2018年12月12日

12月12日の札幌市動物管理センター福移支所は

今日12月12日(水)の札幌市動物管理センター福移支所には
犬6頭、成猫28頭、子猫1頭が収容されていました。

猫の収容数は若干減りましたが、犬はバーニーズが飼い主の都合で放棄されました。

冬になり子猫の収容数は少なくなりました。
その分、成猫にも出会いが多くありますように・・・。


<迷子犬>
IMG_2326.jpg


収容犬85、12月4日、
北区あいの里付近(道道112号線沿い)で保護された黒パグの去勢オス。

約2か月前に保護され、保護した市民宅で過ごしていたそうです。





85.jpg

お散歩に出してもらい張り切っていました。

人懐こくて穏やかな子のようです。

迷子収容期限は12月12日(木) です。





<迷子からの飼い主募集犬>

69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルちゃんは、推定4歳のブルテリア系の去勢オスです。

予測不能なスイッチが入ると制御がきかなくなりますので、
しっかり制御でき信頼関係を作れる方との出会いを待っています。





<放棄からの飼い主募集犬>
100101.jpg

収容犬100101、推定5歳の去勢オスのまろは一度譲渡になりましたが、
再度放棄されました。

今日もご機嫌ななめでしたが、
賢く、飼い主として認めた人には従順です。

神経質で気難しいところもありますが、幸せになるチャンスを待っています。

飼育に際し危険が伴うことが予想されるため、
見学当日の譲渡は不可となっています。





011101.jpg

収容犬011101-H29、11歳の柴犬、小次郎は、
お散歩も大好き人も好きなおじいちゃん犬です。

寝ていることが多いですが、散歩も大好きです。

首周り、胸周りに慢性的な皮膚炎がありますので
動物病院の受診が必要です。

小次郎の特徴を理解してくださる方との出会いを待っています!





080701 (3).jpg

収容犬080701、7歳のメスの柴犬ミュウ。

小さめの柴犬でかわいい子ですが、
見た目とは違って一度怒り出すと手が付けられなくなる猛犬です。





080701.jpg

散歩に出れるようになってからは、表情が変わったように思います。

譲渡は要相談となります。





121001 (2).jpg

121001、12月10日に放棄された4歳のオスのバーニーズ。

何と今日が誕生日だったそうです。






121001.jpg

目が合うとプィっと目を合わせようとしませんでした。

突然変わってしまった環境の変化に気持ちを閉ざしているように見えました。

右前肢、右後肢に傷があり、それが原因なのか肢に力が入らないのか起立出来ません。

収容時には少し歩いたそうですが、詳しいことは検査をしていないので分かりません。

また放棄の際に咬傷犬と申し伝えがあったそうで、
床ずれしないようスタッフの方が3人で身体を動かしましたが、
頭にかぶせた毛布を怒ってガウガウと噛っていました。





121001 (3).jpg

その後、我慢していた排尿が3日振りにあり、
スッキリしたのか明るい表情を見せてくれました。

バーニーズでも大きめですし、咬傷犬で自力で立ち上がれないとなると、
譲渡までには時間がかかると思いますが、
もう一度幸せな家族の一員として穏やかに暮らして欲しいです。





<迷子猫はいませんでした>





<迷子からの飼い主募集猫>

11.jpg

収容猫F11、推定5歳のキジトラの避妊メス。

リラックスできるようになり人慣れもしてきました。





51.jpg

収容猫F51、推定3歳の黒のオス。

衰弱、栄養不良の状態で保護され、
猫同士の喧嘩によるものか、右後肢の負傷していましたが回復しました。

甘えた声で人恋しそうに鳴いていました。






52.jpg

収容猫F52、推定3歳の茶猫の去勢オスは丸顔のきれいな猫です。

人に慣れていませんが、
リラックスした表情も見せてくれるようになりました。





59.jpg

収容猫F59、推定2歳のキジトラの避妊メスは、
いつもトイレの陰に隠れ、
近づくと威嚇しながら勢いよく逃げていきます。






収容猫F70、推定5歳の茶トラ白のオスは譲渡になりました!(12月11日)






75.jpg

収容猫F75、推定5歳のキジトラのメス。

交通事故にあったのか、骨盤骨折と股関節脱臼があり、
動物病院で応急処置をうけました。

今のところ排泄は自力でできており、歩くことも出来ます。

人にも慣れてきています。






76.jpg

収容猫F76、推定5歳のメスの三毛猫はきれいな猫です。

まだまだ警戒モード中ですが、少し落ち着いてきました。






77.jpg

収容猫F77、推定3歳の黒猫のオスは、
まだ警戒していますが、少し慣れ落ち着いてきたようです。





79.jpg

収容猫F79、推定4歳の三毛猫の避妊メス。

しっぽの先が怪我をしていましたが、先日、治療と避妊手術を終えました。

少しずつ慣れて来ています。






83.jpg

収容猫F83、推定7歳のキジトラの去勢オスは、人にも慣れています。

小柄で痩せていますが元気です。






<放棄からの飼い主募集猫>

092701.jpg

収容猫F092701、放棄された13歳のメスの三毛猫。

臆病ですが、大分落ち着いてきたようです。





060401.jpg

収容猫F060401、15歳のキジ白のメス。

以下のF060402と一緒に多頭の家から放棄されました。

長毛のきれいな猫で、年齢よりも若く見えます。





060402.jpg

収容猫F060402、15歳のキジ白のメスは、
F060401と一緒に多頭の家から放棄されました。

2頭とも高齢ですが、見た目はとても若々しいです。

大人しく控えめです。





101007.jpg

収容猫F101007、推定3歳の黒の避妊メス。

餌やりされていた猫で、F101012、F11601らと一緒に多頭で収容されました。

近づくと逃げていき緊張しています。





101012.jpg

収容猫F101012、推定5歳のキジトラの避妊メス。

餌やりされていた猫で、F101007、F11601らと一緒に多頭で収容されました。

根気強くならしてあげる必要があります。





113001.jpg

収容猫F113001、推定3歳の白黒の去勢オス。

F113002、F113003と一緒に収容されました。

とても人懐こく、ゴロゴロといってお腹を出して甘えるそうです。

腎臓疾患の病歴があるようです。
また、目が見えていないか、見えづらい可能性があります。

また、過度の肥満もあるため、体調管理が必要です。





収容猫F113002は譲渡されました。(12月11日)





113003.jpg

収容猫F113003、6歳の黒の去勢オス。

F113001、F113002と一緒に収容されました。

怖がりですが、人慣れしていて、撫でられると気持ち良さそうにします。





113004.jpg

収容猫F113004 、7歳の黒の避妊メスは、飼い主死亡により放棄されました。

人懐こく穏やかで飼育しやすそうな子です。





120401.jpg

収容猫F120401、6歳のキジトラの避妊メスは、
飼い主の引っ越し等の理由により放棄されました。

小柄で性格は大人しいです。





以下は、多頭放棄(餌やり)の猫たちです。

ビニールハウスで無責任に餌やりをされ、増えた末に収容されました。

若い猫が多く、全頭避妊・去勢手術が終わっています。

少しずつ慣れてきたようで、ケージ越しにリラックスしています。





082001.jpg

収容猫082001 推定1歳 去勢オス。

慣れて来たようで落ち着いています。






082002.jpg

収容猫082002 推定1歳 去勢オス。

近づくのは大丈夫になりました。 





082004.jpg

収容猫082004 推定1歳 去勢オス。

大分慣れてきました。 





082005.jpg

収容猫082005 推定1歳 去勢オス。

近づくと威嚇されるのでまだ慣れていません。 





082009.jpg

収容猫082009 推定1歳 避妊メス。

この子も側に行くと逃げてしまいます。 






082010.jpg

収容猫082010 推定1歳 避妊メス。

臆病でかなり怖がります。





**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。






11.30siribesi.jpg

推定4か月の茶トラのオスは、譲渡になりました!

倶知安保健所には、飼い主に放棄された
4頭の猫が出会いを待っています。
推定4歳以上のキジトラ(性別不明)は、やや小さめの体格です。
性格や健康状態は現在確認中ですが、
人が近づくと固まってしまう恐がりさんのようです。
また茶混じりのキジトラ(性別不明)は、
環境が変わったばかりで緊張している様子ですが、威嚇や攻撃はしてきません。
推定1歳以上のサビのメスは、性格や健康状態は現在観察中です。
環境が変わったばかりで緊張している様子です。
人を警戒しますが、目が合うとゆっくりまばたきをしたり、
見つめ返してきたりします。
推定4歳以上のキジトラ(性別不明)は、性格や健康状態は現在確認中ですが、
大きな体に似合わず、人が近づくと体を丸めて
目を合わせられない恐がりさんのようです。
5頭の収容で、倶知安保健所は満杯となり、
今後犬や猫が収容されると物理的に難しくなってきます。
1頭でも新しい家族となっていただける方のご連絡をお待ちしています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・。
どうかお迎え入れのご検討や、情報拡散、シェアをお願いいたします!

後志総合振興局:0136-23-1354   
倶知安保健所:0136-23-1962 

http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.htm





12.03ebetu.jpg

江別保健所では、4頭の成猫が出会いを待っています。
サビ猫のメスは、11月5日、飼い主からの放棄で収容されました。
人懐こくスリスリもしてきます。
しっぽが短いのが特徴の小柄なかわいい猫です。
新しい環境には慣れるのに少し時間がかかると思われます。
白黒茶の性別不明の猫は、まだかなり緊張しているようで、
ずっと目を丸くして隠れていますが、
攻撃性はないので撫でたり触ることはできます。
緊張のせいか食欲もあまりありません。
新しい環境に慣れるのには時間がかかりそうです。
猫のペースに合わせて、焦らずにゆっくり接すると良いです。
4歳の避妊メスの黒猫は、10月19日に放棄されました。
保健所の環境にはだいぶ慣れて来て、撫でられるのが大好きなようですが、
新しい場所や人は少し苦手なようです。
食欲は旺盛で、体は大きめです。黒猫のオスは、10月2日に収容されました。
もと野良猫のようで、ほとんど人慣れをしておらず、いつも威嚇をして鳴いています。とても臆病ですが、触ろうとしなければ攻撃はしてきません。
綺麗な毛並みで、食欲は旺盛で元気です。
まだ若いと思われるので、根気よく猫と接して頂ける方をお待ちしております。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報のシェア、拡散のご協力もどうぞよろしくお願いします!

江別保健所:011-382-3054 
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/se/ke/inu-neko-newpage.htm





12.06nayoro.jpg

名寄保健所では2頭の猫が出会いを待っています。
推定6か月のサバトラとシャム系の姉妹は5頭で収容され、
3頭には出会いがありましたが、2頭も幸せな出会いを待っています。
11月16日に市役所経由で迷子で保護されましたが、
野良猫だったようで、人慣れは徐々にして来ています。
2頭共警戒していますが、まだ若い猫なので
時間をかければどんどん慣れると思われます。
キジトラの子は猫ジャラシに反応し遊ぶようになりました!
またシャ系の子は、少し怒りますが抱っこも出来るようになりました!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報のシェア、拡散のご協力もどうぞよろしくお願いします!

名寄保健所:01654-3-3121
http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/nth/kakupage/catdog.htm





12.10abasiri.jpg

マルチーズは譲渡になったようです。

網走保健所では、2頭の猫が出会いを待っています。
10月17日に収容された年齢不詳のキジトラのオスは、
ゲージから出すと甘えてすり寄って来る甘えん坊です。
また茶トラの年齢不詳のオスは、10月16 日、
美幌町内で怪我をして動けなくなっているところを保護されました。
怪我が元で左前足を失いましたが、一生懸命3本足でがんばっています。
3本足でも、トイレは猫砂で上手にできます。
ちょっと怖がりですが、撫でるとゴロゴロ、おなかも触れます。
3本足にも慣れてきて、だいぶ素早く走れるようになりました!
おもちゃをじーっと見てるので、遊びたいのかもとのことです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

網走保健所:0152-41-0701
オホーツク総合振興局:0152-41-0632
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/kankyoueisei/dog.htm





12.11kusiro.jpg

子犬2頭は譲渡になりました!

釧路保健所では、2頭の犬と3頭の成猫、1頭の子犬が飼い主を募集しています。
他にも迷子の犬もいて保健所は満室状態です。
11月27日に放棄された11歳のメスの柴犬は、元気ハツラツですが、
臆病でさみしがり屋です。機嫌が悪いとうなって歯を剥きますが、攻撃性はありません。
乳房に柔らかく大きな腫瘤が1か所あり、固くはありません。
犬舎に犬が増えてストレスがたまっているようです。
12歳のゴーレデンレトリバーのオスは、 12月5日、飼い主病気のため持ち込まれ、
これまで外飼いされていました。温厚で人懐っこい子で、人のそばにいることが好きで、
撫でられると喜びます。お座りやお手ができ、散歩の時は引っ張る力も強いです。
カリカリや缶詰何でも食べ、おやつも好きです。
今後、介護などもあると思いますので、
理解のある飼い主さんと最後まで過ごせればと思います。
1歳の白黒猫は、11月29日、放棄されました。少しずつ、
でも日々確実に変化しているそうです。抱っこにも馴れ、
ゴロゴロ甘えるようになりました。
推定1歳の小柄なサビ猫は、11月29日、釧路市弥生で保護されました。
おとなしく人によく馴れています。
推定1歳のメスのキジトラは、12月6日、
交通事故に遭ったのか釧路市武佐3丁目の路上で
うずくまっていたところを保護されました。
痩せていて後肢に麻痺があり、人馴れしていないと思われます。
12月5日、白糠町の民家敷地内に遺棄された推定1か月のメスの子犬は、
ようやく歩ける程度で、排泄は自分で出来ますが、まだ介助が必要かもしれません。
食欲旺盛で、パウチを食べています。こまめな給餌や保温など、
まだまだ手が掛かりますので、お世話できるか
ご家族でじっくり検討してください。中型犬と思われます。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

釧路総合振興局:0154-43-9155 
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm





12.12rikubetu.jpg

陸別町役場では、推定3〜4か月くらいの
オスのキジトラの子猫が出会いを待っています!
この子は、猫風邪にかかっていましたが、
病院で治療をしていただき、
涙目になっている以外は殆んど良くなりました。
風邪もひいていたため役場の職員の方が
善意で自宅に連れて帰ってくださっていましたが、
事情があって留守になることも多く、
今月24日までしか預かれない状況です。
人懐こくてとてもいい子ですので、飼育しやすい子です。
今年も残り少なくなってきました。
年内には暖かなご家庭で過ごせるよう、家族になれますように・・・。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

陸別町役場:0156-27-2141
https://www.rikubetsu.jp/topics/1596/


保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
https://shippo.or.jp/dekirukoto.html



。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 20:55 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする