2018年10月16日

士別市で停電避難訓練・ペットの同行避難も

001.jpg

10月15日北海道新聞朝刊に、13日、14日に
士別市で停電の避難訓練が行われた記事が掲載されていました。





01.jpg

02.jpg

この避難訓練では、北海道、上川総合振興局、北海道獣医師会も参加されて、
ぬいぐるみを使ったペットの同行避難も実施されました。





03.jpg

関係者の方は、来年は、是非とも、生体で訓練に参加したいとのことでした。

いつ起こるか分からない災害ですが、ペットも家族です。

飼い主の適正飼育と災害に備える心構え、
ペットに対する周囲の理解も拡がるといいですね!






第6回公開講座s.jpg

以下、しっぽの会は、来る10月27日(土)、札幌市と共催で公開講座を開催いたします。

講師のカミヤ先生は、ペットの人工呼吸や止血法等の
獣医師につなぐまでの緊急のペット救急法も講演してくださいます。

動物を飼育している方もいない方も災害に備え、
一人でも多くの方に受講していただきたい講座です。

入場は無料です。予約も必要ありません。

会場はWEST19 札幌市中央区大通西19丁目

地下鉄東西線西18丁目駅下車(1番出口の前)

JR北海道バス桑園円山線[桑11]で大通西18丁目下車

近隣に有料駐車場はありますが、
WEST19にはありませんのでお車の方はお気を付け下さい。

皆さまのご来場をお待ちしています。ぜひお越しください!




◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆

第6回札幌市共催しっぽの会公開講座
【人とペットの防災について考える〜救える命を救うために〜】

講座内容
いつ起こるか分からない事故や災害。いざという時パニックに陥らない為に、
事故の予防・救急処置・獣医への搬送など飼い主が出来ることや様々な災害の事例を通して、
町内や地域での防災への取り組みを元国際レスキュー隊員で
ペットセーバープログラム元国際レスキュー隊員、
ペットセーバープログラムの主催者サニーカミヤ氏が、
ペットの救急法(意識の観察、気道確保、心臓マッサージ、人工呼吸)及び
ペットの防災(各種災害対策、避難所対策等)について講演いたします。

講師
本名:KAMIYA, SANAE SUNNY 年齢:56才 性別:男性 国籍:アメリカ
元福岡市消防局レスキュー隊小隊長。元国際救急援助隊所属。元ニューヨーク州救急隊員。
牧師・教戒士。台風下の博多湾で起きた韓国籍貨物船事故で4名を救助し、
内閣総理大臣表彰受賞。
人命救助者数は1500名を超える。


第1部  災害発生時、飼い主が出来ること

第2部  さまざまな災害の事例を通して、町内や地域での防災への取り組みを考える


<会場ではパネル展もあります>

・動物愛護と福祉のパネル展他

・防災などの動物の管理に関するパネル展

・動物虐待防止策についての展示や資料紹介


日時:2018年10月27日(土)

講 演:13:15〜15:00
開 場:12:00  閉場:16:30 
会 場:WEST19 5階講堂 
住 所:札幌市中央区大通西19丁目
共 催:札幌市動物管理センター・ 認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会
後 援:北海道
入場無料 申込不要 先着200名
問合せ:HOKKAIDOしっぽの会 
電 話:0123-89-2310 
Email:info@shippo.or.jp
https://shippo.or.jp


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


posted by しっぽの会 at 02:25 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする