2016年07月30日

釧路保健所から引き取りしたネムの子猫が虹の橋へと旅立ちました


nemu.jpg

7月15日に釧路保健所から引き取りした多頭飼育猫4頭のうちの1頭ネムが
7月19日に3頭の子猫を出産しました。

ネムはまだまだ自分が子供のお母さん猫で、
産まれてきた子供のお世話をする事ができませんでした。

保健所から当会へと、環境も変わりストレスだらけの中、
突然自分の中から出てきた子猫に戸惑っているようでした。

産み落とされた子猫2頭は虫の息でしたが身体を温め、
マッサージを繰り返しているうちに泣き声を出し、
ミルクを少しずつですが飲み込んでくれましたが、
1頭(ノンシー)は間もなく亡くなってしまいました。

少し回復したと思われた1頭(キョンシー)は、
預かりボランティアさんが連れて行ってくださいましたが、
残念ながらその日のうちに亡くなってしまいました。

翌日、ネムはもう1頭(キノ)を出産していましたが、
見つけた時にはすでに亡くなっていました・・・。

ネムは、釧路からの長距離の移動と新しい場所に来て落ち着かず、
たくさんのストレスもあり早産になってしまったと思われます。

3頭の命が繋がらず無念です・・・。

ネムには亡くなった子猫たちの分まで幸せになって欲しいと思います。


タグ:根室保健所
posted by しっぽの会 at 12:22 | 保護猫の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする