2017年09月28日

9月28日の札幌市動物管理センター福移支所は


今日9月28日の札幌市動物管理センターは、
犬10頭、成猫47頭、子猫10頭が収容されていました。

犬は放棄犬が増えて中には18歳と天寿を全うするような年齢で放棄された
ミニチュアダックスもいました。

9月23日は土曜譲渡会では、30名弱の方が見えられ成猫1頭に出会いがありました。




52.jpg

収容犬52、9月20日、白石区北郷で保護されたオスのコーギー系は、
飼い主返還になるそうです!
お迎えがあるそうで本当に良かったです。





060201.jpg

収容犬060201、咬む、吠えるとの理由で放棄された3歳の去勢オスは、
一度譲渡になりましたが、咬んでしまい再度放棄されました。

とても臆病で神経質ですが、スタッフの方には良く懐いていて、
お散歩も大好きで楽しそうです。

ご理解があり、飼育経験も豊富で、
何度もセンターに通って犬と対面できる方との出会いを待っています。





41.jpg

収容犬41、推定10歳のメスのミックス犬。

人懐こく大人しく、散歩も大好きです。

遠吠えに似た鳴き声を出すことがあるそうですのです。

胸から腹部にかけて膨らんでいますが、病院での診察が必要です。





090601.jpg

収容犬090601、9月6日放棄された8歳のオスのミニチュアダックス。

飼い主の引越しにより放棄されましたが、
センター収容前、新しい飼い主に一度譲り渡されたものの、
咬みついたため戻されたとのことです。
人懐こい性格ですが、身体を触られるのが苦手なのか、
突然唸ることがあるそうです。

太り気味なので減量が必要なのと
他の犬や猫に吠えかかるそうですので、1頭で飼育するのが良さそうです。

譲渡は犬の飼育経験がある方が条件となります。





※収容犬091301、
飼い主が亡くなり放棄された15歳のメスのパピヨンには出会いがありました!




092701.jpg

収容犬092701、9月27日に放棄された9歳のメスの柴犬。

白内障で目が白くなっていますが片目は見えているようです。





092801.092802.jpg

収容犬092801・092802は、17歳と7歳のスタンダードダックスで、
今日2頭一緒に放棄されました。

2頭は人懐こそうでした。





092803.jpg

収容犬092803は、今日下記と一緒に放棄された18歳のミニチュアダックスの去勢オス。

歯槽膿漏からか?原因は分かりませんが、歯も顎も溶けていました。

しかし食欲は旺盛で自覚の意識があるのか分かりません。





092804.jpg

収容犬092804は、今日上記と一緒に放棄された16歳のミニチュアダックスの去勢オス。

18歳7、17歳、16歳、7歳と今日だけで4頭のダックスが放棄されています。

事情は分かりませんが放棄されたり迷子で収容される犬猫の多くは
手をかけて貰っていない子が殆んどで、
適正に飼養されてない様子が見てとれます。

終生飼養は飼い主の義務ですが、
義務以前に愛情や責任感そのものが無いのでしょうか。

もうそういった話にもならないくらい困窮しているのでしょうか。





<迷子猫>

80.jpg

収容猫F80、9月25日、清田区清田3条1丁目で保護されたオスの茶白猫。

かわいらしく人懐こい子でした。

飼い猫だったと思われますが、
猫は犬と比べて飼い主の迎えがなく、家に帰れることはまずありません。

愛猫ではないのでしょうか?
それともいずれ帰って来ると思っているのでしょうか?

迷子期限日は9月29日(金)です。





<飼い主募集猫>

173.jpg

収容猫F173、推定3歳のメスの茶黒猫。

慣れるのに時間がかかっています。




174.jpg

収容猫F174、推定5歳のメスの黒猫。

臆病で静かで大人しいです。




193.jpg

収容猫F193、推定3歳の黒茶の去勢オス。

若くきれいな猫です。

早く人慣れしますように。




5.jpg

収容猫F5、推定4歳前後の黒猫の避妊メス。

4月収容と長期の収容ですが、
野良だったようですが、かなりリラックス出来るようになりました。




収容猫F17、 推定2歳前後のやや長毛の黒茶のオス。
かわいいので懐けばすぐに出会いがありそうです。





38.jpg

収容猫F38、推定3歳の白灰黒猫のオス。

まだ慣れてなくトイレで固まっています。




39.jpg

収容猫F39、推定3歳のオスの白灰黒猫。

まだ緊張しています。




40.jpg

収容猫F40、推定3歳の白灰黒猫のオス。

まだ緊張しています。




48.jpg

収容猫F48、推定3歳の白黒のメス。

外にいたため妊娠の可能性があります。




49.jpg

収容猫F49、推定5歳のオスの黒猫。

落ち着いた猫です。




53.jpg

収容猫53、推定4歳のオスの黒猫。

尾の先端にケガをして収容されました。

静かな猫です。




収容猫F60、推定3歳のメスの灰白茶猫は23日の土曜開庁で譲渡になりました。





71.jpg

収容猫F71、推定3歳の茶黒の去勢オス。

足を怪我しています。

まだ戸惑っていました。





73.jpg

収容猫F73、推定5歳の去勢オスの白黒灰猫。

耳先カットされているのでTNRされた猫ではないでしょうか。





79.jpg

収容猫79





012703.jpg

収容猫F012703、推定6歳の灰黒の去勢オス。

1月27日に放棄されてから8か月あまり。
長期収容している札幌市動物管理センターに感謝しています。




013102.jpg

収容猫F013102、推定2歳の黒茶のメス。

相変らず一番の臆病でトイレに隠れて出てきませんでした。




070401.jpg

収容猫F070401、推定3歳のメスの白黒茶猫。

きれいな三毛猫ですが、環境の変化に馴染めずにいます。

ご理解ある方との出会いがありますように。





083102.jpg

収容猫F083102、8月31日に放棄された7歳の黒白メス。

人が好きな子ですから寂しそうです。

1日も早く家族になれますように・・。





<多頭放棄猫>
110匹多頭飼育崩壊からの成猫オスが収容され収容過多となっています!

食べるのが大好きでオヤツタイムはみんなで大合唱しています。

皆人に慣れた可愛らしい猫たちです。
トイレの躾もほぼ出来ています。

全てオスで耳が奇形の猫もいます。

080107.080108.jpg

080110.jpg

080112.jpg

080107.jpg

080102.jpg

080105.jpg

080115.jpg

080114 (2).jpg

080114 (3).jpg

080114.jpg

080115.jpg

080117.jpg

080119.jpg

080120.jpg




以下、一連の多頭飼育放棄された猫です。

収容猫は全てメスで黒白、推定2〜5歳の多頭飼育崩壊からの引き取り猫です。

やや怖がりな子が多く妊娠の可能性があります。


090504.jpg

090506.jpg

090502.jpg

090701.jpg

090501.jpg

090702.jpg

090901.jpg




**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

なお状況は変わりますので、直接振興局のURLでもご確認ください。


9.20sorati.jpg

空知総合振興局の岩見沢保健所では、成猫4頭が出会いを待っています。
推定10歳のオス猫2頭は、空知総合振興局にケージに入れられ遺棄されていました。
動物の遺棄は犯罪です!振興局では警察にも通報しています。
2頭は大人しく、特に白猫は初対面の人にもスリスリしますです。
茶トラの子は過去に交通事故でも遭ったのか左後ろ足が
手術したように欠損していますが、2段ゲージの上段にも登れます。
また多頭飼育者に放棄された推定3歳のメス猫2頭は、
臆病ですが攻撃性はなく大人しい美猫です。
この後、14頭の多頭飼育放棄の引き取りが予定されていて、期限が迫って来ました!
臨時の譲渡会も予定されています。

日時:10月1日(日)11:00〜15:00 
場所:空知総合振興局1Fロビー 
参加:犬1〜 2頭・猫20〜 30頭くらい参加予定

即日の引き取りをご希望の場合は、キャリーバッグ・リードを持参の上、ご来場ください。

幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!


空知総合振興局:電話:0126-20-0045 
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainusibosyuinuneko.htm





9.28oho-tuku.jpg

紋別保健所には、9月14日に出産した母犬と子犬2頭が出会いを待っています。
3頭を終生飼養できる方、または、母犬を終生飼養し、
2か月後、子犬の新しい家族を見つけることが出来る方が譲渡対象となります。
また推定1歳のメスは、人前でご飯は食べますが、まだ警戒しています。
人の出入りがあると唸って吠えますが、触られても大人しくしています。
今は中型サイズですが、成長期ですので大型犬になりそうです。
遠軽保健所には、推定3歳の性別不明のビーグル系?の
やや大きめのミックス犬が出会いを待っています。
人に対する警戒心が中々とれず、近づくと唸り震えているそうです。
これまで人との関わりが少なかったのではないでしょうか。
中型以上の犬の飼育経験があり、時間をかけて向き合ってくださる方をお待ちしています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
今度こそ、大切にしてくださる家族の一員になれますよう、
お迎え入れや情報の拡散等、皆さまのご協力をお願いします!

オホーツク総合振興局:0152-41-0632
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/mth/wanneko.htm




9.27iwanai.jpg

岩内保健所には、シニアのオスの中型ミックス犬が出会いを待っています。
9月6日に共和町内で迷い犬として収容されましたが、飼い主の迎えはありませんでした。
最初は緊張していましたが、どんどん打ち解けてきて体を触られても抵抗を示さなくなり、
正面から頭を撫でられても平気で、耳のうしろや首周りを触られると喜びます。
散歩も大好きで大喜びし、出会った人たちに興味しんしんで、
帰宅の気配を感じると戻ろうとして、犬舎に入ることを全力で拒みます(笑)
ウンチは犬舎内ではしなくなり、午前と午後の散歩中にしています。
後足が疲れるのか、散歩は30分くらいまでが限界のようで、
散歩のあと、ブラッシングとマッサージをしてあげると、うたた寝をしているそうです。
食餌は缶詰にドライフードを混ぜて与えているそうで、オヤツは大好物でいくらでも食べます。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
どうかご理解のうえ、お迎え入れのご検討や情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

岩内保健所:0135-62-1537
http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.htm




保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。
☆ しっぽの会北海道保健所情報 ☆ 
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html


毎日のクリックで、HOKKAIDOしっぽの会を無料で応援してください!
http://gooddo.jp/gd/group/shippo/?from=fbn0
赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります。

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

posted by しっぽの会 at 22:15 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする