2019年09月19日

今までありがとう!颯ちゃんが虹の橋へと旅立ちました・・・


sou01.jpg

颯は、2017年9月に釧路保健所から引き取りしたハスキー系のミックス犬で
保健所収容時、睾丸が直径15p程まで腫れ、腫瘍化していて
一刻も早い診断、治療が必要な状態でした。

当会で引き取り後、手術で無事取り除くことができ
少しずつ体力を回復し、出会いを待っていました。

今年に入り、体調を崩すことが多くなった
推定14歳の颯ちゃんでしたが、預かりボランティアさんのもとで
手厚いケアをしていただけることになり
家庭犬同様の愛情をかけ、大切にしていただきました。

以下、預かりボランティアさんからのご報告です。



。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.


DOS17026-f8d1a.jpg

1月22日に颯ちゃんをお預かりしてから7ヶ月半が過ぎた9月12日に颯ちゃんは静かに旅立ちました。
お預かりした当初は腎不全と脾臓に大きな腫瘍があり
病院の先生からはよくこの状態で食べる気力があるとは凄いですねと言われました。

残された時間も少ないとも言われ、その覚悟で預かったので
私も娘も1日1日楽しい想いや美味しい想いをさせてあげたいと考えて過ごしていました。


時には鶏肉や焼き魚の匂いに興奮して欲しがりガツガツ食べる姿に安堵し
食欲があまりない日には心配でいろいろな食べ物を試しては毎日毎日食事には悩まされました。

それでも颯ちゃんが食べてぐっすり寝てくれるだけで
私と娘は嬉しい気持ちでいっぱいでした。

生きていてくれるだけで、一緒にいられるだけで幸せな時間でした。

颯ちゃんは病院の先生や周りの人達が驚くくらいに
頑張って生き抜いたと思います。

颯ちゃんの身体は限界まできていて辛い時もあったかもしれませんが
私達はゆっくりと流れる穏やかな時間に癒されました。


颯ちゃん、ありがとう。
颯ちゃん、お疲れ様。
颯ちゃんに出会えたことに感謝しています。


そして、我が家に颯ちゃんを託してくださったしっぽの会のスタッフさんや
支えてくださったボランティアさん達にも心より感謝いたします。


颯ちゃんは皆さんから頂いた沢山の支援物資やご寄付で
何も心配することなく過ごすことができました。

支援者様には心より感謝いたします。
本当にありがとうございました。


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.


毎日美味しいものを食べさせてもらい
犬猫仲間に囲まれ、いつも側に寄り添いお世話していただき
颯ちゃんは、日々安心して穏やかに過ごせたことと思います。


温かなご家庭で過ごせたことは、颯ちゃんの犬生で
最も幸せな時間だったと思います。

大切にお見送りいただきまして本当にありがとうございました。

皆さまと、颯ちゃんの冥福を祈りたいと思います。



posted by しっぽの会 at 20:36 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする