2020年06月13日

「札幌市飼い主のいない猫への対応ガイドライン」が出来ました!

sapporo_cat_guideline-1s.jpg


札幌市では、飼い主のいない猫に関する問題の解決に向けて、
札幌市の考え方を示すとともに、
取組みの中心となる地域の方々が対応を行う際の参考となるよう
共生すべくあり方を示す「札幌市飼い主のいない猫への対応ガイドライン」を作成、
6月12日(金)に公表されました。

札幌市では推進計画に基づき、
「人と動物が幸せに暮らせるまち・さっぽろ」の実現に向け、
さまざまな取り組みを実施して参りますと、
市民の皆さまのご理解とご協力を求めています。



札幌市動物管理センター公式ホームページにて公開

札幌市飼い主のいない猫への対応ガイドライン
http://www.city.sapporo.jp/inuneko/main/guideline.html


この「札幌市飼い主のいない猫への対応ガイドライン」は、
飼い主のいない猫たちに生きる道筋をつけてくれるもので、
行政、町内会等の自治会、市民、ボランティア、愛護団体が
各々の立場で出来ることを協力しながら問題解決に導いていくものです。

1人では解決できない問題も皆で力を合わせれば必ず解決すると信じています。


また飼い主のいない猫を保護したいと考えている
市民の方はぜひ参考にされてみてください。


当会も不幸な猫を「増やさない」のではなく「減らしていく」方向性で
積極的に飼い主のいない猫を生かしていけるよう、
ガイドライン策定の段階でさまざまな要望を出させていただきました。


札幌市は近年犬猫の殺処分も行っておらず、
譲渡を推進し熱心に取り組んでくださっていますが、
下支えになっているのは市民やボランティアさん、愛護団体です。

不幸な猫を減らす札幌市の取組、応援しています!


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 09:56 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする