2017年07月13日

7月13日の札幌市動物管理センター福移支所は


今日7月13日の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬1頭、成猫27頭、子猫9頭が収容されていました。

連日30℃を超える猛暑が続く北海道ですが、
福移支所の犬猫たちも連日の暑さには閉口している様子でした。



070503.3.jpg

収容猫070503は、7月5日に6頭で放棄された推定1歳の去勢オスですが、
熱中症のような状態でしたので、急遽引き取りして動物病院に向かいました。

痩せてガリガリでかなりの脱水状態でした。





07050302.jpg

病院で検査のため血液を取ったところ、血液がドロドロになっていて、
検査が出来る状態ではありませんでした。
酷い脱水状態でしたが、血栓ができなかったのも運が良く、
1日遅れてたら死んでいたかも知れなかったそうです。

数日入院することになりましたが、
入院中も持つかどうかは分からないくらい悪い容態です。

放棄されたショックと猛暑の毎日に食欲もなく
強制給餌をしても4〜5日殆んど食べていませんでした。

人には慣れていて、とても大人しくいい子でした。





060201.jpg

収容犬060201、咬む、吠えると放棄された3歳の去勢オス。

とても臆病で神経質なところがあり、特に初対面の人には吠えかかり、
防衛のため攻撃的になります。

ですが、慣れた職員さんには良く懐き、散歩も大好きです。

賢くオスワリ、フセ、マテ、オテ、オカワリ、
素早くコマンドに従います。

センターでは、「犬の飼育経験があることを条件とし、
何度か通っていただき、犬との相性を確認の上で譲渡します。」とのことです。





43.jpg

収容猫F43、7月7日、豊平区平岸1条20丁目で保護された白黒茶の去勢オス。

青緑赤のチェック模様の布製の首輪には、銀色と緑色の2つの鈴がついています。

飼い猫なのは間違いないと思いますが、とうとう飼い主の迎えはありませんでした。

迷子期限日は本日7月13日(木)でした。





44.jpg

収容猫F44、7月11日、豊平区月寒西1条9丁目で保護されたオスの黒灰猫。

迷子期限日は7月18日(火)です。





45.jpg

収容猫F45、7月12日、白石区東米里で保護されたオスの茶白猫。




45.1.jpg

右耳の後ろが皮膚病のようでジクジクしていました。

迷子期限日は7月18日(火)です。





119.jpg

収容猫F119、推定3歳の黒のメス。

昨年9月から収容されている一番の古株です。

毎週顔を合わせいるので嫌がらないようです。

あと2か月弱でセンター暮らしも1年です。
どうか新たな出会いが生まれますように・・・。




173.jpg

収容猫F173、推定3歳のメスの茶黒猫。

以前は怖がっていましたが、大分慣れてきました。




174.jpg

収容猫F174、推定5歳のメスの黒猫。

いつも静かで大人しい猫です。

暑さのせいかダラ〜〜ンとしていました。





193.jpg

収容猫F193、推定3歳の黒茶の去勢オス。

まだ若くかわいい子です。

若いですので、家族になれば早めに慣れてくれそうです。




5.jpg

収容猫F5、推定4歳前後の黒猫の避妊メス。

野良だったようですが、リラックスして過ごせるようになってきました。





30.jpg

収容猫F30、推定7歳の白茶の去勢オス。

少し環境に慣れてきた様子です。

喧嘩によるものか首回りに古傷があります。




31.jpg

収容猫F31、推定3歳の白茶のメス。

身体を触らせて甘えるようになりました。
きれいな子です。

外にいたため妊娠の可能性があります。





38.jpg

収容猫F38、推定3歳のオスの白灰黒猫。

38〜42までは同じ場所で保護された猫たちです。

環境に慣れてきた様子です。




39.jpg

収容猫F39、推定3歳のオスの白灰黒猫。

少し慣れてきたのか手足を伸ばせるようになりました。




40.jpg

収容猫F40、推定3歳のオスの白灰黒猫。

まだ緊張していますが少し慣れてきたようです。




41.jpg

収容猫F41、推定3歳のオスの白灰黒猫。

この子もトイレを占領中でした^^;




42.jpg

収容猫F42、推定3歳のメスの白灰黒猫。

かなり怖がっている様子でした。

外にいたため、妊娠の可能性があります。




012703.jpg

収容猫F012703、推定6歳の灰黒の去勢オス。

まだ緊張している様子ですが、収容から5か月を過ぎました。
出会いがありますように。





013102.jpg

収容猫F013102、推定2歳の黒茶のメス。

今日も隠れたままで、なかなか前に出てきませんでした。




以下の黒猫たちは先日収容された16頭の子猫の親たちで
多頭飼育されていました。

メスはオスと同飼育されていたため妊娠している可能性があります。

6頭放棄され3頭は譲渡されています。


070301.jpg

収容猫F070301、推定2歳のメスの黒猫。

多頭飼育放棄の、先日収容された多頭飼育の子猫たちの親です。
オスといたため妊娠の可能性があります。

まだ環境に慣れていませんが、
夜間は運動会をしているようです。




070302.jpg

収容猫F070302、推定2歳のメスの黒白猫。

多頭飼育放棄の、先日収容された多頭飼育の子猫たちの親です。
オスといたため妊娠の可能性があります。

まだ環境に慣れていません。





070305.jpg

収容猫F070305、推定2歳のメスの黒猫。

多頭飼育放棄の、先日収容された多頭飼育の子猫たちの親です。
オスといたため妊娠の可能性があります。

まだ環境に慣れていません。





以下の2頭も多頭飼育放棄です。

070401.jpg

収容猫F070401、推定3歳のメスの白黒茶猫。

まだ環境に慣れず、戸惑っています。
オスといたため妊娠の可能性があります。




070403.jpg

収容猫F070403、推定8歳のメスの薄茶猫。

まだ環境に慣れず、戸惑っています。
オスといたため妊娠の可能性があります。




以下の子は、3頭で放棄された1頭です。(上記の070503も一緒)

070502.jpg

収容猫F070502、推定3歳の茶トラの去勢オス。

本センター本所で去勢し、福移支所に収容されました。

まだ環境に慣れず、戸惑っています。


**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html


7.11ebetu.jpg

江別保健所には、ミックス犬と成猫2頭が新たな出会いを待っています。
オスのミックス犬は7月4日江別市内で迷子で保護されました。
高齢で、目は見えていないようですが、
散歩を楽しんでいるようで排泄は外でするそうです。
温厚な性格で飼いやすい子と思いますが、高齢ですので、
遠くないうちに介護を含めたケアが必要になって来ると思います。
メスの三毛猫は、7月6日迷子収容されました。
きれいな猫で飼い主の迎えがあると思っていましたが、迎えはありませんでした。
人に馴れていて、食欲もありトイレは猫砂で大丈夫です。
若いキジトラ猫は、個人宅の車庫で保護され、6月19日に収容されました。
野良猫だったのかもしれませんが、毛並みもきれいだそうです。
ただ緊張していますので、猫パンチも飛んでくるそうで、性別は不明です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
情報のシェア、拡散のご協力もどうぞよろしくお願いします!

江別保健所:011-382-3054
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/se/ke/inu-neko.htm





7.12kusiro.jpg

釧路保健所には、飼い主を募集している成猫3頭と迷子の成猫2頭、
子猫が1頭収容されています。
飼い主募集の年齢性別不明の黒白猫は野良猫だったようで、逞しく生きてきました。
人慣れはまだですが、これまで大変な想いをした分、
安心して暮らせる環境で過ごせたらと思います。
またキジトラの6歳オス猫2頭は兄弟と思われ、
遺棄されたようで運動公園前の道路で雨に打たれても
じっと動かず放心状態でした。
写真では分かりづらいかも知れませんが、
2頭とも大人しく従順で、1頭は尿路結石があり一時は容態が心配されましたが、
大人しく治療もさせてくれ、快方に向かっています。
2頭は大の仲良しです!一緒にお迎えいただけたらこんなに嬉しいことはありません。
※迷子の3頭に心当たりはありませんか?
お家に帰れますようご協力お願いいたします。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

釧路総合振興局:0154-43-9155 
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm




7.13siribesi.jpg

余市保健所では、飼い主の入院で放棄された老犬の柴犬が収容され出会いを待っています。
1日の殆どを寝て過ごし吠えることはありません。
後ろ脚が悪いので起立続けることは出来なくすぐに座ってしまい、
そのため排泄は座ったままですので、オムツなど着用すると良さそうです。
歯は殆んど残っていなく、口の中に出来物がありますが、
食欲はありドライフードと缶詰を自力で食べています。
また気分転換程度の短い散歩なら出来るそうです。
残された時間をゆっくり過ごしていますので、
最後の時を一緒に過ごしてくださるご理解ある方との出会いを待っています。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
看取りの引き取りとなりますが、
お迎え入れのご検討や情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

後志総合振興局:0136-23-1354
http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/animal/atarasiikainusisagasi.htm

保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、
どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。

☆ しっぽの会北海道保健所情報 ☆ 
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

※野良猫の保護に取り組んでいる地域住民の方へ 
しっぽの会では、野良猫の不妊・去勢手術代の一部を助成しています。
しっぽの会の「飼い主のいない猫基金」をぜひご活用ください。
http://shippo.or.jp/noranekotoinoti.html


毎日のクリックで、HOKKAIDOしっぽの会を無料で応援してください!
http://gooddo.jp/gd/group/shippo/?from=fbn0
赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります。

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 17:40 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする