人にも怯えなくなり少しづつ心を開いてくれています。
ゴハンはドライフードを食べてトイレも猫砂でできます。
外を見たがって窓枠に登ろうと頑張っているので、お迎え入れの際は必ず脱走対策をされてください。
募集期限は1月25日(水)です!
お引取り後は動物病院を受診されて健康管理をされてください。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

紋別保健所遠軽支所:01584-2-3108
https://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/mth/wanneko.html


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト

posted by しっぽの会 at 22:08 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月26日

1月26日(木)の札幌市動物管理センター福移支所と北海道立保健所情報

IMG_3610.jpg

ここ数日は、最大級の寒波に見舞われている札幌市ですが、1月26日(木)の札幌市動物管理センター福移支所には、成犬3頭、成猫43頭(譲渡不可含む)が収容されていました。

子猫はいませんでした。

本日は新たに高齢で半身不自由な猫が放棄収容されていました…。

また本日は放棄された黒猫2頭が譲渡になりました!


<迷子犬>

迷子犬はいませんでした。



<迷子からの飼い主募集犬>

9.jpg

収容犬11、愛称まめは推定8歳の茶白の柴犬のメスです。

首元を触られるのは嫌がるので注意が必要ですが、昨日スタッフの方が初めて頭を撫でられたそうです!

ソワソワして落ち着きもなかったまめですが、人の話もよく聞いて落ち着きも出てきました。

お散歩が大好きです。



<放棄からの飼い主募集犬>

<即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)>

センターHPより
咬み癖があるなど、飼養管理に危険が伴うことが想定されます。
譲渡を希望される場合は、複数回の見学と入念な検討を重ねていただくとともに、
面談において家族構成や飼養環境、飼育歴など、より詳細に確認いたします。

IMG_3543.jpg

収容犬102701、愛称ゆき、推定8歳のメスの北海道犬は飼い主死亡のため2020年10月に放棄されました。

お散歩が大好きで喜んで散歩します。

気難しいところがあり気に入らないとスィッチが入るそうですが、以前よりは減って来たそうです。

昨夏以降、老いが進んできたようとのことです。
耳の聞こえも悪くなり反応も動作もゆっくりになってきました。

ですが、お散歩は大好きなようです。

北海道犬の特性を理解している方との出会いをお待ちしています。



082601.jpg

収容犬082601、愛称まーちゃん、推定9歳のサビ柄の北海道犬のメスです。

まーちゃんも、スイッチが入る時がありますが、いつもは大人しくしています。

男性と子供さんが苦手なまーちゃん。

北海道犬の扱いに慣れたリーダーになってくれる温かな方との出会いがありますように…。



<迷子猫>

いませんでした。



<迷子からの飼い主募集猫>

23.jpg

収容猫F23、愛称さわらは、推定4歳の黒の去勢オスです。

相変わらずハンモックの中にいました。



IMG_3532.jpg

F34、愛称いっこは推定5歳の去勢オスです。

収容当初、顎を骨折しており、動物病院に治療を行っていただき再度処置が必要だそうです。

大人しく人慣れしています。



37.jpg

F37、愛称ここ、キジトラの推定7歳のメスは、もともと鈴とリボンがついた赤い首輪をしていましたが飼い主の迎えはありませんでした。

人馴れしていてしきりに前に来てアピールし元気いっぱいです。

ゴハンも完食し食欲も旺盛です。



39.jpg

F39、迷子だった推定1歳のキジトラのオスは、全く人馴れしておらず激しく威嚇してきました。

馴れるには時間がかかりそうですが、まだ体も小さく大人になっていない感じがしました。

背中の一部を負傷して毛が抜けているようですが、治りかけている状態とのことです。




<放棄からの飼い主募集猫>

021004.jpg

F021004、愛称カッちゃんは推定5歳のキジトラのメスです。

カツちゃんはお腹の調子も良くなり、食欲も出て元気でした。



051101.jpg

051101、愛称ワックスは推定2歳の去勢オスです。

あまり人に慣れていませんが、怒ったりせずいつも静かで、以下のリンスとべったりくっついてお昼寝していました。



051102.jpg

F051102、愛称リンスは推定5歳の黒茶白の避妊メスです。

いつも寝ていることが多いです。



051205.jpg

F051205、愛称ジャネットは黒茶の推定13歳のメスです。

当初は威嚇していたジャネットも今ではスリスリゴロニャンになりました。



062104.jpg

F062104、愛称ライトは推定5歳の去勢オスです。

人懐こくて遊び好きな子です。



IMG_3608.jpg

F102401、愛称プンは、6歳の去勢オスです。

収容当初からかなり攻撃的ですぐにパンチが飛んで来たそうです。

最近は穏やかな表情を見せてくれていますが、手に反応し噛みつくようです。

お子さまのいないご家庭が良いと思います。



122201.jpg

F122201、灰茶の去勢オスは18歳です。

高齢の飼い主が病気のため、飼育継続困難となり放棄されました。

人懐こくて甘えたそうにします。

高齢ですので1日も早くお迎えいただけますと幸いです。



011301.jpg

F011301推定5歳の黒のオスは、まだ人馴れしておらず、激しく攻撃や威嚇をしてきます。

ストレスでいっぱいなのでしょう。食欲もないそうです。



F011801(一時的に譲渡対象外です。)

愛称ジミーは、12歳の去勢オスです。

人馴れしていて穏やかな性格です。

以下のF011802と一緒に放棄されました。



111802.jpg

F011802、愛称グランマは20歳の黒茶白のメスです。

精一杯長生きしてこれましたが、上記の011801と一緒に放棄されました。

人馴れしていて穏やかな性格です。



センターHPより

多頭飼育崩壊による放棄収容猫(令和4年10月引取案件)
独居で猫8頭を飼養していた飼い主が病気となり、飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
オス2頭は人に慣れていて甘えてきますが、メスは比較的慣れていない個体もいます。


F102701、愛称大吉は推定12歳の黒の去勢オスです。

積極的に甘えてくる懐こい子です。



102704.jpg

F102704、愛称小吉は、推定5歳の白黒のメスです。

この子も人慣れしていて大人しいです。



102705.jpg

F102705、愛称平(ひら)は推定5歳の白黒のメスです。

人慣れしていて大人しいです。



102706.jpg

F102706、愛称吉は推定5歳のサビのメスです。

人慣れしていて大人しいです。体も小さく美猫です。

4頭とも家族が出来ますように…。



センターHPより

多頭飼育崩壊による放棄収容猫(令和4年11月引取案件)
猫13頭を飼養していた飼い主が高齢のため飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
人慣れしている個体が多いです。


F111601、愛称ガンマは、7歳の黒茶のオスです。

積極的に甘えてくるわけではありませんが、触らせてくれます。



111602.jpg

F111602、愛称デルタは、7歳の黒のオスで甘えてきます。

両目が白濁しています。




111604.jpg

F111604、愛称シグマは、7歳の黒の去勢オスです。

臍ヘルニアがありましたが、整復手術が済みました。




111605.jpg

F111605、愛称イオラは、黒茶のオスです。

人慣れしていて大人しい子です。



センターHPより
放棄収容猫(令和4年12月引取案件)
車庫で猫5頭を飼養していた飼い主が病気で飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
まだセンターの環境に慣れないせいか緊張しているようですが、いずれの個体も比較的人馴れしています。


F121201、推定3歳の黒のオスは本日譲渡になりました。



F121202、推定2歳のキジトラのメス。



F121203、推定3歳のキジトラのメスは昨日譲渡になりました。



F121401、推定3歳の黒のメスは本日譲渡になりました。



多頭飼育崩壊による放棄収容猫(令和4年12月引取案件)
多数の猫を飼養していた飼い主が飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
人馴れしていて健康状態も比較的安定している個体が多いですが、一部の猫はセンターの環境に慣れないのか、元気や食欲なく過ごしています。

121205.jpg

F121205(灰)推定2歳オス

人馴れはしておらず、人が手を伸ばすと威嚇や攻撃をしてきます


F121208(黒)推定3歳去勢オス

人馴れしていません。



センターHPより
放棄収容猫(令和4年12月引取案件)
猫9頭を飼養していた飼い主が病気で飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
いずれの個体も攻撃性はありませんが、まだセンターの環境に慣れていないせいか警戒しています。


122702.jpg

F122702、推定1歳キジトラのメス。



122703.jpg

F122703、推定1歳キジトラのメス。



122704.jpg

F122704、推定2歳サバトラのメス。



122705.jpg

F122705、推定1歳キジトラのメスは、左目がありません。



122706.jpg

F122707、推定1歳キジトラの去勢オス。



F122708、推定1歳キジトラのオス。



F122709、推定6歳サバトラのメス。



センターHPより

多頭飼育崩壊による放棄収容猫(令和5年1月引取案件)
多数の猫を飼養していた飼い主が飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。今後も収容する予定があります。
人馴れしている個体が多いですが、多くの個体が風邪症状を呈しています。

012301.jpg

F012301、推定1歳のメス。


F012302 推定1歳メス

F012303 推定1歳メス

F012304 推定1歳メス

F012305 推定1歳メス



012306.jpg

F012306、推定1歳のメス。



012307.jpg

F012307、推定4歳のメス。



012308.jpg

F012308、推定1歳のオス。



札幌市動物管理センターのTwitterはコチラです。
↓ ↓ ↓ ↓
https://twitter.com/sapporo_dobutsu


**************************

その他の保健所の情報です。
お迎え入れや情報のシェアや拡散のご協力何卒よろしくお願いいたします!
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。

https://shippo.or.jp/hokenjoinfo/


202301261hidaka.jpg

日高振興局静内保健所では、成猫2頭と子犬1頭が出会いを待っています。
猫は推定2歳くらいのオスで兄弟かどうかは不明です。
猫たちは、以前に収容された多頭飼育放棄と同じ飼い主からの引き取りで、まだ数頭が残っているとのことです。
飼育できない数まで増えてしまわないよう飼育し始めたら不妊手術を実施することは飼い主の義務です。
性格は物静かなとのことです。子犬は推定2か月のオスで大人しく温厚な性格のようです。(もう1頭の兄弟は譲渡になりました。)
子犬の場合、特に逸走や脱走に注意が必要ですし、しつけをして大切なパートナーとして大切に飼育してくださる方にお迎えをお願いしたいです。
寿命を全うできるまで、大切に終生飼育してくださる方との出会いを待っています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

日高振興局:0146-22-9254
静内保健所:0146-42-0251
https://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutuaigokannri.html



20230125tokachi.jpg

帯広保健所では成猫9頭が出会いを待っています!
譲渡になってもすぐに次の猫が収容されるといった状況が続いていて、常に収容過多で限界状態が続いています!
■S-135黒の1歳のオスは、中札内村で保護されました。
体中に松ヤニがついていたので体の所々の毛が刈られていますが、とても元気で遊ぶのが大好きな男の子です。
ゲージの中から手を伸ばしてきたり、ゲージを開けるとすぐにすり寄ってくる甘えん坊です。
■放棄されたH-32キジトラの成猫のオスは、おとなしい子ですが、とても人懐っこくて猫じゃらしを見ると一生懸命追っかけて遊んでいます。
血便をしていることがあり、血液系疾患を持っている可能性があります。
早めに病院へ連れて行って体調についてご理解いただける方のご連絡をお待ちしています。
■H-33キジトラ成猫のオスは、H-32と同じ家からの放棄です。
とても人懐っこくて、人を見ると自分から近寄ってきて甘えた声で鳴いてきます。
こちらの子はご飯もたくさん食べて、とても元気な子です。猫じゃらしで遊ぶのも大好きです。
■H-34キジトラ14歳のメスは、H-32、H-33と同じ家からの放棄です。
人馴れしていて自分から頭スリスリしてきますが、こちらから触ると時々嫌がって威嚇してくることがあります。
体は他の子と比べると大きめです。
■H-35茶トラ8歳のオスは、H-32〜H-34と同じ家の放棄です。
トイレに入りきらないくらいとてもおっきな体をしていますが、少し怖がりで緊張しているようです。
チュールは大好きなようで、差し出すと体を持ち上げて夢中で食べています。
■H-36茶トラの4歳のオスは、元は飼い猫なので人に馴れており、毛並みもふわふわで綺麗な男の子です。
撫でられるとゴロゴロして甘えてきます。
■S-137、キジ白のオスは、芽室町で保護されました。
とても人懐っこい子で、頭をスリスリしてきます。撫でられるのが大好きなようで、すぐにゴロンとなってお腹を見せて甘えてきます。
■H-37は茶の成猫のオスで、綺麗な茶色の長毛がチャームポイントの男の子です。
環境が変わって緊張しているのか、あまり動かず、手を伸ばすと威嚇や猫パンチをしてきます。
馴れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、大切に育てていただける方、ご連絡お待ちしております。
■H-39、13歳の茶のメスは、元は飼い猫でしたが、環境が変わって緊張しているのか近寄ると威嚇してきますが、ゆっくりと手を伸ばすと触らせてくれます。
13歳ですが、少し長めで綺麗な毛並みの女の子です。
馴れるまでは少し時間がかかるかもしれませんが、大切に一緒に過ごしていただける方ご連絡待ちしております。
外で保護された子や飼い主に放棄された猫、事情は様々です。体調面については個体差がありますが、人に慣れた飼いやすい子が多いようです。
どの子も大切な家族として生涯大切にしてくださる方との出会いを待っています。
お迎え入れ後は、健康にご配慮いただけますよう動物病院を受診されてください。
皆さまのご連絡お待ちしております!
幸せになりたいのはどの子も同じはず…情報の拡散、シェアのご協力もお願いいたします!

十勝総合振興局 :0155-26-9031
https://www.tokachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/sizen/doubutsu/kainushibosyuu.html




202301235siribesi.jpg

後志総合振興局管内の岩内保健所では、猫1頭が出会いを待っています。
仮名チャーは推定2歳の茶白のオスで、迷子から飼い主募集になりました。
体格も良く貫禄もありますがまだ若く、人馴れしています。
慣れない場所では固まりがちとのことですが、撫でることも抱っこも出来ます。
時々、涙目になるそうで、目をシバシバするそうです。
ちゅーるが大好物です。チャーも暖かなお家の子になれますように!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

後志総合振興局:0136-23-1354 
https://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.html




20230120sorati.jpg

空知総合振興局の岩見沢保健所では、猫2頭が出会いを待っています。
6歳の白の去勢オスは、ケージ越しにスリゴロと甘えおねだりやおしゃべりもするようになって、初対面の人ともオヤツですぐ仲良くなれます。
保健所収容猫の中でもトップクラスの甘えん坊さんで器量良しなのですが、なぜか最長保管記録保持猫となりそうです。
ケージを覆う防寒用毛布を中に引き込み、寝袋を作って中でぬくぬくするのがマイブームで、人の気配があるとすーっと出てくるのが可愛いです。
元のお宅では他の猫とじゃれついているうちにケンカに発展することもあったそうで一人っ子推奨ですが、保健所では他の猫を威嚇するようなことはありませんでした(他の猫がかまわれていると、自分もかまってアピールします)。
飼主さんの愛を独り占めしたいタイプなのかもしれません。
お世話が終わって部屋を出ようとすると「まだ帰らないで!」と呼び鳴きするかまってちゃんに変身しました。
ハンサムで性格良し、会ってさえいただければメロメロ間違いなし!です。
また、2歳未満の長毛のオスは、岩見沢市栄町で保護されました。
鼻〜顎にかけて出血や裂傷が見られ交通事故が疑われました。
全身状態が悪かったため、協力動物病院で治療していただき元気になりました。
強打によると思われる下顎のずれが見られ、右下唇も大きく裂けて下がっていましたが、現在は、若干の不正咬合が残っているものの、口の開閉に問題はなく(大口開けて「シャー!」もOK)、ヨダレや出血も治まりました。
顎に負担をかけないよう軟らかめのフードを与えていますが、食欲も問題ありません。
毛並みが比較的きれいで栄養状態も悪くないことから、飼われていた可能性が高いです。
怖がりで追い詰められるとシャー!やパンチが出ますが、不安になるとミャーミャー鳴いて訴えたり、怒っていてもオヤツにはすぐ飛びつくなど、人の身近にいたことが窺え、最近はちょっと触らせてくれるようにもなりました。
これからの長い猫生や、顎の整復のタイミングを考えると、新環境に順応しやすい時期のうちに、飼主さんの元で新生活を始めるのが望ましいです。
継続治療も含め、この子をケアしてくださる方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡をお願いします。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

空知総合振興局:0126-20-0045
https://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainusibosyuinuneko.html



20230118kamikawa.jpg

上川保健所では飼い主に放棄された親子猫3頭が出会いを待っています。
推定6歳のキジトラの避妊メスは、2頭の母猫です。
部屋に入ると寄ってきて撫でられると嬉しそうにするそうです。
子の推定4歳のキジトラの避妊メスは、臆病ですが少し出てくるようになりました。
餌はしっかり食べているそうです。
口内炎があります。推定4歳の白の去勢オスは、大人しい子です。
大分慣れてきて餌の用意をしていると寄って来るそうです。この子も口内炎があります。
引取り後は動物病院を受診していただき健康に配慮してあげてほしいです。
1日も早く暖かなお家で暮らせますように・・・。
募集期限は1月18日(水)です!幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

上川保健所 :0166-46-5994
https://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/inunekohogojouhou.html




20230117engaru.jpg

紋別保健所遠軽支所では、遠軽町で迷い猫で保護されお迎えがなかったため飼い主募集になった推定5歳の白黒のオスが出会いを待っています。
保護時からぽっちゃり体形ですので、元は飼われていた猫の可能性も高いです。
最近は人にも怯えなくなり少しづつ心を開いてくれています。
ゴハンはドライフードを食べてトイレも猫砂でできます。
外を見たがって窓枠に登ろうと頑張っているので、お迎え入れの際は必ず脱走対策をされてください。
募集期限は1月25日(水)です!
お引取り後は動物病院を受診されて健康管理をされてください。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

紋別保健所遠軽支所:01584-2-3108
https://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/mth/wanneko.html




220230161rumoi.jpg

留萌保健所では、飼い主に放棄された5頭の猫が出会いを待っています。
1歳くらいのメスのキジシロのむぎは、とてもビビリなので、そばによるとじりじり後ずさりされます。
それでもまだ近づこうとすると「いやーっ!」と一気に隅っこまで逃げて固まり、威嚇や攻撃はありませんが、警戒心は緩まりません。
終始びっくり顔ですがとてもかわいい女の子です。元々家猫ですがお外を行き来していたようなので、脱走に注意が必要です。
また、飼い主が亡くなり同じ家から来た3頭は、ど緊張で目を剥いている子もいれば、とてもリラックスしてる子もいます。
年齢・性別不明の黒白ハチワレのばけつは、 ケージに入る前は緊張感無く撫でることができたのですが、 知らない所に来たと理解したらしく緊張しています。
年齢・性別不明の茶白ハチワレおもちは、ケージに移す時におとなしく抱え上げられました。
毛並はきれいですが、若干シニア感があります。緊張していますが 撫でることもできます。
黒白ハチワレのふみ子は、1歳くらいのメスです。緊張感ゼロで、犬舎に来てすぐにいきなりベタベタすりすりゴロゴロした甘々ちゃんです。
何もない床でもふみふみしています。 ごはんもペロリと完食し お水もちゃんと飲めています。
ケージに入れると「ぬーん ぬーん」と不満そうにしていますが 、少し経つと鳴きやんでひとりでゴロゴロしています。
諦めがいいというか切り替えが早いというか手がかからない子です。
※抗体検査、避妊手術、ワクチン、駆虫は未実施です。譲渡後は速やかに動物病院を受診してください。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

留萌振興局 :0164-42-8436
https://www.rumoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/atarashiikainushi/inuneko.html




20230113留萌.jpg

留萌振興局の飼い主探しノートでは、天塩町で屋外飼育されている成犬と子犬が出会いを待っています。
生後半年〜1年程度の幼犬だけでも約24頭いるとのこと!成犬に至っては、その比ではないほどいます。
この案件は、飼い主が不妊手術を怠ったため膨大な数になってしまいました。
1年で一番寒い厳寒期を迎え、屋根のある場所で風雪を避けているとは言え、過酷な環境下で犬たちは暮らしています。
特に体力のない子犬は尚更です。出来るだけ早く温かな家族の一員になれると幸いです。
現在、振興局はじめ関係機関で今後の対策を協議中ですが、繁殖を止めるためにも皆様のご協力が必要です。
お迎え入れを検討してくださる方、二次譲渡をしていただける方、お近くにお住まいの方で作業等のご協力いただける方は、下記の自然環境係までご連絡をお願いいたします。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

飼い主探しノート問合せ先:留萌振興局  0164-42-8436   
https://www.rumoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/atarashiikainushi/inunekoyuzuri.html



保健所や飼い主探しノートでは、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!

犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所や飼い主探しノートに掲載されている犬猫に救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所・飼い主探しノート情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/hokenjoinfo/


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト

posted by しっぽの会 at 22:12 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月19日

1月19日(木)の札幌市動物管理センター福移支所と北海道立保健所情報

1月19日(木)の札幌市動物管理センター福移支所には、成犬3頭、成猫38頭(譲渡不可含む)が収容されていました。

子猫はいませんでした。

本日は新たに3頭の猫が放棄されていました。

そのうちの1頭は20歳とのこと、この年齢での環境の変化は堪えると思います。

また、しっぽを負傷したキジトラ猫が迷子収容されていました。

本日譲渡になった犬猫はいませんでした。



<迷子犬>

迷子犬はいませんでした。



<迷子からの飼い主募集犬>

11.jpg

収容犬11、愛称まめは推定8歳の茶白の柴犬のメスです。

首元を触られるのは嫌がるので注意が必要です。

お散歩が大好きです。



<放棄からの飼い主募集犬>

<即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)>

センターHPより
咬み癖があるなど、飼養管理に危険が伴うことが想定されます。
譲渡を希望される場合は、複数回の見学と入念な検討を重ねていただくとともに、
面談において家族構成や飼養環境、飼育歴など、より詳細に確認いたします。

102701.jpg

収容犬102701、愛称ゆき、推定8歳のメスの北海道犬は飼い主死亡のため2020年10月に放棄されました。

お散歩が大好きで喜んで散歩します。

気難しいところがあり気に入らないとスィッチが入るそうですが、以前よりは減って来たそうです。

北海道犬の特性を理解している方との出会いをお待ちしています。



082601.jpg

収容犬082601、愛称まーちゃん、推定9歳のサビ柄の北海道犬のメスです。

まーちゃんも、スイッチが入る時がありますが、いつもは大人しくしています。

一時期よりはスリムになった感じがします。




<迷子猫>

39.jpg

迷子猫F39、1月18日、西区琴似2条1丁目で保護されたオスのキジトラ。

しっぽを怪我しているとのことです。

飼い主が分かるものはありませんでした。

迷子期限日は1月24日(火)です。



<迷子からの飼い主募集猫>

33.jpg

収容猫F23、愛称さわらは、推定4歳の黒の去勢オスです。

相変わらずハンモックの中にいました。



34.jpg

F34、愛称いっこは推定5歳の去勢オスです。

収容当初、顎を骨折しており、動物病院に治療を行っていただき再度処置が必要だそうです。

大人しく人慣れしています。



37.jpg

F37、キジトラの推定7歳のメスは、もともと鈴とリボンがついた赤い首輪をしていましたが、飼い主の迎えはありませんでした。

人馴れしていてしきりに前に来てアピールし元気いっぱいです。

ゴハンも完食していました。




38.jpg

F38、推定4歳の灰のメスは、体も小さくて若く見えます。



38.2.jpg

人馴れしています。

まだ環境に慣れないせいか食欲がなく、スタッフの方がチュールを与えていました。

1日も早く出会いがありますように・・・。




<放棄からの飼い主募集猫>

021004.jpg

F021004、愛称カッちゃんは推定5歳のキジトラのメスです。

カツちゃんはお腹の調子も良くなり、食欲も出て元気になっていました!



051101.jpg

051101、愛称ワックスは推定2歳の去勢オスです。

あまり人に慣れていませんが、怒ったりせずいつも静かです。



051102.jpg

F051102、愛称リンスは推定5歳の黒茶白の避妊メスです。

いつも寝ていることが多いです。



051205.jpg

F051205、愛称ジャネットは黒茶の推定13歳のメスです。

ジャネットも夕食の時間が近かったのでゴハンが食べたくて鳴いていました。



062104.jpg

F062104、愛称ライトは推定5歳の去勢オスです。

人懐こくて遊び好きな子です。



102401.jpg

F102401、愛称プンは、6歳の去勢オスです。

収容当初からかなり攻撃的ですぐにパンチが飛んで来たそうです。

最近は穏やかな表情を見せてくれていますが、手に反応し噛みつくようです。

お子さまのいないご家庭が良いと思います。



122201.jpg

F122201、灰茶の去勢オスは18歳です。

高齢の飼い主が病気のため、飼育継続困難となり放棄されました。

人懐こくて甘えたそうにします。

高齢ですので1日も早くお迎えいただけますと幸いです。




011101.jpg

F011101、
F011101

種類:雑種
毛色:茶白
年齢:推定2歳
性別:オス
体格:中
愛称:未定
まだセンターの環境に慣れていないせいか怖がっていますが、攻撃性はありません。




011301.jpg

F011301
F011301

種類:雑種
毛色:黒
年齢:推定5歳
性別:オス
体格:中
愛称:未定
まだ人馴れしておらず、激しく攻撃や威嚇をしてきます。また、ストレスからか現状あまり食欲がありません。





センターHPより

多頭飼育崩壊による放棄収容猫(令和4年10月引取案件)
独居で猫8頭を飼養していた飼い主が病気となり、飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
オス2頭は人に慣れていて甘えてきますが、メスは比較的慣れていない個体もいます。

102701 (2).jpg

F102701、愛称大吉は推定12歳の黒の去勢オスです。

積極的に甘えてくるそうです。



102704.jpg

F102704、愛称小吉は、推定5歳の白黒のメスです。

この子も人慣れしていて大人しいです。



102705.jpg

F102705、愛称平(ひら)は推定5歳の白黒のメスです。

人慣れしていて大人しいです。



102706.jpg

F102706、愛称吉は推定5歳のサビのメスです。

人慣れしていて大人しいです。体も小さく美猫です。



センターHPより

多頭飼育崩壊による放棄収容猫(令和4年11月引取案件)
猫13頭を飼養していた飼い主が高齢のため飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
人慣れしている個体が多いです。


111602.jpg

F111601、愛称ガンマは、7歳の黒茶のオスです。

積極的に甘えてくるわけではありませんが、触らせてくれます。



111601 (2).jpg

F111602、愛称デルタは、7歳の黒のオスです。

両目が白濁しています。

人が近づくと甘えてきます。



111604.jpg

F111604、愛称シグマは、7歳の黒の去勢オスです。

臍ヘルニアがありましたが、整復手術が済みました。




111605.jpg

F111605、愛称イオラは、黒茶のオスです。

人慣れしていて大人しい子です。



センターHPより
放棄収容猫(令和4年12月引取案件)
車庫で猫5頭を飼養していた飼い主が病気で飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
まだセンターの環境に慣れないせいか緊張しているようですが、いずれの個体も比較的人馴れしています。

121201.jpg

F121201 黒 推定3歳オス



121202.jpg

F121202 キジトラ 推定2歳メス



121203.jpg

F121203 黒茶 推定3歳メス




121401.jpg

F121401 黒 推定3歳メス




多頭飼育崩壊による放棄収容猫(令和4年12月引取案件)
多数の猫を飼養していた飼い主が飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
人馴れしていて健康状態も比較的安定している個体が多いですが、一部の猫はセンターの環境に慣れないのか、元気や食欲なく過ごしています。

121205.jpg

F121205(灰)推定2歳オス

人馴れはしておらず、人が手を伸ばすと威嚇や攻撃をしてきます



121208.jpg

F121208(黒)推定3歳去勢オス

人馴れしていません。



F121210キジ白は譲渡されました(1月18日)

F121213(黒)は譲渡されました(1月12日)




センターHPより
放棄収容猫(令和4年12月引取案件)
猫9頭を飼養していた飼い主が病気で飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
いずれの個体も攻撃性はありませんが、まだセンターの環境に慣れていないせいか警戒しています。

F122701キジトラは譲渡されました(1月18日)



02.03.png

前 F122702 キジトラ 推定1歳 メス

奥 F122703 キジトラ 推定1歳 メス



04.05.jpg

奥 F122704 サバトラ 推定2歳 メス

前 F122705 キジトラ 推定1歳 メス 左目がありません。



122707.jpg

F122707 キジトラ 推定1歳 去勢オス



122708.jpg

F122708 キジトラ 推定1歳 オス



122709.jpg

F122709 サバトラ 推定6歳 メス



札幌市動物管理センターのTwitterはコチラです。
↓ ↓ ↓ ↓
https://twitter.com/sapporo_dobutsu


**************************

その他の保健所の情報です。
お迎え入れや情報のシェアや拡散のご協力何卒よろしくお願いいたします!
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。

https://shippo.or.jp/hokenjoinfo/


20230119tokachi.jpg

帯広保健所では成猫9頭が出会いを待っています!帯広保健所では収容過多となっていて限界状態が続いています!
■S-135黒の1歳のオスは、中札内村で保護されました。
体中に松ヤニがついていたので体の所々の毛が刈られていますが、とても元気で遊ぶのが大好きな男の子です。
ゲージの中から手を伸ばしてきたり、ゲージを開けるとすぐにすり寄ってくる甘えん坊です。
募集期限は1月13日(金)でした!
■放棄されたH-32キジトラの成猫のオスは、おとなしい子ですが、とても人懐っこくて猫じゃらしを見ると一生懸命追っかけて遊んでいます。
血便をしていることがあり、血液系疾患を持っている可能性があります。
早めに病院へ連れて行って体調についてご理解いただける方のご連絡をお待ちしています。
募集期限は1月13日(金)でした!
■H-33キジトラ成猫のオスは、H-32と同じ家からの放棄です。
とても人懐っこくて、人を見ると自分から近寄ってきて甘えた声で鳴いてきます。
こちらの子はご飯もたくさん食べて、とても元気な子です。猫じゃらしで遊ぶのも大好きです。
■H-34キジトラ14歳のメスは、H-32、H-33と同じ家からの放棄です。
人馴れしていて自分から頭スリスリしてきますが、こちらから触ると時々嫌がって威嚇してくることがあります。
体は他の子と比べると大きめです。
募集期限は1月13日(金)でした!
■H-35茶トラ8歳のオスは、H-32〜H-34と同じ家の放棄です。
トイレに入りきらないくらいとてもおっきな体をしていますが、少し怖がりで緊張しているようです。
チュールは大好きなようで、差し出すと体を持ち上げて夢中で食べています。
募集期限は1月13日(金)でした!
■H-36茶トラの4歳のオスは、元は飼い猫なので人に馴れており、毛並みもふわふわで綺麗な男の子です。
撫でられるとゴロゴロして甘えてきます。
募集期限は1月13日(金)でした!
■S-137、キジ白のオスは、芽室町で保護されました。
とても人懐っこい子で、頭をスリスリしてきます。撫でられるのが大好きなようで、すぐにゴロンとなってお腹を見せて甘えてきます。
募集期限は、令和5年1月6日(金)でした!
■H-37は茶の成猫のオスで、綺麗な茶色の長毛がチャームポイントの男の子です。
環境が変わって緊張しているのか、あまり動かず、手を伸ばすと威嚇や猫パンチをしてきます。
馴れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、大切に育てていただける方、ご連絡お待ちしております。
募集期限は、令和5年1月6日(金)でした!
■H-39、13歳の茶のメスは、元は飼い猫でしたが、環境が変わって緊張しているのか近寄ると威嚇してきますが、ゆっくりと手を伸ばすと触らせてくれます。
13歳ですが、少し長めで綺麗な毛並みの女の子です。
馴れるまでは少し時間がかかるかもしれませんが、大切に一緒に過ごしていただける方ご連絡待ちしております。
募集期限は1月27日(金)です!
外で保護された子や飼い主に放棄された猫、事情は様々です。体調面については個体差がありますが、人に慣れた飼いやすい子が多いようです。
どの子も大切な家族として生涯大切にしてくださる方との出会いを待っています。
お迎え入れ後は、健康にご配慮いただけますよう動物病院を受診されてください。
皆さまのご連絡お待ちしております!
幸せになりたいのはどの子も同じはず…情報の拡散、シェアのご協力もお願いいたします!

十勝総合振興局 :0155-26-9031
https://www.tokachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/sizen/doubutsu/kainushibosyuu.html




20230118kamikawa.jpg

上川保健所では飼い主に放棄された親子猫3頭が出会いを待っています。
推定6歳のキジトラの避妊メスは、2頭の母猫です。
部屋に入ると寄ってきて撫でられると嬉しそうにするそうです。
子の推定4歳のキジトラの避妊メスは、臆病ですが少し出てくるようになりました。
餌はしっかり食べているそうです。
口内炎があります。推定4歳の白の去勢オスは、大人しい子です。
大分慣れてきて餌の用意をしていると寄って来るそうです。この子も口内炎があります。
引取り後は動物病院を受診していただき健康に配慮してあげてほしいです。
1日も早く暖かなお家で暮らせますように・・・。
募集期限は1月18日(水)です!幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

上川保健所 :0166-46-5994
https://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/inunekohogojouhou.html




20230117engaru.jpg

紋別保健所遠軽支所では、遠軽町で迷い猫で保護されお迎えがなかったため飼い主募集になった推定5歳の白黒のオスが出会いを待っています。
保護時からぽっちゃり体形ですので、元は飼われていた猫の可能性も高いです。
最近は人にも怯えなくなり少しづつ心を開いてくれています。
ゴハンはドライフードを食べてトイレも猫砂でできます。
外を見たがって窓枠に登ろうと頑張っているので、お迎え入れの際は必ず脱走対策をされてください。
募集期限は1月25日(水)です!
お引取り後は動物病院を受診されて健康管理をされてください。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

紋別保健所遠軽支所:01584-2-3108
https://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/mth/wanneko.html




220230161rumoi.jpg

留萌保健所では、飼い主に放棄された5頭の猫が出会いを待っています。
1歳くらいのメスのキジシロのむぎは、とてもビビリなので、そばによるとじりじり後ずさりされます。
それでもまだ近づこうとすると「いやーっ!」と一気に隅っこまで逃げて固まり、威嚇や攻撃はありませんが、警戒心は緩まりません。
終始びっくり顔ですがとてもかわいい女の子です。元々家猫ですがお外を行き来していたようなので、脱走に注意が必要です。
また、飼い主が亡くなり同じ家から来た3頭は、ど緊張で目を剥いている子もいれば、とてもリラックスしてる子もいます。
年齢・性別不明の黒白ハチワレのばけつは、 ケージに入る前は緊張感無く撫でることができたのですが、 知らない所に来たと理解したらしく緊張しています。
年齢・性別不明の茶白ハチワレおもちは、ケージに移す時におとなしく抱え上げられました。
毛並はきれいですが、若干シニア感があります。緊張していますが 撫でることもできます。
黒白ハチワレのふみ子は、1歳くらいのメスです。緊張感ゼロで、犬舎に来てすぐにいきなりベタベタすりすりゴロゴロした甘々ちゃんです。
何もない床でもふみふみしています。 ごはんもペロリと完食し お水もちゃんと飲めています。
ケージに入れると「ぬーん ぬーん」と不満そうにしていますが 、少し経つと鳴きやんでひとりでゴロゴロしています。
諦めがいいというか切り替えが早いというか手がかからない子です。
※抗体検査、避妊手術、ワクチン、駆虫は未実施です。譲渡後は速やかに動物病院を受診してください。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

留萌振興局 :0164-42-8436
https://www.rumoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/atarashiikainushi/inuneko.html




20230113留萌.jpg

留萌振興局の飼い主探しノートでは、天塩町で屋外飼育されている成犬と子犬が出会いを待っています。
生後半年〜1年程度の幼犬だけでも約24頭いるとのこと!成犬に至っては、その比ではないほどいます。
この案件は、飼い主が不妊手術を怠ったため膨大な数になってしまいました。
1年で一番寒い厳寒期を迎え、屋根のある場所で風雪を避けているとは言え、過酷な環境下で犬たちは暮らしています。
特に体力のない子犬は尚更です。出来るだけ早く温かな家族の一員になれると幸いです。
現在、振興局はじめ関係機関で今後の対策を協議中ですが、繁殖を止めるためにも皆様のご協力が必要です。
お迎え入れを検討してくださる方、二次譲渡をしていただける方、お近くにお住まいの方で作業等のご協力いただける方は、下記の自然環境係までご連絡をお願いいたします。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

飼い主探しノート問合せ先:留萌振興局  0164-42-8436   
https://www.rumoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/atarashiikainushi/inunekoyuzuri.html


保健所や飼い主探しノートでは、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!

犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所や飼い主探しノートに掲載されている犬猫に救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所・飼い主探しノート情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/hokenjoinfo/


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト

posted by しっぽの会 at 21:03 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月13日

1月13日(金)の札幌市動物管理センター福移支所と北海道立保健所情報

1月13日(金)の札幌市動物管理センター福移支所には、成犬3頭、成猫36頭(譲渡不可含む)が収容されていました。

子猫はいませんでした。

先週収容されていた、柴犬とチワワ3頭は譲渡になりました。

また本日は、猫1頭、愛称やっこが譲渡になりました。

飼い主放棄で黒猫が1頭が収容されました。


<迷子犬>
迷子犬はいませんでした。



<迷子からの飼い主募集犬>

1.jpg

収容犬11、愛称まめは推定8歳の茶白の柴犬のメスです。

首元を触られるのは嫌がるので注意が必要です。

構って欲しいのか大好きなお散歩に行きたいのか、気になっている様子でした。


収容犬22は譲渡されました(1月10日)



<放棄からの飼い主募集犬>

122801、愛称ぽん、12歳のメスは譲渡になりました。(1月10日)

122802、愛称ぽこ、14歳のメスは譲渡になりました。(1月10日)

122803、愛称りん、5歳のオスは譲渡になりました。(1月10日)



<即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)>

センターHPより
咬み癖があるなど、飼養管理に危険が伴うことが想定されます。
譲渡を希望される場合は、複数回の見学と入念な検討を重ねていただくとともに、
面談において家族構成や飼養環境、飼育歴など、より詳細に確認いたします。

102701.jpg

収容犬102701、愛称ゆき、推定8歳のメスの北海道犬は飼い主死亡のため2020年10月に放棄されました。

お散歩が大好きで喜んで散歩します。

気難しいところがあり、気に入らないとスィッチが入るそうですが、以前よりは減って来たそうです。

北海道犬の特性を理解している方との出会いをお待ちしています。



082601.jpg

収容犬082601、愛称まーちゃん、推定9歳のサビ柄の北海道犬のメスです。

まーちゃんも、スイッチが入る時がありますが、いつもは大人しくしています。

カメラが苦手なのも少し克服しました。



<迷子猫>

38.jpg

F38、1月12日、厚別区もみじ台北6丁目で保護された灰猫のメス。

おびえた様子でした。

迷子期限日は1月18日(水)です。



<迷子からの飼い主募集猫>

23.jpg

収容猫F23、愛称さわらは、推定4歳の黒の去勢オスです。

相変わらずハンモックの中にいました。

以前より大人しくなった気がします。



34.jpg

F34、愛称いっこは推定5歳の去勢オスです。

収容当初、顎を骨折しており、動物病院に治療を行っていただき再度処置が必要だそうです。

人慣れしていて大人しい子です。



37.jpg

F37、キジトラの推定7歳のメスは迷子でしたがお迎えがなく飼い主募集になりました。

鈴とリボンがついた赤い首輪をしていました。

人馴れしていてしきりに前に来てアピールしていました。

ゴハンも完食していました。



<放棄からの飼い主募集猫>

021004.jpg

F021004、愛称カッちゃんは推定5歳のキジトラのメスです。

カツちゃんはお腹の調子が悪いそうで軟便でした。



051101.jpg

051101、愛称ワックスは推定2歳の去勢オスです。

あまり人に慣れていませんが、怒ったりせずいつも静かです。



051102.jpg

F051102、愛称リンスは推定5歳の黒茶白の避妊メスです。

いつも寝ていることが多いです。



051205.jpg

F051205、愛称ジャネットは黒茶の推定13歳のメスです。

ジャネットも以前よりは慣れてきてリラックスしていました。



062104.jpg

F062104、愛称ライトは推定5歳の去勢オスです。

人懐こくて遊び好きな子です。



102401.jpg

F102401、愛称プンは、6歳の去勢オスです。

収容当初からかなり攻撃的ですぐにパンチが飛んで来たそうです。

最近は穏やかな表情を見せてくれていますが、手に反応し噛みつくようです。

お子さまのいないご家庭が良いと思います。



122201.jpg

F122201、灰茶の去勢オスは18歳です。

高齢の飼い主が病気のため、飼育継続困難となり放棄されました。

人懐こくて甘えたそうにします。

高齢ですので1日も早くお迎えいただけますと幸いです。



センターHPより

多頭飼育崩壊による放棄収容猫(令和4年10月引取案件)
独居で猫8頭を飼養していた飼い主が病気となり、飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
オス2頭は人に慣れていて甘えてきますが、メスは比較的慣れていない個体もいます。

102701 (2).jpg

F102701、愛称大吉は推定12歳の黒の去勢オスです。

積極的に甘えてくるそうです。



102704.jpg

F102704、愛称小吉は、推定5歳の白黒のメスです。

この子も人慣れしていて大人しいです。



102705.jpg

F102705、愛称平(ひら)は推定5歳の白黒のメスです。

人慣れしていて大人しいです。



102706.jpg

F102706、愛称吉は推定5歳のサビのメスです。

人慣れしていて大人しいです。体も小さく美猫です。



センターHPより

多頭飼育崩壊による放棄収容猫(令和4年11月引取案件)
猫13頭を飼養していた飼い主が高齢のため飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
人慣れしている個体が多いです。


111601.jpg

F111601、愛称ガンマは、7歳の黒茶のオスです。

積極的に甘えてくるわけではありませんが、触らせてくれます。



111602.jpg

F111602、愛称デルタは、7歳の黒のオスです。

両目が白濁しています。

人が近づくと甘えてきます。



111604.jpg

F111604、愛称シグマは、7歳の黒の去勢オスです。

臍ヘルニアがありましたが、整復手術が済みました。



111605.jpg

F111605、愛称イオラは、黒茶のオスです。

人慣れしていて大人しい子です。



センターHPより
放棄収容猫(令和4年12月引取案件)
車庫で猫5頭を飼養していた飼い主が病気で飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
まだセンターの環境に慣れないせいか緊張しているようですが、いずれの個体も比較的人馴れしています。

121201.jpg

F121201 黒 推定3歳オス



121202.jpg

F121202 キジトラ 推定2歳メス



121203.jpg

F121203 黒茶 推定3歳メス



センターHPより
多頭飼育崩壊による放棄収容猫(令和4年12月引取案件)
多数の猫を飼養していた飼い主が飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
人馴れしていて健康状態も比較的安定している個体が多いです。


121208.jpg

F121208 黒 推定3歳オス



121210.jpg

F121210 キジ白 推定2歳オス



121213.jpg

F121213 黒 推定2歳オス



センターHPより
放棄収容猫(令和4年12月引取案件)
猫9頭を飼養していた飼い主が病気で飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
いずれの個体も攻撃性はありませんが、まだセンターの環境に慣れていないせいか警戒しています。

122701.jpg

F122701 キジトラ 推定1歳 去勢オス



122702.jpg

F122702 キジトラ 推定1歳 メス



122703.jpg

F122703 キジトラ 推定1歳 メス



122704.jpg

F122704 サバトラ 推定2歳 メス



122705.jpg

F122705 キジトラ 推定1歳 メス

左目がありません。



122707.jpg

F122707 キジトラ 推定1歳 去勢オス



122708.jpg

F122708 キジトラ 推定1歳 オス



122709サバトラ.jpg

F122709 サバトラ 推定6歳 メス



札幌市動物管理センターのTwitterはコチラです。
↓ ↓ ↓ ↓
https://twitter.com/sapporo_dobutsu


**************************

その他の保健所の情報です。
お迎え入れや情報のシェアや拡散のご協力何卒よろしくお願いいたします!
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。

https://shippo.or.jp/hokenjoinfo/


20230104tokati.jpg

帯広保健所では成猫9頭、子猫1頭、広尾支所では成猫1頭が出会いを待っています!帯広保健所では収容過多となっていて限界状態となりました!
■S-135黒の1歳のオスは、中札内村で保護されました。
体中に松ヤニがついていたので体の所々の毛が刈られていますが、とても元気で遊ぶのが大好きな男の子です。
ゲージの中から手を伸ばしてきたり、ゲージを開けるとすぐにすり寄ってくる甘えん坊です。
募集期限は12月21日(水)でした!
■放棄されたH-32キジトラの成猫のオスは、おとなしい子ですが、とても人懐っこくて猫じゃらしを見ると一生懸命追っかけて遊んでいます。
血便をしていることがあり、血液系疾患を持っている可能性があります。
早めに病院へ連れて行って体調についてご理解いただける方のご連絡をお待ちしています。
募集期限は12月21日(水)でした!
■H-33キジトラ成猫のオスは、H-32と同じ家からの放棄です。
とても人懐っこくて、人を見ると自分から近寄ってきて甘えた声で鳴いてきます。
こちらの子はご飯もたくさん食べて、とても元気な子です。猫じゃらしで遊ぶのも大好きです。
■H-34キジトラ14歳のメスは、H-32、H-33と同じ家からの放棄です。
人馴れしていて自分から頭スリスリしてきますが、こちらから触ると時々嫌がって威嚇してくることがあります。
体は他の子と比べると大きめです。
募集期限は12月21日(水)でした!
■H-35茶トラ8歳のオスは、H-32〜H-34と同じ家の放棄です。
トイレに入りきらないくらいとてもおっきな体をしていますが、少し怖がりで緊張しているようです。
チュールは大好きなようで、差し出すと体を持ち上げて夢中で食べています。
募集期限は12月21日(水)でした!
■H-36茶トラの4歳のオスは、元は飼い猫なので人に馴れており、毛並みもふわふわで綺麗な男の子です。
撫でられるとゴロゴロして甘えてきます。
募集期限は12月26日(月)でした!
■広尾猫2キジトラの推定4〜5歳は性オスです。
広尾町内で保護され、毛並みも良く健康的な体型です。
仏頂面でもの静かですが、近づくと警戒し小声で威嚇した後、手が出ますが、たくさん遊んで一緒に過ごしていただける方、ご連絡お待ちしております。
募集期限は12月26日(月)でした!
■S-137、キジ白のオスは、芽室町で保護されました。
とても人懐っこい子で、頭をスリスリしてきます。撫でられるのが大好きなようで、すぐにゴロンとなってお腹を見せて甘えてきます。
募集期限は、令和5年1月6日(金)です!
■H-37は茶の成猫のオスで、綺麗な茶色の長毛がチャームポイントの男の子です。
環境が変わって緊張しているのか、あまり動かず、手を伸ばすと威嚇や猫パンチをしてきます。
馴れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、大切に育てていただける方、ご連絡お待ちしております。
募集期限は、令和5年1月6日(金)です。
■S-101、キジトラのメスは、S-101-Aのお母さんです。
秋に保護され、保護中に2匹を出産しました。人馴れは練習中ですが、2ヶ月になるまでしっかりと子育てをしてくれたとても良いお母さんです。
できる限り、親子で一緒に引き取っていただける方を募集しています。
募集期限は、令和5年1月13日(金)です。
■S-101-Aは、2ヶ月のキジトラのメスです。
少し警戒している様子ですが、すぐ捕まえられて触ることもだっこすることもできます。
やんちゃな子で元気に遊んでいます。
外で保護された子や飼い主に放棄された猫、事情は様々です。体調面については個体差がありますが、人に慣れた飼いやすい子が多いようです。
どの子も大切な家族として生涯大切にしてくださる方との出会いを待っています。
お迎え入れ後は、健康にご配慮いただけますよう動物病院を受診されてください。
皆さまのご連絡お待ちしております!
幸せになりたいのはどの子も同じはず…情報の拡散、シェアのご協力もお願いいたします!

十勝総合振興局 :0155-26-9031
https://www.tokachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/sizen/doubutsu/kainushibosyuu.html



0105enngaru.jpg

紋別保健所遠軽支所では、遠軽町で迷い猫で保護されお迎えがなかったため飼い主募集になった推定5歳の白黒のオスが出会いを待っています。
保護時からぽっちゃり体形ですので、元は飼われていた猫の可能性も高いです。
最近は人にも怯えなくなり少しづつ心を開いてくれています。
ゴハンはドライフードを食べてトイレも猫砂でできます。
外を見たがって窓枠に登ろうと頑張っているので、お迎え入れの際は必ず脱走対策をされてください。
お引取り後は動物病院を受診されて健康管理をされてください。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

紋別保健所遠軽支所:01584-2-3108
https://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/mth/wanneko.html



20230106kamikawa.jpg

上川保健所では飼い主に放棄された親子猫3頭が出会いを待っています。
推定6歳のキジトラの避妊メスは、2頭の母猫です。
部屋に入ると寄ってきて撫でられると嬉しそうにするそうです。
子の推定4歳のキジトラの避妊メスは、臆病ですが少し出てくるようになりました。
餌はしっかり食べているそうです。
口内炎があります。推定4歳の白の去勢オスは、大人しい子です。
大分慣れてきて餌の用意をしていると寄って来るそうです。この子も口内炎があります。
引取り後は動物病院を受診していただき健康に配慮してあげてほしいです。
1日も早く暖かなお家で暮らせますように・・・。
募集期限は1月18日(水)です!幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

上川保健所 :0166-46-5994
https://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/inunekohogojouhou.html




20230113留萌.jpg

留萌振興局の飼い主探しノートでは、天塩町で屋外飼育されている成犬と子犬が出会いを待っています。
生後半年〜1年程度の幼犬だけでも約24頭いるとのこと!成犬に至っては、その比ではないほどいます。
この案件は、飼い主が不妊手術を怠ったため膨大な数になってしまいました。
1年で一番寒い厳寒期を迎え、屋根のある場所で風雪を避けているとは言え、過酷な環境下で犬たちは暮らしています。
特に体力のない子犬は尚更です。出来るだけ早く温かな家族の一員になれると幸いです。
現在、振興局はじめ関係機関で今後の対策を協議中ですが、繁殖を止めるためにも皆様のご協力が必要です。
お迎え入れを検討してくださる方、二次譲渡をしていただける方、お近くにお住まいの方で作業等のご協力いただける方は、下記の自然環境係までご連絡をお願いいたします。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

飼い主探しノート問合せ先:留萌振興局  0164-42-8436   
https://www.rumoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/atarashiikainushi/inunekoyuzuri.html



20230112kusiro.jpg

釧路保健所では、犬3頭、標茶支所では1頭が出会いを待っています。
D12-1、13歳のメスは、飼い主が亡くなり収容されました。
ご自身で犬のお世話が困難な時はペットシッターに依頼するなど、大切に育てていらっしゃったようです。
そのためか、人を信頼しているようで、初対面だと多少緊張するものの、すぐに慣れます。無駄吠えもありません。
13歳とはいえまだまだ元気で、散歩の時の引っ張る力は強いです。
ぐらぐらしている歯があり食べにくそうだったため、抜糸しました。
診察までの待ち時間が30分くらいありましたが、車の中でお利口に待っていました。
病院の待合室でもおとなしく待てました。体重14キロの中型です。
12-2推定1〜2歳の去勢オスです。
浜中町内で度々目撃されていた放浪犬で、飼い犬と遊んでいるタイミングで捕獲できたため、放浪させずに飼える家族を募集することになりました。
こわがりで、なでたりすると固まってしまいますが、攻撃性はありません。
半月間ほど散歩の練習をしており、人の横について歩けるようになっています。
ただ、自由な放浪生活をしてきた本人としては「なぜつながれて歩かなければいけないのか」「なぜ人間に合わせなければならないのか」など、疑問に思うことがたくさんあると思います。
でも、人と一緒に生活していくルールは、人が教えなければなりません。
まだ若く、伸びしろがいっぱいな子です。体格は中型です。体重測定はしていませんが、10〜12キロ程度と思われます。
ただ、非常に臆病なので、小さいお子さんがいるご家庭は、ご遠慮いただいております。
SD12-1は高齢のオスは、12月27日に弟子屈町熊牛原野18線付近で迷子で保護されました。
保護時は首輪をしていましたが、迎えはありませんでした。
中型で、高齢のためか、目があまり見えていない、耳が遠い、といった様子ですが、かなり人慣れしており、人に気づくとすぐに寄ってきます。
無駄吠えもありません。穏やかな性格のようです。
この年齢で飼育放棄されたとしたら、とても悲しいです。
人を信頼している犬なので、残り少ない時間かもしれませんが、寄り添ってくださる方、ご連絡ください。
室内飼育をお願いします。
D1-2も高齢のオスで年明けに釧路市桜ヶ岡1丁目5番地付近で保護されました。
保護時は切れたチェーン付きの首輪をしており、チェーンが切れて飼い主宅から出てしまったと思われますが、お迎えはありませんでした。
白内障で、目は見えていません。声をかけずに触ると驚くので、耳も聞こえていないようです。
元気食欲はあり、足腰が弱っているものの、よく歩きます。収容時は毛の汚れが見だちましたが、ブラッシングで大分きれいになりました。
残り少ない時間かもしれませんが、寄り添ってくださる方、ご連絡ください。室内飼育をお願いします。
対面ご希望の方は、釧路総合振興局さまの以下のURLより、申込書・審査票 (PDF 489KB)を2ページとも提出してください。
提出がない場合は対面できません。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!   

釧路総合振興局:0154-43-9155   
https://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.html



220230111rumoi.jpg

留萌保健所では、飼い主に放棄されたむぎわら猫のむぎちゃんが出会いを待っています。
とてもビビリさんなので、そばによるとじりじり後ずさりされます。
それでもまだ近づこうとすると「いやーっ!」と一気に隅っこまで逃げて固まり、威嚇や攻撃はありませんが警戒心は緩まりません。
その割に近づいた際に逃げ遅れたり、慌てすぎてにゃんモックに上れずに落下したりのドジっ子ちゃんです。
ごはんはまだ人前では食べず、人が同じ部屋にいなければ食べます。
今は終始びっくり顔ですがとてもかわいい女の子です。
元々家猫ですがお外を行き来していたようなので、脱走に注意が必要です。
ゆっくり仲良くなってくれる飼い主さんをお待ちしています。
※抗体検査、避妊手術、ワクチン、駆虫は未実施です。
譲渡後は速やかに動物病院を受診してください。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

留萌振興局 :0164-42-8436
https://www.rumoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/atarashiikainushi/inuneko.html



保健所や飼い主探しノートでは、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!

犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所や飼い主探しノートに掲載されている犬猫に救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所・飼い主探しノート情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/hokenjoinfo/




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト

posted by しっぽの会 at 22:05 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月10日

札幌市動物管理センターで出会いを待つ多頭飼育放棄の猫たち

札幌市動物管理センターには、現在36頭の猫が収容されています。

年末12月27日には、飼い主が病気で飼養継続できなくなった多頭飼育放棄の9頭の猫たちが収容されました。

猫たちは、大人しく攻撃性はありませんが、全体に覇気がなく警戒しています。

また食欲もないそうですが、強制給餌では食べるそうなので、環境が変わりナーバスになっているのかも知れません。



122701.122707.122708..jpg

F122701 キジトラ 推定1歳 去勢オス

F122707 キジトラ 推定1歳 去勢オス

F122708 キジトラ 推定1歳 オス



122702.122703.jpg

F122702 キジトラ 推定1歳 メス

F122703 キジトラ 推定1歳 メス



122704・122705.jpg

F122704 サバトラ 推定2歳 メス

F122705 キジトラ 推定1歳 メス

左目がありません



122706.jpg

F122706 キジトラ 推定1歳 メス



122709.jpg

F122709 サバトラ 推定6歳 メス


家庭で暮らしてきた猫たちですので、家庭猫になって元気になりますように・・・。

動物管理センターに収容されている猫たちにも目を向けていただけると幸いです。


札幌市動物管理センターHP
https://www.city.sapporo.jp/inuneko/index.html


札幌市動物管理センター飼い主募集猫ページ
https://www.city.sapporo.jp/inuneko/syuuyou_doubutsu/jotoneko.html


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト


posted by しっぽの会 at 19:43 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする