2019年05月22日

今までありがとう!ナナモンが虹の橋へと旅立ちました・・・

01s.jpg

5月18日(土)10時31分、ナナモンが虹の橋へと旅立ちました・・・。

ナナモンは昨年12月飼い主さまの事情で当会で引取りした推定17歳のオスで、
とにかく誰にでもゴロゴロ喉を鳴らす気立ての良い子でした。

末期の腎不全でしたが、
亡くなる数日前からは、じっと動かないことが多くなっていました。





002s.jpg

昨年末、当会が引取りの際には、寂しさからか、
1週間ほどゴハンを食べなくなってしまい、
年齢も高かったことから、非常に心配しましたが、
その後、復活をしてくれて、
腎臓も悪かったので、お薬を飲みながら、点滴もして、
日々、穏やかに過ごしていました。

しかし、4月になって再び食べなくなってしまい、
スタッフが最期を看取るために自宅に連れて行き、お世話をしていました。





003s.jpg

連れて帰っても、やはり食べてくれず、
あの手この手を尽くしましたが激しく拒否されてしまい、
点滴と薬、少しの流動食で命を繋ぐ毎日でした。

ところが、5月に入ってから、急に食べてくれるようになって、
減っていた体重もいくらか戻り、固まった排便もあり、
まるで奇跡が起こったようでした!

ですが、腎臓は末期の腎不全となっていて、
貧血もあったので、身体は相当きつかったと思います。

それでも撫でるといつもゴロゴロ喉を鳴らしてくれ、
愛想よくしてくれる健気な子でした。

最期の方で食べるようになったのは、
ナナモンからの相手に応えようとする
ありがとうの感謝の気持ちだったような気がしています。

最期まで強くて優しくて大らかで、本当に気立ての良い子でした。


皆さまと、ナナモンの冥福を一緒に祈りたいと思います・・・。


タグ:虹の橋 訃報
posted by しっぽの会 at 22:53 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする