2021年02月26日

2月26日(金)の札幌市動物管理センター福移支所と今週の道内保健所情報

2月26日(金)の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬7頭、成猫16頭が収容、子猫の収容はありませんでした。

八軒本所には、経過観察中と迷子猫が各1頭づつ収容されています。

昨日、今日と譲渡された犬猫はいませんでしたが、
衰弱した迷子猫が収容されていました。

福移支所のある北区篠路町福移はホワイトアウトで、
一寸先も見えなくなるほど猛吹雪の荒天でした。

今週は良く吹雪いた1週間でした💦



60.jpg

迷子収容犬60、2月17日、白石区本通8丁目南で保護された茶のミックス犬。

1歳未満と思いますが、あどけなくかわいい子ですが、
収容犬の中で一番と言えるほど、吠え声が高く大きいです。

迷子期限日は今日まででしたが、とうとう飼い主の迎はなく、
来週から飼い主さん募集です。

お迎え入れる方は、吠え声が大きいですので、近隣への配慮が必要です。




<迷子からの飼い主募集犬>

51.jpg

収容犬51、愛称シロは推定5歳のオスです。

北海道犬やハスキー犬の血が入っているような大型犬です。

黒い胴輪をつけていましたが、
リードではなく荷造り用の紐が短くついていました。

これまでに痙攣発作を数回起こしていていますが、
収容時は2〜3日だったのが、1週間に1回程度になってきました。

収容から1か月を迎えるので、狂犬病予防注射接種予定でしたが、
往診の結果、やはり発作があるので中止となりました。

天井を仰いで吠えたり、後ずさりしながら吠えるのも
発作との因果関係があるそうです。

譲り受けされる方は、
治療が必要ですので、まずは病院を受診してください。

オスワリも出来て散歩も上手なのでしつけはされているようです。

ただ触られたくないツボがあるようで、怒ることもあります。





<放棄からの飼い主募集犬>

091801.jpg

収容犬091801、愛称ジュニアは推定13歳のオスです。

精神的にも安定してきたのか、
吠えたてまくることもマーキングも落ち着いてきているようです。

飼育歴にトラウマがあるようで、
男性を嫌っていますが、女性も好みが激しいようです。

確実に安心できるマイルールがあるようです。




飼い主さん死亡により昨日放棄された
9歳のウェスティホワイトテリアの去勢オスは譲渡されました。





<即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)>

センターHPより
即日譲渡不可犬(譲渡は要相談です)
咬傷歴があるなどの理由により、
飼養に際し著しい危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡はできません。
譲渡を希望される場合は、複数回の見学と入念な検討を重ねていただくとともに、
面談において家族構成や飼養環境、飼育歴など、より詳細に確認いたします。



69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定6歳のブルテリア系の去勢オスです。

これまで数度、咬傷事故を起こしています。

犬の飼育に慣れていない方には飼育は出来ない子ですので、
ドッグトレーナーの方など、
犬の扱いに慣れた制御することの出来る方となら
信頼関係を作れそうです。

心が通じ合えば最高のパートナーになってくれそうですが、
誰にでも飼育できる子ではないですので、
譲渡出来る方が限定的になります。





100101.jpg

収容犬100101、推定7歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

人や犬が前を通ると激しく怒ります。

神経質な性格でピリピリしていることが多いですが、
かなり賢く学習能力が高いです。

お散歩も好きですし、オモチャでも楽しそうに遊びます。

この子も犬の飼育に慣れたスキルの高い方が良いと思います。





051801.jpg

収容犬051801、愛称はなは、推定4歳のメスの柴犬です。

飼い主死亡により放棄されたはなは、
体罰を受けていたのか、とにかく人の手が怖いのと
棒状のものも怖がりトラウマになっています。

スタッフの方が出勤すると凄く喜びますが、
やはり身体を触られるのは苦手で唸るそうで、
今でも首輪の着脱は困難で、リードもつけたままにしています。

人間が嫌いなわけではなく、散歩を楽しみにしたり、
遊んで欲しいときはスタッフを呼んだりします。

トラウマをコントロールするのは大変なことですが、
ゆっくりと真剣に向き合ってくださる
ご理解ある方との出会いを待っています。





102701.jpg

収容犬102701、愛称ゆきは6歳の北海道犬のメスで、
飼い主に放棄されました。

歯をむいて怒り威嚇していたのが嘘のように、
カメラを向けても顔を背けずにいてくれるようになりました。

胸や腹、お尻にもアレルギーによる酷い皮膚炎がありましたが、
アレルギー用のフードにしてからは大分落ち着いてきました。

信頼関係を築いていけば、
高いコミュニケーションが取れると思います。





<迷子猫>

55.jpg

迷子収容猫F55、2月19日、豊平区水車町4丁目で保護された
白黒茶のオス猫。

鼻水で風邪の症状が酷いため、
バックヤードの暖かな場所に1頭で収容されていました。

冬の中でも一番寒さが厳しいこの時期を生き抜けて
本当に幸運でした。

痩せていますし、かなり彷徨う期間が長かったのではないでしょうか。

迷子期限日は、本日2月26日(金)まででした。





<迷子からの飼い主募集猫>

23.jpg

収容猫F23、一番の古株猫になった愛称ボルトは、
黒茶の推定8歳の去勢オスです。

人に対して警戒心を持っていてまだ慣れていませんが、
手に反応しまだシャーシャー言いますが、
ゴハンの時は大きな声で鳴いてアピールします。

右の大腿骨を骨折していたため、
手術で固定用のピンを入れて治療していましたが、
現在は抜去が完了しました。





47.jpg

収容猫F47、愛称ニコは推定13歳の白黒のメスです。

人に慣れていて頭を撫でると
ゴロゴロと喉を鳴らしかわいらしく、
現在収容されている猫の中ではダントツに人懐こい子です。

口腔内に問題があるのか、よだれも多く、食べずらそうにしています。

人懐こい子ですので、
静かなご家庭だとストレスが少ないので、
温かな家族の一員になりますように・・・。





<放棄からの飼い主募集猫>

100601.jpg

収容猫F100601、愛称アンズは、推定13歳の茶の去勢オスで、
以下のアケビ、カリンと3頭一緒に放棄されました。

人懐こい子で、撫でられるのが好きです。

下唇と尾に腫瘤のようなものがあるため、
検査が必要となる可能性があります。

最近痩せて来ていますが、食べてはいるそうです。





100602.jpg

収容猫F100602、愛称アケビは、推定10歳の白黒茶の去勢オスで、
アンズ、カリンと3頭一緒に放棄されました。

人に慣れていて好奇心もあり年齢よりも若く見えます。




100603.jpg

収容猫F100603、愛称カリンは、推定7歳の白黒のメスです。

アンズ、アケビと3頭一緒に放棄されました。

両目が見えていないか、見えづらいようです。

またセンターに収容されてから痙攣を起こし、
原因は不明ですが、検査や治療が必要となる可能性が高いです。

大人しいですが声が凄く大きいです。

仲良し3頭は15歳と高齢で、見ているだけで愛おしいです。

1日も早く、出来たらずっと一緒で、
温かな家族の一員になれたら良いですね。


収容猫F020304、愛称さんご、推定3歳の白黒茶の避妊メスは、
乳腺腫瘍があり、本所で経過観察をしているため、
福移支所にはいませんでした。




【多頭飼育放棄からの飼い主募集猫】

センターHPより
多頭飼育状態で適切な管理が行き届かなくなってしまったものを収容しました。
不衛生な環境で飼育されていたと推測され、汚れや臭いも目立ちます。
中には人に慣れていなかったり、気性の荒い個体もいます。
引き続き、収容を予定しております。


081302.jpg

収容猫F081302、愛称すいかは、白灰の推定8歳の去勢オスです。

食べることに執着が強いようです。

灰白のきれいな子です。

前に来てアピールしますが、いきなり猫パンチします。





081904.jpg

収容猫081904、愛称きんかんは、推定5歳の去勢オスです。

黒毛がきれいな子です。





081905.jpg

収容猫081905、愛称あんこは推定7歳の去勢オスです。

あんこは、勝気なところもあり、体格も立派です。

犬歯が1本だけ残っていて食べにくいようです。

今日は部屋の猫全員で大合唱していました。




081405.jpg

収容猫081405、愛称ぶんたんは、推定8歳の去勢オスです。

ぶんたんも人慣れはしていないようです。





090902.jpg

F090902、愛称だいだいは、推定7歳の去勢オスです。

いつもハンモックに入っているので、姿が見えません。





090404.jpg

F090904、愛称すだちは、推定5歳の避妊メスです。

大人しくあまり自己表現しません。





daidai.jpg

F090902、愛称だいだいは、推定7歳の去勢オスです。

勝気なところがあるようです。

今日はハンモックから出ていました。




110501.jpg

F110501、愛称まるは、推定3歳の避妊メスです。

臆病で人の動きに逃げ惑います。

大好きなハンモックをいもちゃんに取られ、
新しいハンモックを付けてもらっていました。





020306.jpg

F020306、愛称いもちゃんは、推定7歳の避妊メスです。

この案件で最後に残っていた1頭でした。

ハンモック大好き猫です。





多頭飼育放棄からの飼い主募集猫(2)
センターHPより

不適切な飼育により、近親交配を繰り返し、
多頭飼育状態になったものを収容しました。
人に慣れており、積極的に手を出したり近寄ってくる個体も多いです。


010801.jpg

F010801、愛称もちは推定3歳の避妊メスです。

いつも静かですが臆病かもしれません。




122203.jpg

F122203 愛称こんぶは、推定7歳の去勢オスです。

余り自己表現しない子です。


上記の子たちは飼い主放棄ですが、
人の手がかけられていない過酷な環境下で生きてきたので、
暖かな家庭で愛情をかけてもらい、終生大切な家族になって欲しいです。



**************************

北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。


2.24ebetu.jpg

江別保健所には、1月27日に迷子で収容され
お迎えが来なかった、愛称ぺんぺん、
成猫のオスが新たな飼い主さんを募集しています。
白黒、切れ長の大きな目、攻撃性もなく、
撫でると気持ちよさそうに目をつぶるそうです。
一見すると強面に見えますが、
ますます人懐こくなりそうな子です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報のシェア、
拡散もお願いいたします!

江別保健所:電話 011-382-3054
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/se/ke/inu-neko-newpage.htm





2.22hidaka.jpg

日高振興局では、黒猫のメスが出会いを待っています。
この子は、2月4日に新ひだか町東静内地区で
保護されましたが、交通事故に遭ったとみられ、
現在は身体の右側が痛いようで、
口と顎にも怪我をしています。
とっても大人しい子で、事故の影響で口元が痛そうで、
少しずつ水を飲んだりペースト状の餌を
与えているそうですが、食欲はありません。
トイレは猫砂を使えます。
怪我の状況や今後の必要な治療にご理解いただける方、
そして若いですので最期まで
しっかり寄り添っていただける方からの
ご連絡をお待ちしております!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

日高振興局 :0146-22-9254
http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutuaigokannri.htm





2.26oho-tuku.jpg

推定3歳の黒のメスは、1月9日の寒波の中、
北見市北進町で、衰弱しているところを保護されました。
現在は回復し食欲も旺盛です。
臆病ですが攻撃性はなく、身体も触らせてくれます。
手からチュールも食べるようになったそうです。
収容から1か月以上経過しました。
ご理解ある方との出会いを待っています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

オホーツク総合振興局:0152-41-0632
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/bosyu.htm



保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.htm


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 22:02 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする