2020年06月18日

6/18北見保健所から犬3頭を引き取りました!

本日6月18日(木)、北見保健所から滝上町のミックス犬2頭と
先日譲渡されましたが、
飼い主に放棄されたコーギー系のオス犬1頭を引き取りました。





kitami.jpg

この子は5月14日に滝上町で保護され、
当会が5月25日に北見保健所に搬送した2頭のうちの1頭です。

保健所ではなかなか心を開いてくれず、
保健所の収容場所にも限りがあるため、当会で引き取ることになりました。

とは言え、当会が搬送した時よりは表情が柔らかくなって、
頭も上がっています。

1〜2歳のオスで、ワッフルと命名しました。






kitami2.jpg

同じくこちらの子も上記と同じです。

親子なのか、この子は小さく1歳未満かもしれません。

怯えが酷くてずっと固まっていたようです。

この子はメスでサンデーと命名しました。





kitami3.jpg

こちらのコーギー系のオスの中型ミックスは、
4月3日に北見市内で放れているところを保護され、
飼い主の迎えを待っていましたがお迎えはありませんでた。

出会いがないまま1か月を経過した頃、譲渡されましたが、
飼い主を咬んだと放棄され、
一般の方への譲渡の道が閉ざされてしまい、
当会が最終の受け皿となりました。

9〜11歳位のようです。
実穏(さねやす)と命名しました。


両目は少し白内障のようですが、
歩き方もシャキシャキとしっかり歩き、
保健所では初対面の方にも頭を撫でさせたり、
とても人馴れしたいい子だったそうです。

今度こそ最期まで大切な家族の一員になれるよう当会で
良い出会いを待ちたいと思います。



本日は、混合ワクチン接種と健康診断を行いましたが、
上記3頭の飼い主さん募集は、
不妊手術やマイクロチップ装着等、一連の譲渡前の医療を終え、
慣れていない2頭の犬は経過を観察することになりますので、
飼い主さん募集には、まだまだ時間がかかると思われます。

それぞれ人に翻弄されてきた犬たちですが、
幸せになりたいのはどの子も同じです。


この子たちを応援いただけたら幸いです。



。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 10:13 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする