2019年09月17日

札幌市動物愛護フェスティバル「人とペットの暮らし広場2019」のご報告☆

zentai2.jpg

9月14日(土)、札幌市の動物愛護フェスティバル
「人とペットの暮らし広場2019」が終了いたしました!

この日は曇りの1日でしたが、犬たちにとっても過ごしやすい1日で、
フェスティバルにお越しの方や観光客の方など、
多くの人々で賑わっていました。

道庁赤れんが庁舎、北3条広場、赤れんがプラザ会場では、
行政、獣医師会、民間会社、愛護団体と動物関係の各々が
それぞれに工夫を凝らし合って、フェスティバルを盛り上げていました♪




zentai.jpg

道庁赤れんが庁舎前には、北海道、札幌市、動物愛護団体関係の
20余りのブーステントが並びました。




mugi2.jpg

また北3条広場にも、動物専門学校や動物医療関係の
10個余りのブーステントが並びました。

アカプラステージでは「北海道の野生動物と野良猫、その命」と題した
3部構成のシンポジウムも開催され、
旭山動物園の坂東 元園長も講演されたり、
1日を通して、表彰式、講演会、音楽ライブが行われていました。




tukineko.jpg

NPO法人猫と人を繋ぐツキネコ北海道さまのブースです。

動物愛護団体では、動物愛護の啓発パネルを展示したり、
チャリティグッズ販売、活動紹介等、熱心に行いました。





shippo2.jpg

HOKKAIDOしっぽの会は、
活動紹介やチャリティグッズ販売の他、
犬猫クイズや輪投げのゲーム他、
厚真町の災害公営住宅でペット可を求める署名のご協力をさせていただきました。

チャリティグッズの販売では、89,500円の売上げと、
ご寄付10,000円、13,092円の募金をいただきました。

ご来場の皆さま、お買い上げくださった皆さま、
またご寄付や募金も頂戴いたし、
本当にありがとうございましたm(__)m




kouiki.jpg

kouiki2.jpg

北海道主催の広域譲渡会も同時開催され、
北海道内の保健所から愛護団体が引取りした、
犬4頭と猫10頭余りが参加しました。

また北海道内の保健所で飼い主を募集している犬猫のパネルや、
動物愛護の各団体の活動紹介等展示いただきました。




sizuru2s.jpg

sizuru3s.jpg

当会からは、浦河保健所から引取りした秋田犬系の静流(しずる)と
室蘭保健所から引取りしたキャバリア系の果生(みお)の2頭の犬が参加いたしました☆

静流は、吠えたりすることもなく、落ち着いた様子でしたので、
ご来場の方からも穏やかな子ですねとお声かけいただきました^^

静流プロフィール
http://shippo-dog.seesaa.net/article/461138029.html





mio2s.jpg

mio.jpg

果生(みお)も大人しい子で、
環境が変ってもリラックスしていたので安心しました^^

果生もかわいいとお声かけいただき、
先住犬と当会の施設まで面会に行きますとお声かけくださった方もいます。

今後のご縁に繋がりますように・・・・。

果生
http://shippo-dog.seesaa.net/article/462765714.html




mkikin.jpg

M基金さまからは、
十勝総合振興局から保護された柴犬2頭が参加していました。

多頭飼育されていたそうです。

2頭共とてもいい子でした。






jyouto.jpg

jyoutoneko.jpg

moromi.jpg

NPO法人猫と人を繋ぐツキネコ北海道さまや、
NPO法人ニャン友ねっとわーく北海道さまで保護された
留萌保健所や室蘭保健所の猫たちも多数参加していました。

室蘭保健所のもろみちゃんは、
収容が大変長くなっていましたので、本当に良かったです!

1頭でも多くの子が良縁に繋がりますように・・・。




sinsai.jpg

NPO法人ニャン友ねっとわーく北海道さまでは、
保護猫の譲渡会や天売猫の保護活動も紹介されていました。




nekotamago.jpg

(一社)ねこたまごさんのブースでは、活動紹介や
コーヒーの試飲と販売もあり、活動資金に充てていらっしゃいました。




hyousyou.jpg

長寿犬猫表彰式では20数名の長寿犬猫が表彰され、
中には20歳の大長寿のミニチュアダックスもいました!

当会のボランティアさんは、札幌市動物管理センターから、
当時15歳で飼い主に放棄されたポメラニアンのクロちゃんを保護され
17歳のご長寿表彰をいただきました!




kuro.jpg

食欲も旺盛で、お散歩も楽しんでいるクロちゃん。

目は白くはなっていますが、視力もありますし、
まだまだ元気です!

ベアーカットがかわいらしく、会場の人気者になりました〜!

おめでとう!クロちゃん!
これからも1日でも長く健やかに過ごしてね!





sapporo.jpg

札幌市動物管理センターのブースでは、
パネル展示や犬猫の迷子札作り体験、ドッグヨーガ体験等が開催されていました。




kikuti.jpg

犬との触れ合いイベントも行われ、
犬を飼育されたことのないご家庭のお子さまが
犬と触れ合ってとても嬉しそうでした♫




kenneki.jpg

千歳空港の検疫所は、検疫探知犬について紹介されていました。

海外から、トンコレラ等の流入を防いで、
私たちを守ってくれている職員さまや検疫探知犬には本当に感謝です。




kyuugo.jpg

夜間救急病院さまでは、ペットの心肺蘇生の技術を伝授されていました。

いざという時に心肺蘇生の対応できることは、救命に繋がります。




geka.jpg

naika.jpg

獣医師会さまからは、獣医師の先生が子どもたちに、
外科や内科の獣医さん体験を行っていました☆

このきっかけで、未来の獣医師が生まれるかも知れませんね!





mugi.jpg

人気のむぎ(猫)さまのライブステージもありました!

木琴を使った楽しいステージに終始にこやかな会場の雰囲気でした♪




neko.jpg

猫の着ぐるみと言うよりまるで猫そのものでした!

お喋りすると口も動いていたので、不思議でびっくりしました!!




kodomo.jpg

子どもたちも、ママに作って貰ったお面を被って楽しんでいましたよ^^

かわいいですね♪





neko.jpg

本物の猫さんもキャリーバッグに入って遊びに来ていました^^

猫の外出は安全対策が必須ですね。




kigurumi.jpg

着ぐるみの行列が横断歩道を渡る光景は、
かわいらしく不思議な感覚でした(笑)





sizuru2.jpg

昨年は胆振東部の地震でフェスティバルが中止となり残念でしたが、
今年は無事に終えることが出来ました。

安全安心な毎日は、当たり前ではありません。

無事に過ごせた1日に感謝して、人々や動物たちにも感謝して、
毎日を大切に過ごす心を忘れずにいたいと思いました。


ご来場くださった皆さま、札幌市小動物獣医師会さま、関係者の皆さま、
本当にありがとうございました!




kurasihiroba.jpg
<終了しました>

「人とペットの暮らし広場2019」

開催日:2019年9月14日(土) 10:00〜16:00

会場:札幌市北3条広場(アカプラ)、道庁赤れんが庁舎前庭、道庁赤れんが庁舎会議室

主催:北海道、札幌市、一般社団法人札幌市小動物獣医師会

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 08:36 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする