2019年02月07日

2月7日の札幌市動物管理センター福移支所は

2月7日(木)の札幌市動物管理センター福移支所には
犬7頭、成猫23頭が収容されていました。

中には妊娠している猫もいて、
厳冬期であっても日照時間が長くなってきたので、
いよいよ猫たちの繁時期に入ってきました。

不幸な猫たちを増やさないようにするには繁殖制限しかありません。

飼い猫には必ず不妊手術をすること、外に出さないこと、
野良猫にも不妊手術を施していくことが望まれます。

小型犬たちは順調に譲渡になっていましたが、
脳障害があるようなミニチュアダックスの子犬が迷子で収容されていました。



<迷子犬>
98.jpg

収容犬98、2月5日、 清田区北野2条1丁目で保護されたメスのミニチュアダックス。

まだ1歳未満だと思いますが、目は見えていないようで、斜頸があります。

脳に障害があるのかも知れません。

マイクロチップは入っていましたが、登録されていないため、
飼い主が分かりません。

おそらくショップで挿入後、手続きしてい無かったのでしょう。

身体が不自由なのにも関わらず迷子になったとは考えづらく
遺棄されたのではないでしょうか。

迷子期限日は2月14日(木)です。





100.jpg

収容犬100、2月6日、手稲区前田6条12丁目で保護された黒茶白の柴犬の去勢オス。

飼い主を必死で待っているのでしょう・・・。

迷子期限日は2月15日(金)です。



収容犬101は飼い主さんのお迎えがあり返還されました。

外飼いだったのでしょうか・・・もう迷子になりませんように。





<迷子からの飼い主募集犬>

69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

今日も変らず過ごしていました。

すっかりセンター犬のようなブルですが、
普段は大人しいのですが、スイッチが入ると止められなくなり、
これまで複数回の咬傷事故を起こしています。

飼い主さんはしっかり制御できる大人の男性が向いています。

飼育に際し危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡は不可となっています。



収容犬92、推定10歳のトイプードル?の去勢オスは譲渡になりました!




<放棄からの飼い主募集犬>

100101.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは、
一度譲渡になりましたが、再度放棄されました。

神経質で気難しいところもありますが、
賢く、飼い主として認めた人には従順です。

飼育に際し危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡は不可となっています。





080701.jpg

収容犬080701、7歳のメスの柴犬ミュウは、
咬むとのことで放棄されました。

普段は大人しい性格ですが、
一旦怒りだしたら歯止めがきかなくなるところがある猛犬です。

大好きな散歩に行けず落ち込んでいました。

散歩から犬舎に入る際に、態度が豹変して、手が付けられなくなるそうです。

自ら楽しみを奪っているミュウですが、
本犬には知る由もなく、可哀想ですが仕方がありません。

飼育に際し危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡は不可となっています。





収容犬011701、放棄された7歳のポメラニアンの去勢オスは譲渡になりました!(2月5日)





012401.jpg

収容犬012401、経済的な理由で放棄された愛称メルは7歳の去勢オス。

きれいな目をした性格の良い子です。

太り気味ですが、適正体重になれば一回り小さくなりそうです。

おすわりや待てなどができる子で躾が入っていました。

お散歩もアイコンタクトを取り何度も振り返って確認するそうです。

ただ大きな音がすると吠えたり咬むことがあるそうです。





<迷子猫>

迷子収容猫F94、2月4日、北区太平7条2丁目で保護された黒茶のメス。

体調不良だそうで心配です。

迷子期限日は2月8日(金)です。






95.jpg

迷子収容猫F95、2月5日、南区中の沢1丁目で保護された黒茶のメス。

妊娠中だそうで別部屋にいました。

迷子期限日は2月12日(火)です。






<迷子からの飼い主募集猫>

45.jpg

収容猫F45、愛称ポッキーは推定7歳の黒白猫の去勢オス。

交通事故で保護されましたが、大きな外傷はなかったので何よりです。

最近は人馴れしてきた様子です。

オヤツが大好きです。





56.jpg

収容猫F59、愛称ローラは、推定2歳の避妊メス。

いつもトイレの陰に隠れています。

なかなか慣れてくれません。

現在収容中の猫の中で一番の猛者のようで、
今日も変らず同じ位置で同じ体制で睨みを効かせていました。





76.jpg

収容猫F76、愛称ミズリーは推定5歳のメスの三毛猫。

ハンモックがお気に入りです。




77.jpg

収容猫F77、愛称ラッキーは推定3歳の黒猫のオス。

まだ威嚇をしたりしますが、少し慣れ落ち着いてきました。





82.jpg

収容猫F82、愛称チョ子は推定3歳の濃茶のメス。

珍しい毛色で、毛並みのきれいな猫です。

体調も回復したようです。





89 (2).jpg

収容猫F89、愛称まさのぶは推定3歳の黒白のオス。

少し臆病ですが、撫でさせてくれるようです。





90.jpg

収容猫F90、愛称ロックは推定5歳の黒白のオス。

鼻が黒くかわいい子です。





91.jpg

収容猫F91、愛称のりは推定5歳のオス。

下あごの黒い模様がトレードマークです。

前に出てきて愛想を振りまいてくれました。





収容猫F92、愛称おっしぃ、推定5歳の茶白の去勢オスは譲渡になりました!(2月7日)



収容猫F93、愛称ぴぃ助、推定9か月の黒長毛のオスは譲渡になりました!(2月7日)







<放棄からの飼い主募集猫>

092701.jpg

収容猫F092701、愛称みけりんは13歳のメスの三毛猫。

臆病ですが、大分落ち着いてきたようで、
顎を出して寝ているのを初めて目撃しました。





060401.060402.jpg

収容猫F060401愛称ネイ、060402愛称マールは共に15歳のキジ白のメス。

一緒に多頭の家から放棄されました。

年齢は高いですが、どちらも若々しくきれいです。

収容から8か月が過ぎましたが、なかなか出会いがありません。

2頭同じご家庭にお迎え入れいただけたら、こんなに嬉しいことはありません。





101007 (2).jpg

収容猫F101007、愛称ぎんにゃんは推定3歳の黒の避妊メス。

近づくと逃げていき緊張しています。

安心できる家族ができますように・・・。





010801.jpg

収容猫F010801、愛称どんころは13歳の黒のオス。

以下のF010802と同じ家から放棄されました。

触らせてくれますが、緊張しているようです。





010802.jpg

収容猫F010802、愛称しまころは13歳の灰白猫のオス。

F010801と同じ家から放棄されました。

触らせてくれますが、緊張しているようです。






012201.jpg

収容猫F012201、17歳の高齢で放棄されたシャム系の去勢オス。

F012203と同じ家から放棄されました。

とても人懐こい良い子でした。

高齢なうえに放棄されたショックからか体調を崩していましたので、
職員の方の控室でケアをしていただき大事に養生されていました。

少し元気を取り戻してきたようで、顔も上げられていましたが、
回復するまでは譲渡を控えています。





012803.jpg

収容猫F012203、愛称ちび子は7歳のキジトラの避妊メス。

F00122001と同じ家から放棄されました。





012804.jpg

収容猫F012804、愛称ゆきえは11歳の黒のメス。

F012803と同じ家から放棄されました。

すこし緊張しているようです。

毛布にすっぽり隠れて出てきませんでした。





以下は、多頭放棄(餌やり)の猫たちです。

ビニールハウスで無責任に餌やりをされ、増えた末に収容されました。

若い猫が多く、全頭避妊・去勢手術が終わっています。

少しずつ慣れてきたようで、ケージ越しにリラックスしています。




082001.jpg

収容猫082001、愛称ポチは推定2歳の白黒の去勢オス。

体調を崩していましたが元気になりました。





082002.jpg

収容猫082002、愛称オペラは推定2歳の去勢オス。

表情に余裕も出てきました。






082005.jpg

F082005、愛称パンは推定2歳の去勢オス。

この子も落ち着いてきました。




082010.jpg

収容猫082010、愛称フジは推定3歳の避妊メス。

体調を崩していましたが元気になりました。





**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。



1.31nakasibetu.jpg

中標津保健所では、推定10歳位の中型のメスの
ミックス犬が出会いを待っています。
この子は、首輪と綱をつけた状態で保護され、
標津町役場で迷子公示しましたが、
飼い主のお迎えはなく1月29日に保健所に収容されました。
軽度の白内障がありますが、歯がキレイで毛艶も良いです。
人に飼われていたようですが、
ベタベタ甘える仕草は見せません。
咬む振りをすることがありますが咬みませんし、
しっぽを振ったりします。
散歩も上手ですし、排泄は外でするそうです。
性格は昔からの和犬タイプだそうで、
でもオヤツには釣られているようです。
募集期限は2月4日(月)です!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

中標津保健所: 0153-72-2168 
http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/nth/kainusibosyu.htm





2.1hidaka.jpg

日高振興局の静内保健所では、
中型のミックス犬のオスが出会いを待っています。
ちょっと臆病な面もありますが、
何度か繰り返すことで、
人の言葉も理解してくれる人懐こいお利口さんです。
食欲も旺盛で散歩が大好きです。
散歩中はリードを強く引くことはありませんし、
コース変更にも素直に従ってくれます。
犬舎内ではよくお昼寝をしています。
最後まで寄り添ってくれる飼い主さんをお待ちしております。
募集期限は、2月8日(金)です!
幸せになりたいのは、どの子も同じはず・・・
どうかご理解ある方との出会いが生まれますよう、
情報拡散やシェアのご協力もよろしくお願いします!

日高振興局:0146-22-9254
http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutuaigokannri.htm





2.4bekkai.jpg

別海町役場では、推定8歳以上の中型のメスの
ミックス犬が出会いを待っています。
この12月26日、別海町ごみ処理場内で保護された迷い犬ですが、
告示期間を過ぎても残念ながら
飼い主さんのお迎えはありませんでした。
町では第2の犬生として、愛情を持って終生飼養していただける
飼い主さまを募集しています。
シニア犬と思われますが食欲もあり大変元気です。
性格はとても人懐こく甘えん坊で、身体のどこを触っても嫌がりません。
また、オスワリやマテなど躾も入っており、
散歩も大好きでリードを引っ張ることもなく上手に歩きます。
ただ、人とのかかわりが欲しくなると要求吠えをしますので、
なるべく留守にしない家庭での飼養が向いていると思われます。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

別海町役場: 0153-75-2111 
https://betsukai.jp/oshirase/2440/





2019.02.06furano.jpg

富良野保健所には、飼い主の事情で放棄された
11歳のオスのミックス犬が出会いを待っています。
ほぼ外飼だったためか、被毛はムックムクです。
初対面からとてもフレンドリーで、誰にでも懐きます。
ドライフードをバリバリ食べ、瞳もキラキラ、
足腰もしっかりしていて本当に11歳?思うほどです。 
幸せになりたいのは、どの子も同じはず・・・
どうかご理解ある方との出会いが生まれますよう、
情報拡散やシェアのご協力もよろしくお願いします!

富良野保健所:0167-23-3161
http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/fth/inuneko.htm





2.7oho-tuku.jpg

オホーツク管内の保健所では犬2頭、猫3頭が出会いを待っています。
紋別保健所収容の推定10歳の柴系ミックス犬のメスは、
野犬で捕獲されましたが、大人しく攻撃性もないことから、
保健所では命をつないでくださいました。
少し怖がりですが、おっとりした性格です。
また北見保健所収容の推定3〜6歳のオスのテリア系は、
元気いっぱいで、ヤンチャなところもある明るい子です。
網走保健所収容のキジ白のオスは、
交通事故によるものか骨盤を骨折していましたが、
ほぼ健康な猫のように歩けるようになり、
自力排泄も問題なくできるようになりました。
穏やかな性格で、怒ったりすることもなく、
抱っこも大好きな人懐こい子です。
また茶トラの推定3〜4か月のオスの子猫は、
左眼を失明していますが、生活に支障なく過ごせています。
まだまだ毛布をふみふみしたい子猫で、
トイレは猫砂で大丈夫です。
とにかく甘えん坊でいつでも人と一緒にいたい子で、
触れられている間はずーっとゴロゴロ言ってます♪
白黒のファニーフェイスのオスは、ケガでうまく歩けませんでしたが、
ようやく治りました。顔、声、性格が言えず個性的でかわいい子です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

オホーツク総合振興局:0152-41-0632 
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/bosyu.htm



保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 20:54 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする