2019年12月06日

今までありがとう!ウィルが虹の橋へと旅立ちました・・・

will03.jpg

今年の6月に、倶知安保健所から引き取りしたオスの土佐犬ウィルが
11月24日、夜10時ごろ亡くなりました。

先日、ボランティアさんとお散歩をはじめましたと
嬉しいご報告をしたばかりでした。
http://shippo-days.seesaa.net/article/471255585.html



亡くなる前日までいつもと変わらない
元気なウィルでした。
ご飯をしっかり食べ、ボランティアさんとお散歩に行き、また休み明けに会おうね。
とウィルの顔を見て別れた次の日の出来事でした。

朝からご飯を食べず、フードを吐き、お腹のハリがひどく病院を受診しました。

レントゲンで胃に砂のようなものが溜まっていて
バリウムを飲ませて流してみて、流れなければ開腹をする予定で入院になりました。
しかし、その日の夜に心臓が止まり
心臓マッサージ等施し
何度か息を吹き返してくれたそうですが、
夜10時頃にウィルは亡くなってしまいました。

開腹し、原因を調べたところ
胃潰瘍による腹膜炎を引き起こしていて
胃に穴が開いていたとのことでした。

いつから痛かったのかな、
苦しかったのかな、
我慢していたのかな、と
ウィルがもしかしたら小さなサインを出していたかもしれないのに
何も気付けなかった自分が情けなくて、悔しくて
ウィルの担当であり、一番そばでウィルのことを見ていたはずなのに。

いつもならスタッフが来るのを
じーっと見ていて
ワンワン吠えているウィルが
部屋の中で静かに眠っていて
こんなにも悔しくて後悔が残るお別れは初めてでした。

今年の5月に当会に来て、まだ半年です。

こんなに短い時間しか
ウィルと過ごすことが出来ませんでした。

でも、思い返せば半年とは思えないほど
たくさんの思い出と、濃い時間を過ごしたように思えます。



will02.jpg



ウィルに出会えたのも、ウィルが迷子で保健所に収容され
職員さんが命を繋いで下さったお陰だと思います。

ウィルがどんな経緯で迷子になったのかは分かりませんし
知る必要もないのかもしれませんが、見た目は大きくて
土佐犬というなかなかの迫力でしたが、
ウィルはきっと世界一心の優しい土佐犬だと思います。



担当2人で毎回お散歩に行き、
ガリガリのウィルの体重が
1キロ増えるたび
2人で喜び

便の状態がなかなか安定しなくて悩み
部屋の窓枠の木を噛んだり
網やチェーンを噛んだりと、色々ありました。


お散歩では走らないのに、
運動場では馬のように駆け回り
人が来るととんできて、
運動場でも部屋の中でも人のあとをずっとついてくる子でした。



構って欲しい時に、手でねえねえと合図したり
部屋の前を他の犬が通るたび吠えて
ウィルうるさいよ!と言えば
すっごいしょげた顔をして
身体は大きいのに臆病で何をしても嫌がらず、怒らず
なんでこんなにいい子なのかと
不思議なくらいでした。


ウィルの存在がどれだけ大きかったか
ウィルのことが大好きだったか
痛感しています。

ウィルの担当をさせてもらって
ウィルの犬生に関われたことを
すごく幸せに思います。

ウィルもわたしたちと過ごした日々を
少しでも幸せだったと思ってくれていたら
愛情が伝わっていたら
わたしたちを信じてくれていたら
いいな…と思います。

スタッフ、ボランティアさん
たくさんの人に可愛がられ
愛されていたウィルなのです。



火葬の日、スタッフとボランティアさんに見送られ
毎週来てくれているボランティアさん、ウィルのお散歩をして
抱っこもしてくれたボランティアさんと火葬場に行き、
さいごのお見送りをしてきました。



この記事を書くにも、辛くてちょっと書いてはやめての繰り返しでした。

今はウィルのことはあまり考えたくないのが正直な気持ちで、
写真、動画、部屋、運動場、ハーネス、リード
今はどれを見ても寂しく、ウィルに会いたくてたまらなくなります。


たくさんの犬や猫のお世話がある中、
ウィルのことをボーッと考え
悲しみに暮れている時間はないのかもしれませんが
時間の流れに身を任すしか…



時が来たらウィルがどういう子だったか、
あんなことがあったよね。とか、
笑って思い出話が出来たらいいなと思います。


ウィルにはたくさんのありがとうと
ウィルに会えて良かったという気持ちでいっぱいです。



will01.jpg



どうか安らかに、ゆっくり休んでね。
また3人でお散歩に行こうね!

ウィルまたね。

かわいいかわいいウィーちゃんへ。
担当より。




ウィルを応援くださった皆さま

本当にありがとうございました。

皆さまと、ウィルの冥福を祈りたいと思います。



posted by しっぽの会 at 00:31 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする