2022年04月15日

アーティストの鈴井貴之さまがご訪問くださいました✨

01s.jpg

先日、アーティストの鈴井貴之さまが
プライベートで当会の見学にいらしてくださいました✨

各方面でご活躍中の鈴井さまですが、
現在5頭の愛犬と暮らされている大の愛犬家で、
5年前には、縁あって保健所から犬をお迎えになられました。

その子は、赤い首輪をつけた黒いメスのミックス犬で、
赤平市内を彷徨っていたところを
偶然、鈴井さまが保護されたそうです。

迷子期限を迎えると「殺処分もありうる」という悲しい現実にショックを受けられ、
ご自身でも八方手を尽くし元の飼い主を探しましたが、
とうとう飼い主は現れず、鈴井さま自身がお迎えされました。

その子は、お迎え当初は怯えて威嚇もありましたが、
根気よく接していくうちに心を開いてくれるようになり、
一緒に暮らす先住犬たちとも仲良く過ごすようになったそうです。

ですが、お迎えした時点で老犬だったようで、11か月後に旅立ちました・・・。

人を怖がっていた子でしたが、
鈴井さまとの出会いがあったからこそ、
最期は人を信じ、穏やかな気持ちで天国に召されたのではと思います。




02s.jpg

鈴井さまは、当会の犬舎や猫舎、全てをご覧くださり、
当会の秋田犬の太陽にもご面会くださいました。

現在、鈴井さまのお宅にも秋田犬がいらっしゃるそうで、
そのせいか何か通じ合ったように、
普段は知らない人には吠える太陽もリラックスした様子でした✨

鈴井さまも、太陽のことを気にかけてくださり、
通じていることが太陽を見ていて理解できました。

鈴井さま、ご多忙の中、わざわざ当会までお越しくださり、
本当にありがとうございました❣🙇


当会代表は、
「北海道動物愛護センター早期建設を実現する会」の委員をさせていただいております。

この度、この運動の実行委員会から、
「北海道にも"愛”のあるセンターを!
みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト」の
スペシャルアンバサダーをお願いさせていただいたところ、
大変快くお引き受けくださいました。

鈴井さまには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

47都道府県中、唯一、動物愛護センターのない北海道。

私たちは、動物の愛護と福祉に配慮した7つの要点を満たす施設を要望しています。


要望7項目

1 動物の愛護・福祉に配慮した施設

2 大規模災害時等に被災動物の対応ができる施設

3 譲渡前不妊手術、病気・ケガの治療ができる施設

4 多頭飼育崩壊時にも対応できる施設

5 飼い主のいない猫対策ができる施設

6 ペットを介した道民交流の場となる施設

7 連携・協働、ボランティア育成、適正飼育の普及啓発の拠
  点となる施設



詳しくは、以下のURLからご覧ください。
https://hokkaidoaigo.wixsite.com/center


また、ご賛同のご署名は自筆の他、以下のネット署名も行っています。
https://www.change.org/doaigocenter

署名は、今年10月頃、来年2月頃を目途に鈴木北海道知事に提出を予定しています。

「北海道にも"愛”のあるセンターを!
みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト」

北海道動物愛護センター早期建設を実現しよう!
皆さま、目標10万筆に向けてご賛同のご協力をお願いいたします!!


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村        

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト

posted by しっぽの会 at 12:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする