2019年06月13日

本日6/13 別海町役場・中標津保健所・標茶保健所から犬9頭引き取りました!

本日6月13日(木)、道東の別海町役場と中標津保健所、
標茶保健所から、成犬2頭と子犬7頭を引取りしました!

別海町役場の成犬2頭は収容が長くなっていました。

また中標津保健所と標茶保健所の子犬たちは、
野犬が産んだ子犬たちで、
別海町の子犬は当会がこれまで保護してきた一連の犬と思われます。

母犬が捕獲され避妊手術と適正飼育がされなければ、
繁殖はエンドレスになり、問題の根本解決が急がれます。




bekkai.jpg

別海町役場から引取りしたメスの高齢犬。

平成31年3月10日、別海旭町で保護されました。
首輪が装着されていたこともあり、
長期に渡り飼い主さんを探していましたが、
飼い主さんのお迎えはありませんでした。





bekkai1.jpg

ダニエラと命名しました。





bekkai2.jpg

別海町から引取りしたサモエド風の若いオスの大型犬。

平成31年4月16日、別海町大成地区で保護されました。





bekkai3.jpg

首輪の装着はありませんでしたが、
マテやオスワリも理解していることから、人とのかかわりがあったと思われます。

アルフォンスと命名しました。





bekkaikoinu.jpg

別海町役場から引取りしたメスの子犬2頭。

令和元年5月7日、奥行地区で2頭で徘徊しているところを保護されました。

保護当初から人慣れがあったことから純粋な野犬でないと思われました。

しかし2頭が一緒に徘徊しているのも不自然ですし、
遺棄か放置されていた子犬と思われます。

身体も大きめなので3〜4か月以上と思われます。

好玲(みれい)、詩好(しずく)と命名しました。




04.jpg
<オス>

01.jpg
<オス>

02.jpg
<オス>

03.jpg
<メス>

中標津保健所から引取りした推定1〜2か月くらいの子犬4頭。

5頭兄妹でしたが、オス1頭が保健所から譲渡されました。

オスたちは、帆風(ほかぜ)、風待(ふうま)、風太郎(ふうたろう)
と風のついた名を命名しました。

メスは、季夏(きか)です。




sibetya.jpg

標茶保健所から、メスの子犬1頭を引き取りました。

美好奈(ひより)と命名しました。

オス3、メス1の4頭兄妹でしたが、2頭は既に譲渡されています。

HOKKAIDOしっぽの会では、繁殖を防ぐため、
子犬も積極的に引取りを行っています。

今回は頭数も多かったことから、メスを引取りしてきました。

残ったオスの子も、室内飼いと不妊手術していただける方に
譲渡されるよう願っています。



飼い主さん募集までは、不妊手術等や
人や環境に慣れさせることを行ってからとなりますので、
お時間をいただいております。

HOKKAIDOしっぽの会は、これからも、
適正飼育の啓発や行き場を失う犬や猫を無くしていくために尽力していきます。


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 13:07 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする