2017年01月04日

雑誌いぬのきもちの取材から2年半 ダックちゃん


一昨年7月、雑誌Benesseいぬのきもちの特集は、
札幌市動物管理センターの土曜開庁や殺処分ゼロに向けた取り組み、
センターに放棄されその後、新たな飼い主さんに貰われた
半身不随のミニチュアダックスのダックちゃんや
当会でセンターから引取り、その後新たな出会いがあった
ポメラニアンミックスの高齢犬のフーガちゃん等が掲載されました。

あれから2年半、元気なダックちゃんのお便りをいただきました!


02.jpg

ダックです。
札幌市動物管理センターから連れて来て3年になります。
しっぽの会さまと一緒に「いぬのきもち」と言う本に載せて頂いたご縁から
久しぶりに報告させていただきます。





01.jpg

ダックと歩む日々は、私にとって毎日がハッピーです。
下肢麻痺というハンデから、膀胱を絞り尿を出したり、
必要に合わせて車椅子を作ったりと大変な部分もありますが、
そんなこともスッカリ生活の一部です。

最近になり腫瘍が見つかりましたが、
苦労犬ダックの持ち前の明るさに、私の方が励まされています。

推定13歳!どっこい活き活き前向きダックに元気を貰っています。

**************************

介護が生活の一部になったと仰る飼い主さま。
市センターに半身不随で収容されていたダックちゃんにとって
身も心も任せて安心して暮らせる家族があることは何よりも至福なことですね!

ダックちゃんの飼い主さま、ご報告ありがとうございました!!


毎日のクリックで、HOKKAIDOしっぽの会を無料で応援してください!
http://gooddo.jp/gd/group/shippo/?from=fbn0
赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります。


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


posted by しっぽの会 at 01:40 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする