2020年06月30日

足長会員の皆さまに、足長通信134号を発送いたしました☆

足長通信134号.jpg

いつも足長組の犬猫へのご理解とご支援を賜り本当にありがとうございます。

足長会員の皆さまに、足長通信134号を発送いたしました。

足長基金はご支援の輪が広がって多くの方にご賛同いただいています。
スタッフ一同、心よりお礼申し上げます!

足長支援制度
http://shippo.or.jp/01/asinaga.html

足長基金対象犬猫
http://shippo.or.jp/01/sien01.html

今号の足長組の新顔は、網走保健所から引取りした負傷猫の鯉太郎です。

交通事故によるものか骨盤骨折をしていて、
このまま骨が固まれば今後、排便困難で死亡するため、
札幌市内の整形外科がご専門の動物病院で
2度に亘る大手術を受けました。
現在入院中ですが、お蔭さまで回復に向かっています。

晴れてしっぽを卒業したのは柴犬の七福です。

繁殖犬をリタイアし放棄された七福ですが、
晴れて初めて家庭犬として幸せを手に入れました!

残念ながら虹の橋を渡ったのは、城(じょう)とシーベです。
2頭共、癌と闘っていましたが、最期まで精一杯生き抜きました。

皆さまとご一緒に城とシーベの冥福を祈りたいと思います。

現在、足長組は犬20頭・猫34頭の54頭となりました。

以下が足長

犬20頭 サクラ・氷太・遊助・ボルタン・シェリー・果生・
コンブ・ジャスティン・太鳳・彩春・大地・ラッキー・ボン・
クウ・仁・ベンジャミン・ロック・チコ・大・歌織

猫34頭 シロ・シッポ・ニャーゴ・クロ・マサコ・八茶・チュム・
リアル・ヨモギ・サファイア・モヒート・奏・ノエル・花丸・
カッコ・ルーク・スピル・ピルカ・ビビ・ツクネ・ツミレ・明日香・
隆・優・ピコ・マリア・雪福・ココア・エルマ・カカオ・ダミアン・
ミシェル・ティガー・鯉太郎

足長基金は、高齢だったり、傷病等のハンデがあるために
なかなか出会いがなく、健康な個体に比べてケアに
人手も費用も多くかかる犬猫を対象にした基金ですが、
高齢やハンデを持った子も平等に分け隔てなく救え、
会でケアしながら良いご縁を待てるのも、
足長基金に賛同してくださっている皆さまのお陰です。

心より感謝申し上げます。

引き続きご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます<(__)> 



動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 07:22 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする