2023年11月22日

ダミアンが終生預かりボランティアさんのお宅に行きました。

S__19562516.sjpg

11月19日、ダミアンが終生預かりさんボランティアさんのお家へ行きました。

ダミアンは2020年4月に札幌市動物管理センターから引き取りした現在13〜15歳のオスです。

引き取り当初より呼吸が苦しそうで、検査をしたところ先天性の横隔膜ヘルニアであることが分かりました。

また、もともとの栄養失調が原因なのか、先天性のものなのか骨がスカスカで弱く、少し高い所から飛び降りただけで骨折をしてしまい、しばらくは飛び降りないよう平ケージでの生活が続きました💧

引取り時は警戒していたダミアンでしたが、少しずつ心を開いてくれて抱っこが大好きな甘えん坊さんになりました。



S__19562509.sjpg

ただ、体調を崩す事が多く、毎日の点滴やオゾン治療をするようになっても嫌がることなく良い子にしていました。

甘えん坊なので、点滴中でも膝に乗ってきて大人しくしていました。

常に苦しかったり、痛かったり、辛い日々ではありますが、ダミアンなりに毎日を穏やかに過ごしていました。





終生預かりボランティアさんは、高齢にもなり体調も優れないなか頑張るダミアンに、たくさん抱っこをして余生を静かに穏やかに過ごさせてあげたいとお家へ連れて行ってくださいました。

時間のある限り抱っこをしてくださっているそうです♡

ですが、今日の状況は、「もう自力ではトイレは無理そうなのでおしめをつけ続けることにしています。呼吸は、利尿剤が効いて胸水が減ったのか楽そうに見えます。呼吸が浅くなったのでもう近いかな、と思っています。」とご連絡くださいました。

どうかダミアンが、1日でも長くたくさん甘えることが出来ますように…。


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 19:45 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする