2018年12月29日

今年も残りあと2日 寄付金控除で 〜小さな命を救いたい〜

kifukinkoujyo1s.jpg

今年も残すところ2日となりました。

しっぽの会は今年も1頭でも多くの行き場を失った犬猫を救済する保護活動と
動物の愛護と福祉の精神が広く社会に浸透しますよう
啓発活動に尽力してまいりました。

忙殺される日々にあっと言う間に暮れになった感じがします💦








kifukinkoujyo.jpg

しっぽの会は、2010年8月、NPO法人になり、
2013年7月には認定NPO法人として北海道の【認定】を受けていますので、
当会へのご寄付は、所得税、法人税などの税制上の控除を受けることが出来ます。
 
1.個人が認定NPO法人に寄付をした場合▶▶▶「寄付金控除」を受けられる

★個人が認定NPO法人へ寄付をした場合
「寄付金控除」制度が適用され、確定申告をすることで、税金の還付を受けることができます。

★所得税に対する控除は(寄付金額−2,000円)×40%が減税に。   
 ※所得税額の25%が限度

★住民税に対する控除は
都道府県・市区町村が指定した認定NPO法人への寄付に対し(寄付金額−2,000円)×10%が減税に。

住民税の納税先自治体に条例が定められていれば、
最大で寄付した金額の50%近くが減税になります。

そうでない場合でも、寄付した金額の40%近くが所得税の税額控除の対象になります。

2. 法人が認定NPO法人に寄付をした場合▶▶▶損金に算入できる金額が拡大される

「特別損金算入限度額」扱いとなり、一般のNPO法人への寄付と比べ、
経費として扱える寄付金の限度額が高くなります。

3.相続人が認定NPO法人に相続財産を寄付した場合▶▶▶寄付をした相続財産は相続税が非課税に

例:3千万円の相続財産があった場合、うち1千万円を認定NPO法人に寄付すると 
→ 相続税の課税対象額は「2千万円」になります。

4.認定NPO法人自身が法人税法上の収益事業を行った場合▶▶▶
「みなし寄付金制度」による減税措置を利用できます

このように認定NPO法人にご寄付くださると税制上の優遇があります。

また、長沼町は2016年3月、「長沼町ふるさと応援寄附条例」を施行し、
寄付先指定の「選べる使い道」にしっぽの会を加えてくださいましたので、
長沼町のふるさと納税で当会をご指定いただいた場合、
いただいたご寄付は犬猫の命を救済するためや
新たな飼い主への譲渡の推進に役立てることができます。

年内のご寄付の領収証は来年3月の確定申告でご使用いただけます。

**********************
しっぽの会オンライン寄付
https://online-kifu.shippo.or.jp/

[ ご協力いただく際の 口座のご案内]
■郵便振替口座:02770-6-76355  口座名:しっぽの会
<他の金融機関からの振込用口座番号>
二七九(ニナナキユウ)店(279)当座 0076355

※郵便物をお送りするご住所・お名前・Eメールアドレス等、お書き添えください。

※お礼状や領収証を確実にご送付できますよう、
ご住所・漢字・数字等、分かりやすくご記載くださいますようお願いいたします。

※領収証は、年度末迄の合計を翌年1月末迄に発行させていただきます。

ながぬま町のふるさと納税はコチラです。
長沼町役場ふるさと納税 http://www.maoi-net.jp/gyosei/furusato.htm

ふるさと納税は返礼品の特典もありますし、
どちらも税制上の優遇措置がありますので、
ご寄付で小さな命を救い、寄付者にもお得な制度となっています。

**********************

法律上動物は「命あるもの」ですが、現実は単なる物として、
粗末に扱われることも多く見聞きします。

ご寄付による皆さまお一人おひとりのご支援が、
しっぽの会の活動に成果をもたらし大きな力になっています。

年末まであと2日となりました。
小さな命を守るため、しっぽの会をご支援応援していただけたら幸いです。



動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 23:40 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする