2018年02月23日

2月23日の札幌市動物管理センター福移支所は


今日、2月23日の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬5頭、成猫18頭が収容されていました。

先週は多くの成猫に出会いがありましたが、
福移支所のある篠路は今週は大雪で訪れる人も少なく、
出会いが殆んどありませんでした。



<迷子の犬はいませんでした>

<飼い主募集犬>

060102.jpg

収容犬060201、咬む、吠えるとの理由で放棄された4歳の去勢オス。

お散歩が大好きで、今日も何度も外に出して貰ったようです。

スタッフには良く懐いていますが、突然スイッチが入ることもあり、
譲渡は要相談となっています。

今日はお腹を見せて安心して眠っていました。





69.jpg

収容犬69、推定4歳のブルテリア系の去勢オス。

咬傷事故をおこした経緯があり、
収容からこれまで経過を観察していました。

根は人懐こく甘えん坊ですが、力が強いですので、
散歩時は制御できる人が必要ですし、
簡単に飼育出来る犬ではありません。

スタッフには良く馴れていて、
犬なりに加減を考えながらジャレついているようです。

譲渡は要相談となっています。





011101.jpg

収容犬011101、1月11日に放棄された11歳の柴犬のオス。

お散歩が大好きですが、
エサ皿を下げるときや、リード・服の着脱時などに
スイッチが入り咬むことがありますが、
基本は静かな性格のようです。

首回りが激しく脱毛し痒みもあるようです。

根気よくケアする必要があります。





021301.jpg

収容犬021301、
2月13日に放棄された7歳のメスのミックス犬(ラブラドール×ゴールデン)。

人が大好きで、元気いっぱいな明るい子です。

おすわりやお手などができます。

ちょっとやきもち焼きなところもあります。

大型犬ですので、十分な飼育スペースや運動量が必要です。





021602.jpg

収容犬021602、2月16日コーギーミックスと一緒に放棄された11歳の避妊メスの柴犬。

とても小柄です。

和犬気質で臆病なところがありますが、人には慣れています。

白内障が始まっています。

また、声が高くよく鳴きますので、ご近所への配慮が必要です。





<迷子猫>

125.jpg

収容猫F125、2月21日、東区東苗穂8条1丁目で保護された茶猫のオス。

身体は汚れ、必死に彷徨っていたのでしょう。

まだナーバスになっていましたが、かわいい子でした。

迷子期限日は2月27日(火)です。





<飼い主募集猫>

173.jpg

収容猫173 、推定3歳のメスのキジトラ。

センターに来て約1年がたちますが、少し慣れてきたところです。





174 (2).jpg

収容猫F174、推定5歳のメスの黒猫。

大人しく控えめな子です。

この子も長期収容の猫です。





38.40.jpg

収容猫F38、F40は推定3歳去勢オスは兄弟猫のようです。

臆病で静かな子で、2頭はとても仲良しです。

一緒にお迎え入れしていただけたら幸せです。





48.jpg

収容猫F48、推定3歳の白黒の避妊メス。

先週、不妊手術を終えました。




115.jpg

収容猫F115、推定10歳の黒茶灰のメス。

いつも大人しいです。






012703.jpg

収容猫F012703、推定6歳の灰黒の去勢オス。

収容からもうすぐ1年になろうとしています。

大分慣れて来ています。





013102.jpg

収容猫F013102、推定2歳の黒茶のメス。

紙袋を用意して貰いお気に入りの様子で出てきません。





102701.jpg

収容猫F102701、放棄された10歳以上の黒白の去勢オス。





090401.jpg

収容猫F090401、多頭飼育放棄の推定5歳の避妊メス。

大分慣れてきました。





090506 (2).jpg

収容猫F090506、推定5歳のメス。

同じく多頭飼育崩壊からの引取りです。

まだ警戒していますが、徐々に慣れてきました。





090507.jpg

収容猫F090507、推定10歳のメス。

この子も多頭飼育崩壊からの引取りで、とても人慣れした大人しい子です。




100405.jpg

収容猫F100405、多頭飼育放棄された推定8歳のメス。

シャム系のきれいな猫ですが寝ていることが多いです。





012301 (2).jpg

収容猫F012301、飼い主に放棄された推定5歳の黒茶の去勢オス。

まだ環境に慣れていません。

かなり太っていて、右目は見えていないようです。

人には慣れているとのことです。





021601.jpg

収容猫F021601、推定8歳の黒茶のメス。

放棄され環境の変化に戸惑っています。

人馴れした大人しい子です。

凄く痩せています。





**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。





2.19siribesi.jpg

後志振興局管内の保健所には、
遺棄されたと思われる推定1〜2歳の茶トラのオスが
収容され出会いを待っています。
臆病な性格で人に触られることに馴れていませんでしたが、
徐々に心を開き、今では手をニギニギするなど
甘えるようになってきました。
特にゴハンの時はゴロゴロしますが、
恐怖を感じると少しシャーッと来るそうです。
若いので、新しいオウチに迎えられれば
人への適応力は高そうです。
人慣れ特訓中のツンデレさん猫の境遇をご理解いただき、
愛情を持って飼っていただける飼い主さんを募集しています。
猫を飼ったことのある方に向いているかと思います。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
どうかご理解のうえ、お迎え入れのご検討や情報の拡散、
シェアのご協力をお願いいたします!  
  
後志総合振興局:0136-23-1354
http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.htm





2.20souya.jpg

宗谷総合振興局では、猫が2頭出会いを待っています。
2歳くらいの白黒の去勢オスは、元気がよく、
人に擦り寄ってくる子で人に慣れています。
ただ強いスキンシップは苦手なようです。
猫との付き合いに慣れている方を募集しています。
推定1歳の白茶のオスは、
怖がりだけどめったに怒ることはありません。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、
シェアのご協力ををお願いいたします!

宗谷総合振興局:0162-33-2922
http://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/bosyuu.htm





2.21takikawa.jpg

滝川保健所では、猫6頭が出会いを待っています。
2月14日に飼い主に放棄されたロシアンブルー風の去勢オスは、
寂しそうに鳴いているそうですが、慣れて来ています。
写真以上に実物がきれいな猫だそうです。
2月16日に飼い主に放棄された5頭の成猫たち。
キジトラのオスは、性格花マルでスリスリな子です。
猫風邪治療中です。
もう1頭のキジトラのオスは、食欲旺盛です。
外耳炎の放置によるものか耳がつぶれたようになっています。
キジトラ長毛のメスは、気品があって控えめです。
長毛種ですので、お手入れが必要です。
黒のオスは控えめですがスリゴロです。
キジトラのメス?は一番活発です。
体格も小さく小顔のかわいい子です。
人間に翻弄されている猫たちですが、皆いい子揃いです!
幸せになりたいのは、どの子も同じはず・・・
どうかご理解ある方との出会いが生まれますよう、
情報拡散やシェアのご協力もよろしくお願いします!

滝川保健所:0125-24-6594
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/tth/kannkyo/kainushi300220.pdf





2.22tomakomai.jpg

苫小牧保健所では、猫4頭が出会いを待っています。
3頭は、一般住宅で駐車中の車両の上に
キャリーバックに入れられ遺棄されていました。
その後、キジ白の猫3頭が同じ手口で遺棄されましたが、
再犯だとすると非常に悪質です。
犬猫などの愛護動物の遺棄は犯罪です!!動物愛護管理法により、100万円以下の罰金に処されます!
容疑者へつながる情報をお持ちの方は、
警察への情報提供をお願いします。 最初に遺棄された3頭は、収容時は怯えていましたが、
少しずつ慣れてきて触らせてくれるようになり、
キジトラのメスはスリスリで、
キジトラ白のオスも懐こいそうです。
白黒のオスも大分慣れてきました!
後から遺棄された3頭のうち2頭は譲渡され、
1歳未満のキジ白のオスは、まだ警戒していますが、
食餌が欲しくて寄ってくるそうです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

苫小牧保健所:0144-34-4168   
http://www.iburi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/tth/inuneko.htm





2.23osima.jpg

渡島保健所には、飼い主に放棄された10歳のオスの北海道犬と
飼い主に放棄されたキジシロのメス猫が出会いを待っています。
北海道犬は、初めは環境が変わったせいか警戒して
威嚇していたそうですが、今は馴れて
散歩に行きたくて吠えて催促するようになりました。
身体が大きく鳴き声も大きいため、
大型犬の飼育に慣れた、北海道犬にご理解ある方との
出会いを待っています。
募集期限は3月6日(火)です!
キジシロのメスは、臆病ですが攻撃性はなく身体も触れます。
外に出してもすぐにケージに戻ろうとし、
慣れるまでにはもう少し時間が必要そうです。
伏目がちなところがかわいい子です。
募集期限は2月22日(木)でした!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、
シェアのご協力ををお願いいたします!  

渡島総合振興局:0138-47-9439
http://www.oshima.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/kainushi6.htm


posted by しっぽの会 at 20:18 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする