2016年06月06日

5月30日、北見保健所から犬1頭を引き取りしました!

hakka.jpg

5月30日、北見保健所より犬1頭を引き取りました!

この子は北見市留辺蘂町丸山にて、野犬として捕獲器で捕獲されました。

保護当時はとても緊張していて、ケージから出てこなかったそうですが
臆病ながらも攻撃性は全くなく、保健所の職員さんが撫でると
膝に顎をのせて固まっていたそうです。

当会で引き取りができなければ、処分が決まっていたため
急遽、会での作業を終えた夜に北見市へ出発しました。

北見保健所に到着すると、この子は大人しく部屋の隅で
じっと固まり恐怖と不安でいっぱいな様子でしたが
首輪を付け替えたり、バリケンに入れる時も抵抗せずに
入ってくれたので、助かりました!!



hakka2.jpg

会に帰る途中、掛かり付けの動物病院に立ち寄り
診察を受けましたが、その際も嫌がることなく受診できました。

推定年齢は2〜4歳の女の子で、「ハッカ」と名付けました✿

会に来てからも、まだ不安気な表情で固まっていますが
撫でられると少し安心したような表情も見せてくれます。

いろんな人に慣れ、たくさんの人と信頼関係を築くことは難しくても
身近な家族には心を開いてくれるようになりそうです(^-^)

お散歩の経験などはない子ですので、
これからお散歩や人とのコミュニケーションの
取り方など学んでいってもらいたいと思います。


北海道では野犬掃討条例で捕獲される野良犬が多く、
その大半が殺処分されている現状ですので、ハッカは大変幸運な犬でした!

人間に翻弄される命・・・もとはと言えば無責任な飼い主が原因です。



動物愛護福祉の啓発に
↓↓クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 



posted by しっぽの会 at 16:59 | 北海道立、市立保健所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする