2019年07月16日

収容限界!中標津保健所から猫のSOS!!

中標津保健所には、飼い主に多頭で放棄された猫が収容され、収容限界となっています!

また、ボランティアさんのお宅でも収容待機中の猫がいます。

お蔭さまでミックス犬は譲渡になったそうですが、
猫は出会いがありません。



20190702-2.jpg

C2(テツ)は、茶白の8歳のオスで猫風邪をひいています。





20190705.jpg 

C6、3歳のキジトラのオス。





20190702-7.jpg

C7(キバちゃん)、8歳のクリーム色のオスはキバが不揃いです。





20190710-1.jpg

C10、1歳の茶トラのメスも猫風邪をひいています。





20190710-2.jpg

C11、茶トラ白の1歳半のメスも風邪をひいています。

甘えんぼな子です。


皆人慣れしていて抱っこもできます。

見た目も鳴き声もとても可愛い子たちで、皆、小柄です。





20190712-1.jpg

20190708-2.jpg


この子は推定6か月で、迷子猫でした。

とても痩せて、傷を負った状態でしたが、体力回復中とのことです。

人に慣れていて、されるがままの子で、とても小柄で、鳴き声もか細いそうです。

右かかとが化膿していて、足先を地面から浮かせて歩いています。

尾の裏側は剥げていますが、下痢をしていたのかもしれないとのことです。

幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・

猫のお迎え入れをご検討いただける北海道内の方は、
中標津保健所の猫たちにも救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

中標津保健所: 0153-72-2168
http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/nth/kainusibosyu.htm

posted by しっぽの会 at 12:35 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする