2023年04月26日

会報秋号第62号を発送いたしました☆

2023.4.jpg

いつもしっぽの会をご支援・応援いただき本当にありがとうございます。

しっぽの会会報春号第62号を発送いたしました☆

足長会員の皆さまには、足長通信を同封させていただきご発送いたします。
申し訳ございません、もう、少々お待ちください<(_ _)>


▼1Pは、令和4年度の活動を振り返って、活動の本質的な部分について掲載させていただきました。
当会の犬猫たちだけでなく、保健所からの譲渡や飼い主のいない猫基金、行政案件での不妊手術を含めると年間700頭余りの不妊手術を実施していて、多くのご寄付を充てさせていただきました。
多頭飼育崩壊や外で暮らす飼い主のいない猫たちは、行き場を失っていて本当に可哀そうです。
人間に翻弄される小さな命たちが少しでも少なくなってくれるよう今年度も尽力してまいります。

▼2ー3Pは、犬猫の飼い主さん募集です。どの子も人に翻弄され、行き場を失いました。
当会で引き取りする犬猫たちは、人慣れに時間がかかったり負傷動物が多く収容期間が長くなっています。
幸せになりたいのはどの子も同じです。1頭でも多くの子に出会いがありますよう願っています。

▼4ー5Pは、昨年4月1日から今年3月31日までに当会を卒業した犬猫63頭が集合しました。
こうして家族が出来た子たちは本当に幸せです!
ご譲渡を進めていくうえで、飼い主さまとのコミュニケーションが大切です。
ご譲渡までには、お時間をいただきますが、ご理解いただけますと幸いです。

▼6ー7Pは、留萌管内天塩町で起きた犬の多頭飼育崩壊の記事です。
悲惨な現状ですが、こうしたことを未然に防げるよう関心と啓発活動も重要です。

▼8Pは、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト」のご報告です。
皆さま、これまでご協力いただきまして本当にありがとうございました。
7月発行の会報で正式にご報告させていただきます。
悲しいお知らせは、猫1頭と犬3頭が残念ながら虹の橋へと旅立ちました。
最期まで病と闘い精一杯生き抜いたことは決して忘れません。
皆さまと冥福をお祈りしたいと思います。

これからもしっぽの会は皆さまと「私たちにできること。」に尽力してまいります。  

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.   

会報をご希望の方は、下記のメールフォーム、FAXでお申込みください

ご住所、お名前、お電話番号等、省略されずにご記載ください☆

しっぽの会メール:http://form1.fc2.com/form/?id=333575
FAX番号:0123-89-2311

多くの皆さまにご覧いただきたい記事満載ですので、ご遠慮なくお申込みください


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
タグ:会報 発行
posted by しっぽの会 at 20:25 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする