2018年02月23日

今までありがとう!ロウタが虹の橋へと旅立ちました・・・。

15歳のアメリカンコッカ―スパニエルのロウタが
2月14日、夜中の1時過ぎに虹の橋へ旅立ちました・・。

ロウタは、昨年の7月に飼い主の事情で新しい家族を探すことになり
当会にやってきた、とても穏やかで人が大好きな子でした。

routa.jpg


以下、ロウタの最期に寄り添ってくださった
ボランティアさんからのご報告です。

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

昨年末から食欲も安定せず、後ろ足の衰えもでてきていたロウタを
2月6日にお預かりすることになり、15歳と高齢の為
これからはロウタにとって穏やかで
しあわせを感じられる時間であって欲しいと願っていました。

お預かりした時から肝臓の薬を飲み、蓄膿症の症状があったロウタでしたが
亡くなる前日に朝ご飯を食べて数時間後から茶色の鼻水を出していて
夕方は食欲が無かったので心配していたところ、夜10時くらいから茶色嘔吐が続き
日付が変わって1時過ぎに静かに息を引き取りにました。

数時間嘔吐が続いた時は苦しかったと思います。
ロウタと一緒に過ごした1週間があっという間で
何も良い思いをさせてあげられなかったことが悔やまれてなりません。

今も添い寝をした時の気持ち良さそうな寝顔が愛おしく思い出されます。

ロウタを応援してくださった皆様、ご支援いただいた皆様
スタッフの方々、ボランティアの方々に感謝申し上げます。
今ロウタにはありがとうを伝えたいと思います。

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

routa1.jpg

預かりボランティアさんとご家族に心よりお礼申し上げます。
足長会員の皆さま、ロウタのご支援と応援、本当にありがとうございました。
皆さまとご一緒にロウタの冥福をお祈りしたいと思います。

タグ:虹の橋
posted by しっぽの会 at 08:58 | 保護犬の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする