2017年10月13日

10月13日の札幌市動物管理センター福移支所は


今日10月13日の札幌市動物管理センターは、
犬5頭、成猫56頭、子猫10頭が収容されていました。

犬は譲渡が進み先週の11頭から5頭になり、
本日は飼い主に放棄された柴犬が譲渡になりました!

また昨日テレビでも放送されていた多頭飼育放棄の猫たちは
ボランティア団体に譲渡されたそうですが、
いつも無責任な飼い主による猫の多頭飼育崩壊は後を絶ちません。





<迷子犬はいませんでした>

060201.jpg

収容犬060201、咬む、吠えるとの理由で放棄された3歳の去勢オスは、
一度譲渡になりましたが、咬んでしまい再度放棄されました。

とても臆病で神経質ですがスタッフの方には良く懐いています。

お散歩が大好きですごく喜びます。

ご理解があり、飼育経験も豊富で、
何度もセンターに通って犬と対面できる方との出会いを待っています。





41.jpg

収容犬41、推定10歳のメスのミックス犬。

人懐こく大人しく、散歩も大好きです。

遠吠えに似た鳴き声を出すことがあるそうです。





41 (2).jpg

胸から腹部にかけて膨らんでいますが、最近痩せてきて
食欲はあるようですが病院での診察が必要です。

1週間前くらいから、右の後足の付け根あたりの毛が抜け出し痒みもあるようです。



※収容犬092202、放棄された12歳のオスのミニチュアダックスは譲渡になりました!





092701.jpg

収容犬092701、飼い主の引越しで放棄されたメスの柴犬も本日譲渡されました!





092801.jpg

収容犬092801、17歳のオスのダックスは飼い主の病気により放棄されました。

両目が白内障ですが見えてはいるようです。

仲良しだった7歳の息子のダックスは譲渡されました!

父親である高齢のこの子にも幸せな出会いがありますように・・・。





092803.jpg

収容犬092803、飼い主の病気で放棄された18歳のミニチュアダックスの去勢オス。

重度の歯肉炎で顎や歯の一部が溶けていますが、
今日も食欲は旺盛でした。


※収容犬092804、上記と一緒に放棄された16歳の
ミニチュアダックスの去勢オスは譲渡になりました!




収容犬54、オスの白黒の長毛犬、収容犬55、茶のメスのトイプードル、
収容犬56、黒のメスのチワワは譲渡されました!






<迷子猫>

84.jpg

収容猫F84、10月10日、白石区米里2条4丁目で保護された茶白の去勢オス。

人懐こさ抜群のかわいい子でした。

迷子期限日は10月16日(月)です。





86.jpg

収容猫F86、10月11日、白石区東札幌3条6丁目で保護された白灰のオス。

豹のようなきれいな柄の猫で人懐こい子でした。

迷子期限日は10月17日(火)です。





<飼い主募集猫>

174.jpg

収容猫F174、推定5歳のメスの黒猫。

臆病ですが人には良く慣れていて大人しい子です。

黒猫はケージの中だと目立ちにくくアピールも少ないため
なかなか出会いがありません。





193.jpg

収容猫F193、推定3歳の黒茶の去勢オス。

若くきれいな猫です。

子猫も少なくなってきましたので、成猫にもチャンスが多く訪れますように。。




5.jpg

収容猫F5、推定4歳前後の黒猫の避妊メス。

4月からの収容と長期の収容です。

野良だったようですが、かなりリラックス出来るようになりました。




38.jpg

収容猫F38、推定3歳の白灰黒猫のオス。

まだ人にも環境にも慣れていません。




39.jpg

収容猫F39、推定3歳のオスの白灰黒猫。

まだ緊張気味です。




40.jpg

収容猫F40、推定3歳の白灰黒猫のオス。

今日も固まっていました。




48.jpg

収容猫F48、推定3歳の白黒のメス。

まだ慣れていないようです。




49.jpg

収容猫F49、推定5歳のオスの黒猫。

落ち着いた猫です。




53.jpg

収容猫53、推定4歳のオスの黒猫。

尾の先端にケガをして収容されましたが、人に慣れていません。






収容猫F71、推定3歳の茶黒の去勢オスは譲渡されました!





73.jpg

収容猫F73、推定5歳の白黒灰の去勢オス。

去勢手術を受けて外暮らしだったようです。




19.jpg

収容猫F79、推定5歳の白茶の去勢オス。

収容猫の中で一番と言っていいくらい人に慣れています。

去勢手術を受けて外にも出ていたようです。





012703.jpg

収容猫F012703、推定6歳の灰黒の去勢オス。

1月27日に放棄されてから8か月あまりが経過しますが、出会いがありません。

出会いがありますように・・・。





013102.jpg

収容猫F013102、推定2歳の黒茶のメス。

この子も収容が長いですが、
相変らず一番の臆病でトイレに隠れて出てきませんでした。




070401.jpg

収容猫F070401、推定3歳のメスの白黒茶猫。

きれいな三毛猫ですが、環境の変化に馴染めずにいます。

ご理解ある方との出会いがありますように。





083102.jpg

収容猫F083102、8月31日に放棄された7歳の黒白メス。

人が好きな子です。





100301.jpg

収容猫F100301、以下3頭と一緒に放棄されました。

10歳以上も黒茶白のメス。

環境の変化に戸惑っています。

触ることは出来るいい子だそうです。





100302.jpg

収容猫F100302、10歳以上の黒灰茶のメス。

この子も環境の変化に戸惑っていますが、触ることのできるいい子です。





100303.100304.jpg

収容猫F100303、収容猫F100304、10歳以上の黒茶白の去勢オスの2頭。

同じく触ることは出来るいい子ですが、環境の変化に戸惑っています。





<多頭放棄猫>
以下、3件の多頭飼育放棄の猫たちです。

人間に翻弄され行き場を失った猫たちです。

猫たちに罪はありません。

どうか終生大切な家族としてお迎えいただけたら嬉しいです。





001.jpg

IMG_6043.jpg

003.jpg

IMG_6044.jpg

IMG_6045.jpg

IMG_6048.jpg

IMG_6050.jpg

IMG_6055.jpg

IMG_6053.jpg

IMG_6058.jpg

IMG_6062.jpg

IMG_6070.jpg

IMG_6065.jpg

IMG_6072.jpg

IMG_6068.jpg

IMG_6074.jpg

IMG_6076.jpg

IMG_6080.jpg

IMG_6082.jpg

IMG_6078.jpg





**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。


10.11iwanai.jpg

岩内保健所には、シニアのオスの中型ミックス犬が出会いを待っています。
9月6日に共和町内で迷い犬として収容されましたが、飼い主の迎えはありませんでした。
最初は緊張していましたが、どんどん打ち解けてきて体を触られても抵抗を示さなくなり、
正面から頭を撫でられても平気で、耳のうしろや首周りを触られると喜びます。
散歩も大好きで大喜びし、出会った人たちに興味しんしんで、
帰宅の気配を感じると戻ろうとして、犬舎に入ることを全力で拒みます(笑)
ウンチは犬舎内ではしなくなり、午前と午後の散歩中にしています。
後足が疲れるのか、散歩は30分くらいまでが限界のようで、
散歩のあと、ブラッシングとマッサージをしてあげると、うたた寝をしているそうです。
食餌は缶詰にドライフードを混ぜて与えているそうで、
オヤツは大好物でいくらでも食べます。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・どうかご理解のうえ、
お迎え入れのご検討や情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

岩内保健所:0135-62-1537
http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.htm





10.02tomakomai.jpg

苫小牧保健所では、犬2頭が出会いを待っています。
犬たちは親子と推測され、牧場で餌を見つけて暮らしていました。
推定7〜10歳のメスは、人慣れしていて人懐こいですので、元は飼い犬と思われます。
とても人懐こく放浪生活が長かったようですが、撫でられるの大好き!
しっぽブンブンでぺろぺろしシャンプーも大人しくさせてくれたそうです。
一緒に保護されたオス犬と離れるとさみしがりますが、
お散歩になれば1頭でもルンルンだそうです。
推定3〜5歳のオスはメス犬と長らく放浪生活をしていたようですが、
最初に比べるととっても人懐こくなりました。
慣れた場所で、慣れた人には、しっぽフリフリで、楽しそうにかまってアピールします。
大人に対してはとても穏やかで、何をしても怒ること無く、
シャンプーも全身大人しくお利口にしていましたが、
子供には過敏に反応することがあるそうです。
上のメス犬と離れると、寂しさと不安で挙動不審になってしまうので、
少し時間をかけてあげる必要がありそうです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
どうかご理解のうえ、お迎え入れのご検討や情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

苫小牧保健所:0144-34-4168   
http://www.iburi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/tth/inuneko.htm




10.03kamikawa.jpg

上川保健所収容のメスの柴犬は、鷹栖町役場で迷子公示しましたが飼い主の迎えはなく、
上川保健所で出会いを待っています。
臆病ですが攻撃性はありません。
募集期限は10月20日(金)です!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
どうか命が繋がりますよう、お迎え入れのご検討や情報の拡散、
シェアのご協力をお願いいたします!

上川保健所:0166-46-5994   
http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/inunekohogojouhou.htm




10.05nemuro.jpg

根室保健所には、推定1歳の茶トラ猫のメスが出会いを待っています。
この子は市民からの通報で警察経由で根室保健所へ持ち込まれました。
茶トラで尻尾は長くとても人に懐いていて撫でられるのが大好きです。
誰にでもおなかを見せてくれる子で、
おっとりしていていつも寝転んでくつろいでいるそうです。
餌はドライフードでトイレは猫砂で大丈夫です。
かかとの皮膚病は現在治療継続中で、治ってきています。
またお腹が通常より張っており、水をたくさん飲み
尿の量が多いそうで餌も沢山食べるそうです。
とてもいい子ですが出会いがないため今後の収容期限が微妙になって来ました!
また推定3歳の黒白のミックス犬のオスは、飼い主の迎えもなく飼い主募集になりました。
中標津保健所の白いミックス犬は返還されました。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
今度こそ、大切にしてくださる家族の一員になれますよう、
お迎え入れや情報の拡散等、皆さまのご協力をお願いします! 

根室振興局 :0153-23-6813
http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/dogcat/information.htm





10.10takikawa.jpg

滝川保健所には、犬1頭が出会いを待っています。
9月14日、迷子で収容された若いメスのミックス犬は、
当初は唸ることもありましたが、
だんだん慣れて来てお散歩も楽しそうにし、笑顔が増えてきました!
削痩していましたが、食欲もありお肉が付いてかわいらしくなりました。
大きさは中型ですが大きい方です。終生大切にしてくださる方との出会いを待っています。
幸せになりたいのは、どの子も同じはず・・・
どうかご理解ある方との出会いが生まれますよう、
情報拡散やシェアのご協力もよろしくお願いします! 

滝川保健所:0125-24-6594
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/tth/kannkyo/kainushi291002.pdf




10.12oho-tuku.jpg

紋別保健所には飼い主募集の犬が1頭と迷子の犬が1頭収容されています。
推定4歳のタヌキ顔のミックス犬のメスは10月3日、滝上町で保護されました。
当会で引き取りしている一連の野犬とは別なようです。
人には慣れていませんが、攻撃性はありませんし手からオヤツも食べてくれます。
ですが残念ながら今のところ出会いも問合せもありません。
募集期間は10月17日(火)となりました!
また、推定10歳以上のオスのミックス犬は10月9日(月)、
茶色革製首輪をつけた状態で紋別市幸町7丁目4番で保護されました。
歩き方がヨタヨタして目も白くなっていますが人慣れしたいい子です。
迷子期限は10月12日(木) です!
この子をご存じの方がいらっしゃいましたら、
大至急、紋別保健所0158-23-3108までご連絡をお願いいたします!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
今度こそ、大切にしてくださる家族の一員になれますよう、
お迎え入れや情報の拡散等、皆さまのご協力をお願いします!

オホーツク総合振興局:0152-41-0632
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/mth/wanneko.htm




10.13iburi.jpg

室蘭保健所には登別市で多頭飼育され放棄された猫7頭と、
飼い主に放棄された白黒猫が収容されています。
多頭飼育の猫たちはまともな環境で飼育されておらず、
餌も不足していたのか食欲は大分あります。
メス猫はオス猫たちに比べて健康状態は良好で嘔吐や下痢は確認されていません。
トイレは猫砂で出来ます。オス猫たちは、消化器官の機能が弱まっているのか
嘔吐や下痢をしている猫がいます。
トイレは猫砂で出来ます。皮膚も寄生虫が寄生しているのでケアが必要です。
ですが、皆、人慣れはしており触っても問題ありません。
募集期限は10月18日(水)です!
また白黒猫は、室蘭市で2年間暮らしていましたが、飼い主の都合により放棄されました。
貫禄あるおなかをしているオス猫で人慣れしています。
これまで1頭で飼育されていました。他の猫がいる環境にはあまり慣れていないようです。
食欲旺盛で健康のためにダイエットが必要です。トイレは猫砂で大丈夫です。
募集期限は10月17日(火)です!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散やシェアのご協力をお願いいたします!

胆振総合振興局:0143-24-9578
http://www.iburi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/neko1.htm


保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道保健所情報 ☆ 
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html


毎日のクリックで、HOKKAIDOしっぽの会を無料で応援してください!
http://gooddo.jp/gd/group/shippo/?from=fbn0
赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります。

posted by しっぽの会 at 20:37 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする