2019年05月23日

5月23日の札幌市動物管理センター福移支所は

5月23日(木)の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬4頭、猫12頭が収容されていました。

先週は、遺棄を疑われるような迷子犬が多かったのですが、
順次譲渡になり、また猫も12頭と一気に少なくなりました。



20.jpg

迷子収容犬20、令和元年5月16日、南区中ノ沢5条3丁目で保護された
柴犬系のミックスのメス。

古い首輪にチェーンがついていました。

迷子期限日は、令和元年5月24日(金)迄です。




迷子収容犬21は返還されました(5月23日)

迷子収容犬22は返還されました(5月22日)



<迷子からの飼い主募集犬>

収容犬13(チワワ・チベ)は譲渡されました(5月21日)

収容犬15(柴犬・しば坊)は譲渡されました(5月22日)

収容犬16(柴犬・こんちゃん)は譲渡されました(5月20日)

収容犬17(チワワ・いちご)は譲渡されました(5月21日)

収容犬18(ポメラニアン)は譲渡されました(5月22日)

収容犬19(ウエスティ)は譲渡されました(5月22日)




<放棄からの飼い主募集犬>

052101.jpg

収容犬052101、放棄された12歳のオスのヨークシャテリア。

もう1頭のヨークシャテリアと一緒に放棄されましたが、
その子は今日譲渡になりました。





0521012.jpg

トイレのしつけができておらず、色々な所で排泄するそうで、
これまでオムツをつけて生活していたようです。

左顎に腫瘤があり、診察を受け、現在は経過観察中だそうです。




収容犬052102は譲渡されました(5月23日)





<譲渡に注意の飼い主募集犬>

69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

スイッチが入ると止められなくなり、
これまで複数回の咬傷事故を起こしています。





692.jpg

職員さんのオスワリのコマンドに素直に従うのですが、
一旦スィッチが入り興奮すると訳が分からなくなります。

大型犬や咬傷犬の扱いに慣れた
ご理解ある方との出会いがありますように・・・。





100101.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

賢いマロは、神経質で気難しいところがありますが、
信じた人には忠実な気質です。

マロにも犬の飼育に慣れた方との出会いがありますように・・・・。





<迷子猫>
5.jpg

容猫F5、令和元年5月17日、白石区本通15丁目で保護された薄茶白のオス。

小さな声で鳴く、人懐こい子でした。

迷子期限日は、令和元年5月23日(木)でした。





収容猫F6、令和元年5月22日、北区北丘珠5条4丁目で保護された
黒茶白のメス。

迷子期限日は令和元年5月28日(火)です。





<迷子からの飼い主募集猫>

45.jpg

収容猫F45、愛称ポッキーは推定7歳の黒白猫の去勢オス。

すっかり古株となったポッキー。

人慣れもしてきました。




収容猫F98-H30(まこと)は譲渡されました(5月17日)

収容猫F3(ちぃー子)は譲渡されました(5月20日)





4.jpg

収容猫F4、愛称こじモンは推定5歳の黒の去勢オスです。

まだ警戒して固まっていました。






<放棄からの飼い主募集>

092701.jpg

収容猫F092701、愛称みけりんは13歳の避妊メスの三毛猫です。

大人しくきれいな猫です。





012203.jpg

収容猫F012203-H30、愛称ちび子は、7歳のキジトラの避妊メスです。

飼主が病気のため放棄されました。

警戒心が強く、人が近づくと唸るようですが、
丸顔でかわいい猫です。



収容猫F021201、愛称みみ、5歳の白黒のオスは譲渡になりました(5月21日)





022002.jpg

収容猫F022002、愛称サクラは推定10歳の去勢オス。

飼い主病気のため放棄されました。

近寄ってきて、咬みついて来る勝気な子ですが、
場所を変えて落ち着いた環境にしたら、
別猫のようにすっかり穏やかになりました。




042603.jpg

収容猫F042603、愛称たらこは、6歳の白黒のメス。
引越しを理由に放棄されました。

人馴れしています。




収容猫F042604、愛称すじこは、6歳の白黒のメスは譲渡になりました(5月21日)


収容猫F051002(みぃー子)、推定4歳の三毛のメスは譲渡になりました(5月20日)





以下は、多頭放棄(餌やり)の猫たちです。

ビニールハウスで無責任に餌やりをされ、増えた末に収容されました。

若い猫が多く、全頭避妊・去勢手術が終わっています。

少しずつ慣れてきたようで、ケージ越しにリラックスしています。





082001.jpg

収容猫082001、愛称ポチは推定2歳の去勢オスです。
 
センター収容も8か月となり、
人慣れできるよう収容場所を1頭のケージに変えました。




082010.jpg

収容猫082010、愛称ふじ(左)は、推定3歳の灰の避妊メスです。

いつも静かです。




082002.jpg

収容猫082002、愛称オペラは白黒の推定2歳の去勢オス。

大分落ち着いてきました。




082005.jpg

F082005、愛称パンは推定2歳の白黒の去勢オス。

オペラと仲良しです。





**************************

北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。



5.21titose.jpg

千歳保健所には、推定10歳位のオスの
ゴールデンレトリバーが出会いを待っています。
この子は、昨年遺棄されたと思われた犬で、
引き取った方から、咬むということで放棄されました
。体格が良く、結構太めです。普段はおとなしく、
撫でられるのも散歩も大好きですが、
おもちゃを取られたり、首元を触られたり、
大好きなご飯やおやつを邪魔されると怒ってしまい、
咬んでしまったとのことで、咬むスイッチがあるようです。
今のところ、保健所では咬むそぶりはみられないようですが、
収容前に犬歯は病院にて削られています。
体格のいい大型犬ですので、大型犬や咬傷犬の扱いに慣れた、
ご理解のある方のご連絡をお待ちしております。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

千歳保健所:電話 0123-23-3175
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/cth/contents/mayoiinunekonetto.htm





5.22sorati.jpg

空知総合振興局管内の3つの保健所では、
猫4頭と犬1頭が収容されています。
滝川保健所に放棄された高齢猫3頭、
深川保健所では衰弱していた成猫1頭が飼い主を募集しています。
滝川保健所収容の10歳の猫3頭の黒色長毛の去勢オスは、
人懐こく大人しく、アオと呼ばれていました。
同じく黒色長毛の10歳の去勢オスはクロと呼ばれて、
人懐こく大人しい子です。
またキジトラ系の長毛のメスの10歳で、
人懐こく大人しい子でアカと呼ばれていました。
深川保健所収容のメスのシャム系の成猫は、
風邪をひいて衰弱しているところを保護されました。
現在は元気食欲とも、だいぶ回復しましたが、
まだ鼻水や目ヤニが見られます。左目は元々目がなく、
右目もほとんど見えていないようですが、
見えていない生活には慣れている様子で、
職員のあとをついてくる、とても人懐こくかわいい女の子です。
岩見沢保健所収容の高齢のミックス犬のメスは、
5月15日、 赤い首輪を付け、岩見沢市東山322で
衰弱して動けなくなっていたところを市民に保護されました。
当初は餌も食べませんでしたが、少し食べるようになり、
回復傾向ですが、立とうとせず寝ていることが多いです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!  

空知総合振興局:電話 0126-20-0045
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainusibosyuinuneko.htm






5.23obihiro.jpg

帯広保健所には、成猫2頭が出会いを待っています。
2頭は飼い主さんが亡くなり、保健所に放棄されました。
突然環境が変わったせいか固まっていて食欲が無いそうで、
猫はとてもナイーブなので、
万が一の事態に備えておくことが特に必要です。
2頭は、撫でると気持ち良さそうに目を細めるそうです。
茶白猫は、威嚇がありますが、攻撃はし無いそうで、
緊張からだと思われますので、
時間と共に落ち着いてくれると思います。
1日でも早く家庭で過ごさせてあげたいです。
募集期限は、令和元年5月29日(水)です!
幸せになりたいのは、どの子も同じはず・・・
どうかご理解ある方との出会いが生まれますよう、
情報拡散やシェアのご協力もよろしくお願いします!

十勝総合振興局:0155-26-9031
http://www.tokachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/sizen/doubutsu/inunekobosyuu.htm


保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 23:59 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

5月17日(金)の札幌市動物管理センター福移支所は

5月17日(金)の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬9頭、猫15頭が収容されていました。

今日は犬1頭、猫1頭が譲渡されましたが、
犬は迷子が多くなっています。

GW中に収容された迷子犬も、結局お迎えが無く、
順次譲渡になっていますが、犬舎の空きがなくケージで管理していました。

先週の土曜開庁の譲渡会では、猫1頭が譲渡され、36名の来庁がありました。



15.jpg

迷子収容犬15、令和元年5月8日、 白石区菊水1条4丁目で保護された
黒の柴犬のオス。

歯も真っ白で毛も柔らかく、身体は大きいですが、1歳未満の子のようです。

人に慣れた子でした。

迷子期限日は令和元年5月16日(木)です。

首輪はセンターのものです。





16.jpg

迷子収容犬16、令和元年5月9日、
手稲区前田7条17丁目で保護された茶のミックス犬のオス。

大人しくしていました。

迷子期限日は、令和元年5月17日(金)です。





17.jpg

収容犬17、白石区北郷7条7丁目で保護されたチワワのメス。

爪も伸びて毛の状態も良くありませんでしたが、
性格は人懐こい子のようです。

迷子収容期限は5月20日(月)です。





18 (2).jpg

迷子収容犬18、令和元年5月10日、
手稲区前田1条5丁目で保護されたポメラニアンのメス。

ずっと忙しなく動いていました。

迷子期限日は令和元年5月21日(火)です。





19.jpg

迷子収容犬19、令和元年5月13日、東区北21条東1丁目で保護された
ウェスティのメス。

まだ若く可愛らしい子です。

お腹に脱毛がありました。

迷子期限日は令和元年5月21日(火)です。





20.jpg

迷子収容犬20、令和元年5月16日、南区中ノ沢5条3丁目で保護された
柴犬系のミックスのメス。

古い首輪にチェーンがついていました。

迷子期限日は、令和元年5月24日(金)です。






<譲渡に注意の飼い主募集犬>

69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

スイッチが入ると止められなくなり、
これまで複数回の咬傷事故を起こしています。

大型犬や咬傷犬の扱いに慣れた
ご理解ある方との出会いがありますように・・・。





100101.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

賢いマロは、神経質で気難しいところがありますが、
信じた人には忠実な気質です。

マロにも犬の飼育に慣れた方との出会いがありますように・・・・。





<迷子猫>

4.jpg

収容猫F4、令和元年5月14日、
南区川沿11条1丁目で保護されたオスの黒猫。

迷子期限日は、令和元年5月20日(月)です。





<迷子からの飼い主募集猫>

45.jpg

収容猫F45、愛称ポッキーは推定7歳の黒白猫の去勢オス。

交通事故で保護された猫ですが、
大きな外傷もなく本当に良かったです。

人慣れもしてきてセンター一番の古株となりました。





収容猫F98、愛称まことは推定3歳の白黒茶のオスは
本日譲渡になりました。





収容猫F104-H30、愛称パティは推定10歳の灰黒猫は譲渡になりました。(5月13日)





IMG_4086.jpg

収容猫F3、推定4歳のキジトラのメスは、
人馴れしていて撫でると喜ぶようです。





<放棄からの飼い主募集>

092701.jpg

収容猫F092701、愛称みけりんは13歳の避妊メスの三毛猫です。

大人しくきれいな猫です。





012203.jpg

収容猫F012203-H30、愛称ちび子は、7歳のキジトラの避妊メスです。

飼主が病気のため放棄されました。

緊張していましたが、警戒心が強く、人が近づくと唸るそうです。





021201.jpg

収容猫F021201、愛称みみは5歳の白黒のオスです。

飼い主死亡のため、F021202と一緒に放棄されました。

猫エイズ・猫白血病陰性です。

懐こい子です。





022002.jpg

収容猫F022002、愛称サクラは推定10歳の去勢オス。

飼い主病気のため放棄されました。

近寄ってきて、咬みついて来る勝気な子ですが、
場所を変えて1頭で管理したら穏やかな表情になって
別猫のようでした。





042603.jpg

収容猫F042603、愛称たらこは、6歳の白黒のメスですが、
引越しを理由に下記の猫と放棄されました。

人馴れしています。





042604.jpg

収容猫F042604、愛称すじこは、6歳の白黒のメスですが、
引越しを理由に上記の猫と放棄されました。

人馴れしています。
鼻の下のひげ模様がチャームポイントです。





051002.jpg

収容猫F051002、推定4歳の三毛のメスは、
飼い主が病気のため放棄されました。

人馴れしています。





以下は、多頭放棄(餌やり)の猫たちです。

ビニールハウスで無責任に餌やりをされ、増えた末に収容されました。

若い猫が多く、全頭避妊・去勢手術が終わっています。

少しずつ慣れてきたようで、ケージ越しにリラックスしています。





082001.jpg

収容猫082001、愛称ポチは推定2歳の去勢オスです。
 
センター収容も8か月となり、
人慣れできるよう収容場所を変えました。




082010.jpg

収容猫082010、愛称ふじ(左)は、推定3歳の灰の避妊メスです。

人慣れが出来たら出会いが生まれそうです。




082002.jpg

収容猫082002、愛称オペラは白黒の推定2歳の去勢オス。

大分落ち着いてきました。




082005.jpg

F082005、愛称パンは推定2歳の白黒の去勢オス。

オペラと仲良しです。





**************************

北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。




5.7souya.jpg

稚内保健所では、2頭の猫が出会いを待っています。
推定6か月のメスの子猫はトライアル後
引き取られました。3歳程度のオスは、
左目の調子が少し悪いとのことで、
過去に猫風邪をひいた影響かも知れませんが、
生活にも支障はありませんし、
人が大好きで活発な、とてもいい子です。
抱っこは苦手なようです。
2〜3歳のメスは、収容時妊娠を疑いましたが、
体格の良い子だったようです。臆病ですが、
触ることは出来ますし、時間をかけて
慣らしていただければ仲良くなれる子です。
食欲もあり、風邪もひいておらず
健康状態も良好です。
保管期限は、5月24日(金)となっています!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や、
情報のシェア、拡散のご協力もどうぞよろしくお願いします!

宗谷総合振興局 0162-33-2922
http://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/bosyuu.htm





5.16kusiro.jpg

釧路保健所では、犬1頭、猫4頭が出会いを待っています。
推定2〜3歳の白黒のミックス犬は、5月7日、
釧路市音別町の道路で保護されました小さめの中型犬です。
むっちりした体型、毛はびっしり密で、
臆病な性格ですが攻撃性はありません。
人見知りが激しいので第一印象には自信がありまぜんが、
おりこうないい子で、お世話してくれる人はちゃんと分かっています。
散歩も大好きで、他の犬が散歩していると私も行きたい!と訴えます。
推定10才以上のメスは、保護前は、小屋にいましたが、
この子はいつもニャーニャー、ごろりん、スリスリ、
とても懐こく人見知りしません。
もりもり食べて、満腹になると寝て、いつもマイペース。
どこでもやっていけそうです。
推定10才以上のオスは、おとなしく、寝てばかりに見えますが、
実はベタベタ、ゴロゴロ、見た目以上にかわいい子だそうです。
推定1歳のキジ白のオスは、5月13日に収容されました。
今のところ非常に攻撃的で一日中ケージでうなっているような感じです。
大家さんの家の前に置かれていた→飼い主に飼育放棄を確認→保健所で引取りという悲惨な経緯があり、
今は恐怖と不安でいっぱいなのだと思います。
ちゅーるの誘惑には抗えず、うなり声をあげながらもなめているようです。
落ち着くのを待って、一般譲渡を目指します。
負傷の推定3歳の三毛猫のメスは、
4月18日、釧路市春採で「うずくまって動けない」と保護されました。
収容後、とくに問題はなく、元気に暮らしています。
少しふっくらしてきました。歯もきれいで、
もしかするとまだ1歳くらいかもしれません。
ちょっと臆病で抱っこは苦手ですが、慣れると甘えん坊でおしゃべりです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

釧路総合振興局:0154-43-9155  
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm




5.9ebetu.jpg

江別保健所収容の白黒のメス猫は、
1月12日の夜に江別市向ヶ丘で寒さで衰弱して
動けないところを負傷動物として保護されました。
左目が白濁し失明しています。
歯も10本以上抜けており高齢と思われます。
前は固まっていただけでしたが、最近はパンチも繰り出します。
怖くてたまらない様子です。食欲はありますが、
多飲多尿で時々お漏らしもあるようです。
最近はチュールを指から舐めてくれるようになり、
少しづつですが、緊張が緩んで来ているようです。
焦らず猫のペースに合わせ、最期まで根気よく
お世話していける方をお待ちしております。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報のシェア、拡散のご協力もどうぞよろしくお願いします!

江別保健所:011-382-3054 
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/se/ke/inu-neko-newpage.htm




2019.05.10iburi.jpg

室蘭保健所には、飼い主に放棄された高齢のメス猫、仮名もろみが収容されています。
穏やかで大人しく大変性格の良い子です。
多飲多尿ですのでホルモン系の病気か腎臓病の可能性がありますが、
食欲もあり元気だそうです。
長らく家庭で過ごしてきた猫が、
高齢になって環境が激減しストレスもあると思いますが、
もろみちゃんは逞しく生きています。
どうか残りの猫生を温かなご家庭で過ごせますように・・・。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報のシェア、拡散のご協力もどうぞよろしくお願いします!

胆振総合振興局:0143-24-9578
http://www.iburi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/neko1.htm




5.14hidaka.jpg

日高振興局管内の浦河保健所では、
成猫1頭が飼い主さんを募集しています。
年齢は1歳くらいかの三毛でメスで、
令和元年5月7日(火)に浦河町野深地区で
迷子になっているところを保護されました。
少し目ヤニが出ているものの、とっても元気で人懐こく、、
スリスリして甘えてきます。
ひなたぼっこをするのが大好きで伸びをしてご満悦の表情です。
ごはん(ドライキャットフード)もしっかり食べています。
砂トイレOKです。まだまだ若く人にも馴れています。
収容先:浦河保健所(浦河町東町ちのみ3丁目1-8)
募集期限:令和元年(2019年)5月24日(金)
終生大切にしてくださる飼い主さんを待っています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

日高振興局 :0146-22-9254 
浦河保健所:0146-22-3071

http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutuaigokannri.htm



保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html



posted by しっぽの会 at 21:44 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

5月10日の札幌市動物管理センター福移支所は


今日5月10日の札幌市動物管理センターには、
犬10頭、成猫17頭が収容されていました。

今週はゴールデンウィークが長かったせいもあると思いますが、
迷子の犬が7頭と多数収容されていました。

成猫は17頭と少なくなりましたが、
昨年の夏から収容されている猫が4頭いますので、
ケージの生活が長く、運動不足になっているのが心配です。

明日は5月11日(土)は、令和最初の土曜開庁です。

休日の犬猫飼い主さがし事業では、
動物管理センターに収容されている犬猫を譲り受けることが可能です。

日時
令和元年5月11日(土) 10時00分〜12時00分

場所
動物管理センター福移支所(札幌市北区篠路町福移156番地)

【犬猫を譲り受ける際に必要なもの】
・住所、氏名が確認できる身分証明書
・犬猫を連れて帰るためのケージ等
・札幌市・内にお住まいの方が、犬を譲り受ける場合は、登録手数料3,200円

1頭でも多くの子に幸せな出会いがありますように・・・



<迷子犬>

11.jpg

迷子収容犬11、 令和元年5月7日、清田区美しが丘2条7丁目で保護された
赤い首輪を着けたプードル系のメス。

目は少し白くなりかかっていましたが、
元気な様子でかわいい子でした。

迷子期限日は令和元年5月15日(水)です。





12.jpg

迷子収容犬12、令和元年5月7日、
手稲区前田5条12丁目で保護されたテリアが入ったような薄茶のメス。





12.1.jpg


背中にケロイド状の傷があり、
火傷をしてかさぶたの一部が舐めて剥がれたようで、
赤い皮膚が生々しく出ていました。

背中に火傷を負うのも不思議です。

臆病で怯えていましたが、もともとは懐こい子だと思われます。

迷子期限日は、令和元年5月15日(水)です。





13.jpg

迷子収容犬13、令和元年5月7日、手稲区金山で保護されたチワワのメス。

とても人懐こくていい子です。

迷子期限日は、令和元年5月15日(水)です。





14.jpg

迷子収容犬14、令和元年5月7日、手稲区前田7条12丁目で保護された
黒茶の柴犬。

人懐こそうな子でした。

迷子期限日は、令和元年5月15日(水)です。

首輪はセンターで着けたものです。





15.jpg

迷子収容犬15、令和元年5月8日、 白石区菊水1条4丁目で保護された
黒の柴犬のオス。

歯も真っ白で毛も柔らかく、身体は大きいですが、1歳未満の子のようです。

人に慣れた子でした。

迷子期限日は令和元年5月16日(木)です。

首輪はセンターのものです。





16 (2).jpg

迷子収容犬16、令和元年5月9日、
手稲区前田7条17丁目で保護された茶のミックス犬のオス。

大人しくしていました。

迷子期限日は、令和元年5月17日(金)です。





17.jpg

収容犬17、白石区北郷7条7丁目で保護されたチワワのメス。

爪も伸びて毛の状態も良くありませんでしたが、
性格は人懐こい子のようです。

迷子収容期限は5月20日(月)です。





<放棄からの飼い主募集犬>

収容犬042601(シロ)は譲渡されました(5月8日)

収容犬042602(ハク)は譲渡されました(5月7日)




042603.jpg

収容犬042603、愛称コハクは2歳の避妊メス。

上記の収容犬042601、042602と一緒に放棄されました。

少し臆病ですが、人馴れしていますし、
コハクにも出会いがありますように・・・。

時々吠えるため、近隣への配慮が必要なようです。





<譲渡に注意の飼い主募集犬>

69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

スイッチが入ると止められなくなり、
これまで複数回の咬傷事故を起こしています。

今日も変らずに過ごしていました。

大型犬や咬傷犬の扱いに慣れた
ご理解ある方との出会いがありますように・・・。





100101.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

賢いマロは、神経質で気難しいところがありますが、
信じた人には忠実な気質です。

センターの暮らしも長くなり、センターが家のようになっています。

どうかマロにも犬の飼育に慣れた方との出会いがありますように・・・・。





<迷子猫>

3.jpg

収容猫F3、令和元年5月7日、北区屯田7条4丁目で保護された黒茶灰のメス。

迷子期限日は、令和元年5月13日(月)です。





<迷子からの飼い主募集猫>

45.jpg

収容猫F45、愛称ポッキーは推定7歳の黒白猫の去勢オス。

交通事故で保護された猫ですが、
大きな外傷もなく本当に良かったです。

人慣れもしてきてセンター一番の古株となりました。





98.jpg

収容猫F98、愛称まことは推定3歳の白黒茶のオスです。

人馴れしている子です。

歯槽膿漏か食べずらそうに歯をカチカチ鳴らし食べているそうです。

とてもかわいい猫ですが、
触ろうとすると怒るようです。





104.jpg

収容猫F104-H30、愛称パティは推定10歳の灰黒猫です。

衰弱した状態で迷子収容されましたが、
少しずつ回復してきましたが、
歯肉炎があり口からの出血がありました。

小柄で大人しい子です。






2.jpg

収容猫F2、愛称とらえモンは推定10歳のキジトラの去勢オスです。

人懐っこく、撫でると喜びます。





<放棄からの飼い主募集>

092701.jpg

収容猫F092701、愛称みけりんは13歳の避妊メスの三毛猫です。

大人しくきれいな猫です。

出会いもなく半年が過ぎました。




021201.jpg

収容猫F021201、愛称みみは5歳の白黒のオスです。

飼い主死亡のため、F021202と一緒に放棄されました。

猫エイズ・猫白血病陰性です。

懐こい子です。





022002.jpg

収容猫F022002、愛称サクラは推定10歳の去勢オス。

飼い主病気のため放棄されました。

近寄ってきて、咬みついて来る勝気な子ですが、
最近少し良くなってきたようで、
威嚇は少なくなってきました。





収容猫F042501(トンキニーズ)は譲渡されました(5月7日)

収容猫F042602は譲渡されました(5月7日)






042603.042604.jpg

収容猫F042603、042604、転居のため放棄された、
たらことすじこは6歳のメスです。

まだ緊張していますが、人馴れしています。

たらこは、鼻周りのぶち模様がチャームポイントです。

すじこは、鼻の下にある、
ちょび髭のような模様がチャームポイントです。




収容猫F042605は譲渡されました(5月9日)




以下は、多頭放棄(餌やり)の猫たちです。

ビニールハウスで無責任に餌やりをされ、増えた末に収容されました。

若い猫が多く、全頭避妊・去勢手術が終わっています。

少しずつ慣れてきたようで、ケージ越しにリラックスしています。





082001.jpg

収容猫082001、愛称ポチは推定2歳の去勢オスです。
 
センター収容も8か月となりました。

触らせてくれるようになりました。




082010.jpg

収容猫082010、愛称ふじ(左)は、推定3歳の灰の避妊メスです。

分かりづらいですが、奥に見える子です。





082002.jpg

収容猫082002、愛称オペラは白黒の推定2歳の去勢オス。

大分落ち着いてきました。




082005.jpg

F082005、愛称パンは推定2歳の白黒の去勢オス。

オペラと仲良しです。





**************************

北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。




5.7souya.jpg

稚内保健所では、3頭の猫が出会いを待っています。
推定6か月のメスの子猫は大人しくいい子で
現在トライアル中です。
3歳程度のオスは、左目の調子が少し悪いとのことで、
過去に猫風邪をひいた影響かも知れませんが、
生活にも支障はありませんし、
人が大好きで活発な、とてもいい子です。
抱っこは苦手なようです。
2〜3歳のメスは、収容時妊娠を疑いましたが、
体格の良い子だったようです。臆病ですが、
触ることは出来ますし、時間をかけて
慣らしていただければ仲良くなれる子です。
食欲もあり、風邪もひいておらず健康状態も良好です。
保管期限は、5月24日(金)となっています!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や、情報のシェア、
拡散のご協力もどうぞよろしくお願いします!

宗谷総合振興局 0162-33-2922
http://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/bosyuu.htm





5.8kusiro.jpg

釧路保健所では、猫6頭が出会いを待っています。
釧路保健所収容の、推定8歳以上のオスは、
大きなを体して、とても臆病ではずかしがり屋、
抱っこは苦手です。でも、怒らずに触らせてくれます。
推定10才以上のメスは、保護前は、小屋にいましたが、
この子はいつもニャーニャー、ごろりん、スリスリ、
とてもなつこく人見知りしません。
もりもり食べて、満腹になると寝て、いつもマイペース。
どこでもやっていけそうです。
推定10才以上のオスは、おとなしく、寝てばかりに見えますが、
実はベタベタ、ゴロゴロ、見た目以上にかわいい子だそうです。
推定6か月のメスは、4月24日、飼い主の都合で放棄されました。
おとなしく、じっと固まっていますが攻撃性はありません。
抱っこすると肉球に汗をかくほど緊張してしまうので、
はやく安心できるお家で暮らせることを願っています。
負傷の推定3歳の三毛猫のメスは、4月18日、
釧路市春採で「うずくまって動けない」と保護されました。
保護当初は何をしても抵抗しませんでしが、
収容翌日にはシャーシャー猫に変貌しました。
現在は少し落ち着き、触らせてくれるようになりましたが
抱っこは苦手です。痩せて毛艶がなく、貧血していましたが、
外傷、目やに、鼻水、口内炎等はありません。
食欲もあり、どうやら元気そうだとのことです。
推定1歳の三毛猫の負傷猫は、5月7日、
釧路市川端町で保護されました。
じっと動かずカラスにつつかれていたそうです。
ほぼ白毛ですが顔やしっぽなどは
淡い色合いの三毛でブルーアイです。小柄で痩せています。
左骨盤あたりの皮膚が剥けていたので治療をしています。
お腹を空かしていたようで、フードをばくばく食べ、
とても人馴れしています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

釧路総合振興局:0154-43-9155 
 
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm





5.9ebetu.jpg

江別保健所収容の白黒のメス猫は、
1月12日の夜に江別市向ヶ丘で寒さで衰弱して
動けないところを負傷動物として保護されました。
左目が白濁し失明しています。
歯も10本以上抜けており高齢と思われます。
前は固まっていただけでしたが、最近はパンチも繰り出します。
怖くてたまらない様子です。食欲はありますが、
多飲多尿で時々お漏らしもあるようです。
最近はチュールを指から舐めてくれるようになり、
少しづつですが、緊張が緩んで来ているようです。
焦らず猫のペースに合わせ、最期まで根気よく
お世話していける方をお待ちしております。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報のシェア、拡散のご協力もどうぞよろしくお願いします!

江別保健所:011-382-3054 
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/se/ke/inu-neko-newpage.htm





2019.05.10iburi.jpg

室蘭保健所には、飼い主に放棄された高齢のメス猫、仮名もろみが収容されています。
穏やかで大人しく大変性格の良い子です。
多飲多尿ですのでホルモン系の病気か腎臓病の可能性がありますが、
食欲もあり元気だそうです。
長らく家庭で過ごしてきた猫が、
高齢になって環境が激減しストレスもあると思いますが、
もろみちゃんは逞しく生きています。
どうか残りの猫生を温かなご家庭で過ごせますように・・・。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報のシェア、拡散のご協力もどうぞよろしくお願いします!

胆振総合振興局:0143-24-9578
http://www.iburi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/neko1.htm



保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 20:45 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

4月24日(水)の札幌市動物管理センター福移支所は

4月24日(水)の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬3頭と成猫19頭、子猫1頭が収容されていました。

今日から飼い主募集になったシュナウザー4頭は、全頭飼い主さんが決まりました!

小型の純血種は人気が高いですが、
飼い主に放棄された高齢のミニチュアダックスも収容されていますので、
お迎えのご検討をいただけたら幸いです。



<放棄からの飼い主募集>

031502.jpg

収容犬031502、飼い主の病気で15歳で放棄された
ミニチュアダックスのオス。

性格は人懐こく、高齢のわりには毛並みもきれいで若々しいです。

右脇に腫瘤があるそうです。

ご理解ある方との出会いがありますように・・・。





<譲渡に注意の飼い主募集犬>

69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

スイッチが入ると止められなくなり、
これまで複数回の咬傷事故を起こしています。

大型犬や咬傷犬の扱いに慣れた
ご理解ある方との出会いがありますように・・・。





100101.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

賢いマロは、神経質で気難しいところがありますが、
信じた人には忠実な気質です。

センターの暮らしも長くなっています。

マロにも春がやって来ますように・・・。






<迷子猫>

収容猫F1、4月22日、中央区南23条西14丁目で保護されたメスの黒猫。

迷子期限日は4月26日(金)です。





<迷子からの飼い主募集猫>

45.jpg

収容猫F45、愛称ポッキーは推定7歳の黒白猫の去勢オス。

交通事故で保護された猫ですが、
大きな外傷もなく本当に良かったです。

人慣れもしてきました。




98.jpg

収容猫F98、愛称まことは推定3歳の白黒茶のオスです。

人馴れしている子です。

歯槽膿漏か食べずらそうに歯をカチカチ鳴らし食べているそうです。

かわいい子です。





99.jpg

収容猫F99、愛称シルベスターは、推定3歳の去勢オス。

長毛で大柄なゴージャス感のある猫です。

雰囲気があって落ち着いています。






104.jpg

収容猫F104-H30、愛称パティは推定10歳の灰黒猫です。

衰弱した状態で迷子収容されましたが、
少しずつ回復してきましたが、
歯肉炎があり口からの出血がありました。





<放棄からの飼い主募集>

092701.jpg

収容猫F092701、愛称みけりんは13歳の避妊メスの三毛猫です。

大人しくきれいな猫です。

なかなか出会いがありません。





020701.jpg

収容猫F020701、愛称まるは、12歳の黒茶のメスです。

F020703と同じ家から放棄されました。

少し臆病ですが慣れています。





020801.jpg

収容猫F020801、愛称ゆりえは、11歳のメスです。

F020802と一緒に放棄されました。

落ち着いた性格です。





020802.jpg

収容猫F020802、愛称ももえは11歳の黒茶のメスです。

F020801と一緒に放棄されました。

いつもじっとしていることが多いようです。





021201.jpg

収容猫F021201、愛称みみは5歳の白黒のオスです。

飼い主死亡のため、F021202と一緒に放棄されました。

猫エイズ・猫白血病陰性です。





022002.jpg

収容猫F022002、愛称サクラは推定10歳の去勢オス。

飼い主病気のため放棄されました。

近寄ってきて、咬みついて来る勝気な子ですが、
最近少し良くなってきたようで、
威嚇は少なくなってきました。





041102.jpg

収容猫F041102、愛称チョキは推定10歳の黒茶のメスです。

飼い主が亡くなったため、F041103と一緒に放棄されました。

収容時より右目がありませんでしたが、痛みなどはない様子です。

小柄で人懐こい子です。

お腹の調子があまり良くないとのことです。





041103.jpg

収容猫F041103、愛称パーは、推定5歳の黒猫のメス。

飼い主が亡くなったため、F041102と一緒に放棄されました。

小柄で人懐っこい子です。

食欲もなく補液をしていました。





収容猫F041201、愛称オズは推定3歳の白黒のオスは譲渡になりました!(4月24日)





041901.jpg

収容猫F041901、愛称モコは、14歳で放棄された
白薄茶のスコティッシュフォールドの去勢オスです。

飼い主が亡くなったため、放棄されました。
人懐っこく、撫でられるのが好きです。




以下は、多頭放棄(餌やり)の猫たちです。

ビニールハウスで無責任に餌やりをされ、増えた末に収容されました。

若い猫が多く、全頭避妊・去勢手術が終わっています。

少しずつ慣れてきたようで、ケージ越しにリラックスしています。





082001.jpg

収容猫082001、愛称ポチは推定2歳の去勢オスです。
 
センター収容も8か月となりました。

触らせてくれるようになりました。




082010.jpg

収容猫082010、愛称ふじ(左)は、推定3歳の灰の避妊メスです。

分かりづらいですが、奥に見える子です。

2頭はいつもハンモックに入り(奥)、ハンモックが大のお気に入りです。





082001.082010.jpg

仲良しの2頭はいつもハンモックの中でくっついて寝ています。





082002.jpg

収容猫082002、愛称オペラは白黒の推定2歳の去勢オス。

大分落ち着いてきました。




082005.jpg

F082005、愛称パンは推定2歳の白黒の去勢オス。

オペラと仲良しです。





**************************

北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。




4.22kusiro.jpg

釧路保健所標茶支所には、飼い主に放棄された
7歳のオスのミックス犬が3月26日から収容されています。
中型犬で、白い靴下にぶち模様の手が特徴です。
収容時はかなり痩せていましたがだいぶ肉付きがよくなりました。
子供にも吠えたりせず、フレンドリーでとても人懐っこい子です。
散歩に行くと分かるとしっぽをぶんぶん振って喜びますが、
グイグイ引くこともなく、おりこうさんです。
散歩後半はペースも少しゆっくりになります。
大きなとがった立ち耳と手足が長く
筋肉質な美尻がアピールポイントです。
一緒に引取った犬は新しい飼い主さんの元へ行きました。
背中などに脱毛がありましたが、だいぶ良くなり、
うっすら毛が生えてきました。駆虫済みです。
とても良い子ですが、地理的な関係か面会も少なく、
もうすぐ収容から1か月になるところです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や、情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

釧路総合振興局:0154-43-9155 標茶支所:01548-5-2155 
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm





4.23monbetu.jpg

紋別保健所には、推定15歳のミックス犬のメスが出会いを待っています。
この子は、野犬掃討条例にのっとり滝上町で野犬で捕獲されました。
人懐っこく、かわいらしい子で、よたよた歩きですが、
歩くことはできます。ぎこちないですが、段差も昇り下りできます。
両目ともに目やにが出ており、
特に右目は見えていない可能性があります。
お腹に炎症がみられます。左回りに大きくぐるぐると歩き回っています。
人に寄ってきては、1周回ってまた帰って来てくれます。
おしっこやうんちは犬舎内でしています。
ご飯は大好きです。現在はウェットフードを食べています。
募集期限は、5月7日(火)4月23日(火)です。
お世話が必要な高齢な子ですが、どうか残された犬生を全うできるよう、
ご理解ある方との出会いがあれば幸いです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

紋別保健所:0158-23-3108
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/mth/wanneko.htm





4.24oho-tuku.jpg

オホーツク総合振興局の網走保健所には、
3頭の猫が出会いを待っています。
推定1歳のキジトラのメスは、
4月3日保健所に収容されましたが、
農家さんに遺棄されたようです。
人慣れの練習中ですが、特定の人には慣れて抱っこもできます。
また同じく4月3日に収容された推定6か月の黒白のメスは、
左目が潰れていて見えません。
ですが、元気で食欲旺盛で、一人遊びが上手で、人にも慣れています。
年齢不明の黒の負傷だった猫は、若めのオスで、
北見市内で衰弱していたところを3月12日に保護されました。
攻撃性はなく、なでると気持ちよさそうにしますが、
抱っこはコワくて硬直してしまいます。
でもゴロゴロ言って手からゴハンも食べてくれます。
ご理解ある方との出会いを待っています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

オホーツク総合振興局: 0152-41-0632 
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/kankyoueisei/dog.htm



保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 20:27 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

4月18日の札幌市動物管理センター福移支所は

koinobori.jpg

ここ数日は初夏の陽気となった札幌市。

職員さんが5月の節句に備え、鯉のぼりを飾ってくださっています。

4月18日(木)の札幌市動物管理センターには、
9頭、猫19頭が収容されていました。

最近、迷子で猫が収容されることが少なくなりましたが、
適正飼育が推進されているのであれば嬉しい限りです。

しかし、外には行き場を失っている猫たちがまだまだたくさんます。



<迷子犬>

4.jpg

迷子収容犬4、4月11日、 東区モエレ沼公園で
保護されたメスのミニチュアダックス。

大人しくて穏やかな子のようです。

頭が右側に傾いて斜頸が見られます。

右耳もかなり汚れて入るとのことです。

迷子期限日は4月19日(金)です。





syuna (2).jpg

遺棄されたシュナウザーのオスたちです。




4 (2).jpg

迷子収容犬6、4月15日、東区東雁来1条1丁目で保護された
白のミニチュアシュナウザーの去勢オス。

懐こく大人しい子でした。

迷子収容犬7、8、9と一緒に、布製の茶色のケージに入れられていました。

迷子期限日は4月23日(火)です。





7.jpg

迷子収容犬7、同じく4月15日、東区東雁来1条1丁目で保護された
灰のミニチュアシュナウザーの去勢オス。

3頭のオスの中では、一番活発でした。

迷子収容犬6、8、9と一緒に、布製の茶色のケージに入れられていました。

迷子期限日は年4月23日(火)です。





8.jpg

迷子収容犬8、同じく4月15日、 東区東雁来1条1丁目で保護された
黒のミニチュアシュナウザーの去勢オス。

人懐こい子でした。

迷子収容犬6、7、9と一緒に、布製の茶色のケージに入れられていました。

迷子期限日は年4月23日(火)です。





迷子収容犬9、4月15日、東区東雁来1条1丁目で保護された
白のミニチュアシュナウザーのメス。

血尿があったため病院に行っていたので会えませんでした。

診察によると膀胱炎だったそうです。

迷子収容犬6、7、8と一緒に、布製の茶色のケージに入れられていました。

迷子期限日は年4月23日(火)です。


色違いのハーネスを付けていましたが、
ケージに入れられ置き去りになっていたことから遺棄と推測されます。


犬猫などの愛護動物の遺棄は犯罪です。
動物愛護管理法により、100万円以下の罰金に処されます!





<放棄からの飼い主募集>

030502.jpg

収容犬031502、飼い主の病気で15歳で放棄された
ミニチュアダックスのオス。

高齢のわりには毛並みもきれいで若々しいです。

性格も人懐こい子です。

右脇に腫瘤があるそうです。

温かな出会いがありますように・・・。





<譲渡に注意の飼い主募集犬>

69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

スイッチが入ると止められなくなり、
これまで複数回の咬傷事故を起こしています。

幸せになりたいのはどの子も同じです。

大型犬や咬傷犬の扱いに慣れたご理解ある方との出会いがありますように・・・。





100101.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

賢いマロは、神経質で気難しいところがありますが、
信じた人には忠実な気質です。

センターの暮らしも長くなっています。

どうか出会いがありますように・・・。





<迷子猫はいませんでした>




<迷子からの飼い主募集猫>

45.jpg

収容猫F45、愛称ポッキーは推定7歳の黒白猫の去勢オス。

交通事故で保護された猫ですが、
大きな外傷もなく本当に良かったです。

収容も長くなり、人慣れもしてきました。




98.jpg

収容猫F98、愛称まことは推定3歳の白黒茶のオスです。

人馴れしている子です。

歯槽膿漏か食べずらそうに歯をカチカチ鳴らし食べているそうです。






99.jpg

収容猫F99、愛称シルベスターは、推定3歳の去勢オス。

長毛で大柄なゴージャス感のある猫です。

雰囲気があって落ち着いています。






104.jpg

収容猫F104-H30、愛称パティは推定10歳の灰黒猫です。

衰弱した状態で迷子収容されましたが、
少しずつ回復してきましたが、
歯肉炎があり口からの出血がありました。





<放棄からの飼い主募集>

092701.jpg

収容猫F092701、愛称みけりんは13歳の避妊メスの三毛猫です。

大人しくきれいな猫です。




収容猫F010802-H30(しまころ)は譲渡されました(4月15日)





012203.jpg

収容猫F012203、愛称ちび子は7歳の黒茶の避妊メスです。

飼い主が病気のため放棄されました。

警戒心はまだ強いようです。





020701.jpg

収容猫F020701、愛称まるは、12歳の黒茶のメスです。

F020703と同じ家から放棄されました。

少し臆病ですが慣れています。




収容猫F020703、愛称うめは14歳の黒茶のメスは譲渡になりました。





020801.jpg

収容猫F020801、愛称ゆりえは、11歳のメスです。

F020802と一緒に放棄されました。

落ち着いた性格です。





020802.jpg

収容猫F020802、愛称ももえは11歳の黒茶のメスです。

F020801と一緒に放棄されました。

いつもじっとしていることが多いようです。





021201.jpg

収容猫F021201、愛称みみは5歳の白黒のオスです。

飼い主死亡のため、F021202と一緒に放棄されました。

猫エイズ・猫白血病陰性です。





022002.jpg

収容猫F022002、愛称サクラは推定10歳の去勢オス。

飼い主病気のため放棄されました。

近寄ってきて、咬みついて来る勝気な子ですが
最近少し良くなってきたようです。




収容猫F041101(グー)は譲渡されました(4月15日)





041102.jpg

収容猫F041102、愛称チョキは推定10歳の黒茶のメスです。

飼い主が亡くなったため、F041103と一緒に放棄されました。

収容時より右目がありませんでしたが、痛みなどはない様子です。

小柄で人懐こい子です。

お腹の調子があまり良くないとのことです。





041103.jpg

収容猫F041103、愛称パーは、推定5歳の黒猫のメス。

飼い主が亡くなったため、F041102と一緒に放棄されました。

小柄で人懐っこい子です。

この子もお腹の調子があまり良くありません。





041201.jpg

収容猫F041201、愛称オズは推定3歳の白黒のオス。

飼い主が亡くなったため、F041202と一緒に放棄されました。

大柄で大人しく、人馴れしています。




041202.jpg

収容猫F041202、愛称ドロシーは推定5歳の黒白のメスです。

飼い主が亡くなったため、F041201と一緒に放棄されました。

口元の二重丸模様が個性的で、手足は白い靴下模様です。

この子も、大人しく、人馴れしています。




以下は、多頭放棄(餌やり)の猫たちです。

ビニールハウスで無責任に餌やりをされ、増えた末に収容されました。

若い猫が多く、全頭避妊・去勢手術が終わっています。

少しずつ慣れてきたようで、ケージ越しにリラックスしています。




082001.jpg

収容猫082001、愛称ポチは推定2歳の去勢オスです。
 
センター収容も7か月となりました。

触らせてくれるようになりました。





082010.jpg

収容猫082010、愛称ふじ(左)は、推定3歳の灰の避妊メスです。

分かりづらいですが、奥に見える子です。

2頭はいつもハンモックに入り(奥)、ハンモックが大のお気に入りです。





082002.jpg

収容猫082002、愛称オペラは白黒の推定2歳の去勢オス。

大分落ち着いてきました。





082005.jpg

F082005、愛称パンは推定2歳の白黒の去勢オス。

オペラと仲良しです。





**************************

北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。





4.16kusiro.jpg

釧路保健所では、猫3頭、標茶支所では
犬猫1頭づつが出会いを待っています。
標茶支所収容のメス?の成猫は、
正面から触ろうとすると猫パンチがきますが、
ご機嫌だと少し触らせてくれるようになりました。
放棄された7歳のオスミックス犬は、
削痩していますが、とても人馴れしています。
背中に脱毛とかゆみがある様子です。
犬や猫たち複数で放棄されたオスのサバトラ成猫は、
新しい飼い主さんが決まりましたが、
すぐに迎えに来ることができなくなりました。
「一日でも早く安心できる場所で暮らすのが
この子のためだと思うので、他に迎えてくださる方が
いれば辞退したい」とのことです。
高齢の飼い主さんと暮らしていた猫で、
飼い主の入院・死亡により引き取りました。
収容から1ヶ月近く経ちますがずっとトイレに籠もったままです。
若くはなさそうですが、
人のいない間にごはんはしっかり完食しています。
攻撃性はありません。
推定8歳の三毛猫のメスと推定10歳のオスの黒猫、
推定3歳のメスのサバ白長毛は、
3月25日、釧路市旭町で保護されました。
公園で4頭一緒にかたまっていたそうです。
毛がきれいで首輪の痕もあり、
遺棄された飼い猫と思われます(警察に情報提供済み)。
三毛猫はまだ怖がっていますが
黒猫とサバ白長毛は人によく慣れています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

釧路総合振興局:0154-43-9155 標茶支所:01548-5-2155 
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm






4.17monbetu.jpg

紋別保健所には、推定15歳のミックス犬のメスが出会いを待っています。
この子は、野犬掃討条例にのっとり滝上町で野犬で捕獲されました。
人懐っこく、かわいらしい子で、よたよた歩きですが、
歩くことはできます。ぎこちないですが、段差も昇り下りできます。
両目ともに目やにが出ており、
特に右目は見えていない可能性があります。
お腹に炎症がみられます。左回りに大きくぐるぐると歩き回っています。
人に寄ってきては、1周回ってまた帰って来てくれます。
おしっこやうんちは犬舎内でしています。
ご飯は大好きです。現在はウェットフードを食べています。
募集期限は、4月23日(火)です。
お世話が必要な高齢な子ですが、どうか残された犬生を全うできるよう、
ご理解ある方との出会いがあれば幸いです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

紋別保健所:0158-23-3108
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/mth/wanneko.htm





4.18souya.jpg

稚内保健所では、2頭の猫が出会いを待っています。
3歳程度のオスは、左目の調子が少し悪いとのことで、
過去に猫風邪をひいた影響かも知れませんが、
生活にも支障はありませんし、
人が大好きで活発な、とてもいい子です。
抱っこは苦手なようです。
2〜3歳のメスは、収容時妊娠を疑いましたが、
体格の良い子だったようです。
臆病ですが、触ることは出来ますし、
時間をかけて慣らしていただければ仲良くなれる子です。
2頭共、食欲もあり、風邪もひいておらず健康状態も良好です。
2頭の最終保管期限は、4月19日(金)となっています!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や、情報のシェア、
拡散のご協力もどうぞよろしくお願いします!

宗谷総合振興局 0162-33-2922
http://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/bosyuu.htm
http://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/H310404poster.pdf



保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html



。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


posted by しっぽの会 at 21:31 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする