2018年05月25日

5/25 札幌市動物愛護管理推進計画が公表されました!

sapporos.jpg


札幌市は、平成27年5月に策定した「札幌市動物愛護管理基本構想」に基づき
数値目標や具体的な施策を示す「札幌市動物愛護管理推進計画」を策定しました。

パブリックコメントは500件余り寄せられたそうで
11ページの別紙に意見と市の考え方が記載されています。

基本構想で掲げる目標の
「人と動物が共生する社会の実現〜人と動物が幸せに暮らせるまち・さっぽろ〜」の
達成に向けて、今後は具体的なさまざまな取組が実施されます。


札幌市動物愛護管理推進計画
http://www.city.sapporo.jp/inuneko/main/keikaku.html

第7章の計画の推進にあたってには、
「計画の推進には、行政、市民、飼い主、動物取扱業者、動物関係団体、
研究・教育機関等の関係者がそれぞれの責務や役割を十分理解する必要がある」と
記載されています。


また第6章には、(仮称)札幌市動物愛護センターとして新たな位置付けと機能強化が必要
と記載されています。

行政民間の垣根を越えて、人にも動物にも優しい社会を目指して、
「札幌市動物愛護管理推進計画」の考えが浸透し、
動物愛護センター建設に拍車がかかることを願っています!

冊子は札幌市動物管理センターや札幌市役所、札幌市内の各区役所等に設置してありますので、
おいでの際はお手に取ってご覧ください。


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 22:27 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

5月16日の札幌市動物管理センター福移支所は


今日5月16日(水)の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬6頭、猫8頭が収容されていました。

子猫の収容もなく成猫も譲渡が進み収容されている猫の収容数が減りました。

人馴れしているのは猫は2頭ですが、6頭も人慣れ社会勉強中です。





<迷子犬>
15.jpg

5月11日、白石区菊水1条1丁目 豊平川河川敷で保護された
オスのアメリカンコッカースパニエル。

河川敷で保護されたとのことですが遺棄を疑います。

スタッフの方がバリカンできれいに毛を切ってくださっていましたが、
センターに収容されて時の写真を見ると
痛々しいほど全身が汚れて毛玉だらけでした。

また爪も毛玉で塞がっていたので変形して伸びていました。


迷子期限は5月21日(月)です。





<迷子からの飼い主募集犬>
69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルちゃんは、推定4歳のブルテリア系の去勢オス。

最近は大人しく待つ様子も見られいい子になっていますが
突然スイッチが入ることもあり、
今日も犬舎の扉を押す際に吠えまくりました。

スタッフには良く馴れていますが、過去に人を咬んだ経歴があり、
信頼関係を作り、運動もしっかり行うと良いと思います。






<放棄からの飼い主募集犬>
060201.jpg

収容犬060201-H29、通称まろは4歳のミックス犬の去勢オス。

スイッチが入って咬むことがあるります。

お散歩好きなので好きなことから信頼関係を築いていけそうです。

家族になれる日を待っています。






011101.jpg


収容犬011101-H29、通称小次郎は11歳のオスの柴犬。

普段は大人しいですが、和犬気質のある頑固なおじいちゃんワンです。

首の部分がアレルギーで毛が抜けデリケートになっているせいか、
首元を触ると嫌がりますので注意が必要です。

和犬の特徴が分かる方が飼い主に向いています。






houki.jpg

放棄された3歳のオスの柴犬。

相性はデュークです。

咬むことがあるとのことですが、センターではとても良い子のようでした。





<迷子猫はいませんでした>



<飼い主募集猫>
173.jpg

収容猫173-H28 、推定3歳のキジトラの避妊メス。

今日も変らずに過ごしていました。

人慣れが進みますように。




174.jpg


収容猫F174-H28、推定5歳のメスの黒猫。

いつも静かで大人しい猫です。




126.jpg


収容猫F126-H29、推定7歳の黒の去勢オス。

徐々にですが環境に慣れてきている様子です。





収容猫F9は譲渡されました(5月14日)





14.jpg


収容猫F14、推定1歳のメスのサビ猫は迷子から飼い主募集になりました。

まだ怖がっているようです。




013102.jpg

収容猫F013102-H28、推定2歳の黒茶のメス。

今日も毛布を除いてもらって撮影できました。

いつも何かの中に隠れています。




<放棄からの飼い主募集猫>
100405.jpg


収容猫F100405-H29、多頭飼育放棄された推定8歳のメス。

多頭で飼われていた猫ですが大人しくいつも静かです。






収容猫F090401-H29は譲渡されました(5月15日)



4.jpg

収容猫F4、推定3歳の黒茶のオス。

まだ慣れていません。

化膿して腫れていたものが破れ首に傷があります。




11.jpg

収容猫11、5月2日 、西区八軒8条東2丁目で保護されたメスのキジトラ。

迷子期限日は5月10日でした。

負傷していたようで先日まで本所に収容されていました。





**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。


5.9kitami.jpg

北見保健所で出会いを待つ、10歳のオスのミックス犬は
5月7日、飼い主に放棄されました。
ボーダーコリー風で人に良く慣れています。
すごく元気で散歩が好きです。
好奇心も強いそうでよく吠えるようですが、
元気いっぱいで食欲もあります。
家族の一員として室内で飼育してくださると嬉しいです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、
シェアのご協力ををお願いいたします!

北見保健所:0157-24-4171
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kth/inunekojyouhou.htm#2






5.14kusiro.jpg

釧路保健所では、推定1か月のオスの子猫が、
標茶支所では推定4〜5歳のキジトラ白のオス猫が出会いを待っています。
黒の子猫は、4月23日、釧路市新富士町4で保護されましたが、
後足が不自由で遺棄されたのではないでしょうか。
後足が麻痺は、右膝が少し動く程度です。
膀胱を手で圧迫して毎日尿を出してあげなければなりません。
排便は自力で出来ますが、調整できるかは不明です。
人によく慣れており、撫でると喉をゴロゴロ鳴らします。
前足でぐいぐい動き回り、ねこじゃらしで遊ぶ活発な子です。
投薬とマッサージを行いましたが改善がなく、
後ろ足の回復は望めないほか排尿困難から
将来的に膀胱炎や腎疾患を起こす可能性もあります。
生涯にわたる手厚いサポートが必要と思われます。
また推定4〜5歳のキジトラ白のオスは、
5月7日、弟子屈町美留和で保護されましたが
飼い主の迎えはありませんでした。
人に良く馴れていて大変性格の良い子です。
目やにが出ているので点眼しています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!    

釧路総合振興局:0154-43-9155 
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm





5.15iburi.jpg

放棄された2頭の猫と負傷猫扱いだった性別不明のキジ白猫、
新たに若いオスのキジトラ猫が放棄され出会いを待っています。
キジ白猫のごんざえもんは3月27日に負傷猫として
動けなくなっていたところを保護され、
特に外傷もなく衰弱していたようです。
毛並みも目もきれいな子で少しずつ慣れて来ています。
また白黒猫は、3月16日に6頭で収容されうち4頭には出会いがあり、
2頭も出会いを待っています。
らんらんはすっかり慣れて性格も良い子です。
ケージからも自ら出てくるようになりました。
りんりんはシャイな性格のようです。
トイレは猫砂で、フードは固形食で大丈夫です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散やシェアのご協力をお願いいたします!

胆振総合振興局:0143-24-9578
http://www.iburi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/neko1.htm

保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。
☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


posted by しっぽの会 at 20:29 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

5月10日の札幌市動物管理センター福移支所は


今日5月10日(木)の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬8頭、猫11頭が収容されていました。

今日は迷子から飼い主募集になったばかりのミニチュアダックスに出会いがありました!

猫たちは社会勉強中の子もいますが、慣れている子もいますので、
ぜひ会いに行かれてみてください。

また今週12日は土曜譲渡会の開催です。

休日の犬猫飼い主さがし事業では、
動物管理センターに収容されている犬猫を譲り受けることが可能です。

日時
平成30年5月12日(土) 10時00分〜12時00分
場所
動物管理センター福移支所(札幌市北区篠路町福移156番地)

【犬猫を譲り受ける際に必要なもの】
・住所、氏名が確認できる身分証明書
・犬猫を連れて帰るためのケージ等
札幌市・内にお住まいの方が、犬を譲り受ける場合は、登録手数料3,200円

行き場を失った犬猫たちに1頭でも多く幸せな出会いがありますように・・・。




<迷子収容犬>
13.jpg

収容犬13、5月2日、北区屯田9条7丁目で保護されたメスのポメラニアンは、
以下のマルチーズと一緒に保護されました。

人懐こくかわいい子ですが飼い主の迎えはありません。

迷子期限年月日は5月14日(月)です。





14.jpg

収容犬14、5月2日、北区屯田9条7丁目で保護されたメスのヨークシャテリアは、
上記のポメラニアンと一緒に保護されました。

お腹を見せてさりげなく静かに甘えるとてもかわいい子です。

いったい飼い主はどういうつもりなのでしょう・・

迷子期限年月日は5月14日(月)です。






<迷子からの飼い主募集犬>
69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルちゃんは、推定4歳のブルテリア系の去勢オス。

収容が長くなっていますが、最近は大人しく待つ様子も見られます。

スタッフには良く馴れていますが、過去に人を咬んだ経歴があり、
信頼関係を作り、運動もしっかり行うと良いと思います。






97.jpg

収容犬97-H29、通称ソウタロウは推定12歳のオスの柴犬です。

人に良く馴れたおじいちゃんワンで大人しい子です。

保護時よりも見た目は若々しくなってきています。

いつも人恋しそうに前に来て人の往来を眺めています。

この先、介護も必要になってくる年齢ですが、
終生大切にしてくださる方との出会いを待っています。





9.jpg

収容犬9、推定12歳のオスのミニチュアダックスは迷子から飼い主募集になりました。

センター収容時は弱ってよたよたと歩いていたそうですが、
今は元気に散歩も楽しめるようになりました。

歯周病もあり口や耳のケアが必要です。

本日出会いがあり譲渡になりました!






<放棄からの飼い主募集犬>
060201.jpg

収容犬060201-H29、通称まろは4歳のミックス犬の去勢オス。

スイッチが入って咬むことがあるので、
まろの嫌なことを注意して接していけば信頼関係を築いていけそうです。

お散歩が大・大・大好きです。

来月になると収容から1年になります。

保健所は特殊な環境ですので、家族になれる日を待っています。




011101.jpg


収容犬011101-H29、通称小次郎は11歳のオスの柴犬。

普段は大人しいですが、和犬気質のある頑固なおじいちゃんワンです。

首の部分がアレルギーで毛が抜けデリケートになっているせいか、
首元を触ると嫌がりますので注意が必要です。

和犬の特徴が分かる方が飼い主に向いています。





050701.jpg

収容犬050701、5月7日放棄された14歳のオスのポメラニアンは通称ムックです。

収容時は、悲しさからか食欲もなく隅でしょんぼりしていましたが、
今日はお腹を出して熟睡していました。

太っていますし足が悪いのでダイエットが必要です。

精巣腫瘍と思われる腫瘤があります。

大人しく子です。





<迷子猫>
5月2日 、西区八軒8条東2丁目で保護されたメスのキジトラ。

迷子期限日は5月10日でした。



12.jpg

迷子猫F12、5月7日、南区澄川6条9丁目で保護されたオスの黒猫。

迷子期限日は5月11日です。




14 (2).jpg

迷子猫F14、5月8日、厚別区厚別中央3条4丁目で保護されたメスのサビ猫。


迷子期限日は5月14日(月)です。






<飼い主募集猫>
173.jpg

収容猫173-H28 、推定3歳のキジトラの避妊メス。

今日も変らずに過ごしていました。

人慣れが進みますように。




174.jpg


収容猫F174-H28、推定5歳のメスの黒猫。

いつも静かで大人しい猫です。




126.jpg


収容猫F126-H29、推定7歳の黒の去勢オス。

徐々にですが環境に慣れてきている様子です。




013102.jpg

収容猫F013102-H28、推定2歳の黒茶のメス。

今日も毛布を除いてもらって撮影できましたが
いつも何かの中に隠れています^^;




090401.jpg


収容猫F090401-H29、多頭飼育放棄の推定5歳の避妊メス。

最近は人慣れがすすみました。





100405.jpg


収容猫F100405-H29、多頭飼育放棄された推定8歳のメス。

多頭で飼われていた猫です。





4 (2).jpg

収容猫F4、推定3歳の黒茶のオス。

まだ慣れていません。

化膿して腫れていたものが破れ首に傷があります。




7.jpg

収容猫F7、推定5歳の黒茶のオス。

小柄な猫です。

耳の付け根は毛が無くカサカサしていますし、
原因はわかりませんが下半身の毛がありません。





9 (2).jpg

収容猫F9、1歳の去勢オスの茶トラ猫。

丸顔のかわいい子ですがシャーと挨拶されました^^;

人慣れすればかわいいですしすぐに決まりそうです。






**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。



5.1souuya.jpg

宗谷総合振興局では、現在飼い主を募集している猫は4頭ですが、
18頭の猫が収容されていて収容限界状況で、
経過を見ながら順次アップされる予定です。
3月22日に稚内保健所に収容された2頭のうち、
1歳の白黒猫はお世話の職員さんにはお腹を見せるほどになりました!
8か月のメスの白黒猫は少し警戒心が強いですが、徐々に慣れてくれそうです。
2歳くらいのオスの茶トラ猫は、4月18日に収容されましたが、
逃げるけど人は好きなようです。
推定5歳以上のメスのサビ猫は4月2日に収容された撫でられ好きな子です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
収容数が全18頭なうえ、妊娠中の猫もいますので、
猫の飼育を検討されている方はぜひご検討ください。
お迎え入れのご検討や情報の拡散、シェアのご協力ををお願いいたします!

宗谷総合振興局:0162-33-2922
http://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/bosyuu.htm





5.2iburi.jpg

室蘭保健所では、放棄された2頭の猫と
負傷猫扱いだった性別不明のキジ白猫が出会いを待っています。
キジ白猫は3月277日に負傷猫として
動けなくなっていたところを保護されました。
特に外傷もなく衰弱していたようです。
毛並みも目もきれいな子ですが、
慣れないせいか荒っぽいところもあるようです。
また白黒猫は3月16日に5頭で収容され、うち3頭には出会いがありました!
推定1〜3歳の黒白猫のメスのうち1頭はすっかり慣れて性格も良い子です。
もう1頭はまだ慣れていませんが、人慣れをがんばっています。
トイレは猫砂で、フードは固形食で大丈夫です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散やシェアのご協力をお願いいたします!

胆振総合振興局:0143-24-9578
http://www.iburi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/neko1.htm





5.8ebetu.jpg

江別保健所には、推定10歳のオスの柴犬が出会いを待っています。
この子は江別市野幌町で迷子で誰かが仕掛けた
アライグマ用?の檻で捕獲され、4月23日に保護されました。
元々野良猫だったようで、まだほとんど人慣れをしていませんが、
攻撃してくることはありません。
とても臆病な性格なのですぐ逃げ隠れしてしまいますが、
ゴーレデンウィーク中にお世話の職員さんには、
少しだけ慣れてくれたようです。
飼育する際には、慣れるまではケージの中での飼育が可能な方、
まだ若い猫だと思われるので、根気よく長い時間をかけて
飼育していただける方をお待ちしております。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報のシェア、拡散のご協力もどうぞよろしくお願いします!

江別保健所:011-382-3054 
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/se/ke/inu-neko.htm





5.9kitami.jpg

北見保健所には、成犬2頭が出会いを待っています。
白いオスのミックス犬は4月29日、
北見市光葉町中之島公園内で保護されました。
赤い首輪をつけていましたが飼い主の迎えはありませんでした。
性格は人懐こく利口です。基本排泄は外でするようです。
少しさみしがり屋なところもあるそうですが、
大人しく伏せて待つことができます。食欲もあり元気です。
また5月7日、飼い主に放棄された10歳のオスのミックス犬は
ボーダーコリー風で人に良く慣れています。
すごく元気で散歩が好きです。
好奇心も強いそうでよく吠えるようですが、
元気いっぱいで食欲もあります。
家族の一員として室内で飼育してくださると嬉しいです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、
シェアのご協力ををお願いいたします!

北見保健所:0157-24-4171
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kth/inunekojyouhou.htm#2





5.10nemuro.jpg

根室保健所には子猫3頭が出会いを待っています。
子猫たちは4月17日に根室市弥栄町2丁目で6頭きょうだいで保護されました。
3頭には出会いがありましたが、
残っている3頭は5月14日(月)が最終期限となりました!
3頭とも猫砂トイレ上手に使い、ドライフードも食べれます。
毎日運動会の元気な子猫です。オスは、なでられると大喜びで寝転がり、
プニプニの肉球で蹴りを入れてきますが、爪をしまって上手に遊べます。
もう1頭のオスは、活発で好奇心旺盛です。
遊びに夢中になると、爪をしまうのを忘れるヤンチャ坊主でしたが、
人の手は叩いて遊ぶものではないと学んだそうです。
性別の不明な子は、兄弟のなかで最もシャイで小さな子です。
13日目にしてようやく「シャーッ」ではなく、「ニャア」と言ったそうで、
他の兄弟が楽しそうに遊んでいると、寄ってきますが、
まだ人に見つめられるのは苦手のようです。
根室保健所では最終期限は5月14日(月)とのことです!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
どうか命が繋がりますようお迎え入れや情報の拡散等、
皆さまのご協力をお願いします! 

根室振興局 :0153-23-6813
http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/dogcat/information.htm



保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

posted by しっぽの会 at 21:07 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

5月2日の札幌市動物管理センター福移支所は

今日5月2日の札幌市動物管理センター福移支所は、
犬9頭、猫12頭が収容されていました。

子猫は全て譲渡されていました。

犬が一気に増えましたが、遺棄と思われる迷子もいて、
不安に思いましたが、間違いであることを願っています。


<迷子犬>

8.jpg

迷子収容犬8、4月24日、中央区伏見5条3丁目で保護されたメスのウェルッシュコーギー。

赤の革製の首輪をつけていました。

人懐こく穏やかなでとてもいい子です。

迎えに来ない飼い主・・・この子は10日間余りどんな気持ちで過ごしてきたのでしょうか。

迷子期限は5月7日(月)です。





9.jpg

迷子収容犬9、4月26日、白石区川下公園で保護されたオスのミニチュアダックス。

人が大好きで静かなフレンドリー犬です。

放棄のミニチュアダックスが隣に来てからは、ソワソワと気になって仕方ない様子でした。

迷子期限は5月9日(水)です。





13.14.jpg

収容犬13,14は今日迷子で収容されたポメラニアンとヨークシャテリアです。

遺棄でなければいいのですが・・・

2頭は人懐こくアピールしてくるかわいい子でした。





<迷子からの飼い主募集犬>
69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルちゃんは、推定4歳のブルテリア系の去勢オス。

出会いがないまま収容が長くなっていますが、
スタッフには良く馴れていますが、過去に人を咬んだ経歴があります。

最近はしおらしく大人しくなりました。





97.jpg

収容犬97-H29、通称ソウタロウは推定12歳のオスの柴犬です。

人に良く馴れたおじいちゃんワンで大人しい子です。

保護時よりも見た目は若々しくなってきていますが、
認知症のような症状を見せることもあるそうです。

人恋しそうに前に来て人の往来を眺めていました。

この先、介護も必要になってくる年齢ですが、
終生大切にしてくださる方との出会いを待っています。





<放棄からの飼い主募集犬>
060201.jpg

収容犬060201-H29、通称まろは4歳のミックス犬の去勢オス。

スイッチが入って咬むことがあるので、
その点を注意していただくと信頼関係を築いていけそうです。

お散歩は三度のご飯くらい大好きです。

来月になると収容から1年になります。

保健所は特殊な環境ですので、家族になれる日を待っています。




011101.jpg


収容犬011101-H29、通称小次郎は11歳のオスの柴犬。

普段は大人しいですが、和犬気質のある頑固なおじいちゃんワンです。

首の部分がアレルギーで毛が抜けデリケートになっているせいか、
首元を触ると嫌がりますので注意が必要です。

和犬の特徴が分かる方が飼い主に向いています。





houki.jpg


今日放棄されたミニチュアダックス。

大人しくて人懐こくいい子でした。

いろいろな事情があるかもしれませんが、
最期まで飼育するのは飼い主の義務でもあり愛情です。

動物にも人と同じように喜怒哀楽の感情があります。

終生愛育して貰うことは動物にとって一番の幸せではないでしょうか。





<迷子猫はいませんでした>


<飼い主募集猫>
193.jpg

収容猫173-H28 、推定3歳のキジトラの避妊メス。

今日も変らずに過ごしていました。

顔を正面に向けれるようになり進歩してきています。

人慣れが進みますように。





174.jpg


収容猫F174-H28、推定5歳のメスの黒猫。

いつも静かで大人しい猫です。




126.jpg


収容猫F126-H29、推定7歳の黒の去勢オス。

徐々にですが環境に慣れてきている様子です。




013102.jpg

収容猫F013102-H28、推定2歳の黒茶のメス。

収容から1年3か月ですが、相変らず臆病で毛布から出てきませんが、
今日は毛布を除いてもらって撮影できました。




090401.jpg


収容猫F090401-H29、多頭飼育放棄の推定5歳の避妊メス。

2段ケージに入って、人に慣れている子の部屋に移してから、
表情が優しく変わっていったそうです。





100405.jpg


収容猫F100405-H29、多頭飼育放棄された推定8歳のメス。

多頭で収容されましたが、この子だけが残っています。

大分落ち着いてきています。





4.jpg

収容猫F4、推定3歳の黒茶のオス。

まだ慣れていません。

化膿して腫れていたものが破れ首に傷があります。




5.jpg

収容猫F5、推定5歳の去勢オス。

丸顔で大きめな子でかわいいです。





7.jpg

収容猫F7、推定5歳の黒茶のオス。

小柄な猫です。

耳の付け根は毛が無くカサカサしていますし、
原因はわかりませんが下半身の毛がありません。





9 (3).jpg

収容猫F9、4月24日、 厚別区厚別中央3条4丁目で保護された
1歳の去勢オスの茶トラ猫。

丸顔のかわいい子です。

迷子期限が切れて飼い主募集になりましたが、
F5と同じ場所で保護されていますし、
よく似ていますから血縁関係があるのかも知れません。





10.jpg

収容猫F10、4月24日、手稲区前田9条18丁目で保護された推定1歳のメスの黒猫。

赤いリボンの首輪をつけていましたし人馴れしているので
明らかに飼い猫だったと思われます。

猫は首輪に迷子札をつけている子は殆んどいなく
飼い主に返還されるのはまれです。

飼育する際の基本的なことを守ってくだされば、
猫の安全は保障されるのに残念です。

迷子期限が切れて飼い主募集になりました。





**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。



4.26esasi.jpg

江差保健所には、飼い主に放棄された推定10〜13歳の
オスのミックス犬が3月20日から収容されています。
人懐こくて特に女性に甘えるかわいい子です。
食欲もあって散歩も大好きなナイスガールです。
身体も大きめで力も強いですので、
ご理解のある方との出会いを待っています。
年齢も若くないので、この子の余生を共に過ごしていただける
家族に出会えたらと願っています。
外で繋いだままの飼育は避けて、
生涯大切な家族としてお迎えいただけたら幸いです。
収容期限は4月27日(金)でした!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、
シェアのご協力をお願いいたします!

江差保健所:0139-52-1053  
http://www.hiyama.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/eisei/dog/mayoiinuneko.htm





4.20kitami.jpg


黒猫は譲渡になりました。

北見保健所では、4月17日に飼い主に放棄されたメス猫が出会いを待っています。
15歳の避妊メスは、人に慣れていて好奇心が強く、
よく寝てよく動き、毛がふわふわしていてお人形のようです。
やんきゃで走り回るような猫ではないので、
静かに飼いたい方におすすめです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、
シェアのご協力ををお願いいたします!

北見保健所:0157-24-4171
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kth/inunekojyouhou.htm#2





4.23obihiro.jpg

茶の猫は譲渡になりましたが、他にも白シャムのオスと
推定10歳以上のメスのミックス犬が出会いを待っています!

帯広保健所には、10歳のラブ系ミックスが出会いを待っています。
ラブ系のミックスは4月18日に放棄されました。
自分に何が起きたか分からない様子で、
きょとんとしているそうです。
素直で大人しく人に良く馴れています。
足腰も丈夫ですが、太めなので体重を減らした方が
生活の質も上がると思います。
募集期限は4月27日(金)迄でした!
幸せになりたいのは、どの子も同じはず・・・
どうかご理解ある方との出会いが生まれますよう、
情報拡散やシェアのご協力もよろしくお願いします!

十勝総合振興局:0155-26-9031
http://www.tokachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/sizen/doubutsu/inunekobosyuu.htm






4.24sorati.jpg

空知総合振興局管内の深川保健所には、
3月20日から収容されているサビ猫が飼い主を募集しています。
この子は飼い主が亡くなり放棄されました。
ご飯はドライフードを食べ、トイレは猫砂で出来ています。
以前にも同じ場所からの猫の放棄があり譲渡されていますが、
厳しい環境下でがんばって来ました。
慣れるのに時間がかかると思いますが、
ご理解の上で大切な家族の一員としてお迎えいただけたら幸いです。
また岩見沢保健所にはキジトラのオス猫が出会いを待っています。
かわいらしい声で鳴いて、
人と仲良くしたいのが見てとれる健気な子です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
1日も早く出会いがありますよう、
お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

空知総合振興局:電話:0126-20-0045 
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainusibosyuinuneko.htm






5.1souuya.jpg

宗谷総合振興局では、現在飼い主を募集している猫は4頭ですが、
18頭の猫が収容されていて収容限界状況で、
経過を見ながら順次アップされる予定です。
3月22日に稚内保健所に収容された2頭のうち、
1歳の白黒猫はお世話の職員さんにはお腹を見せるほどになりました!
8か月のメスの白黒猫は少し警戒心が強いですが、徐々に慣れてくれそうです。
2歳くらいのオスの茶トラ猫は、4月18日に収容されましたが、
逃げるけど人は好きなようです。
推定5歳以上のメスのサビ猫は4月2日に収容された撫でられ好きな子です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
収容数が全18頭なうえ、妊娠中の猫もいますので、
猫の飼育を検討されている方はぜひご検討ください。
お迎え入れのご検討や情報の拡散、シェアのご協力ををお願いいたします!

宗谷総合振興局:0162-33-2922
http://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/bosyuu.htm





5.2iburi.jpg

室蘭保健所では、放棄された2頭の猫と
負傷猫扱いだった性別不明のキジ白猫が出会いを待っています。
キジ白猫は3月277日に負傷猫として
動けなくなっていたところを保護されました。
特に外傷もなく衰弱していたようです。
毛並みも目もきれいな子ですが、
慣れないせいか荒っぽいところもあるようです。
また白黒猫は3月16日に5頭で収容され、うち3頭には出会いがありました!
推定1〜3歳の黒白猫のメスのうち1頭はすっかり慣れて性格も良い子です。
もう1頭はまだ慣れていませんが、人慣れをがんばっています。
トイレは猫砂で、フードは固形食で大丈夫です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散やシェアのご協力をお願いいたします!

胆振総合振興局:0143-24-9578
http://www.iburi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/neko1.htm


保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。
☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html



。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


posted by しっぽの会 at 20:54 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

4月27日の札幌市動物管理センター福移支所は


4月27日の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬6頭と成猫12頭、子猫4頭が収容されていました。

犬は迷子が2頭と古株の4頭は変わらず過ごしています。

収容犬042601の放棄された5歳のオスのゴールデンレトリバーは飼い主に返還されました。

しょんぼりしてゴハンも食べていなかったので、
終生大切な家族として愛育していただきたいです。




<迷子犬>
8.jpg

迷子収容犬8、4月24日、中央区伏見5条3丁目で保護されたメスのウェルッシュコーギー。

赤の革製の首輪をつけていました。

人懐こく穏やかな子のようです。

迷子期限は5月7日(月)です。





9.jpg

迷子収容犬9、4月26日、白石区川下公園で保護されたオスのミニチュアダックス。

人が大好きな様子でしっぽを振って寄って来てくれました。

迷子期限は5月9日(水)です。






<迷子からの飼い主募集犬>
69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルちゃんは、推定4歳のブルテリア系の去勢オス。

出会いがないまま収容が長くなっていますが、
スタッフには良く馴れていますが、過去に人を咬んだ経歴があります。




69 (2).jpg

丁度お散歩に出てきたところでしたが、落ち着いて歩いていました。

相手にとって嫌いなことはせずに、理解して付き合っていけば良い関係になれそうです。

専門的な知識を持っているドッグトレーナーの方に飼育されると
才能が開花しそうな賢い子です。

小さなお子さまのいるご家庭には不向きだと思います。





97.jpg

収容犬97-H29、通称ソウタロウは推定12歳のオスの柴犬です。

人に良く馴れたおじいちゃんワンで大人しい子です。

保護時よりも見た目は若々しくなってきていますが、
認知症のような症状を見せることもあるそうです。

この先、介護も必要になってくる年齢ですが、
終生大切にしてくださる方との出会いを待っています。





<放棄からの飼い主募集犬>
060201.jpg

収容犬060201-H29、通称まろは4歳のミックス犬の去勢オス。

スイッチが入って咬むことがあるので、
その点を注意していただくと信頼関係を築いていけそうです。

お散歩は三度のご飯くらい大好きです。






0111012.jpg


収容犬011101-H29、通称小次郎は11歳のオスの柴犬。

普段は大人しいですが、和犬気質のある頑固なおじいちゃんワンです。





011101.jpg

散歩から満足そうに戻って来ました。

首の部分がアレルギーで毛が抜けています。

首元を触ると嫌がりますので注意が必要です。

和犬の特徴が分かる方が飼い主に向いています。





<迷子猫>
9 (2).jpg

収容猫F9、4月24日、 厚別区厚別中央3条4丁目で保護されたオスの茶トラ猫。

丸顔のかわいい子でした。

迷子期限日は5月1日(火)です。





10.jpg

収容猫F10、4月24日、手稲区前田9条18丁目で保護されたメスの黒猫。

赤いリボンの首輪をつけていました。

猫は首輪に迷子札をつけている子は殆んどいなく
飼い主に返還されるのはまれです。

飼育する際の基本的なことを守ってくだされば、
猫の安全は保障されるのに残念です。

迷子期限日は5月1日(火)です。






<飼い主募集猫>
193.jpg

収容猫173-H28 、推定3歳のキジトラの避妊メス。

今日も変らずに過ごしていました。





174.jpg


収容猫F174-H28、推定5歳のメスの黒猫。

いつも静かで大人しい猫です。




126.jpg


収容猫F126-H29、推定7歳の黒の去勢オス。

環境に慣れて来て、随分表情が変りました。




013102.jpg

収容猫F013102-H28、推定2歳の黒茶のメス。

収容から1年3か月ですが、相変らず臆病で毛布から出てきません。





090401.jpg


収容猫F090401-H29、多頭飼育放棄の推定5歳の避妊メス。

2段ケージに入って、人に慣れている子の部屋に移してから、
表情が優しく変わっていったそうです。






100405.jpg


収容猫F100405-H29、多頭飼育放棄された推定8歳のメス。

多頭で収容されましたが、この子だけが残っています。






4 (2).jpg

収容猫F4、推定3歳の黒茶のオス。

まだ慣れていません。

化膿して腫れていたものが破れ首に傷があります。




5.jpg

収容猫F5、推定5歳の去勢オス。

丸顔で大きめな子です。






7.jpg

収容猫F7、推定5歳の黒茶のオス。

小柄な猫です。

原因はわかりませんが、下半身の毛がありません。





**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。



4.26esasi.jpg

江差保健所には、飼い主に放棄された推定10〜13歳の
オスのミックス犬が3月20日から収容されています。
人懐こくて特に女性に甘えるかわいい子です。
食欲もあって散歩も大好きなナイスガールです。
身体も大きめで力も強いですので、
ご理解のある方との出会いを待っています。
年齢も若くないので、この子の余生を共に過ごしていただける
家族に出会えたらと願っています。
外で繋いだままの飼育は避けて、
生涯大切な家族としてお迎えいただけたら幸いです。
収容期限は4月27日(金)でした。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、
シェアのご協力をお願いいたします!

江差保健所:0139-52-1053  
http://www.hiyama.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/eisei/dog/mayoiinuneko.htm





4.20kitami.jpg


黒猫は譲渡になりました。

北見保健所では、4月17日に飼い主に放棄されたメス猫が出会いを待っています。
15歳の避妊メスは、人に慣れていて好奇心が強く、
よく寝てよく動き、毛がふわふわしていてお人形のようです。
やんきゃで走り回るような猫ではないので、
静かに飼いたい方におすすめです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、
シェアのご協力ををお願いいたします!

北見保健所:0157-24-4171
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kth/inunekojyouhou.htm#2





4.23obihiro.jpg

帯広保健所には、10歳のラブ系ミックスが出会いを待っています。
ラブ系のミックスは4月18日に放棄されました。
自分に何が起きたか分からない様子で、
きょとんとしているそうです。
素直で大人しく人に良く馴れています。
足腰も丈夫ですが、太めなので体重を減らした方が
生活の質も上がると思います。
募集期限は4月27日(金)迄でした!
幸せになりたいのは、どの子も同じはず・・・
どうかご理解ある方との出会いが生まれますよう、
情報拡散やシェアのご協力もよろしくお願いします!

十勝総合振興局:0155-26-9031
http://www.tokachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/sizen/doubutsu/inunekobosyuu.htm






4.24sorati.jpg

空知総合振興局管内の深川保健所には、
3月20日から収容されているサビ猫が飼い主を募集しています。
この子は飼い主が亡くなり放棄されました。
ご飯はドライフードを食べ、トイレは猫砂で出来ています。
以前にも同じ場所からの猫の放棄があり譲渡されていますが、
厳しい環境下でがんばって来ました。
慣れるのに時間がかかると思いますが、
ご理解の上で大切な家族の一員としてお迎えいただけたら幸いです。
また岩見沢保健所にはキジトラのオス猫が出会いを待っています。
かわいらしい声で鳴いて、
人と仲良くしたいのが見てとれる健気な子です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
1日も早く出会いがありますよう、
お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

空知総合振興局:電話:0126-20-0045 
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainusibosyuinuneko.htm






4.25souya.jpg

宗谷総合振興局では、1歳から6歳までのメス猫4頭が
出会いを待っています。
外猫だった4頭は3月22日に稚内保健所に収容され、
馴化していましたが、お世話の職員さんには
お腹を見せるほどになりました。
人が大好きな子やおっとりした子、警戒心の強い子もいます。
どの子も食欲もあり元気です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
他にも10頭余り猫が収容されていて馴化中ですので、
保健所の収容数も多くなっていますので、
早々に出会いがありますように。
お迎え入れのご検討や情報の拡散、
シェアのご協力ををお願いいたします!

宗谷総合振興局:0162-33-2922
http://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/bosyuu.htm





4.27iburi.jpg

室蘭保健所では、飼い主に放棄されたラブ系の
ミックス犬と放棄された2頭の猫と負傷猫扱いだった
性別不明のキジ白猫が出会いを待っています。
ラブ系のミックスは15歳の年齢は全く感じられないほど
元気でお散歩も大好き、骨付きのオヤツもバリバリ食べるそうです。人が大好きな子ですから余生を人の側で
ゆったり過ごせたらと願っています。
キジ白猫は3月27日に負傷猫として動けなくなっていたところを
保護されました。
特に外傷もなく衰弱していたようです。
毛並みも目もきれいな子ですが、
慣れないせいか荒っぽいところもあるようです。
また白黒猫は3月16日に5頭で収容され、
うち3頭には出会いがありました!
推定1〜3歳の黒白猫のメスのうち1頭は
すっかり慣れて性格も良い子です。
もう1頭はまだ慣れていませんが、人慣れをがんばっています。
トイレは猫砂で、フードは固形食で大丈夫です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散やシェアの
ご協力をお願いいたします!

胆振総合振興局:0143-24-9578
http://www.iburi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/neko1.htm


保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。
☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html



。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 20:33 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする