2016年09月30日

9月30日の札幌市動物管理センター福移支所は


今日の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬10頭、成猫45頭、子猫17頭の計72頭が収容されていました。

24日(土)の土曜開庁では、成猫1頭、子猫11頭に出会いがありましたが、
まだまだ収容数が多く、殺処分も免れないのではと心配な収容数となっています。

この時季になると子猫でも出会いが少なくなってきていますし、
成猫ならなお貰われずらい状況です。

冬が早い北海道ではこの先の状況も懸念されています。

嬉しいお知らせは、8月4日に放棄されたマイマラナーに、
幸せな出会いがありました!

また、一番の古株、収容猫228にも出会いがありました!

残念なのは、ゴールデンレトリバーが2頭飼い主に放棄されてしまいました・・・。



008.jpg収容犬87

収容犬87、9月23日、中央区南22条西1丁目で保護されたオスのコリー。

収容から1週間・・・飼い主はなぜ迎えに来ないんでしょうか。
大人しく落ち着いた子です。
保護時は、黄色地に青模様の胴輪を付けていました。

迷子期限は10月3日(月)です。





044.jpg

収容犬88、9月28日、西区琴似3条3丁目で保護されたヨークシャーテリアの去勢オス。

首輪はつけていませんでした。
懐こくかわいい子でした。

迷子期限は10月6日(木)です。






049.jpg

収容犬89、9月28日、 西区八軒5条6丁目の農試公園で保護されたメスのミニチュアダックス。

ケージに入ったまま保護されましたが、遺棄されたのではないでしょうか。

迷子期限は10月6日(木)です。




042.jpg

収容犬090701、放棄された13歳のシーズーの去勢オス。

収容当初は可哀想なくらい震えていましたが、
慣れてきて、しっぽを振ってくれるようになりました。

目が見えてない可能性もありますが、散歩が大好きです。

臆病で人に対して攻撃することがあるとのことですが、
フレンドリーでマイペースな子のように見えました。





062.jpg

収容犬78、推定10歳以上のオスのミックス犬。

臆病な性格ですが、環境にも慣れてきたようです。
グルグル円周運動をしていましたが、もしかしたら認知症状かも知れません。





005.jpg

収容犬83、推定8〜10歳のメスのパピヨン。

怖がりですが人慣れした子です。
舌を出していることが多いようです。





055.jpg

収容犬080301、放棄された推定2〜3歳のオスの北海道犬系ミックス。

最近慣れてきていますが、ゴハンの時に手を出すと威嚇するそうです。
慣れた職員さんにはフレンドリーですが、背中を向けて殻に閉じこもっているようです。

現在、散歩等を通して訓練中で、お座りと待てができます。

環境の変化に敏感で、慣れない環境に置かれると不意に襲いかかってくることがあるとのこと。

譲渡については要相談とのことです。





052.jpg

収容犬092901、放棄された1歳のオスのゴールデンレトリバー。

人に慣れていないとのことで、どういった環境で育てられていたのでしょうか・・・。

1歳と若いのに溌剌とした元気さがなく、悲しい目をしていました。





058.jpg

収容犬092902、同じく一緒に放棄された1歳のメスのゴールデンレトリバー。

この子も人に慣れていないとのことです。
痩せて身体も小さいです。

社会性が育って生き生きと元気になりますように。




1.jpg

収容猫F1 、推定3〜5歳の去勢オス。

収容猫228が譲渡され、この子が1番目の古株になりました。
以前よりは、環境に馴染んできたようです。





22.jpg

収容猫F22、推定6〜8歳の茶トラのオス。

人恋しそうに良く鳴くかわいい子です。

猫の収容数が多くなり、また犬も増えたためバックヤードに置かれていました。

風邪気味なのか目ヤニが出ています。




36.jpg

収容猫F36、推定3〜5歳の黒猫のメス。

左腕に腫瘤があり、治療のため腕を切除、左腕がありませんが、
3本で一生懸命動いています。

丸顔でかわいらしい子です。





42.jpg

収容猫F42、推定4〜6歳の茶黒の去勢オス。

人慣れにはもうまだ時間が必要なようです。





46.jpg

収容猫F46、推定4〜6歳の黒の避妊メス。

慣れない環境に戸惑い、さわろうとすると威嚇するそうです。

顔は見せてくれませんでした。





50.jpg

収容猫F50、推定4〜6歳の茶黒の避妊メス。

まだ緊張しています。





57.jpg

収容猫F57、推定4〜6歳の灰のオス。

風邪も少し良くなったでしょうか。




061001.02.jpg

収容猫F061001、推定10歳以上の白灰のメス。

高齢な猫です。
人に慣れたかわいい子です。





06100102.jpg

収容猫F061002、推定4〜6歳の茶黒のメス。

ゴロゴロな猫でスキンシップ出来ますが、体調が良くないようです。




071301.jpg

収容猫F071301、放棄された13歳のメス。

人慣れした甘えん坊です。
高齢ですので、早く出会いがありますように・・。






072702.jpg

収容猫F072702、推定15歳以上の放棄された白のメス。

一緒に放棄されたF072701は譲渡になりました!
目ヤニが酷いようです・・・この子も温かな家族の一員になれますように。




071407.jpg

収容猫F071407、7頭で放棄された推定4〜6歳の白のメス。

7頭で保護された猫のうちの1頭ですが、いつも寂しそうな顔をしています。
温かなご家庭に貰われるといいのですが。





85.jpg

収容猫F85、推定3〜5歳の黒のメス。

だいぶリラックスできるようになりました。

猫風邪でしょうか、目ヤニが出ています。
痩せてきたようで気になります。





081701.jpg

収容猫F081701、7頭で放棄された推定6〜8歳の茶黒のメス。

慣れない環境ですが、少しずつ馴染んできたようです。
7頭一緒に放棄されました。




081702.jpg

収容猫F081702、推定3〜5歳の茶黒の去勢オス。

足が悪いようです。7頭一緒に放棄されました。
7頭一緒に放棄されました。




081704.jpg

収容猫F081704、推定3〜5歳の茶黒の去勢オス。

慣れない環境に緊張気味ですが、触ることはできるそうです。
7頭一緒に放棄されました。




081705.jpg

収容猫F081705、推定3〜5歳のメス。

この子も慣れない環境に緊張気味ですが、触ることはできるそうです。
7頭一緒に放棄されました。





081706.jpg

収容猫F081706、7頭で放棄された推定3〜5歳の茶トラのメス。

この子も足が良くないようですが、甘えん坊でかわいい子です。
7頭一緒に放棄されました。




081707.jpg

収容猫F081707、7頭で放棄された推定3〜5歳の茶トラの去勢オス

立ち上がるふらつきがあるとのことで、神経症状がある可能性があるそうです。
風邪をひいたのか体調を崩していましたが、食欲はあるようでした。
7頭一緒に放棄されました。




101.jpg

収容猫F101、推定4〜6歳の白黒茶のオス。

懐こく大柄で貫禄がありかわいい子です。




106.jpg

収容猫F106、推定4〜6歳の黒茶のメス。

小柄で大人しい子です。
良いご縁がありますように。




107.jpg

収容猫F107、推定4〜6歳の茶トラのオス。

慣れない環境に緊張しながらがんばっています。





110.jpg

収容猫F110、推定3〜5歳の茶黒のメス。

慣れない環境にまだ緊張しています。




111.jpg

収容猫F111、推定4〜6歳の灰黒のメス。

甘えて噛むことがあるそうですが、人馴れしています。




113.jpg

収容猫F113、推定5〜8歳の白黒のオス。

人が大好きな様子です。




115.jpg

収容猫F115、推定4〜6歳の白こげ茶のメス。

緊張していてあまり慣れていません。




090901.jpg

収容猫F090901、推定4〜6歳の灰黒のオス。

触ることは出来るようになったそうです。




091202.jpg

収容猫F091202、推定4〜6歳の白茶のオス。

人を見つけると、すり寄ってくる人懐こい子です。



この他に子猫が17頭収容されていますし、成猫の以下のようにまだまだいます。

114.jpg

収容猫114





092601.jpg

収容猫092601





092602092603.jpg

収容猫092602か092603





092602.092603.jpg

収容猫092602か092603





134.jpg

収容猫134





hiraoka.jpg

札幌市清田区平岡で保護された2頭。



性格も大人しそうな子が多いです。
猫のお迎え予定のある方はご検討していただけたら幸いです!<(__)>





9.26rumoi.jpg

留萌振興局で飼い主を募集している推定2か月の茶トラのメスの子猫は、
台風の日に庭のネットに絡まって動けなくなっていたところを保護されました。
いつから絡まって暴れていたのでしょうか。
ネットが手足に複雑に食い込んでいたので何とか外しましたが、
既に左足は切断しなければならない状況でした。
今は、動物病院の先生達の治療とリハビリのおかげでとても元気になりました!
左手に麻痺が残っていますが、三本足でも元気に走るようになったそうです。
抜糸も終わってもうすぐ退院です。
猫にとっては左足がない事は気にしていないと思います。
三本足でも普通に生活できていますので、飼い主さんの理解があれば、
むしろ普通の猫よりも愛情が深く伝わるはずです。
実際に、この子はいつも会う度にゴロゴロ言って、とても良い性格になりました。
胃腸も問題がなく、ご飯を食べる事が大好きで、成長しています。
現在は動物病院にいますが、事前に留萌振興局に連絡をいただいて、
譲渡に関する面談をご確認をください。
幸せになりたいのはどの子も同じです・・・どうか生きるチャンスを与えてください!
猫のお迎え入れのご検討や情報の拡散、シェアをお願いいたします!

留萌振興局:0164-42-8436 留萌保健所:0164-42-8332
http://www.rumoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/atarashiikainushi/neko77.pdf





9.29rumoi.jpg

留萌振興局で飼い主を募集している黒長毛の母猫と推定4か月の黒の子猫は、
留萌市見晴町1丁目付近で親子(子猫4頭)で発見され保護されました。
子猫3頭には出会いがありましたが、親子は収容から1か月となりましたが出会いがありません。
収容猫数も10頭を超えたことから、母猫は懐きがまだ良くないと殺処分も視野に入ってきました!
毛色は茶色に近い黒で、長くて綺麗な毛をしています。
目の色も綺麗な美猫です。
それでも少しずつですが慣れてきて、ご飯の時は寄って来るようになったそうです。
子猫は黒猫で、抱っこしても平気で、子猫の中でも一番人懐こくなったそうです。
食事はドライフードを食べられるようになっていますし、砂トイレもできます。
2頭とも収容期限が9月28日となっていました!
幸せになりたいのはどの子も同じです・・・
どうか生きるチャンスを与えてください!
猫のお迎え入れのご検討や情報の拡散、シェアをお願いいたします!

留萌振興局:0164-42-8436 留萌保健所:0164-42-8332
http://www.rumoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/atarashiikainushi/neko5-4.pdf




9.28kusiro.jpg

釧路振興局では、8頭の猫たちが出会いを待っています!
収容限界になっています!どうか救いの手を差し伸べてくださいませんか。
◆放棄された推定1歳のメスは、3か月ほど前に子猫2頭を出産。
収容時は用心深かったですが、手からオヤツを食べるなど馴染んできました。
◆推定3か月のオスの子猫は、上記の子どもで大人しくいい子です。
出来れば親子で一緒に暮らせると嬉しいです。
◆ 推定6歳のオスは、大きく存在感たっぷりですが、図体に似合わず甘えっこです。
人が大好きな、かなりの寝ぼすけで、いったん寝てしまったら
少々の物音でも目をさまさない大物ぶりです。
おおらかな子なので、元気なお子さんがいても大丈夫そうです。
◆推定2歳のメス猫は、白糠町庶路で保護されました。
ちょっと怖がりですが、触っても怒りませんし、職員に寄ってくるようになってきました。
ブルーの瞳と長い尻尾がキレイな美猫です。
まだ若いので、新しい環境にも比較的早くなじんでくれると思います。
◆標茶支所収容の放棄された推定3歳の避妊メスは、初対面の人には人見知りしますが、
すぐにスリスリゴロゴロと甘えてきます。
メタボ体形ですが愛らしい顔立ちで、標茶支所や出入の方々皆に可愛がられているそうです。
爪とぎやトイレも決められた場所でするお利口さんです。
◆推定2か月のメスの子猫たちは、どちらも元気いっぱいのお転婆さんです。
人懐こく、職員さんが近づくと「遊んで遊んで!」とアピールしてくるそうです。
◆推定1歳未満のメスの負傷猫は、7月31日に釧路市堀川町で保護されました。
交通事故等で頭を打ったらしく、収容時には眼の振れや頭の傾きなどが見られましたが、
現在は見た目の異常も消え、日常生活に支障はみられません。
用心深い性格のようですが、文句をいいながらも避けずに撫でさせる
「実は構われるのがまんざらでもない」子のようです。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
お迎え入れのご検討や情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!    

釧路総合振興局:0154-43-9155
http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm





9.30titose.jpg

千歳保健所には、飼い主を募集している5頭が収容され収容限界状態となっています。
特に19歳の高齢で放棄されたキジトラのオスは、行き場を失っています。
飼い主の止むを得ない理由で引き取られましたが、この子は大人しく人馴れしています。
高齢でほとんど動きませんし歩くとふらつきがあります。
また痴呆気味で寝ているとき以外は大きな声で鳴き続けてしまいます。
歯も欠損していますが、食欲はあります。トイレも猫砂でできます。
人が恋しくて抱っこされると少し鳴き止むそうです。
募集期限10月7日迄!
(9/27現在 収容されている犬・猫の数が限界に近いため期限を設けて募集だそうです。)
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
ご理解のうえ、お迎え入れや情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

千歳保健所:0123-23-3175
http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/hk/cth/contents/mayoiinunekonetto.htm

保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に、
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。
☆ しっぽの会北海道保健所情報 ☆ 
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html

※野良猫の保護に取り組んでいる地域住民の方へ 
しっぽの会では、野良猫の不妊・去勢手術代の一部を助成しています。
しっぽの会の「飼い主のいない猫基金」をぜひご活用ください。
http://shippo.or.jp/noranekotoinoti.html



毎日のクリックで、HOKKAIDOしっぽの会を無料で応援してください!
http://gooddo.jp/gd/group/shippo/?from=fbn0
赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります。

動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 22:59 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする