2018年01月31日

今までありがとう!ソフィが虹の橋へと旅立ちました・・・。


sofuli.jpg

1月24日、ソフィが虹の橋へと旅立ちました・・・。
ソフィは、昨年の11月に飼い主の入院により
当会で新たな飼い主を探すことになった15歳半のペルシャ猫の女の子です。

来たばかりの頃はうずくまって全く動かずシャーとパンチの繰り返しで、
高齢での環境の変化は本当に可哀想でした。

それでも徐々に触らせてくれるようになってきて、
撫でているとゴロゴロと喉を鳴らしていた可愛い子でした。

23日、急に具合が悪く低体温になり、急遽小型ストーブを側に置いたり、
毛布で保温したり、身体をさすり、点滴もしました。

その晩、スタッフは自宅に連れ帰り一緒に出勤した翌朝、
そっと眠るように静かに息を引き取りました。

当日、獣医師に診ていただく予定でしたが、
残念ながら間に合いませんでした。

高齢で環境が変わったこと、大好きだった飼い主さんがいないこと、
ひとりぼっちになったこと、ソフィにとっては、
死に直結するほどの大変なストレスだったのかもしれません。

ソフィはひとりでずっと戦っていたのかもしれません。

皆さまとご一緒にソフィの冥福をお祈りしたいと思います。

今までご支援応援いただきましてありがとうございました。

タグ:虹の橋
posted by しっぽの会 at 00:32 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする