2022年12月08日

12月8日(木)の札幌市動物管理センター福移支所と北海道立保健所情報

IMG_3075.jpg

12月8日(木)の札幌市動物管理センター福移支所には、成犬5頭、成猫25頭(譲渡不可含む)、子猫2頭(譲渡不可)が収容されていました。

今日の北区方面は、時折強い風が吹いて横殴りの雪が視界を塞いだ悪天候の1日でした。

先週放棄されたアビシニアン等の猫6頭は3頭が残っていましたが、本日はアビシニアン2頭が譲渡になり、白猫1頭を残すのみとなりました。



<迷子犬>
いませんでした。



<迷子からの飼い主募集犬>

11.jpg

収容犬11、愛称まめは推定8歳の茶白の柴犬のメスです。

首元を触られるのは嫌がるので注意が必要です。

散歩を楽しみにして待っていました。



放棄からの飼い主募集犬

101301.jpg

101301、愛称くまは、10歳のオスです。

愛嬌があって良い子です。

元気いっぱいで散歩の引きが強いので、しっかり制御できる体力のある方を募集しています。

ペットシーツを置いていますが別のところでトイレをしてしまうそうで、トレーニングが必要です。



ごん.jpg

112201、愛称ごんは10歳のオスです。

札幌市の飼い主探しノートに掲載されていましたが、センターに放棄されました。

柴犬と北海道犬とのミックスだそうですが、過去に咬傷事故を複数回起こしているとのことです。

具体的にはわかりませんが、センターでは大人しくしています。

体は大きいですが、柴犬そのもののような子です。




<即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)>

センターHPより
咬み癖があるなど、飼養管理に危険が伴うことが想定されます。
譲渡を希望される場合は、複数回の見学と入念な検討を重ねていただくとともに、
面談において家族構成や飼養環境、飼育歴など、より詳細に確認いたします。


ゆき2.jpg

収容犬102701、愛称ゆき、推定8歳のメスの北海道犬は飼い主死亡のため2020年10月に放棄されました。

お散歩が大好きで喜んで散歩します。

気難しいところがあり、気に入らないとスィッチが入るそうですが、以前よりは減って来たそうです。

北海道犬の特性を理解している方との出会いをお待ちしています。



082601.jpg

収容犬082601、愛称まーちゃん、推定9歳のサビ柄の北海道犬のメスです。

まーちゃんは、収容から1年3か月を過ぎました。

センターの環境に慣れていますが、温かい家族の一員になれますように。




<迷子猫>

迷子猫はいませんでした。



<迷子からの飼い主募集猫>

33.jpg

収容猫33、愛称テッテは推定6歳のメスです。

両前肢のてのひらに、大きな柔らかい腫瘤ができた状態で収容されたテッテ。

原因不明でしたが、今のところ再発はしていないそうです。

人に慣れていませんでしたが、少し触れるようにもなってきました。



23.jpg

収容猫F23、愛称さわらは、推定4歳の黒の去勢オスです。

相変わらずハンモックの中にいました。
今日は白いハンモックだったので、黒いさわらが見やすかったです。




25.jpg

F25、愛称にぼしは茶白の推定5歳のメスです。

収容当初からかなり攻撃的でしたが、今ではかわいい声で鳴いてリラックスできるようになりました。




27.jpg

F27、愛称ひじきは、推定2歳の去勢オスです。

人にはあまり慣れていなく威嚇してくるようです。

まだ前に出てくるようなことはありません。




<放棄からの飼い主募集猫>

021004.jpg

F021004、愛称カッちゃんは推定5歳のキジトラのメスです。

カツちゃんも怒らなくなり側に来てくれるようになり可愛いです。




051101.jpg

F051101、愛称ワックスは推定2歳の去勢オスです。

あまり人に慣れていませんが怒ったりせずいつも静かです。




051102.jpg

F051102、愛称リンスは推定5歳の黒茶白の避妊メスです。

リンスはいつも静かでマイペースです。



051205.jpg

F051205、愛称ジャネットは黒茶の推定13歳のメスです。

ジャネットも以前よりは慣れてきているように思います。



083102.jpg

F083102、愛称ショコラはキジトラの5歳のメスです。

警戒心が強くまだ触れらせてくれないようですが、トイレに隠れることはなくなりました。



ぷん1.jpg

F102401、愛称プンは、6歳の去勢オスです。

収容当初からかなり攻撃的ですぐにパンチが飛んで来たそうですが、最近は穏やかな様子です。



ぷん2.jpg

ひっくり返ってゴロンとリラックスしていた姿が可愛らしかったです。



062104.jpg

F062104、愛称ライトは推定5歳の去勢オスです。

大人しい子です。


072004.jpg

F072004、愛称ベックは推定5歳の去勢オスです。

多頭崩壊の猫で、あまり自己主張することもなく大人しい子です。

かわいい顔をしています。



112901.jpg

F112901、黒茶の8歳の去勢オスは、以下のF112902と同じ家から放棄されました。

まだセンターの環境に慣れていませんが、よく人慣れしています。

かなりの肥満です。



112902.jpg

F112902、灰の8歳の去勢オスは、上記のF112901と同じ家から放棄されました。

まだセンターの環境に慣れていませんが、よく人慣れしています。

かなりの肥満です。



センターHPより

多頭飼育崩壊による放棄収容猫(令和4年10月引取案件)
独居で猫8頭を飼養していた飼い主が病気となり、飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
オス2頭は人に慣れていて甘えてきますが、メスは比較的慣れていない個体もいます。


102701.jpg

F102701、愛称大吉は推定12歳の黒の去勢オスです。



102702.jpg

F102702、愛称中吉は推定12歳の白キジの去勢オスです。



102703.jpg

F102703、愛称半吉は、推定5歳の白茶のメスです。



102704.jpg

F102704、愛称小吉は、推定5歳の白黒のメスです。



102705.jpg

F102705、愛称平(ひら)は推定5歳の白黒のメスです。



102706.jpg

F102706、愛称吉は推定5歳のサビのメスです。



センターHPより

多頭飼育崩壊による放棄収容猫(令和4年11月引取案件)
猫13頭を飼養していた飼い主が高齢のため飼養継続できなくなっていたものを引き取りました。
人慣れしている個体が多いです。



111601.jpg

F111601、7歳の黒茶のオスは積極的に甘えてくるわけではありませんが触らせてくれます。



111602.jpg

F111602、7歳の黒のオスは両目が白濁しています。
両目が白濁しています。人が近づくと甘えてきます。



111604.jpg

F111604、7歳の黒のオスは、臍ヘルニアがあり手術のため一時的に譲渡を停止しています。



111605.jpg

F111605、黒茶のオスは人慣れしていておとなしいです。




多頭飼育崩壊による放棄収容猫(令和4年11月引取案件)
犬と猫を飼養していた飼い主が行方不明となり飼養継続できなくなったものを引き取りました。随時追加していきます。

いずれもまだ生後1年未満の子猫で人懐っこいですが、全頭(おそらく先天的に)ほとんど目が見えていません。他にも先天的な異常が発見される可能性があります。


K110901、愛称:春は推定6か月の避妊メスは譲渡になりました。


F113001は譲渡されました(12月6日)



113002.jpg

F113002、6歳の白の去勢オスは人慣れしていて好奇心旺盛です。



多頭飼育崩壊による放棄収容猫(令和4年11月引取案件)
飼い主の経済的理由により飼養継続できなくなったものを引き取りました。全頭人馴れしていて飼いやすいと思われます。

F113003は譲渡されました(12月7日)

F113004は譲渡されました(12月7日)

F113005、9歳のアビシニアン 避妊メスは譲渡になりました。(12月7日)

F113006、12歳のアビシニアン 避妊メスも譲渡になりました。(12月7日)

積極的に寄ってきてすりすりする超懐こい子でした。



札幌市動物管理センターのTwitterはコチラです。
↓ ↓ ↓ ↓
https://twitter.com/sapporo_dobutsu

**************************

その他の保健所の情報です。
お迎え入れや情報のシェアや拡散のご協力何卒よろしくお願いいたします!
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。

https://shippo.or.jp/hokenjoinfo/


1201engaru.jpg

紋別保健所遠軽支所では、遠軽町で迷い猫で保護されお迎えがなかったため飼い主募集になった推定5歳の白黒のオスが出会いを待っています。
保護時からぽっちゃり体形ですので、元は飼われていた猫の可能性も高いです。
撫でようとすると警戒しシャーと言いますが、そのまま撫でると落ち着くそうですので、心を徐々に心を開いてきています。
ゴハンはドライフードを食べてトイレも猫砂でできます。
外を見たがって窓枠に登ろうと頑張っているので、お迎え入れの際は必ず脱走対策をされてください。
また、お引き取り後は動物病院を受診されて健康管理をされてください。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

紋別保健所遠軽支所:01584-2-3108
https://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/mth/wanneko.html



1202hidaka.jpg

日高振興局静内保健所では、4頭の猫が出会いを待っています。
キジ白のムック(去勢オス)は、7歳で臆病で甘えん坊な大柄の子です。
5歳のキジ白のヒメ(避妊メス)も大柄で気高いですが、オヤツで心を開いてくれます(笑)。
白ピコ(避妊メス)は11歳で、風邪の症状はありますが、年齢の割に活発で猫ジャラシにハマっています。
茶トラのボン(オス)は、左目は失明していますが1歳と若く、甘えん坊のシャイさんです。
4頭とも一緒に飼われていた猫たちなので、新しい環境にも早めに馴染めそうです。
寿命を全うできるまで、大切に終生飼育してくださる方との出会いを待っています。
収容から1か月が過ぎましたが4頭とも行き場がありません。
猫のお迎え予定の方はぜひ会いに行かれてみてください。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

日高振興局:0146-22-9254
静内保健所:0146-42-0251
https://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutuaigokannri.html



1205kitami.jpg

北見保健所には、子犬3頭と成猫1頭が出会いを待っています。
子犬は、瑠辺蘂で保護されましたが、これまでにも収容されてきた飼い主が放し飼いにし、飼い主は死亡したため、そのまま放置された犬たちの子犬です。まだ何頭も残っているとのこと、解決までには時間がかかりそうです。
中型犬の仔犬と思われ、推定3〜4か月の左からメス、オス、オスの3兄妹です。
仲良し兄妹で、いつもみんなでじゃれて遊んでいます。割と本気の戦いをすることがあり、職員さんが仲裁にはいることがあります。
ゴハンはカリカリを競って食べています。
トイレは覚えていないので色々な場所でしています。
募集期限は、令和5年1月4日(水)までです!
飼い主に放棄された7歳のキジトラの避妊メスは、親子で放棄されましたが子猫には出会いがありました。
元気・食欲ともにあります。人を警戒していましたが馴れてくれて、最近では撫でるとスリスリしてくれるようになりました。
首回りを掻いているのか毛が薄くなり、かさぶたができているカ所があります。
募集期限は12月8日(木)です。幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

北見保健所:0157-24-4171
https://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kth/inunekojyouhou.html



127sorati.jpg

空知総合振興局では猫6頭が出会いを待っています。
由仁支所収容の黒猫と三毛猫は、飼主の事情により2頭一緒に収容されました。
現在屋内をフリーで生活しています。2頭ともおやつが大好きで、トイレも上手です。厳冬期に入り、犬舎内が15℃を下回ってしまうためペットヒーターを入れていますが、暖かいお家に迎えてくださる方を急ぎ募集しています。
三毛(旧名ナナ)は時々室内を散歩していますが、普段は一緒にで箱に入って暖まっています。
お互いを毛づくろいし合っていて、一切ケンカはしません。ナナのほうがやや社交的ですが、黒猫の(旧名)ミミも温厚で、なでなでさせてくれます。
とても仲良しなので、少し奥手のミミのためにも、もし2頭一緒にお迎えくださる方がいらっしゃれば大変ありがたいです。
推定2か月の白黒と黒の子猫2頭は12月5日の朝、保健所前に段ボール箱に入れられ置き去りにされていました(動物の遺棄は犯罪です!管轄警察署へ通報済み)。
真冬の動物舎の環境は子猫にとって厳しいため、責任を持って最後まで飼ってくださる方急ぎ募集しています。
岩見沢保健所では、6歳の白の去勢オスが飼主の事情により収容されました。収容直後は、人が見ている前では固まってしまい、ご飯もろくにたべられないぐらい緊張していましたが、少しずつ新しい環境になじんできました。
まだ固さは残っていますが、優しくなでていると、甘えてきます。おねだりやおしゃべりもするようになってきました。
ケージを覆っている防寒用の毛布を中に引き込み、お手製の寝袋を作って中でぬくぬくするのがマイブームです。
元のお宅では他の猫と一緒に生活していましたが、じゃれついているうちにケンカに発展することもあったのことなので、一人っ子推奨です。
飼主さんの愛を独り占めしたいタイプです。
13歳の黒のメスも飼主の事情により収容されました。元の家にいた頃から便がゆるく、少しお腹に力を入れるとポタポタと漏れてしまうため、長らくケージで飼われていたとのことで、消化の良い餌や整腸剤を与え、対象療法を続けているうち、少しずつですが便意をコントロールできるようになり、常に汚れていたお尻や尾をグルーミングする余裕もでてきました。
しかし、少量ずつの便を「しぶる」症状はまだ続いているため、できるだけ早期に精密検査を受けて原因を特定のうえ、根本的な治療が必要と思われます。
事情をご理解のうえ医療や生活上のケアをしていただける団体・ボランティア様がいらっしゃいましたら、ぜひお声がけくださいますようお願いいたします。
性格は温厚で、ケージ越しに甘えてきたり、ニャオニャオ話しかけてきたります。お腹の調子さえ良くなれば、家庭のよいペットとして資質十分な子です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします! 

空知総合振興局:0126-20-0045
https://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainusibosyuinuneko.html



1208kamikawa.jpg

上川保健所では飼い主に放棄された親子猫3頭が出会いを待っています。
6歳のキジトラの母猫は大人しく撫でられます。避妊手術済みです。
4歳のキジトラの子供は、避妊済みのメスで大人しく怖がりです。
4歳の灰猫はオスで兄妹です。大人しく臆病です。
飼い主の申告では、2頭とも口内炎があるとのことですが、食事はできています。
引取り後は動物病院を受診していただき健康に配慮してあげてほしいです。
また収容が12月5日とのことで収容が間もないこともあり環境に慣れていませんので臆病になっていると思われます。
ご家庭でもゆっくり慣らしていただけると幸いです。
12月に入り日中でも外気温は零下になっていますので、1日も早く暖かなお家で暮らせますように・・・。
募集期限は12月16日(金)です!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

上川保健所 :0166-46-5994
https://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/inunekohogojouhou.html



保健所や飼い主探しノートでは、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!

犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所や飼い主探しノートに掲載されている犬猫に救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所・飼い主探しノート情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/hokenjoinfo/

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

「北海道にも"愛”のあるセンターを!
みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト」
目標10万筆に向けてご賛同のご協力をお願いいたします!!

署名サイトchang.org
https://www.change.org/doaigocenter

HP
https://hokkaidoaigo.wixsite.com/center


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト

posted by しっぽの会 at 21:23 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする