2018年02月08日

吉田学園動物看護専門学校さまで講義させていただきました☆

yosida.jpg

2月6日(火)吉田学園動物看護専門学校さまで
当会理事の折戸直美が、〜子猫ケアのあり方と共生の幸せ〜と題して
特別講義させていただきました。

吉田学園さまでは、家族のいない動物を作りたくないとの思いから
実習用の犬を飼育しておらず、動物の命や福祉を大切にする
動物愛護の取り組みに力を入れていらっしゃいます。
この日は、動物看護の学生さんを中心に32名の方々が
講義を聞いてくださいました。

折戸理事は、動物看護やトリマー経験などを生かして
長年仕事と並行して精力的にボランティア活動をしており
札幌市の愛護推進員や動物愛護管理推進協議会の委員でもあります。

orito.jpg

この度はその豊富な経験から、子猫のケアを中心にお話させていただきました。

生まれたばかりの子猫、乳飲み子のケアは
なかなか経験が無いと難しく、将来様々な職業に就かれる学生の皆さまにも
知識として知っておいていただければ、必ずお役に立つときが来ると思います。

momen.jpg

同時に、子猫の多くがケアされる前に亡くなっている事
不妊手術の大切さ、小さな命を繋いでいくことの意義なども感じていただければと思いました。

講義には、乳飲み子モデルとしてスライドにも多数登場した
折戸家の飼い猫「木綿(もめん)」も協力スタッフとして参加してくれました(笑)

momen1.jpg

これから、動物業界をはじめとする社会に羽ばたく皆さまの
ご活躍を期待しております!
吉田学園動物看護専門学校さま、菅教育部長さま、職員の皆さま、
生徒の皆さま、本当にありがとうございました!

未来ある学生の皆さん、現実は大変なことも多いですが、
夢や希望を忘れずに、物言えぬ小さな命の代弁者として
「いのち」を大切にする社会人になってくださいね!

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
posted by しっぽの会 at 09:38 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする