2020年12月04日

12月4日(金)の札幌市動物管理センター福移支所と今週の道内保健所情報

12月4日(金)の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬5頭、成猫37頭、子猫2頭が収容されていました。

今日、18歳の高齢親子猫3頭と高齢のメス猫が放棄されました。

高齢者が高齢の動物を飼育できなく放棄する案件が後を絶ちません。

15〜20年前には予想もつかなかったのかも知れませんが、
人も犬も猫も当然ですが毎年、年を取ります。

最後まで、愛情と責任を持って、見届けて欲しいと心から願います。



<迷子犬>

迷子犬はいませんでした。


<放棄からの飼い主募集犬>

091801.jpg

収容犬091801、愛称ジュニアは推定13歳のオスです。

男性に対してトラウマがあるのか、
警戒心が強く噛むようですが、
女性には個人差があり、ジュニアなりのこだわりで、
職員さんを順位付けしているそうです。

初めての方でも吠えない場合もあり、
何が要因なのか良く分からないそうです。

またあちこちにマーキングをするので、
そうしたことも含め、
受け入れてくださる方との出会いを待っています。





<即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)>

センターHPより
即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)
咬傷歴があるなどの理由により、
飼養に際し著しい危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡はできません。
譲渡を希望される場合は、複数回の見学と入念な検討を重ねていただくとともに、
面談において家族構成や飼養環境、飼育歴など、より詳細に確認いたします。



69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定5歳のブルテリア系の去勢オスです。

これまで数度、咬傷事故を起こしています。

センターの暮らしも2年以上と長くなり、
すっかり環境に慣れています。

犬の飼育に慣れていない方には飼育は出来ない子です。

ドッグトレーナーの方など、
犬の扱いに慣れた制御することの出来る方となら
信頼関係を作れそうです。





100101.jpg

収容犬100101、推定6歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

人や犬が前を通ると激しく怒ります。

神経質な性格でピリピリしていることが多いですが、賢い子です。





051801.jpg

収容犬051801、愛称はなは、推定4歳のメスの柴犬です。

飼い主死亡により放棄されたはなは、
とにかく人の手が怖いのと
棒状のものも怖がりトラウマになっています。

トラウマをコントロールするのは大変なことですが、
ゆっくりと向き合ってくださる
ご理解ある方との出会いを待っています。





102701.jpg

収容犬102701、6歳の北海道犬のメスは飼い主に放棄されました。

歯をむいて怒り威嚇していたのが、
大分落ち着いてきたように思います。

胸や腹にアレルギーによる酷い皮膚炎があります。





<迷子猫>
いませんでした。



<迷子からの飼い主募集猫>

23.jpg

収容猫F23、愛称ボルトは、黒茶の推定3歳の去勢オスです。

人に対して警戒心を持っていてまだ慣れていません。

右の大腿骨を骨折していたため、
手術で固定用のピンを入れて治療していましたが、
現在は抜去が完了したそうです。

ボルトにも出会いがありますように・・・。





38.jpg

収容猫F38、愛称バルーンは推定10歳の白の去勢オスです。

大きな猫で、まだ緊張しているためか怒ることもあるようです。

肥満のため、健康のために体重管理が必要です。

また、毛づくろいがしづらいようですので、ブラッシングが必要です。





47.jpg

収容猫F47、推定10歳の白黒のメスは、
人慣れしていて、頭を撫でるとゴロゴロと喉を鳴らすそうです。

体調不良ですので、飼い主募集は一旦停止していましたが、
回復してきました。





収容猫F48、推定7歳のスコティッシュフォールド系の
去勢オスは譲渡になりました!(12月4日)





<放棄からの飼い主募集猫>

091402ペコ.jpg

収容猫F091401、愛称プコは推定8歳の避妊メスで、
飼い主が死亡し以下のペコと4頭で放棄されました。

緊張気味ですが、愛嬌のある顔をしていて人慣れしています。

軟口蓋が一部欠損していましたが、
鼻腔と口腔が繋がっているそうですが、
穴も小さく手術の必要はないとのことです。

ペコと一緒に出会いがあると良いのですが。





091401プコ.jpg

収容猫F091402、愛称ペコは推定8歳の白黒の避妊メスで、
飼い主が死亡し4頭で放棄されました。

舌がチョロっと出て愛嬌がありとても可愛らしい子です。

最近凄く慣れてきていて、給餌の際には手にまとわりつくそうです。





収容猫F092403、愛称マリー、推定8歳のキジトラの避妊メスは譲渡されました。(12月1日)





100102.jpg

収容猫F100102、愛称中吉は推定10歳のキジトラの避妊メスです。

お腹を見せて寛いだりもするそうですが、
触られるのは苦手なようです。




100601アンズ.jpg

収容猫F100601、愛称アンズは、推定13歳の茶の去勢オスです。
F100602、1006003と3頭一緒に放棄されました。

環境の変化は高齢の猫にとって辛いことですが、
少しづつ環境にも慣れてきて食欲は出てきたようです。

撫でられるのが好きな子なので、人の傍で暮らせると安心です。

下唇に黒いできものがあるため、検査が必要です。





IMG_5664.jpg

収容猫F100602、愛称アケビは、推定10歳の白黒茶の去勢オスです。
F100601、100603と3頭一緒に放棄されました。

人に慣れていて遊ぶのも好きだそうです。





100603カリン.jpg

収容猫F100603、愛称カリンは、推定7歳の白黒のメスです。

F100601、100602と3頭一緒に放棄されました。

大人しく、人慣れしているそうですが、
両目が見えていないか、見えづらいようで、
センターに収容されてから痙攣を起こしました。

原因は不明ですが、検査や治療が必要となる可能性が高いです。

3頭とも高齢のせいか食べていますが痩せて来ています。





【多頭飼育放棄からの飼い主募集猫】

センターHPより
多頭飼育状態で適切な管理が行き届かなくなってしまったものを収容しました。
不衛生な環境で飼育されていたと推測され、汚れや臭いも目立ちます。
中には人に慣れていなかったり、気性の荒い個体もいます。
引き続き、収容を予定しております。


081302すいか.jpg

収容猫F081302、愛称すいかは、白灰の推定8歳の去勢オスです。

食べることに執着が強いのか、
職員さんを見るとずっと鳴き続けていましたが、
大分落ち着いてきたのかも知れません。





081307さくら.jpg

収容猫081307、愛称さくらは、推定5歳の去勢オスです。

風邪によるものか、視力が悪いかも知れません。

ですが、目ヤニも少なくなってきました。





081405ぶんたん.jpg

収容猫081405、愛称ぶんたんは、推定8歳の去勢オスです。

銀色の丸い目がかわいい子です。




081904きんかん.jpg

収容猫081904、愛称きんかんは、推定5歳の去勢オスです。





081905あんこ.jpg

収容猫081905、愛称あんこは推定7歳の去勢オスです。

あんこは、勝気なところもあります。




093007そう.jpg

F093007、愛称 草(そう)は、推定8歳の去勢オスです。

金色の瞳がきれいな子です。

大好きなハンモックで寛いでいました。




081409サワー.jpg

F081409、愛称サワーは推定2歳の避妊メスです。





090904すだち.jpg

F090904、愛称すだちは、推定5歳の避妊メスです。




F090902、愛称だいだいは、推定7歳の去勢オスです。





110501.jpg

F110501、推定3歳の避妊メス。





多頭飼育放棄からの飼い主募集猫(2)
センターHPより

不適切な飼育により、近親交配を繰り返し、多頭飼育状態になったものを収容しました。人に慣れており、積極的に手を出したり近寄ってくる個体も多いです。


100105チヒロ.jpg

F100105、愛称チヒロは、推定5歳のサビの避妊メスです。




100106ビヨンセ.jpg

F100106、愛称ビヨンセは、推定5歳の黒長毛の避妊メスです。

大柄な子です。




100109リン.jpg

F100109、愛称リンは、推定10歳の黒の避妊メスです。

銀色の目がかわいいです。





100111サツキ.jpg

F100111、愛称サツキは、推定5歳の黒のメスです。





100112メイ.jpg

F100112、愛称メイは、推定5歳のサビのメスです。

いつもハンモックでリラックスしています。





100504ムスカ.jpg

F100504、愛称ムスカは、推定6歳の黒の去勢オスです。





100506ユパ.jpg

F100506、愛称ユパは、推定6歳の黒長毛の去勢オスです。

物凄くかわいい控えめの声で鳴きます。




100509マルクル.jpg

F100509、愛称マルクルは、推定8歳の去勢オスです。





100510ロッソ.jpg

F100510、愛称ロッソは、推定5歳の去勢オスです。





100511コダマ.jpg

F100511、愛称コダマは、推定5歳の去勢オスです。





100512ハウル (2).jpg

F100512、愛称ハウルは、推定8歳の去勢オスです。

人懐こい子です。





100514ハク.jpg

F100514、愛称ハクは、推定5歳の去勢オスです。

この子だけが灰色です。

人に慣れたかわいい子です。





100516バロン.jpg

F100516、愛称バロンは、推定6歳の去勢オスです。

皆、性格も良く、人懐こい子が多いですので、
気になる方は面会されてみてください。





18歳親子.jpg

18歳で放棄された親子のメス猫。





120401やまと.jpg

120401、やまと メスです。




120402こまき.jpg

120402、こまき メスです。




120403たばき.jpg

120403、たばき メスです。





houki.jpg

この子も放棄された高齢のメス猫ですが、
この後、譲渡になったようです。

愛犬、愛猫を守れるのは飼い主さんしかいません。

元気なうちに先々のことも考えて準備しておいて欲しかったです。



**************************

北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。



11.20ebetu.jpg

江別保健所には、飼い主に放棄された推定5歳位の
愛称 空(そら)はオスのキジトラで、
長期に亘り出会いを待っています。
9 月 23 日に、収容されましたが、当初は全く動かず、
ゴハンも食べなかったそうで、元の飼い主さんも、
触れなかったとのことです。
人慣れ不十分なまま家庭内野良として生活していたようです。
今は、担当の職員さんであれば、
お尻のあたりを触らせてくれ、
チュールも手から食べるようになりました。
伸び代はたくさんあると思いますが、
譲受後はいきなりフリーにするのではなく、
ケージの中に入れて人や環境に慣らしていく必要があります。
まだ若いので、人慣れ訓練をしつつ、家族になれたら幸いです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

江別保健所:電話 011-382-3054
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/se/ke/inu-neko-newpage.htm





1130日高.jpg

日高振興局には、成猫2頭、子猫は灰色の子1頭が出会いを待っています。
3歳くらいの茶トラのオスは、飼い主さんの事情により
浦河保健所へ収容されました。
もともと交通事故にあったとみられ、
後脚にケガをしています。また、おしりが
爛れてしまっていますが、その他は元気そうです。
人には割となれているのか、威嚇はしていません。
食いしん坊で、とっても甘えん坊です!
お利口さんで、傷口のケアの時にも頑張ってくれています。
5歳くらいの白茶のオスは、
新冠町道の駅付近で発見されました。
人懐っこくて、かまってくれアピールをし、
身体は大きめで、食いしん坊です!
子猫は推定1〜2か月のメスのようです。
2頭は 静内保健所にいます。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

日高振興局 :0146-22-9254
http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutuaigokannri.htm





11.27nakasibetu.jpg

中標津町役場には、中標津町東当幌の農家さんの敷地に
住み着いた母犬から産まれた子犬2頭が捕獲され、
収容されています。
役場では順化させて慣らしてから
飼い主を募集する予定でしたが、
1か月以上経過しても懐く様子がなく、
現状の飼育環境ではこれ以上警戒心を解くのは
限界があると判断され、公表に至ったそうです。
ただ、警戒心は強く奥に逃げ込みますが、
大人しい子たちで、噛みつくような攻撃性はありません。
ご理解の上、時間をかけて向き合ってくださり、
愛情をかけて家族の一員として
可愛がっていただける方を募集しています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報のシェア、
拡散もお願いいたします!

中標津町役場:電話 0153-73-3111(内戦375)
https://www.nakashibetsu.jp/file/contents/2245/29059/r2.10.6-7hogoinu.pdf





12.4余市.jpg

余市保健所では、愛称ノエル、推定2〜3歳の
負傷のキジトラのオスが出会いを待っています。
この子は、余市町登町で弱って動けずにいたところを
保護されました。左後肢内側に大きな傷があり、
寒さで冷え切った状態でしたが、
動物病院で治療していただいたおかげで、
すっかり元気になりました。
飼い主のお迎えはありませんでしたが、
保健所の環境に慣れてきたら、
愛想のよいゴロゴロ猫になり、
担当の職員さんに甘えるようになりました。
抱っこはまだ苦手のようですが、
頭やお腹、どこを触ってもご機嫌です。
ご飯の用意をしていると、ニャーニャー催促してきます。
シマシマ柄がはっきりしたきれいな猫です。
クリスマスをこの子と一緒に迎えようかなとお考えの方、
ぜひご連絡ください。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

倶知安保健所余市支所 :0135−23−3104
http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.htm



保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 

https://shippo.or.jp/dekirukoto.html



。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 21:52 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

11月27日(金)の札幌市動物管理センター福移支所と今週の道内保健所情報

11月27日(金)の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬5頭、成猫35頭が収容されていました。
子猫はいませんでした。

今日は45、081406シークが譲渡され、
成猫の頭数も先週より3頭少なくなりました。

これから年末に向いますが、1頭でも多くの子が新しい家庭で新年を迎えれますように。


<迷子犬>

迷子犬はいませんでした。


<放棄からの飼い主募集犬>

091801jyunia.jpg

収容犬091801、愛称ジュニアは推定13歳のオスです。

男性に対してトラウマがあるのか、
警戒心が強く噛むようですが、
女性には個人差があり、ジュニアなりのこだわりがあり、
職員さんを順位付けしているようです。

初めての方でも吠えない場合もあり、
何が要因なのか良く分かりません。

またあちこちでマーキングをするので、
そうしたことも含めて受け入れてくださる方との出会いを待っています。




収容犬111901、愛称レオ、放棄された13歳の去勢オスの
パピヨンは譲渡になりました。(11月24日)




<即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)>

センターHPより
即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)
咬傷歴があるなどの理由により、
飼養に際し著しい危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡はできません。
譲渡を希望される場合は、複数回の見学と入念な検討を重ねていただくとともに、
面談において家族構成や飼養環境、飼育歴など、より詳細に確認いたします。



69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

これまで数度、咬傷事故を起こしています。

センターの暮らしも2年以上と長くなり、
すっかり環境になれています。





69.2.jpg

お世話してくださるスタッフに全幅の信頼を寄せているブル。

ただ普段はコマンドも聞く良い子なのですが、
スィッチが入ると止めが効かなくなります。

テリトリー意識はもの凄く強いので、
ドッグトレーナーの方など、
犬の扱いに慣れた制御することの出来る方となら
信頼関係を作れそうです。





100101.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

人や犬が前を通ると激しく怒ります。

賢い子ですが、神経質な面が強く表れています。





051801.jpg

収容犬051801、愛称はなは、推定4歳のメスの柴犬です。

飼い主死亡により放棄されたはなは、
とにかく人の手が怖いのと
棒状のものも怖がりトラウマになっています。

一旦できたトラウマをコントロールするのは大変なことですが、
ゆっくりと向き合ってくださる
ご理解ある方との出会いを待っています。





102701yuki2.jpg

収容犬102701、6歳の北海道犬のメスは飼い主に放棄されました。

歯をむいて怒り威嚇していたのが、
心を許しだしたのか穏やかな顔つきになっていました。




IMG_5610.jpg

胸や腹にアレルギーによる酷い皮膚炎があります。

散歩にはまだ連れて行けませんが、
スタッフの方は柵越しに触っていましたが、
ゆきも身体を預けるようにして気を許しているようでした。





<迷子猫>
48.1.jpg

収容猫F48、11月26日、豊平区美園6条5丁目で保護された
薄茶の去勢オス。

体格も良く穏やかな子でした。

迷子期限日は12月2日(水)です。





<迷子からの飼い主募集猫>

23boruto.jpg

収容猫F23、愛称ボルトは、黒茶の推定3歳の去勢オスです。

人に対して警戒心を持っていてまだ慣れていません。

右の大腿骨を骨折していたため、
手術で固定用のピンを入れて治療していましたが、
現在は抜去が完了したそうです。

今度はボルトにも出会いがありますように・・・。




38baru-n.jpg

収容猫F38、愛称バルーンは推定10歳の白の去勢オスです。

大きな猫で、まだ緊張しているためか怒ることもあるようです。

肥満のため、健康のために体重管理が必要です。

また、そのせいか毛づくろいがしづらいようですが、
スタッフの方がブラッシングさせていました。

嫌になると逃げていきますが、大人しくさせてくれていました。



収容猫F45、茶の去勢オスは、怪我で断尾しましたが、
本日譲渡になりました!





47.jpg

収容猫F47、推定10歳の白黒のメスは、
人慣れしていて、頭を撫でると
ゴロゴロと喉を鳴らすそうです。





<放棄からの飼い主募集猫>

091401puko.jpg

収容猫F091401、愛称プコは推定8歳の避妊メスで、
飼い主が死亡し4頭で放棄されました。

緊張気味ですが、愛嬌のある顔をしていて、人慣れしています。

軟口蓋が一部欠損していましたが、
鼻腔と口腔が繋がっているそうですが、
穴も小さく手術の必要はないとのことでした。





091402peko.jpg

収容猫F091402、愛称ペコは推定8歳の白黒の避妊メスで、
飼い主が死亡し4頭で放棄されました。

舌がチョロっと出て愛嬌がありとても可愛らしい子です。

最近凄く慣れてきていて、給餌の際には手にまとわりつくそうです。




092403mari-.jpg

収容猫F092403、愛称マリーは推定8歳のキジトラの避妊メスです。

マリーは、飼い主が亡くなり放棄されました。

撫でることができますが、
しつこく触られることは好きではないようです。

チュールを貰って美味しそうに食べていました。



100102tyuukiti.jpg

収容猫F100102、愛称中吉は推定10歳のキジトラのメスです。

何度か出産しているようで、現在も妊娠の可能性があるそうです。

警戒していますが、人には慣れているそうです。




IMG_5780.jpg

収容猫F100601、愛称アンズは、推定13歳の茶の去勢オスです。
F100602、1006003と3頭一緒に放棄されました。

環境の変化は高齢の猫にとって辛いことですが、
少しづつ環境にも慣れてきて食欲は出てきたようです。

撫でられるのが好きな子なので、人の傍で暮らせると安心です。

下唇に黒いできものがあるため、検査が必要です。





IMG_5781.jpg

収容猫F100602、愛称アケビは、推定10歳の白黒茶の去勢オスです。
F100601、100603と3頭一緒に放棄されました。

人に慣れていて遊ぶのも好きだそうです。





100603karin.jpg

収容猫F100603、愛称カリンは、推定7歳の白黒のメスです。

F100601、100602と3頭一緒に放棄されました。

大人しく、人慣れしているそうですが、
両目が見えていないか、見えづらいようで、
センターに収容されてから痙攣を起こしました。

原因は不明ですが、検査や治療が必要となる可能性が高いです。

3頭とも高齢のせいか食べていますが痩せて来ています。


収容猫F112001は譲渡されました(11月25日)






【多頭飼育放棄からの飼い主募集猫】

センターHPより
多頭飼育状態で適切な管理が行き届かなくなってしまったものを収容しました。
不衛生な環境で飼育されていたと推測され、汚れや臭いも目立ちます。
中には人に慣れていなかったり、気性の荒い個体もいます。
引き続き、収容を予定しております。


081302suika.jpg

収容猫F081302、愛称すいかは、白灰の推定8歳の去勢オスです。

食べることに執着が強いのか、
職員さんを見るとずっと鳴き続けていましたが、
大分落ち着いてきたのかも知れません。





081307sakura.jpg

収容猫081307、愛称さくらは、推定5歳の去勢オスです。

風邪によるものか、視力が悪いかも知れません。





081405buntan.jpg

収容猫081405、愛称ぶんたんは、推定8歳の去勢オスです。

銀色の丸い目がかわいい子です。




収容猫081406、愛称シークは、推定5歳の去勢オスは、
譲渡になりました。(11月27日)





081904kinkan.jpg

収容猫081904、愛称きんかんは、推定5歳の去勢オスです。

濃い灰色の毛色です。




081905anko.jpg

収容猫081905、愛称あんこは推定7歳の去勢オスです。

なかなか勝気なあんこです。




093007sou.jpg

F093007、愛称 草(そう)は、推定8歳の去勢オスです。

金色の瞳がきれいな子です。

マイペースな子のようです。





081409sawa-.jpg

F081409、愛称サワーは推定2歳の避妊メスです。




090904sudati.jpg

F090904、愛称すだちは、推定5歳の避妊メスです。

勝気な子のようです。





090902daidai.jpg

F090902、愛称だいだいは、推定7歳の去勢オスです。






110501.jpg

F110501、黒い推定3歳のメスは、
妊娠している可能性があるそうです。





多頭飼育放棄からの飼い主募集猫(2)
センターHPより

不適切な飼育により、近親交配を繰り返し、多頭飼育状態になったものを収容しました。人に慣れており、積極的に手を出したり近寄ってくる個体も多いです。


100105tihiro.jpg

F100105、愛称チヒロは、推定5歳のサビの避妊メスです。




100106ビヨンセ.jpg

F100106、愛称ビヨンセは、推定5歳の黒長毛の避妊メスです。

大柄な子です。




100109rin.jpg

F100109、愛称リンは、推定10歳の黒の避妊メスです。

銀色の目がかわいいです。





100111サツキ.jpg

F100111、愛称サツキは、推定5歳の黒のメスです。





100112mei.jpg

F100112、愛称メイは、推定5歳のサビのメスです。

いつもハンモックでリラックスしています。





100504musuka.jpg

F100504、愛称ムスカは、推定6歳の黒の去勢オスです。





100506yupa.jpg

F100506、愛称ユパは、推定6歳の黒長毛の去勢オスです。

物凄くかわいい控えめの声で鳴きます。




100509maruseru.jpg

F100509、愛称マルクルは、推定8歳の去勢オスです。





100510rosso.jpg

F100510、愛称ロッソは、推定5歳の去勢オスです。





100511kodama.jpg

F100511、愛称コダマは、推定5歳の去勢オスです。





100512hauru.jpg

F100512、愛称ハウルは、推定8歳の去勢オスです。

人懐こい子です。





100107setuko.jpg

F100107、愛称セツコは、推定5歳の黒の避妊メス です。

この子も人懐こいです。





100107.100512.jpg

2頭で舐めあって仲良しです。





100514haku.jpg

F100514、愛称ハクは、推定5歳の去勢オスです。

この子だけが灰色です。

人に慣れたかわいい子です。





100516baron.jpg

F100516、愛称バロンは、推定6歳の去勢オスです。

皆、性格も良く、人懐こい子が多いですので、
気になる方は面会されてみてください。




**************************

北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。

1125日高.jpg

日高振興局には、成猫2頭が出会いを待っています。
子猫1頭、成犬1頭の記載はなくなりました。
3歳くらいの茶トラのオスは、飼い主さんの事情により
浦河保健所へ収容されました。
もともと交通事故にあったとみられ、
後脚にケガをしています。また、おしりが
爛れてしまっていますが、その他は元気そうです。
人には割となれているのか、威嚇はしていません。
食いしん坊で、とっても甘えん坊です!
お利口さんで、傷口のケアの時にも頑張ってくれています。
浦河保健所にいます。5歳くらいの白茶のオスは、
新冠町道の駅付近で発見されました。
人懐っこくて、かまってくれアピールをし、
身体は大きめで、食いしん坊です!静内保健所にいます。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

日高振興局 :0146-22-9254
http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutuaigokannri.htm





11.18takikawa.jpg

滝川保健所には、飼い主が亡くなり放棄された
オス猫2頭が収容されています。
推定10歳のキジトラの去勢オスは体格が良く、
猫じゃらしで遊ぶのが好きです。
飼育担当には慣れてきましたが、
ナデナデはさせてくれません。
手についたチュールはなめてくれます。
最近は犬舎の中を探索してます。
また一緒に放棄された8歳の茶トラの去勢オスも
体格の良い子です。
知らない人にはとても警戒しますが、
飼育担当には抱っこできるまでになりました。
慣れるまで時間がかかると思いますが、
慣れてくればとても甘えん坊です。
マーキング等も無く、とっても飼育しやすいと思います。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

滝川保健所: 0125-24-6201
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/tth/03/inuneko.htm





11.19kamikawa.jpg

上川保健所では、推定6〜8か月の白黒のオスが
出会いを待っています。
旭川近隣の町の納屋にいるところを保護され、
9月23日に保健所に収容されましたが、
兄弟と思われるもう1頭は譲渡になりました。
おそらく餌付けされていた猫のようで、
飼い猫のように慣れてはいませんが、
痩せていませんし、毛艶も良く、
人を怖がり威嚇することもないようです。
担当の職員さんには大分慣れてきたそうですし、
家庭に入れば慣れてくれるのも早そうです。
まだ若いので順化しやすいと思います。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

上川保健所 :0166-46-5994
http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/inunekohogojouhou.htm





11.20ebetu.jpg

江別保健所には、飼い主に放棄された推定5歳位の
愛称 空(そら)はオスのキジトラで、
長期に亘り出会いを待っています。
9 月 23 日に、収容されましたが、当初は全く動かず、
ゴハンも食べなかったそうで、元の飼い主さんも、
触れなかったとのことです。
人慣れ不十分なまま家庭内野良として生活していたようです。
今は、担当の職員さんであれば、
お尻のあたりを触らせてくれ、
チュールも手から食べるようになりました。
伸び代はたくさんあると思いますが、
譲受後はいきなりフリーにするのではなく、
ケージの中に入れて人や環境に慣らしていく必要があります。
まだ若いので、人慣れ訓練をしつつ、家族になれたら幸いです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

江別保健所:電話 011-382-3054
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/se/ke/inu-neko-newpage.htm





11.24nakasibetu.jpg

中標津町役場には、中標津町東当幌の農家さんの敷地に
住み着いた母犬から産まれた子犬2頭が捕獲され、
収容されています。
役場では順化させて慣らしてから
飼い主を募集する予定でしたが、
1か月以上経過しても懐く様子がなく、
現状の飼育環境ではこれ以上警戒心を解くのは
限界があると判断され、公表に至ったそうです。
ただ、警戒心は強く奥に逃げ込みますが、
大人しい子たちで、噛みつくような攻撃性はありません。
ご理解の上、時間をかけて向き合ってくださり、
愛情をかけて家族の一員として
可愛がっていただける方を募集しています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報のシェア、
拡散もお願いいたします!

中標津町役場:電話 0153-73-3111(内戦375)
https://www.nakashibetsu.jp/file/contents/2245/29059/r2.10.6-7hogoinu.pdf



保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 

https://shippo.or.jp/dekirukoto.html



。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 22:50 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

11月20日(金)の札幌市動物管理センター福移支所と今週の道内保健所情報

11月20日(金)の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬6頭、成猫38頭が収容されていました。
子猫はいませんでした。

今日は36、43の猫に出会いがあり、譲渡されました!


<迷子犬>

迷子犬はいませんでした。

<迷子からの飼い主募集>

収容犬42、迷子だった白いトイプードルは譲渡になりました。(11月19日)

収容犬44、迷子だった茶のミックス犬の去勢オスは飼い主に返還されました。





<放棄からの飼い主募集犬>

091801.jpg

収容犬091801、愛称ジュニアは推定13歳のオスです。

男性に対してトラウマがあるのか、
警戒心が強く噛むようですが、
女性には個人差があり、ジュニアなりのこだわりがあり、
職員さんを順位付けしているようです。

初めての方でも吠えない場合もあり、
何が要因なのか良く分かりません。




ジュニア.jpg

ジュニアが大好きな職員さんには心を許しますが、
それでも時々、スィッチが入ります。

またあちらこちらにマーキングをします。





111901レオ.jpg

収容犬111901、放棄された愛称レオは13歳の去勢オスのパピヨンです。

人慣れしていて、触っても怒りません。

皮膚に脱毛と赤みが見られ、痒がっているそうです。

目は白内障になっていました。

また歯石が溜まって臭いがあるので口腔内のケアが必要です。





<即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)>

センターHPより
咬傷歴があるなどの理由により、
飼養に際し著しい危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡はできません。
譲渡を希望される場合は、複数回の見学と入念な
検討を重ねていただくとともに、
面談において家族構成や飼養環境、飼育歴など、より詳細に確認いたします。


69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

これまで数度、咬傷事故を起こしています。

センターの暮らしも2年以上と長くなり、
収容当初から見ると随分落ち着いてきたように思います。

普段はコマンドも聞く良い子なのですが、
スィッチが入ると止めが効かなくなるようです。

テリトリー意識はもの凄く強いので、
犬の扱いに慣れた制御することの出来る方となら
信頼関係を作れそうです。





100101.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

人を見ると良く、前を通ると怒られます。

少し離れた場所でしたが、オスワリのコマンドも聞けました。




はな.jpg

収容犬051801、愛称はなは、推定4歳のメスの柴犬です。

飼い主死亡により放棄されたはなは、
とにかく人の手が怖いのと
棒状のものも怖がりトラウマになっています。

ゆっくりと向き合ってくださる
ご理解ある方との出会いを待っています。





102701ゆき.jpg

収容犬102701、6歳の北海道犬のメスは飼い主に放棄されました。

歯をむいて怒り威嚇しますが、
人が嫌いで歪んでいるような子ではありません。

胸や腹にアレルギーによるものか皮膚炎がありますが、
まだ触ることが出来ません。





<迷子猫>

45.1.jpg

収容猫F45、11月16日、清田区有明376番地で保護された茶の去勢オス。

尻尾を怪我しているのでカラーをつけていました。

迷子期限日は11月20日(金)でした。




収容猫F46、11月17日に西区山の手4条11丁目で保護された
黒白茶の去勢オス。

迷子期限日は11月24日(火)です。





47.jpg

収容猫F47、11月17日、北区新川西4条4丁目で保護された黒白のメス。

3頭とも所有者を明示できるものはありませんでした。

迷子期限日は11月24日(火)です。




<迷子からの飼い主募集猫>

23ボルト.jpg

収容猫F23、愛称ボルトは、黒茶の推定3歳のオスです。

人に対して警戒心を持っていてまだ慣れていません。

右の大腿骨を骨折していたため、
手術で固定用のピンを入れて治療していましたが、
現在は抜去が完了したそうです。

今度はボルトにも出会いがありますように・・・。




38バルーン.jpg

収容猫F38、愛称バルーンは推定10歳の白の去勢オスです。

大きな猫で、まだ緊張しているためか怒ることもあるようです。

肥満のため、健康のために体重管理が必要です。

また、そのせいか毛づくろいがしづらいようで、
お尻の毛が汚れがちですだそうです。





収容猫F39、推定5歳の去勢オスは、本日譲渡されました。



収容猫F43、推定5歳の茶の避妊メスは、本日譲渡されました。




<放棄からの飼い主募集猫>

091402ペコ.jpg

収容猫F091401、愛称プコは推定8歳の避妊メスで、
飼い主が死亡し4頭で放棄されました。

緊張気味ですが、愛嬌のある顔をしていて、人慣れしています。

軟口蓋が一部欠損していて、
鼻腔と口腔が繋がっているので、
手術が必要となる可能性が高いそうです。





091401プコ.jpg

収容猫F091402、愛称ペコは推定8歳の白黒の避妊メスで、
飼い主が死亡し4頭で放棄されました。

舌がチョロっと出て愛嬌がありとても可愛らしい子です。

最近凄く慣れてきていて、給餌の際には手にまとわりつくそうです。




092403マリー.jpg

収容猫F092403、愛称マリーは推定8歳のキジトラの避妊メスです。

マリーは、飼い主が亡くなり放棄されました。

撫でることができますが、
しつこく触られることは好きではないようです。





100102中吉.jpg

収容猫F100102、愛称中吉は推定10歳のキジトラのメスです。

何度か出産しているようで、現在も妊娠の可能性があるそうです。

警戒していますが、人には慣れているそうです。






100601アンズ.jpg

収容猫F100601、愛称アンズは、推定13歳の茶の去勢オスです。
F100602、1006003と3頭一緒に放棄されました。

環境の変化は高齢の猫にとって辛いことですが、
少しづつ環境にも慣れてきて食欲は出てきたようです。

撫でられるのが好きな子なので、人の傍で暮らせると安心です。

下唇に黒いできものがあるため、検査が必要です。





100602アケビ.jpg

収容猫F100602、愛称アケビは、推定10歳の白黒茶の去勢オスです。
F100601、100603と3頭一緒に放棄されました。

人に慣れていて遊ぶのも好きだそうです。





100603カリン.jpg

収容猫F100603、愛称カリンは、推定7歳の白黒のメスです。

F100601、100602と3頭一緒に放棄されました。

大人しく、人慣れしているそうですが、
両目が見えていないか、見えづらいようで、
センターに収容されてから痙攣を起こしました。

原因は不明ですが、検査や治療が必要となる可能性が高いです。

きれいな子です。




【多頭飼育放棄からの飼い主募集猫】

センターHPより
多頭飼育状態で適切な管理が行き届かなくなってしまったものを収容しました。
不衛生な環境で飼育されていたと推測され、汚れや臭いも目立ちます。
攻撃性は強くありませんが、どの猫も緊張しています。


081302すいか.jpg

収容猫F081302、愛称すいかは、白灰の推定8歳の去勢オスです。

食べることに執着が強いのか、
職員さんを見るとずっと鳴き続けていましたが、
大分落ち着いてきたのかも知れません。





081307さくら.jpg

収容猫081307、愛称さくらは、推定5歳の去勢オスです。

風邪によるものか、視力が悪いかも知れません。





081405ぶんたん.jpg

収容猫081405、愛称ぶんたんは、推定8歳の去勢オスです。

銀色の丸い目がかわいい子です。





081406シーク.jpg

収容猫081406、愛称シークは、推定5歳の去勢オスです。

左下顎に腫瘤があり、リンパ腫が疑われるそうです。




081904きんかん.jpg

収容猫081904、愛称きんかんは、推定5歳の去勢オスです。

濃い灰色の毛色です。




081505あんこ.jpg

収容猫081905、愛称あんこは推定7歳の去勢オスです。




093007そう.jpg

F093007、愛称 草(そう)は、推定8歳の去勢オスです。

金色の瞳がきれいな子です。





081409サワー.jpg

F081409、愛称サワーは推定2歳の避妊メスです。




090904すだち.jpg

F090904、愛称すだちは、推定5歳の避妊メスです。




090902だいだい.jpg

F090902、愛称だいだいは、推定7歳の去勢オスです。

飼いやすそうな子たちが多いです。




110501.jpg

F110501、黒い推定3歳のメスは、
妊娠している可能性があるそうです。



F091105愛称みどり、推定15歳の去勢オスは譲渡になりました。(11月16日)

F091116、愛称マリオ、推定14歳の去勢オスは譲渡になりました。(11月16日)

F091111、愛称ネネ、推定4歳の避妊メスは譲渡になりました。(11月16日)




多頭飼育放棄からの飼い主募集猫(2)
センターHPより

不適切な飼育により、近親交配を繰り返し、多頭飼育状態になったものを収容しました。

人に慣れており、積極的に手を出したり近寄ってくる個体も多いです。

※メスの猫は妊娠している可能性があります。避妊手術については、順次行う予定です。


100105チヒロ.jpg

F100105、愛称チヒロは、推定5歳のサビの避妊メスです。




100106ビヨンセ.jpg

F100106、愛称ビヨンセは、推定5歳の黒長毛の避妊メスです。

大柄な子です。




100107セツコ.jpg

F100107、愛称セツコは、推定5歳の黒の避妊メス です。




100109リン.jpg

F100109、愛称リンは、推定10歳の黒の避妊メスです。

銀色の目がかわいいです。




100111サツキ.jpg

F100111、愛称サツキは、推定5歳の黒のメスです。




100112.jpg

F100112、愛称メイは、推定5歳のサビのメスです。

ハンモックでリラックスしていました。




100504ムスカ.jpg

F100504、愛称ムスカは、推定6歳の黒の去勢オスです。




100506ユパ.jpg

F100506、愛称ユパは、推定6歳の黒長毛の去勢オスです。

物凄くかわいい控えめの声で鳴きます。




100509マルクル.jpg

F100509、愛称マルクルは、推定8歳の去勢オスです。




100510ロッソ.jpg

F100510、愛称ロッソは、推定5歳の去勢オスです。




100511コダマ.jpg

F100511、愛称コダマは、推定5歳の去勢オスです。




100512ハウル.jpg

F100512、愛称ハウルは、推定8歳の去勢オスです。




100514ハク.jpg

F100514、愛称ハクは、推定5歳の去勢オスです。





100516バロン.jpg

F100516、愛称バロンは、推定6歳の去勢オスです。




**************************

北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。

11.17hidaka.jpg

日高振興局には、成猫2頭が出会いを待っています。
子猫1頭、成犬1頭の記載はなくなりました。
3歳くらいの茶トラのオスは、飼い主さんの事情により
浦河保健所へ収容されました。
もともと交通事故にあったとみられ、
後脚にケガをしています。また、おしりが
爛れてしまっていますが、その他は元気そうです。
人には割となれているのか、威嚇はしていません。
食いしん坊で、とっても甘えん坊です!
お利口さんで、傷口のケアの時にも頑張ってくれています。
浦河保健所にいます。5歳くらいの白茶のオスは、
新冠町道の駅付近で発見されました。
人懐っこくて、かまってくれアピールをし、
身体は大きめで、食いしん坊です!静内保健所にいます。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

日高振興局 :0146-22-9254
http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutuaigokannri.htm





11.18takikawa.jpg

滝川保健所には、飼い主が亡くなり放棄された
オス猫2頭が収容されています。
推定10歳のキジトラの去勢オスは体格が良く、
猫じゃらしで遊ぶのが好きです。
飼育担当には慣れてきましたが、
ナデナデはさせてくれません。
手についたチュールはなめてくれます。
最近は犬舎の中を探索してます。
また一緒に放棄された8歳の茶トラの去勢オスも
体格の良い子です。
知らない人にはとても警戒しますが、
飼育担当には抱っこできるまでになりました。
慣れるまで時間がかかると思いますが、
慣れてくればとても甘えん坊です。
マーキング等も無く、とっても飼育しやすいと思います。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

滝川保健所: 0125-24-6201
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/tth/03/inuneko.htm





11.19kamikawa.jpg

上川保健所では、推定6〜8か月の白黒のオスが
出会いを待っています。
旭川近隣の町の納屋にいるところを保護され、
9月23日に保健所に収容されましたが、
兄弟と思われるもう1頭は譲渡になりました。
おそらく餌付けされていた猫のようで、
飼い猫のように慣れてはいませんが、
痩せていませんし、毛艶も良く、
人を怖がり威嚇することもないようです。
担当の職員さんには大分慣れてきたそうですし、
家庭に入れば慣れてくれるのも早そうです。
まだ若いので順化しやすいと思います。
募集期限は11月24日(火)です!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

上川保健所 :0166-46-5994
http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/inunekohogojouhou.htm





11.20ebetu.jpg

江別保健所には、飼い主に放棄された推定5歳位の
愛称 空(そら)はオスのキジトラで、
長期に亘り出会いを待っています。
9 月 23 日に、収容されましたが、当初は全く動かず、
ゴハンも食べなかったそうで、元の飼い主さんも、
触れなかったとのことです。
人慣れ不十分なまま家庭内野良として生活していたようです。
今は、担当の職員さんであれば、
お尻のあたりを触らせてくれ、
チュールも手から食べるようになりました。
伸び代はたくさんあると思いますが、
譲受後はいきなりフリーにするのではなく、
ケージの中に入れて人や環境に慣らしていく必要があります。
まだ若いので、人慣れ訓練をしつつ、家族になれたら幸いです。幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

江別保健所:電話 011-382-3054
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/se/ke/inu-neko-newpage.htm


保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 

https://shippo.or.jp/dekirukoto.html


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 23:29 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

11月13日(金)の札幌市動物管理センター福移支所と今週の道内保健所情報

11月13日(金)の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬6頭、成猫40頭が収容されていました。
子猫はいませんでした。

積雪になって寒い日が数日続きましたが、
長期収容になっていた猫のラスやポピーや譲渡され
他にも3頭の猫が譲渡されていました!

人懐こい猫もたくさんいますので、
猫のお迎え入れ予定のある方は、
札幌市動物管理センター福移支所に足を運んでいただけたら幸いです。


<迷子犬>

42メス.jpg

収容犬42、11月9日、中央区南10条西6丁目で保護された白のトイプードル。

紺色の首輪をつけていましたが、まだ飼い主のお迎えはありません。

捜し方が分からないのでしょうか・・・

迷子期限日は11月17日(火)です。



収容犬44、11月12日、東区東苗穂10条13丁目で保護された
赤い首輪付の茶のミックス犬の去勢オス。

迷子期限日は11月20日(金)です。




<放棄からの飼い主募集犬>

091801.jpg

収容犬091801、愛称ジュニアは推定13歳のオスです。

男性に対してトラウマがあるのか、
警戒心が強く噛むようですが、
女性には個人差があり、ジュニアなりのこだわりがあるようです。

最近は落ち着いてきているように感じます。



センターHPより
多頭放棄
望まない繁殖により、頭数が増え、飼育環境が著しく不衛生な状態となっていたものを
センターで収容しました。譲渡を進めながら収容を続ける予定です。
環境の変化に戸惑っているため、活発な様子は見られませんが、おとなしい個体が多いです。

室内で飼育されていたため、外の環境には慣れていないことが予想されます。
親や兄弟犬に、遺伝性疾患を持つ個体が確認されています。
譲渡後、逸走する個体が多い傾向にあります。管理には注意が必要です。

<即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)>

センターHPより
咬傷歴があるなどの理由により、
飼養に際し著しい危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡はできません。
譲渡を希望される場合は、複数回の見学と入念な
検討を重ねていただくとともに、
面談において家族構成や飼養環境、飼育歴など、より詳細に確認いたします。


69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

これまで数度、咬傷事故を起こしています。

センターの暮らしも2年以上と長くなり、
収容当初から見ると随分落ち着いてきたように思います。

普段はコマンドも聞く良い子なのですが、
スィッチが入ると止めが効かなくなるようです。

テリトリー意識はもの凄く強いので、
犬の扱いに慣れた制御することの出来る方となら
信頼関係を作れそうです。





100101Maro.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

人を見ると良く、前を通ると怒られます。

コマンドも聞けますので、
信頼関係を作っていける方と出会いがありますように。




はな.jpg

収容犬051801、愛称はなは、推定4歳のメスの柴犬です。

飼い主死亡により放棄されたはなは、
とにかく人の手が怖いのと
棒状のものも怖がりトラウマになっています。

お散歩が大好きですが、
今日は冷たい雨が降っていたので、
短めに散歩を済ませたそうです。

ゆっくりと向き合ってくださる
ご理解ある方との出会いを待っています。



ゆき (2).jpg

収容犬102701、6歳の北海道犬のメスは飼い主に放棄されました。

歯をむいて怒り威嚇しますが、人が嫌いで歪んでいるような子ではありません。





ゆき.jpg

まだ触れないので、暫くは経過観察ですが、
犬舎の柵から長い柄のブラシを入れて、
身体を触らせる練習をしていました。

胸や腹にアレルギーによるものか皮膚炎があり痛々しいです。





<迷子猫>
まいご2.jpg

収容猫F43、11月10日、北区新川782番地で保護された茶のメス。

下記のF44と一緒に衣装ケースに入った状態で遺棄されていました。





まいご.jpg

収容猫F44、11月10日、北区新川782番地で保護された三毛猫のメス。

上記のF43と一緒に衣装ケースに入った状態で遺棄されていました。

犬猫などの愛護動物の遺棄は犯罪です!
動物愛護管理法により、100万円以下の罰金や懲役刑に処されます!

ここのところ遺棄とみられる案件が増えています。

目撃された方は、警察までご一報ください。



<迷子からの飼い主募集猫>

収容猫F49-R01、推定8歳の去勢オスのポピーはついに譲渡になりました!(11月11日)





23ボルト.jpg

収容猫F23、愛称ボルトは、黒茶の推定3歳のオスです。

人に対して警戒心を持っていてまだ慣れていません。

右の大腿骨を骨折していたため、
手術で固定用のピンを入れて治療していましたが、
現在は抜去が完了したそうです。

今度はボルトにも出会いがありますように・・・。




38バルーン.jpg

収容猫F38、愛称バルーンは推定10歳の白の去勢オスです。

大きな猫で、まだ緊張しているためか怒ることもあるようです。

肥満のため、健康のために体重管理が必要です。

また、そのせいか毛づくろいがしづらいようで、
お尻の毛が汚れがちですだそうです。





39.jpg

収容猫F39、推定5歳の去勢オスは、F40、F41と一緒に遺棄されました。

まだ緊張していますが、人のことは嫌いではないようです。


収容猫F40は譲渡されました(11月11日)

収容猫F41は譲渡されました(11月11日)

収容猫F42は譲渡されました(11月11日)




<放棄からの飼い主募集猫>

収容猫F040601、推定13歳のオスのラスもついに譲渡になりました!(11月10日)

経済的困窮の中、避妊・去勢手術を怠り、
多頭飼育状態(全24頭)となっていた高齢のラス。

本当に良かったです!



091401プコ091401.jpg

収容猫F091401、愛称プコは推定8歳の避妊メスで、
飼い主が死亡し4頭で放棄されました。

緊張気味ですが、愛嬌のある顔をしていて、人慣れしています。

軟口蓋が一部欠損していて、
鼻腔と口腔が繋がっているので、
手術が必要となる可能性が高いそうです。





091402ペコ.jpg

収容猫F091402、愛称ペコは推定8歳の白黒の避妊メスで、
飼い主が死亡し4頭で放棄されました。

舌がチョロっと出て愛嬌がありとても可愛らしい子です。

最近凄く慣れてきていて、給餌の際には手にまとわりつくそうです。




092403マリー.jpg

収容猫F092403、愛称マリーは推定8歳のキジトラの避妊メスです。

マリーは、飼い主が亡くなり放棄されました。

撫でることができますが、
しつこく触られることは好きではないようです。

かわいい子です。





収容猫F100101、愛称大吉は、推定6歳の黒のオスは譲渡になりました!(11月10日)





100102中吉.jpg

収容猫F100102、愛称中吉は推定10歳のキジトラのメスです。

上記の大吉と一緒に放棄されました。

何度か出産しているようで、現在も妊娠の可能性があるそうです。

警戒していますが、人には慣れているそうです。






100601アンズ.jpg

収容猫F100601、愛称アンズは、推定13歳の茶の去勢オスです。
F100602、1006003と3頭一緒に放棄されました。

環境の変化は高齢の猫にとって辛いことですが、
少しづつ環境にも慣れてきて食欲は出てきたようです。

撫でられるのが好きな子なので、人の傍で暮らせると安心です。

下唇に黒いできものがあるため、検査が必要です。





100602アケビ.jpg

収容猫F100602、愛称アケビは、推定10歳の白黒茶の去勢オスです。
F100601、100603と3頭一緒に放棄されました。

人に慣れていて遊ぶのも好きだそうです。





100603カリン.jpg

収容猫F100603、愛称カリンは、推定7歳の白黒のメスです。

F100601、100602と3頭一緒に放棄されました。

大人しく、人慣れしているそうですが、
両目が見えていないか、見えづらいようで、
センターに収容されてから痙攣を起こしました。

原因は不明ですが、検査や治療が必要となる可能性が高いです。

きれいな子です。




【多頭飼育放棄からの飼い主募集猫】

センターHPより
多頭飼育状態で適切な管理が行き届かなくなってしまったものを収容しました。
不衛生な環境で飼育されていたと推測され、汚れや臭いも目立ちます。
攻撃性は強くありませんが、どの猫も緊張しています。


081302すいか.jpg

収容猫F081302、愛称すいかは、白灰の推定8歳の去勢オスです。

食べることに執着が強いのか、
職員さんを見るとずっと鳴き続けていましたが、
大分落ち着いてきたのかも知れません。





081307さくら.jpg

収容猫081307、愛称さくらは、推定5歳の去勢オスです。

風邪によるものか、視力が悪いかも知れません。





081405ぶんたん.jpg

収容猫081405、愛称ぶんたんは、推定8歳の去勢オスです。

銀色の丸い目がかわいい子です。





081406シーク.jpg

収容猫081406、愛称シークは、推定5歳の去勢オスです。

左下顎に腫瘤があり、リンパ腫が疑われるそうです。




081904きんかん.jpg

収容猫081904、愛称きんかんは、推定5歳の去勢オスです。

濃い灰色の毛色です。




081905あんこ.jpg

収容猫081905、愛称あんこは推定7歳の去勢オスです。




093007草.jpg

F093007、愛称 草(そう)は、推定8歳の去勢オスです。

金色の瞳がきれいな子です。





081409サワー.jpg

F081409、愛称サワーは推定2歳の避妊メスです。




090904すだち.jpg

F090904、愛称すだちは、推定5歳の避妊メスです。




090902だいだい.jpg

F090902、愛称だいだいは、推定7歳の去勢オスです。

飼いやすそうな子たちが多いです。




110501.jpg

F110501、黒い推定3歳のメスは、
妊娠している可能性があるそうです。




多頭飼育放棄からの飼い主募集猫(2)

センターHPより

避妊去勢手術を怠り、多頭飼育崩壊状態になったものを収容しました。
比較的人慣れしており、なかには積極的になでてほしいとねだる猫もいます。

*************************************

猫たちからは、不適切に多頭飼育されていた臭いがしますが、
性格も良くて抱っこできる子も多く、
初めて猫を飼育される方にもお勧めな猫たちです。



091105みどり.jpg

F091105愛称みどりは、推定15歳去勢オスです。

人に慣れているようです。




091116マリオ.jpg

F091116、手前、愛称マリオは、推定14歳の去勢オスで、

どちらも高齢ですので、温かなご家庭にお迎えいただけると幸いです。

性格も良い子たちですので飼育しやすそうです。





091111ネネ.jpg

F091111、愛称ネネは、推定4歳の避妊メスです。

大人しい子のようです。




多頭飼育放棄からの飼い主募集猫(3)
センターHPより

不適切な飼育により、近親交配を繰り返し、多頭飼育状態になったものを収容しました。

人に慣れており、積極的に手を出したり近寄ってくる個体も多いです。

※メスの猫は妊娠している可能性があります。避妊手術については、順次行う予定です。


100105チヒロ.jpg

F100105、愛称チヒロは、推定5歳のサビの避妊メスです。




100106ビヨンセ.jpg

F100106、愛称ビヨンセは、推定5歳の黒長毛の避妊メスです。

大柄な子です。




100107セツコ.jpg

F100107、愛称セツコは、推定5歳の黒の避妊メス です。




100109リン.jpg

F100109、愛称リンは、推定10歳の黒の避妊メスです。

銀色の目がかわいいです。




100111サツキ1.jpg

F100111、愛称サツキは、推定5歳のメスです。




100112メイ (2).jpg

F100112、愛称メイは、推定5歳のサビのメスです。

ハンモックでリラックスしていました。




100504ムスカ.jpg

F100504、愛称ムスカは、推定6歳の黒の去勢オスです。




F100505、愛称キキは、推定4歳の去勢オスは譲渡になりました!




100506ユパ.jpg

F100506、愛称ユパは、推定6歳の黒長毛の去勢オスです。

物凄くかわいい控えめの声で鳴きます。




100509マルクル.jpg

F100509、愛称マルクルは、推定8歳の去勢オスです。




100510ロッソ.jpg

F100510、愛称ロッソは、推定5歳の去勢オスです。




100509コダマ.jpg

F100511、愛称コダマは、推定5歳の去勢オスです。




100512ハウル.jpg

F100512、愛称ハウルは、推定8歳の去勢オスです。




100514ハク.jpg

F100514、愛称ハクは、推定5歳の去勢オスです。





100516バロン.jpg

F100516、愛称バロンは、推定6歳の去勢オスです。




**************************

北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。


11.10sorati.jpg

岩見沢保健所では、成猫3頭、由仁支所では成猫1頭が
出会いを待っています。
キジトラの1歳未満のメスは、
10月8日に収容された当初は威嚇していた子でしたが、
今では撫でられるようになり、
ゴロゴロと喉を鳴らして甘えてくれるようになりました。
1歳前後のキジトラのメスは、10月9日に収容され、
収容当初は環境の変化におどおどしていましたが、
今では朝に会うと鳴いてご飯をせがんできたり、
撫でてほしそうに甘えてきたりと、
甘えん坊な子になりました。
ねこじゃらしなど、遊びにも全力で挑んでいます。
10歳未満の黒白のオスは、10月12日、
リードが付いた状態で由仁に来ました。
人見知りで怒ったりはしていますが、
鼻のブチがチャームポイントです。
トイレできます。幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!  
空知総合振興局:電話 0126-20-0045
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainusibosyuinuneko.htm






11.11sibetya.jpg

1歳前後のメスは本日11月13日に譲渡されました。

標津町役場には、親子と思われるミックス犬3頭が
出会いを待っています。
3頭は、10月21日に標津町字茶志骨で保護されました。
首輪等、所有者を明示するものは
着けてていませんでしたが、
人に慣れていたことから飼い犬が
不適切に飼育されていたのだろうと思われ、
お迎えがあるかも知れないと思いましたが、
幸か不幸かお迎えはありませんでした。
推定1歳前後のオスは、人懐っこく
3頭の中で一番元気です。
推定2〜3歳のメスは母親の可能性もあります。
とても人懐っこい犬でどこでも撫でさせてくれます。
推定1歳前後のメスは、最初は臆病なところもありましたが、
現在では慣れてきて近づいてきます。
皆、性格も良く、食欲旺盛で若くて元気です。
愛情と責任を持って大切に飼育してくださる方との
出会いを待っています。譲渡を希望される方は
標津町役場住民生活課までご連絡ください。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

標津町役場住民生活課:013-82-2131   
https://www.shibetsutown.jp/topics/1422/





11.12kuttyann.jpg

倶知安保健所では、推定5歳以上の
キジトラのオスが出会いを待っています。
この子は、岩内町大浜の路上で交通事故にあい、
動けなくなっていたところを保護され、
体を強く打ったらしく、保護直後は予断を許さない
状態でしたが、現在はすっかり回復しました。
収容後、ご縁がないまま2ヶ月近くがたってしまいましたが、
この間、この子が歩いている姿を見たり、
シャー!以外の声を聴いた人もいませんでしたが、
やっと人の手からオヤツを食べるようになりました!
怒り狂っていても、目の前に出されれば
食べずにはいられない、ちゅーる力は凄いです。
とても怖がりな子で、「シャー」も自衛のための
必死の手段にすぎません。
保健所でも、この子ができるだけ快適に過ごせるよう、
大型ケージに入れて、毎日オヤツでもてなしていますが、
塩対応は相変わらずだそうです。
長期になってきたことや他の飼育相談の案件あり、
この先の収容が不透明な状況です。
本格的な冬が来る前に、辛抱強く待ってくださる方との
出会いを果たしたいところです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

倶知安保健所 :0136-23-1962
http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.htm





11.13kamikawa.jpg

上川保健所では、推定6〜8か月の白黒のオスが
出会いを待っています。
旭川近隣の町の納屋にいるところを保護され、
9月23日に保健所に収容されましたが、
兄弟と思われるもう1頭は譲渡になりました。
おそらく餌付けされていた猫のようで、
飼い猫のように慣れてはいませんが、
痩せていませんし、毛艶も良く、
人を怖がり威嚇することもないようです。
担当の職員さんには大分慣れてきたそうですし、
家庭に入れば慣れてくれるのも早そうです。
まだ若いので順化しやすいと思います。
募集期限は11月24日(火)です!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

上川保健所 :0166-46-5994
http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/inunekohogojouhou.htm



保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 

https://shippo.or.jp/dekirukoto.html


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 23:45 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月06日

11月6日(金)の札幌市動物管理センター福移支所と今週の道内保健所情報

11月6日(金)の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬5頭、成猫46頭が収容されていました。
子猫はいませんでした。

最近、猫の放棄案件はありませんが、
迷子として収容された成猫3頭は、
段ボールに入れられ遺棄されていたそうです。

余りに身勝手な犯行に憤りを感じます。

猫のお迎え入れ予定のある方は、
札幌市動物管理センター福移支所に足を運んでいただけたら幸いです。


<迷子犬はいませんでした>


<放棄からの飼い主募集犬>

091801ジュニア.jpg


収容犬091801、愛称ジュニアは推定13歳のオスです。

男性に対してトラウマがあるのか、警戒心が強く噛むようです。

女性には個人差があり、こだわりがあるようです。

今日は比較的吠えませんでした。




センターHPより
多頭放棄
望まない繁殖により、頭数が増え、飼育環境が著しく不衛生な状態となっていたものを
センターで収容しました。譲渡を進めながら収容を続ける予定です。
環境の変化に戸惑っているため、活発な様子は見られませんが、おとなしい個体が多いです。

室内で飼育されていたため、外の環境には慣れていないことが予想されます。
親や兄弟犬に、遺伝性疾患を持つ個体が確認されています。
譲渡後、逸走する個体が多い傾向にあります。管理には注意が必要です。

<即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)>

センターHPより
咬傷歴があるなどの理由により、
飼養に際し著しい危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡はできません。
譲渡を希望される場合は、複数回の見学と入念な
検討を重ねていただくとともに、
面談において家族構成や飼養環境、飼育歴など、より詳細に確認いたします。


69ブル.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

これまで数度、咬傷事故を起こしています。

センターの暮らしも2年以上と長くなり、
収容当初から見ると随分落ち着いてきたように思います。

普段はコマンドも聞く良い子なのですが、
スィッチが入ると止めが効かなくなるようです。

テリトリー意識はもの凄く強いので、
犬の扱いに慣れた制御することの出来る方となら
信頼関係を作れそうです。





100101マロ.jpg
収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

人を見ると良く吠えますが、コマンドは聞きます。

散歩好きです。

賢く忠実な性格なので、まろの良さを理解して、
信頼関係を作ってくれる方となら上手くやっていけそうです。




051801.jpg

収容犬051801、愛称はなは、推定4歳のメスの柴犬です。

飼い主死亡により放棄されたはなは、
とにかく人の手が怖いのと
棒状のものも怖がりトラウマになっています。

お散歩が大好きです。

ゆっくりと向き合ってくださるご理解ある方との出会いを待っています。



102701ゆき.jpg

収容犬102701、6歳の北海道犬のメスは飼い主に放棄されました。

歯をむいて怒り威嚇しますが、人が嫌いで歪んでいるような子ではありません。

ですが、まだ触れないので、暫くは経過観察になりそうです。

胸や腹にアレルギーによるものか皮膚炎があり痛々しいです。





<迷子猫>

39.jpg

収容猫F38、11月2日、厚別区もみじ台西3丁目で保護された白の去勢オス。

体格の大きな猫です。

迷子期限日は、11月9日(月)です。




収容猫F39、11月2日、白石区南郷通2丁目北で保護された黒のオス。

F40、F41と一緒に公園で段ボールの中に入っていたようです。





迷子2.jpg

収容猫F40、11月2日、白石区南郷通2丁目北で保護された黒のメス。

F39、F41と一緒に公園で段ボールの中に入っていたようです。





迷子.jpg

収容猫F41、11月2日、白石区南郷通2丁目北で保護された白のメス。

F39、F40と一緒に公園で段ボールの中に入っていたようです。

3頭の迷子期限は、11月9日(月)です。





42.jpg

収容猫F42、11月4日、厚別区厚別中央4条2丁目で保護された黒白のメス。

おむつが付いた状態で収容されました。

迷子収容期限は、11月10日(火)です。





<迷子からの飼い主募集猫>

49ポピー.jpg

収容猫F49、愛称ポピーは推定8歳の去勢オスです。

触られるのは苦手なようです。

落ち着いていています。





23ボルト.jpg

収容猫F23、愛称ボルトは、黒茶の推定3歳のオスです。

人に対して警戒心を持っていてまだ慣れていません。

右の大腿骨を骨折していたため、
手術で固定用のピンを入れて治療していましたが、
現在は抜去が完了したそうです。




<放棄からの飼い主募集猫>

040601ラス.jpg

収容猫F040601、愛称ラスは、推定13歳のオスです。

経済的困窮の中、避妊・去勢手術を怠り、
多頭飼育状態(全24頭)となっていた
高齢でケアの必要な猫達でしたが、ラス1頭だけになりました。

警戒心が強くなかなか慣れてくれないラスですが、
収容部屋が変わり前よりも落ち着いて見えました。




091401プコ.jpg

収容猫F091401、愛称プコは推定8歳の避妊メスで、
飼い主が死亡し4頭で放棄されました。

緊張気味ですが、愛嬌のある顔をしていて、人慣れしています。

軟口蓋が一部欠損していて、
鼻腔と口腔が繋がっているので、
手術が必要となる可能性が高いそうです。





091402ペコ.jpg

収容猫F091402、愛称ペコは推定8歳の白黒の避妊メスで、
飼い主が死亡し4頭で放棄されました。

舌がチョロっと出て愛嬌がありとても可愛らしい子です。






092403マリー.jpg

収容猫F092403、愛称マリーは推定8歳のキジトラの避妊メスです。

マリーは、飼い主が亡くなり放棄されました。

撫でることができますが、
しつこく触られることは好きではないようです。





100101大吉.jpg

収容猫F100101、愛称大吉は、推定6歳の黒のオスです。

以下の100102中吉と一緒に放棄されました。

食いしん坊で人には慣れているそうです。





100102中吉.jpg

収容猫F100102、推定10歳のキジトラのメスは、
上記の100101と一緒に放棄されました。

何度か出産しているようで、現在も妊娠の可能性があるそうです。

警戒していますが、人には慣れているそうです。






100601アンズ.jpg

収容猫F100601、愛称アンズは、推定13歳の茶の去勢オスです。
F100602,1006003と3頭一緒に放棄されました。

環境の変化は高齢の猫にとって辛いことです。

食欲は出てきたそうです。

撫でられるのが好きな子なので、人の傍で暮らせると安心してくれそうです。

下唇に黒いできものがあるため、検査が必要です。





100602アケビ.jpg

収容猫F100602、愛称アケビは、推定10歳の白黒茶の去勢オスです。
F100601,100603と3頭一緒に放棄されました。

人に慣れていて遊ぶのも好きだそうです。





100603カリン.jpg

収容猫F100603、愛称カリンは、推定7歳の白黒のメスです。

F100601、100602と3頭一緒に放棄されました。

大人しく、人慣れしているそうですが、
両目が見えていないか、見えづらいようで、
センターに収容されてから痙攣を起こしました。

原因は不明ですが、検査や治療が必要となる可能性が高いです。




【多頭飼育放棄からの飼い主募集猫】

センターHPより
多頭飼育状態で適切な管理が行き届かなくなってしまったものを収容しました。
不衛生な環境で飼育されていたと推測され、汚れや臭いも目立ちます。
攻撃性は強くありませんが、どの猫も緊張しています。


081302すいか.jpg

収容猫F081302、愛称すいかは、白灰の推定8歳の去勢オスです。

食べることに執着が強いのか、
職員さんを見るとずっと鳴き続けていましたが、
大分落ち着いてきたのかも知れません。





081307さくら.jpg

収容猫081307、愛称さくらは、推定5歳の去勢オスです。

風邪によるものか、視力が悪いかも知れません。





081405ぶんたん.jpg

収容猫081405、愛称ぶんたんは、推定8歳の去勢オスです。

銀色の丸い目がかわいい子です。





081406シーク.jpg

収容猫081406、愛称シークは、推定5歳の去勢オスです。

安定感のある大きな身体です。





081904きんかん.jpg

収容猫081904、愛称きんかんは、推定5歳の去勢オスです。

濃い灰色の毛色です。




081905あんこ.jpg

収容猫081905、愛称あんこは推定7歳の去勢オスです。




093007草.jpg

F093007、愛称 草(そう)は、推定8歳の去勢オスです。

金色の瞳がきれいな子です。





081409サワー.jpg

F081409、愛称サワーは推定2歳の避妊メスです。


090904すだち.jpg

F090904、愛称すだちは、推定5歳の避妊メスです。




090902だいだい.jpg

F090902、愛称だいだいは、推定7歳の去勢オスです。

飼いやすそうな子たちが多いです。



1105013歳メス.jpg

F110501、黒い推定3歳のメスは昨日収容されました。

緊張して怯えていました。



多頭飼育放棄からの飼い主募集猫(2)

センターHPより

避妊去勢手術を怠り、多頭飼育崩壊状態になったものを収容しました。
比較的人慣れしており、なかには積極的になでてほしいとねだる猫もいます。

*************************************

猫たちからは、不適切に多頭飼育されていた臭いがしますが、
性格も良くて抱っこできる子も多く、
初めて猫を飼育される方にもお勧めな猫たちです。



091105みどり.jpg

F091105愛称みどりは、推定15歳去勢オスです。




091116マリオ091111ネネ.jpg

F091116、手前、愛称マリオは、推定14歳の去勢オスで、

どちらも高齢ですので、温かなご家庭にお迎えいただけると幸いです。

性格も良い子たちですので飼育しやすそうです。

奥、F091111、愛称ネネは、推定4歳の避妊メスです。




多頭飼育放棄からの飼い主募集猫(3)
センターHPより

不適切な飼育により、近親交配を繰り返し、多頭飼育状態になったものを収容しました。

人に慣れており、積極的に手を出したり近寄ってくる個体も多いです。

※メスの猫は妊娠している可能性があります。避妊手術については、順次行う予定です。


100105チヒロ.jpg

F100105、愛称チヒロは、推定5歳の避妊メスです。




100106ビヨンセ.jpg

F100106、愛称ビヨンセは、推定5歳の避妊メスです。




100107セツコ.jpg

F100107、愛称セツコは、推定5歳の避妊メス です。




100109リン.jpg

F100109、愛称リンは、推定10歳の避妊メスです。




100111サツキ1.jpg

F100111、愛称サツキは、推定5歳のメスです。




100112メイ.jpg

F100112、愛称メイは、推定5歳のメスです。




F100501(テト)は譲渡されました(10月30日)




100504ムスカ.jpg

F100504、愛称ムスカは、推定6歳の去勢オスです。




100505キキ.jpg

F100505、愛称キキは、推定4歳の去勢オスです。




100506ユパ.jpg

F100506、愛称ユパは、推定6歳の去勢オスです。




F100508、愛称はアシタカ、推定5歳の去勢オスは譲渡されました。(11月4日)




100509マルセル.jpg

F100509、愛称マルクルは、推定8歳の去勢オスです。




100510ロッソ.jpg

F100510、愛称ロッソは、推定5歳の去勢オスです。




100511コダマ.jpg

F100511、愛称コダマは、推定5歳の去勢オスです。




100512ハウル.jpg

F100512、愛称ハウルは、推定8歳の去勢オスです。




100514ハク.jpg

F100514、愛称ハクは、推定5歳の去勢オスです。





100515ポルコ.jpg
F100515、愛称ポルコは、推定6歳の去勢オスです。




100516バロン.jpg
F100516、愛称バロンは、推定6歳の去勢オスです。




**************************

北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。

10.26takikawa.jpg

滝川保健所には、飼い主が亡くなり放棄された
オス猫2頭が収容されています。
推定10歳のキジトラの去勢オスは体格が良く、
慣れていないせいかあまり動きません。
かなり緊張しているようですが、
根気よく接してくださる方との出会いを待っています。
また一緒に放棄された8歳の茶トラの去勢オスも
体格の良い子です。知らない所に来て緊張していますが、
名前を呼ぶと反応してます。
2頭ともちゅーるは好きなようで手から食べてくれました。
慣れるまで時間がかかると思いますが、
時間をかけてゆっくり家族になっていただける方との
出会いを待っています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!


滝川保健所: 0125-24-6201
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/tth/03/inuneko.htm




10.27nayoro.jpg

名寄保健所では、成猫のオスが出会いを待っています。
この子は名寄市内で 8 月下旬頃から突如5〜6匹で
迷子になっていたところを保護された猫で、
遺棄の可能性があります。
性格はとても臆病ですが、
最近は大胆に甘えたりするようになったそうです。
食欲は旺盛で角切り肉の缶詰とカリカリをもりもり
食べています。食後、満腹になると機嫌が良いのか、
頭を撫でるとゴロゴロと喉を鳴らしていますので、
そこまで人間嫌いではなさそうです。
手足を触っても嫌がったり怒ったりはせず、
手足の爪を全て切らせてくれました。
自分から人に寄って行く猫ではありませんが、
とても穏やかです。ご飯も手から食べてくれて、
好き嫌いもありません。
黒に生える首輪もつけてみましたとのこと、
出会いを待っています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

名寄保健所:01654-3-3121 
http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/nth/kakupage/catdog.htm





11.04fukagawa.jpg

深川保健所には飼い主に放棄された4頭の猫が
出会いを待っています。
2歳の茶トラの去勢オスは、来た当初は、
人を警戒していましたが、今では、猫じゃらしで遊んでいます。でも、人に近づくのはやっぱり怖いようですが、
大分慣れてきました。
5歳の黒の去勢オスは、来た当初は、
人を警戒していしたが、今はずっと人に付いてきて、
猫じゃらしが大好きで遊んでいます。常にダイエットに励み、
スリムになってきました!
8歳の黒の去勢オスは、来た当初は、警戒心が強く、
ご飯も全然食べなかったですが、
今は大分慣れ人の近くで転がり、
ご飯もいっぱい食べ猫じゃらしも好きで動き回っています。
一番の年長さんらしいのですが、一番のいたずらっ子です。
何度も猫砂の袋をぼろぼろにしたそうです。
人の手を舐めるのが好きなようですが、甘噛みもします。
ダイエットが成功してきてどんどんやせてきました!
10歳の茶トラの去勢済オスは、健康状態も良く、
3種ワクチン済みです。来た当初は少し警戒していましたが、
すぐに人に馴れ、大人しく、人にベタベタはしませんが、
撫でられるのが好きで怒ったり噛んだりは全くしません。
毛並みも良く、とてもかわいらしいです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

深川保健所:電話 0164-22-1421
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/fth/inuneko_jouhou.htm





1105hidaka.jpg

日高振興局の浦河保健所では、
成猫1頭が出会いを待っています。
推定3歳の茶トラの去勢オスは、
もともと交通事故にあったとみられ、
後脚にケガをし、おしりが爛れてしまっていますが、
保健所で洗ってくださり大分良くなりました。
その他は元気そうで、お利口さんで、
傷口のケアの時にも頑張ってくれています。
性格は人懐こくて、とても良い子です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

日高振興局 :0146-22-9254
http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutuaigokannri.htm





11.06sorati.jpg

岩見沢保健所では、成猫3頭、由仁支所では成猫1頭が
出会いを待っています。
キジトラの1歳未満のメスは、
10月8日に収容された当初は威嚇していた子でしたが、
今では撫でられるようになり、
ゴロゴロと喉を鳴らして甘えてくれるようになりました。
1歳前後のキジトラのメスは、10月9日に収容され、
収容当初は環境の変化におどおどしていましたが、
今では朝に会うと鳴いてご飯をせがんできたり、
撫でてほしそうに甘えてきたりと、
甘えん坊な子になりました。
ねこじゃらしなど、遊びにも全力で挑んでいます
。2〜3歳の黒白のメスは、飼い主の方が亡くなり、
9月25日に保健所に収容されました。
性格はとても人懐こくて、撫でると喜んでくれる
可愛いのですが、他の猫が苦手なようで、
唸ったり威嚇したりしてしまいます。
一度新しいおうちに迎え入れて頂いたときも
先住猫ちゃんと上手く折り合いを付けることが出来ず、
もう1度保健所に戻ってきてしまいました。
人は大好きな子なので、この子だけで飼育して
頂ける方に迎え入れてもらえればとのことです。
10歳未満の黒白のオスは、10月12日、
リードが付いた状態で由仁に来ました。
人見知りで怒ったりはしていますが、
鼻のブチがチャームポイントです。
トイレできます。幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!  
空知総合振興局:電話 0126-20-0045
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainusibosyuinuneko.htm

保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。
☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 

https://shippo.or.jp/dekirukoto.html


保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 

https://shippo.or.jp/dekirukoto.html


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 23:33 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする