2018年02月24日

中標津保健所から子犬5頭引き取りました!


nakasibetu.jpg

中標津保健所から、子犬5頭(オス2・メス3)を引き取りしました!





02.jpg

01.jpg

子犬は7頭兄妹でしたが、先に保健所からメス2頭が譲渡になりまた。

子犬たちは、2月16日(金)、7頭兄妹で中標津町字俵橋14線南で保護されましたが、
ダンボールに入れられ捨てられていたそうです。


***************************************************
愛護動物を虐待したり捨てる(遺棄する)ことは犯罪です。
違反すると、懲役や罰金に処せられます。

愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者→2年以下の懲役または200万円以下の罰金

愛護動物に対し、みだりにえさや水を与えずに衰弱させるなど虐待を行った者→
100万円以下の罰金愛護動物を遺棄した者→100万円以下の罰金

環境省
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/1_law/aigo.html

****************************************************

動物の遺棄や虐待を発見した際は迷わず警察に通報してください。

当会では、啓発用のリーフレットも作成していますので、
ご活用いただける方は当会までご連絡ください。

Eメール:info@shippo.or.jp





ピッピ.jpg

推定1か月半から2か月くらいで、
この子はオス、名前をピッピと命名しました。

一番体格が良く2.6sありました。





kikki.jpg

黒白のボーダーコリー風の子はメスで、身体は小さめで1.9s。

キッキと命名しました。





kukku.jpg

茶白の子は、メスで体重は2.05s。

クックと命名しました。





totto.jpg

この子だけが長毛でモコモコしています。

性別はメスで一番身体が小さく1.85sでした。

トットと命名しました。





プップ.jpg

この子はオスで体重は2.0s。

プップと命名しました。

全員元気で人懐こいベタなれさんです。


中標津保健所では、今後、当地で遺棄や放棄につながらないようにと、
預かった犬猫たちについては避妊去勢等をしていただけるよう
適正な譲渡につながるご努力されておられますが、
地域では未だに放し飼いがなくならず、
外飼いの犬たちの避妊去勢も充分では無いため、
予定外の繁殖やそれが原因と思われる子犬子猫たちの遺棄、
遺棄同然の飼い犬の放棄が後を絶たないそうです。

捕獲をされるのは役場ですが、
犬猫の適正な飼養が、地域の飼い主さんには浸透しておらず、堂々巡りの現状です。


当会は、麻酔等による健康上の問題がない限り、
子犬にも不妊手術を施して、マイクロチップの挿入等、
終えてからのご譲渡となっています。

譲渡にあたって
http://shippo.or.jp/02/boshu.html

飼い主さん募集の情報アップまで、お時間をいただきます。
暫しお待ちください。

これからも犬猫を巡る問題解決に向け、真摯に努力してまいります。

応援よろしくお願いします!

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 18:13 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする