2019年06月12日

倶知安保健所から来た、土佐犬のウィルのご紹介です☆


u01.jpg


ウィルです。

土佐闘犬です。

飼い主に捨てられました。

これだけは言いたい!!

「死ぬところでした。僕だって、いい迷惑です。」



u02.jpg


4月の末に、留寿都村で保護され、その後倶知安保健所に収容され
自治体や警察で飼い主を探しましたが見つからず
一般に譲渡できる犬種ではない事から
5月の末に、当会で引き取りしました。


u07.jpg


一昔前には、「土佐犬である」という理由だけで
行政機関では殺処分の対象でした。
今は、保健所で経過を観察してくださり、当会にご連絡もいただけて
ウィルも命を繋ぐことが出来ましたが
当会でも、スタッフの安全等を最優先に
扱いにも非常に慎重にならざるを得ない犬種です。


本犬は「今のところ」なかなかフレンドリーで
担当スタッフにはしっぽを振り、フードも手から食べたり
嬉しそうにドッグランで一緒に走ったりしています(*^^*)

u03.jpg






ご覧の通りの痩せすぎで、栄養不良なので
ゆっくりと体重を増やしたいところですが
お腹が弱く、スタッフも頭を悩ませています。
それでも現在45kg、年齢は推定で8歳から10歳ぐらいだそうです。


u04.jpg




ドッグランにひとりで入れると、ぴーぴー鼻を鳴らしてスタッフを呼ぶそうです。
お散歩も好きなようで、行きはグイグイ張り切って行きますが
帰りは疲れるのか、ゆっくり帰ってきます。

今は、念のため、スタッフが2人がかりでお散歩に行っています。


u05.jpg


この子の犬生は、決して幸せなものではなかったと思いますし
超大型犬ですから、残りの犬生もそう長くはないと思います。

ですが、一時でも大好きな飼い主さまと一緒に安心して暮らせる
犬としての普通の生活が、この子にもできる日が来れば良いなと思います。


u06.jpg



現在は、まだ飼い主募集にはせず、経過を観察中ですが
飼い主希望の方には、何度か長沼町しっぽの会まで通っていただくことになります。

慎重に譲渡をしたいと思いますので
この子を幸せにしたいと思ってくださる方がいましたら
是非ご連絡をいただけたらと思います。



また、人や他の動物への殺傷能力の高いこの犬種の飼育者はもちろん
繁殖されている方、愛好家の皆さま、愛好家団体の方々
この種類を遺棄する、ということは、遺棄罪であるとともに
殺人未遂罪だと思います。
犬にとっても、不幸な事です。
ご自分やその周りの愛好家の方々の犬がどうなっているのか
最期まできちんと幸せに飼われているのか
今一度、確認していただき、責任ある飼育、繁殖販売をして欲しいと切に願います。



ウィルにも良い出会いがありますよう、応援もよろしくお願いします!




。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 11:05 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする