2022年09月30日

9月30日(金)の札幌市動物管理センター福移支所と北海道立保健所情報

9月30日(金)の札幌市動物管理センター福移支所には、成犬5頭、成猫22頭(譲渡不可含む)、子猫1頭(譲渡不可)が収容されていました。

早いもので、2022年度も明日から後期です。

幸せになれる犬猫が増えますよう後期もがんばってまいります。

本日、譲渡になった犬猫はいませんでしたが、23日(祝金)に行われた土曜開庁では、10組の来庁がありキジ白猫のヤンが譲渡になりました。

また、先週、飼い主に放棄されたチワワは、3日間食事も取らず血便や下痢で衰弱していたため、28日(水)に当会が引き取りしました。

人が大好きな子なので、人恋しくて体を壊してしまったようです。

今は、毎日点滴と投薬としていますので、大分元気になって来ています。


<迷子犬>

いません。



<迷子からの飼い主募集犬>

11.jpg

収容犬11、愛称まめは推定8歳の茶白の柴犬のメスです。

首の周りを触ろうとすると咬もうとするそうですが、センターの暮らしに慣れてきたのか最近は大人しいです。



15 (2).jpg

収容犬15、愛称るんは推定7歳のメスです。

体格は大きめです。

臆病な性格で、怖い時は低い声で唸ったりしますが噛んだりはしません。

ただ、自分が嫌なことをされるとその人をずっと覚えていて結構根に持つとこがあるとのこと。

頭が良いですね。

犬のペースに合わせて、ゆっくり環境や人に慣らしていけるおだやかな環境が用意できる方を募集しています。



081901 (2).jpg

収容犬081901、愛称ロンは11歳の避妊メスで、飼い主が病気のため放棄されました。

人慣れしていますが、嫌だと感じた時には牙を見せて意思表示するそうです。

ですが、随分落ち着きセンターの環境に慣れてきた様子でリラックスしていました。

スッキリしたきれいな子です。



<即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)>

センターHPより
咬み癖があるなど、飼養管理に危険が伴うことが想定されます。
譲渡を希望される場合は、複数回の見学と入念な検討を重ねていただくとともに、
面談において家族構成や飼養環境、飼育歴など、より詳細に確認いたします。



102701.jpg

収容犬102701、愛称ゆき、推定8歳のメスの北海道犬は飼い主死亡のため2020年10月に放棄されました。

かれこれ収容から2年が経とうとしています。

お散歩が大好きで喜んで散歩します。

他の子がオヤツを貰っていると察しても静かに待っていました。

気難しいところがあり、気に入らないとスィッチが入りますが、北海道犬の特性を理解している方との出会いをお待ちしています。



082601.jpg

収容犬082601、愛称まーちゃん、推定9歳のサビ柄の北海道犬のメスです。

まーちゃんは、収容から1年を過ぎました。

お散歩も好きで、力もありますしまだまだ元気いっぱいです。

まーちゃんにも理解ある方との出会いがありますように。


<迷子猫>

いません。

25.jpg

F25、9月15日に北区新琴似7条11丁目で保護された茶白の去勢オスは、生粋の野良のような意思の強い子です。

野良生活を送っていたのか顔に擦り傷もあり、イカ耳になって怒っていました。

慣れない環境で必死で頑張っています。



<迷子からの飼い主募集猫>

33.jpg

収容猫33、愛称テッテは推定6歳のメスです。

今日は夕ゴハンが終わっていたからか鳴かずに座っていました。



23.jpg

収容猫F23、愛称さわらは、推定4歳の黒の去勢オスです。

何と別の部屋に移動していました。新鮮な感じでした。



24.jpg

収容猫F24、愛称いくらは推定3歳の薄サビの避妊メスです。

前に出て落ち着いて寛いでいました。



27.jpg

収容猫27、のりもまだ人慣れはしていませんが、時々前に出てくるようになりました。



19.jpg

F19、愛称おかかは、推定1歳のキジトラの避妊メスです。

警戒心が強く、センターの環境にまだ慣れていません。



<放棄からの飼い主募集猫>

021004.jpg

F021004、愛称カッちゃんは推定5歳のキジトラのメスです。

カツちゃんも怒らなくなり静かに過ごしています。



051101 (2).jpg

F051101、愛称ワックスは推定2歳の去勢オスです。

あまり人に慣れていませんが怒ったりはしません。



051102.jpg

F051102、愛称リンスは推定5歳の黒茶白のメスです。

臆病ですが最近は落ち着いてきた感じがします。



051205.jpg

F051205、愛称ジャネットは黒茶の推定13歳のメスです。

ケージ越しに甘えてくる可愛い子です。



081201.jpg

F081201、愛称バニラは、推定5歳のメスです。

飼い主の病気のため、以下のF081202と一緒に放棄されました。

落ち着いています。



051101 (2).jpg

F081202、愛称ラテは推定8歳のメスです。

飼い主の病気のため、上記のF081201と一緒に放棄されました。

仲間と一緒に段ケージに入っていましたが、1頭の部屋になってから調子が良くなったようです。



F082901、愛称ゼリー、推定3歳の灰のメスは譲渡になりました。



083001.jpg

F083001、愛称しらすは、推定7歳のメスです。

飼い主が死亡し、家に取り残されていたそうです。

人慣れしている子です。

体中に皮膚炎がありアレルギーなのかもしれません。



083102.jpg

F083102、愛称ショコラはキジトラの5歳のメスです。

飼い主の病気のため、F081201、F081202と一緒に放棄されました。

警戒心が強く触れらせてくれないようです。



090601.jpg

F090601、愛称だんごは、16歳の三毛猫で避妊メスです。

飼い主病気のため高齢で放棄されました。

人慣れしたきれいな毛並み年齢より若々しい猫です。



092701.jpg

F092701、飼い主の病気で放棄された8歳の灰白のマンチカンの去勢オス。

よく人慣れしたおとなしい猫で、人恋しいのか元気がありません。



センターHPより
多頭飼育崩壊による放棄収容猫2
自宅内で繁殖制限がなされないまま飼養された結果増えてしまい、飼養継続ができなくなり収容となりました。

比較的人に慣れた個体が多いです。


061507.jpg

F061517、愛称デューは推定2歳の避妊メスです。

サバトラのきれいな子です。



062104.jpg

F062104、愛称ライトは推定5歳の去勢オスです。

丸顔で可愛い子です。




センターHPより
多頭飼育崩壊による放棄収容猫3
独居で多頭を飼養していた飼い主が病気となり、飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
不妊手術等もなされておらず、メス猫については妊娠している可能性があります。
また不衛生な環境となっていたようで、猫自体も汚れていたり、悪臭がします。

比較的人に慣れた個体が多いです。
随時不妊手術を実施するとともに、引き続き引取を進めていく予定です。


F071205、愛称コウ、推定2歳のオスは譲渡になりました。



071902.jpg

F071902、愛称ジュリは推定5歳の去勢オスです。

大人しそうでいつも静かです。



071903.jpg

F071903、愛称ロワは推定5歳の去勢オスです。

体調不良で関係機関を受診したところ歯肉に腫瘤があることが分かりました。

今のところ食餌は取れているそうです。



072004.jpg

F072004、愛称ベックは推定5歳の去勢オスです。

大人しそうな子です。



072011.jpg

F072011、愛称レイは推定4歳のメスです。



F072012、愛称ヤン、推定5歳のメスは譲渡になりました。



札幌市動物管理センターのTwitterはコチラです。
↓ ↓ ↓ ↓
https://twitter.com/sapporo_dobutsu

**************************

その他の保健所の情報です。
お迎え入れや情報のシェアや拡散のご協力何卒よろしくお願いいたします!
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。

https://shippo.or.jp/hokenjoinfo/


926abasiri.jpg

網走保健所には飼い主に放棄された16歳のシャム風のメス猫が出会いを待っています。
毛並みはやわらかでフワフワしています。
抱っこをするとゴロゴロ喉を鳴らす人懐こい子です。
寝ていることが多く動きもゆったりしています。
目は見えていませんので、環境には配慮が必要です。
これまで人と暮らしてきた子ですので、最期の時まで家族の一員として大切にしてくださる方にお願いしたいです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

網走保健所:0152-41-0701  
https://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/kankyoueisei/dog.html



9.27釧路.jpg

釧路保健所では、2頭の去勢オスが出会いを待っています。
2頭とも厚岸町糸魚沢で捕獲された野犬で、2頭には、譲渡前の不妊手術をしていただきました。
D8-5は、推定3〜4歳で、餌をもらうなど、人との関わりがあったようで、攻撃性はなく最初から目を合わせてくれ、首輪とリードにもすっかり慣れ、毎日散歩しています。
大型ですが、リードを引っ張らないので散歩しやすい子だそうです。
手から餌を食べ撫でることもできるようになり、表情も穏やかになりました。
自分から何か要求することはなく、いつもじっとしており、今のところ吠えもなく、落ち着きどっしりした子だそうです。
新しいお家に行けばまた環境が変わりますが、順応性がありそうです。
一緒に一歩一歩進んでいくことが出来る方、こういった犬の飼育に慣れている方、お待ちしています。
D9-1は、推定1〜2歳でこの子も人との関わりはあったようで、攻撃性はありません。
体格は中型で、散歩が大好きで、排泄は散歩の時にします。
臆病な性格なので、大きな物音がすると飛び上がって驚きます。
初対面の人とは距離をとるので、少しずつ慣れるのを楽しめる方、静かな環境のご家庭に向いています。頑張り屋さんです。
対面ご希望の方は猫申込書・審査票 (PDF 489KB)を2ページとも提出してください。
提出がない場合は対面できません。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

釧路総合振興局:0154-43-9155   
https://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.html



928kitami.jpg

北見保健所では、迷子から飼い主募集になった柴犬のメスが出会いを待っています。
めすですが、イケメン顔の女子で、鳥や人の気配が気にしたり、知らない人が来ると警戒してうなることがあります。
人にあまり慣れていませんがお世話してくださる職員さんには馴れていて和犬気質な子です。。
トイレは室内や外でしていますが、やっと散歩に行けるようになりました。
カリカリごはんは残し気味で、おやつと缶詰は大好だそうです。
慣れてくれたら、自分から近づいて来てくれるようになり、ブラッシングをさせてくれているそうです。
犬の飼育経験があり、この子の性格を理解し、根気と愛情を持ってお世話してくれる方を募集しています。
募集期間は、令和4年10月26日(水)までです。

問合せ先:北見保健所 0157-24-4171
https://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kth/inunekojyouhou.html



928sorati.jpg

岩見沢保健所では2頭の猫が収容されています。
白とクリームのオスは、飼主死亡により収容されました。
どっしりとした大柄な猫で、初めての場所や人にも物怖じしません。
ケージの扉を開けると、ゆっくり室内を散歩し、フードなどを物色し、体格と同じぐらい態度も大きいいわゆるボスタイプです。
愛と食べ物を独り占めしたい子で、他の子を可愛がっていると怒りだし、周りの猫を本気攻撃していたそうなので、一人っ子推奨です。
茶白のオスの成猫は、砂川市で負傷して動けないところを保護されました。
鼻血や裂傷が認められ、指定診療施設で診ていただいたところ、左後肢が折れていることもわかりました。
中ぐらいの体格で足先は白く、青と白のストライプのビニール製の首輪をしています。
人に触れられることにも馴れており、飼い猫とみられます。
お心当たりのある方は、大至急下記あてご連絡ください!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

空知総合振興局:電話 0126-20-0045
https://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainusibosyuinuneko.html



930hidaka.jpg

日高振興局管内の静内保健所では、飼い主に放棄された2頭の猫が出会いを待っています。
三毛猫のいちごは1歳のメスで子育てもしましたが子どもっぽさも残ります。
馴れない人には警戒しますが順応性はあり、賢く好奇心が旺盛で、猫さんにも社交的でパステル三毛でスラリとした美猫です。
また、3歳のメスのもこは、野良猫から飼い猫になりましたが、放棄され辛い経験をしてきました。
そのせいか警戒心は強いですが普通に触れますし長毛できれいな子です。
オヤツも唸りながらですが人の手から食べてくれますので、時間が経てば馴れてくれそうです。気長に接していただけると幸いです。
お近くの方で猫のお迎え予定の方はぜひ会いに行かれてみてください。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

日高振興局:0146-22-9254
静内保健所:0146-42-0251
https://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutuaigokannri.html



保健所や飼い主探しノートでは、犬猫達が救いの手を
差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所や
飼い主探しノートに掲載されている犬猫に救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所・飼い主探しノート情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/hokenjoinfo/

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

「北海道にも"愛”のあるセンターを!
みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト」
目標10万筆に向けてご賛同のご協力をお願いいたします!!

署名サイトchang.org
https://www.change.org/doaigocenter

HP
https://hokkaidoaigo.wixsite.com/center


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト

posted by しっぽの会 at 19:39 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月29日

9/28 緊急で札幌市動物管理センターよりチワワを引き取りました!

47455.jpg
<寂しさいっぱいの表情をしています>

9月28日(水)、札幌市動物管理センターより8歳の未去勢のチワワを引き取りました。

ロッテと名付けました。

ロッテは、家族のアレルギーが理由で、9月21日(水)にセンターに放棄されましたが、家族と別れかなり寂しかったのでしょう…精神的なものか9月25日(日)から、ずっとゴハンも食べてくれず下痢・血便・嘔吐をし出したそうです。

ホームシックで小さな体で頑張るも限界だったと思います。



47472.jpg

大急ぎで引取りに向かい、かかりつけの動物病院を受診しました。

お利口さんのロッテ、大人しく受診できましたよ。

体重は、2.55s、体温は正常でした。

便検査では、寄生虫や原虫などはいませんでしたが、大腸炎になっていて、下痢止めの注射とステロイドの注射をしました。

大腸炎、血便でしたから相当お腹も痛かったでしょうね…。

3日ほど食事も取れていないので、皮下点滴も数日続けることになりました。

肛門が赤く腫れていたので直腸検査をしたところ、前立腺は大丈夫ですが直腸憩室があり、便が出にくいことがあるかも知れないとのこと。

体調不良なので、昨日は混合ワクチンの接種は行わず、血液検査をし後日結果が分かります。



S__58392595.jpg

体調不良の主な原因は、家庭が恋しいく寂しかった精神的なものと察していますが、当会の施設は家庭とは違いますので、スタッフが夜預かって一緒に通勤することにしました。

夜、スタッフからの報告では、「3日以上ゴハンも食べれてなかったのに食べてますよ⤴」と嬉しい報告がありました!

その後、お水も飲んで、部屋の中を探索してソファにも登ったり元気も少し出てきたようです。

一緒にいる預かり猫のミンミとチャッピーは、最初は新入りさんにびっくりして固まったそうですが、すぐにミンミがオモチャを持ってきて遊びに誘っていたとのことで、チョッピーも仲良く出来たとのことでした。

人懐こくて優しい猫さんとなら、ロッテもすぐに馴染めることが分かりました。



動画もご覧ください。


我が強くなく穏やかで人懐こいロッテ。

体調が整うまでお時間が必要ですので、飼い主さん募集まではお時間をいただきます。



S__58400789.jpg
<体の汚れも取りました。>

S__58400774.jpg

小さな体でがんばるロッテ、応援してください♡


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト

posted by しっぽの会 at 08:41 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月22日

9月22日(木)の札幌市動物管理センター福移支所と北海道立保健所情報

9月22日(木)の札幌市動物管理センター福移支所には、成犬6頭、成猫25頭(譲渡不可含む)、子猫1頭(譲渡不可)が収容されていました。

本日、譲渡になったのは猫のシャンです。

昨日は、飼い主さんが亡くなり保護されたミニチュアダックスが譲渡になりました!

また、チワワが飼い主に放棄され収容されていました。


<迷子犬>

いません。



<迷子からの飼い主募集犬>

11.jpg

収容犬11、愛称まめは推定8歳の茶白の柴犬のメスです。

首の周りを触ろうとすると咬もうとするそうですが、センターの暮らしに慣れつつあります。

人は好きなのか気になるのか前に出てきます。

最近はあまり吠えなくなりました。



15.jpg

収容犬15、愛称るんは推定7歳のメスです。

体格は大きめです。

臆病な性格で、怖い時は低い声で唸ったりしますが、今のところ咬む素振りは見られないそうです。

今日はお彼岸で訪れる人が多いためか吠えてナーバスになっていました。

犬のペースに合わせて、ゆっくり環境や人に慣らしていけるおだやかな環境が用意できる方を募集しています。



081901 (3).jpg

収容犬081901、愛称ロンは11歳の避妊メスで、飼い主が病気のため放棄されました。

人慣れしていますが、嫌だと感じた時には牙を見せて意思表示するそうです。

ですが、随分落ち着きセンターの環境に慣れてきた様子でリラックスしていました。

スッキリしたきれいな子です。



収容犬091401は譲渡されました。(9月21日)



<即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)>

センターHPより
咬み癖があるなど、飼養管理に危険が伴うことが想定されます。
譲渡を希望される場合は、複数回の見学と入念な検討を重ねていただくとともに、
面談において家族構成や飼養環境、飼育歴など、より詳細に確認いたします。



102701.jpg

収容犬102701、愛称ゆき、推定8歳のメスの北海道犬は飼い主死亡のため2020年10月に放棄されました。

かれこれ収容から2年が経とうとしています。

犬にとっての2年は人にとっての10年に匹敵しますので長い年月ですね。

お散歩が大好きです。

気難しいところがあり、気に入らないとスィッチが入りますが、北海道犬の特性を理解している方との出会いをお待ちしています。



082601.jpg

収容犬082601、愛称まーちゃん、推定9歳のサビ柄のメスの北海道犬は、札幌市の飼い主探しノートに掲載されていた子です。

まーちゃんは、収容から1年になり、年齢も9歳となりました。

お散歩も好きで、力もありますしまだまだ元気いっぱいです。

まーちゃんにも理解ある方との出会いがありますように。


<迷子猫>

25.jpg

F25、9月15日に北区新琴似7条11丁目で保護された茶白のオス。

野良生活を送っていたのか顔に擦り傷もあり、イカ耳になって怒っていました。

慣れない環境で必死で頑張っている様子でした。

迷子期限日は9月22日(木)迄でした。



<迷子からの飼い主募集猫>

33.jpg

収容猫33、愛称テッテは推定6歳のメスです。

変らずドアに向かって鳴いています。家族が出来ますように。



23.jpg

収容猫F23、愛称さわらは、推定4歳の黒の去勢オスです。

お気に入りのハンモックが一番落ち着くようです。

毎度毎度同じ様子です。



24.jpg

収容猫F24、愛称いくらは推定3歳の薄サビの避妊メスです。

落ち着いて寛いでいました。

収容から1年以上経過しました。どうかご理解ある方との出会いがありますように。



27.jpg

収容猫27、のりもまだ人慣れはしていませんが、時々前に出てくるようになりました。




F8、頸椎損傷があり下半身不随で起立不能状態の愛称きじお、推定5歳の去勢オスは譲渡になりました。

きじおくん、良かったね!!



22.jpg

F22-R04、愛称こんぶは推定5歳のオスのキジトラです。

少し臆病ですが人慣れしています。




23 (2).jpg

F23-R04、愛称かつおは推定5歳のオスのキジトラです。

かつおも少し臆病ですが人慣れしています。

2頭は定山渓で遺棄された疑いがありました。




<放棄からの飼い主募集猫>

021004.jpg

F021004、愛称カッちゃんは推定5歳のキジトラのメスです。

カツちゃんも怒らなくなりましたよ。




051101.jpg

F051101、愛称ワックスは推定2歳の去勢オスです。

あまり人に慣れていませんが怒ったりはしません。



051102.jpg

F051102、愛称リンスは推定5歳の黒茶白のメスです。

臆病ですが最近は落ち着いてきた感じがします。



051205.jpg

F051205、愛称ジャネットは黒茶の推定13歳のメスです。

今日もケージ越しに甘えてぐんぐんアピールしてきました。



081201.jpg

F081201、愛称バニラは、推定5歳のメスです。

飼い主の病気のため、以下のF081202と一緒に放棄されました。

落ち着いています。



081202.jpg

F081202、愛称ラテは推定8歳のメスです。

飼い主の病気のため、上記のF081201と一緒に放棄されました。

仲間と一緒に段ケージに入っていましたが1頭の部屋になってから調子が良くなったようで、譲渡も近いかも知れません。



082901.jpg

F082901、愛称ゼリーは、推定3歳の灰のメスです。

飼い主が猫を置いて転居し取り残されていました。

警戒心が強く触らせてくれませんが美猫さんです。



083001.jpg

F083001、愛称しらすは、推定7歳のメスです。

飼い主が死亡し、家に取り残されていたそうです。

人慣れしている子です。



083102.jpg

F083102、愛称ショコラはキジトラの5歳のメスです。

飼い主の病気のため、F081201、F081202と一緒に放棄されました。

警戒心が強く触れらせてくれないようです。



090601.jpg

F090601、愛称だんごは、16歳の三毛猫で避妊メスです。

飼い主病気のため高齢で放棄されました。

人慣れしたきれいな毛並み年齢より若々しい猫です。




センターHPより
多頭飼育崩壊による放棄収容猫2
自宅内で繁殖制限がなされないまま飼養された結果増えてしまい、飼養継続ができなくなり収容となりました。

比較的人に慣れた個体が多いです。


061517.jpg

F061517、愛称デューは推定2歳の避妊メスです。

サバトラのきれいな子です。



062104.jpg

F062104、愛称ライトは推定5歳の去勢オスです。

丸顔で可愛い子です。


F062106、愛称ボンは推定2歳の避妊メスは譲渡になりました。



センターHPより
多頭飼育崩壊による放棄収容猫3
独居で多頭を飼養していた飼い主が病気となり、飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
不妊手術等もなされておらず、メス猫については妊娠している可能性があります。
また不衛生な環境となっていたようで、猫自体も汚れていたり、悪臭がします。

比較的人に慣れた個体が多いです。
随時不妊手術を実施するとともに、引き続き引取を進めていく予定です。



071205.jpg

F071205、愛称コウは推定2歳のオスです。

体の汚れも取れてすっかりイケメンです。




0719.2.jpg

F071902、愛称ジュリは推定5歳の去勢オスです。

大人しそうでいつも静かです。



071903.jpg

F071903、愛称ロワは推定5歳の去勢オスです。

先週は、体調不良で関係機関を受診していましたが、歯肉に腫瘤があったそうです。

今のところ食餌は取れているそうです。



072002.jpg

F072002、愛称シャンは推定6歳のオスは本日譲渡になりました!




072004.jpg

F072004、愛称ベックは推定5歳の去勢オスです。

大人しそうな子です。



072011.jpg

F072011、愛称レイは推定4歳のメスです。



072012.jpg

F072012、愛称ヤンは推定5歳のメスです。



札幌市動物管理センターのTwitterはコチラです。
↓ ↓ ↓ ↓
https://twitter.com/sapporo_dobutsu

**************************

その他の保健所の情報です。
お迎え入れや情報のシェアや拡散のご協力何卒よろしくお願いいたします!
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。

https://shippo.or.jp/hokenjoinfo/



922hidaka.jpg

日高振興局管内の静内保健所では、飼い主に放棄された2頭の猫が出会いを待っています。
三毛猫のいちごは1歳のメスで子育てもしましたが子どもっぽさも残ります。
馴れない人には警戒しますが順応性はあり、賢く好奇心が旺盛で、猫さんにも社交的です。
3歳のメスのもこは、警戒心は強いですが普通に触れますし長毛できれいな子です。
オヤツも唸りながらですが人の手から食べてくれますので、時間が経てば馴れてくれそうですので、気長に接していただけると幸いです。
お近くの方で猫のお迎え予定の方はぜひ会いに行かれてみてください。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

日高振興局:0146-22-9254
静内保健所:0146-42-0251
https://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutuaigokannri.html




9.jpg

オホーツク総合振興局の網走保健所には13頭の猫が出会いを待っています。
タイショウは、臆病な男の子で、現在はとても元気です。ヘソ天することもあります。タトウは、人が大好きな懐っこい子です。オミは、臆病な子です。パンも臆病です。
ドリくんは大人しい子です。トミはマイペースな子です。アミオくんは臆病です。
ミナミちゃんも臆病です。クロベエは大人しい子です。
カンくんは大人しく、チャー坊は人懐こく、トコくんは3本足ですが頑張っていますよ。リンちゃんは人懐こい子です。古い子は、昨夏から収容されています。
お世話は職員さんが一生懸命してくださっています。マンパワーにも限界があり疲弊してしまいます。どうか1頭でも出会いがありますように。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

オホーツク総合振興局:0152-41-0632  
https://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/bosyu.html


保健所や飼い主探しノートでは、犬猫達が救いの手を
差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所や
飼い主探しノートに掲載されている犬猫に救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所・飼い主探しノート情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/hokenjoinfo/

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

「北海道にも"愛”のあるセンターを!
みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト」
目標10万筆に向けてご賛同のご協力をお願いいたします!!

署名サイトchang.org
https://www.change.org/doaigocenter

HP
https://hokkaidoaigo.wixsite.com/center


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト

posted by しっぽの会 at 22:28 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月15日

9月15日(木)の札幌市動物管理センター福移支所と北海道立保健所情報

9月15日(木)の札幌市動物管理センター福移支所には、成犬6頭、成猫29頭(譲渡不可含む)、子猫1頭(譲渡不可)が収容されていました。

本日、譲渡になったのは犬猫はいませんでしたが、先日猫のハーレーが譲渡になりました!

また、飼い主さんが亡くなり、ミニチュアダックスが1頭収容されていました。
引取り先もなかったようです。

センターにいる犬猫たちは人間社会のひずみがそのまま表れています。

老人、子ども、動物たち、いつも弱者になるのは力を持てないものたちです。



<迷子犬>

迷子収容犬16、9月6日、厚別区厚別北4条3丁目で保護された推定3歳のメスのマルチーズ系のミックスは飼い主さんに返還されました。


<迷子からの飼い主募集犬>

11.jpg

収容犬11、愛称まめは推定8歳の茶白の柴犬のメスです。

首の周りを触ろうとすると咬もうとするそうですが、センターの暮らしに慣れつつあります。

最近はあまり吠えなくなりました。



15.jpg

収容犬15、愛称るんは推定7歳のメスです。

体格は大きめです。

臆病な性格で、怖い時は低い声で唸ったりしますが、今のところ咬む素振りは見られないそうです。

犬のペースに合わせて、ゆっくり環境や人に慣らしていけるおだやかな環境が用意できる方を募集しています。



081901.jpg

収容犬081901、愛称ロンは11歳の避妊メスで、飼い主が病気のため放棄されました。

人慣れしていますが、嫌だと感じた時には牙を見せて意思表示するそうです。

ですが、随分落ち着きセンターの環境に慣れてきた様子でリラックスしていました。



<即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)>

センターHPより
咬み癖があるなど、飼養管理に危険が伴うことが想定されます。
譲渡を希望される場合は、複数回の見学と入念な検討を重ねていただくとともに、
面談において家族構成や飼養環境、飼育歴など、より詳細に確認いたします。



102701.jpg

収容犬102701、愛称ゆき、推定8歳のメスの北海道犬は飼い主死亡のため2020年10月に放棄されました。

お散歩が大好きです。

気難しいところがあり、気に入らないとスィッチが入りますが、北海道犬の特性を理解している方との出会いをお待ちしています。



082601.jpg

収容犬082601、愛称まーちゃん、推定9歳のサビ柄のメスの北海道犬は、札幌市の飼い主探しノートに掲載されていた子です。

まーちゃんは、収容から1年になり、年齢も9歳となりました。

お散歩も好きで、力もありますしまだまだ元気いっぱいです。

今日のカメラ撮影はまあまあがんばってくれました。


<迷子猫>

迷子猫はいませんでした。



<迷子からの飼い主募集猫>

IMG_2107.jpg

収容猫33、愛称テッテは推定6歳のメスです。

ゴハンが欲しくて独特の鳴き声でファンファンと鳴きます。



23.jpg

収容猫F23、愛称さわらは、推定4歳の黒の去勢オスです。

お気に入りのハンモックが一番落ち着くようです。



24.jpg

収容猫F24、愛称いくらは推定3歳の薄サビの避妊メスです。

ゆったり寛いでいました。

収容から1年以上経過しました。どうかご理解ある方との出会いがありますように。



27.jpg

収容猫27、のりもまだ人慣れはまだしていませんが、時々前に出てくるようになりました。



8.jpg

F8、愛称きじおは推定5歳の去勢オスです。

頸椎損傷があり下半身不随で起立不能状態で保護されました。

要介護状態ですが穏やかでとても良い子です。

静かに猫と暮らし寄り添ってくださる方との出会いを待っています。



22.jpg

F22-R04、愛称こんぶは推定5歳のオスのキジトラです。

少し臆病ですが人慣れしています。




23 (2).jpg

F23-R04、愛称かつおは推定5歳のオスのキジトラです。

かつおも少し臆病ですが人慣れしています。

2頭は定山渓で遺棄された疑いがありました。




<放棄からの飼い主募集猫>

021004.jpg

F021004、愛称カッちゃんは推定5歳のキジトラのメスです。

静かに過ごしていました。




051101.jpg

F051101、愛称ワックスは推定2歳の去勢オスです。

あまり人に慣れていません。



051102.jpg

F051102、愛称リンスは推定5歳の黒茶白のメスです。

臆病ですが大分優しい顔になりました。



051205.jpg

F051205、愛称ジャネットは黒茶の推定13歳のメスです。

今日もケージ越しに甘えてぐんぐんアピールしてきました。



081201.jpg

F081201、愛称バニラは、推定5歳のメスです。

飼い主の病気のため、以下のF081202と一緒に放棄されました。



081202.jpg

F081202、愛称ラテは推定8歳のメスです。

飼い主の病気のため、上記のF081201と一緒に放棄されました。

仲間と一緒に段ケージに入っていましたが1頭の部屋になってから調子が良くなったようです。

1頭の方が向いている猫なのかも知れません。



081901 (2).jpg

F082901、愛称ゼリーは、推定3歳の灰のメスです。

飼い主が猫を置いて転居し取り残されていました。

警戒心が強く触らせてくれませんが美猫さんです。



083001.jpg

F083001、愛称しらすは、推定7歳のメスです。

飼い主が死亡し、家に取り残されていたそうです。

鳴いて呼んできました。人慣れしている子です。



083002.jpg

F083102、愛称ショコラはキジトラの5歳のメスです。

飼い主の病気のため、F081201、F081202と一緒に放棄されました。

警戒心が強く触れらせてくれないようです。



090601.jpg

F090601、愛称だんごは、16歳の三毛猫で避妊メスです。

飼い主病気のため放棄されました。高齢なのに悲しすぎます。

人慣れしたきれいな毛並みの猫です。



F030802、愛称ハーレーは、シャム系の推定10歳のメスは譲渡になりました。



センターHPより
多頭飼育崩壊による放棄収容猫2
自宅内で繁殖制限がなされないまま飼養された結果増えてしまい、飼養継続ができなくなり収容となりました。

比較的人に慣れた個体が多いです。


061517.jpg

F061517、愛称デューは推定2歳の避妊メスです。

サバトラのきれいな子です。



IMG_2111.jpg

F062104、愛称ライトは推定5歳の去勢オスです。

丸顔で可愛い子です。



062106.jpg

F062106、愛称ボンは推定2歳の避妊メスです。

この子もサバトラで切れ長の目がかわいい子で懐こそうです。



センターHPより
多頭飼育崩壊による放棄収容猫3
独居で多頭を飼養していた飼い主が病気となり、飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
不妊手術等もなされておらず、メス猫については妊娠している可能性があります。
また不衛生な環境となっていたようで、猫自体も汚れていたり、悪臭がします。

比較的人に慣れた個体が多いです。
随時不妊手術を実施するとともに、引き続き引取を進めていく予定です。



071205.jpg

F071205、愛称コウは推定2歳のオスです。

体の汚れも取れてすっかりイケメンです。




071902.jpg

F071902、愛称ジュリは推定5歳の去勢オスです。

大人しそうでいつも静かです。



071903.jpg

F071903、愛称ロワは推定5歳の去勢オスです。

先週は、体調不良で関係機関を受診していましたが、歯肉に腫瘤があったそうです。

今のところ食餌は取れているそうです。



072002.jpg

F072002、愛称シャンは推定6歳のオスです。

可愛らしい子です。




071903.jpg

F072003、愛称ピーは推定4歳のオスです。

シャンとよく似ているかわいい子です。



072004.jpg

F072004、愛称ベックは推定5歳の去勢オスです。

大人しそうな子です。



072011.jpg

F072011、愛称レイは推定4歳のメスです。



072012.jpg

F072012、愛称ヤンは推定5歳のメスです。




札幌市動物管理センターのTwitterはコチラです。
↓ ↓ ↓ ↓
https://twitter.com/sapporo_dobutsu

**************************

その他の保健所の情報です。
お迎え入れや情報のシェアや拡散のご協力何卒よろしくお願いいたします!
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。

https://shippo.or.jp/hokenjoinfo/



907hidaka.jpg

日高振興局の静内保健所では、多頭飼育崩壊による放棄猫2頭が出会いを待っています。
飼育者の自宅にはまだ多数の猫が飼育されており順次放棄される予定だそうです。
ヒヨコも1歳で人懐こく甘えん坊の美猫です。優しい子で、子猫の世話も良くします。
順応性が高いので猫の飼育が初めての方でも飼育しやすい性格です。
初対面だと緊張しますが一度懐くとめちゃくちゃ甘えてくるそうです。
サビの長毛のフクは1歳のメスで、少し気高い慎重派の美猫です。
独自の距離感があり、静かな環境とチュールが好きです。長毛の毛がゴージャスです。
お近くの方で猫のお迎え予定の方はぜひ会いに行かれてみてください。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

日高振興局:0146-22-9254 
静内保健所:0146-42-0251
https://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutuaigokannri.html




915isikari.jpg

石狩保健所では、迷子で収容された推定8歳の茶白のオス猫マルが出会いを待っています。
とても人懐こくて人見知りもせずゴロゴロと甘えてきます。
適正飼育されていた様子もなく、動物病院で毛刈りをしましたが、シャンプーもドライヤーも大人しく出来たお利口さんです。
毛も大分伸びてきました。職員さんの膝の上でくつろいで人懐こさ抜群です。
トイレは砂、シートで出来ます。
体はボロボロでしたが、これから健康になって生涯大切な家族としてお迎えいただけますよう譲受後は動物病院の受診をお願いいたします。
今度こそマルちゃんが終生幸せになれますように。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

石狩保健所:電話 0133-74-1142
https://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/se/inu-neko-newpage.html



9.14sorati.jpg

空知総合振興局管内の保健所では3頭の猫が出会いを待っています。
三毛猫の避妊メスは、飼主の事情により収容されました。
元のお家にいたときの名前はあきちゃん。
用心深い性格ですが、最近は自分からケージを出て、室内を自由に歩くようになりました。手を伸ばすと警戒しますが、人の顔を見ながら鳴くなど、人とのコミュニケーションを取ろうとする行動がよく見られます。
ケージでくつろいでいる時は触らせてくれるので、怖がらせず、歩み寄ってくれるのを待てば仲良くなれそうです。由仁保健所にいます。
白とクリームのオスは、飼主死亡により収容されました。どっしりとした大柄な猫で、初めての場所や人にも物怖じしません。
ケージの扉を開けると、ゆっくり室内を散歩し、フードなどを物色し、体格と同じぐらい態度も大きいいわゆるボスタイプです。
愛と食べ物を独り占めしたい子で、他の子を可愛がっていると怒りだし、周りの猫を本気攻撃していたそうなので、一人っ子推奨です。
1歳未満のオスの黒猫も、飼主死亡により収容されました。まだ若い子で、きれいな毛並みをしています。収容されたばかりで緊張気味ですが、おやつは喜んで食べます。
温厚で、人間にも他の猫にも友好的な平和主義者です。只今交渉中とのことです。
2頭は岩見沢保健所にいます。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

空知総合振興局:電話 0126-20-0045
https://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainusibosyuinuneko.html



9.jpg

オホーツク総合振興局の網走保健所には13頭の猫が出会いを待っています。
タイショウは、臆病な男の子で、現在はとても元気です。ヘソ天することもあります。タトウは、人が大好きな懐っこい子です。オミは、臆病な子です。パンも臆病です。
ドリくんは大人しい子です。トミはマイペースな子です。アミオくんは臆病です。
ミナミちゃんも臆病です。クロベエは大人しい子です。
カンくんは大人しく、チャー坊は人懐こく、トコくんは3本足ですが頑張っていますよ。リンちゃんは人懐こい子です。古い子は、昨夏から収容されています。
お世話は職員さんが一生懸命してくださっています。マンパワーにも限界があり疲弊してしまいます。どうか1頭でも出会いがありますように。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

オホーツク総合振興局:0152-41-0632  
https://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/bosyu.html



0912kusiro.jpg

釧路保健所では、C8-18〜C8-21は、浜中町浜中東5線付近をさまよっていたそうです。とても人懐こく毛並みも良い状態のわりに付近に民家がないことから、捨てられた可能性も考えられるため、迷子として扱わず、新しい飼い主を募集することにしました。
黒猫3頭は兄妹のようで、C8-18はまだ若いですが母猫、C8-19〜C8-21が子のようです。
発見した方が、駆虫と混合ワクチン接種、母猫の避妊措置をしてくださいました。
C8-19、5ヶ月のオスは、遊び盛りで元気いっぱい。じゃれて奮すると相手を強めに噛む癖がありますが、攻撃性とは違います。
C8-20は、メスでC8-19に噛まれて治療したため、前足の毛を剃りました。
C8-21はメスです。
対面ご希望の方は猫申込書・審査票 (PDF 489KB)を2ページとも提出してください。
提出がない場合は対面できません。募集期限は、9月12日(月)です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

釧路総合振興局:0154-43-9155   
https://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.html



909siribesi.jpg

後志総合振興局管内の岩内保健所では、多頭飼育崩壊で子猫9頭が収容されています。
自宅には成猫が多数残され順次収容を予定していますが、頭数が多いため厳しい状況です。
不妊手術を行わないまま飼育した結果日常生活に支障をきたしこのように多くの助けが必要になっています。
不妊手術を行うことは飼い主の義務であり責任です。
猫たちは、キジ白や茶白、三毛等、可愛い子猫たちです。
幸い猫たちは人に馴れていて若いことから新しいご家庭にも早く馴染んでくれそうです。
引き取り後は、メディカルチェックを行って、適正に飼育していただけるようお願いいたします。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

後志総合振興局:0136-23-1354 
https://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.html


保健所や飼い主探しノートでは、犬猫達が救いの手を
差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所や
飼い主探しノートに掲載されている犬猫に救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所・飼い主探しノート情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/hokenjoinfo/

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

「北海道にも"愛”のあるセンターを!
みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト」
目標10万筆に向けてご賛同のご協力をお願いいたします!!

署名サイトchang.org
https://www.change.org/doaigocenter

HP
https://hokkaidoaigo.wixsite.com/center


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト

posted by しっぽの会 at 21:13 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月08日

9月8日(木)の札幌市動物管理センター福移支所と北海道立保健所情報

9月8日(木)の札幌市動物管理センター福移支所には、成犬6頭、成猫30頭(譲渡不可含む)、子猫4頭(譲渡不可)が収容されていました。

本日、譲渡になったのは黒い子猫1頭です。

迷子が犬猫とも増えていて、遺棄疑いの猫もいました。

迷子にさせないのは基本ですが、万が一に備えて、首輪に身元が分かる明示やマイクロチップを入れるなど対策を取っていただきたいです。



<迷子犬>
16.jpg

迷子収容犬16、9月6日、厚別区厚別北4条3丁目で保護された推定3歳のメスのマルチーズ系のミックス。

赤色の革製で金属のプレート付きの首輪をつけていましたが、未だ飼い主の迎えはありません。

比較的落ち着いた懐こい子でした。

迷子期限日は9月14日(水)です。



迷子収容犬17、9月7日、清田区真栄1条1丁目で保護された推定3歳のオスの柴犬は飼い主返還予定です。



<迷子からの飼い主募集犬>

11.jpg

収容犬11、愛称まめは推定8歳の茶白の柴犬のメスです。

首の周りを触ろうとすると咬もうとするそうですが、センターの暮らしに慣れつつあります。

今日は静かにしていました。



15.jpg

収容犬15、愛称るんは推定7歳のメスです。9月6日で迷子期限が切れ、とうとう飼い主の迎えはありませんでした。

体格は大きめです。

臆病な性格で、怖い時は低い声で唸ったりしますが、今のところ咬む素振りは見られないそうです。

犬のペースに合わせて、ゆっくり環境や人に慣らしていけるおだやかな環境が用意できる方を募集しています。



081901.jpg

収容犬081901、愛称ロンは11歳の避妊メスで、飼い主が病気のため放棄されました。

人慣れしていますが、嫌だと感じた時には牙を見せて意思表示するそうです。

先週よりは随分落ち着きセンターの環境に慣れてきた様子でした。



<即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)>

センターHPより
咬み癖があるなど、飼養管理に危険が伴うことが想定されます。
譲渡を希望される場合は、複数回の見学と入念な検討を重ねていただくとともに、
面談において家族構成や飼養環境、飼育歴など、より詳細に確認いたします。



102701.jpg

収容犬102701、愛称ゆき、推定8歳のメスの北海道犬は飼い主死亡のため2020年10月に放棄されました。

お散歩が大好きです。

気難しいところがあり、気に入らないとスィッチが入りますが、北海道犬の特性を理解している方との出会いをお待ちしています。



082601 (1).jpg

収容犬082601、愛称まーちゃん、推定9歳のサビ柄のメスの北海道犬は、札幌市の飼い主探しノートに掲載されていた子です。

まーちゃんは、今月で収容から1年になり、年齢も9歳となりました。

力もありますしまだまだ元気いっぱいです。

苦手だったカメラ撮影も克服しつつあります(笑)



<迷子猫>

F20、9月7日、北区新琴似2条7丁目で保護された灰のメス。

迷子期限日は9月13日(火)です。



F21、9月7日、中央区北4条東6丁目で保護された黒のメス。

迷子期限日は、9月13日(火)です。



22.jpg

F22、9月7日、南区定山渓温泉西3丁目で保護されたキジトラのオス。

下記の23と一緒だったそうですが、体は汚れていたそうです。

遺棄疑いがあります。

迷子期限日は9月13日(火)です。



23 (2).jpg

F23、9月7日、南区定山渓温泉西3丁目で保護されたキジトラのオス。

トイレの陰に隠れ、この子の方が臆病なようです。

かなり怖い思いをしたのかも知れません。

迷子期限日は、9月13日(火)です。




<迷子からの飼い主募集猫>

33.jpg

収容猫33、愛称テッテは推定6歳のメスです。

今日もゴハンを待ちわびていました。食いしん坊のテッテです。



23.jpg

収容猫F23、愛称さわらは、推定4歳の黒の去勢オスです。

お気に入りのハンモックが一番落ち着くようです。



24.jpg

収容猫F24、愛称いくらは推定3歳の薄サビの避妊メスです。

今日も前に出て来ていました。

収容から1年以上経過しました。どうかご理解ある方との出会いがありますように。



27.jpg

収容猫27、のりもまだ人慣れはまだしていませんが、時々前に出てくるようになりました。



8.jpg

F8、愛称きじおは推定5歳の去勢オスです。

頸椎損傷があり下半身不随で起立不能状態で保護されました。

要介護状態ですが穏やかでとても良い子です。

静かに猫と暮らし寄り添ってくださる方との出会いを待っています。



19.jpg

F19、キジトラのメスは1歳未満で体も小さいです。

かなり怯えていて警戒心が強いようです。



051101.jpg

F051101、愛称ワックスは推定2歳の去勢オスです。

あまり人に慣れておらず、手を近づけると攻撃してきます。



051102.jpg

F051102、愛称リンスは推定5歳の黒茶白のメスです。

臆病ですが大分柔らかくなった感じがします。



051205.jpg

F051205、愛称ジャネットは黒茶の推定13歳のメスです。

ケージ越しに甘えてぐんぐんアピールしてきました。自分だけの家族が出来ますように。



082602.jpg

F081201、愛称バニラは、推定5歳のメスです。

飼い主の病気のため、以下のF081202と一緒に放棄されました。



081202.jpg

F081202、愛称ラテは推定8歳のメスです。

飼い主の病気のため、上記のF081201と一緒に放棄されました。

センターの環境に慣れないのか覇気がありません。

家の環境とは全く異なるため、家庭で過ごした子には慣れるまでに時間が必要です。




F082901

※不妊手術のため一時的に譲渡対象外です。

愛称ゼリーは、推定3歳の灰のメスです。

飼い主が猫を置いて転居し取り残されていました。

猫だけ置いて出ていくなんて信じられません💦

警戒心が強く触らせてくれません。



083001.jpg

F083001、愛称しらすは、推定7歳のメスです。

飼い主が死亡し、家に取り残されていたそうです。

人慣れしています。



F083101(もなか)は譲渡されました(9月7日)



083102.jpg

F083102、愛称ショコラはキジトラの5歳のメスです。

飼い主の病気のため、F081201、F081202と一緒に放棄されました。

警戒心が強く触れらせてくれないようです。



センターHPより。
多頭飼育崩壊による放棄収容猫1
適切な繁殖制限はされていたものの、飼い主が飼育継続できなくなり収容になりました。

現在は残り2頭になりました。



021004.jpg

F021004、愛称カッちゃんは推定5歳のキジトラのメスです。

静かに過ごしていました。



030802.jpg

F030802、愛称ハーレーは、シャム系の推定10歳のメスです。

いつも前に出て来て人慣れしています。



センターHPより
多頭飼育崩壊による放棄収容猫2
自宅内で繁殖制限がなされないまま飼養された結果増えてしまい、飼養継続ができなくなり収容となりました。

比較的人に慣れた個体が多いです。


061517.jpg

F061517、愛称デューは推定2歳の避妊メスです。

サバトラのきれいな子です。





F062102、愛称タック、推定5歳の去勢オスは譲渡になりました。



062104.jpg

F062104、愛称ライトは推定5歳のオスです。

丸顔で可愛い子です。



062106.jpg

F062106、愛称ボンは推定2歳の避妊メスです。

この子もサバトラで、切れ長の目がかわいい子で懐こそうです。



F062102(タック)は譲渡になりました。(9月7日)




センターHPより
多頭飼育崩壊による放棄収容猫3
独居で多頭を飼養していた飼い主が病気となり、飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
不妊手術等もなされておらず、メス猫については妊娠している可能性があります。
また不衛生な環境となっていたようで、猫自体も汚れていたり、悪臭がします。

比較的人に慣れた個体が多いです。
随時不妊手術を実施するとともに、引き続き引取を進めていく予定です。



071205.jpg

F071205、愛称コウは推定2歳のオスです。

体の汚れも取れてすっかりイケメンです。




071902.jpg

F071902、愛称ジュリは推定5歳の去勢オスです。

大人しそうな印象です。




071903.jpg

F071903、愛称ロワは推定5歳の去勢オスです。

先週は、体調不良で関係機関を受診していましたが、歯肉に腫瘤があったそうです。

今のところ食餌は取れているそうです。



072002.jpg

F072002、愛称シャンは推定6歳のオスです。

可愛らしい子です。



072003.jpg

F072003、愛称ピーは推定4歳のオスです。

シャンとよく似ているかわいい子です。



072004.jpg

F072004、愛称ベックは推定5歳の去勢オスです。

大人しそうな印象です。



072011.jpg

F072011、愛称レイは推定4歳のメスです。



072012.jpg

F072012、愛称ヤンは推定5歳のメスです。




札幌市動物管理センターのTwitterはコチラです。
↓ ↓ ↓ ↓
https://twitter.com/sapporo_dobutsu

**************************

その他の保健所の情報です。
お迎え入れや情報のシェアや拡散のご協力何卒よろしくお願いいたします!
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。

https://shippo.or.jp/hokenjoinfo/



908nakasibetu.jpg

道東の中標津保健所では、推定2か月位のメスの子猫が出会いを待っています。
この子は、夜間、別海町の道路でたまたま通りかかった方が発見し、警察経由で保健所に収容されました。
体も小さく汚れていたそうですが、近くに親がいたのかも知れませんし遺棄されたのかは不明です。
最近は、大きくなって来て、子猫らしい活発さで元気よく遊んで、タオルや毛布をモミモミしています。
トイレは猫砂で失敗はありません。
ドライフードをしっかり食べて体重は2週間で200g程増加し、風邪症状は落ち着いているそうですが、耳や足に一部脱毛が見られます。とても人懐こくて甘えん坊な良い子です。
譲り受け後は、動物病院を受診し、室内飼育、必ず不妊手術をし、適正に飼育するようにしてください。
最期まで大切な家族として飼育してください。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

中標津保健所 電話:0153-72-2168
https://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/nth/kainusibosyu.html



907hidaka.jpg

日高振興局の静内保健所では、多頭飼育崩壊による放棄猫2頭が出会いを待っています。
飼育者の自宅にはまだ多数の猫が飼育されており順次放棄される予定だそうです。
ヒヨコも1歳で人懐こく甘えん坊の美猫です。優しい子で、子猫の世話も良くします。
順応性が高いので猫の飼育が初めての方でも飼育しやすい性格です。
初対面だと緊張しますが一度懐くとめちゃくちゃ甘えてくるそうです。
サビの長毛のフクは1歳のメスで、少し気高い慎重派の美猫です。
独自の距離感があり、静かな環境とチュールが好きです。長毛の毛がゴージャスです。
お近くの方で猫のお迎え予定の方はぜひ会いに行かれてみてください。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

日高振興局:0146-22-9254 
静内保健所:0146-42-0251
https://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutuaigokannri.html



905sorati.jpg

空知総合振興局管内の保健所では3頭の猫が出会いを待っています。
三毛猫の避妊メスは、飼主の事情により収容されました。
元のお家にいたときの名前はあきちゃん。
用心深い性格ですが、最近は自分からケージを出て、室内を自由に歩くようになりました。手を伸ばすと警戒しますが、人の顔を見ながら鳴くなど、人とのコミュニケーションを取ろうとする行動がよく見られます。
ケージでくつろいでいる時は触らせてくれるので、怖がらせず、歩み寄ってくれるのを待てば仲良くなれそうです。由仁保健所にいます。
三毛のメスは、様子を見ていますが、人懐こい性格のようです。
白のオスも一緒に暮らしていました。
収容したばかりということもあり、周囲や人を警戒する様子は見せますが、触らせてはくれます。
白のオスは、挨拶代わりにシャーと言いますが、実は甘えん坊だったようです。
皮膚炎や結膜炎がありますが、人馴れしてきているので治療はしやすくなったそうです。2頭は岩見沢保健所にいます。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

空知総合振興局:電話 0126-20-0045
https://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainusibosyuinuneko.html



905siribesi.jpg

後志総合振興局管内の岩内保健所では、多頭飼育崩壊で子猫9頭が収容されています。
自宅には成猫が多数残され順次収容を予定していますが、頭数が多いため厳しい状況です。
不妊手術を行わないまま飼育した結果日常生活に支障をきたしこのように多くの助けが必要になっています。
不妊手術を行うことは飼い主の義務であり責任です。
猫たちは、キジ白や茶白、三毛等、可愛い子猫たちです。
幸い猫たちは人に馴れていて若いことから新しいご家庭にも早く馴染んでくれそうです。
引き取り後は、メディカルチェックを行って、適正に飼育していただけるようお願いいたします。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

後志総合振興局:0136-23-1354 
https://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.html



829rumoi.jpg

留萌保健所では、飼い主に放棄された5頭の猫が出会いを待っています。
推定1〜2歳の未去勢のオスは、犬舎での生活にも慣れて大はしゃぎでおもちゃで遊び、ごはんもおやつもおいしく食べ、トイレも上手に使っています(マーキングはしなくなりました。)
しかし犬舎はずっとのお家ではありません。最後まで責任を持って飼養してくれる飼い主さんをお待ちしています。
新たに、同じお家で多頭飼育されていた成猫 3頭 (オス2・ メス1)も出会いを待っています。栄養状態があまり良くなかったのか少し痩せています。
緊張やケージで過ごすことのストレスもあるかと思われますが、お腹が緩めです。(多頭飼育されていた子達にありがちなのですが、お腹いっぱい食べられるようになったのに消化が追いつかなくてお腹が緩くなるということもあります。)
美猫たちでこれから栄養も良くなっていけば更に可愛らしくなること間違いなしです。※保健所では、抗体検査・去勢避妊・駆虫・ワクチンは未実施です 譲渡後は速やかに動物病院を受診してください。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

留萌振興局 :0164-42-8436
https://www.rumoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/atarashiikainushi/inuneko.html



831abasiri.jpg

オホーツク総合振興局の網走保健所には14頭の猫が出会いを待っています。(他にも負傷猫で加療している猫がいます。)
タイショウは、臆病な男の子で、現在はとても元気です。ヘソ天することもあります。
タトウは、人が大好きな懐っこい子です。オミは、臆病な子です。パンも臆病です。ウッシーは人懐こい子です。
ミドリは大人しい子です。トミはマイペースな子です。ミーコは臆病な子です。ミナミは臆病です。
クロベエは大人しい子です。カンくんは大人しく、アミオは社会勉強中、チャー坊は人懐こく、トコくんは3本足ですが頑張っていますよ。
古い子は、昨夏から収容されています。お世話は職員さんが一生懸命してくださっています。
マンパワーにも限界があり疲弊してしまいます。どうか1頭でも出会いがありますように。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

オホーツク総合振興局:0152-41-0632  
https://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/bosyu.html



保健所や飼い主探しノートでは、犬猫達が救いの手を
差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所や
飼い主探しノートに掲載されている犬猫に救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所・飼い主探しノート情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/hokenjoinfo/

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

「北海道にも"愛”のあるセンターを!
みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト」
目標10万筆に向けてご賛同のご協力をお願いいたします!!

署名サイトchang.org
https://www.change.org/doaigocenter

HP
https://hokkaidoaigo.wixsite.com/center


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト

posted by しっぽの会 at 21:43 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする