2017年08月03日

8月3日の札幌市動物管理センター福移支所は


今日8月3日の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬3頭、成猫55頭、子猫17頭が収容されていました。

先週に比べて成猫が倍近くになりましたが、
これは今週猫の多頭飼育崩壊の案件があったためで
多頭飼育放棄の成猫のオス猫23頭も収容されていました。

他にも本所に多頭飼育放棄の成猫のオスが10頭収容されています。

成猫は部屋に入りきらず、通路までケージが並べられていました。

センターは2012年にも、猫の多頭飼育放棄が相次いだことがありましたが、
当時が思い起こされる光景でした。

来週11日(金)と12日(土)は、
札幌市西区八軒の本所で臨時の譲渡会が予定されています。
センターでは多頭飼育放棄の猫の情報の整理中ですので、
写真の公開はこれからとなります。
多くの成猫たちにも出会いがありますように・・・。

朗報は、放棄された2頭のミニチュアピンシャーは、本日一緒に譲渡されました!




36.jpg

迷子犬36、8月1日、白石区南郷通21丁目で保護されたポメラニアン系のメス。

保護された時は汚れてコテコテだったそうで、
相当彷徨い続けていたのかも知れません。

スタッフの方にシャンプーしてもらい、とても可愛くなっていました。

性格も人懐こく、しっぽをフリフリして愛嬌もありました。

首輪等の装着はありませんでした。

迷子期限日は8月10日(木)です。





060201.jpg

収容犬060201、咬む、吠えるとの理由で放棄された3歳の去勢オス。

一度譲渡になりましたが、咬んでしまい再度放棄されました。

センターの飼育スタッフにはとてもフレンドリーですが、
食器の回収時に怒りだす、棒状のものに恐怖を感じるのか怒りだすそうです。

とても臆病で神経質ですがお散歩は大好きです。

こうした行動をとる犬について理解があり、飼育経験も豊富で、
何度もセンターに通って犬と対面できる方との出会いを待っています。





33 (2).jpg

収容犬33、推定8歳のメスのミックス犬は
迷子でしたがお迎えがなく新たな飼い主募集になりました。

穏やかな性格のようで、散歩好きだそうでが自由に歩いてしまいようです。

散歩に慣れていないのかも知れません。

頭頂部にいぼ状の腫瘤があります。





迷子猫は、収容猫F60、7月31日に白石区中央3条6丁目で保護された三毛猫のメスです。

迷子期限日は8月4日(金)です。





以下、出会いを待つ猫たちです。

119.jpg

収容猫F119、推定3歳の黒のメス。

昨年9月から収容されている一番の古株です。

臆病ですが、側に行っても逃げなくなりました。





173.jpg

収容猫F173、推定3歳のメスの茶黒猫。

以前は怖がっていましたが、大分慣れてきました。




174.jpg

収容猫F174、推定5歳のメスの黒猫。

いつも静かで大人しい猫です。




193.jpg

収容猫F193、推定3歳の黒茶の去勢オス。

慣れてきたような・・・まだ若くかわいい子です。




5.jpg

収容猫F5、推定4歳前後の黒猫の避妊メス。

野良だったようですが、大分リラックスして過ごせるようになってきました。





17.jpg

収容猫F17、 推定2歳前後のやや長毛の黒茶のオス。

緊張した様子でした。





39.jpg

収容猫F39、推定3歳のオスの白灰黒猫。

この子もまだ緊張しています。




42.jpg

収容猫F42、推定3歳のメスの白灰黒猫。

かなり怖がっている様子でした。

外にいたため妊娠の可能性があります。




48.jpg

収容猫F48、推定3歳の白黒のメス。

警戒しています。

外にいたため妊娠の可能性があるそうです。





50.jpg

収容猫F50、推定3歳のメスの灰猫。

とても人懐こい子です。

放浪していたのか痩せています。

センターでけいれん発作を起こしたそうで、
眼(瞳孔)に異常がある可能性があるそうです。





53.jpg

収容猫53、オスの黒猫。



55.jpg

収容猫55





56.jpg

収容猫56





57.jpg

収容猫57





58.jpg

収容猫58





012703.jpg

収容猫F012703、推定6歳の灰黒の去勢オス。

まだ緊張している様子ですが、収容から7か月を過ぎました。

出会いがありますように。





013102.jpg

収容猫F013102、推定2歳の黒茶のメス。

今日も隠れたままで前に出てきませんでした。




070305.jpg

収容猫F070305、推定2歳のメスの黒猫。

多頭飼育放棄の、先日収容された多頭飼育の子猫たちの親です。
オスといたため妊娠の可能性があります。

まだ環境に慣れていません。




070401.jpg

収容猫F070401、推定3歳のメスの白黒茶猫。

まだ環境に慣れず戸惑っています。
オスといたため妊娠の可能性があります。




070403.jpg

収容猫F070403、推定8歳のメスの薄茶猫。

まだ環境に慣れず戸惑っています。
オスといたため妊娠の可能性があります。




070502.jpg

収容猫F070502、放棄された推定3歳の茶トラの去勢オス。

同じ飼い主から、7月4日と5日に分けて計6頭が放棄され
センターで去勢手術を行いました。

少し慣れて来たでしょうか。




072504.jpg

収容猫F072504、推定4歳の白灰黒のメス。

やや肥満気味です。

少し落ち着いてきたようです。




072505.jpg

収容猫F072505、推定5歳の白灰黒のメス。

同じく太りすぎで、内臓疾患の可能性があります。





**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html



7.14ohotuku.jpg

網走保健所には、2頭のメス猫が出会いを待っています。
2頭は、網走市内で多頭飼育されていましたが、飼い主が亡くなり放棄されました。
健康上の問題もなさそうで、食欲もあり元気です。
大変人に馴れていますので、飼育しやすい子と花マルの良い子です。
まだ猫が残されているそうですので、一刻も早く出会いがありますように・・・。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
今度こそ、大切にしてくださる家族の一員になれますよう、
お迎え入れや情報の拡散等、皆さまのご協力をお願いします!

オホーツク総合振興局:0152-41-0632
網走保健所:0152-41-0701

http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/kankyoueisei/dog.htm




7.31yuni.jpg

空知総合振興局管内の由仁保健所には、犬1頭、猫1頭が収容され出会いを待っています。
成犬のオスは迷子でしたが、飼い主の迎えはありませんでした。
人懐こく、散歩も上手にできますが、
気に入らないことがあると飛びかかったり咬むことがあるそうで、
信頼関係を作り躾ける必要があります。
10歳のメスのキジトラ猫は放棄されました。
飼い主以外には、撫でようとするとシャーと威嚇するそうで、
環境が変りあまり食欲もないそうです。
時間をかけて向き合っていただける方との出会いを待っています。
1日も早く温かな家族の一員になれますよう、
お迎え入れのご検討や情報のシェア、拡散もお願いいたします!

空知総合振興局:電話:0126-20-0045 
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/kainusibosyuinuneko.htm




8.01engaru.jpg

オホーツク総合振興局管内の遠軽保健所には、
推定1歳のシャム系のメスが収容されています。
この子は7月20日に遠軽町内で迷子で捕獲されました。
良く人に慣れていることから飼い猫と思われますが、飼い主の迎えはありませんでした。
くしゃみと鼻詰まりがありますが、大分回復してきました。
現在は食欲もあり元気に過ごしているそうです。
しかし遠軽保健所ではなかなか出会いがありません。
募集期間は8月9日(水)迄です!どうか1日も早く出会いがありますように。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
今度こそ、大切にしてくださる家族の一員になれますよう、
お迎え入れや情報の拡散等、皆さまのご協力をお願いします!

オホーツク総合振興局:0152-41-0632
遠 軽 保 健 所 :01584-2-3108
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/mth/wanneko.htm




8.02ebetuisikari.jpg

江別保健所には、ミックス犬と成猫2頭、石狩保健所では、
マルチーズと成猫1頭が新たな出会いを待っています。
オスのミックス犬は、7月4日江別市内で迷子で保護されました。
高齢で、目は見えていないようですが、
散歩を楽しんでいるようで排泄は外でするそうです。
温厚な性格で飼いやすい子と思いますが、高齢ですので、
遠くないうちに介護を含めたケアが必要になって来ると思います。
メスの三毛猫は、7月6日迷子収容されました。
きれいな猫で、人に馴れていて、食欲もありトイレは猫砂で大丈夫です。
のんびりマイペースで過ごしています☆
若いキジトラ猫は、個人宅の車庫で保護され、6月19日に収容されました。
野良猫だったのかもしれませんが、毛並みもきれいだそうです。
少しずつ慣れて来ているそうです。性別は不明です。
石狩保健所では2頭が出会いを待っています。
7月31日放棄された8歳のマルチーズの去勢オスは、
震えて怯えが酷く咬む行動が見られますが、
環境に慣れるまで時間が必要です。
骨盤をケガしているキジトラのオスは、
後遺症のため歩きにくそうですが、
歩行するには問題なく自分のペースで室内をお散歩しているそうです。
穏やかな性格で目がくりくりの美猫で人懐こい子です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報のシェア、拡散のご協力もどうぞよろしくお願いします!

江別保健所:011-382-3054 
江別保健所石狩支所 0133-74-1144
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/se/ke/inu-neko.htm




8.03osima.jpg

渡島保健所には、成猫2頭、子猫3頭、木古内支所には子猫3頭、
渡島総合振興局には、負傷の子猫2頭の合計10頭が出会いを待っています。
皮膚病のミックス犬は譲渡が決まりました!
子猫たちは人に慣れていますが、風邪気味な子もいて、ケアが必要ですし、
離乳食を食べている子もいますので、お世話できる方との出会いを待っています。
また黒白のメスは、人慣れ訓練中で、
愛情を持って接してくださる方との出会いを待っています。
黒猫は人懐こい子です。渡島総合振興局の負傷の子猫2頭は、
足に後遺症がありますが、生活に支障はなく、排泄も出来ますし、人懐こい子たちです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、シェアのご協力ををお願いいたします!

渡島総合振興局:0138-47-9439
http://www.oshima.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/kainushi6.htm
負傷猫PDF
http://www.oshima.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/doubutsukanri/hushou.pdf


保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道保健所情報 ☆ 
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html


※野良猫の保護に取り組んでいる地域住民の方へ 
しっぽの会では、野良猫の不妊・去勢手術代の一部を助成しています。
しっぽの会の「飼い主のいない猫基金」をぜひご活用ください。
http://shippo.or.jp/noranekotoinoti.html


毎日のクリックで、HOKKAIDOしっぽの会を無料で応援してください!
http://gooddo.jp/gd/group/shippo/?from=fbn0
赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります。

posted by しっぽの会 at 21:25 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする