2016年09月13日

石狩保健所から子犬2頭を引き取りました。


koinu1.jpg

昨日、石狩保健所からメスの子犬2頭を引き取りました。

長年、半野良犬の繁殖、徘徊で悩まされている
石狩市厚田区嶺泊の養豚場で保護された子犬は、当初3頭でしたが
同腹とは思えない小ささだったオスの子が
残念ながら、引き取り前に亡くなってしまいました・・・。

メスの子2頭も、将来中型のミックス犬になることを考えると
生後1か月ぐらいの大きさではありますが
耳も立ち、威嚇もし、歯もしっかりしており
生後3か月ぐらいと推定されました。

koinu2.jpg

見るからに栄養状態が悪いので、これから栄養をたくさん摂って
人馴れ訓練を代表宅で行うことになりました。

問題の場所は、数こそ減りましたが
今も繁殖、成長、交配、死亡と言う短い周期で世代交代が繰り返されているようで
こうして子犬が捕まります。

石狩市が、常時捕獲檻を置いている場所でもあり
人間がきちんと管理をしなかったツケを
犬たちが命をもって支払っている状況です。

koinu3.jpg

右の色の濃い子を クリスティーン
左の色の薄い子を バーバラと名付けました

命が繋がらなかった多くの犬たちの分も
健やかに育ち、幸せになって欲しいです!
飼い主さまの募集は、避妊手術が終わるまでお待ちいただきますが
クリスティーンとバーバラをどうぞよろしくお願いします


毎日のクリックで、HOKKAIDOしっぽの会を無料で応援してください!
http://gooddo.jp/gd/group/shippo/?from=fbn0
赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります。


動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

posted by しっぽの会 at 09:08 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする