2019年03月14日

3月14日の札幌市動物管理センター福移支所は

今日3月14日(木)の札幌市動物管理センター福移支所には
犬5頭と成猫29頭が収容されていました。

猫が若干数が少なくなり、
犬も昨年8月から収容されていた柴犬が
譲渡された朗報がありました!




<迷子犬>

111.jpg

収容犬111、3月13日、東区伏古9条2丁目で保護されたメスのミックス犬。

茶色の首輪がついていました。

迷子期限日は3月21日(木)です。





109.jpg

収容犬109は、飼い主さんのお迎えがあるそうです。

迷子は交通事故等の危険にさらされます。

怪我や事故がなかったのが幸いです。

もう二度と迷子にされませんように・・・。






<迷子からの飼い主募集犬>

69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

すっかりセンター犬のようなブルですが、
普段は大人しいのですが、スイッチが入ると止められなくなり、
これまで複数回の咬傷事故を起こしています。





<放棄からの飼い主募集犬>

100101.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

神経質で気難しいところもありますが、
賢く、飼い主として認めた人には従順です。

飼い主さんは、和犬の飼育に慣れた、犬の気持ちも汲みとり
尊重してくださる方が向いていると思います。




収容犬080701、昨年8月咬むとの理由で放棄された
7歳のメスの柴犬ミュウは、昨日3月13日譲渡になりました!

ご理解ある方との出会いがあったようで良かったです!



収容犬012401、経済的な理由で放棄された愛称メルも
譲渡になりました!(3月11日)





030601.jpg

収容犬030601、愛称こじぴーは、11歳で放棄された避妊メスです。

寂しがりで怖がりだそうです。

今日も高い声で鳴いていました。

飼育環境に配慮できる方にお迎えいただけたら幸いです。

アレルギーで皮膚に痒みが出るそうですので、食べ物に配慮が必要とのことです。





<迷子猫>

97.jpg

収容猫F97、3月11日、東区東雁来町376で保護されたオスの茶猫。

迷子期限日は3月15日(金)です。





98.jpg

収容猫F98、3月11日、手稲区前田605で保護されたオスの白黒茶猫。

迷子期限日は3月15日(金)です。





maigo.jpg

本日迷子で収容された黒白長毛の去勢オスも
上記と同住所の手稲区前田で保護されたそうです。

去勢手術も済んでいますので飼い猫と思われます。

猫は室内のみで飼育しましょう!





<迷子からの飼い主募集猫>

45.jpg

収容猫F45、愛称ポッキーは推定7歳の黒白猫の去勢オス。

交通事故で保護された猫ですが、
大きな外傷もなく本当に良かったです。

オヤツ大好き、人にも慣れてきました。





77.jpg

収容猫F77、愛称ラッキーは推定3歳の黒猫のオス。

ラッキーも大分人に慣れてきた様子です。





82.jpg

収容猫F82、愛称チョ子は推定3歳の濃茶のメス。





060402.jpg

収容猫060402、愛称マールは15歳のキジ白のメス。

昨年の6月から収容されていました。

一緒に放棄された仲間は先に譲渡になっていました。





020803.jpg

収容猫F020803、愛称うーもは推定3歳のメスで、
飼い主死亡のため放棄されました。

体格が大きく、攻撃性の強い子です。





IMG_3506.jpg

うーも、チョ子、マールを本日、
(一社)ねこたまごさまが引取りしてくださいました!

うーもをキャリーに入れる時は、野獣との闘い^^;のようでしたが、
センターの職員さんが特製テニスラケットネットで
見事に捕まえてくださり、晴れて譲渡になりました!



収容猫F89、愛称まさのぶは推定3歳の黒白のオスは本日譲渡されました!




94.jpg

収容猫94、愛称ジェニーは推定3歳の黒茶長毛のメスです。

長毛でかわいらしい子で、
臆病ですが触らせてくれます。





<放棄からの飼い主募集猫>

092701.jpg

収容猫F092701、愛称みけりんは13歳のメスの三毛猫です。

本日避妊手術のため、市センター本所に行っていました。

市センターでは、収容犬猫の不妊手術を推進しています。





010801.jpg

収容猫F010801、愛称どんころは13歳の黒のオス。

以下のF010802と同じ家から放棄されました。

触らせてくれますが、緊張しているようです。





010802.jpg

収容猫F010802、愛称しまころは13歳の灰白猫のオス。

F010801と同じ家から放棄されました。

触らせてくれますが、緊張しているようです。





020701.jpg

収容猫020701、愛称まるはキジトラの12歳。

F020702、F020703と同じ家から放棄されました。

しっぽの先端がくるんと巻いています。





収容猫F020702(ふく)は譲渡されました(3月11日)





020703.jpg

収容猫F020703、愛称うめは14歳のメスです。

上記のF020701、F020702と同じ家から放棄されました。

つぶれた耳と、短いしっぽが特徴です。

大人しい子です。





010802.010803..jpg

収容猫F020801、愛称ゆりえと
収容猫F020802、愛称ももえは共に11歳のメス。

一緒に放棄された2頭ですが、
高齢になって放棄された猫たちは、体調を崩すことが多いです。





021201.jpg

収容猫F021201、愛称みみは5歳の白黒のオスです。

飼い主死亡のため、F021202と一緒に放棄されました。

猫エイズ・猫白血病陰性です。





022002.jpg

収容猫F022002、愛称サクラは推定10歳の去勢オス。

飼い主病気のため放棄されました。

近寄ってきて、咬みついて来るとのことです。




収容猫F030102(ゴン)は譲渡されました(3月11日)

収容猫F030104は譲渡されました(3月11日)





030105.jpg

収容猫F030105、1歳のキジの避妊メスは、
F030101〜F030106は一緒に放棄されました。

少し攻撃的です。



収容猫F030106は譲渡されました(3月11日)





030107.jpg

収容猫F030107、愛称ぽんたは15歳の去勢オス。

F030108と一緒に放棄されました。





030108.jpg

収容猫F030108、愛称ちーは5歳の去勢オス。

F030107と一緒に放棄されました。




030501.jpg

収容猫F030501、愛称みみ介は、13歳の去勢オス。

F030502、F030503と一緒に放棄されました。

人に慣れています。





収容猫F030502(さくらこ)は譲渡されました(3月11日)

収容猫F030503(にゃんた)は譲渡されました(3月13日)





以下は、多頭放棄(餌やり)の猫たちです。

ビニールハウスで無責任に餌やりをされ、増えた末に収容されました。

若い猫が多く、全頭避妊・去勢手術が終わっています。

少しずつ慣れてきたようで、ケージ越しにリラックスしています。




082001.jpg

収容猫082001、愛称ポチ(右)は推定2歳の白黒の去勢オス。

マイペースで過ごしているようです。



082010.jpg

収容猫082010、愛称ふじ(左)は推定3歳の灰の避妊メス。

いつもハンモックに入り、お気に入りです。




082002.jpg

収容猫082002、愛称オペラ(手前)は推定2歳の去勢オス。

大分落ち着いてきました。





082005.jpg

F082005、愛称パン(奥)は推定2歳の去勢オス。

大分落ち着きました。




**************************

北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。



3.4iburi.jpg

胆振総合振興局の室蘭保健所では、成猫2頭が出会いを待っています。
推定3歳位の白黒猫のメスは
真冬の夜にケージに入れられて遺棄されていました。
外で生活していた猫のようですが、
人を信じる力もあり、大人しく穏やかで人懐こい子です。
猫エイズ感染症プラスでしたが、
1頭で飼育いただくか同じ感染症同士お迎えいただけます。
今までの過酷な生活が帳消しされるよう幸せになって欲しいです。
また13歳8か月のスコティッシュの去勢オスは、
体重が10キロ近くあり、健康上ダイエットが必要です。
嬉しくなると甘噛みしてしまうそうで、
ブラッシングも苦手なようです。性格は人懐こい子です。
余生を穏やかに温かな家庭で過ごして欲しいです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

胆振総合振興局:0143-24-9578
http://www.iburi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/neko1.htm





3.12TITOSE.jpg

千歳保健所では、負傷した推定4〜7歳の
小柄なメスの成猫が出会いを待っています。
この子は、3月5日に恵庭市で
動けなくなっているところを保護され、
動物病院に入院していました。
下半身不随で、トイレの介助が必要かもしれません。
骨折や脊髄の損傷はレントゲンではみられないそうですが、
原因不明ですので、今後良くなるかどうかは不透明です。
気がたっていて、攻撃的です。
常に目を見開いてこちらをうかがっていますが、
他の猫や犬には威嚇していませんので、
時間がたてば落ち着くかもしれません。
現状をご理解の上、検討してくださる方は
ぜひ保健所までご連絡ください。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

千歳保健所:電話 0123-23-3175
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/cth/contents/mayoiinunekonetto.htm





3.13HIDAKA.jpg

静内保健所では、飼い主の事情で放棄された
2頭の猫が出会いを待っています。
推定5歳の白黒の去勢オスは、
顔を見る度に嬉しそうに尾を立て、
近寄って来てはゴロゴロと喉を鳴らし、
甘えるような声を出します。食欲も旺盛です。
推定5歳のキジトラの避妊メスは、
徐々に慣れては来ていますが、未だに警戒心が強いです。
普段は隅っこの方で小さくなっています。
食欲、健康は問題なさそうですが、
とても大人しくて臆病な性格です。
2頭は終生大切にしてくださる飼い主さんを待っています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

日高振興局 :0146-22-9254
http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutuaigokannri.htm





3.14siribesi.jpg

後志振興局の岩内保健所と倶知安保健所では
3頭の猫が出会いを待っています。
岩内保健所の推定1歳未満のキジトラのオスとメスの2頭は、
3月1日岩内町内で一緒に保護されました。
状況からみて遺棄も疑われます。
(遺棄は犯罪です!警察署と情報共有済み)
2頭共大変人懐こく抱っこやブラッシングも嫌がりません。
ケージにから出て遊んでもらいたくて、
人の気配があると盛んにアピールしてきます。
トイレも上手にできます。
倶知安保健所の推定5〜6歳の茶白のオスは、
大きめな体格で人馴れしています。
2月24日に倶知安町内で迷子で保護されましたが、
残念ながら飼い主のお迎えはありませんでした。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
どうか1日も早く温かなご家族にお迎えいただけますよう、
お迎え入れや情報の拡散・シェアをお願いいたします!

後志総合振興局:0136-23-1354   
http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.htm


保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html

posted by しっぽの会 at 20:48 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする