2016年05月13日

5月13日の札幌市動物管理センター福移支所は


今日の札幌市動物管理センター福移支所には、
犬3頭、成猫18頭が収容されていました。

迷子だった柴犬2頭は飼い主募集になり、譲渡となりました!

猫は、迷子、飼い主募集とも成猫が増えています。
野良だったと思われる猫も多く、これからの時期、子猫の収容も多くなります。





078.jpg

明日5月14日(土)は、札幌市動物管理センター土曜開庁です。

休日の犬猫飼い主さがし事業では、
動物管理センターに収容されている犬猫を譲り受けることが可能です。

日時
平成28年5月14日(土) 10時00分〜12時00分

場所
動物管理センター福移支所(札幌市北区篠路町福移156番地)

【犬猫を譲り受ける際に必要なもの】
・住所、氏名が確認できる身分証明書
・犬猫を連れて帰るためのケージ等
札幌市・内にお住まいの方が、犬を譲り受ける場合は、登録手数料3,200円

新たな出会いを待っている子たちに、
救いの手を差し伸べていただけたらこんなに嬉しいことはありません。

1頭でも多くの子に出会いがありますように・・・



024.jpg

収容犬13、5月2日、手稲区星置1条9丁目で保護されたメスのミックス犬。

ヨークシャテリアよりも小さな身体で、
先週は痩せてガリガリでしたが、良く食べてくれたので、
少し肉がついて健康的になりました!

飼い主の迎えはなく今日で迷子期限切れとなりました。





maru2.jpg

収容犬051001、飼い主に放棄された14歳のマルチーズの避妊メス。

飼い主に放棄され寂しそうです・・・。





maru.jpg

毛が薄く、一部脱毛がみられ、ホルモン疾患の疑いで治療を受けていたそうです。

人が大好きで甘えん坊なかわいい子です。





009.jpg

収容犬11、推定7〜8歳のラブラドールレトリバーのオス。

落着きなく、人を目で追っていました。

良く吠えるとのことですが、とても人懐こい子です。





F26.jpg

収容猫F26、5月9日、白石区本通15丁目で保護された黒白のオス。

風貌から、過酷な日々を送ってきたのでしょう・・・

収容期限は今日5月13日迄でした。





F27.jpg

収容猫F27、5月9日、白石区本通15丁目で保護された黒灰のメス。

野良猫だったようです。

収容期限は今日5月13日迄でした。




以降、お腹が大きい子や子育て中の子いて、
ナーバスになっている可能性がありましたので、写真のない子もいます。


収容猫F28も、5月9日、白石区本通15丁目で保護された野良猫です。
収容期限は今日5月13日迄でした。





F29.jpg

収容猫F29、5月9日、厚別区もみじ台西4丁目で保護された白黒のメス。

人恋しく喉を枯らすまで鳴いていました。

収容期限は今日5月13日迄でした。




収容猫F30、5月9日、豊平区月寒東2条20丁目で保護された黒茶のメス。
5月10日に出産したそうですが、死産だったそうです。
収容期限は、今日5月13日迄でした。





F31.jpg

収容猫F31、5月10日、手稲区富丘2条3丁目で保護された黒茶のメス。

緊張してトイレのケースから出て来れませんでした。

収容期限は5月16日(月)です。





F32.jpg

収容猫F32、5月10日、手稲区富丘2条3丁目で保護された黒茶のオス。

収容期限は年5月16日(月)です。




収容猫F33、5月10日、手稲区富丘2条3丁目で保護された黒茶のメス。
子猫2頭と一緒に保護された母猫です。
収容期限は5月16日(月)です。




収容猫F34、5月11日、厚別区大谷地西4丁目で保護された黒茶のメス。
妊娠している可能性が大きいとのことです。
収容期限は5月17日(火)です。




収容猫F35、5月12日、北区太平4条5丁目で保護された白のメス。
5頭の子どもを飼育中です。
収容期限は5月18日(水)です。





F69.jpg

収容猫F69、推定5歳前後の白灰の去勢オス。

センターの収容猫の中で一番の古株です。

ご理解ある方との出会いを待っています。





F228.jpg

収容猫F228、推定4〜6歳の白灰のオス。

環境に慣れるにはまだ時間がかかりそうです





F1.jpg

収容猫F1、推定3〜5歳の灰黒のメス。

身体も小さくかわいい子です。

慣れない環境にまだ緊張していますが、
若いので家族になれば、人慣れが進みそうです。





F13.jpg

収容猫F13、推定16歳以上の灰白茶猫のメス。

水色鈴付き首輪をつけた大きな猫です。

とても人懐こくいい子です。

高齢で歯が悪くウェットフードを与えているそうです。





F15.jpg

収容猫F15、推定4〜6歳の黒のオス。

風邪も良くなっていました。

人には慣れてくれそうです。





F22.jpg

収容猫F22、推定6〜8歳のオス。

外猫だったのでしょうか。

出して欲しいのか、慣れない環境で、大きな声でずっと鳴いていました。





F051101.jpg

収容猫F051101、飼い主に放棄された6歳のメス。

人慣れはしているそうですが、慣れない環境に戸惑っています。





F24.jpg

収容猫F24、推定2〜4歳のメス。

緊張してかトイレケースに入っていました。





5.06souya.jpg

稚内保健所には、飼い主に放棄された推定4〜5歳のオス猫が新たな出会いを待っています。
撫でると頬ずりするくらい人懐こい子ですので、飼いやすい猫です。
幸せになりたいのはどの子も同じはず。
出会いがありますよう、お迎え入れや情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

宗谷総合振興局:0162-33-2922
http://www.souya.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/catposter0420.pdf





5.11tomakomai.jpg

苫小牧保健所に4月1日から収容されている13歳のオスのミックス犬は、
飼い主のやむを得ない事情で手放されました。
保健所に来てから1か月以上、残念ながら具体的なお問い合わせは1件もありませんが、
本犬はいたって元気です。
お散歩の足取りはルンルンと軽く、
シャンプーした毛並みはふわふわ、食欲・体調も安定しています。
歯や歯茎だって健康的!初めて会う人に対する反応が穏やかになり、
この年齢にして大きな成長を見せてくれているそうです。

また推定5〜6歳のオス猫は、4月30日に左前足がトラバサミに挟まれた状態で発見され、
5月2日に収容されましたが、飼い主の迎えはありませんでした。
幸い骨には異常なく、傷の縫合処置を受けています。
撫でられるとウットリ顔になることも。
ケガをしているからあり、大人しい穏やかな子のようです。
食欲もありドライフードもしっかり食べます。
トイレも猫砂でしています。
傷が完治するまでのケアも含め、
現在の状況をご理解下さる方からのお問い合わせお待ちしております。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
どうか出会いがありますよう、お迎え入れや情報の拡散、
シェアのご協力をお願いいたします!

苫小牧保健所:0144-34-4168
http://www.iburi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/tth/inuneko.htm





5.12takikawa.jpg
<写真の猫の他に、同じ多頭飼育現場より4頭の猫が収容されました>

滝川保健所には、飼い主の都合で放棄された10頭の猫が出会いを待っています。
推定8か月の子猫の他、成猫も若い子たちです。
放置された飼育をされていたので、
風邪をひいている子や人に慣れていない子など様々ですが、
大人しく、人との関わりがあった猫たちですので、
ゆっくり家族になっていただけるご理解ある出会いを待っています。
どうか1頭でも多くの子に温かな出会いがありますように。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・・
ご理解のうえ、お迎え入れや情報の拡散、シェアのご協力をお願いいたします!

滝川保健所:0125-24-6201
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/tth/kannkyo/kainushi280513.pdf





5.13furano.jpg

富良野保健所では推定5歳の北海道犬系のオスが飼い主を募集しています。
この子は、4月20日頃から放浪しているのが目撃されていたそうですが、
かなり痩せており、長期に亘り放浪していたのかも知れません。
首輪もなかったことから、おそらく遺棄されたのではないでしょうか。
保健所収容時から、フレンドリーでしたが、
今では毎日お世話をしてくれる人には別格の対応を見せ、
他の職員さんもちょっと妬けているそうです^^
ほとんど吠えることはないのですが、
ごくたまに特定の人には何故だか吠えたそうですが、とてもいい子です。
幸せになりたいのは、どの子も同じです。
どうか幸せになりますよう、
お迎えいれのご検討や情報拡散、シェアをお願いいたします!

富良野保健所生活衛生課:0167-23-3161
http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/hk/fth/dog.pdf


※保健所では、犬猫達が救いの手を差し伸べられるのを待っています!
犬猫を迎え入れる予定のある方は、どうかお近くの保健所に収容されている犬猫に、
救いの手を差し伸べていただけたら幸いです。
☆ しっぽの会北海道保健所情報 ☆ 
http://shippo.or.jp/dekirukoto.html


※野良猫の保護に取り組んでいる地域住民の方へ 
しっぽの会では、野良猫の不妊・去勢手術代の一部を助成しています。
しっぽの会の「飼い主のいない猫基金」をぜひご活用ください。
http://shippo.or.jp/noranekotoinoti.html



posted by しっぽの会 at 21:12 | 札幌市動物管理センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする