2023年03月04日

2/25 酪農学園大学さまよりメスのミックス犬を引き取りました!

イツキ.jpg

2月25日(土)、酪農学園大学さまより推定3〜5歳のメスのミックス犬を引き取りました。

イツキは、昨年2022年8月22日に江別保健所経由で引取りをした空知管内の一連の多頭飼育崩壊の子です。

酪農学園大学さまは、北海道動物愛護センター開設の実証事業の委託先となっています。

大学で譲渡を目指すも、長期休暇や不特定多数の学生さんの登板では怖がりが解消できず、当会に譲渡が困難とご相談がありお引き受けすることになりました。

昨年8月末に5頭出産した母犬だったイツキ。子どもたちを優しく見守りながら子育てしていたそうです。

多頭飼育崩壊の子たちは、もともと散歩の経験がなかった子ですが、特にイツキは雪の中を歩くのが苦手なようです。



ituki2s.jpg
<保護されて間もないころのイツキ---酪農学園大学さまにて>

また、酪農学園大学さまでの血液検査では、出血の傾向があり大きな手術では輸血が必要になる可能性があるとの見解もあるようで、不妊手術はされていませんでしたが、健康状態を見ながら経過観察しています。

非常に臆病な子ですので、譲渡に向け馴致をするのはとても大変ですが、当会では同じ家から引取りした子たちが多数いますので、安心して馴染んでくれたらと思います。

怖がりですが、大人しく優しいイツキ。

飼い主さん募集になりましたら、イツキに会いにいらしてください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト


posted by しっぽの会 at 08:33 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする