2018年04月27日

4月27日の札幌市動物管理センター福移支所は


4月27日の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬6頭と成猫12頭、子猫4頭が収容されていました。

犬は迷子が2頭と古株の4頭は変わらず過ごしています。

収容犬042601の放棄された5歳のオスのゴールデンレトリバーは飼い主に返還されました。

しょんぼりしてゴハンも食べていなかったので、
終生大切な家族として愛育していただきたいです。




<迷子犬>
8.jpg

迷子収容犬8、4月24日、中央区伏見5条3丁目で保護されたメスのウェルッシュコーギー。

赤の革製の首輪をつけていました。

人懐こく穏やかな子のようです。

迷子期限は5月7日(月)です。





9.jpg

迷子収容犬9、4月26日、白石区川下公園で保護されたオスのミニチュアダックス。

人が大好きな様子でしっぽを振って寄って来てくれました。

迷子期限は5月9日(水)です。






<迷子からの飼い主募集犬>
69.jpg

収容犬69-H29、通称ブルちゃんは、推定4歳のブルテリア系の去勢オス。

出会いがないまま収容が長くなっていますが、
スタッフには良く馴れていますが、過去に人を咬んだ経歴があります。




69 (2).jpg

丁度お散歩に出てきたところでしたが、落ち着いて歩いていました。

相手にとって嫌いなことはせずに、理解して付き合っていけば良い関係になれそうです。

専門的な知識を持っているドッグトレーナーの方に飼育されると
才能が開花しそうな賢い子です。

小さなお子さまのいるご家庭には不向きだと思います。





97.jpg

収容犬97-H29、通称ソウタロウは推定12歳のオスの柴犬です。

人に良く馴れたおじいちゃんワンで大人しい子です。

保護時よりも見た目は若々しくなってきていますが、
認知症のような症状を見せることもあるそうです。

この先、介護も必要になってくる年齢ですが、
終生大切にしてくださる方との出会いを待っています。





<放棄からの飼い主募集犬>
060201.jpg

収容犬060201-H29、通称まろは4歳のミックス犬の去勢オス。

スイッチが入って咬むことがあるので、
その点を注意していただくと信頼関係を築いていけそうです。

お散歩は三度のご飯くらい大好きです。






0111012.jpg


収容犬011101-H29、通称小次郎は11歳のオスの柴犬。

普段は大人しいですが、和犬気質のある頑固なおじいちゃんワンです。





011101.jpg

散歩から満足そうに戻って来ました。

首の部分がアレルギーで毛が抜けています。

首元を触ると嫌がりますので注意が必要です。

和犬の特徴が分かる方が飼い主に向いています。





<迷子猫>
9 (2).jpg

収容猫F9、4月24日、 厚別区厚別中央3条4丁目で保護されたオスの茶トラ猫。

丸顔のかわいい子でした。

迷子期限日は5月1日(火)です。





10.jpg

収容猫F10、4月24日、手稲区前田9条18丁目で保護されたメスの黒猫。

赤いリボンの首輪をつけていました。

猫は首輪に迷子札をつけている子は殆んどいなく
飼い主に返還されるのはまれです。

飼育する際の基本的なことを守ってくだされば、
猫の安全は保障されるのに残念です。

迷子期限日は5月1日(火)です。






<飼い主募集猫>
193.jpg

収容猫173-H28 、推定3歳のキジトラの避妊メス。

今日も変らずに過ごしていました。





174.jpg


収容猫F174-H28、推定5歳のメスの黒猫。

いつも静かで大人しい猫です。




126.jpg


収容猫F126-H29、推定7歳の黒の去勢オス。

環境に慣れて来て、随分表情が変りました。




013102.jpg

収容猫F013102-H28、推定2歳の黒茶のメス。

収容から1年3か月ですが、相変らず臆病で毛布から出てきません。





090401.jpg


収容猫F090401-H29、多頭飼育放棄の推定5歳の避妊メス。

2段ケージに入って、人に慣れている子の部屋に移してから、
表情が優しく変わっていったそうです。






100405.jpg


収容猫F100405-H29、多頭飼育放棄された推定8歳のメス。

多頭で収容されましたが、この子だけが残っています。






4 (2).jpg

収容猫F4、推定3歳の黒茶のオス。

まだ慣れていません。

化膿して腫れていたものが破れ首に傷があります。




5.jpg

収容猫F5、推定5歳の去勢オス。

丸顔で大きめな子です。






7.jpg

収容猫F7、推定5歳の黒茶のオス。

小柄な猫です。

原因はわかりませんが、下半身の毛がありません。





**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。



4.26esasi.jpg

江差保健所には、飼い主に放棄された推定10〜13歳の
オスのミックス犬が3月20日から収容されています。
人懐こくて特に女性に甘えるかわいい子です。
食欲もあって散歩も大好きなナイスガールです。
身体も大きめで力も強いですので、
ご理解のある方との出会いを待っています。
年齢も若くないので、この子の余生を共に過ごしていただける
家族に出会えたらと願っています。
外で繋いだままの飼育は避けて、
生涯大切な家族としてお迎えいただけたら幸いです。
収容期限は4月27日(金)でした。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、
シェアのご協力をお願いいたします!

江差保健所:0139-52-1053  
http://www.hiyama.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/eisei/dog/mayoiinuneko.htm





4.20kitami.jpg


黒猫は譲渡になりました。

北見保健所では、4月17日に飼い主に放棄されたメス猫が出会いを待っています。
15歳の避妊メスは、人に慣れていて好奇心が強く、
よく寝てよく動き、毛がふわふわしていてお人形のようです。
やんきゃで走り回るような猫ではないので、
静かに飼いたい方におすすめです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、
シェアのご協力ををお願いいたします!

北見保健所:0157-24-4171
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kth/inunekojyouhou.htm#2





4.23obihiro.jpg

帯広保健所には、10歳のラブ系ミックスが出会いを待っています。
ラブ系のミックスは4月18日に放棄されました。
自分に何が起きたか分からない様子で、
きょとんとしているそうです。
素直で大人しく人に良く馴れています。
足腰も丈夫ですが、太めなので体重を減らした方が
生活の質も上がると思います。
募集期限は4月27日(金)迄でした!
幸せになりたいのは、どの子も同じはず・・・
どうかご理解ある方との出会いが生まれますよう、
情報拡散やシェアのご協力もよろしくお願いします!

十勝総合振興局:0155-26-9031
http://www.tokachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/sizen/doubutsu/inunekobosyuu.htm






4.24sorati.jpg

空知総合振興局管内の深川保健所には、
3月20日から収容されているサビ猫が飼い主を募集しています。
この子は飼い主が亡くなり放棄されました。
ご飯はドライフードを食べ、トイレは猫砂で出来ています。
以前にも同じ場所からの猫の放棄があり譲渡されていますが、
厳しい環境下でがんばって来ました。
慣れるのに時間がかかると思いますが、
ご理解の上で大切な家族の一員としてお迎えいただけたら幸いです。
また岩見沢保健所にはキジトラのオス猫が出会いを待っています。
かわいらしい声で鳴いて、
人と仲良くしたいのが見てとれる健気な子です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
1日も早く出会いがありますよう、
お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

空知総合振興局:電話:0126-20-0045 
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainusibosyuinuneko.htm






4.25souya.jpg

宗谷総合振興局では、1歳から6歳までのメス猫4頭が
出会いを待っています。
外猫だった4頭は3月22日に稚内保健所に収容され、
馴化していましたが、お世話の職員さんには
お腹を見せるほどになりました。
人が大好きな子やおっとりした子、警戒心の強い子もいます。
どの子も食欲もあり元気です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
他にも10頭余り猫が収容されていて馴化中ですので、
保健所の収容数も多くなっていますので、
早々に出会いがありますように。
お迎え入れのご検討や情報の拡散、
シェアのご協力ををお願いいたします!

宗谷総合振興局:0162-33-2922
http://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/bosyuu.htm





4.27iburi.jpg

室蘭保健所では、飼い主に放棄されたラブ系の
ミックス犬と放棄された2頭の猫と負傷猫扱いだった
性別不明のキジ白猫が出会いを待っています。
ラブ系のミックスは15歳の年齢は全く感じられないほど
元気でお散歩も大好き、骨付きのオヤツもバリバリ食べるそうです。人が大好きな子ですから余生を人の側で
ゆったり過ごせたらと願っています。
キジ白猫は3月27日に負傷猫として動けなくなっていたところを
保護されました。
特に外傷もなく衰弱していたようです。
毛並みも目もきれいな子ですが、
慣れないせいか荒っぽいところもあるようです。
また白黒猫は3月16日に5頭で収容され、
うち3頭には出会いがありました!
推定1〜3歳の黒白猫のメスのうち1頭は
すっかり慣れて性格も良い子です。
もう1頭はまだ慣れていませんが、人慣れをがんばっています。
トイレは猫砂で、フードは固形食で大丈夫です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散やシェアの
ご協力をお願いいたします!

胆振総合振興局:0143-24-9578
http://www.iburi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/neko1.htm


保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。
☆ しっぽの会北海道内保健所情報 毎日更新 ☆ 
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html



。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 20:33 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする