2017年07月06日

7月6日の札幌市動物管理センター福移支所は


今日の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬2頭、成猫25頭、子猫11頭が収容されていました。

犬の収容数は減りましたが、
多頭飼育放棄の黒猫たちや別件でも多頭飼育放棄が相次ぎ、
譲渡も進んではいますがそれ以上に収容される猫が多くなっています。

蛇口を締めなければいつまで経っても問題は解決しません。

蛇口は動物の数だけでなく、
何よりも無責任な飼い主を減らすことではないでしょうか。




28.jpg

迷子犬28、6月30日、豊平区月寒東4条17丁目で保護されたオスのミニチュアダックス。

人懐こくてとてもかわいい子でした。

保護時は首輪付けていませんでしたが、飼い主の迎えがありますように。

迷子期限日は7月10日(月)です。




060201.jpg

収容犬060201、咬む、吠えると放棄された3歳の去勢オス。

とても臆病で神経質なところがあります。
特に初対面の人には吠えかかり、防衛のため攻撃的になりますが、
慣れた職員さんには良く懐き、散歩も大好きです。

賢くオスワリ、フセ、マテ、オテ、オカワリ、
素早くコマンドに従います。

理解力も高いので、信頼関係が出来ればとても良い家族になってくれそうです。

センターでは、「犬の飼育経験があることを条件とし、
何度か通っていただき、犬との相性を確認の上で譲渡します。」とのことです。


※迷子猫はいませんでした。




119.jpg

収容猫F119、推定3歳の黒のメス。

昨年9月から収容されている一番の古株です。

ちょっとずつですが、環境にも慣れつつあります。





173.jpg

収容猫F173、推定3歳のメスの茶黒猫。

怖がっていましたが大分慣れてきました。




174.jpg

収容猫F174、推定5歳のメスの黒猫。

いつも静かで大人しい猫です。




193.jpg

収容猫F193、推定3歳の黒茶の去勢オス。

まだ若くかわいい子です。

出会いがありますように。




5.jpg

収容猫F5、推定4歳前後の黒猫の避妊メス。

野良だったようですが、萎縮しなくなったように思います。





30.jpg

収容猫F30、推定7歳の白茶の去勢オス。

まだ環境に馴れず緊張していました。

喧嘩によるものか首回りに古傷があります。




31.jpg

収容猫F31、推定3歳の白茶のメス。

身体を触らせて甘えるようになりました。
きれいな子です。

外にいたため妊娠の可能性があります。





38.jpg

収容猫F38、推定3歳のオスの白灰黒猫。

38〜42までは同じ場所で保護された猫たちです。

環境に慣れずまだ怯えています。




39.jpg

収容猫F39、推定3歳のオスの白灰黒猫。

まだ緊張しています。




40.jpg

収容猫F40、推定3歳のオスの白灰黒猫。

まだ緊張しています。




41.jpg

収容猫F41、推定3歳のオスの白灰黒猫。

トイレにこもっていました。




42.jpg

収容猫F42、推定3歳のメスの白灰黒猫。

外にいたため、妊娠の可能性があります。





012703.jpg

収容猫F012703、推定6歳の灰黒の去勢オス。

収容から5か月を過ぎました。出会いがありますように。





013102.jpg

収容猫F013102、推定2歳の黒茶のメス。

今日も隠れたままで、前に出てきませんでした。




以下の黒猫たちは先日収容された16頭の子猫の親たちで
多頭飼育されていました。

メスはオスと同飼育されていたため妊娠している可能性があります。

6頭放棄され2頭は譲渡されています。

070301.jpg

収容猫F070301、推定2歳のメスの黒猫。

多頭飼育放棄の、先日収容された多頭飼育の子猫たちの親です。
オスといたため妊娠の可能性があります。

まだ環境に慣れていませんが、
夜間は運動会をしているようです。




070302.jpg

収容猫F070302、推定2歳のメスの黒白猫。

多頭飼育放棄の、先日収容された多頭飼育の子猫たちの親です。
オスといたため妊娠の可能性があります。

まだ環境に慣れていませんが、
夜間は運動会をしているようです。




収容猫F070303、推定2歳のオスの黒猫。

多頭飼育放棄の、先日収容された多頭飼育の子猫たちの親です。

まだ環境に慣れていませんが、
夜間は運動会をしているようです。




070305.jpg

収容猫F070305、推定2歳のメスの黒猫。

多頭飼育放棄の、先日収容された多頭飼育の子猫たちの親です。
オスといたため妊娠の可能性があります。

まだ環境に慣れていませんが、
夜間は運動会をしているようです。




070306.jpg

収容猫F070306、推定2歳のメスの黒猫。

多頭飼育放棄の、先日収容された多頭飼育の子猫たちの親です。
オスといたため妊娠の可能性があります。

まだ環境に慣れていませんが、
夜間は運動会をしているようです。




以下の5頭も多頭飼育放棄です。6頭放棄され1頭は譲渡されました。

070401.jpg

収容猫F070401、推定3歳のメスの白黒茶猫。

まだ環境に慣れず、戸惑っています。
オスといたため妊娠の可能性があります。





070402.jpg

収容猫F070402、推定1歳のメスの灰猫。

まだ環境に慣れず、戸惑っています。
オスといたため妊娠の可能性があります。





070403.jpg

収容猫F070403、推定8歳のメスの薄茶猫。

まだ環境に慣れず、戸惑っています。
オスといたため妊娠の可能性があります。




070502.jpg

収容猫F070502、推定3歳の茶トラの去勢オス。

本センター本所で去勢し、福移支所に収容されました。

まだ環境に慣れず、戸惑っています。





070503.jpg

収容猫F070503、推定1歳の白黒灰の去勢オス。

本センター本所で去勢し、福移支所に収容されました。

まだ環境に慣れず、戸惑っています。




**************************
北海道内の保健所でも出会いを待っている子が大勢います。
どうかお迎えのご検討や情報の拡散、シェアにご協力ください。
なお収容状況は変わりますので、各保健所のURLをご覧ください。
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html





7.04abasiri.jpg
<子猫は譲渡になりました!>

網走保健所には、猫5頭が出会いを待っています。
茶・茶白の猫3頭は全てメスで、網走市内で多頭飼育されていましたが、
飼い主が亡くなり放棄されました。
人に馴れた可愛らしい子たちです。
まだ猫が残されているそうですので、一刻も早く出会いがありますように・・・。
また母猫は、斜里町前浜町無番地の海岸で、5」頭が狭いケージに入れられ
ているのを6月21日午後9時過ぎ斜里署に保護され、
23日網走保健所に収容されました。
子猫4頭は無事に譲渡され、現在は母猫が出会いを待っています。
動物遺棄は犯罪です!運よく助かったものの、
保護が遅れれば死亡していた可能性もあり、身勝手な飼い主に憤ります!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
4頭が今度こそ、大切にしてくださる家族の一員になれますよう、
お迎え入れや情報の拡散等、皆さまのご協力をお願いします!

オホーツク総合振興局:0152-41-0632
網走保健所:0152-41-0701
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/kankyoueisei/dog.htm





7.04kusiro.jpg
<釧路保健所では現在3頭の成猫、標茶では2頭の親子猫が出会いを待っています>

年齢性別不明の黒白猫は野良猫だったようで、逞しく生きてきました。
キジトラの6歳オス猫2頭は兄弟と思われ、
道路で雨に打たれていましたが、遺棄されたようです。
2頭とも大人しく従順で、1頭は尿路結石があり一時は容態が心配されましたが、
大人しく治療もさせるいい子です。
標茶保健所収容の親子猫は、弟子屈町内で保護されました。
母猫は小柄で、慣れてくると喉を鳴らしながらゴロンと転がって甘えて、
窓から外を眺めるのが好きです。
子猫達にだけでなく、他の猫にも優しく接するいい子です。
子猫だけでも譲渡可能ですが、母子一緒に
受け入れてくださる方がいらっしゃいましたら、ぜひお願いします!
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

釧路総合振興局:0154-43-9155 
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm





7.05nayoro.jpg
<白茶のオスは、譲渡されました!>

名寄保健所では、3頭の成猫が出会いを待っています。
三毛猫のメスは、目つきが悪いとのことですが
大目に見てやってくださいとのことで、人には慣れてきたそうです。
またキジトラのメスは若く、素直で大変飼育しやすそうな子だそうです。
長毛のキジトラ長毛のオスは負傷で保護されました。
大変人に慣れた甘えん坊で、外へ出してくれと、
いつもこの世の終わりのように泣き叫んでいます。
ケージから出してやると、ごろんと転がって腹を見せて
「なでろ」と言います。本当です。とのことです(笑)
右の首元に指先が突っ込めるくらいの傷があり、
治療の結果、肉が盛り上がってきていて、回復しつつあるそうです。
また、ダニ・ノミ駆除薬を使用しているので、
まもなくきれいな体になりますとのことでした。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
温かな家族になれますよう、お迎えや情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

名寄保健所:01654-3-3121 
http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/nth/kakupage/catdog.htm


保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。
☆ しっぽの会北海道保健所情報 ☆ 
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

※野良猫の保護に取り組んでいる地域住民の方へ 
しっぽの会では、野良猫の不妊・去勢手術代の一部を助成しています。
しっぽの会の「飼い主のいない猫基金」をぜひご活用ください。
http://shippo.or.jp/noranekotoinoti.html

posted by しっぽの会 at 20:40 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする