2017年06月08日

本日6/8 釧路保健所から成猫5頭引き取りました!


本日6月8日(木)、釧路保健所から成猫5頭(うち4頭が負傷猫)を引取りしました!

釧路保健所では、子猫の収容が増えて来ることや猫の苦情相談が多く
今後収容限界になることから5頭の猫たちの保管が難しくなってきました。

また負傷の猫たちを動物病院で継続的な治療を施してあげたく引取りしました。



sabi.jpg

サビ猫は若いメスです。

保護時は削痩し衰弱して動けなくなってなって保護されました。

エルマと命名しました。




tyatora.jpg

オスの茶トラ猫も若く、別保公園のレストランで衰弱し保護されました。

喧嘩による顔面の傷と後足の喧嘩によると思われる怪我が膿瘍になり破れていました。

虎一郎(コイチロウ)と命名しました。





kuro.jpg

若い黒長毛の去勢オス。

直前まで飼われていたと思われますが、
6月1日深夜、路上で動けなくなっていたところを警察に保護されました。

交通事故によると思われますが、顎を強く打ちつけたようで、
上下とも顎が骨折により激しく損傷しています。





06.jpg

一時は生死を彷徨いましたが、
振興局さまで治療を続けてくださったお蔭で奇跡的に助かりました!

エドワードと命名しました。





mike.jpg

6月2日、保護した方が保健所に連れて来た若いメスの三毛猫。

左後足の膝から踵までざくざくとした膿んだ傷が複数あり、
すぐに動物病院を受診4日間入院していました。

左後足は、反応はありますが自力では動かせず、上に持ち上がったまま固まっています。

今後の治療も必要ですので当会で引き取りしました。

セーラと命名しました。

以上が負傷猫たちです。





sirokuro.jpg

この子は負傷ではありませんが、手ごわそうなニャンです^^;

釧路町別保で保護されましたが、人が近づくと警戒して唸り、
環境に慣れるまではとオスメスの判定はこれからでした。

オスなら夜雲と書いてヤクモ、メスならエルザになります。

さてーーーー性別はどちらになるでしょうか^^

スタッフは、帰り動物病院に寄りしっぽへの帰路に着きます。

皆さま、いつも応援ご支援ありがとうございます!

しっぽの会はこれからも殺処分はもとより不幸な犬猫がいなくなるため
未来を変えていけるように活動を継続してまいります。


毎日のクリックで、HOKKAIDOしっぽの会を無料で応援してください!
http://gooddo.jp/gd/group/shippo/?from=fbn0
赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります。

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


タグ:釧路保健所
posted by しっぽの会 at 10:25 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする